たかがヤマト、されどヤマト

タグ:コムラサキ ( 9 ) タグの人気記事


2017.7.7 山梨は今日もダメだった アゲハチョウ   2017.7.16 (記)

2017.7.7
山梨の標高1500mのアイノミドリシジミとメスアカミドリシジミ、ダメだと思いながら行ってみる。この場所を見つけてから不満ながらも撮影できたのは最初の2年だけ。その後は、木が高くなったせいか、時期が悪かったせいか姿を少し見ただけに終わっている。

山麓にある何かの跡地のようなコンクリの広場。いつもタテハ類が吸水しているので覗いてみると、コムラサキとシータテハがいた。ここではシーは初めて。アイノミドリに間に合わなくなるので、少しだけ遊ぶ。コムラサキは翅を開くかと思ったが、そうはいかなかった。
a0181059_11002811.jpg

最初に来た時は林道で車の前を卍が横切ったのだが、その後は卍を見ることはなく、この日も峠の駐車場に到着。しかし、山麓は晴れているというのに、ガスの中。麓では30℃くらいあったのにここは20℃を切っていた。とりあえず、アイノミドリのポイントに急いで登る。が、木が高くなっているとは知らず、かなり登った所で行き過ぎてしまったことに気づく。あわてて戻るがガスが晴れる気配はなく、木が高すぎるので出て来ても撮影不可。すぐにメスアカのポイントに行くが、ここも木が高くなっていた。ガスが晴れたら卍が下に降りてくる可能性があるのだが、晴れる気配はない。半袖なので寒い。帰ろうとした時、少し明るくなったと思ったら、ゼフの姿。時間からメスアカのようだ。しかし、頭上。飛び立ってはすぐ戻ってくるが、すでにボロ。卍っぽく絡んだので、広角の準備をしていると、メスアカは追い出されたのか、残って翅を拡げていたのはクロヒカゲだった。卍にしては片方がやけに大きかった。その後、再びガスに覆われたので撤収。
a0181059_11243885.jpg

林道をゆっくり流しても何もおらず、しかたがないので、カンカン照りの麓のコンクリ広場でコムラサキと遊ぶ。シータテハはすぐ開翅するがコムラサキは敏感。近づくだけで飛び去ってしまう。
a0181059_11272486.jpg

飛んだコムラサキをやけくそで追う。最初はまったく届かなかったが、そのうち向こうからこちらに近づいてくるようになった。こんなことが以前にもあった。まあ、速くてフレームに入らないのだが・・・
a0181059_11360937.jpg



何頭かいたコムラサキを目で追うと木にとまったのがいた。せっかく翅を開いたが逆光で幻光は見えなかった。
a0181059_11290874.jpg



そうだオオムラサキを見に行こう。と中央道にのりなおす。以前オオムラサキは飛んでいた場所は、たまに飛んで来るだけですぐ林の中にすぐ消えてしまう。林の中に入っても樹液の出るクヌギを見つけることができなかった。ゴミだめのような空地にいたスジボソヤマキチョウ。
a0181059_11451971.jpg


日影のヒメジョオンで吸蜜に余念のないアゲハチョウ。
a0181059_11473006.jpg


空が怪しくなりはじめ曇ってきた時、ジャノメチョウが現れた。これにて撤収。
a0181059_11495297.jpg



by otto-N | 2017-07-16 18:41 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (21) ヒメアカタテハ   2016.2.24 (記)

ヒメアカタテハ
9月初め、葛飾・柴又の江戸川河川敷には、モンキチョウだけではなくヒメアカタテハも飛び回っており、モンキチョウそっちのけで追いかけた。速くてすぐ視野から消えてしまうが、数打ちゃ当たる。
a0181059_1635323.jpg

a0181059_1636321.jpg

a0181059_17371936.jpg

a0181059_16354188.jpg

午前中、川べりには、枝垂れ柳もあり、駐車場の隅でコムラサキが吸水していた。警戒心が強く、最初は近づくだけで遠くへ行ってしまったのだが、そのうち慣れたのか、近くを飛び回るだけになった。よほど吸水したかったに違いない。
a0181059_16361875.jpg
a0181059_16362791.jpg


by otto-N | 2016-02-24 18:18 | Comments(2)

2015.9.3 東京・葛飾 江戸川河川敷 (1) コムラサキ   2015.9.7 (記)

2015.9.3
久しぶりの青空、友人から誘いを受け、モンキチョウが時には7頭も連なるという河川敷に行く。場所は葛飾・柴又の矢切の渡しのある江戸川河川敷。すなわち、今年の3月にモンキチョウを追いかけまわしていた河川敷の対岸。実は、北海道から出てきてから、柴又の帝釈天には一度も行ったことがなかった。京成線の柴又駅で降り、まずは帝釈天に。さすがに平日の午前とあっては人は少なかった。あわよくば、そのへんを飛んでいるヤマトシジミを撮ろう思っていたが、道端にはカタバミの1つもなく、徒労に終わった。
a0181059_19421330.jpg

帝釈天の裏の路地を5分ほど歩くと河川敷に出る。堤防にはモンキチョウが舞っていたけれど、時間が早いせいかメスに絡むオスは見られず、単独のオスを追いかけたが撮れず。とりあえず、川畔まで出ることとし、枝垂れヤナギのある場所へ行くと、地べたでコムラサキが吸水していた。が、とても敏感。300ミリでさえこれしか撮れなかった。翅を開く気配が全くなく、飛び回るところを撮ろうとしても、空撃ちばかり。当たり前だが速すぎる。
a0181059_19423229.jpg

姿が消えたので、近くを飛び回っていたヤマトシジミを撮る。レンズは15ミリ、木陰なのでLED2個(LPL:VL136)を装着した。
a0181059_2041515.jpg

上の3枚を2400×1800ピクセルにトリミングした(その後圧縮するので写りは悪くなる)。一応、細部まで撮れてはいるけれど、ストロボを使ったような翅の煌めきはなかった。
a0181059_2042978.jpg

ただ、ストロボでは最初の1発目しか撮れないけれど、LEDは連続で撮れるのが強み。11枚連続で撮った中の6枚。
a0181059_9352139.jpg

1枚に翅裏、翅表、半開翅が撮れたのは初めてかもしれない。15ミリで置きピンは25cm位なので、チョウが少し小さい。色も出ないので日陰は難しい。実際には、コムラサキは去ってはまた吸水に戻って来るということを繰り返していたので、ヤマトはコムラサキがいない間に撮っていた。
a0181059_10381687.jpg

コムラサキは、吸水に邪魔されたとき(撮影者とクルマ)、近くの柳の3mほどの所にときどき休んでいた。じっと待っていると翅を少しだけ開く。しかし、ムラサキ色は出ない。
a0181059_19433473.jpg

吸水に降りてくると追いかける。ファインダーに入る感じがしないので、置きピンは50cm。少しトリミングしたが、運良くば、こんな感じで入る。
a0181059_20302688.jpg

背景は砂利なので、2400×1800ピクセルのトリミング。でも、ピントが来てもなかなかムラサキが入るものではなかった。
a0181059_1942467.jpg

何度目かの休憩。あいかわらず、開翅は少しだけ。
a0181059_19434774.jpg

これまでコムラサキは普通の柳でしか見たことがないような気がする。枝垂れ柳の背景はなかなか趣があってよろし。少し寄って撮ったら、後ろがここまでボケてくれた。(チョウが大きすぎるが)
a0181059_1944230.jpg

コムラサキは、撮影者に危害は加えられないと見たのか、あるいは、これ以上吸水に我慢できなかったのか、近寄ってもすぐ逃げなくなった。周りをぐるぐる回る。置きピン35~40cm。
a0181059_1943499.jpg

ノートリではチョウはこの大きさ。
a0181059_1943122.jpg

ムラサキが輝いた1枚。ピンはイマイチ。上の2コマ目の次の画像だった。
a0181059_21594983.jpg

置きピン30cm。ピントが胴体にしか来てなかったけれど、いい感じに撮れた。
a0181059_21592972.jpg

コムラサキはついに行ってしまい、というか、こちらが疲れたころには、12時も過ぎていた。そろそろ、土手ではそろそろモンキチョウの求愛行動が見られる時間。堤防に移動した。


(江戸川河川敷 (2)に続きます)


P.S.
雨ばかり続き、うとうととしながら、本田計一・加藤義臣編 「チョウの生物学」 (東大出版会)を読んでいたら、606ページに、こんなくだりがあった。書かれているのは海野さん。
「長時間追いたい場合は、最初はあまり近づかずにチョウをおどさないようにする。チョウは眼がよくみえるから、おどさなければ相手がこちらをあまり気にしなくなる傾向がある。こうなったらしめたもので、1時間くらい追って撮影というのも可能である。」
過去のコムラサキを撮影した時を思い出した。コムラサキに関しては、全くそのとおりだった。



by otto-N | 2015-09-07 16:48 | Comments(0)

2014.7.2 山梨県・オケラ林道 コムラサキ   2014.7.9 (記)

2014.7.2
梅雨の晴れ間、山梨県にアイノミドリシジミとメスアカミドリシジミを見に行く。しかし、結果から言うと、惨敗。インターを下り、山道に入るまでは確かに晴れていた。ただ、登るにしたがって日射しが弱くなり、向かい側の山もガスに覆われ始めてきた。そして、標高1500mのテリ張りポイント、薄いガスの中だった。少し明るくなったとき、エゾハルゼミが啼いたけれど、まったく、ゼフの飛ぶ姿はなかった。まだ、発生していないのかとも思ったが、気温が低く、キマダラヒカゲさえ飛んでいなかった。11時、諦め帰路に着く。メインの林道の他、中腹には閉鎖された荒れた林道がいくつかあるので、とぼとぼと入り込む。

日射しが薄いせいか、寒いせいか、ミドリヒョウモンさえ飛んでいなかった。なぜか、多かったのはヒオドシチョウ。歩みを進めるたびに草の間から飛び立つ。体温を上げるために翅を拡げているようだ。飛び立ったら戻ってこないので、慎重に進む。やっと1頭だけ飛び立つ前に撮れた。ヒオドシチョウがこんなに見たことはなかった。
a0181059_13374510.jpg

毎年、アサギマダラを見る場所。その1頭の後をつけていたら、草地の崖(斜面)に数頭のアサギマダラが飛んだりとまったりしていた。マクロで撮れる距離ではないので、望遠ズーム、MFで飛翔を追う。
a0181059_13372687.jpg

わりと近い位置で2頭が絡み始めた。
a0181059_1338272.jpg

飛び回っているアサギマダラは、とまると数分動かなかった。長いときは10分以上。折れた草の茎でじっとして動かない。数年前、飛んでいたアサギマダラが枯れ枝にとまったきり動かなかったことを見たことがあるので、このときも、昼寝でもしているのだろうと思っていた。しかし、自宅でPC画面をみたら、全部がストローを伸ばし吸汁していた。茎の先は折れたのではなく鋭利。切られた茎から出た汁を吸っていると思われた。特定の山菜を切り取った後かと思ったが、斜面全体の草刈の後かもしれない。あるいは、その前に猿の集団がいたので、猿が噛み千切った後?
a0181059_13381431.jpg

このように数頭のアサギマダラが草の間を飛び回っていた。最初はメスの産卵かと思っていたが、すべてオスだった。
a0181059_13383263.jpg

空が暗くなってきたので車に戻り、舗装林道を下っていると、ところどころで、クジャクチョウがとまっている。ミスジチョウは撮り損ねた。
a0181059_1350233.jpg

コムラサキもいた。
a0181059_13391784.jpg

紫の幻光が最大になる位置を探す。
a0181059_13392938.jpg

なぜキンバエと対峙しているかって?
a0181059_13394334.jpg

答えは簡単。リアルな現実。
a0181059_13395590.jpg

4枚とも輝くときは、全開したときだけ。今回は、コムラサキの幻光、そこまで至らず。
a0181059_14382898.jpg


麓は晴れていても、山頂はガス。十分明るい時もあったので、ゼフがいなかったのは、気温が低かったためと思われたが、帰りはオケラ街道ならず、オケラ林道。支線の林道にも入ってみたが、チョウがほとんどいなかった。支線に入った結果、わかったことなのだが、広葉樹は少なく、どうやらほとんど全山植林された山のようだった。ここは山梨県といっても東京都との境目。他に移動するのにも、ちょっと孤立した感じ。せっかくのマイ・ポイントなのだが、もう諦めたほうがいいかもしれない。

by otto-N | 2014-07-09 15:35 | Comments(2)

2012.7.9 山梨県 コムラサキ    2012.7.12(記)

2012.7.9 山梨県
前日のテニスの疲れが残っていたが、アイノミドリシジミを捜しに山梨県まで行った。昨年、山登り中に見つけた場所だ。中央道を降りたときは快晴、人家が途絶え林道に入っても、エゾハルゼミが啼き、晴れていたのに、峠に着く少し前から霧。峠(1500m)から霧ですっぽり覆われていた。とりあえずポイントかもしれない場所へ行ってみたが、霧は上がりそうもなく、やむなく引き返す。山麓は晴れているはずだから、何かいるだろうと来た道を下った。

明るいS字カーブのところへきたとき、何か飛んでいたのでクルマを停めた。飛んでいたのはテングチョウだった。葉にとまって開翅したが、すぐ飛んでいってしまったが、すぐ戻ってきた。しかし、とまったのは、停めたクルマ。どこにでもとまり、何かを吸い続ける。表面はカラカラのはずなのに吸うものがあるとは?おそらく、自分から唾液みたいなものを出して乾燥物を溶かし、それを吸っているに違いない。
a0181059_2014431.jpg

適当に撮影していたら、大きなチョウが飛んで来て、とまったのはタイヤの上。ヒオドシチョウだった。やはり、吸汁していた。
a0181059_2017245.jpg

林道脇には、まだ、ウツギが咲いていた。ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、同定不能のセセリ、スジグロシロチョウ。
a0181059_20212821.jpg

さらに下ったが、せいぜいテングチョウしかいなかった。このままかえるのももったいないし、回りの草に何かいるかもしれないということで、途中で見た広い駐車場のような所まで、引き返すことにした。駐車した途端、コムラサキが飛んでいた。緑の葉の上ならいいのにと思いながら、300ミリズームで近づく。
a0181059_20293962.jpg

最初は敏感でなかなか近づけなかったのに、そのうちマクロで真上から撮っても逃げなくなった。光る位置を捜した。
a0181059_20294914.jpg

左右の翅とも光る位置は真上だった。
a0181059_2030659.jpg

コムラサキが行ってしまった後、現れたのはヒオドシチョウ。緑の上にはとまらず、プレハブの小屋にとまった。どうやら人工物が好きらしい。
a0181059_20394210.jpg

帰ろうと思ったとき、やってきたのはミスジチョウ。林道でも撮ったが、こちらのほうが新鮮、綺麗だった。
a0181059_20414092.jpg

まるで飛び去る気配がないので、旅行用に購入したPentaxの18-135ミリ・ズームでも撮ってみた。テレ端では、100ミリマクロと同じくらいの大きさに写る。近寄りすぎなければこれで十分のようだ。左:100ミリマクロ、右:18-135ズーム。
a0181059_20415947.jpg

ワイ端でも撮ってみたが、なかなか水平に撮ることが難しかった。
a0181059_20422264.jpg

いつの間にか空が曇って来た。帰る途中の草っ原にいたクジャクチョウ。テリを張っていた。本州で見た最初のクジャクチョウ。
a0181059_20423845.jpg


本命のゼフは、天気のせいか、フライングのせいか会えなかったが、そのおかげで、別のチョウと楽しむことができた。これはこれでよしなんだけれど、本命がいなかったときの保険を掛けず、往復200kmというのは、ちょっと冒険かもしれない。

by otto-N | 2012-07-12 21:06 | Comments(10)

2011.8.15 北海道・十勝 ゴマシジミ    2011.8.30(記)

2011.8.14
この日、札幌から帯広の近くの幕別町に移動。富良野の隣の山部町により、メロンと蜂蜜を買ってから、狩勝峠を超えた。狩勝峠にはベニヒカゲがいるはずだが、雲っているし、前日撮ったのでパス。峠を下りた所にある新得町の蕎麦屋に入った。ソバ畑に囲まれた大きな蕎麦屋である。待ち時間30分、蕎麦が出てくるまで20分。いつもはこんなに混むことはない。でも、お盆くらい混まなくてはかわいそうだ。

待ち時間に蕎麦屋の駐車場の脇で撮ったチョウ。今にも雨が降りそうだった。気温も20℃くらいか。
コムラサキ(♀)、ミドリヒョウモン、トラフシジミ、オオヒカゲ。
a0181059_12521143.jpg

コムラサキのメスはマクロで寄ることができた。
a0181059_12522975.jpg


2011.8.15
夜降っていた雨は、朝には上がった。晴れてくる気配。昨年、偶然見つけたゴマシジミのポイントへ行った。

ファースト・ショット。開翅したゴマシジミ。
a0181059_12572586.jpg

今年は、昨年より多かった。25mプールほどの藪に、太陽が顔をだすたびに、同時に10頭以上がとびだした。ワレモコウ(正確には、ナガボノシロワレコモウというらしい)に産卵するゴマシジミ。ぐるぐる回りながら花穂に産卵する。なかなかピントが合わない。
a0181059_1355044.jpg

産み付けられた卵も見える。
a0181059_1393146.jpg

1つの穂に複数集まることも。
a0181059_138588.jpg

なかなか翅を開いてくれない。産卵中の写真は撮り飽きた。なんとか開翅を撮りたいなと思っていたとき、産卵後、多くのものは一気に飛んでいってしまうが、次の花穂に移るとき、一瞬だが、翅を開く個体がいることに気がついた。
a0181059_13194824.jpg

このことが判ってから、ひたすら、飛び立つ前に開く個体を捜した。
a0181059_1372037.jpg
a0181059_1373687.jpg
a0181059_13224613.jpg
a0181059_13231632.jpg

オスは、いずこ?と思っていたが、叢の中で翅を拡げていたのはほとんどオスのようだ。PCで見たら。前翅のゴマ斑点が小さいようだ。そして、ピカピカの個体はいなかった。メスより敏感でマクロでは撮れなかった。
a0181059_13293424.jpg
a0181059_1329568.jpg

この場所には、オオヒカゲも多かった。太陽が隠れると、ふわふわやってきた。また、萩の花も咲いており、チョウの吸蜜源になっていた。以下、コミスジ、オオヒカゲ、ナミアゲハ。
a0181059_13372447.jpg

オオヒカゲの産卵。
a0181059_13401333.jpg


このポイントのゴマシジミは、昨年より、とても多かった。最初、着いたときは太陽が出ておらず、これはダメだと思ったが、太陽が出てきたとき、草の間から湧き出したように、あちこちで飛びまわり始めた。
産卵後、飛び立つ前に翅をちょっと開く個体があった。開かないのは、次も開かない。どうやら、個体差のようだった。(同様な例は、ヤマトシジミでも見られ、開翅を撮りたいとき、開き癖のある個体を捜すことにしている)

十勝には、オオヒカゲが多いようだ。クルマの運転中でもたびたび見かけた。たくさん撮ったけれど、新鮮なものは少なかった。大きさから、惹きつけられてしまう。

by otto-N | 2011-08-30 14:19 | Comments(10)

9月、白金の森、コムラサキ (2010.9.1)  2011.3.17

2010.9.1
暑い日が続いていたが、この日も自然教育園に出かける。
この日、一番の収穫は、コムラサキの発見。おそらく、この年の教育園での唯一の写真かもしれない。

コムラサキ(♀)。1枚しか撮れなかった。
他に、アオスジアゲハ、アゲハチョウ、吸水中のウラギンシジミ(♂)。
a0181059_10422490.jpg

アカボシゴマダラ。産卵場所を捜して動きまわっていた。この2つはそれぞれ異なる場所で撮影。
a0181059_10445623.jpg
a0181059_10461362.jpg


教育園には、ヤナギの木があり、コムラサキがいるとは聞いていたが、見ることはなかった。
ここからもういなくなったものと思っていたが、この日、突然、目の前に現れ、すぐ飛び去った。1回しかシャッターを押すことができなかった。が、ちゃんと写っていた。
茂みの中に潜り込むアカボシゴマダラを見かけた。よく見ると、こんなところにと思うほど、エノキの幼木が近くにあった。遠目では、後翅の赤紋が美しい。

by otto-N | 2011-03-17 11:13 | Comments(0)

7月、苗場山、コムラサキ (2010.7.20-21)   2011.2.24

2010.7.20-21
冬、志賀高原にスキーに行ったとき、奥志賀の焼額山から山頂が平な苗場山(2145m)がよく見える。いつか登ろうと思っていたが、延び延びになっていた。ルートを調べると、みつまた神楽スキー場からではなく、秋山郷からの直登ルートがあることが判り、行ってみた。当然、温泉に前泊。
関越道、石打ICから津南を通り、秋山郷へ行ったわけだが、うーん、ナビにしたがった県道は、片側が崖でもガードフェンスがない箇所や、どこですれ違うの?対向車は来ないでくれ!といった1車線道路の連続。やっとの思いで、目的地の切明温泉に到着。(国道も狭いけれど、整備はされています)
翌日、小赤沢温泉登山口から苗場山に登った。苗場山は山頂に大きな湿原があるので有名です。

切明温泉に着いて、付近を散策中に会ったチョウたち。
クジャクチョウ、イチモンジセセリ、キタテハ。そして、コムラサキ。
a0181059_20192317.jpg

水溜りでコムラサキ(♂)が吸水中。
a0181059_20461182.jpg

近くの葉に止まってくれた。翅の開閉に同調させ、少しずつ位置を変えながらシャッターを押した。
a0181059_20214325.jpg

近くの道路にはミスジチョウが飛来。クジャクチョウと、たぶんヒメシジミ(ここまでボロだと撮りたくなります)。
a0181059_20533817.jpg

登山道にはヒメキマダラヒカゲくらいしかいなかった。でも、このチョウは写真映りがすごくよい。見直した。
頭上には、オオウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモン。圧倒的にミドリヒョウモンが多かった。
a0181059_20413216.jpg

花に群がるミドリヒョウモン。1番最後、色が少し黒いのはメス。
a0181059_2122279.jpg


コムラサキを堪能しました。翅を開くたびにシャッターを押したのですが、コムラサキの幻光はいつ見てもきれいです。
4枚の翅がすべて光るアングルを探しながら撮ったのですが、どちらか片側だけ光るほうが、光りとして強いようです。

苗場山山頂からは、志賀高原も一望できました。天気がよく気持ちがよかった。
山頂付近の湿原。湿原の花は咲いていても、チョウはいませんでした。
a0181059_11565810.jpg


by otto-N | 2011-02-24 21:28 | Comments(2)

コムラサキの3D画像      2011.1.11

2011.1.11
「あやはべる/撮影日誌」のfuruさんが始めた3D画像。あまりにも面白いので手持ちの画像でやってみました。

まずは、ひかりもののムラサキシジミ♂
a0181059_1538726.jpg


続いて、ムラサキシジミ♀
a0181059_2044931.jpg


少しづつ位置を変えて撮ったムラサキツバメ♂。ブルーの幻光は左の前翅だけだった
a0181059_20311794.jpg


そして、苗場山に登ったとき、ふもとの温泉にいたコムラサキ
a0181059_15443029.jpg


次に、オオムラサキ (この得意のポーズでは、翅の後ろが磨り減るわけだ)
a0181059_15435372.jpg


埼玉県のミドリシジミ
a0181059_2032356.jpg


都内で撮ったウラナミシジミ
a0181059_20325665.jpg


北海道で撮ったゴマシジミ
a0181059_20332167.jpg


線路脇のジャガイモ畑にいたミヤマカラスアゲハ♀
a0181059_20334719.jpg


アフリカルリヒオドシ
(これはかってにつけた名前。種名は判りません。翅裏はルリタテハそっくり。昨年行ったビクトリアフォールズのロッジの庭で撮影)
a0181059_13125766.jpg



特に、3D用に撮ったものではないので、すごいインチキな画像です。平行法、交差法を意識しないで見てください。何となくチョウが浮き出る程度です。
背景がぼけているより、ごちゃごちゃしたほうが楽しいですが、ムラシ以外は適当なものがありませんでした。
この3D画像は、「どんどん目が良くなるマジカル・アイ」と似たような原理だと思うのですが、画像の選択、合成などの作業でPC画面を見つめっぱなしで、かえって目が悪くなったようです。
furuさん、どうもありがとうございました。

by otto-N | 2011-01-11 21:10 | Comments(2)