たかがヤマト、されどヤマト

タグ:クモガタヒョウモン ( 8 ) タグの人気記事


2016.5.24 東京・高尾山(2) クモガタヒョウモン   2016.5.31 (記)

2016.5.24 PM
やっと峠の茶屋に着き、大休憩。黒系アゲハが飛び交っているが、見向きもせずクモガタヒョウモンの居そうな場所を探す。が、何のことはないすぐに見つかった。杉林が伐採された跡の広いが急な斜面。至る所に咲いているハルジオンに群がっていた。ただし、足場は最悪。撮影場所を決めたら、簡単には動くことができない。
a0181059_1540632.jpg

ハルジオンの群落を見下ろす位置に陣取り、300ミリで撮った。
a0181059_1539297.jpg

もちろん、次の花に飛び移る瞬間をねらうのだが、いつ飛ぶのか判らない。ムダなシャッターばかり切り続けた。
a0181059_15382840.jpg

クモガタヒョウモンは、丸い紋だけなのでとてもカッコいい。まさにヒョウモン。翅はすぐ開くので、飛翔を撮る必要はないのだが、飛んだときの躍動感が違う。
a0181059_1539117.jpg

でも、とまっているのか飛んでいるのか、上から撮ると判りませんね。これは、脚が見えているので、とまる寸前と思う。
a0181059_15402032.jpg

1視野の3頭が入ったのだが、全部にピントを合わすことは不可。開いたり閉じたり。全部が閉じるとNG。
a0181059_15403234.jpg
a0181059_15404465.jpg

単独でも、ちょうどいい翅の開き具合にはなかなかならない。似たような写真ばかりになってしまう。
a0181059_15392188.jpg

飛んでいるのかとまっているのか、そんなことはおかまいなしに、シャッターを切り続けた。
a0181059_1541972.jpg

頭を下にして翅を開くのが個人的には好きなポーズ。
a0181059_15405853.jpg

望遠での撮影に飽き、広角で飛翔を撮ろうとしたが、足場が悪く、うまくいかなかった。あまりにも撮れず頑張る気になったけれど、時すでに遅し。空が曇り始めてしまった。
a0181059_15394639.jpg

ウラギンヒョウモンも1頭だけ出ていた。飛び去っても、同じところに戻ってきた。すぐに翅を開くので裏を撮るのが難しかった。
a0181059_1539348.jpg

こうして、4人がそれぞれ思い思いの場所に陣取り、クモガタヒョウモンを撮り続けているうち、空はすっかり曇ってしまった。時刻は14時20分。1時間も撮り続けていたことになる。この場所を離れ、とぼとぼと林道を下っていると、コジャノメが飛び出した。きれいなメス。
a0181059_1625111.jpg

飛び去られてしまったが、すぐに替わりが飛び出す。
a0181059_16251726.jpg

このメスは、路肩で翅を開いてくれた。メスの開翅は初めて。金色の蛇の目がとてもきれい。
a0181059_16253020.jpg

3頭目のコジャノメ♀。縦位置でも撮ってみた。
a0181059_16254873.jpg

その後ろにはダイミョウセセリ。暗い中、とろけるような背後のボケが美しかった。が、ファインダーで見ていたときだけの話。左の虫食い葉っぱが邪魔だった。
a0181059_162625.jpg

林道は真っ暗で、あわよくば、路上吸水のミヤマカラスアゲハという第2目標はなくなったけれど、あれだけのクモガタヒョウモンと遊び、思いもかけず、新鮮なコジャノメ♀に遭遇し、林道から抜け出たころには、フジミドリシジミを撮影しに来たことをすっかり忘れてしまっていた。ご一緒したMさん、Kさん、Iさん、予想だにしなかった、久しぶりの登山道で大変だったと思いますが、楽しかったですね。


追記:ブナとイヌブナの間(はざま)
今年、最初にフジミドリシジミのポイントに訪れたのは5月18日、続いて20日、さらに24日。そして26日、3回ほどオスの探雌飛翔が初見、27日にメスをチラッと見るものの、全くとまらなかったので撮影はできず。そして、本日(31日)、撮れたのはこの証拠写真だけ。8~10m先のイヌブナの葉上に、たった1回とまっただけであった。何処にいる?
a0181059_1940635.jpg

どこにいるのかわからないはず。目線をもらい全開しているが、翅は完全に水平。すぐ飛び去ってしまった。
a0181059_19402641.jpg

今年は個体数が極端に少ない。今日(31日)は、20~30分に1回の割合でオスが飛んできたけれど、現れた個体数としては2~3頭にしかすぎないと思われる。26日、ここに来られた地元の方に、高尾山のフジミドリ12年(10年)周期説という話を伺った。確かに、2013~2015年は、こんなに苦戦はしなかった。今年は発生が遅れている可能性もあるが、毎日ここへ通っていたMさんの29日に撮られた鮮明な写真からでは、縁毛は擦れて飛び古しており、未発生というより発生数そのものが少ない感じであった。今日は、最初は曇っていたが、予想以上のピーカン。発生していたら、とまらないにしても数だけは多いはずなのだが、どうやら、12年説は当たっている可能性が高い。これを確認するために、来年も来なければ・・・。とりあえず、本年のフジミドリは終了します。現場に毎日のように集まられたみなさん、色々ありがとうございました。


   

by otto-N | 2016-05-31 20:36 | Comments(4)

2016.5.13 東京・高尾山麓(1) アオバセセリ   2016.5.21 (記)

2016.5.13
以前に較べて行く回数が減ったけれど、新緑の林道を訪れる。まず、林道の入り口にあるウスバシロチョウの広場に立ち寄る。しかし、飛んでいたのは1頭だけ。もう発生しているはずなのにどうしていないのだろう。昨年もここにはいなかったので、何かが劇的に変わったに違いない。それにしても、今年は花が早い。ヒメウツギはとっくに散ったらしく、訪花するチョウの姿は全くない。オナガアアゲハだけが、ときおり林道に沿って飛んでくる。サカハチチョウも少ない。こうなれば、林道の吸水ポイントしか望みはない。進む先に、青い網がチラチラしていたので、早く追い越さなければと先を急ぐ。そうでなくても、ハイカーが多いので、吸水中の黒系アゲハは蹴散らされてしまう。なんとか追い越し、いつも集団吸水しているポイントに到着するが、アゲハの姿はなし。さらに進み、やっと1頭のカラスアゲハに出会う。
a0181059_922465.jpg

林道もこのへんまで登るとウスバシロチョウがいるはずと思っても、いない。やっと1頭を見つけたので、近づこうとしたとたん、足元からスミナガシが飛び立ち、茫然と見送る。ついてない。こうなったら、いつもの場所まで行って戻ってくるだけでいいと思い、カンカン照りの林道を進む。例年だと至るところにヒメウツギが満開に咲いているのだが、今年は全部散っていた。ただ、標高が少し高いのかミツバウツギは残っていた。昼食を摂りながらその前で待っていると、やはり、来た。まずはカラスアゲハ♂。300ミリで飛び回るところを狙うがピンボケばかり。
a0181059_914478.jpg

カラスアゲハ♀は明るいところに出てきてくれず翅も拡げない。他に、サカハチチョウ、ウスバシロチョウ、オナガアゲハ。本命はミヤマカラスアゲハのメスだったけれど・・・
a0181059_915836.jpg

クモガタヒョウモンもやって来たが、風で揺らいでいい感じでは撮れなかった。
a0181059_9211599.jpg

いつもはこの木にはほとんど来ないはずのアオバセセリ。近くのヒメウツギが終わっているので、この木に集中したのかもしれない。飛び去っても、次々にやって来る。
a0181059_9234254.jpg

鮮度はあまり良くなさそうだったので、何とか飛ぶ瞬間を撮ろうとするが、ほとんど徒労に終わる。
a0181059_9151961.jpg

ときどき2頭が絡むが、すぐ分離する。が、このときは長かった。ホバリング卍。急いで、300ミリのピントリングを回す。しかし変、ピンを合わせてシャッターを切ってもレンズモーター音がしてシャッターがすぐ切れない。AFからMFに切り替えていなかった。途中で気づいたが後の祭り。
a0181059_1922598.jpg

また絡むことを期待したが、ウツギには吸蜜せず、この木の後ろの大空間を飛び回っているばかり。時刻は午後2時。そうか、テリ張り時間かと諦め、近くをふあふあと飛んでいるウスバシロチョウと遊ぶ。この林道の奥の方には、例年どおりの数がいたので、入り口の広場で飛んでいなかったのは未発生ということではないと思う。マクロではなく、ハイキング用の18-135ミリを持ってきていた。こちらの方が、合焦速度が速い。
a0181059_9361027.jpg

アゲハも来なくなり、コミスジやサカハチを撮りながら帰路につく。途中でオナガアゲハが5頭吸水。これがこの日の最大の群れだった。
a0181059_9412930.jpg


(高尾山山麓(2)に続きます)


   

by otto-N | 2016-05-21 20:02 | Comments(0)

2015.5.15 東京・高尾山麓 スミナガシ 2015.5.24 (記)

2015.5.15
ベトナムの団体旅行から帰ったきた翌日、晴れたのでウスバシロチョウを撮りに行く。天気予報を見たら、翌週は天気のが良さそうな日がまるでなかった。

いつもウスバシロチョウの舞っている林道の入り口の広場の斜面には1頭も飛んでいない。今年は異常に少ないのかもしれないと思いながら、林道を進む。あいかわらずコミスジが多いけれど(→写真はコミスジではなくミスジチョウでした。ここでは初めてでした)、この日、目についたのはイチモンジチョウ。一気に羽化したようだ。緑の葉っぱにとまって欲しかったけれど、とても敏感だった。
a0181059_19481050.jpg

昨年、スミナガシが来ていたのはこの辺だろうか、と考えながら林道を先に進むと、今年もいた。ただ、高いところに上がって、もう降りてこなかった。
a0181059_19563590.jpg

ここにもいるかもしれないと用心しながら歩くと、また飛び出した。少しは近い位置だったので、低い崖を登って撮る。開翅したけれど、真横ではどうしようもなかった。
a0181059_19564947.jpg

しばらくこの葉の上にいたけれど、道路に降りたのであわてて崖を下りる。近すぎる場所でしばらく全開した後、飛んでいってしまった。
a0181059_195724.jpg

前回アオバセセリが来ていたいつものウツギはもう終わっていたけれど、意外な場所で、葉裏のアオバセセリを偶然見つけた。ストロボを焚いたけど、EVを上げたこちらの方がいい。ダイミョウセセリやカラスアゲハを撮ったりしていたが、気になっていたのはクモガタヒョウモン。何度か見ていたが、やっと目の前に一瞬来てくれた。
a0181059_19531032.jpg

前回、黒化型のウスバシロチョウ(バクロというらしい)を見た場所では、ノーマルのウスバシロチョウ(バシロというらしい)が少しだけ飛んでいた。ハルジオンがあっても吸蜜するそぶりもなく、飛び回っているだけだった。ここの背景はつまらない。なんとか林道の雰囲気を取り入れようとするが、思ったところには飛んできてくれなかった。ただ、道路なので走り回るには快適だった。
a0181059_2032571.jpg

後追いばかりに終始したが、時には、先回りして正面を狙うが、直前でかわされることが多い。
a0181059_2031713.jpg

こんなときには、下から空を入れるのが一番と思うものの、青空はすでに消え、薄ボケた空しか写らない。
a0181059_204249.jpg

実は、広角での飛翔撮影は、人差し指でシャッターを切る続けるので、横よりも縦位置のほうが撮りやすい。横から縦への切り替えもとてもスムーズだ。
a0181059_2042286.jpg

翅が透けているので、逆光で撮ると色のないステンドグラス。空に入ると骨格だけしか写らない。
a0181059_2044165.jpg

結局、とまって翅を開いているところは、この1枚だけだった。地方に行かないかぎり、今年はこれでお終い。
a0181059_2055740.jpg


今回は、少なくても3か所でスミナガシを見た。今年は多いのかもしれない。逆に、ウスバシロチョウがこんなに少なかったのは初めて。新鮮個体ばかりだったので、ピークを過ぎたとは思われないし、ちょっと変。友人はここではなく、毎年、埼玉でウスバシロチョウを撮っているが、そこでも少なかったようだ。そのロケ地の農家に人に聞いた話では、鹿が増えムラサキケマンを食べているとのことだそうだ。関西でも、そんなことを聞く。

by otto-N | 2015-05-24 20:52 | Comments(6)

2014.5.19 東京・高尾山麓 スミナガシ   2014.5.22 (記)

2014.5.19
なにごと3度。3度目の挑戦。ターゲットはスミナガシ。この日も晴天。

いつもの10時半。ウスバシロチョウはもういいかなと思い、ポイントをパスし、林道を急ぐ。途中、ウツギを覗くが、ヒメウツギはすでに散り、ミツバウツギもほとんど終わり。水の染み出た場所にオナガアゲハがいたけれど、翅の痛んでいるものばかりだった。かなり歩いたところで、チョウ類保全協会でいつもお世話になっている事務局のKさんにお会いする。スミナガシのことを聞いたら、水場で吸水していたとのこと。ミヤマカラスアゲハもいたけれど、ハイカーが来たので飛ばれ悔しそうだった。一緒に林道を進むと、水溜りにクモガタヒョウモン。地べた以外にとまってほしいのだが、吸水に余念がなかった。ときどきイタドリの葉で休むが撮れない位置。
a0181059_10584580.jpg

まだ咲いているウツギを調べながらしばらく進むも、アオバセセリもアゲハ類も見ず。Kさんはまだ先へ行ってみるとのことで、別れて林道を引き返す。先ほどのクモガタヒョウモンはまだいたが、これは別の水溜りにいたもの。飛翔も狙うが1枚もピントが合わなかった。
a0181059_1058575.jpg

ここでいいかなと思った水場で、サカハチチョウと遊ぶ。先日、ミヤマカラスアゲハを撮った場所だ。やはり、小さいチョウには21ミリのパンケーキが使いやすい。
a0181059_10594266.jpg

もう少し上から撮ったほうがいいのだが、薄暗い中、ところどころに日が射す林道の雰囲気は出た。
a0181059_110440.jpg

少し遠くに飛んできたチョウ。クロヒカゲかと思ったら、スミナガシ。こんなに小さかったっけ、と思うほど小さい。何年も見ていないので大きさは忘れていた。とまって翅を開き始めたので、数回シャッターを切る。
a0181059_112157.jpg

完全に開いたので、後ろに回り込んで、2回シャッターを切ったところで、飛ばれてしまった。1枚目だけが何とかOK。また、近くに来るかと思ったがそれっきりだった。
a0181059_1123274.jpg

この後、林道の水場と水場を行き来する。しかし、スミナガシの気配もなかった。コミスジは相変わらず多い。通りすがりにシャッターを押す。
a0181059_1105926.jpg

コジャノメが多かった。とても敏感でなかなか近づけなかったが、この個体はおとなしかった。内臓ストロボを弱く焚いても撮ってみた。
a0181059_113821.jpg

ウツギでアオバセセリを見たのは一度だけ。ダイミョウセセリのハルジオン吸蜜。思いっきりの逆光。
a0181059_114455.jpg

撮った他のチョウたち。アカタテハ、なぜか多かったダイミョウセセリ、今季初のウスバシロチョウのハルジオンでの吸蜜、でも翅は擦り切れ、時すでに遅し。
a0181059_1133582.jpg


10日間に3回もここへ来てしまったが、この短い間にも、咲いていた花が散り、現れるチョウが変わり、季節の移ろいが早いことを実感した。スミナガシは3度目の正直。いや、3年目の正直かな。しかし、正直というより、Kさんに会ってなければ、林道を引き返さなかっただろうし、あの場所でサカハチチョウと遊んでいなければ、スミナガシにも会うことはなかった。すべて偶然だろうけれど、やはりKさんに感謝です。ありがとうございました。

by otto-N | 2014-05-22 16:16 | Comments(0)

2014.5.9 東京・高尾山麓 ウスバシロチョウ   2014.5.16 (記)

2014.5.9
毎年、恒例になってしまった高尾山の麓にウスバシロチョウを見に行く。ウスバシロチョウの他にも、少しは楽しみがある場所ではあるけれど、ずうーっと歩きっぱなしになる。

いつもながら、現地到着は10時半すぎ。晴れているのでウスバシロチョウがとまるわけがない。いきなり、21ミリで飛翔を追いかける。
a0181059_1714147.jpg

最初はなかなか近づけなかった。こんなにふわふわ飛んでいるのにどうしてダメなのか不思議なくらいだ。
a0181059_1722648.jpg

鉄塔と青空が偶然入ったのをモニターで見て、上から見下ろすよりいい感じ。なるべくウスバシロを下から撮ることにした。
a0181059_1715218.jpg

飛んでばかりでなく、疲れたのか葉の上で休む個体もいた。まだ、飛び慣れていない羽化直だったかもしれない。
a0181059_1724883.jpg

30分もここで費やしてしまい、次の場所へ移動。途中、オナガアゲハが飛んでいたので、もしやと思って、川底を覗くと、やはり吸水中だった。オナガアゲハ3頭とカラスアゲハ2頭。ミヤマカラスアゲハはいなかった。日が照っているときは翅を閉じ、日が翳ると翅を全開にする。この日、不本意ながら、初めて気がついた。
a0181059_1743128.jpg

下には降りることができないコンクリートの川底。沢蟹の死骸が転がり、全然美しくない。側面に生えている草が邪魔でピントが全部になかなか合わなかった。2コマ目はまあまあ。
a0181059_1745962.jpg

吸水しながら常に動いていた。欲張らずにこの3頭を撮っておく。
a0181059_1752525.jpg

しばらく翳っていたけど、急に日が射す。この時はまだ翅を開いていたが、すぐに翅を半分閉じ、落ち着かなくなり、飛び始めるのも出る。これ以上粘っても大きな変化はなさそうなので、先を急いだ。
a0181059_1755944.jpg

ウスバシロチョウの第2ポイント。ハルジオンが咲いているが、とまる気配なし。太陽を入れて撮る。
a0181059_177793.jpg

ここは、西向きの斜面。上から見下ろすと俯瞰的に撮ることができる。でも、斜面というのは足元がずり落ちる。平行に追いかけるのが無難。
a0181059_172999.jpg

左の翅がブレて右だけとまっていた。シャッターは1/2000秒。
a0181059_1775275.jpg

背景に難ありだが、ウスバシロ、これまでで一番の出来。
a0181059_1785744.jpg

もう12時半。ミツバウツギでアオバセセリを見つけたが、遠いしブレブレだった。ここにいつもいるオナガアゲハ。だらんと宙吊りのポーズ。翅が少し透けるところがいい。
a0181059_1711029.jpg

林道には、例年になくサカハチチョウが多かった。多いといってもコミスジと同じくらい。昔はサカハチで溢れていたそうだが、今は全くその面影はない。
a0181059_17112020.jpg

ずいぶん赤いと思い、開くまで粘った。
a0181059_1713312.jpg

多くはこの程度なので、やはり赤いと言っていい。
a0181059_17113077.jpg

サカハチチョウの飛翔。思ったより素早い。これらは、ちょっとトリミング。
a0181059_19595513.jpg

ウスバシロチョウの吸蜜、ここでやっと撮れた。やはり、ヒメジオンのほうがいいと思う。
a0181059_17135396.jpg

ヒメウツギ街道。アオバセセリは全く見ない。その代り、ちょっと遠かったが、クモガタヒョウモン。
a0181059_1714654.jpg

林道の水が滲み出したところには、オナガアゲハとカラスアゲハがいる。一度、舞い上がるとなかなか敏感だった。カラスだけを追う。
a0181059_2074363.jpg

14時半。空に雲が拡がってきた。葉の上のウスバシロチョウ。新鮮。
a0181059_17141917.jpg

もう期待がもてないので、林道を下る。林道の入り口の、昼にアオバセセリがいたウツギにカメラマンが3名。2名はすぐSさん夫妻とわかり、声をかける。アオバセセリがいるという。上を見上げると確かに1頭が飛び回っていた。でも、遠くて暗い。何度シャッターを切ってもピンボケだったが、低いところに一瞬降りてきた。ラッキー。その後粘るものの、暗くなってきたので16時撤収。
a0181059_17143337.jpg


この日の第1目的は、ウスバシロチョウの飛翔撮影。レンズを替えたので、どのくらい撮れるか楽しみだった。というのも、最初だけの話。全然、ピントが合っていない。こんなにゆっくり飛ぶのに撮れないなんて、情けない。そのうち自暴自棄。やっぱり、数打ちゃ当たるの世界を再認識した次第でした。(Sさん、駅まで送ってくれてありがとうございました)

by otto-N | 2014-05-16 20:59 | Comments(6)

2013.6.4 山梨県・今倉山 クモガタヒョウモン   2013.6.11(記)

2013.6.4
梅雨入りだというのに晴天が続くので、山歩きに出かけた。場所は、山梨県の今倉山(1470m)、松山(1458m)、二十六夜山(1297m)の登りと下り。新緑と花と富士山がいいらしい。

道志道の道坂トンネル前に車を置き、まず今倉山を目指す。登山道には地味だが名も知れない花が咲いている。名も知れないのではなく、名を知らないのであるが。
a0181059_14211948.jpg

せいぜい名前を知っているのはチゴユリくらい。木の花も白いのは多い。
a0181059_14213725.jpg

途中で富士山が見えたが、雲が多かった。
a0181059_14242741.jpg

今倉山の山頂からは何の展望がなく、回りは木。何も見えずつまらない。そこを下り、また登る。4コマ目の木の花が妻の本日のお気に入り。
a0181059_1547411.jpg

西峰という所からの富士山。さらに雲が増えてきた。
a0181059_14314785.jpg

小さな花を撮りながら先を進む。カミキリムシみたいなものはいても、チョウはまったくいない。
a0181059_14261040.jpg

また下り、さらに登り。登ったところが松山。一番の展望らしいが、富士山はちょっとだけしか見えなかった。
a0181059_1433990.jpg

展望のいい山頂にはぼろのキアゲハが1頭いた。他にダイミョウセセリとミヤマセセリ。テングチョウや黒系アゲハもいたけれど、それよりツマジロウラジャノメが飛んでいたので、レンズを付け替えて捜したがもう来なかった。残念、初めての遭遇だった。木で下が見えなかったが、頂上の下はガケ。なるほど、棲息するのはこんな場所か。
a0181059_14465993.jpg

もっとこの山頂にいたかったけれど、先を急いだ。ここからの尾根伝いの道は、ときどきブナの巨木があるミズナラの森。ハルゼミが一段とうるさかった。とても気持ちの良い登山道だった。
a0181059_14511151.jpg

一度、舗装林道に出てからまた登り、あっけなく二十六夜山に着いた。頂上からは富士山が見えるはずだが、雲の中らしかった。ミヤマカラスアゲハが飛んでいた。1頭がツツジに来たが、完全な日陰。あわてて内臓フラッシュを使ったが、背景が真っ白。
a0181059_1504653.jpg

この山頂で初めて他の登山者にあった。これで山歩きは終了。先ほどの林道を下った。林道は舗装されているが、途中で開発中止のようで使われていなかった。ひょっとしてツマジロウラジャノメがいないかと思ったが、崖はすべてコンクリートで固められていた。それでも、1頭いた。追いかけるのの全くとまらず。探雌飛翔のようだった。コンクリート崖にはおびただしいほどのテングチョウ。ヒオドシチョウが路上で吸水していたが翅は開かず。林道の下のほうにくると、クモガタヒョウモンが多かった。探雌飛翔らしく草の間に入り込み、なかなか花には来なかった。が、2回だけシャッターを切ることができた。
a0181059_1519984.jpg


こんな気持ちのいい登山道は久しぶりだった。奥多摩のように杉林はなく、ブナ、ミズナラなどの広葉樹林。すがすがしい緑とハルゼミの大合唱。登山者はほとんどいない。チョウもほとんどいなかったが、いつものこと。それだけに、思いがけないチョウに出会えると、とても嬉しいもんです。

by otto-N | 2013-06-11 15:31 | Comments(6)

2013.5.22 群馬県・袈裟丸山 アカヤシオ   2013.5.26(記)

2013.5.22
先日(5月8日)にアカヤシオを見に行ったけれど、もう花は終わっていた。この日は、もっと標高の高い山でのリベンジ。場所は、わたらせ渓谷沿いにある袈裟丸山(1878m)の登る途中にある小丸山(1676m)。この頂上付近はおろか、途中はアカヤシオのピンクで覆われるという。登山口は標高1070mなので往復はせいぜい4時間。

登山口に着いたのは10時すぎ。すでに駐車場は埋まっていた。路肩にもびっちり停まっていた。約30台というところ。が、1台だけのスペースが空いていた。どうやらその前にすれ違った車があったので、その車が停まっていたところらしい。ラッキーだった。登り始めると、登山道の日だまりにはミヤマセセリが飛び交っているものの、なかなかとまらない。やっと撮った1枚。
a0181059_19463474.jpg

林の間の登山道を抜けると、新緑がまぶしい。白いツツジが半開きだった。後で調べるとシロヤシオらしい。
a0181059_19474930.jpg

平な所に出ると、カラマツの緑は美しかったが、アカヤシオがときどき見られた。しかし、とてもさみしい状態だった。すれ違う先客氏によると、今年は全然ダメとのこと。例年だと、3コマ目のような場所ではアカヤシオのピンクのトンネルになりそうだ。ツツジはときどき咲いており、赤紫が鮮烈。
a0181059_19485160.jpg

アカヤシオは不作らしいが、登るにつれ、だんだん咲いている木が増えてきたので、きれいな花を選び撮影しながら登った。
a0181059_19565660.jpg

小丸山の山頂。周りがアカヤシオだらけだった。しかし、花の数は例年の半分以下だそうだ。でも、これでも満足。
a0181059_2041011.jpg

アップで撮ったり、遠目で撮ったり。大ぶりのピンクの花弁が可愛い。枝が見えないくらい咲いているより、このくらいが綺麗だ(負け惜しみ)。
a0181059_2054847.jpg

頂上でゆっくりできたのは一瞬、次から次へと団体さんがやって来る。ピンクとグリーンを楽しみながら登山口まで下りると、キマダラヒカゲ。実は妻の発見。すぐ逃げるので飛翔も数枚撮っておいたら、なんとかピンがきているのがあった。サトではなくヤマらしい。
a0181059_20114040.jpg

対向車がないことを祈りながら、狭い林道を下り国道へ出て、草木湖の畔のドライブインで駐車。急斜面にはハルジオンが咲き乱れていた。なんかいないかなと思っていると、ヒョウモンが飛んでいた。クモガタヒョウモンだった。1m位のフェンスを越え、近くに来たところを撮影。今年はクモガタヒョウモンが多いのかもしれない。
a0181059_20171323.jpg

飛び立たれたが、すぐ近くで再び吸蜜。少し日陰だったが、これが最後。
a0181059_20174169.jpg


小丸山のアカヤシオは有名らしい。しかし、どうやら、今年は蕾が膨らんできたころ、急の寒くなったので開花が不調のようだった。花が少ないといっても、こんなに沢山見たのは初めて。ルンルンの山歩きだった。山麓でクモガタヒョウモンに出会った。この場所に駐車しなければ出会わないはず。やはり、チョウとの出会いは偶然の産物か。

by otto-N | 2013-05-26 20:28 | Comments(2)

2013.5.14 高尾山麓 クモガタヒョウモン   2013.5.17(記)

2013.5.14
東京の最高気温が30℃近くまで上がった。11日に高尾山の麓に行ったときは、黒系アゲハの集団吸水に全く遭遇せず、この日また行ってきた。

早く自宅を出たいのはやまやまだけれど、そうもいかず、また到着は10時過ぎ。昨年、一昨年とミヤマカラスアゲハを含む黒系アゲハが吸水していた場所に行くが、この日も道路に水が浸み出していなかった。前々日雨が降っているので大丈夫かろ思ったが、どうやらここは吸水ポイントではなくなったらしい。ウスバシロチョウは相変わらずあちらこちらで飛び回っていた。
a0181059_20272288.jpg

少し開けた場所では必ず飛んでいた。
a0181059_20275931.jpg

思ったとおりチョウに近づくことができず、諦めの心境。林道を登ることとした。とまってくれるウスバシロチョウはどうやらメスのようだ。黒っぽいのが多いが古いのか黒いのかよく判らない。道路にトラフシジミがとまったがこれからというときに車が来てしまった。サカハチチョウはとても少ない。とても敏感ですぐ逃げられる。ツマキチョウが飛んでいるのをたびたび見かけるが、とまったと思ったら産卵していた。
a0181059_17361160.jpg

サカハチチョウは少ないが、コミスジは多い。これも敏感で思ったように撮らしてくれないが、出会うたびに一応挨拶がわりにカメラを向ける。個体は違うが、同じポーズ。このアングルは好きなアングル。
a0181059_17433440.jpg

相変わらずウツギは満開だったが、アオバセセリは見つからず、黒系アゲハも吸蜜していなかった。ただ、オナガアゲハはとても多いが、時間帯のせいかウツギには来なかった。そんなとき、ヒョウモンチョウが飛んできた。クモガタヒョウモン。遠いが、これが初見で初撮影。すぐいなくなってしまったが・・・
a0181059_1745378.jpg

アゲハも撮れず、このまま帰るのもなんだし、ということで、林道のウスバシロを撮る。コミスジが絡んできたところも偶然撮れた。
a0181059_20293097.jpg

そのとき、オレンジが路上に舞い降りてきて吸水。白点からクモガタヒョウモンのメスらしい。マクロで撮影できたのはラッキー。
a0181059_1756582.jpg

土の上、好みではないが、全部で5ショット撮影できた。とても綺麗な個体だった。
a0181059_17592672.jpg

ウスバシロチョウを撮っていたとき、摺れたコツバメがやってきたが、ピンボケ。嬉しかったのは、ヤマトシジミの白メス、という名前はないけれど、青というより、ウラゴマダラシジミのような薄い青。前翅の翅脈は黒っぽい。
a0181059_186581.jpg

ウスバシロチョウがいなくなったので、17-50ミリを55-300ミリに付け替えた直後、道路脇の薄紫の花にカラスアゲハの綺麗なメスが吸蜜を始めた。距離が近すぎたが何とか撮影、したと思ったら、撮影モードがマニュアルのまま。モニターで見ると真っ黒。距離だけしかオートに戻していなかった。その後、林道を下り、広場のようなところに出たら、オレンジの煌めき。急いで近づく。逆光だが、クモガタヒョウモンの今度はオス。
a0181059_19301858.jpg

近づいたときと飛ばれてしまったが、離れたところで吸蜜。翅を開いたり閉じたりしていた。慎重に近づき、ズームで押さえ、さらに近づきマクロで1枚撮ったところで、本格的に飛ばれた。うーん、残念。マクロの画像、細部は写っているけれど背景がうるさかった。
a0181059_1934454.jpg

とぼとぼと林道を下る。途中のウツギ(マルバウツギ?)にカラスアゲハとオナガアゲハ。オナガアゲハは半分壊れていたが、すぐ近くにコジャノメ。どうやら、3時ころに黒系アゲハの午後の吸蜜タイムがあるような気がする。ただ、薄暗いのできちんと撮影できない。林道の出口には、イチモンジチョウとアオスジアゲハ。さらに、ヒョウモンがいた。ヒョウモンがいたのは立ち入り禁止のフェンスの中。10分ほど、こちらに近づくのを待っていたところ、ツマグロヒョウモンだった。このおかげで、1時間に1本のバスに乗り遅れ、駅まで1時間も歩くはめになってしまった。
a0181059_1943479.jpg


黒系アゲハの集団吸水には出会わなかったが、想定外のクモガタヒョウモン、初めてのチョウなのでなんか得した気持ちになった。アオバセセリにはついに遭遇しなかったけれど、林道で会った方の話によると、午前中にはウツギにいたとのこと。ただ、ミヤマカラスアゲハは全然見ていないらしく、例年より厳しい感じだ。この日もずいぶん歩いた。特に珍しいチョウがいるわけではないが、結果的には色々なチョウに出会えた。すがすがしい新緑の季節、歩くだけでも楽しかった。


P.S.
暗い林道にセセリが下りてきた。コチャバネセセリだったが、獣糞を吸っていると思ったら、死んだ蟹を吸っていた。右隣は蛾か何かの死骸だが、踏み付けられたようだ。
a0181059_13275382.jpg


by otto-N | 2013-05-15 20:04 | Comments(15)