たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ゴマシジミ ( 10 ) タグの人気記事


フライイング・バタフライズ 2016 (18)ゴマシジミ   2017.2.20 (記) 

ゴマシジミ
8月、東京は暑い日ばかりが続き、2~3日長野県に脱出したが、それほど標高は高いわけではないので、やはり暑かった。着いた日の午後、ワレコモウにやって来るゴマシジミは、吸蜜にしろ産卵にしろ、じっとしているわけではないので意外と撮りにくい。翅は開かないので、裏翅しか撮るしかないが、さすがに撮り飽きて、まとわりつく姿を狙うが不作に終わる。翌日は、ポイントを変えた。
a0181059_15114013.jpg

朝から、日射しが強く気温も高いのか、オスはメスを探して飛びっ飛びっぱなし。青い個体がいたので、休耕畑のワラビの茂みの中を追いかけた。
a0181059_15103589.jpg

靑ゴマは北海道では普通なのだが、北海道の個体は「ゴマ」の数が少なく、ずいぶん印象が違う。こちらの方が、シブくていい感じだ。(この翅のねじれはお気に入り)
a0181059_15104561.jpg

追いかける時、自分の陰に入らぬようにいつも気をつけているのだが、陰に入ってしまった。でも、背景はつまらないがジャスピン。
a0181059_15110760.jpg


見失ったので、ワレモコウのところへ戻ると、2頭が吸蜜していた。青いほうを選び、飛ぶのを待った。斑紋からどうやら同じ個体らしい。こんな靑いゴマがたくさんいるわけがない。と思いつつ、虫林さんらが撮られた素晴らしい羽化直の青ゴマの写真を思い出した。トリミングして同じ向きに並べ斑紋を見比べたところ、えっ、ほとんど同じ。羽化直の撮影日は、この3日前。ゴマの斑紋が個体差が大きく、ここまで同じということは同一個体の可能性大。ということは、撮影ポイントはここだったのか!
a0181059_15095885.jpg

靑ゴマばかり撮っていたわけではない。うまく撮れなかっただけである。(ふにゃふにゃ飛ぶので撮りやすそうで撮れない)
a0181059_15112299.jpg

近くにはムモンアカシジミのポイントもあり、午後の卍飛翔を狙った。近くにはめったに来ないで、300ミリで撮っていたがまるで歯が立たず。卍にはなるけれど、ほとんどホバリングせず、時には数頭が入り乱れるほどの激しさであった。たまたま近くにやって来た時、広角でなんとか1枚だけ撮ることができた。
a0181059_16014790.jpg





by otto-N | 2017-02-20 16:08 | Comments(0)

2016.8.8-10 長野県 束の間の東京脱出(4)   2016.8.19 (記)

2016.8.9 飛翔
左にマクロを吊り下げ、右手首の21ミリで、とまらないゴマシジミ♂の探雌飛翔を撮っていたのだが、叢の中を飛び回ることが多く、背景など選ぶ余裕はなかったけれど、この日は我々4人だけ。各人が思い思いの場所で撮影していたので、枚数だけはかなり撮った。青いゴマシジミは北海道で撮っているが、こちらの方が斑紋が複雑で個体差も多く、撮影していて楽しい。しかし、それよりも何よりも、ワレモコウが保護され、採集禁止となったせいか、探す必要のないくらいほどゴマシジミがたくさん飛んでいるのは嬉しかった。
a0181059_113670.jpg

かなり青いゴマを発見し、追いかける。とまるのを待つがとまらない。2コマ目は、自分の影の中に入ってしまった。
a0181059_11124182.jpg

いったん見失ったが、ワレモコウにやって来ていた。
a0181059_114157.jpg

足元には鹿避けの電気柵があり、あまり近寄れないところだが、ここでのワレモコウのベストポイント。
a0181059_1142594.jpg

4枚の翅表がフラットに撮れていた。
a0181059_1143873.jpg

その後どこかへ行ってしまったが、近くに再び現れる。(違う個体かもしれないが)。休耕地の叢を縫って飛ぶのを追いかけた。
a0181059_1145434.jpg

下の段に移っても、待っていると、また上に戻ってくる。でも、とまらない、とまらない、ゴマのオス。
a0181059_115522.jpg

この個体、最後の1枚。
a0181059_1152493.jpg

10時すぎ、前日のポイントに移動する。しかし、あまり飛んでいなかった。かなり青い個体を見つけるが、撮れず。撮れたのは黒いゴマ。これもなかなかいい。来年は、曇り空の下で、開翅を撮ってみたくなった。
a0181059_1154524.jpg
ムモンアカシジミのポイントに寄り、前日、よく撮れなかった静止を撮影したのち、12時、ヤマキチョウを探しに移動した。

(翌日に続きます)


   

More 飛翔画像を撮りすぎた

by otto-N | 2016-08-19 20:08 | Comments(2)

2016.8.8-10 長野県 束の間の東京脱出(3)   2016.8.17 (記)

2016.8.9
さすが標高1500m、夜は窓を少し開けただけで部屋は寒いくらいだった。久しぶりの快眠。朝、起きると、夜露で草が濡れていた。露ゴマを撮りたかったけれど、ロッジの朝食は7時30分なので、一度出てから戻るのも面倒だし、前日までに、ゴマが夜を過ごす場所を調べていなかったので、露ゴマはパス。それより、朝食後、すぐに出発することとした。

途中、松本のSさんと合流し、前日と違う段々畑に着いたのは8時ころ。段々畑の下のほうにワレモコウの大きな群落があったけれど、ゴマは全然飛んでない。一番上まで行くとチラチラ飛んでいたが、ワレモコウの数は少ない。マクロと広角を出し、とまったらマクロで静止、飛んだら広角で飛翔といういつものスタイルで、撮り始める。8時40分を過ぎたころ、飛んでいる数がやっと増えてきたけれど、とまらないので広角で追いかけることに専念する。そのうち、ワレモコウに吸蜜する個体も出始めた。翅を開かないのでSさんが影を作ったところ、開いてくれた。しかし、チョウのとまっている向こうは明るく、せっかくのブルーは真っ暗。ほとんど使わないトーンカーブ曲線で明るさを調整したが、これが限界。やはり不自然だった。影にすると、青鱗粉の煌めきがなくなる。オオルリシジミのときもそうだった。
a0181059_20331392.jpg

ここのワレモコウは、数が少ないばかりか、道路から少し遠かった。100ミリ(+1.4テレコン)では距離が足りないが、300ミリでは近すぎる微妙な距離。ワレコモウに吸蜜するゴマは、日が当たっていても、個体によっては開翅するようだ。こんな個体は他の花に飛び移っても、すぐ開始する。花穂をくるくると回って、頭を下にし、ちょうど太陽の方に向いた時、開翅する。
a0181059_20322955.jpg

上の2コマ目と同じ個体。何度も開いてくれた。残念ながら少し擦れていたが。
a0181059_20324516.jpg

両サイドが抜けすぎていたので、縦型にトリミングした。色がとんでしまったけれど、カメムシが写っていた。
a0181059_20325566.jpg

開翅してくれた中では、青いほうだった。これは、逆に、両サイドと下がごちゃごちゃしすぎたのでトリミング。結局、せっかく開いてくれても、いい位置からは撮れなかった。
a0181059_2033398.jpg



(ゴマシジミの飛翔に続きます)


   

by otto-N | 2016-08-18 20:12 | Comments(0)

2016.8.8-10 長野県 束の間の東京脱出(2)   2016.8.15 (記)

2016.8.8 続き
午後3時、ムモンアカシジミの乱舞が終わったので、ゴマシジミのいる休耕地に移動した。なるほど、こういう景観だったのかと妙に納得する。ゴマシジミが飛び交い、畦道のワレモコウとハギの花に集まっていた。
a0181059_19532499.jpg

ワレモコウの穂先の産卵行動中のメスを撮るのは、意外と難しい。くるくると絶えず動くこともあるが、風で揺れピントが合わない。
a0181059_19545464.jpg

背景に複数のワレモコウがぼんやりと写り、とてもいい感じだったのだが、結局、ゴマが斜めになっているこの1枚しかピントが合っておらず、ちょっと残念。これまで、北海道でしかゴマを見ていなかった。北海道ではナガボノシロワレモコウ。断然、このタダワレモコウのほうが、ゴマを引き立てる。
a0181059_22263972.jpg

この時間帯では開翅は期待できないので、21ミリで飛翔を撮る。ワレモコウの穂先にまとわりつくメスを撮るのか簡単だと思ったけれど、ピンを外してばかりいた。翅の動きはゆっくりだが、翅が大きいので、1回のはばたきで空間移動距離が見た目以上にあるのかもしれない。
a0181059_19552422.jpg

飛び回る個体を追いかけるが、畦道の段差なので手が届かないことが多かった。青ゴマは思ったよりも多かった。飛んでいるときに、その青さがわかるのだが、ここだと思う背景ではピンがまったく来なかった。
a0181059_19551625.jpg

5時すぎ、空に雲が拡がり始めた。翌日の午前中にもゴマを撮影できるので、ここを撤収し、標高1500mのスキー場のロッジに向かった。

(翌日のゴマシジミに続きます)


   

by otto-N | 2016-08-15 20:08 | Comments(0)

2012.8.17① 北海道・十勝 ゴマシジミ    2012.8.24(記)

2012.8.17
大雪山の東にあるトムラウシ温泉に出かける前に、昨日雨で行きそこなったゴマシジミのポイントに行ってみた。1昨年、昨年と開翅を撮影しているが、今年まだ未撮影。来年は、この時期にもう来ないかもしれないので(航空券が高すぎる)、なんとか撮っておきたい。朝、起きると、晴れの予定だが、またしても曇り。クルマで20分ほどの場所だが、途中で霧雨が降っている始末。幸い、ポイント付近は霧雨ではなかったけれど、半袖では寒いほど。何も飛んでいなく、またダメかと思っていると、空が少し明るくなってきたので、少し粘ってみたところ、1頭がよたよた飛んできて萩の花にとまった。ボロだったのでパス。気温も少しは上がってきたようだ。着いてから20分くらいたったとき、足元の草蔭から1頭出てきて、突然開翅した。全開だった。
a0181059_19372016.jpg

翅を開きっぱなしで、動く気配もなかったけれど、この他にも何頭か出てきて、その中の1頭(ボロ)がこの個体にちょっかいを出したが、すぐ近くの笹の葉にとまり、また全開。
a0181059_19442421.jpg

a0181059_19433574.jpg

別個体が絡んできて飛んでしまったが、近くのワレモコウにとまり産卵し始めた。卵が写っているが、この時に産んだのか、その前からあったのかは不明。とにかく、卵も写っていた。
a0181059_1948012.jpg
産卵シーンはもう飽きたので、クルマに帰って100ミリマクロをワイドズームに変え、こんな写真を撮ってみた。ワレモコウは道路際にあるにはあるけれど、多くはない。後ろは萩が満開の場所だ。
a0181059_19493343.jpg

2回シャッターを切ったところで、なんと開翅するではないか。あわてて、距離をテレ端にし接写したが1枚撮れただけ。少し待ったところ、ラッキーなことに2度目の開翅。ただ、頭の先は深い藪の側溝で、正面(頭)からは撮れなかった。
a0181059_20273234.jpg

a0181059_19593575.jpg

少し撮ったところで揺らしてしまった。が、また別なところにとまり翅をずうーっと拡げていた。
a0181059_202258.jpg

この1頭の他にも、近くにやって来たスレ個体も同時に撮影していたが、帰る時間になったのでクルマに戻ったとき、目の前に斑紋の少ない綺麗な個体が開翅していたが、すぐ逃げられた。
a0181059_205171.jpg

しかし、近くを見たら、次々と開翅してた。もっと早く見回るべきだったとちょっと後悔した。
a0181059_20123017.jpg

草場の陰で開始。
a0181059_2016589.jpg

ちょいスレ個体の開翅。(スレ個体はあまり熱心に撮らなかった。3、4コマ目は同じ個体のようだ)
a0181059_20173189.jpg

ゴマシジミを撮っている間に近くに来たチョウ。ルリシジミ(♀)、擦れていなければゴマより好きなツバメシジミ(♀)、owljさんの好きなスジグロシロチョウ、朝から出てきたオオヒカゲ。
a0181059_20201559.jpg


ゴマシジミは、開くときには開くもんだ。開かないのが嘘のようだ。条件として、①午前中、②半袖では寒いくらい、③曇っていて空が明るくなり、気温が上がり始めたとき(薄日でも可)、などが考えられたけれど、夏でも寒い北海道・十勝だけのことかもしれないです。たった3年、それも1か所での観察、あてにはできませんね。

by otto-N | 2012-08-24 20:48 | Comments(20)

2012.8.15② 北海道・十勝 オオヒカゲ    2012.8.20(記)

2012.8.15(続き)
帯広市内でお墓参りし、昼食をとったころには暑いくらいの青空となった。帰る途中、義姉にゴマシジミのポイントに寄って私だけおろしてもらった。少し遠回りになるけれど、夕方、買い物帰りに拾ってもらった。

2年前、偶然見つけたゴマシジミのポイントだが、今年はどうかなと心配だった。ポイントを覗いてみると、摺れてはいたが、すぐ見つかった。ただ、暑いので飛び回っているだけで落着きがない。北海道のゴマシジミの食草は、ナガボシロワレモコウ。花穂は赤ではなく白い(1コマ目)。そして、ここでの吸蜜植物は萩の花(2コマ目)。ワレモコウも道端にあるけれど、荻とのセットでここがポイントになっている気がしないでもない。新鮮な個体も産卵していたが、くるくる穂先で動きまわるので、ピントがななかか合わない(3、4コマ目)。
a0181059_14492864.jpg

産卵中のゴマシジミはちょっと感動的だ。ここでは、目の高さで産卵してくれる。
a0181059_14493937.jpg

着いたのが13時30分。天気が良すぎて、ゴマシジミは翅を開きそうもないので、林道を歩いてみた。オオヒカゲがふわふわ出てくるが、全くとまる気配がない。先には、カラマツの林を伐採した開けた場所があることを思い出し、ヒョウモンくらいいるだろうと行ってみた。ヒョウモンはすぐ見つかったが思ったより数がいない。オオウラギンスジヒョウモン、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン(♀)、ギンボシヒョウモン(?)くらいだった。
a0181059_1562820.jpg

メスグロヒョウモンのオスにはまだ出会ったことはないが、メスは何度見ても嬉しい。
a0181059_1564728.jpg

この伐採跡地から戻る途中にも相変わらずオオヒカゲが飛び回っていたが、葉の上で休む個体が出てきた(14時30分過ぎ)。(それぞれ別個体だが、藪の中なのであまり絵にならない)
a0181059_1712523.jpg

1頭だけ、いい場所にとまってくれた。300ミリズームで押さえ、100ミリマクロで何枚も撮った。が、よく見たら後翅が少し裂けていた。
a0181059_1572592.jpg

この日撮った他のチョウ。(エゾ)スジグロシロチョウ、ジャノメチョウのカップル、いつもいるコミスジ。
a0181059_1574547.jpg


さすがに暑くて、ゴマシジミは翅を拡げてくれなかった。やはり、午後はムリだった。この付近はオオヒカゲがかなり多く、昼間は飛び回っているばかりだったが、少し遅い時間になると止まってくれた。摺れていたので掲載しなかったが、全開した個体もいた。この林道には例年、ミヤマカラスアゲハが飛び回っていたのに、今回は1頭見ただけだった。なんか変。


(十勝のチョウは、もう少し続きます。この2日後、青ゴマの全開翅が撮れました)

by otto-N | 2012-08-20 15:31 | Comments(2)

2011.8.17 北海道・十勝 クロヒカゲ    2011.9.1(記)

2011.9.17
前日は、タテハ類を撮りに行く予定だったが、1日中雨。台風が2つも来てしまい、天気予報が大きく変わってしまった。この先の天気もどうなるか判らなかったが、函館から本州に渡り、東北縦断で東京に帰る予定。この日は、幕別から、函館近くの濁川温泉という所まで、約400kmの移動。ほとんど高速道路だが、山間部の峠道はまだ未開通。しかし、6時間くらいで行けそうなので、その前に、ちょっとだけゴマシジミを見にいった。

この日は薄曇り。太陽があまり高くならない時間帯では、下草に止まったゴマシジミの開翅が期待できる。確かにいた。萩の花に吸蜜もしていた。
a0181059_14591420.jpg
a0181059_1501618.jpg

そして、ほぼ全開の個体も。
a0181059_1504083.jpg

ただ、きれいな個体ばかりではなかった。
a0181059_1554811.jpg

ジャノメチョウ。今まで何度もみていたが、やっときれいな個体がきてくれた。
a0181059_1561017.jpg

近くにいたクロヒカゲ。同一個体だが、ちょっとした光の加減で、色合いがまるで違った。
a0181059_1563369.jpg

そして、べたべたの全開。
a0181059_1565128.jpg


日がうっすらとしか差さなかったせいか、ワレモコウにメスは来なかったが、その代り、下草や萩に花で翅を開く個体を撮ることができた。
それより、クロヒカゲの全開翅は、とてもうれしかった。これまで、半分だけ開いたのは見たことがあったけれど、これほど開いたのは初めて。「ちゃんと撮ってよ」といわんばかりに、長々と開いてくれた。


PS:
ゴマシジミの3D
a0181059_15274983.jpg


by otto-N | 2011-09-01 15:35 | Comments(7)

2011.8.15 北海道・十勝 ゴマシジミ    2011.8.30(記)

2011.8.14
この日、札幌から帯広の近くの幕別町に移動。富良野の隣の山部町により、メロンと蜂蜜を買ってから、狩勝峠を超えた。狩勝峠にはベニヒカゲがいるはずだが、雲っているし、前日撮ったのでパス。峠を下りた所にある新得町の蕎麦屋に入った。ソバ畑に囲まれた大きな蕎麦屋である。待ち時間30分、蕎麦が出てくるまで20分。いつもはこんなに混むことはない。でも、お盆くらい混まなくてはかわいそうだ。

待ち時間に蕎麦屋の駐車場の脇で撮ったチョウ。今にも雨が降りそうだった。気温も20℃くらいか。
コムラサキ(♀)、ミドリヒョウモン、トラフシジミ、オオヒカゲ。
a0181059_12521143.jpg

コムラサキのメスはマクロで寄ることができた。
a0181059_12522975.jpg


2011.8.15
夜降っていた雨は、朝には上がった。晴れてくる気配。昨年、偶然見つけたゴマシジミのポイントへ行った。

ファースト・ショット。開翅したゴマシジミ。
a0181059_12572586.jpg

今年は、昨年より多かった。25mプールほどの藪に、太陽が顔をだすたびに、同時に10頭以上がとびだした。ワレモコウ(正確には、ナガボノシロワレコモウというらしい)に産卵するゴマシジミ。ぐるぐる回りながら花穂に産卵する。なかなかピントが合わない。
a0181059_1355044.jpg

産み付けられた卵も見える。
a0181059_1393146.jpg

1つの穂に複数集まることも。
a0181059_138588.jpg

なかなか翅を開いてくれない。産卵中の写真は撮り飽きた。なんとか開翅を撮りたいなと思っていたとき、産卵後、多くのものは一気に飛んでいってしまうが、次の花穂に移るとき、一瞬だが、翅を開く個体がいることに気がついた。
a0181059_13194824.jpg

このことが判ってから、ひたすら、飛び立つ前に開く個体を捜した。
a0181059_1372037.jpg
a0181059_1373687.jpg
a0181059_13224613.jpg
a0181059_13231632.jpg

オスは、いずこ?と思っていたが、叢の中で翅を拡げていたのはほとんどオスのようだ。PCで見たら。前翅のゴマ斑点が小さいようだ。そして、ピカピカの個体はいなかった。メスより敏感でマクロでは撮れなかった。
a0181059_13293424.jpg
a0181059_1329568.jpg

この場所には、オオヒカゲも多かった。太陽が隠れると、ふわふわやってきた。また、萩の花も咲いており、チョウの吸蜜源になっていた。以下、コミスジ、オオヒカゲ、ナミアゲハ。
a0181059_13372447.jpg

オオヒカゲの産卵。
a0181059_13401333.jpg


このポイントのゴマシジミは、昨年より、とても多かった。最初、着いたときは太陽が出ておらず、これはダメだと思ったが、太陽が出てきたとき、草の間から湧き出したように、あちこちで飛びまわり始めた。
産卵後、飛び立つ前に翅をちょっと開く個体があった。開かないのは、次も開かない。どうやら、個体差のようだった。(同様な例は、ヤマトシジミでも見られ、開翅を撮りたいとき、開き癖のある個体を捜すことにしている)

十勝には、オオヒカゲが多いようだ。クルマの運転中でもたびたび見かけた。たくさん撮ったけれど、新鮮なものは少なかった。大きさから、惹きつけられてしまう。

by otto-N | 2011-08-30 14:19 | Comments(10)

8月、北海道・十勝、ゴマシジミ (2010.8.16)  2011.3.10

2010.8.16
ゴマシジミを探して林道に入ったところで、オオモンシロチョウがいた。この茂みをよく見ると、萩の花が咲き、ワレモコウがあった。ゴマシジミがいるかも知れないと捜してみると、すぐに見つかった。

産卵中のゴマシジミ。ぐるぐる回り、停止することがない。ピントがなかなか合わない。
気に入らないと、違うところに飛び移る。なかなかこちらの都合のよい所へは来てくれない。
a0181059_19552250.jpg

草陰に潜んでいたのを見つけた。しばらくすると開翅。しかし、ピントが合ったのはこれ1枚。
a0181059_19563424.jpg

近くの穂先に飛んで来たのが、何と開翅。もう少しと、思ったところで他のが来て一緒に飛び去ってしまった。
a0181059_1957944.jpg

この林道で撮った他のチョウたち。
イタドリの花の蜜を吸うミヤマカラスアゲハ。イタドリでの吸蜜を初めて見た。
珍しく、ノリウツギの花にクロヒカゲ(♀)がいた。近づくと飛ばれた。
ヤナギに産卵するコムラサキ。少し遠いがジャノメチョウ。
最後、サカハチチョウかと思って軽く撮っておいたが、アカマダラだった。妻の実家(幕別)の庭先にいた。
a0181059_19575182.jpg


ゴマシジミの産卵シーンは、いつ見ても、けな気というか一生懸命というか、そんな気がして、産む瞬間の力みがよく判り、ついガンバレと応援したくなる。目がかわいいせいなのかなと思う。
飛んでいるのが茂みに入ったら、メスがいると思っていいようだ。茂みの中の密かな営みにおいても、開翅シーンは見られたが、残念ながら、ピントが合っていなかった。営み中のものは、この狭い場所で何組か見た。かなりしつこく途中介入するオスもいた。
穂先での開翅はラッキーだった。色は飛んでいるのを見て想像はついたが、細かな模様までは判らなかった。落ち着きのあるブルーで、思ったより斑点が小さかった。図鑑で見るよりずうーっといい。

by otto-N | 2011-03-10 21:20 | Comments(2)

8月、北海道・十勝、ミヤマカラスアゲハ (2010.8.13)   2011.3.4

2010.8.13
昨日、台風の影響で雨と風の強い中、札幌から帯広へ移動した。帯広市の隣にある幕別町は、ワインで有名な池田町ほど名は知られていないけれど、最近、陸上競技の福島千里選手、スピードスケートの高木美帆選手の出身地ということで、少し有名になった。北海道では、住宅街の花壇に、ミヤマカラスアゲハがやってくる。

花壇の花で吸蜜中のスジグロチョウ。キアゲハとミヤマカラスアアゲハは、オニユリが大好き。クジャクチョウはどこにでもいる。
a0181059_12151311.jpg

ミヤマカラスアゲハのオス。花が派手なので少々どぎつい。結構敏感。人が近づくといなくなるが、またやって来る。
a0181059_12161739.jpg


午後、帯広空港近くにある中札内美術村に行った。気持ちのよいカシワの林に囲まれている。アカタテハとジャノメチョウがいた。
そして、ゴマシジミがワレモコウの穂先に産卵していた。
a0181059_123305.jpg

別の日影でも、ひっそりと産卵中。産み付ける場所を捜して、ぐるぐる回る。
a0181059_12333932.jpg


北海道では、ミヤマカラスアゲハはおそらくカラスアゲハより多いと思う。車で山道を走っていると、よく飛んでいるのを見かける。ときどきぶつかる。
2010年は、例年になく多かったような気がする。
ゴマシジミは、生まれ育った小樽にはいなかった(と思う)。十勝地方では普通のようだ。産卵中のメスはよく見かけるが、開翅した姿はなかなか見ることがなく、このときも残念だった。
(開翅したゴマシジミは、この2、3日後、別の場所で撮ることができました。)

PS:
スジグロチョウの別画像。
a0181059_20194532.jpg


by otto-N | 2011-03-04 12:42 | Comments(4)