たかがヤマト、されどヤマト

タグ:オオミドリシジミ ( 7 ) タグの人気記事


2016.6.2 神奈川県・コナラの雑木林   オオミドリシジミ   2016.6.7 (記)

2016.6.2
7時30分に着いたのに、まだ、林の中は真っ暗だった。そのうち、飛び始めるだろうと目を凝らして樹間を探す。空は晴れているけれど、気になるのは、木が折れる音がするほどの強風だった。風がこんなに強い時にもやってくるのだろうか。

7時50分、やっと1頭が現れ、すぐ消えた。その後、再び、高いところに現れたのでシャッターを切る。とまろうとするが枝が風で大きく揺れるので、なかなか葉の上に落ち着くことができないようだった。
a0181059_1637080.jpg

例年、最初に卍で飛び回る空間に今回もやって来たけれど、暗すぎて全く撮れなかった。ふと見ると、こんな所でと思う比較的明るい場所で2頭が絡んでいた。300ミリで追い、手ごたえがあったのでモニターを見ると、設定が静止撮影のままで、がっかり。(こんな画像を載せてもしょうがないのですが、今後のための忘備録です)
a0181059_16441899.jpg

そのうち、急に、姿が見えなくなったと思ったら、遠くに輝くものが目に入った。こんなところに降りたのかとに藪を掻き分けて近づく。一番明るく日が射している場所だった。とまるとすぐ翅を開き、スクランブル発進するが、すぐに同じところに戻ってくる。しかし、後ろからしか日が当たらず、なかなか、前翅はともかく後翅が輝かなかった。
a0181059_1653242.jpg

前には回り込めず強引に輝く位置を探すが、翅が狭くしか撮れない。
a0181059_16564874.jpg

四翅とも全部輝くのは、前から撮ったとき。しかし、太陽に向かってとまることはあまりなかった。
a0181059_16583514.jpg

翅の面積を大きく撮ろうとすると、輝きは減少する。
a0181059_1784047.jpg

とまった場所が違うだけ、この角度は輝かない。(個体も同じだが)
a0181059_1712245.jpg

翅の面積は小さくなるけれど、横からでは鏡のようにピカピカに輝く。露出補正が難しい。絞り優先、EVを-2から-3の範囲でこまめに補正するが、裏目に出ることも多かった。
a0181059_16584964.jpg

前に回り込むことができた今回では一番のショット。シャッターを1回切ったところで、スクランブル発進。
a0181059_1659027.jpg

頭が太陽の向き。残念ながら、前には障害物があり回り込めなかった。
a0181059_16594610.jpg

見下ろせるのは、少し後ろからだった。
a0181059_170251.jpg

もう少しと撮ろうと思ったら、スクランブル発進。すぐ近くでくるくる回るけれど、その飛翔は撮れず。
a0181059_1701767.jpg

太陽の方を向いてとまらなくても、頭が下ならば最高。しかし、とまった葉に難あり。
a0181059_17255684.jpg

木漏れ日の当たる場所は刻々と移動する。飛んでも、戻ってくるし、来ない場合は、日の当たるスポットを探すと見つかる。9時過ぎ、いつもの場所に日が当たり始めた。しかし、この場所は目より上。しかも、なぜかこの日は半開翅ばかりだった。(気温高すぎ?)
a0181059_1703829.jpg

いままで、争っていた2頭が近くにとまりあう。呉越同舟、不思議な世界。こうなったら、そろそろ、テリ張りショーも終わりの時間。
a0181059_16593263.jpg

もう目より上でしかとまらなくなったので、少し遊んでもらうものの、表の輝きはなかなか撮れるものではなかった。
a0181059_17365344.jpg

ボツでいい画像だけれど、左右対称ということで・・・。
a0181059_17371082.jpg

広角で撮るのもたまにはいいかもしれない。ショーの閉演時刻は9時40分。
a0181059_17372698.jpg
晴れてが風が強く、オオミドリシジミが飛んできてくれるか心配だったけれど、危惧に終わった。しかし、このテリ張りポイント、木が大きくなったため木漏れ日のスポットが減り、下草の丈も伸びたため目の上ばかりにしかとまらなくなったようだ。今回は、幸いにも、以前とは違った場所で開いたので、なんとか撮れたけれど、今後はもっと厳しくなる感じがする。

   

by otto-N | 2016-06-07 20:20 | Comments(2)

2015.6.4 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.11 (記)

2015.6.4
雨が降った翌日、ミドリシジミの撮影を目的に横浜の公園に行ってみる。今年初めてだった。

いつもの池のポイントに立ち寄ったけれど、ミドリシジミは見つからず、ウラゴマダラシジミもいないだろうと思っていたが、ウラゴは飛んでいた。そのポイントの入り口にある大きな木を見上げたら、ルリシジミに混じってウラゴも吸蜜していた。その横に、オオミドリシジミ。残念ながら、すぐ、後ろに引っ込んでしまった。ウラナミアカシジミもゆっくり吸蜜していた。
a0181059_207116.jpg

もう一つの羽化直開翅の観察されるポイントにも、まるで見つからず、この2つのポイントを行ったり来たりする。そのうち、メスが何頭か見つかった。
a0181059_19042100.jpg

翅を開いたものもいたが、ことごとくO型だった。
a0181059_2072857.jpg

羽化直のO型は人気がないが、どうしてどうしてとてもきれいだと思う。日陰だと、このチョコレート色にしびれるのだが。
a0181059_2074374.jpg

午後3時半。オスのテリ張りが始まる時間だ。何頭かオスがチラチラ飛び始め、高い木に上で開翅を始める。残念ながら、撮ってもあまりにも小さくしか写らない。集まったみなさんがやきもきする中で、低めのところに突然やって来て開翅したのがいた。メスにしてはちょっと変。撮影中にわかったのだが、意外や意外、ムラサキツバメのオスだった。
a0181059_20105516.jpg

4時すぎ、オスが集まり始め、卍飛翔が始まるが、長くは続かず、すぐにばらけてしまう。ばらけた後は、また同じような場所に戻り、翅を拡げる。しかし、目より高い位置ばかりだった。半開翅だとよいのだが、全部開いてしまうと、こちらからは輝く緑は少ししか見えない。以下、300ミリでの撮影。横4896ピクセルを半分の2448ピクセルで切り出した。いかに高くて遠いところで開翅したか判ると思います。
a0181059_2075551.jpg

これは少し近かった。
a0181059_2082377.jpg

みなさんの期待もむなしく、なかなか低いところへは来てくれない。それでも、翅を開くたびにシャッター音が鳴り響く。どんどん、空は暗くなり、色も出ない。ISOは1600。
a0181059_207598.jpg


比較的下に来たのは1回だけ。やはり、暗くて本来の色が出ておらず、この時間帯では開翅してもダメかもしれない。
a0181059_1912315.jpg


午後4時30分、卍の宴はたけなわ。しかし、帰らなければならなかったので、残念ながら撤収した。

by otto-N | 2015-06-11 21:05 | Comments(0)

2015.6.1 横浜・コナラの雑木林 オオミドリシジミ   2015.6.6 (記)

2015.6.1 AM
目覚ましもかけず、朝5時30分起床。バナナと牛乳だけの朝食をすまし、妻を起こさぬようにそっと部屋を出る。でも、ドアを閉めるときカチッとなったので、起きてしまったにちがいない。逆方向とはいえ、この時間は電車の本数が少なく、思ったほど電車はすいてはいない。電車を乗り継ぎ、目的地の駅を降り、最初のコンビニで昼食分も買い込み、歩きながら食べる。(オオミドリがすでにテリ張りしていたら食べている暇はない。)1週間ほど前に来たときは、オオミドリシジミはまだ出ていなかった。この日は2回目の出撃。

現地に着いたのは7時30分。林の中はまだ薄暗く、オオミドリは飛んでいなかったけれど、すぐに1頭がやって来た。少し飛んでは、高いところにとまる。そして、2頭目。卍飛行が始まるが、長くは続かない。そのうち、数が少しずつ増える。下草にはまだ日が射していないので、日の当たる高いところにしかとまらない。卍を繰り返しているうち、下にも日が射し始める。そのうち、1頭が降りてきて、低いところにとまる。でも、近くにオスがやってくるとスクランブル発進。卍で追いかけ、また戻ってくる。卍を撮りたかったけれど、暗すぎるし、猛烈なスピードですぐ上に上がってしまうので、即、ムリと諦めた。日の当たる場所が刻々と変わる。撮影するためには、日の当たるところを見張っていればいい。
a0181059_17564055.jpg

ただ、下に降りてくるといっても、下草(小木)自体大きくなっており、目より上の高さ。ぎりぎり上から撮っても、チョウは水平にしか写らなかった。
a0181059_1893760.jpg

EV補正は、-2~-2.3。背景は真っ暗。その中にチョウだけが浮かび上がる。
a0181059_187561.jpg

近づく前に飛ばれることが多いので、基本は300ミリ。遠いので少しだけ翅が大きく写る。近づいたら、100ミリマクロ。これは100ミリマクロで撮ったもの。そんなに差はない感じがする。
a0181059_20502630.jpg

すぐにバトルが始まるので近づく時間がなく、300ミリを多用した。
a0181059_1932289.jpg

飛んでいっても、しばらくすると同じところに戻ってくる。したがって、背景は同じ葉ばかりになってしまう。
a0181059_188559.jpg

この日一番のお気に入り。欲を言えば、ちょっと露出オーバーで、この草の下半分がなければ、もっとすっきりしたのだが。
a0181059_188342.jpg

時間が経つにつれ、バトルの決着がついたのか、翅を開いてとまっている時間が長くなった。ただ、頭を太陽に向けてとまることはとても少なかった、というのが大きな誤算。下草の低い位置に頭を下にとまり、翅を開いても、すぐ反転。後ろ向きだと、光らない。
a0181059_2030176.jpg

開くのを待っていても、光らない。
a0181059_1815170.jpg

後ろ向きだと、全然光らない。このかすかな輝きがオオミドリの味わいかもしれない。
a0181059_182087.jpg

少し横向きだと、前翅だけは輝いてくれる。
a0181059_182934.jpg

翅が輝いている画像も、よく見れば、決して太陽のほうを向いていない。横から撮っていただけだった。特に、バトルが収束するころは、お尻を太陽に向ける。安心しきっているのか長々と開翅する。しかし、こんな幽玄の輝きしか撮れなかった。今年は下草の丈が伸びて、見下ろす位置にはほとんど来なかった。また、周りの木も大きくなり、樹下の日に当たる部分が少なくなったような気がする。
a0181059_8423588.jpg

EV補正-2は翅が輝いたときの場合だけ有効。その他では、露出不足だった。スポット測光という手もあったが、ちょっとずれると全くダメになるような気がした。いちいち、設定を変えている余裕などなかった。
a0181059_1863822.jpg

これらの画像中、左前翅に小さな切れ込みが入っている個体がテリ張りの番長。あまり撮りたくはなかったが、一番いい席に戻ってくる。
a0181059_1865966.jpg

背景がうるさいけれど半開翅。
a0181059_2041570.jpg

もう少し上から撮りたかった全開翅。
a0181059_9224513.jpg


気がつけば、最後に残ったオオミドリは3頭だけ。約10mずつ離れた場所にそれぞれ翅を拡げていた。そして、9時40分、いつの間にか3頭とも消えていた。この後、ミドリシジミを撮りに移動する。

by otto-N | 2015-06-06 20:26 | Comments(4)

2014.6.13 横浜・ゼフの舞う公園 オオミドリシジミ   2014.6.19 (記)

2914.6.13
2日間続いた雨があがり、快晴。でも、遠い所へは行けず、またポイントの知らぬ悲しさ。とりあえず、ミドリシジミの卍飛翔をもう少し撮るつもりで、横浜に行く。実は、この公園、JR1本とバスで簡単に行くことができる。

ミドリシジミは羽化直とはいかなくなった。ところが、道路際に出てきた少し大きめのシジミ。ウラゴマダラシジミかと思ったが、とまってみると、なんとオオミドリシジミ。メスだった。
a0181059_1651156.jpg

近くを緩やかに飛びまわり、日の当たる葉上で何度も開翅する。残念ながら目より上。半開きの翅がとても美しい。
a0181059_16584723.jpg

翅を開いた後も、落ち着かない様子。日陰にも入り込む。
a0181059_1910223.jpg

そして、道路に降りてきて全開翅。飛び去ってしまったので、ここを離れたけれど、この付近には、その後メスが何頭も出てきて産卵もしたとのこと。この公園で、オオミドリのメスが短時間に複数出てきたというのはとても珍しい気がする。
a0181059_16521660.jpg

日陰にいたウラナミアカシジミ。まだまだ新鮮。
a0181059_16523437.jpg

午後3時をすぎ、日陰で動かないミドリシジミ(メス?)。ハンノキに産卵にやってきたメス。暑いのか開かない。
a0181059_16525486.jpg

卍飛翔が始まったのは午後4時50分。先日よりずいぶん遅い。最初は高いところでバトルし、少しずつ降りてくる。背景が空のほうがピントが合わせやすいと思ったが、かえって難しかった。
a0181059_16532148.jpg

だんだんと低くなるけれど、遠いところばかり。時間がたつにつれ、分離してもすぐまた卍を始める。その間隔が短くなり、参加する個体も増えてきた。最大3組が同時バトル。その中の1組のキラキラをファインダーにとらえシャッターを切る。
a0181059_16533064.jpg

少し近かったので、これ以下は、トリミングなし。でも、かなり暗くなってきたので、色がでない。ピントも合わないけど・・・。
a0181059_1654787.jpg

頭を突き合わせて、卍は続く。17時20分、まだバトルは続いていたが、あまりにも暗すぎ撤収。
a0181059_16534949.jpg


ミドリシジミを撮るために、同じ公園に通ってしまった。もう少し違う場所で撮ればいいものをと思われるかもしれない。でも、朝遅くやって来て、羽化直の開翅を撮影できるポイントは滅多にないような気がする。それ以上に、ここに集まる常連さんがとても親切で、目の前で開翅するかもしれないミドリシジミを待っている間、うだうだ喋っているのが楽しいせいもある。

by otto-N | 2014-06-18 16:49 | Comments(2)

2014.6.10 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2014.6.15 (記)

2014.6.10
翌日から大雨だというので、何度目かの横浜の公園に行く。とてもいい天気。でも、天気が良すぎた。

ミドリシジミは開翅してくれる。しかし、目より上ばかりだった。メスが目につく。昼すぎ、葉の上にとまっていた個体も、暑すぎるのか葉裏に引っ込んでしまった。ほぼ水平だとオスも前縁が光るのみ。せっかく足元で開いたメスは羽化直ではなく、どうやら産卵に来たようだった。
a0181059_2220096.jpg

午後3時。まだ暑い中、ミドリシジミを待っていたら、目の前にきたのはオオミドリシジミ。閉翅を撮るまもなく、全開翅。位置を変えて撮ろうとしたら、ミドリシジミがやってきて、飛ばれてしまった。この木の隣には桑の木があり、ミドリシジミが実を吸いにきていたのだが、なぜか切られてしまった。あげくに、雨が続き、池のハンノキの根本まで水で埋まってしまった。その下にまだ蛹がいるはず。来年がちょっと心配。
a0181059_22203565.jpg

ミドリシジミを待っていたとき、近くにいたヒメジャノメとヒカゲチョウ。
a0181059_22202111.jpg

4時10分。ミドリシジミの卍巴飛翔が始まった。300ミリズームで撮る。このズーム、MFで撮ることを意識していないのか、距離リングのあそびが多くガタガタ、スムーズに回らない。それでも、MFで、ミドリシジミの煌めきをピントを感じたら連写した。やってみたら、写っていた。
a0181059_2221215.jpg

始めは高いところ卍をやっていたが、だんだん低くなり、最後はヨシの向こうへ。背景が真っ黒だし、遠いのでチョウは小さくしか写らないので、トリミング(2400×1600)した。ISO1600、1/3200秒、F5.6。これでは暗いので、ソフトで増感。
a0181059_22212368.jpg

この画像だけ、十分近かったのでトリミングしなかった。近いとピントが合わないです。
a0181059_22225476.jpg

頭上を飛ぶとほとんどシルエットになるだけ。それでも、少しは色が判るし、翅の壊れも判る。
a0181059_22213352.jpg

暗闇に浮かぶブルー&グリーン。ちょっとだけ横から光が射していた。
a0181059_22233784.jpg

上の一枚の後の続き。ただ、3枚しか撮れていなかった。
a0181059_22231456.jpg

16時30分。緑色の葉が背景にあったのはこの1枚だけ。そして、これが最後の1枚。といっても、帰らなければいけない時間が来てしまっただけなのだが・・・。
a0181059_22221373.jpg


この日は暑すぎたせいか、チョウがあまり出てこなかった。ミドリシジミも日陰にだんまりだった。夕方、ミドリシジミの卍飛翔だけを期待していた。おそらく、撤収した16時30分以降がもっと激しいバトルが繰り返されたいたと思ったけれど、暗すぎで写っていないようで諦めた。しかし、自宅に帰りPCで画像を見たら、闇夜のカラス状態でも何とか写っているではないか。ダメ元で撮っただけなのでとても嬉しかった。

by otto-N | 2014-06-15 21:02 | Comments(4)

2014.6.9 (AM) 横浜・多摩丘陵 オオミドリシジミ   2014.6.11 (記)

2014.6.9
前夜、友人から「横浜の明日は晴れ」とのメール。天気予報では曇り・雨だったので半信半疑だったけれど、とにかくザックにカメラを準備。5時すぎに目が覚めてみると、晴れの気配。あわてて、オオミドリシジミのリベンジに出かける。

現地着7時20分。先日より明るいせいか、もうオオミドリシジミが木漏れ日の中を飛んでいた。この日最初の個体。翅が輝きすぎ眩しい。まともに太陽の光を反射すると、-2EV補正でもとんでしまう。
a0181059_14353660.jpg

日が翳ったとき、さすがに輝きが薄れる。こっちのほうが自然?
a0181059_14373890.jpg

卍飛翔は、前回のときと同じ場所でやっていたが、数が5日前より多い。ときどき、下草にとまって全開翅する。眩しすぎる。
a0181059_1441466.jpg

卍飛翔をしているすぐ近くにもとまるけれど、みんな高い位置だった。そこから少し離れた木漏れ日の当たる下草にやってきて開翅する。目の下に来た個体をアングルを変えて撮る。横から撮ったときが一番輝くが、後翅は輝かない。真上からフラットに撮るとまるでダメだった。
a0181059_14383683.jpg

少し移動して頭を下にしたとき、後翅まで輝いた。ミドリシジミとおんなじだった。
a0181059_14392739.jpg

卍飛翔からの脱落者なのか、あるいは勝者なのか、いくつかある日の当たる場所にやって来る。そして全開。でも、頭を下にすることはなかったような気がする。確かに言えることは、真後ろでフラットに撮ると全く輝かない。斜めから見ないと輝かないようだ。
a0181059_14423619.jpg

一番輝く横アングル。でも翅が小さくしか写らない。
a0181059_14454936.jpg

日の当たる場所には1頭が原則のようだったけれど、卍飛翔ポイントには、高い位置だったが3頭が雁首そろえて開翅していた。疲れて休戦?低い場所でも、仲よく2頭そろって日を浴びることもあった。
a0181059_14375533.jpg

しばらくたってから、その卍の下に行ってみると、1頭が目の上で開翅していた。ときどき、飛び立つがすぐ戻っくる。撮影できない位置なので、おそるおそる左手で枝を手繰り寄せる。でも、飛び立つ気配なし。せいいっぱい左手をのばし、上体をのけぞり、右手の100ミリマクロで撮影。カメラを固定し、枝を動かしオオミドリの一番輝くアングルを探した。それでも飛ばなかった。
a0181059_15315215.jpg

こうして至近距離で撮影したわけだけれど、どうしても近すぎ。後翅にはちゃんと写らないし、翅の傷がいやでも目だってしまう。
a0181059_14473428.jpg

とまってすぐに翅を開くのも、困りもの。かなり贅沢。半開翅は、これだけだった。
a0181059_1444010.jpg

飛び去ってもまた戻ってきたが、この個体はすぐには全開せず、ゆっくりと開いてくれた。
a0181059_14424844.jpg

さらに回り込んで1枚。結局、この個体がこの日の最後だった。9時40分撤収。
a0181059_14432541.jpg

そうそう、メスが1頭いたのを忘れていた。翅を開いても輝かないので変だと思ったらメスだった。とても新鮮。
a0181059_15502546.jpg


梅雨入りし、晴れそうもなかったので、今季はもうオオミドリシジミを諦めていたけれど、突然の晴天。リベンジは大成功。現地到着から2時間。その前に行ったときのことを合わせると、オオミドリシジミの卍飛翔とテリ張り行動をつぶさに見ることができた。オスの鮮度には課題が残ったけれど、至近距離からの撮影もでき、これまで、こんなにじっくりとミドリシジミ類の撮影をしたことがなく、とても嬉しかった。前日、メールをくれた友人に感謝です。

by otto-N | 2014-06-11 20:32 | Comments(0)

2014.6.4 横浜・多摩丘陵 オオミドリシジミ   2014.6.8 (記)

2014.6.4
多摩丘陵とは、関東平野南部、多摩川と境川の間に広がる丘陵であり、高尾山の南側、八王子から横浜、三浦半島へと続く。しかし、今ではすっかり都市化され、果てしなく住宅街が続く。それでも、まだ都市化されていない緑地帯が数多く点在し、多くは自然公園として残されている。こうした緑地帯には、チョウは減ったとはいえまだまだ多い。こういう書き出すと長くなりすぎるので、いつものように書きます。

翌日からは雨との天気予報。オオミドリシジミがテリを張るという場所に行く。現地に着いたのは7時(私としては破格のガンバリ)。しかし、空に薄い雲がかかっているため、林の中は暗い。ときどき、明るくはなるものの状況は変わらず時が過ぎる。8時半、薄暗い林の一角に2頭が飛び回る影。やっと出てきた。気がつくと雲が薄れてきていた。ときどき、とまって翅を開く。しかし、高いところばかり。そのうち、雲がとれたのか、日射しが強くなり、少し低いところでも開翅するようになった。でも、頭上での開翅。この悔しさ。相変わらず卍飛翔は続いていた。
a0181059_2074119.jpg

10時。諦めかけていたとき、樹上から下りてくる気配。そして、日が当たる下草にとまった。でも、位置が悪い。周り込んでいるうち、飛ばれた。
a0181059_2075690.jpg

また戻ってくることを期待すると、同じところにやって来た。翅を開くが、目と同じ高さ。表翅の色が出ない。
a0181059_9232917.jpg

ここは、林の中で一番日の当たるところ。すぐに戻ってきた。順光側に回りこみ、今度はマクロで撮影。しかし、これもまた、この高さでは翅を開けば開くほど、青く輝くはずの翅が写らない。
a0181059_20244673.jpg

何度か翅を開いたり閉じたりしていたが、結局、この高さではチラッと開いたときが一番だった。それにしても、寄りすぎた。せっかくの表翅にピントが合わない。寄りすぎて、鱗粉まで合っていた画像は複眼が今一つ。上の3コマ目でも寄りすぎ。もう少し、冷静にならねば・・・。この後、目よりも低い位置で全開翅したこともあったけれど、周り込んでいるうち飛ばれ、残念無念。10時半、さすがにテリ張り時間はすぎたのか、降りてこなくなった。
a0181059_2024324.jpg
                    

とりあえずオオミドリシジミは撮影でき、時間も余ったので、午後は別の場所へミドリシジミを探しにいく。ミドリシジミはすぐに何頭か見つかった。疑似産卵中のウラゴマダラシジミや日陰好きなウラナミアカシジミも撮っておく。
a0181059_20255626.jpg

しかし、ミドリシジミは下草にじっとしているだけ。少し飛んでもらった(蝶虐待であるけど)。
a0181059_20364351.jpg

飛び出す方向が全くわからないので、ピントが合わず。翅が緑に写ったのは、4回中、1回だけだった。
a0181059_20365784.jpg

とても大きなウラゴマダラシジミのメス。目の前で半分だけ翅を開いた。とにかく優雅。
a0181059_20283119.jpg

午後2時過ぎ、ウラゴマダラシジミの探雌飛翔が始まった。
a0181059_22433043.jpg

だんだん空に雲が拡がりはじめ、かなり薄暗くなってきた。LEDライトを使ったが1個では暗い。ダブルでなければ効果がなさそうだった。それでも、横向きになったときは、白銀色に浮かびあがる。
a0181059_20352645.jpg

午後3時ころ、雷が鳴ったので帰ろうとしたとき、クモマツマキチョウの現場でお会いしたなつさんがやって来た。眼下でウラゴが飛び交う中、撮影もせずしばし蝶談義。楽しかった。

P.S.
最後の絵はちょっと暗かったので、昼ころ撮ったウラナミアカシジミ。もっと逆光で撮りたかったが飛ばれてしまい残念だった。
a0181059_20261566.jpg


by otto-N | 2014-06-08 11:52 | Comments(4)