たかがヤマト、されどヤマト

タグ:キベリタテハ ( 8 ) タグの人気記事


2013.8.16 群馬県・浅間高原 キベリタテハ   2013.8.21(記)

2013.8.16
直前にとった新鹿沢温泉の宿に泊まったけれど、涼しいこと涼しいこと。クーラーの冷気と違ってとても気持ちがよく、生き返ったようだった。生き返ったといえば、前日、突然シャッターが動かなくなったカメラは、いつの間に直っていた。これで2台使える。さて、キベリタテハを撮りに出かけるのはいいが、妻はどうしたらいいのか、かなり悩む。前の日は、高峰山(2091m)に1人で登ってきたようだ。マツムシソウの群落があったとのこと。でも、行こうとしているキべりの場所には花もなさそう。とりあえず、鹿沢園地インフォメーションセンターに行き様子を聞くことにしたところ、村上山(1740m)のハイキングコースを紹介してもらった。11時に迎えに行く約束し、キベリタテハ探しに向かった。

走っている途中、何頭かキベリタテハが飛んでいるのを見たので、なんとかなりそうな予感。9時すぎ、前日下見をしたとき何頭ものアサギマダラが吸水していた崖に着いたものの、崖はほとんど日陰。アサギマダラはすでに吸水していたが、キベリは日が当たるまで待つよりしかたがない、と思っていたらすぐ1頭が飛んできた。最初は道路だったが、すぐに崖にとまり吸水を始めた。でも、翅を開いたのが日陰。暗すぎてくて色が出ないかもしれないと思いながら撮ったけれど、思ったより撮れていた。
a0181059_15113775.jpg

ときどき、飛び移りながら吸水場所を探す。けれど、暗い場所が好みのようだ。二翅狙うものは一翅も得ず。右優先と左優先。
a0181059_15142737.jpg

そのうち、この個体はぴったり翅を閉ざしてしまった。そのとき、「風任せ自由人」のmaximiechanさんと「蝶の玉手箱」のcactusさんがやってきた。3人で開くのを待つものの、その気配はなかった。しばらくして、ふいに飛び上がり近くの松の枝にとまった。下から、位置を変えながら何枚か撮った。
a0181059_15451894.jpg

その後は、崖のかなり高い所で翅を閉じたまま吸水。別の個体が飛んできたが、まるで落着きがなく、行ってしまう。お二方は別なポイントに移動されたが、私はここで待ち続けた。そのうち、2頭目が飛んできた。少し傷があるけれど、とても新鮮。これも動き回ってばかりで、開翅は1シーンしか撮れなかった。
a0181059_15553423.jpg

横からのキべり。ついでに横からのエルを並べます。
a0181059_15554555.jpg

この崖に飛来したチョウたち。エルタテハ、クジャクチョウ、ツバメシジミ。アサギマダラはたくさん吸水していたけれど、なぜか撮る気がしなかった。
a0181059_1556264.jpg

ときには、こんなツー・ショット。
a0181059_1615817.jpg

3頭目。左後翅の欠け方から1頭目と同じ個体だった。
a0181059_1641939.jpg

岩の上での開翅。実は、ぱたぱた開いたり閉じたりしている画像を閉→開の順に並べた。
a0181059_1642811.jpg

4コマ目と同一画像。
a0181059_1644665.jpg

4頭目(実際は3頭目)。この個体が飛んできたとき、横浜方面でよく会う方がやってきた。そして、浅間の煙さんも。三人で見守る中、この個体はいい場所にはなかなかとまってくれない。これが唯一の崖での開翅シーンだった。
a0181059_16143846.jpg

そして、最後は私の左手の甲にとまって汗を吸い始めた。もう2時間もここで粘っていたので、汗が濃縮されている?最短距離40cmのレンズなので、めいっぱい腕を伸ばして撮った。
a0181059_16205845.jpg

たっぷり汗を吸ったらしく、どこかへ飛んで行った。時間は11時少し前。鹿沢インフォメーションセンターまで急いで戻った。妻はというと、村上山に半分くらい登ったところで、数日前熊が出たということだし、あまりにも人がいないので、引き返して鹿沢園地の遊歩道に切り替えたようだ。「野草園」という所に花の群落があり素晴らしかったとのこと。

この後は、燕岳登山のベースとなる中房温泉に向かった。途中、オレンジ色の小さなチョウを探しに寄ったが、カンカン照りで暑いのか、探し方が悪かったのか、とにかく見つけることができなかった。でも、細いクヌギの木の根本にボロボロではあったけれど、オオムラサキのオスとメスがいた。高尾山の御神木が倒れて以来、オオムラサキに会っておらず、これはこれで嬉しかった。
a0181059_16405363.jpg


キベリタテハだけを目的に撮影することはなかったし、北海道でも、どちらかというと思いがけないところで見ることが多かった。本州では、秋の登山中に出会うものの、摺れた個体ばかり。それも、山小屋の壁や網戸など変な所ばかりにしかとまってくれない。今回、思ったよりチャンスは少なかったけれど、日陰と日向の両方で、かなり近づいて撮影することができた。それにしても、日陰と日向のどちらも、厚みのある黄色にはなかなか撮れないものですね。

by otto-N | 2013-08-21 17:13 | Comments(10)

2012.5.8 赤城山山系 ヒメギフチョウ   2013.5.9(記)

2013.5.7-8
昨年は行かなかったけれど、群馬の赤城山山系のヒメギフチョウを見たくて行ってきた。しばらく温泉に行っておらず、1月に車を新しくしたが長距離は乗っていない。ということで、どこか赤城山近くでハイキングできるところを探した。今の季節は、標高1000m以上はまだ新緑ではなく、登ってもつまらない。そこで、浮かび上がったのがアカヤシオ見物。近くを探したら、栗生山というのがあった。ただ、もう花は終わっているらしいが、少しは残っているかもしれず、赤城山の近くのN温泉を急遽予約した。

2013.5.7
栗生山(968m)は、標高600mのところにある栗生神社の境内から登った。薄暗い杉林の中をほとんど直登。約40分で頂上付近に出た。しかし、頂上付近のアカヤシオはすでに終わり。かろうじて1本だけ少し花が残っていた。ピンクの花がきれい。全山がピンクだと素晴らしいに違いない。アカヤシオを追って登山する人が理解できた。
a0181059_17442890.jpg

頂上から、赤城山山系の眺め。快晴だったが、気温が低く北風が強かった。寒いので早々と下山した。
a0181059_1748292.jpg

下山中に撮った可愛らしい花たち。
a0181059_1749245.jpg

時間を持て余し、桜で有名な赤城の千本桜の並木を見に寄った。当然桜は咲いていない。晴れていても風が強くどうしようもなかった。桜は咲いていなかったけれど、芝桜と菜の花が満開だった。寒くて、モンシロチョウもとんでいない。ヒメウラナミジャノメがいたので少し追いかけ、摺れていたけれどヤマトシジミのメスを撮る。この日のチョウはこれだけ。
a0181059_18505726.jpg


2013.5.8
泊まった温泉、夜10時ころに天井から水漏れ事故。個室の温泉のお湯を出しっぱなしにしたらしい。3部屋続きの特別室に引っ越し。お土産をいただいたが、料金は負けてくれなかった。朝8時半ころ、出発。赤城山の麓を1/3周する。快適なワインディング。目的地まで30分くらいかと思ったが1時間以上かかってしまった。晴れていたけれど、まだ北風が残っており、車載温度計は14℃だった。登山口付近に車を停め、登り始めるが緑が少ない。中腹でカメラを持った方がおられた。少し下に飛んで行ったヒメギフを教えてもらい、無事撮影したが、後翅が破損した個体だった(画像は割愛)。頂上に着くと2名がおられ、1頭だけ出ているという。枯れた笹の葉にとまっているのを一緒に撮った。300ミリズームで押さえ、100ミリマクロで撮影。
a0181059_1901976.jpg

寒いせいか、飛び回ってもすぐとまり、開翅する。スミレでも2回吸蜜。吸蜜時間がいつもより長く、2回とも撮影できた。とにかく、一度見失っても、また現れ、あちらこちらにとまってくれた。
a0181059_18164093.jpg

長々ととまってくれるので、ほとんどマクロ。さらに絞りを色々調整することさえできた。これは絞り2.8。
a0181059_181938.jpg

少し逆光気味だった。
a0181059_1819576.jpg

最後の画像。ズームで撮っているうち飛んで行ってしまった。
a0181059_18193792.jpg

ほとんど先客の2名の方と3人で撮影していた。途中で「浅間の煙」さんがワンちゃんとともにやってきたので、色々話をしながら飛んでくるのを待っていたが、風が少し強まったせいか、出てこなくなり残念だった。ミヤマセセリも飛び出してきたので、待ち時間に撮影。
a0181059_1845621.jpg

頂上では、赤城姫の保存に尽力されているチョウ類保全協会のMさんご夫妻が来ておられ、一緒に下山したとき、赤城姫のことや、色々な花について教えていただいた。可愛い花が大好きだが、チョウに関心がない妻は大喜び。
a0181059_18403576.jpg
a0181059_18403035.jpg

麓にはウスバサイシンの花。
a0181059_18412284.jpg

水場でスギタニルリシジミを探したが、見つからなかった。そのかわりキベリタテハが来ていた。
a0181059_18453795.jpg


北風が強く、寒い日だったのでヒメギフチョウは2頭しか現れなかったけれど、その1頭はとても綺麗な個体だった。寒いせいか、あまり飛び回ることもなく、すぐとまって翅を拡げてくれた。宿の予約をしていなかったら、撮影には来なかったと思うので、とてもラッキーだった。でも、2日続けて寒い中を歩き回ったせいか、風邪は全然治っていない。熱はないものの鼻と喉の調子が悪いままだ。

チョウ類保存協会のMさん、色々教えていただきありがとうございました。

by otto-N | 2013-05-09 19:17 | Comments(22)

2012.10.15-16 福島県・安達太良山 キベリタテハ    2012.10.19(記)

2012.10.15
福島の安達太良山(1700m)の紅葉を見に行ってきた。少し遠いので温泉に前泊し、翌日に登ることにしたが、前泊する日はどうしょうということで、道路地図の紅葉マークを探した。紅葉マークはすぐ見つかり、その1つ、塩沢温泉の先が一番紅葉マークが多かったので、とりあえずカーナビを設定した。現地についてみると、スキー場になっており、なあーんだ、安達太良山の別ルートの登山口だった。途中に渓谷やら滝があるらしい。とりあえず、登山道を行くことにした。

スキー場の日だまりにいたクジャクチョウ。ボロボロ、これで冬を越す。
a0181059_13491643.jpg

木立の中の登山道を行けども、いっこうに紅葉めいたところは現れなかった。登山道を下ってきた男性に尋ねると、くろがね小屋から先でないとまだ紅葉はないとのこと、屏風岩という所もいいいらしい。1時間ほど登ると、屏風岩に出た。確かに紅葉していた。
a0181059_13483010.jpg

午後2時をすぎたので、引き返し、裏磐梯にある横向温泉・下の湯の一軒宿に向かった。宿に着いてから、近くを散歩していたら、ミヤコグサが咲いていた。ミヤコグサの画像だけではなんなので、他の花を捜した。
a0181059_140470.jpg


2012.10.16
天気予報どおり、快晴。車で20分ほどの、あだたら高原スキー場を目指す。8時40分ころ到着。駐車場はすでに半分は埋まっていた。ゴンドラは30分待ちだった。ゴンドラからの眺め。
a0181059_14114996.jpg

ゴンドラを降りても、途中でばらけ始めたが、登山道は人の列。この安達太良山の山頂を目指す。
a0181059_1413274.jpg

視界が開けたと思って、振り返ると全山が紅葉。
a0181059_2123299.jpg

山頂にはあっけなく、1時間で到着。山頂の岩からの180度の展望。(クリックすると大きくなります)
a0181059_14181520.jpg

パノラマ画像の左側下。ここの紅葉が素晴らしかった。
a0181059_21506.jpg

山頂付近に飛んでいたキタテハとクジャクチョウ。クジャクチョウは結構多かった。
a0181059_1427865.jpg

山頂付近にはホシガラスが多く、マツの実をついばむところが可愛い。
a0181059_1441299.jpg

山頂の裏側には、昔の噴火口があり、その周囲の山々の南斜面の紅葉。
a0181059_14245284.jpg

船明神山(1667m)から少し下の紅葉。
a0181059_21551331.jpg

少し大きくし、もっと大きくすると、
a0181059_21594749.jpg

この岩場で休んだ後、引き返そうと思ったとき飛んできたキベリタテハ。少し離れた岩の上で開翅。テレ端の135ミリで撮影した後、もっと近づこうと岩を回り込んで顔を出したとたん、飛ばれてしまった。残念。300ミリズームを持ってくるべきだった。
a0181059_14365341.jpg

鉄山(1709m)の下のほう。紅葉ではなく黄葉。
a0181059_14444526.jpg

牛の背という所から、くろがね小屋に下りる途中、振り返ると、
a0181059_14475994.jpg

さらに下ると、
a0181059_14493233.jpg

くろがね小屋をすぎ、振り返ると、
a0181059_14593371.jpg

そろそろ終わりかという所で、山頂が見えた。ここから見ると、なるほど「乳首山」(安達太良山の別名)。
a0181059_150390.jpg


今回、泊まった温泉、とてもぬるい。1時間以上入っていても大丈夫。評価はともかく、ちょっと変わった宿だった。(詳しくは神秘の湯」を参照のこと)
a0181059_15173520.jpg


朝から下山するまで、ずうーっと晴れていた。全山が紅葉。こんな紅葉と天気はめったにない。どこを見ても赤と黄と緑。すばらしかった。今年は、もう紅葉ハイキングに行く必要がないだろうと思うほどだった。それに、昨年、那須塩原の茶臼岳で撮り逃がしたキベリタテハを、今回は証拠写真ながら撮ることができた。もし、撮れていなかったら、表題は、「安達太良山 クジャクチョウ」になっていました。

by otto-N | 2012-10-19 15:40 | Comments(4)

2012.8.20-31 白金の森 (3)クロアゲハ♂    2012.9.5(記)

2012.8.20-31
さて、今度は一番多かったクロアゲハ♂。内地では普通のクロアゲハといえども、北海道の子供時代は、憧れのチョウ。なにしろ北海道にはオナガアゲハはいるけれど、クロアゲハはいない。因みに、私の憧れた3つのチョウは、クロアゲハの他に、アオスジアゲハとキタキチョウ。ヤマトシジミも、北海道にはいなかったけれど、保育社の図鑑にはちびた標本の写真しか載っていなかった。こんな小さいシジミチョウに子供のころから興味をもつわけがありませんね。1番の憧れはカブトムシのオスでした。

(3)クロアゲハ♂
このクサギの花に集まってくるのは古びたオスばかり。綺麗だなと思って撮った後、モニターで確認すると翅が一部損傷していたり、とにかく、無傷のものを撮ること自体が難しかったが、思ったよりたくさん撮れていた。
a0181059_16245927.jpg

チョウを撮っていて目線をもらったのは初めてのような気がする。
a0181059_1628337.jpg

新鮮なオスのクロアゲハは動きが速い。後翅の前縁の白紋がチャームポイントか。
a0181059_1625143.jpg

翅がしなっているのもいいが、
a0181059_1641766.jpg

やはり、全開がいい。
a0181059_16305981.jpg


P.S.
今年の北海道では、キベリタテハを1回も見ることがなかった。昨年も満足に撮っておらず、今週、登山のため山梨に行く予定だったが、中止となった。このままでは、キベリンに会えないかもしれない。2年前(2010.8.8)、初めてデジイチ(Pentax k-x)を購入し使い方もよく判らないまま、北海道で撮った気になるキベリンの画像がある。このシチュエーションは2度とありそうにもないので、JPAGの画像を少しいじってみた。付属のソフトで、ホワイトバランス:オート→日陰、シャープネス:0→4、と調整した。撮影時刻は、薄暗くなりかけた16:40。撮影条件は、ISO800、F5.6で1/160。調整して、ずいぶんよくなったと思うけれど、RAWでも撮っておけばと悔やまれる1枚です。ホワイトバランスは、いつもオートで使っていて後からも直せるけれど、暗いときは注意です。

調整前:
a0181059_1771922.jpg

調整後:
a0181059_1741887.jpg

この3日前、岩手県の国見温泉で撮ったキベリンも貼っておきます。朝8:30の撮影です。
a0181059_171464.jpg



P.S.
冒頭2枚目の画像の前のコマです。これも、きょとんとしていて可愛いです。(2012.9.7追加)
a0181059_2044462.jpg


by otto-N | 2012-09-05 17:24 | Comments(6)

2011.10.7-8 栃木県・朝日岳 キベリタテハ(×)    2011.10.11(記)

2011.10.7-8
急に寒くなる日が続き、その後晴れそうだったので、急遽、那須の温泉を予約。栃木県の那須・茶臼岳に紅葉を見に行った。昨年は、ほとんど紅葉らしい紅葉を見ていないので、一気に紅葉するという茶臼岳(1915m)が紅葉するチャンスをうかがっていた。

初日、那須IC付近は晴れていたけれど、茶臼岳に着くと、空は曇っており、雨さえ降ってきた。ロープウェイは、風速30mの強風のため運休。時おり、雲の切れ目から日が差し、さあーっと山々を照らす。その瞬間だけ、赤く染まった木々が浮かび上がる。写真は、朝日岳。
a0181059_15312279.jpg

翌日、8:00ころ、駐車場に着くとすでに満車。仕方がなく、やっと見つけたスペースに路駐した。ロープウェイに山頂駅から時計まわりに進んだ。牛ヶ首から下はすばらしい紅葉だった。牛ヶ首から姥ヶ平降りると、茶臼岳を仰ぐ最大の絶景ポイントだった。
a0181059_15321343.jpg

牛ヶ首まで戻り、左に少し進んだところから見た紅葉。左の方に見える広場(姥ヶ平)から撮ったのが上の写真。
a0181059_15325721.jpg

そのまま茶臼岳の中腹を巻き、峰ノ茶屋という所に出て、朝日岳(1898m)に登った。その頂上から見た紅葉。茶臼岳以外はすべて素晴らしい紅葉だった。晴れていても、風が強いので、手がかじかむくらい寒い。この山頂の岩場の風が当たらない日だまりに、キベリタテハがいた。まさかと思った。一瞬、止まったかのように見えたが、見失ってしまった。身動きもとれないこの狭い岩場、残念だった。
a0181059_15333611.jpg

正午過ぎ、雲ってきたが、日が差すとスポットライトに照らされたように、緑の中に赤が浮かび上がる。
a0181059_15334818.jpg

下山の途中に撮った朝日岳。真ん中がキベリタテハのいた山頂。
a0181059_15343198.jpg

逆光のススキが銀色に光り美しかった。見える山は茶臼岳。
a0181059_15344919.jpg


タイトルにキベリタテハと出ているのに、その画像がない。はめられたと思っている方がいらっしゃるかとは思いますが、そのとおりです。でも、登山者は、ダウンやフリースの冬山に近いスタイルの中、1896mの山頂にキベリタテハを見たのは事実です。で、写真は撮れなかったので(×)としました。
山頂から少し下がったコルで、キベリタテハが風に流されながら飛んでいるのを見ました。同一個体かどうかは判りません。この寒さの中で活動するとはたいしたもんです。

(100ミリマクロを持っていったのにかかわらず、チョウを見たのはキべりタテハだけ、出番なしでした)

by otto-N | 2011-10-11 17:00 | Comments(10)

2011.9.8 大菩薩峠 キベリタテハ    2011.9.16(記)

2011.9.8
晴れそうなので、前日行くことにした突然のハイキング。大菩薩峠(1897m)・大菩薩嶺(2057m)。富士は見えたが、チョウは不首尾だった。これもお手軽ハイキング。何しろ上白川峠(1592m)までクルマで入り、登りは3時間足らずで、これだけの富士。人気があるわけだ。問題は、裂石温泉から上白川峠までの林道、狭くて急で、すれ違える所の少ない道路だった。3台のタクシーとすれ違ったが、それは奇跡というもの。帰りは、嵯峨塩温泉へ抜ける別ルートを通りほっとした。

大菩薩峠(付近)からの南アルプス。
a0181059_19494830.jpg

富士山に雪がないと、ちょっとつまらない。が、それは贅沢というもの。
a0181059_19501091.jpg

林道にいた驚くほど新鮮なイチモンジチョウ。シータテハもいたが無視。
a0181059_1950523.jpg

大菩薩峠には、介山荘という山旅館があり、その前に数頭のキベリタテハが舞っていた。翅は壊れているうえ、かなり敏感で撮るのを諦めた。涼しいのでヒカゲチョウ(クロ?)は開翅。登山道で吸水していたアサギマダラ。アサギマダラは、大菩薩峠の上空を次々超えていった。そして、何かと思ったら、正体不明のミドリシジミのメスと、登山道にいたハンミョウ。
a0181059_19511670.jpg

夏の終わりを感じさせるミヤマカラスアゲハのメス。ボロボロ。長々と吸蜜していた。
a0181059_19513880.jpg


平日にも関わらず、駐車場はほぼ満杯だった。それにしても、登りやすい山だった。このところ、簡単に登れてきちんと富士が見える山ばかりをハイキングしているような気がする。そして、「苦労しない登っても富士山のありがたみがない」というのが、ツマとの一致した感想です。
それにしても、こんなにキベリタテハを見たのは初めてだった。林道、登山道で少し開けた所には、必ずとはいわないまでも、結構いた。ただ、敏感で撮れなかったけれど。

by otto-N | 2011-09-16 20:27 | Comments(6)

8月、南北海道、オオヒカゲ (2010.8.8)  2011.3.3

2010.8.8
下北半島・大間から北海道・函館にフェリーで渡り、一気に札幌まで行こうと思えば行けるけれど、この日は、かねてから泊まりたいと思っていた道南の温泉に泊まった。
温泉宿には日が高いうちに着いたので、カメラを持って付近を散策してみると、懐かしいチョウたちがいた。

まずは、タテハ類。キベリタテハ、懐かしのシータテハ、ぼろだがコムラサキ。そして、幸せの青い蝶ルリタテハ。
a0181059_16263110.jpg

ヒメジャノメ、クロヒカゲ、翅が痛んでいるが逆光でジャノメチョウ。
a0181059_16272245.jpg

ここで、一番目立ったのはオオヒカゲ。日が傾きはじめると、あちらこちで飛びだした。
翅が痛んでいるのが多かったが、比較的きれいな個体を並べると、斑紋が微妙に違う。(少し翅が壊れていても撮っておくんだった)
a0181059_16275369.jpg

黄昏どき、川に向かって翅を拡げるキベリタテハ。
a0181059_16441156.jpg


いやー、懐かしかった。そのへんのミズナラの木からしみ出る樹液に、ほとんどボロだったけど、チョウが重なり合って集っていた。
クロヒカゲ、キベリタテハ、シータテハ、コムラサキ、オオヒカゲ、ヒカゲチョウ、ジャノメチョウ。
しかしながら、この林のオオヒカゲの数には驚いた。少し日が落ち、気がつけば、あっちこっちで飛んでいた。中学のころ、行けば必ず採集できたオオヒカゲのポイントというのがあったが、こんなにはいなかった。オオヒカゲは子供時代それなりに憧れのチョウ。こんなにいてもいいのかな。私だけがたくさんいる所を知らなかっただけなのかなぁ。

by otto-N | 2011-03-03 17:22 | Comments(2)

8月、東北縦断、キベリタテハ (2010.8.4-7)  2011.3.3

2010.8.4-7
毎年8月、お盆には北海道へ墓参りに行っている。北海道ではクルマがないと動きがとれないため、新潟まで300km走り、そこからから小樽までフェリーで行っていたが、東北の温泉をいくつか回ってから、下北半島の大間から函館に渡ることになった。

8月4日:東京から東北道を一気に盛岡ICまで北上し、国見温泉「石塚旅館」に泊まった。秋田駒ヶ岳の麓にある鄙びた旅館だ。ここの温泉はほんとに素晴らしい。それまで見たことのない緑色の硫黄泉だった。朝の内風呂は印象的だった。
8月5日:田沢湖をかすめ、阿仁町、森吉町と山の中を走り、能代市に出てから、十二湖に行ってハイキング。人気のないブナの原生林は素晴らしかった。その後、「黄金崎不老不死温泉」へ。夕食前に、岩浜にある露天風呂に入り、太陽が沈むのを待つ。日が沈んだ後の赤く染まった空と海は圧巻だった。まさに黄金色だった。
8月6日:この日、白神ラインを通り、弘前に抜けた。事前にどうするか調べた結果、「めったに来ない所、走ってみよう」と、ちょっと無謀だったが走ることにした。1車線の砂利道が40km続いた。幸い、前半のタイトなところでは、対向車は1台だけだったけれど、先の見えないカーブが連続し、アップダウンを繰り返す薄暗い砂利道を4時間走った。途中カラスアゲハ(ミヤマ?)が吸水していたが、撮る余裕はなかった。津軽峠を通り、暗門の滝を見て、弘前に。そして、八甲田山麓の「猿倉温泉」に泊まった。
8月6日:七戸町、野辺地町を抜け、恐山へ。恐山は2回目だったが、やはり不気味。境内に温泉(硫黄泉)があったが、外が暑くて入る気にならず。山を下りて、尻屋崎に行った。そこで、予期せぬ野生の馬「寒立馬」の集団に出会う。この日は、下風呂温泉「まるほん旅館」に泊まる。濃厚ないい湯だった。
8月7日:朝、マグロの1本釣りで有名な大間へ。11:30発の函館行きフェリーに乗る。

さて、下の画像は、
 国見温泉「石塚旅館」の渡り廊下にいたヒメキマダラヒカゲ。
 朝の内風呂。朝日の反射がきれいだった。
 黄金崎不老不死温泉の夕焼け。(この4枚はコンデジ撮影)
 沖縄の海と錯覚するブルー。恐山の山頂の湖。
 偶然出会った寒立馬。たくましい体だった。
a0181059_15114970.jpg

チョウの画像はわずかです。
 国見温泉、駒ヶ岳登山口にいたルリシジミ。朝、旅館前にいたキベリタテハ。
 十二湖のサカハチチョウ。猿倉温泉の駐車場では、アカタテハとウラギンヒョウモン。
a0181059_1512817.jpg

クサギで吸蜜するぼろぼろのクロアゲハ (8/5 15:57 十二湖)
a0181059_15272434.jpg


温泉めぐりをしたわけだけれど、夏に東北の温泉に行くのは少し考えたほうがよいです。この夏はとても暑かった。大旅館はともかく個人的に好きな小さめの旅館は、冷房設備がない(北海道もです)。温泉から出ても汗が引かない。大誤算だった。
下北半島・大間から北海道に渡ったが、ちょっと失敗した。大間はゴマシジミの棲息地であることを北海道から帰ってから知った。大間では時間が結構あったのに、残念。
(ゴマシジミは北海道・十勝で撮ることができましたが、大間でも見たかったです。それから、弘前側から途中までならよいですが、白神ラインの走行はお勧めしません。)

by otto-N | 2011-03-03 16:12 | Comments(0)