たかがヤマト、されどヤマト

タグ:オナガアゲハ ( 8 ) タグの人気記事


2017.5.11 東京・高尾山麓  ミヤマカラスアゲハ   2017.5.19 (記)

2017.5.11
チョウ撮影としては2回目の高尾山の山麓歩き。晴れて暑いせいかウスバシロチョウもなぜか飛んでいなかった。最初のミツバウツギで案山子さんと会い、2つめのミツバウツギではあきる野市のKさんに出会う。アオバセセリは出て来ていないとのこと。少し話をした後、先を急ぐ。とにかく網屋さんが多いのだ。途中の林道にはスミナガシもいなかったし、黒系アゲハの吸水も見られなかった。暑すぎるせいかなぁと思いながら、ウツギをチェックしながら林道を登る。オナガアゲハだけは目につくが、ウツギにとまっても撮りにくいのでほとんどスルー。サカハチチョウも少しくらい待っただけではいい位置にとまってくれない。最初に撮れたのは、日陰のヒメウツギに来たカラスアゲハ♂だった。
a0181059_10312629.jpg

アオバセセリも日陰。撮るには撮ったが露出がとんでもない飛翔設定のまま。真っ黒になってしまった。
a0181059_17341916.jpg

なんとかソフトで修正したが、粒子の粗さが目立つ。日向だと必ずウツギが白とびするので、露出不足のほうがいいかもしれないが、ISO3200ではちょっとキツイ。
a0181059_17353138.jpg

時々ウスバシロチョウが飛んでいるが、むしろツマキチョウのほうが目についた。どれも新鮮。
a0181059_19415172.jpg


いちばんの目的はトラフシジミの卍飛翔の確認。しかしながら、午前中あれだけ晴れていたのに午後になると空が曇り始めてしまった。でも、曇ったのが幸いしたのか、満開のヒメウツギに突然♀のミヤマカラスアゲハが現れた。
a0181059_17441897.jpg


翅を拡げながらどんどん花の中に潜り込んでいったので、真後ろに回ったとたんに飛ばれ、ピンボケの全開画像が残されていた。
a0181059_22140577.jpg


何年かぶりのミヤマカラスアゲハ♀だというのに、全開を撮れなかったことはショックだった。見上げればウツギの花にサカハチチョウ。
a0181059_17524041.jpg


オナガアゲハだけはたくさんいた。しかし、黒いのでピントが合わないし、ウツギの白とのバランスが難しい。
a0181059_17590331.jpg


満開のヒメウツギ。
a0181059_18022448.jpg



全部白バックよりこのほうがいい感じだ。
a0181059_17534438.jpg


ミヤマカラスアゲハの全開を撮り損なってから1時間半、二度目の遭遇。今度は暗い中にぶら下がっていた。
a0181059_18055001.jpg


暗い中だと満天の星が輝かないし、せっかくの赤いクジャク紋もくすんだままだった。最後まで明るい所には出て来なかった。
a0181059_18064090.jpg



そして、この30分後。二度あることは三度ある。しかし、またもや日陰の中だった。
a0181059_09170339.jpg


シャッターを切ながら明るいところへ移動するよう願う。小さく飛び少し明るいところへ移動。
a0181059_09171783.jpg


さらに小飛。今度はもっと明るいがウツギの花が少ない。
a0181059_18112646.jpg



やっと満面のヒメウツギ。小刻みに翅を震わせながら吸蜜していた。遭遇した時間は違ったがは距離にして50mほど。右翅表の中室下の小さな傷から判断して同一個体のようだった。
a0181059_18130705.jpg


トラフシジミは諦め、下山する。薄暗くなってもアオバセセリが吸蜜に訪れていた。しかし、暗すぎる。
a0181059_19365084.jpg


夕刻、暗いミツバウツギの木の中を亡霊のように飛び回るオナガアゲハ。
a0181059_19361075.jpg




by otto-N | 2017-05-19 16:57 | Comments(0)

2013.5.10 高尾山麓 ウスバシロチョウ   2013.5.11(記)

2013.5.10
ゴールデンウィークが過ぎたので、恒例のウスバシロチョウを見に行く。黒系アゲハも飛び回っているだろうし、アオバセセリも期待した。

現地に着いたのは10時過ぎ。日差しはそれほど強くはなかったが、気温が高かったためか、ウスバシロチョウは飛び回ってばかりだった。しかたがなく、飛翔撮影をやってみた。滑空しているので簡単かと思ったが、なかなかピントが合わない。どうやら、もっとチョウに近づく必要があるようだった。でも、近づくと逃げられるので、なかなかそうはいかなかった。
a0181059_163843100.jpg

斜面の上が遊歩道になっており、遊歩道と平行に飛んでいるものだけを撮った。これが、メスを探すオスの目線に違いない。
a0181059_1639633.jpg

ノートリといきたいところだが・・・。
a0181059_16392492.jpg

ウスバシロチョウは飛び回ってばかりいたが、ときどき吸蜜する個体もいた。6コマ目は、この時間帯のものではないけれどカラスアゲハとともにウツギに吸蜜していた。
a0181059_13202529.jpg

かなり黒い新鮮な個体。開翅を撮りたくて別なところに移したが、すぐ翅を閉じてしまった。
a0181059_13231540.jpg

ウスバシロチョウばかり撮っていてもきりがないので、ウツギ街道を目指した。ウツギの花は満開だったが、チョウがほとんどいない。そのうち、空が曇ってきてしまい、お手上げ。採集に来ていた人に聞いても、まるでダメとのこと。ミヤマカラスアゲハもアオバセセリも全然いないらしい。サカハチチョウも1頭見ただけだった。コミスジさえ少なかった。
a0181059_16475725.jpg

林道を歩いているとき、まとわりついていたジャノメが木にとまった。たぶん、コジャノメと思うが、崖を少し降りて撮った。ピントが甘いが1/15なのでご勘弁を・・・
a0181059_13332764.jpg

帰り際、林道の入り口にあるウツギにオナガアゲハが来ていた。暗くて翅表がちゃんと写らないが、オナガアゲハのこのシルエットはいつ見ても綺麗だと思う。そのうち、カラスアゲハもやって来たがこれまた暗すぎた。3時すぎ、ウスバシロチョウの飛んでいた場所に立ち寄ってみたら、曇っているせいか1頭も飛んでいなかった。花にとまっている姿もなかった。
a0181059_13381387.jpg


ウスバシロチョウはいたけれど、黒系アゲハは例年より少なかった。まだ、少し早いのだろうか。サカハチチョウも少なく、ちょっといやな感じだった。夕方、日射しが弱くなったとき、ウスバシロチョウが花にとまることを期待したが、空が雲ってしまった。来週、また来ざるをえないかな。


P.S.
黒いウスバシロチョウ。あわてて撮ったのでピンボケ。摺れた感じがするが新鮮個体。一見、油紙。決して美しいものではない。すぐ、葉陰に潜り込む癖があるような気がする。
a0181059_1744213.jpg


by otto-N | 2013-05-11 14:03 | Comments(12)

2012.8.20-31 白金の森 (6)オナガアゲハ    2012.9.10(記)

2012.8.20-31
昨年はオナガアゲハが多かったが、今年は1度も見ていなかった。もう出て来ないと思っていたけれど、1頭だけこのクサギの花にやってきた。

(6)オナガアゲハ
まるでボロボロのクロアゲハだと思っていたら、どうやらオナガアゲハのオスだった。20日に現れ、21日にも来たが、それ以後見なかった。今年初めての個体。
a0181059_15123596.jpg

ボロでなければと思うアングルなんだけれど・・・
a0181059_15125047.jpg

クサギの花にアオスジアゲハが来てもすぐ行ってしまう。どうやらアオスジアゲハにとってはこの蜜はまずいらしい。ナミアゲハも一応吸蜜するが、長続きはしない。シャッターを押す前に行ってしまう。毎日のように見たのはヤマトシジミ。やっと撮影できた。ストローを伸ばしているが、どうやら吸蜜ではないらしい。花びらの表面を吸っていた。
a0181059_15182423.jpg

このクサギの木から少し離れたところにタブノキがあり、時おりアオスジアゲハがやって来ていた。産卵のようだが、産卵は瞬間的でなかなか撮れなかった。産卵ということは、若葉に産み付けられた卵が写っていたことから、やっと納得できた。
a0181059_15233395.jpg

写っている卵は5個かなぁ。(クリックすると大きくなります)
a0181059_1524598.jpg

頭上のヤブカラシで吸蜜するアオスジアゲハ。
a0181059_15254860.jpg

近くの公園でのアカボシゴマダラ。光に透けた赤紋はちょっといい感じ。
a0181059_1527367.jpg

この期間はあまりにも暑かった。路上で吸水するルリシジミとウラギンシジミ。(ウラギンシジミは白線の上には水がないはずだが)。ちびたカタバミで産卵後休んでいるヤマトシジミ。最後のヤマトシジミは少し斑紋異常。
a0181059_152837100.jpg


というわけで、この暑い中、11日間、1本のクサギの木の元に通いました。アゲハたちがやって来る時間は決まっておらず、来ないときはパタッと来ない、来るときは一斉に来るような感じでした。木陰に待機し、アゲハが来たら、日向に出て撮影していたけれど、いささか飽きました。この間、東京では雨が1滴も降らず、まさに灼熱地獄、東京砂漠です。

by otto-N | 2012-09-10 15:39 | Comments(2)

2012.5.17 高尾山・山麓① ウスバシロチョウ    2012.5.19(記)

2012.5.17 高尾山・山麓①
ウスバシロチョウ、アオバセセリ、サカハチチョウ、黒系アゲハを見に高尾山の麓へ、「散歩」のShinさんと行く。

この日も少し遅めだったので、最初のポイントのウスバシロチョウはとまらず飛び回ってばかりだった。諦めて、林道に入る前にうろついた道すがら、民家の庭先の白いツツジにアナガアゲハとカラスアゲハが集まっていた。庭先なので遠慮しながら、たくさん撮ったが、やはり、白い花と黒いチョウは難しい。
a0181059_20171449.jpg

赤紫のツツジにはクロアゲハも来ていた。見たのはこの1頭だけだった。
a0181059_20193861.jpg

林道に入ってすぐのところにある空地には、ウスバシロチョウが舞っており、何頭かはハルジオンに吸蜜するそぶり。1度花にとまったものは、飛び立っても再び花にとまることが多い。
a0181059_20242955.jpg

a0181059_20254138.jpg
a0181059_202628100.jpg

ひとしきりウスバシロチョウと遊んだので、林道を進んだ。しかし、サカハチチョウはなかなかいなかった。いたのはコミスジばかり。Shinさんは、「5年前、サカハチチョウは群れをなしていたのにどうしたことか」と嘆くばかり。やっと1頭見つけて撮影する。この林道で撮ったチョウたち。まだ、ツマキチョウもいた。他にコチャバネセセリ、オナガアゲハ。
a0181059_20324613.jpg

これは、たぶん黒化型のウスバシロチョウ。鱗粉が剥げ落ち、毛も抜け、油光りしているような感じだ。決して美しいとはいえない。今まで、スレ個体としてパスしていたようだ。(それぞれ別個体)
a0181059_20452135.jpg

これを撮った時点で、もう1時半。林道の先にはウツギの咲く場所があるという。そこまで行ったことはないので、ここでShinさんと別れ、林道を一人先に進んだ。

(②へ続きます)

by otto-N | 2012-05-19 20:56 | Comments(6)

2012.5.8 高尾山・山麓② ウスバシロチョウ    2012.5.15(記)

2012.5.8 高尾山・山麓②
ここへ来た主目的はウスバシロチョウ。しかし、なかなか見つからず、やっと見つけたものの、飛び回っているばかり。それはそのはず、もう10:30だった。その中で、飛んでもすぐとまる個体がいたので、藪の中を突き進み、やっと撮ることができた。
a0181059_9424337.jpg

a0181059_943667.jpg

この後、黒系アゲハの吸水集団が大きくなっており、1時間ほどここで過ごしたわけだが、吸水集団が分散したとき、カラスアゲハが近くの葉の上で翅を拡げて休んだ。ミヤマカラスアゲハならよかったのだけれど、これはこれでとても綺麗だ。
a0181059_955238.jpg

12:30すぎ、吸水集団を離れ、別の林道に入ったけれど、ウスバシロチョウは全く見かけることはなく、ミツバウツギもあまり咲いておらず、アオバセセリには会えなかった。この日撮ったチョウたち。何だろうと思って撮ったらガサキアゲハ(♀)、サカハチチョウ、コミスジ、トラフシジミ。
a0181059_10355959.jpg

スジグロシロチョウも何枚か撮った。
a0181059_10431338.jpg

ミツバウツギで吸蜜するオナガアゲハ。この宙ぶらりんになる独特のポーズが大好きだ。
a0181059_10433811.jpg

15:00を回ったころ、薄曇り状態になった。1頭だけウスバシロチョウが樹上を飛んでいく。今日は開翅を撮っていないなぁ、ひょっとしたら日差しもなくなったので、ハルジオンにとまっているかもしれないと、朝の場所に戻った。大正解。何頭か飛んできて、すぐ翅を開く。ただ、同じようなポーズでしか撮れなかった。光が弱いので翅もあまり透けて見えなかったが、よしとしよう。
a0181059_10503934.jpg
a0181059_10505330.jpg


この場所の発生が遅いのか、少なくなったのか、ウスバシロチョウの数は少なかった。昨年はたくさんいたサカハチチョウも少ないし、ミツバウツギもまだ咲き始めたばかりのようなので、ちょっと早かったのだろうと思う。アオバセセリも見たいし、また来てみよう。お目当てのチョウがいなくても、すがすがしい緑の中をほっつき歩くのはとても楽しい。

by otto-N | 2012-05-15 11:07 | Comments(8)

2012.5.8 高尾山・山麓① ミヤマカラスアゲハ    2012.5.13(記)

2012.5.8 高尾山・山麓①
この日も天気がよく、ウスバシロチョウを見に高尾山の麓へ行く。他にも、アオバセセリ、カラスアゲハがでているはずだ。ミヤマカラスアゲハも期待できる。

目的地に到着しても、ウスバシロチョウは飛んでいない。まだ早かったのかと、緩やかな坂を登る。前方に黒いアゲハが吸水しているのを見つけた。近づくと3~4頭いた。オナガアゲハはどこかに行ってしまったが、カラスアゲハとミヤマカラスアゲハがいた。最初、場所取り争いをしているが、そのうち、太陽の方に翅を向け、同じようなポーズで落ち着く。
a0181059_19261066.jpg

そばを人が通りすぎたのを機に、分散してしまったので、ウスバシロチョウを捜してさらにだらだら登って行くと、ウスバシロチョウが数頭舞っているのが目に入った。しかし、暑いせいか、全然とまってくれない。やっと、少し飛んでは葉の上で休む個体を見つけ、閉翅姿を撮影できた。開翅は望めそうもなかったので、元来た道を引き返した。
先ほどの吸水地点にさしかかると、アゲハチョウの数が増えていた。ここには6頭しか写っていないが、少なくとも8頭はいた。
a0181059_1940542.jpg

近くを人が通りかかるたびに飛散し、またしばらくすると集まって来る。しかし、なかかなこれといった場所には来てくれない。後ろからばかりではなく、横からも撮影した。集まってから近づいてはすぐ飛び立ってしまう。集まる前にその場所にいなければならなかった。横向きからでは、かがんだ瞬間に飛び立つので、身をかがめて待つしかなかった。膝に故障を持つ身には苦しかった。また、前からではとても敏感で近づけなかった。
a0181059_19425054.jpg

1個体ずつの開翅写真。オナガアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ。
a0181059_19522734.jpg
a0181059_2021515.jpg
a0181059_19525969.jpg

カラスアゲハとミヤマカラスアゲハの2ショット。カラスアゲハの尾状突起が片方欠けているのが残念。しかし、この個体はいつも集団の中心におり、写らないように苦心したが無駄だった。
a0181059_1954722.jpg

ミヤマカラスアゲハは、やっぱり美しい。これだけを追ってみた。
a0181059_19552776.jpg
a0181059_19555394.jpg
a0181059_19561176.jpg
a0181059_19562791.jpg


綺麗とは言えない路上での吸水ミヤマカラスアゲハを、じっくりとはいかないまでも撮影できた。本当は100ミリマクロで撮りたかったけれど、敏感で近づけず、300ミリズームでしか撮ることができなかった。背景を少しはボカしたかったのであまり絞らなかった。しかし、ピントが合ってない部分もあり、もう少し絞るべきだったかもしれない。

by otto-N | 2012-05-13 20:25 | Comments(16)

2011.07.26 白金の森 オナガアゲハ    2011.7.28(記)

2011.7.26
自然教育園では、今年は、クロアゲハよりオナガアゲハが多いという。ここでのオナガアゲハは未撮影。クサギの花も咲いたというので、行ってみた。

池のほとりにいたツバメシジミ。少しスレがきているが・・・
a0181059_13323423.jpg

あちこち行っても、何もいない。アカボシゴマダラがエノキに止まった。産卵場所を求めて歩きまわる。
a0181059_1333880.jpg

逆光で撮りたかったが、好機を逃した。
a0181059_13332932.jpg

クサギの花にオナガアゲハがやっと来た。他に、クロアゲハとナガサキアゲハ(♂)が来たが、すぐに行ってしまった。
a0181059_13334395.jpg

このクサギの木は、木陰にあり撮りにくい。
a0181059_1334652.jpg

7月13日に来たときの、カラスアゲハ(萎れかかったヤブカンゾウに来なくていいのに)、イチモンジセセリ、ゴマダラチョウ。
a0181059_13342671.jpg

7月15日の、コミスジとツバメシジミ。(この日はこれだけだった)
a0181059_13344820.jpg


昨年は、ここでオナガアゲハは一度も見なかった。その年によって発生が違うようだ(園内で発生しているとは限らないが)。これまで、教育園で見たアゲハチョウは、ナミアゲハ、キアゲハ、クロアゲハ、カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、アオスジアゲハ、この日のオナガアゲハで計7種(飛翔中のジャコウアゲハも見ているので8種)。いそうでいないのがモンキアゲハだが、昔は普通だったという。ぜひ、ここで撮りたいものだ。

by otto-N | 2011-07-28 14:02 | Comments(4)

2011.05.20 東京都 カラスアゲハ    2011.5.22(記)

2011.5.20
高川山のハイキングで、ウスバシロチョウの開翅を撮れたが、翅が欠けていた。ちょっと、悔しいので、一番近い所を探した結果、高尾山の麓にいるようだ。天気が良すぎて、ウスバシロチョウは止まってくれない可能性が高かったが、裏高尾といわれるところへ行ってみた。

すぐにウスバシロチョウを発見。しかし、気温も高く、止まる気配がない。追うべきか、無視するべきか考えていたところ、道路際に、オナガアゲハが飛んでいた。飛んでいるのは1頭ではなかった。何か変だと、川底を覗いたら、こんな景色が待っていた。
a0181059_16365489.jpg

この景色は、北海道での子供時代以来だ。翅を開いて飛んでいるのは、1、2コマ目がカラスアゲハ、3、4コマ目がミヤマカラスアゲハと思う。何枚か撮ったが、なかなか翅を開いているところは撮れなかった。
(→3、4コマ目も、カラスアゲハと判明しました)
a0181059_16373170.jpg

横から撮ってやれと、川底に降りて少し撮ったところで、ほとんど飛んでいってしまった。早まった。川底に降りずに上からもっと撮っておくべきだった。
a0181059_16382914.jpg

悔やんでもしかたがないので、ウスバシロチョウを探したが、あまりいない。いても、止まらない。
もう、どうでもよくなり、新緑で気持ちのよい林道をどんどん進んでいった。コミスジがやたらに多かった。
a0181059_16385444.jpg

サカハチチョウもときどきいた。
a0181059_16391688.jpg

ミツバウツギを見つけた。アオバセセリがぶんぶん飛び回っていた。吸蜜するが、すぐに飛び立ち、ウツギに求蜜にやってくるカラスアゲハやオナガアゲハを追い払う。ほんとうに落ち着きがない。
a0181059_16394363.jpg

日のあたる場所には、なかなか来ず、苦戦した。
(ストロボを使った写真は、翅の緑色は出たが、大きな目が光りすぎ、没となった)
a0181059_1640654.jpg

ウツギにやってきたオナガアゲハとカラスアゲハ。4コマ目は、民家のコンクリート塀に止まったままのカラスアゲハ。
a0181059_16403348.jpg

やっと静止したオナガアゲハ。
a0181059_164115.jpg

ウスバシロチョウもミツバウツギにやってきた。
a0181059_1753490.jpg


黒系アゲハの吸水集団を見たのは、久しぶりだった。子供時代の北海道では全部、ミヤマカラスアゲハだった。そして、近づきすぎると、すぐいなくなる悪夢も同じだった。(20~30頭いても採れたのは1、2頭。いつも惨めな結果に終わったことを思い出します)
アオバセセリは見ていて面白かった。アゲハがやってくると、蜜がなくなるわけではないのに、とにかく、落ち着かない。すぐ、追い払いにいく。しかし、このテリにふらふら迷い込んだウスバシロチョウは、追いたてられなかった。白いチョウは花と区別がつかないのだろうか。
それにしても、ここも東京都。自宅近くにはいないチョウがいる。林道歩きも楽しかった。また来ようと思った。

この日見たほかのチョウ:
アサギマダラ、モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ジャコウアゲハ、トラフシジミ、スミナガシ、クモガタヒョウモン?、テングチョウ(越冬)、ウラギンシジミ(越冬)、ヤマトシジミ。

by otto-N | 2011-05-22 17:53 | Comments(14)