たかがヤマト、されどヤマト

タグ:オオムラサキ ( 4 ) タグの人気記事


2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(1) 安曇野   2016.7.20 (記)

2016.7.10-12
梅雨の合間に3日間の好天予報。かねてから計画していた常念岳に登る。

2016.7.10
この日は、夕方までに、常念岳の麓の温泉に入るだけ。昼過ぎに安曇野に着き、時間つぶしに有名な大王わさび園に入ってみる。いつも素通りしていたが、想像したより規模の大きな施設だった。おいしいとは言えない蕎麦を食べ、わさび畑を観光している時、畑の上をオオムラサキが優雅に複数頭飛び回っていた。どこかで樹液が出ているに違いないと思っていたら、樹液源は柳の大木だった。撮影するにも高くて暗い位置、チョウもボロボロのようだったので、駐車場に300ミリをとりに戻る気にもなれず、18-135ミリで少しだけ撮った。
a0181059_12482283.jpg

園内にはホシミスジが目についた。茂みに潜って産卵場所を探しているメスが表に出てきたのを撮影する。
a0181059_12483911.jpg

コミスジも時々大きな個体を見ることがあるが、これもずいぶん大きかった。
a0181059_12484929.jpg

さて、夕方までどうしようか。5月にはオオルリシジミで有名な公園に行ってみることにした。入場券にはこのチョウの交尾写真が印刷されていた。大きな公園だったが、お金をかけて整備しすぎ。まるで都市の公園のよう。これじゃムシもいないと思いながら、散策する。カブトムシの集まる木があり、300ミリでいい加減に撮影する。実は、カブトムシの喧嘩を見るのは初めて。園内で見たチョウは、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、ヒメシジミだけだった。
a0181059_1249888.jpg

空が急に曇り始め、ここからすぐ近くの宿に行く。チェックインした後、雨が降りそうもなかったので、カメラを持って近くの林道を散策するが、まったくチョウは飛んでいなかった。ミズナラなどの広葉樹よりアカマツが圧倒的に多い。部屋からは常念岳は雲で見えず、遅くになってからやっと雲が切れた。でも、常念岳はどこかよくわからない。中央の右、ダブレットの右側だと思うが・・・
a0181059_1249223.jpg

翌朝、起きると快晴。中央よりの一番奥、重なった左が前常念で、右が常念のようだ。それにしても、一帯は赤松林。(夕食に早くも松茸の天麩羅が出た)
a0181059_12493937.jpg



   

by otto-N | 2016-07-20 20:20 | Comments(0)

2014.7.8 山梨県・ひき逃げ街道 オオムラサキ   2014.7.13 (記)

2014.7.8
先日は曇っていて姿を現さなかった標高1500mのクリソゼフをもう一度見に行く、東京は晴れ、山も晴れていた。

ポイント到着9時20分。アイノミドリシジミは飛んで来た。昨年と同じカエデの木。一度、別のオスを追い払っいすぐ戻ってきた。でも、目よりずいぶんと高い。そして、擦れていた。周りの木も高くなったようで、低い場所には日が当たらず、そこにはもうとまらなくなったようだ。
a0181059_20253991.jpg

10時すぎ、メスアカミドリシジミが卍をやっていたポイントに移動。しかし、卍の影は1回見ただけ。すぐ消えた。近くをさがし、梢に1頭。少し離れたところにも1頭。これがすべてだった。
a0181059_2025502.jpg

予想されたことであるけれど、ゼフのリベンジを果たせずこのまま帰るわけにはいかないので、実は、保険をかけていた。オオムラサキのシーズン。昨年、今年と横浜の公園でお会いしたミステリー作家のSさんにポイントを教えていただいていた。Sさんご夫婦は大の蝶好き。時間がとれると、北海道から沖縄まで蝶の撮影。山梨・長野はかなり詳しく、地図と航空写真からポイントを捜し出すそうだ。この日のオオムラサキの第1ポイント、樹液の出る2本のクヌギの大木。ここかなぁと思って近づくと、オオムラサキが飛んできた。あわててカメラを取りに戻り、樹液の出ている箇所を探す。目の高さに1頭だけいた。しかし、スズメバチもいないので、翅を開かず、撮影のしようもない。こんな写真を撮っているうち、飛ばれてしまった。
a0181059_2026266.jpg

その直後、当のSさんご夫婦がやって来た。(飛ばして申し訳ない。)来られるとは知らなかったのちょっとはびっくり。でも、絶好のオオムラサキ日和。ムリをしてでも来られるかもとは思っていた。しばらくオオムラサキは周りを飛び回っていたが、クヌギには来なかった。昨年までたくさん出ていた樹液がまるで少ないとのこと。オオムラサキが来ないので第2ポイントに移動。そこは、降雨後の水溜りの吸水ポイント。殺風景でどうしようもない場所だ。たしかに、オオムラサキは、何頭も飛び回っていた。でも、全然とまらない。地面にいたのは数頭のスズボソヤマキチョウ。ただし、群れていたのは、先客のクルマの前輪のすぐ隣。ちょっと飛んだところを撮ったのだが、証拠写真に終わった。
a0181059_20263023.jpg

殺風景でも翅の表を撮りたかった。
a0181059_20265319.jpg

昼過ぎ、気温が上昇したのか、日陰に潜り込んでしまった。葉陰に入ると、どこにいるのかわからなくなる。
a0181059_2027273.jpg

あまり遠征することはないので、スズボソヤマキチョウは、今回で3度目の遭遇。豆粒のようなつぶらな目と、その周りのピンクがちょっと可愛いかもしれない。
a0181059_2205577.jpg

肝心のオオムラサキ、少し離れた所に数頭、舞っているのを見つけた。近づいてみると、コンクリの車道で吸水しているではないか。前日の雨水が浸み出しているようだ。暑すぎると、日陰で吸水するのかもしれない。日陰と日向が交錯する車道。日陰でも翅を拡げ吸水するが、暗くて撮影できなかった。日向に出てきたところを狙い撮る。
a0181059_20274177.jpg

無粋なコンクリ背景ではあるけれど、さすが、日本の国蝶、美しいと思う。
a0181059_20275556.jpg

強烈なムラサキだと思う。両翅のムラサキをもっと撮りたかったのだが、この場所はクルマが絶えず行き交う二車線道路。時には観光バスもやってくる。クルマが来たら、即、撮影は中断。せっかく絶好の位置に来ても、クルマが次々やってくる。
a0181059_20281091.jpg

ふと見上げると、コンクリ壁の上の叢にオオムラサキが滑空していた。藪を掻き分け横から登ってみると、ときどき、こちらに向かって飛んでくる。広角飛翔。でも、速すぎ。フレームに入らない。入っても肝心の表翅が写っていない。なぜ、ここに集まるのか不思議だったが、すぐ近く、逆光に位置に獣糞があることが判明。何か臭うと思っていた。ここを引き上げてから、あの獣糞を撮影しやすい場所に移しておくのだったと気がつく。そうすれば、ふわふわと近づいてくるとき順光で撮れたに違いない。
a0181059_20284148.jpg

やっと撮った緑の上のオオムラサキ、とても綺麗だ。しかし、よく見るとなにか変。こんな細かい葉の上にはとまるはずはないし、左前翅がおかしいことに気がつく。実は、クルマにぶつかって飛べなくなった個体。吸水中、轢かれはしなかったものの、窓ガラスにぶつかってしまった。這いずり回っているのを拾い、側溝の草の上に載せた。でも、もう飛ぶことはできず、棘だらけの草の中に落ちてしまった。吸水するほうは命がけ、撮影するほうも命がけ、とまでいかないが、とにかく落ち着かない場所だった。「ひき逃げ街道」とあるが、より正しくは「ひき逃げ農道」、もしくは「ひき逃げ隧道」かな。午後2時、暑すぎたのか、オオムラサキはどこかに引っ込んでしまった。こちらも暑くてくたびれてしまい、撮影終了。この後、第1ポイントに戻ったが、カナブンがいるだけ。Sさん、北海道から帰ったら新しい樹液ポイントを捜すぞ、と張り切っていた。
a0181059_20282573.jpg


ゼフのリベンジは失敗。アイノ、メスアカとも、目より下には来ることはない場所のようで、来年、このポイントはもう諦めたほうが良さそうだ。何よりも、山の天気の予測が難しい。オオムラサキは、高尾山の御神木が台風で倒れて以来、新鮮な個体を撮影することはなかったので、とても嬉しかった。Sさんに感謝です。

by otto-N | 2014-07-14 17:10 | Comments(0)

2011.7.8 東京都・高尾山 オオムラサキ    2011.7.14(記)

2011.7.8
そろそろオオムラサキの季節。曇っていたけれど、高尾山に出かけた。

現場に9:00に到着した。空は曇っていたが、風はない。ご神木のこのコナラ、樹液の出ている位置が昨年とは違うようだ。アカタテハ、ボロボロのスミナガシ、カナブン、スズメバチ、ヒカゲチョウがすでに集まっていた。待つこと10分、1頭目のオオムラサキがやってきた。早速、シャッターを押すが、暗くてピンボケ。ストロボを焚くとピカピカに写りすぎ、しかも、連続してシャッターが切れない。しかたがなく、ISOを1250に上げた。

まだピカピカの新鮮個体だった。
a0181059_1114303.jpg

オオムラサキはほとんど翅を閉じて、樹液を吸う。そばに邪魔者が、特に、スズメバチがきたら、一瞬翅を拡げる。拡げた瞬間にシャッターを押しても後の祭り。まるで遅い。スズメバチが来て、ぶつかると思った瞬間フライングでシャッターを押した。(ボツ写真を量産した)
a0181059_1246498.jpg
a0181059_12472753.jpg

スズメバチへの威嚇の他、飛来した直後、翅を開閉しながら、樹液の出ているほうに歩いて移動するときもチャンスだった。
a0181059_1248366.jpg

樹液の出ている箇所はいくつもあったが、逆光なので、撮影箇所は限られた。
a0181059_1130667.jpg

普通サイズのスズメバチには勝つが、オオスズメバチには勝てる個体はいなかった。席取りに負けても、舞い戻ってくる。戻ってきたところを撮った。(勝負にならないが、オオスズメバチとの絡みを撮っておくべきであった)
a0181059_11291785.jpg

この個体、黄色の斑紋が白っぽい。紅点も薄い。(裏翅が、黄色と白っぽいのがいたのに気が付いた。裏が白いほうなのか?)
a0181059_11311118.jpg


オオムラサキを待っている間、樹上やその近くにいたチョウその他。
ピカピカのルリタテハ。どういうわけかボロボロのスミナガシ。タマムシの一種とムラサキシジミ(♀)。
a0181059_11432021.jpg

テリを張るオオムラサキ(午後、テリ張りが多くなった)。クロヒカゲ。何度かやってきたアサギマダラ。アカタテハ。
a0181059_11433438.jpg


オオムラサキが飛んでくるとき、空を切る音がする。翅を開く瞬間は、ウォーと声を上げたくなる。
午後から、近くの木の上に翅を拡げる個体が増えた、緑の葉上の開翅を撮りたかったが、あまり低い所には来なかった。
この日、結局15:00まで粘った。半径20mの狭い場所に、こんなに長くいたのは初めてだった。昼からは晴れたが、午前中は曇っていたので、それほど疲れなかった。オオムラサキを堪能した1日だった。

(この撮影で、ご一緒した「いつでもアートゾーン」さん、楽しいお話ありがとうございました)

by otto-N | 2011-07-14 12:19 | Comments(4)

7月、高尾山、オオムラサキ (2010.7.27)   2011.3.1

2010.7.27
オオムラサキを見たいものだと思って、近場はないかと調べたら、高尾山(599m)というのが出てきた。高尾山は、まだこんなに有名になる前、ケーブルカーを使わず、蛇滝コースから登り、相模湖へ抜けたことがある。9月の暑い日のことで、へとへとになり相模湖に着いてから飲んだ缶ビールがうまかった記憶がある。多少の土地勘はあるものの、ポイントはよく判らない。山頂付近とのことなので、行けばなんとかなるだろうと、だめもとで行ってみた。この日はリフトで上がり、山頂までそれらしい木はないかと捜しながら登った。しかし、あっけなく山頂。山頂に来ても何もないと、思ったとき、ありました。ルリタテハが樹液を吸っているのを見つけました。

幸運のルリタテハ。ブルーで統一された模様は、何度見ても飽きない。
a0181059_10445755.jpg

スミナガシも飛んできた。近くで見るとなななかの迫力。
a0181059_10452179.jpg

ほんとにここかなと、あきらめかけたとき、ついに、オオムラサキのオスが、空を切って登場。
少し翅がいたんでいるけれど、問題なしです。
a0181059_10454336.jpg
a0181059_1046316.jpg

ゴマダラチョウも来た。
アサギマダラがふわふわやってきて、近くの枯れた花の先に止まった。30分以上じっとしていた。昼寝?
帰りは稲荷山コース(途中から6号路)。登山道には蝶影はなかった。6号路登山口で吸水中の、ウラギンシジミ、キチョウ、クロアゲハ。
a0181059_104712.jpg


オオムラサキは中学生のとき、札幌の円山公園に採集に行ったとき以来、見ていなかった。最初に採ったのはメスだったが、手の震えが止まらなかった。北海道のものはこちらより小型。帰路、木々の上を猛スピード飛んでいるのを見た。小鳥をも追いかけるという話も信じられる。
スミナガシは、6月の茅ヶ岳以来。このときは越冬個体だったが、新鮮な個体はさすがきれいです。
この日は、山ガールに遠慮しながらの撮影でした。

by otto-N | 2011-03-01 11:06 | Comments(2)