「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:コジャノメ ( 10 ) タグの人気記事


2016.5.24 東京・高尾山(2) クモガタヒョウモン   2016.5.31 (記)

2016.5.24 PM
やっと峠の茶屋に着き、大休憩。黒系アゲハが飛び交っているが、見向きもせずクモガタヒョウモンの居そうな場所を探す。が、何のことはないすぐに見つかった。杉林が伐採された跡の広いが急な斜面。至る所に咲いているハルジオンに群がっていた。ただし、足場は最悪。撮影場所を決めたら、簡単には動くことができない。
a0181059_1540632.jpg

ハルジオンの群落を見下ろす位置に陣取り、300ミリで撮った。
a0181059_1539297.jpg

もちろん、次の花に飛び移る瞬間をねらうのだが、いつ飛ぶのか判らない。ムダなシャッターばかり切り続けた。
a0181059_15382840.jpg

クモガタヒョウモンは、丸い紋だけなのでとてもカッコいい。まさにヒョウモン。翅はすぐ開くので、飛翔を撮る必要はないのだが、飛んだときの躍動感が違う。
a0181059_1539117.jpg

でも、とまっているのか飛んでいるのか、上から撮ると判りませんね。これは、脚が見えているので、とまる寸前と思う。
a0181059_15402032.jpg

1視野の3頭が入ったのだが、全部にピントを合わすことは不可。開いたり閉じたり。全部が閉じるとNG。
a0181059_15403234.jpg
a0181059_15404465.jpg

単独でも、ちょうどいい翅の開き具合にはなかなかならない。似たような写真ばかりになってしまう。
a0181059_15392188.jpg

飛んでいるのかとまっているのか、そんなことはおかまいなしに、シャッターを切り続けた。
a0181059_1541972.jpg

頭を下にして翅を開くのが個人的には好きなポーズ。
a0181059_15405853.jpg

望遠での撮影に飽き、広角で飛翔を撮ろうとしたが、足場が悪く、うまくいかなかった。あまりにも撮れず頑張る気になったけれど、時すでに遅し。空が曇り始めてしまった。
a0181059_15394639.jpg

ウラギンヒョウモンも1頭だけ出ていた。飛び去っても、同じところに戻ってきた。すぐに翅を開くので裏を撮るのが難しかった。
a0181059_1539348.jpg

こうして、4人がそれぞれ思い思いの場所に陣取り、クモガタヒョウモンを撮り続けているうち、空はすっかり曇ってしまった。時刻は14時20分。1時間も撮り続けていたことになる。この場所を離れ、とぼとぼと林道を下っていると、コジャノメが飛び出した。きれいなメス。
a0181059_1625111.jpg

飛び去られてしまったが、すぐに替わりが飛び出す。
a0181059_16251726.jpg

このメスは、路肩で翅を開いてくれた。メスの開翅は初めて。金色の蛇の目がとてもきれい。
a0181059_16253020.jpg

3頭目のコジャノメ♀。縦位置でも撮ってみた。
a0181059_16254873.jpg

その後ろにはダイミョウセセリ。暗い中、とろけるような背後のボケが美しかった。が、ファインダーで見ていたときだけの話。左の虫食い葉っぱが邪魔だった。
a0181059_162625.jpg

林道は真っ暗で、あわよくば、路上吸水のミヤマカラスアゲハという第2目標はなくなったけれど、あれだけのクモガタヒョウモンと遊び、思いもかけず、新鮮なコジャノメ♀に遭遇し、林道から抜け出たころには、フジミドリシジミを撮影しに来たことをすっかり忘れてしまっていた。ご一緒したMさん、Kさん、Iさん、予想だにしなかった、久しぶりの登山道で大変だったと思いますが、楽しかったですね。


追記:ブナとイヌブナの間(はざま)
今年、最初にフジミドリシジミのポイントに訪れたのは5月18日、続いて20日、さらに24日。そして26日、3回ほどオスの探雌飛翔が初見、27日にメスをチラッと見るものの、全くとまらなかったので撮影はできず。そして、本日(31日)、撮れたのはこの証拠写真だけ。8~10m先のイヌブナの葉上に、たった1回とまっただけであった。何処にいる?
a0181059_1940635.jpg

どこにいるのかわからないはず。目線をもらい全開しているが、翅は完全に水平。すぐ飛び去ってしまった。
a0181059_19402641.jpg

今年は個体数が極端に少ない。今日(31日)は、20~30分に1回の割合でオスが飛んできたけれど、現れた個体数としては2~3頭にしかすぎないと思われる。26日、ここに来られた地元の方に、高尾山のフジミドリ12年(10年)周期説という話を伺った。確かに、2013~2015年は、こんなに苦戦はしなかった。今年は発生が遅れている可能性もあるが、毎日ここへ通っていたMさんの29日に撮られた鮮明な写真からでは、縁毛は擦れて飛び古しており、未発生というより発生数そのものが少ない感じであった。今日は、最初は曇っていたが、予想以上のピーカン。発生していたら、とまらないにしても数だけは多いはずなのだが、どうやら、12年説は当たっている可能性が高い。これを確認するために、来年も来なければ・・・。とりあえず、本年のフジミドリは終了します。現場に毎日のように集まられたみなさん、色々ありがとうございました。


   

by otto-N | 2016-05-31 20:36 | Comments(4)

2016.4.26 神奈川県・多摩丘陵 アオバセセリ   2016.5.5 (記)

2016.4.26
前日、アオバセセリはついに出て来てくれなかったけれど、この日も晴れ。今年はヒメウツギの花が例年より少ないが、満開。気温も高くなりそうということで、リベンジに行く。

前日と同じくらいの9時半ころに着いたが、すでに先客がお三方(知り合い)が待機中。もう5回も出てきたと言う。もう出て来ないかと思ったら、すぐにやって来た。すぐに、全く離れた場所に飛んでいったが、ヒメウツギの花が揺れるのですぐ見つかった。
a0181059_8322722.jpg

アオバセセリは撮りにくい。すぐ花の中に潜ってしまうので、顔を出した瞬間しか撮れない。ピントを合わせるのやっとだ。
a0181059_8324088.jpg

6回目はあっけなく終わったけれど、10時を少し過ぎたころやって来た7回目はすごかった。何しろ、一度に3頭も出てきたのだ。どれを撮ったらいいのか迷うほどだった。
a0181059_83601.jpg

と言っても、自由に動き回れる場所ではないし、木陰で、とても暗いので、ISO1600。光具合のいい所でしか撮れない。この場所は、歩道の下。一度下りたら、すぐには上に登れない蛸壺同様の場所だったが、目の前に来てくれた。少し吸蜜しては隣の花に次々と飛び移る。ただ、光が明るい左側からしか撮れない。それよりも、100ミリマクロに1.4倍のテレコンをつけていたので、大写しすぎ。狭い場所なので、後ろに下がれなかった。
a0181059_8331733.jpg

アオバセセリはほとんどぶら下がって吸蜜する。一度は上から吸蜜しているシーンがあったが、横からは撮れなかった。逆光だと背景の緑色がきれいでも、チョウは真っ暗。飛翔を撮るにはISO6400くらい必要なので、始めから諦めていた。3コマ目は1/800秒。2頭が絡んだシーンが2回もあったのだが、手も足も出ず。
a0181059_8332967.jpg

結局、似たような写真ばかりで終わったけれど、日陰の、今が旬のヒメウツギ、とてもきれいだ。
a0181059_833292.jpg

この後は、夕方まで粘ってもさっぱりだった。なにも「気まぐれ」でやって来るわけではなく、必然性があるはずだが、出て来る条件が判らない。待ちながら撮ったチョウ。クロヒカゲは翅の付け根の毛が青く輝き、コミスジは胸部分が虹色に光る。(どちらも大写しにしないとわかりませんが)
a0181059_8334584.jpg

ヒメウツギのスジグロシロチョウ。
a0181059_225416.jpg

尾根道にはコジャノメが出ていたけど、まだ少なかった。コチャバネセセリも新鮮。前日のクロコノマも姿を現した。
a0181059_8335482.jpg

ハルジオンのアオスジアゲハ。真珠の輝きの向こうにハルジオンが透けて見えた。
a0181059_8341284.jpg
この日は、顔見知り4人だけの撮影、待ちながらの与太話も楽しかったです。色々ありがとうございました。
   

   

by otto-N | 2016-05-05 20:18 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (7) コジャノメ   2016.1.27 (記)

コジャノメ
ゴールデンウィーク中のアオバセセリの名物ポイント、セセリが出てくる確率の低い昼すぎ、少し離れた薄暗い尾根筋に向かう。この時間、尾根筋の小道にコジャノメがテリ張りする。ところどころに日が射し、飛んでいるコジャノメが日の差す場所を通ったら、なんとか姿が写るという微妙でスリリングな飛翔撮影。
a0181059_1313986.jpg

小路の日の当たる地面で翅を拡げることも多いけれど、手すりにとまることのほうが多い。他のオスが来たらスクランブルをかけ、林内に消え、追い払ったら、同じ所に戻ってくるという繰り返す。
a0181059_133369.jpg

日が射す空間でチョウを捉えることができた珍しい1枚。
a0181059_22303845.jpg

もう少し下ならスポットライトに照らされた感じになったのだが、それでも、とてもいい感じに撮れた。
a0181059_22313276.jpg


by otto-N | 2016-01-27 18:08 | Comments(0)

2014.5.19 東京・高尾山麓 スミナガシ   2014.5.22 (記)

2014.5.19
なにごと3度。3度目の挑戦。ターゲットはスミナガシ。この日も晴天。

いつもの10時半。ウスバシロチョウはもういいかなと思い、ポイントをパスし、林道を急ぐ。途中、ウツギを覗くが、ヒメウツギはすでに散り、ミツバウツギもほとんど終わり。水の染み出た場所にオナガアゲハがいたけれど、翅の痛んでいるものばかりだった。かなり歩いたところで、チョウ類保全協会でいつもお世話になっている事務局のKさんにお会いする。スミナガシのことを聞いたら、水場で吸水していたとのこと。ミヤマカラスアゲハもいたけれど、ハイカーが来たので飛ばれ悔しそうだった。一緒に林道を進むと、水溜りにクモガタヒョウモン。地べた以外にとまってほしいのだが、吸水に余念がなかった。ときどきイタドリの葉で休むが撮れない位置。
a0181059_10584580.jpg

まだ咲いているウツギを調べながらしばらく進むも、アオバセセリもアゲハ類も見ず。Kさんはまだ先へ行ってみるとのことで、別れて林道を引き返す。先ほどのクモガタヒョウモンはまだいたが、これは別の水溜りにいたもの。飛翔も狙うが1枚もピントが合わなかった。
a0181059_1058575.jpg

ここでいいかなと思った水場で、サカハチチョウと遊ぶ。先日、ミヤマカラスアゲハを撮った場所だ。やはり、小さいチョウには21ミリのパンケーキが使いやすい。
a0181059_10594266.jpg

もう少し上から撮ったほうがいいのだが、薄暗い中、ところどころに日が射す林道の雰囲気は出た。
a0181059_110440.jpg

少し遠くに飛んできたチョウ。クロヒカゲかと思ったら、スミナガシ。こんなに小さかったっけ、と思うほど小さい。何年も見ていないので大きさは忘れていた。とまって翅を開き始めたので、数回シャッターを切る。
a0181059_112157.jpg

完全に開いたので、後ろに回り込んで、2回シャッターを切ったところで、飛ばれてしまった。1枚目だけが何とかOK。また、近くに来るかと思ったがそれっきりだった。
a0181059_1123274.jpg

この後、林道の水場と水場を行き来する。しかし、スミナガシの気配もなかった。コミスジは相変わらず多い。通りすがりにシャッターを押す。
a0181059_1105926.jpg

コジャノメが多かった。とても敏感でなかなか近づけなかったが、この個体はおとなしかった。内臓ストロボを弱く焚いても撮ってみた。
a0181059_113821.jpg

ウツギでアオバセセリを見たのは一度だけ。ダイミョウセセリのハルジオン吸蜜。思いっきりの逆光。
a0181059_114455.jpg

撮った他のチョウたち。アカタテハ、なぜか多かったダイミョウセセリ、今季初のウスバシロチョウのハルジオンでの吸蜜、でも翅は擦り切れ、時すでに遅し。
a0181059_1133582.jpg


10日間に3回もここへ来てしまったが、この短い間にも、咲いていた花が散り、現れるチョウが変わり、季節の移ろいが早いことを実感した。スミナガシは3度目の正直。いや、3年目の正直かな。しかし、正直というより、Kさんに会ってなければ、林道を引き返さなかっただろうし、あの場所でサカハチチョウと遊んでいなければ、スミナガシにも会うことはなかった。すべて偶然だろうけれど、やはりKさんに感謝です。ありがとうございました。

by otto-N | 2014-05-22 16:16 | Comments(0)

2014.5.7 川崎・多摩丘陵 コジャノメ   2014.5.13 (記)

2014.5.7
雨が降った翌日、アオバセセリのリベンジに行く。先客がお一方。ときどき、思わぬところでお会いする。8時半には来たけれど、まだ出て来ないとのこと。待っても全然現れない。しかたがなく、アオスジアゲハを撮る。
a0181059_1452179.jpg

ヒメウツギの向こうのムラサキハナナ。この背景狙いで、ひたすら待つ。しかし、なかなかここだけにやって来ない。一度だけ来たチャンス。ズーム比を変えながら撮ったのがちょっと失敗。最初から大きく撮るんだった。
a0181059_1452302.jpg

広角で撮った偶然の産物。ピントは上の個体にしかきていない。
a0181059_14524871.jpg

3コマ目、宙返っていた。
a0181059_1453426.jpg

正午ころ、オバセセリをあきらめて、コジャノメの尾根道に行く途中の石段に現れたクロヒカゲ。
a0181059_14532182.jpg

コジャノメは健在だった。
a0181059_14534111.jpg

翅を閉じたところは何回撮っても同じ感じになってしまう。ときどき、翅を開くが、これも同じ感じ。
a0181059_14535861.jpg

緑の葉の上よりも、枯葉のほうがよく似合う。
a0181059_1454961.jpg

尾根筋の道は柵が張り巡らされている。木漏れ日が射す場所にひっそりととまり、近づくと飛び立つ。個体によって敏感さが違うようだ。
a0181059_14554739.jpg

柵にとまるのも大好き。飛んでもすぐ戻ってくる。
a0181059_14543223.jpg

1コマ目は飛んでいない、ただの静止。
a0181059_14552199.jpg

コジャノメは、新緑のハイキング中、尾根筋でよく見かける。しかし、先を急いでいることが多く、こんなにゆっくりかまってはいられない。
a0181059_14545055.jpg

日陰に入ったら真っ黒、日が射す空間に入ったときだけ、くっきりと写る。
a0181059_155087.jpg

オス同士のバトルが頻繁に繰り返される。でも、暗がりの中、すぐ柵外にでてしまうし、とにかく速い。最初に出会ったとき、その場でホバリング卍。この時だけが撮影チャンスだった。
a0181059_1455060.jpg

こうして飛翔写真を撮ってみると、横から光が当たっているせいか、翅脈と翅脈の間は空気を受けてたわんでいることがよくわかる。
a0181059_1456995.jpg


14時すぎ、ヒメウツギの前に戻ってみると、アオバセセリは来なかったとのこと。しばらく、見張っていたけれど、諦め、15時淋しく2人とも撤収。


2014.5.12
この2日前の土曜日、アオバセセリのメスが出ているとの連絡。しかし、残念。この日はテニス。ということで、週明けの月曜、3度目の正直を目指して出かける。9時半ころ到着したら、町田市のSさんが来られていた。8時半から張っていたけれどアオバセセリはまだとのこと。

ヒメウツギの花はそろそろ終わりかけ。それより、何か変だと思ったら、近くのハルジオンはすっかり抜かれ、ムラサキハナナも処分されていた。アスジアゲハはあまり来ず、コチャバネセセリが2~3頭というところ。ヒメウラナミジャノメが来たので撮っておく。
a0181059_1522827.jpg

いつまでたってもアオバセセリは現れず、コチャバネセセリの飛翔を狙うが速すぎる。ハナムグリは遅いので撮れる確率は高かったのだが(1コマ目)。
a0181059_1523888.jpg

昼過ぎに現れたのはクロヒカゲ。近くにカラスアゲハやナガサキアゲハが来ると、盛んに追い回していた。これを撮りたかったがムリというもの。
a0181059_1525220.jpg

飛ばれてもすぐ戻ってくるので、飛び立つ瞬間にトライするものの速くて難しい。このクロヒカゲは右前翅の先が欠けていた。
a0181059_1531090.jpg


14時まで待ったが、結局、アオバセセリは出てこなかった。その間、Sさんから色んなお話を聞くことができ、私としては退屈はしなかったけれど、Sさん、ほんとうにありがとうございました。3度目の正直はなく、2度あることは3度ある、になってしまったが、他に見たのはアカボシゴマダラとダイミョウセセリ、こんな日もあるでしょう。

by otto-N | 2014-05-13 19:40 | Comments(2)

2014.5.4 川崎・多摩丘陵 アオスジアゲハ   2014.5.11 (記)

2014.5.4
ゴールデンウィーク、よく晴れた日。ヒメウツギにやって来るアオバセセリを撮りに行く。9時半ころ、現地に着いたところ、顔見知りの方3名。8時半にはたくさん来ていたが、諦めて帰ったとのこと。少し後からも、お一方やって来た。ヒメウツギの花もいつもより少ない。少し咲いたところで剪定したようで、薫るはずのウノハナはほとんど薫らない。

雁首をそろえて、ヒメウツギの前で気長に待つ。けれど、待てど暮らせどやって来ない。アオスジアゲハだけは活発に飛び回っている。今が旬のアオスジアゲハ。ヒメウツギよりハルジオンのほうが人気があった。というか、断然、ハルジオンのほうが撮影しやすい。
a0181059_9374140.jpg

アオスジアゲハは逆光から撮るととても美しい。北海道の子供時代、半透明の青いスジ。北海道にはいないこのアゲハに憧れていた。
a0181059_9371461.jpg

翅を小刻みに震えさせながら、吸蜜をする。瞬間的な翅のしなり。連続シャッターがとても楽しい。
a0181059_9375393.jpg

ファインダーに2頭同時に入る。もつれあう2頭。いつまでも続いてほしいと願うがあっけなく飛び去る。
a0181059_938432.jpg

ヒメウツギの下に咲いているムラサキハナナにも日が当たり始めた。背景に紫色のボケをと狙うが、狙ったウツギの花にはなかなかやって来ない。1回だけ来たが、マクロでは遠かった。横着しないでズームで撮ればよかったと反省。
a0181059_9392777.jpg

我がホームグランド、「自然教育園」にはいないヒメウラナミジャノメ。ありがたく撮らせてもらう。
a0181059_9404234.jpg

11時半。諦めて、Kさんとコジャノメの尾根道に向かう。途中でツツジにやって来たナガサキアゲハ。
a0181059_941377.jpg

コジャノメは、いつもの場所にちゃんといた。
a0181059_9431947.jpg

道路にとまることのほうが多いけれど、やはり緑の葉の上のほうがいい。日が射す場所では翅を開く。でも、性標が美しさを損なう。初めて見たとき、性標とは知らず、ただれた傷だと思っていた。
a0181059_9433920.jpg

地表の枯葉にとまって飛び立つ。
a0181059_9435931.jpg

オスのテリ張りポイントのようで、道路だけでなく、散策路の手すりなどにとまる。飛び去っても、また舞い戻ってくるので、その度に撮影する。ただし、とても暗い。日が射さない場所では、全く闇夜のカラス状態だった。
a0181059_9441764.jpg

ときどき、2頭が絡む。闇夜のカラスで何も写ってないと思ったら、何とか姿を現した。でも、雰囲気だけ。ISO1600、1/1600sec、F3.2。
a0181059_9443142.jpg

飛び上がった瞬間。ほとんどフレームの外に外れたが、真上に飛ぶとこんな風になるようだ。
a0181059_945161.jpg

コジャノメも楽しいけれど、目的はあくまでアオバセセリ。ヒメウツギの場所に戻ってみる。ずうーっと見張っていた方に聞くと、全然現れなかったとのこと。実は、コジャノメにかまけていた時に、アオバセセリが出ていたらと思うと、気が気ではなかったのです。内心はホッとする。時刻は14時半。相変わらず、アオスジアゲハがやってくるだけだった。スジグロシロチョウもいたので撮ったが、これが今年初。
a0181059_9472345.jpg

朝に飛び回っていたヒメウラナミジャノメ。午後のこの時間にもいた。飛翔中を少し追いかけ、逆光と順光の浮遊感。
a0181059_9464481.jpg

そして、飛び上がりポーズ。
a0181059_9452693.jpg


15時もすぎ、1人抜け2人抜けし、これにてアオバセセリ撮影会は解散。とぼとぼと、Kさんと帰路につく。アオバセセリは撮れなかったけれど、集まったみなさんと久しぶりに話ができ、いい日だった。

(この後、天気が悪かったのは1日だけ。出歩いたり、下手くそテニスやらで、毎日が忙しく、くたびれてしまい、写真の整理がつかず、やっと記事にしました)

by otto-N | 2014-05-11 20:45 | Comments(4)

2012.5.11 多摩丘陵 クロヒカゲ    2012.5.17(記)

2012.5.11 多摩丘陵
この日も晴れ。アオバセセリを撮りに、またここへ。もう少し早く来てみた。8:30に到着したが、ヒメウツギは木立の陰の中。9:20分ころ、日が当たり始めたが、一向に来る気配なし。やって来たのは、三毛猫さん。こちらを見下ろし、ぼりぼりやっていた。
a0181059_19561168.jpg

結局、11:30まで張り込んだが、現れず。前日、同様、付近に来たチョウを撮る。ダイミョウセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ずいぶん小さなオナガアゲハと思ったら胴が赤く、ジャコウアゲハだった。新鮮なコチャバネセセリ。ダイミョウセセリの前翅の紋の1つはダンダラさんが5月4日の記事に書かれていたように完全に白かった。
a0181059_19582720.jpg

暑くなったのでここを諦め、山道をうろついていたところ、コジャノメを発見した。いつも、ハイキング中に見かけるがじっくり撮ることもないので、しばらく遊んでもらう。
a0181059_2084357.jpg
a0181059_2091835.jpg

明るい道に出たとたん、クロヒカゲがテリ張りしていた。
a0181059_20143858.jpg

近くにクロヒカゲはもう1頭いて、お互い追いかけまわしていた。が、途中で絡んだと思ったらすとんと茂みの中に落ち込んだ。もしやと思って近づくと、やはり、そうだった。葉に当たった光が反射し、ちょっといい雰囲気だった。
a0181059_20144275.jpg


アオバセセリは現れず、現れたのは三毛猫さん。「今日も来ないよ」とばかり、くつろいでいた。アオバセセリには振られたが、コジャノメは適度に楽しかった。クロヒカゲの交尾シーンは、交尾好きではないのだけれど、これなら交尾シーンも悪くはないものだと初めて思った。

(次回は、3度目の正直です。三毛猫さんも登場します)

by otto-N | 2012-05-17 20:29 | Comments(8)

5月、奥武蔵・伊豆ヶ岳 (2010.5.28)   2011.2.2

2010.5.28
新緑の季節。奥武蔵の伊豆ヶ岳(851m)に行ってきた。
麓で出向かえてくれたのは、ウスバシロチョウ。やっと、開翅の絵が撮れた。
頂上では、かなりの数のアゲハ類が飛び舞う中、ダイミョウセセリが、それに負けじと、ぶんぶん飛び回り、テリをはっていた。
尾根筋では、コジャノメに遭遇。孤高の番人といった感じで悪くなかった。
a0181059_14244943.jpg

しかし、このコジャノメ、翅が不完全だった。
麓に下りると、橋の欄干にルリタテハ。
民家の庭には、ヒメウラナミジャノメがいた。
a0181059_14252667.jpg


この山登りでも、麓には何らかのチョウがいたが、登山中にはほとんどチョウは見なかった。どうも、チョウ撮影と登山は両立しないようだ。
ダイミョウセセリは、このときに初めて見た。このテリの張り方は、まるで戦闘機のスクランブル発進のようだった。

by otto-N | 2011-02-02 15:01 | Comments(2)

5月、近くの茂みで (2010.5.25-31)  2011.2.2

2010.5.25-31
アオスジアゲハは相変わらず多い(いつもきちんと撮れないが)。
イチモンジセセリも吸蜜に忙しい。ちょっとした茂みには、コジャノメ、コミスジもいた。
a0181059_1385369.jpg

ヤマトシジミも増えてきたが、こんなところに(恵比寿ガーデンプレース)に、サトキマダラヒカゲ。似合わない。
a0181059_1392220.jpg


5月は、アオスジアゲハの季節。この年は、特に多かったような気がする。
しかし、ガーデンプレースのサッポロビール本社前の庭に、サトキマダラヒカゲがいたのにはちょっとびっくりした。どこから来たのだろう。しかし、見たのはこの時だけだった。

by otto-N | 2011-02-02 13:32 | Comments(0)

5月、奥多摩・鳩ノ巣渓谷 (2010.5.21)   2011.2.1

2010.5.1
鳩ノ巣渓谷に行った。ここを選んだのは、白丸湖というダム湖の水面の色を見たいのが主な理由。
確かにここの湖面は、独特の美しさがあった。(岸に近いところをアンダー気味に撮ると神秘的です)
この散策中、ウスバシロチョウ、コジャノメ、サカハチチョウ、コミスジに遭遇。
アカスアゲハが飛んでいるのをよく見たけれど、野生の藤の花に吸蜜しているクロアゲハを撮ることができず残念だった。
a0181059_17501810.jpg


新緑の中を歩くのは楽しかった。
この日、嬉しかったのは、やはり何十年ぶりのサカハチチョウ。位置を変えながら吸蜜したので、じっくり撮ることができた。
コジャノメは、初めてと思う。



PS:今日(2/1)、行ってきた春らしい景色をアップします。チョウには関係ないけれど。
神奈川県二宮町の吾妻山公園からの富士山です。
メジロがやってきて、菜の花をついばんでいました。
a0181059_1835346.jpg


by otto-N | 2011-02-01 18:56 | Comments(0)