たかがヤマト、されどヤマト

タグ:クロアゲハ ( 27 ) タグの人気記事


2017.7.10 東京・恵比寿 ナガサキアゲハ   2017.7.20 (記)

2017.7.10
カタバミの花が散ってしまう前にとヤマトシジミを撮りに行く。実は、花が散ることよりも草刈りが入るのことのほうが心配だった。この日もヤマトシジミの数はとても少なかったが、新鮮な♂を確保できた。
a0181059_15575983.jpg


カタバミの花が散り始めている。
a0181059_15580756.jpg


光の加減で翅脈が強く出過ぎた。
a0181059_15593813.jpg



こちらのほうがいい感じだ。
a0181059_16021482.jpg



この日も、周りを掃除し手ぐすね引いて待っているにもかかわらず、一束のカタバミにはあまり来ず、石垣付近を飛び回っていることが多かった。(万歳三唱)
a0181059_16040596.jpg



石垣は目の高さ。撮りやすいことは撮りやすいけれど、光の陰影が強い。日影に入ると真っ黒だし、日向では白とびした。
a0181059_16043630.jpg


ちょうどいい光加減。しかし、背景にカタバミは入らなかった。
a0181059_16042482.jpg


すぐ近くにアベリアの花が咲いており、クロアゲハがやってきた。が、すぐ立ち去る。
a0181059_16254165.jpg


ナガサキアゲハもやって来た。これも一瞬。5回しかシャッターがきれなかった。どうやら花から蜜が出ていないらしい。久々の綺麗な♀。もう少し撮りたかったのに残念だった。(万歳四唱)
a0181059_16102663.jpg




by otto-N | 2017-07-20 16:51 | Comments(0)

2017.5.12 東京・高尾山麓(2) アオバセセリ   2017.5.23 (記)

2017.5.12 (続き)
14時30分、日が射しそうもないので帰ることにした。林道の片隅でオナガアゲハが小さな花で吸蜜をしていた。さらに暗い林道をとぼとぼと下る。また、オナガアゲハかと思ったら、カラスアゲハの♀だった。
a0181059_20500058.jpg



15時40分。アオバセセリは曇天でも現れる。1頭目はすぐ飛び去ったが2頭目がすぐやってきた。暗いけれど飛び立ちを狙う。
a0181059_20420430.jpg


一瞬離れて顔をこちらに向けたままホバリング。
a0181059_20401942.jpg


ホバリングの続きとその他。
a0181059_20403276.jpg



ISO1600、絞り優先(F4開放)、シャッタースピードは遅くブレブレだがこけはこれで面白い。
a0181059_20405358.jpg


比較的近くに来た。このくらいだといいのだが、やはり暗いし、すぐファインダーから消える。
a0181059_20410887.jpg



16時10分。最後のミツバウツギ。暗くてもアオバセセリが飛び回っていた。
a0181059_20412476.jpg



珍しくクロアゲハがいた。
a0181059_20422497.jpg


カラスアゲハが上のほうで翅を開く。
a0181059_20421569.jpg



撮ってみると意外と明るい緑。いつまでも影絵のようにアゲハが飛び回る姿は幻想的だった。
a0181059_20413570.jpg






by otto-N | 2017-05-23 16:35 | Comments(0)

2016.11.4 東京・恵比寿 (2)クロアゲハ   2016.11.11 (記)

2016.11.4 
ヤマトシジミを撮っている時、アベリアの花に突然やって来たクロアゲハ♀。とても新鮮だった。
a0181059_1721634.jpg

垂れ下がる感じでは暗くてよく写らない。
a0181059_1722519.jpg

やはりちょっと横からがいいようだ。
a0181059_1723568.jpg

前翅表の横筋がきれい。
a0181059_1725023.jpg

尾状突起の先端が隠れてしまったけれど、後翅表の後ろに流れる翅脈がすばらしい。
a0181059_1725969.jpg

後翅にまき散らした青鱗粉。
a0181059_173781.jpg

これはちょっと暗いか。
a0181059_1731774.jpg

紅紋を撮らなくてはと焦る。
a0181059_1732758.jpg

前翅裏の白条と後翅裏の紅紋。
a0181059_1733842.jpg

紅紋の外側の半白縁。
a0181059_1734829.jpg

メスのクロアゲハは、見事なパーツから成り立っている。でも、一枚には全く表現できなかった。このメスは、羽化せず蛹のまま越冬すべきだったろうが、そうはいかなかったようだ。1か月以上、成長が遅すぎた。思えば、5年前のこの時期に、同じ場所でピカピカのクロアゲハ♀を撮影し、驚いたことがある。


   

by otto-N | 2016-11-11 23:19 | Comments(4)

2016.10.27 東京・白金の森 クロアゲハ   2016.11.7 (記)

2016.10.27
前日、自然教育園の帰り道に、花屋の前でアオスジアゲハがいたので、あわててザックからカメラを出し撮影し、自宅に帰ったら21ミリレンズのキャップがない。いつもは、ポケットかザックに入れるのだが、見つからない。さては、あの時、ザックに入れたつもりで入れなかったのだろうと、新しいのを買うつもりで値段を調べたら、あんなはめ込み式の簡単なものなのに、ちょっと悔しいくらいのお値段。ひょっとしたら、あの場所に落ちているかもしれないと、花屋に寄ってみた。えへへ、親切な人が置いてくれたのか、自分で置いたのか不明ですが(おそらく後者)、レンズキャップは舗道の車止めのポールの上にきちんとありました。その時に撮ったアオスジアゲハ。
a0181059_12393083.jpg

この花屋は、幹線道路にあるけれど人通りはとても少ない。通行人を背景に入れようとしても、全然来なかった。お客さんは、車横づけで買いに来るようだ。それはともかく、レンズキャップを回収した後、自然教育園に行く。紅白のウラギンシジミ。
a0181059_1246132.jpg

予想どおりムラサキ兄弟は出ず、収穫は新鮮なクロアゲハのメス。ほとんど枯れかかったアザミに吸蜜していた。
a0181059_12475038.jpg

これも新鮮なアカボシゴマダラ。逆光で撮ると赤紋が美しい。
a0181059_12484883.jpg

この後、池の中の石の上で吸水。水面に翅が写り込んだ。
a0181059_1250283.jpg



   

by otto-N | 2016-11-07 20:08 | Comments(2)

2016.9.26 東京・恵比寿 アカボシゴマダラ   2016.9.29 (記)

2016.9.26
前々日、アカボシゴマダラが最初にとまったヤマボウシ。この木の赤い実は、本当に甘いのか?キイロスズメバチも来ていたようなので、甘いとは思うものの、さんざんムシがとまっていた実なので、口に入れるのに抵抗はあったのだが、意を決して恐る恐る食べてみた。確かに甘い!味はプルーンに似た感じだが、もう1つ食べたいと思う気は起きなかった。秋のアカボシゴマダラの蜜源として、「小畔川日記」のダンダラさんがカジノキの実を紹介しておられる。ひょっとしたら、アカボシゴマダラは偶然ヤマボウシに来たのではなく、その実を目的で来たのではないかと思いついた。

この日は暗い曇り空。アカボシゴマダラが来ているかもしれないと、まず、ヤマボウシを見に行く。最初はいなかったけれど、すぐ飛んで来た。翅を開閉しながら赤い実に近づき、ストローを突きたてた。しばらく見ていたが、動きがなく、同じようなカットしか撮れなかったので、しばらくこのままだろうと思い、10分ほどその場を離れて戻って来た時には、すでに姿はなかった。その後、かなり待っても、再び飛んで来ることははなかったが、ヤマボウシの実が蜜源となることが確認できた。ヤマボウシの実で吸汁するアカボシゴマダラは、他にも例があり、珍しいことではないらしい(→ クリック★)。
a0181059_1946584.jpg

このヤマボウシの木の隣で、ムラサキシジミがチラチラしていた。マクロで飛翔を狙うが、ジャスピン表翅は半分しか入らずカット。全開シーンもあったが撮り損なった。もうこんな季節か。
a0181059_19472461.jpg

ヤマトシジミがメスを追いかけていると思ったら、ツバメシジミだった。なかなか2頭同時に入らず。
a0181059_19473762.jpg

とまるとツバメはすぐ翅を開く。開き加減は光しだい。問題はツバメシジミの尾状突起。数カット撮っても、風で逆になびき、見えず。尾状突起がかろうじて写っていたのはこの1枚だけだった。
a0181059_19474681.jpg

木陰に数株だけの彼岸花。曼珠沙華と言ったほうが適切か。曼珠沙華というと、すぐに山口百恵を連想する。一面の赤い絨毯を見たら気が変わるかもしれないが、実は、個人的にはこの花は陰気なので好きではない。アゲハチョウとクロアゲハがときどきやって来る。
a0181059_1948671.jpg

赤と黒と緑。後ろ向きになるのを待つ。
a0181059_19482121.jpg

できたら前向きも。と思っていたら、すでに撮れていた。
a0181059_19483444.jpg


by otto-N | 2016-09-29 16:32 | Comments(0)

2016.9.24 東京・恵比寿 アカボシゴマダラ   2016.9.28 (記)

2016.9.24
雨が降ってきそうな曇り空。一応、18-135ミリの標準ズームのテレ端でも、100ミリマクロと同じような感じでヤマトシジミを撮影でき、AFの一度迷った合焦の復帰が速いので、マクロでなくてもいいかもしれないと思ったので、2つのレンズの直接比較をしてみた。

その結果、写りやボケは問題がないのだが、やはりマクロがいいことになった。理由1:標準ズームだと寄りすぎて本当はピンボケなのに合焦点マークが点く(騙された)。理由2:同じ距離ではチョウは小さくなってしまう(なぜ?)。理由3:マクロより大きくて重い(ザックへの収容×)。理由4:MF使用を考えていないのでピントリングの動きが重過ぎし、距離目盛を刻んでない(飛翔×)。以下の画像は、左がマクロ、右が標準ズーム。チョウの写る大きさが違うので、どちらもトリミングして大きさをそろえてあります。いずれもF5.6の絞り優先。
a0181059_15121247.jpg
a0181059_15122135.jpg
a0181059_15123425.jpg


すぐ、結論が出たので、以下は100ミリマクロでの画像。
a0181059_15175388.jpg

どういう理由か、奇麗なオスはあまり飛んでいなかった。
a0181059_15382358.jpg

アカボシゴマダラが2頭舞っており、そのうち、赤い実のつけた木にとまった。最初はこの赤い実が目的だと思っていたが、そうではないらしく、オスの求愛だった。オスがメスの後ろにとまったまましばらく動かなかった。2~3枚撮っていたら、突然飛び立ち近くにとまるが、相変わらず、オスはひたすらメスの後に控えるだけ。ときどき、翅を拡げるが、メスは無視。そのうち、我慢できなくなったか、オスは脚でひっかくそぶりを見せると、メスは逃げていった。11:11~11:26の出来事。この赤い実の木はヤマボウシ。調べてみると、甘いらしい。
a0181059_15184770.jpg

木陰にある彼岸花。クロアゲハが来ていた。
a0181059_151814100.jpg


   

by otto-N | 2016-09-28 20:08 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (15) モンキアゲハ   2016.2.10 (記)

モンキアゲハ
7月、Sビール本社前。アガパンサスの花はアゲハが大好きなようだ。クロアゲハはよく見るが、モンキアゲハもやってきた。ここではこのアゲハはとても珍しい。
a0181059_20115873.jpg
a0181059_20143220.jpg
a0181059_20144833.jpg

このクロアゲハは飛んではいないけれど、この翅の形がいいので載せました。
a0181059_20164882.jpg

一番多いのは、もちろんアゲハチョウ。高層ホテルと高層マンションの窓が背景。
a0181059_20183546.jpg

9月。ここには、ポツンポツンと彼岸花が咲いており、アゲハがやってくる。彼岸花は好きではないので、アゲハがやってきてもあまり撮る気になれないのだが、日陰の彼岸花に来たクロアゲハはとてもいいと思った。彼岸花の赤が緑の中に浮かび上がる。ただ、飛んでいるところはほとんど撮れずに終わった。
a0181059_20252069.jpg
a0181059_20252912.jpg

10月。突然現れたナガサキアゲハ。広角で追いかけたがピンがきたのはこの1枚。
a0181059_2044898.jpg

自然教育園.湿地に咲くシロバナサクラタデの中を飛び回るアオスジアゲハ。望遠飛翔はむずかしい。
a0181059_20294051.jpg


P.S.
ダイヤモンド富士    
近くのビジネスタワーの3階に富士山が見える場所があり、ひょっとするとダイヤモンド富士が見られるかもと思い300ミリを持って、5時ちょっと過ぎに駆け付けた。最初は太陽がまぶしく、どこに富士があるのかさえ判らなかったが、少し太陽が富士に入ったとき初めて山頂の真ん中より少し左にあることが判明。それからが、太陽が沈むのが早かった。ISOも絞りも調整する時間もないまま、露出補正だけを最大のアンダーにしてやっと撮ったのがこの1枚。山頂で吹き上げられている雪が風の凄まじさを物語る。でも、普通、ダイヤモンド富士というのは、富士山頂から後光のように輝く太陽なので、この画像はちょっと違うかな。
a0181059_17355377.jpg
                                                              2016.2.10 東京・恵比寿

by otto-N | 2016-02-10 18:08 | Comments(0)

2015.9.27 東京・白金の森 アオスジアゲハ   2015.10.6 (記)

2015.9.27
この日は、チョウ類保全協会の自然観察会が自然教育園で行われ、ガイドの1人として参加した。天気予報ではいいはずだったけれど、あいにくの曇り空。教育園の矢野先生のカワセミのとても面白い講演と、保全協会で行っているツシマウラボシシジミの保全活動の報告の後、4グループに分かれて園内のチョウを探す。300ミリズームだけを持っていく。

この時期、曇っていると、さすがにイチモンジセセリくらいしか出て来ない。晴れていれば樹上から降りてくるはずのムラサキシジミやムラサキツバメも見られなかった。それでも、園内のポイントを移動している間、少しずつ空が明るくなり、チョウが舞い始めた。クロアゲハは、タイアザミからタイアザミをゆっくりと飛び回り吸蜜していた。
a0181059_12554767.jpg

タイアザミは暗い木陰ばかりにしか育たないようだ。いつもこんな雰囲気。
a0181059_134311.jpg

水生植物園では、シロバナサクラタデとピンクのツリフネソウが今年も多い。アオスジアゲハはサクラタデが大好きなようだ。サクラタデの向こうにピンクのボケを狙う。
a0181059_16235698.jpg

サクラタデの中をアオスジアゲハがせわしく飛び回る。
a0181059_1337223.jpg

サクラタデは繁茂しすぎて、背景がちょっとうるさい感じ。6枚組にするんじゃなかった。
a0181059_13485332.jpg

飛び上がったところを狙うのだが、やはりむずかしい。
a0181059_125852.jpg

空も明るくなってきたので、他のチョウも出てきた。そこへ、アサギマダラの知らせ。今年もやって来た。
a0181059_1384893.jpg


朝方降っていた雨は止んだけれど、あいにくの曇り空。それでも、少しずつ明るくなってきたので、何種類かのチョウを見ることができた。観察会の最後に、教育園名物のアサギマダラが間に合って何とか形になり、ほっとしました。

by otto-N | 2015-10-06 20:40 | Comments(0)

2015.9.23 東京・恵比寿Sビール本社前 クロアゲハ   2015.10.4(記)

2015.9.23
前日、あまり好きではない彼岸花にカラスアゲハが来ていたが、日陰の彼岸花の赤はなかなか良いことにきがついた。彼岸花がまだ枯れないうちに、AFが作動しない300ミリを持って、アゲハを撮りに行く。

すでに、アゲハチョウが来ており、少し撮ったけれど、うーん、枯れかかっているので、日陰の彼岸花に絞る。
a0181059_10151577.jpg

すぐに、クロアゲハがやって来た。背後に白い花のボケ。F4開放、1/2500秒。
a0181059_20442614.jpg

ちょっと動きが感じられるポーズ。
a0181059_20473521.jpg

飛び立ちを狙うが、フレームからすぐ外れてしまう。
a0181059_20444241.jpg

ドンピシャに入った。
a0181059_2047189.jpg

木陰で一番暗いところに、数輪がかたまっており、フレーム内は全面赤になるはず。でも、蜜が出ていないのか、近寄ってもすぐ去ってしまう。それでも、チャンスはあった。
a0181059_9304717.jpg

しかし、暗い。ピントがなかなか合わなかった。
a0181059_9312477.jpg

完全なる静止。あまりおもしろくない。
a0181059_20493168.jpg

白い彼岸花。
a0181059_20445272.jpg

彼岸花の数は少ないので、飛び去ってもしばらくすると、また、やって来る。暗い中の微妙な背景。
a0181059_20465431.jpg

うさぎの耳、その1。
a0181059_20461957.jpg

うさぎの耳、その2。
a0181059_20463364.jpg

赤と緑と黒。
a0181059_20484527.jpg

いつもいやになる線ボケ。でも、彼岸花ではそれもいいのかもしれない。炎のようだ。
a0181059_2048464.jpg

山口百恵、「曼珠沙華」。
a0181059_20483040.jpg


彼岸花はあまり好きではないのはなぜだろう。形?色?よくわからないけれど、仏壇の装飾のようで陰気な感じがするせいだろうか。まあ、食わず嫌いというところですが、日陰の彼岸花はちょっと見直した。1輪だけをアップで撮るとなかなかいい。

by otto-N | 2015-10-04 20:22 | Comments(0)

2015.7.8 東京・恵比寿 (2) ルリシジミ   2015.7.14 (記)

2015.7.8
アガパンサスの花に来ていたのは、モンキアゲハだけではなかった。というより、クロアゲハがメイン。ただし、スレ個体ばかりだったので撮影意欲が沸かなかった。しかし、モンキの後にやってきたのはピカピカだった。
a0181059_16535685.jpg

赤とオレンジの玉ボケは、背後を通るクルマのブレーキランプと点滅するウインカー。ファインダーを覗きながら、いい感じだった。
a0181059_16544337.jpg

アゲハは隣にあるブッドレアのほうが好きなようだが、アガパンサスにも時々訪れる。
a0181059_1723190.jpg

連続した4コマ。背景に高層ビルの窓。撮った後に、こういうのもありかなと思った。
a0181059_1737497.jpg

ここでは珍しいルリシジミ(メス)。アガパンサスに吸蜜でもないのに絡んでいた。ときどき、飛んでは居場所を変える。
a0181059_1791099.jpg

撮影中は気がつかなかったけれど、花弁にストローを伸ばしていた。
a0181059_17105011.jpg

葉にとまっていたモンシロチョウのペア。この花壇の手入れをしていた女性に驚いたのか、宙に飛び出した。オトコハツライ。
a0181059_17132796.jpg

低いところに降りてきたので撮れた画像だけど、こういう時に限って、背景に人もクルマもいない。
a0181059_17215393.jpg

今度は、アゲハ。交差点があり、クルマと人が行き交う。なぜか、1時間に1回はフェラーリが通る。高速道路で会うことは滅多にないが・・・。
a0181059_17222235.jpg

この日使った広角レンズは15ミリ。いつも21ミリにするか15ミリにするか迷っていたが、ヤマトシジミにも使えそう。F4なので少し暗いが、晴れていなければいずれにしろ色が出ない。しばらく、15ミリで撮ることに決めた。
a0181059_17223737.jpg


雨が少し止むと、チョウは次々に飛び出してくる。この日、この花壇には、アカタテハ、ツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ(かなりボロ)もやってきたがいい位置では撮れなかった。ナガサキアゲハも来るはずだけれど、今年はまだ見ていない。

by otto-N | 2015-07-14 18:08 | Comments(6)