たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ゴマダラチョウ ( 9 ) タグの人気記事


2015.9.30 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.11 (記)

2015.9.30
そろそろムラサキのシーズン。自然教育園に出かける。快晴。レンズは100ミリマクロ(+1.4倍テレコン)と15ミリ広角。

すぐにムラサキシジミのメスが降りてきた。ここでは、路上や下草で吸水(吸汁)し、そのついでに、翅を開く。ウラギンシジミ、ムラサキツバメも同様。2コマ目、翅の傷んでいたムラサキシジミのオスを少し追いかけた。
a0181059_9455791.jpg

上のムラサキツバメと同じメス。結局、ツバメは1頭しか現れなかった。
a0181059_9463445.jpg


2015.10.9
長野で山歩きをした翌日、晴れているが台風の名残りで少し風が強い。気温も少し高いせいか、なかなかムラサキは現れなかった。キタキチョウがアザミにやってきていたので、これを撮りながら待った。せっかくピンが来ても、まともに光を反射すると黄色が全部とんでしまいボツの続出。晴れた日のキタキチョウはむずかしい。
a0181059_9472930.jpg

アザミの花は花束のように咲いていたのだが、ピンが来たのは淋しい花の前ばかりだった。
a0181059_10245173.jpg

ゴマダラチョウが吸水にやってきたがすぐ飛び去ってしまう。ミゾソバ吸蜜のキタキチョウは貴重。ムラサキツバメのオスが降りて来たが、気温が少し高いせいか開かず。別な場所では、テングチョウが花に来ていた。郊外ではあまり撮ることはないけれど、ここでは珍なるチョウ。
a0181059_20332321.jpg

ウラギンシジミは翅の先が尖んがり、秋型になってきたようだ。
a0181059_947564.jpg

ムラサキシジミは10時半すぎ、やっとお出ましになった。しかし、いい位置で撮れたのはこの1枚だけ。
a0181059_9483219.jpg

路上吸水のツバメシジミ。ヒカゲチョウが多かった。何とか1枚。
a0181059_10195146.jpg

出がけに自宅近くで撮ったヤマトシジミはまだ夏仕様。青いメスもいたけれど、すでに翅が傷んでいた。そろそろ、スーパーブルーをまじめに探しますかな。
a0181059_10242496.jpg


by otto-N | 2015-10-11 20:02 | Comments(2)

2015.6.2 神奈川県・西丹沢 檜洞丸 シロヤシオ   2015.6.10 (記)

2015.6.2
好天が続いた2日目、西丹沢の檜洞山(標高1600m)に登る。直前、シロヤシオは今年はもう終わりと聞いていたけれど、少しはあるはず。登山口のある西丹沢自然教室に着いたのはすでに10時。インターを出てからが時間がかかってしまった。予定を変更して、帰路も同じコースで帰ることにした。

登り始めは快適な緑のトンネルが続く。
a0181059_14151963.jpg

いったん下り、広い河原に出た。テングチョウが舞っている中、ゴマダラチョウが1頭いた。とても新鮮。
a0181059_14153359.jpg

この河原(ゴーラ沢出会い)からは、ずうーっと急登。深いブナの森が美しい。
a0181059_14154736.jpg

ベンチのある休憩場所から、突然富士山が見えた。
a0181059_1416255.jpg

登れど登れどブナの森。新緑が美しい。(フジミドリはここにもいるのだろうかと考えてしまう)
a0181059_14342960.jpg

ときどき木の根につかまりながら、尾根伝いに登る。
a0181059_14161895.jpg

この辺にシロヤシオが咲いているはず、と思っても花はすでに散った後だった。しかし、この富士山。
a0181059_14384981.jpg

登山道にひっそり咲いていた花たち。クワガタの種、かわいい?。ここのツツジはずいぶん色が濃い。木の花?。4コマ目、やっと見つけたシロヤシオ。
a0181059_14172927.jpg

頂上へ着いたのは午後1時。思ったより時間がかかってしまった。頂上から少し向こうに下がったところが富士山のビューポイントだという。行ってみた。雲がかかってはいたが、なるほどの絶景。麓に見えるのは山中湖とのこと。
a0181059_1421236.jpg

富士山と逆方向を見てみれば、シロヤシオが少しだけ残っていた。まあ、これでよしとしよう。
a0181059_14175287.jpg


帰りはすでに曇っていたので、ピストンで帰ってきても悔いはなかった。けれど、インターに入りかけたところで、右太腿が軽くつってしまった。最寄のSAで妻と運転交代。思えば、登山口の標高は540m、頂上は1600m。標高差1000mもあったのか。道理できつかったわけだ。翌々日まで、足はパンパン。(この登山道は、岳沢よりキツイですぞ)


おまけ
突然、足元から赤い蛇が飛び出した。小さかったがとにかく色にびっくり。マムシに出くわしたときより驚いた。後で名前を調べると、ジムグリというらしい。
a0181059_17454100.jpg


by otto-N | 2015-06-10 21:12 | Comments(0)

2013.9.12 東京・恵比寿 ゴマダラチョウ   2013.9.20(記)

2013.9.12
朝、買い物のついでにカメラを持っていく。9月に入ってから、いくぶん気温が下がったせいか、ヤマトシジミは飛ぶ速度が遅いような気がする。飛翔が少しは撮りやすい。このところ、ちょっと出かけるときでもカメラを持っていくことが多くなった。
a0181059_169191.jpg

花壇にツマグロヒョウモンがいたので、飛翔を撮ろうとしたがなかなか飛んでくれなかった。逆光は難しいです。
a0181059_16123929.jpg

アカボシゴマダラがテリ張り(?)する場所があったので、夕方に行ってみた。アカボシはちゃんといてくれた。しかし、驚いたのはそのもっと上、大イチョウの樹上。2頭のゴマダラチョウが飛び交っていた。2頭とも遠くに行ってしまったが、すぐに1頭が戻ってきて、木のてっぺんにとまって翅を拡げた。高さは15mくらいか。しばらく、見ていると、ゴマダラはスクランブル発進を繰り返し、また、戻って翅を拡げる。一方、アカボシがたむろしているのはその下、地上から6~8m。アカボシはアカボシで、違うアカボシが来たら追い払い、どっちが勝ったのかはわからないけれど、必ず舞い戻ってくる。アカボシは決してこのイチョウのてっぺんには飛んで行かず、その下のほうを飛び回る。3コマ目がこの場所。超高層マンションの南側にある小さな公園。→がアカボシがとまる付近、↓がゴマダラのとまる場所。ゴマダラからはアカボシは見えないようだ。
a0181059_16174463.jpg

自宅に戻り、ほとんど使わない三脚を持ち出し、300ミリズームの置きピンで、ファインダーも固定し、その場所に飛んできたときにシャッターを切った。ほとんどは空振り。木の上を飛ぶので、置きピンの位置もいい加減。
a0181059_16381163.jpg


2013.9.18
さて、午後3時半。ゴマダラが来ているか行ってみると、アカボシともども、それぞれテリを張っていた。アカボシはとまる瞬間、翅を拡げてバランスをとっているようだ。ちょっと不器用。
a0181059_16412243.jpg

アカボシの飛翔は全く手が出ず、置きピンでゴマダラだけを狙う。上ばかり見ているので、首が痛む。痛いのでこらえきれず、下を向いたときに限ってファインダーの枠内に飛んでくる。2頭の絡みは撮れなかったが、4時半に撤収。
a0181059_16413066.jpg


2013.9.19
朝や昼には、ゴマダラもアカボシもいないようだ。夕方3時すぎに現れる。アカボシは低い位置、といってもずいぶん遠い。
a0181059_1842076.jpg

2頭の絡みはなかなか撮れない。ピントも合わない。首が痛くなる。
a0181059_16522185.jpg

2頭を見なくなったと思ったら、勝ったらしい1頭はとまったっきり動かなくなってしまった。
a0181059_1805318.jpg


アカボシゴマダラは、都心でも普通に見ることができるけれど、ふらーっと飛んできたり、吸水やメスが産卵しているシーンしか見ることはなかった。夕方、特定の木(イチョウ)に集まり、翅を拡げ、飛んできた仲間を追い払うためにスクランブル発進するというのは、とても面白かった。ゴマダラチョウは、今年はほとんど見ておらず心配だったが、こんな近くで、毎夕、樹上を飛び回っているとは気がつかなかった。それにしても、同じ1本の木の下と上で、テリ張りを住み分けているのは何とも不思議でしかたがない。

by otto-N | 2013-09-20 17:28 | Comments(2)

2011 白金の森 7月    2012.2.24(記)

2011 白金の森 7月
さて、7月。この月はどういうわけか自然教育園にあまり行ってなかった。天気が悪かったせいかもしれないし、いつものと同じチョウしか見られなかったせいかもしれない。とにかく、教育園で撮った写真は少なかった。

カラスアゲハ、イチモンジセセリ、ゴマダラチョウ、コミスジ、そしてツバメシジミ。
a0181059_1642871.jpg

イヌヌマトラノオに吸蜜するナミアゲハ。
a0181059_1652342.jpg

この2年間でたった1頭しか見なかったオナガアゲハ。高尾山や奥多摩には普通だが、ここでは珍種。クサギに来ていた。
a0181059_166244.jpg

産卵行動中のアカボシゴマダラ。夏にはよく見た。
a0181059_1664330.jpg

逆光で、透けた赤い紋が美しい。ステンドグラスのようだ。
a0181059_167093.jpg


7月にはいると、アカボシゴマダラが目につくようになる。産卵のためにエノキの幼木に潜り込んでいるを何度も見かけた。光を透かしてみると、後翅の赤い紋が美しいが、あちこち動き回るので思うようには撮らしてはくれない。


PS:
2012.2.24
今日は風が吹いているものの、ちょっと暖かかったので、こころ当たりのある公園にキタテハぐらいは出ているかもしれないと、カメラを持って出てみた。公園に行く前に恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社前に寄って見た。いました。3頭もいました。
最初はいつものように、300ミリズームで撮り、近づいて100ミリマクロ。何枚かとっているうち、プログラムオートではなく、絞りを解放で撮るとどうなるだろう、と思って撮ったのがこの写真。さすが、被写体深度が浅く、眼にピントが合っていないものばかり。歩留りがわるい。でも、うるさい背景がかなりボケるではないか。
a0181059_1641219.jpg

そこで、絞りを変えながら撮ったところ、ウーン、やはり絶大な効果。いつも、撮りそこねることを恐れ、ISOは800に固定し、プログラムオートで撮っていた。地べたを這いつくばっているヤマトシジミにどのくらい効果があるか疑問だが、今年は少なくとも絞りを考慮しよう。
a0181059_16552256.jpg
     絞りは、2.8(1/2000)、3.5(1/1250)、5.6(1/500)、10(1/200)の順。ISOは200。

それと、ズームキットとしてついてきた、いつもは使わない18-55ミリズーム。18ミリで撮影するとこうなった。意外と使えるかもしれない。
(カメラはペンタックスK-xです)
a0181059_176913.jpg
 

by otto-N | 2012-02-24 17:28 | Comments(10)

2011 白金の森 5月    2012.2.9(記)

2011 白金の森 5月
5月の初めころまでは、まだツマキチョウも飛んでいた。1コマ目のナミアゲハは、花が園芸種なので、どうやら教育園ではなく行く途中で撮ったもののようだ。教育園ではアカボシゴマダラも発生しはじめた。コミスジは数年前にはいなかったとのことだが、このところ常連のチョウとなった。
a0181059_14562754.jpg

曇って少し寒い日のアオスジアゲハ。ちょっと翅に傷かゴミ。
a0181059_14592930.jpg

教育園の入り口のツツジにやってきたカラスアゲハ、園内で撮ったイチモンジセセリ、サトキマダラヒカゲ。翅を拡げて吸汁(水)中の春型アカボシゴマダラ。傷んでいるわけではないが、なんか煤けた感じ。アカボシがある夏型のほうが綺麗なようだ。
a0181059_14564111.jpg

地べたで翅を開きっぱなしだったゴマダラチョウ。せっかくのマクロ撮影、緑のバックで撮りたかった。
a0181059_1458127.jpg

葉陰で休むヒメジャノメ。
a0181059_1459240.jpg


5月は教育園に結構通ったはずなのに、と思っていたのは間違いで5回しか行っていない。写真が少ないのは当然だ。他にルリシジミ、ツバメシジミ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミなども撮っていたが、ヤマトシジミ以外はうまく撮れていなかった。


PS
4月から5月初旬にかけては、ツマキチョウが一番好き。半逆光で後翅、緑の唐草模様が透ける。場所は代々木公園。
a0181059_2037592.jpg


by otto-N | 2012-02-09 15:36 | Comments(10)

2011.5.10 白金の森 ゴマダラチョウ    2011.5.12(記)

2011.5.10
ゴールデンウィーク明けの自然教育園。12日ぶりだ。

入園してすぐ、ムラサキシジミが路上に飛んでいた(かなり疲れた個体だったので画像は割愛)。
トラフシジミのポイントに行くと、全くおらず、代わりにいたのはゴマダラチョウ。吸水に余念がなかった。
a0181059_161488.jpg

近くでみると、真っ黒ではなく、光の加減で微妙な光沢を反射する。
a0181059_1613562.jpg

発生していたのは、ゴマダラチョウだけではなかった。アカボシゴマダラも飛んでいた。少し追ってみると、葉陰に止まった。
a0181059_1614948.jpg

ツツジの花にきたカラスアゲハ。クロアゲハと思って撮ったが、カラスアゲハのオスだった。少し遠かったのが残念。
a0181059_1624563.jpg

おなじみになったコミスジ、ツバメシジミ、ツマグロヒョウモン。4コマ目は、ヤブマオの葉の上で見つけたアカタテハの幼虫。
a0181059_163776.jpg


ゴマダラチョウとアカボシゴマダラが発生しているとは思わなかった。これで、ここのチョウはだいたい出揃ったことになる。逆に、今後の楽しみがなくなったとも言える。あとは、このところ不作な平地性のゼフィルスが出るかどうかというところ。
アカタテハの幼虫は、「ヤブマオ」と書かれた立て札のある株に、数匹いた。この株を食べつくしそうだ。処分されるかもしれない。ルリタテハの場合、目立たないところにあるサルトリイバラに幼虫を移してくれたことがあるので、大丈夫とは思っているが。
(この幼虫は、アカタテハではなく、フクラスズメの幼虫でした。Shinさんからご指摘があり、訂正します。2011.5.14)

by otto-N | 2011-05-12 16:43 | Comments(2)

9月、中目黒、ゴマダラチョウ・アカボシゴマダラ (2010.9.21)   2011.3.23

2010.9.21-22
そろそろウラナミシジミが出るころだと、目黒川沿いにある区立の公園に行った。目的のウラナミシジミはいたけれど、数が少ない上、なかなか止まってくれない。少しは撮れたので帰ろうかと思ったとき、ゴマダラチョウが1本の小さな木の根元に飛んでいった。

ハギに産卵するウラナミシジミ。ツバメシジミもいた。それとアゲハチョウ。
a0181059_1322998.jpg


ゴマダラチョウが止まったのは、小さくてもいっぱしのクヌギの木だった。
a0181059_13223173.jpg
a0181059_13224717.jpg

そして、翌日、また来ているかなと覗いて見ると、今度はアカボシゴマダラがいた。
a0181059_13231518.jpg
a0181059_13232935.jpg


同じ木の、同じ場所でのゴマダラチョウとアカボシゴマダラを、日にち違いでじっくり撮影することができた。
このクヌギの木は高さが5~6m、幹の太さも20cmほど。移植されて間もない木だ。そもそも、木がまばらにしかないこの公園で、両者とも見たことはなかったのでとても驚いた。その後、ここで、ゴマダラ、アカボシとも見ることがなかった。
ゴマダラチョウは狙い済ましたように樹液の出るクヌギに飛んでいった。すごい嗅覚である。

by otto-N | 2011-03-23 13:52 | Comments(2)

8月、白金の森、ヤマトシジミ (2010.8.22)   2011.3.16

2010.8.22
半月ぶりの白金の森「自然教育園」。少しは変わっているかもしれないが、あまり期待せず出かけた。

アゲハチョウ、久しぶりのツマグロヒョウモン(♀)。ムラサキシジミも健在だ。
a0181059_13143322.jpg

ヤマトシジミも健在。
a0181059_13145479.jpg

1頭のゴマダラチョウがこの木(名前不明)から離れなかった。よく見ると、葉から何かを吸っていた。
a0181059_13151029.jpg


タデ科の花に吸蜜するヤマトシジミを結構きれいに撮ることができた。新鮮な個体を探した結果であったけれど。
自然教育園には、オオムラサキはいないが、ゴマダラチョウとアカボシゴマダラがいる。少なくとも、樹液の出ているクヌギは歩道の傍にはないので、どこで栄養補給しているのか判らない(クヌギ自体が少ない)。きっと、樹液以外でも栄養補給ができるのかもしれませんね。

by otto-N | 2011-03-16 13:36 | Comments(0)

7月、白金の森 (2010.7.21-25)   2011.2.28

2010.7.21-25
白金の森には、いつものチョウしかいないが、なかなかきちんと撮れない。
産卵場所を物色中のアカボシゴマダラ。ゴマダラチョウ。
トラフシジミ(夏型)。カラスアゲハのメスもいた(少し翅が壊れていて残念)。
それに、ヤブカンゾウに潜り込むクロアゲハ。翅を拡げて休むクロアゲハ。
a0181059_9561447.jpg

都内のシジミチョウ3種。横顔ばかりだけれど、上から、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ツバメシジミ。
これらは止まらないと区別がつかない。
a0181059_9563034.jpg


白金の森では、頻度はともかく、都内にいるチョウのほとんどを見ることができる。ただ、通路がロープで仕切られているので、なかなか自由には撮れないけれど。それでも、都心のオアシス、というより、都心のジャングル。天気がいいと、つい足を向けてしまう。

by otto-N | 2011-02-28 10:14 | Comments(0)