たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ゴイシシジミ ( 3 ) タグの人気記事


2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(8) ゴイシシジミ   2016.7.31 (記)

2016.7.12 続き
乗越を10時50分に下り始める。下山時にはT型ステッキを使う。登りには邪魔なだけだけれど、落差の大きな箇所を越える時にはとても楽。袈裟懸けにカメラ(標準ズーム)を吊るし、時々撮影するから、ステッキは1本だけ。ただ、よほどの急斜面(崖)だとカメラはザックにしまい、ステッキも畳む。

下りは上りに比べると楽。最後の水場を過ぎ、胸突き八丁の上部に来たとき、登山道補修工事の方が道端に脱ぎ置かれた作業ジャケットにベニヒカゲがとまっていた。せめて緑の葉の上に移ってもらおうと手乗りにしたが、失敗。近くの日陰に入り込み、その後、どこかに行ってしまう。右側は谷底、人1人がやっと通れる狭い登山道なので、それ以上追うのは諦めた。しかし、まだ7月なのにベニ?これは変。ベニヒカゲではなくクモマベニと気がついたがもう遅かった。何しろ、まだ一度しか撮影したことがないのだから。縁の白斑が美しかった。
a0181059_2048277.jpg

この後、胸突き八丁の階段を下りているの途中、その下にも、クモマベニはポツンポツンと現れた。とまらないので撮影はできなかったが、前日は1頭も見なかったので、この日に発生したのだろうか。タカネキもいる雰囲気ではあったけれど、セセリは皆無。かなり下った林間で、キマダラヒカゲに混じってヒメキマダラヒカゲが飛び交っている。朝は飛び回るだけだが、午後はとまって翅を開くことが多い。
a0181059_20484547.jpg

そして、前日にゼフの卍とゴイシシジミがいた場所。ゴイシが1頭飛んでいた。やっととまったので数枚撮影する。
a0181059_20485516.jpg

時々休んだ場所では、眼前を飛び交うキマダラヒカゲを撮るが、この標準ズームは距離目盛がないので使いにくい。
a0181059_2049872.jpg

歩きながら、ヒメキマダラヒカゲを連写するがピンボケ。
a0181059_20492476.jpg

暗い登山道にホトトギス。と、小さな白い花。
a0181059_2111587.jpg

だらだらと暗い登山道を下り、登山口に着いたのは15時ちょうど。ゴイシシジミはここから駐車場に行く間にもたくさん飛んでいたけれど、暗いし、法面の上の笹藪なので、撮るのは諦めた。駐車場に着くと、車は我々の1台だけだった。

この日は、前々日と同じ温泉に泊まった。翌日(13日)は白馬でチョウ探しの予定だったけれど、あいにくの豪雨。朝一で東京に戻ってきた。





   

by otto-N | 2016-07-31 20:08 | Comments(2)

2015.6.10 埼玉県・秩父 四阿屋山 ゴイシシジミ   2015.6.17 (記)

2015.6.10
秩父の四阿屋山(あずまやさん:標高772m)にハイキング。道の駅に駐車し、古い薬師堂が起点。そこからすぐの菖蒲園の裏から登る。菖蒲園はなかなか見事。まわりには、こんなに咲くのかと思うほどのヤマボウシの白い花。アカボシゴマダラが1頭飛んでいた。
a0181059_16302179.jpg

登山道はよく整備されていた。杉林の登山道なので、暗く、チョウの姿もない。ちょっと開けた場所で撮ったキマダラセセリとクロヒカゲ。レンズは18-135ミリの1本だけ。山登りのときは、特別でない限り、チョウ・花はテレ端、景色はワイ端、この1本で済ませる。
a0181059_15211679.jpg

途中、展望休憩所というのがあり、ゴイシシジミが1頭だけいた。
a0181059_15215937.jpg

この休憩所のウリは、山の向こうに見える武甲山とのこと。テレ端にして撮ってみる。ただし、最短40cmくらいなので、近づけなく後でトリミングせざるを得なかった。
a0181059_1522164.jpg

杉林の急登を抜け(2コマ目)、鎖場(3コマ目)をよじ登ったところが山頂だった。
a0181059_15212749.jpg

山頂は、とても狭く、南西方向だけが切り開かれ、そこから両神山を望むことができた。
a0181059_15405942.jpg

山頂なので、キアゲハ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、珍しいことにモンキアゲハまでが飛び回っていた。それより、驚いたのは眼前1mまで飛んできたフジミドリシジミ。定期的に飛んでくるようだったが、すぐに視界から消える。茫然と眺めるだけ。アゲハ類も全然撮れず。撮れたのは、ダイミョウセセリと日陰のコジャノメだけだった。
a0181059_15471915.jpg

フジミドリの残像が頭をかすめるが、下山。登ってきた道と違うルートで下る。下りのルートは、登らずによかったと思うほど傾斜がきつかった。右に杉林、左は広葉樹林の尾根筋を下る。尾根道のコジャノメ。とても敏感で、やっと1枚だけ撮れた。
a0181059_1553645.jpg

途中、蔦の巨木地帯を抜けた。太い蔦がニ重三重に絡み合っていた。この蔦性の木は何だろう。不思議で不気味な景色だった。
a0181059_16304019.jpg

太子堂に着いたのは午後2時過ぎ。まだまだ時間があったので、クロツバメシジミの場所にちょっとだけ寄る。撮影20分の約束。こんな時期に来たことがなく、いるかいないか不安だったが、飛んでいた。数はとても少なく、探すのがやっと。それも、暑いのか飛び回ってばかり、少しとまってもすぐ飛び立つ。2シーンが撮れたのでOK。開翅は諦めた。
a0181059_1673974.jpg

ちょっと逆光。下段にあったツメレンゲ(園芸種)のピンクがきれいだった。クロツはとても新鮮でほっとした。
a0181059_16813.jpg


山頂にはやはり、フジミドリがいた大きなルリシジミが超高速で飛び回っている感じだった。でも、最初に見つけたのは妻。アゲハばかりに気をとられ気がつかなかった。なんという不覚、とまではいかないけれど、彼女はムシを見つけるのがうまい。一昨年、霧の唐松岳山頂で、タカネヒカゲを見つけたのも彼女だった。

by otto-N | 2015-06-17 12:23 | Comments(0)

2014.7.22 梅雨明けの公園 ゴイシシジミ   2014.7.25 (記)

2014.7.22
朝、ヒグラシが啼いているのを聞く。そして、この日、関東地方は梅雨が明けた。遠くには行かずとも、近くに何かいないかと思っていたら、東京郊外の公園でゴイシシジミが発生しているとの知らせ。ゴイシシジミは1昨年、上高地で飛んでいるのを見ただけで、そのうちどこかで会えるだろうとたかをくくっていたけれど、そうはいかなかった。電車を乗り継ぎ1時間ほどの駅を降りたら、前日とは異次元の暑さ。せめて、日陰は涼しいことを願うばかりだった。
a0181059_20562119.jpg


ゴイシシジミは日陰の笹の植え込みにいた。いた場所は2か所。暗い中、じっとしているだけかと思ったら、位置を絶えず変える。よく見たら、ストローを伸ばしアブラムシの汁を吸っていた。近づきすぎると舞い散るけれど、いつの間にか戻ってきた。日陰と言えども、暑い。そして、蚊に何か所も刺された。よく見たら、斑紋が個体ごとに違っていた。でも、翅は閉じたまま。上向きか下向きかだけの違いなのだが、暗くてISO1600、同じ構図で何回もシャッターを切らざるをえなかった。
a0181059_16454936.jpg

とても可愛いチョウなのだが、白いダニのようなアブラムシと共存している構図はあまり気持ちのいいものではない。
a0181059_1646262.jpg

が、普通の葉の上にとまると、この可愛さ。
a0181059_1646415.jpg

ときどき、飛んでいる個体もいるし、近づきすぎて飛ばれたりもする。しかし、飛ぶというより舞うという感じ。飛翔撮影したけれど、どうしてピントが来ないのかというほど、歩留りが悪かった。もっとも、ダブルLEDでも、暗くて、闇夜の鴉だったが・・・。
a0181059_16472073.jpg

表翅が写っているのもあったが、細かな傷が多かった。
a0181059_1648949.jpg

翅裏を撮ってもしょーないのだが・・・。とまっているときとの違いは、脚を引っ込めているだけ。
a0181059_16475037.jpg

木陰の散策路にはクロヒカゲがいた。内臓ストロボを使うと青リングが浮かび上がる。
a0181059_1646569.jpg


ゴイシシジミの場所は暗すぎた。ピントが合わないし、シャッター速度も遅いのでブレブレ。明るい場所にはまるで出てきてくれなかった。飛んでいる時の色は、ミズイロオナガシジミと同じような感じ。少し水色。飛翔は弱々しく楽勝と思ったがそうでもなく、接近度が足りなかった。あんな暗い中、撮っても仕方がないのだが、もはや惰性としか言いようがない。ただ、広角撮影はすべてLEDライトを使った。飛翔の置きピンは25cm。冒頭の画像は、それらとチョウの大きさはほぼ同じくらいに写っていたので、LEDの光が届く距離に違いない。中央の個体だけが少し明るい感じがしたが、2個のLEDライトではまだまだ暗いと思われた。3個並べるとかなりハンドリングが悪くなるので少し様子を見るつもり。

by otto-N | 2014-07-25 21:31 | Comments(8)