たかがヤマト、されどヤマト

タグ:サカハチチョウ ( 6 ) タグの人気記事


2017.5.12 東京・高尾山麓(1) クモガタヒョウモン   2017.5.21 (記)

2017.5.12
行く予定はなかった。朝起きたら晴れ。午後には曇るかもしれないがこのところ天気予報は当たっていない。

いつもの時間、いつもの場所。前日とは違い数頭のウスバシロチョウが斜面を舞っている。近くに飛んできてハルジオンで吸蜜。今季初のハルジオン吸蜜。
a0181059_09343306.jpg


次いで300ミリで飛翔を追うと1枚だけ撮れていた。ただ、近すぎて背景がきたない。サンヨンでやってできないこともない。
a0181059_09344028.jpg


渓流沿いのヒメウツギではサカハチだけ。サカハチはしばらく待っていても向きが悪すぎ、飛んできたコミスジを撮る。
a0181059_09414631.jpg


いつもの吸水ポイントには黒系アゲハが4頭。オナガ2頭、カラス1頭、ミヤマカラス1頭。ミヤマカラスはとても敏感。近づくだけで飛び去りいつも2度と戻らない。カラスは尾部を欠損していた。林道をさらに登る。
a0181059_09415883.jpg


不覚だった。カーブの先に水が浸み出た場所があることは知っていた。でも、一度も吸水しているのを見た場所ではなかった。暗い足元にアゲハが飛び立つ。MFに切り替えあわてて連写していると不意に吸水体勢。AFに戻したが後裏翅に白条が見えないので、このときはカラスアゲハと思った。
a0181059_09420867.jpg


さらに屈み込んで撮ろうとすると飛び立ち、近くを舞う。再度MF。遠くへ行ってしまったが、手ごたえがあったのでモニターを見るとミヤマカラスだった。
a0181059_22205211.jpg


ウツギ街道の暑い時間帯。ウツギにはカラスアゲハもミヤマカラスアゲハもアオバセセリもやって来ず、舞うのはオナガアゲハだけ。
a0181059_09582783.jpg



さかさまのサカハチチョウ。
a0181059_09584244.jpg



昼下がりのウスバシロチョウ。ふあふあ飛んでいるが広角レンズに替えるのも面倒で300ミリ一辺倒の撮影。もちろん、飛翔を狙うが失敗ばかりだった。
a0181059_09585424.jpg


そんな中で、クモガタヒョウモンが飛び回っているのが目についた。どうやら複数頭いるようだ。ヒメウツギの高い場所から下りてきた個体がイタドリ?の茂みに入り込んだ。葉の隙間からやっと撮る。
a0181059_09591246.jpg


少し飛んで場所を変えた。今度は全開した。
a0181059_09592023.jpg


林道をさらに進みクモガタヒョウモンを探す。飛び回っているがなかなか下には来なかったけれど、あきらめずに後をつけたところ、やっと低いミツバウツギで吸蜜したがすぐ飛び去る。クモガタはミツバよりヒメが好きらしい。
a0181059_09593307.jpg



ウスバシロチョウはヒメもミツバもおなじように好きなようだが、ミツバウツギのほうが花に潜り込まないぶん撮りやすい。
a0181059_09594349.jpg

午後1時半、先日トラフシジミが卍飛翔した場所の対岸の斜面にトラフシジミが何度か飛んでいたので、期待が高まったけれど、その後、急に日が翳り始め万事窮。


(高尾山麓(2)に続きます)





by otto-N | 2017-05-21 18:27 | Comments(0)

2016.5.13 東京・高尾山麓(2) ウスバシロチョウ   2016.5.23 (記)

2016.5.13 飛翔
晴れているといつまでもフワフワと飛び続けるウスバシロチョウ♂。このスピードは撮りやすいはずだが、方向転換のタイミングを計れず思った以上にむずかしい。そして、望んだ背景を写し込むことに失敗ばかりしている。この日は、新緑の林道を飛ぶウスバシロチョウがテーマだったが、林道の感じは出なかったようだ。
a0181059_8523840.jpg

道路沿いに飛び、少し遅れて横から歩きながら撮るのだが、そうすると背景は緑一色。
a0181059_8521551.jpg

せめて翅の透けた感じを出そうと、少し下から半逆光で追う。
a0181059_852589.jpg

ピントと飛ぶ姿は上出来だが、林道には見えないです。
a0181059_8524948.jpg

青空を入れようと、下から撮ろうとするが、うまく入らなかった。
a0181059_8522483.jpg

青空と新緑、この日のベスト。
a0181059_8513112.jpg

木立に覆われた林道。日の当たるところには、サカハチチョウとコミスジが吸水に集まる。撮っても暗すぎるのだが、明るいところを飛ぶとチョウが浮かび上がる。そんな一瞬を収めたかった。
a0181059_963469.jpg

予測でシャッターを切ることができないため、どうしても後追いになってしまう。結果、背景はチョウの後側ばかり。
a0181059_964611.jpg

逆光のサカハチ。トリミングしたほうがいいかもしれない。
a0181059_9733.jpg

暗い中、コミスジの白帯が浮かび上がる。
a0181059_973412.jpg

暗い林道、いい感じに撮れた。
a0181059_972263.jpg




   

by otto-N | 2016-05-23 20:26 | Comments(2)

2013.5.10 高尾山麓 ウスバシロチョウ   2013.5.11(記)

2013.5.10
ゴールデンウィークが過ぎたので、恒例のウスバシロチョウを見に行く。黒系アゲハも飛び回っているだろうし、アオバセセリも期待した。

現地に着いたのは10時過ぎ。日差しはそれほど強くはなかったが、気温が高かったためか、ウスバシロチョウは飛び回ってばかりだった。しかたがなく、飛翔撮影をやってみた。滑空しているので簡単かと思ったが、なかなかピントが合わない。どうやら、もっとチョウに近づく必要があるようだった。でも、近づくと逃げられるので、なかなかそうはいかなかった。
a0181059_163843100.jpg

斜面の上が遊歩道になっており、遊歩道と平行に飛んでいるものだけを撮った。これが、メスを探すオスの目線に違いない。
a0181059_1639633.jpg

ノートリといきたいところだが・・・。
a0181059_16392492.jpg

ウスバシロチョウは飛び回ってばかりいたが、ときどき吸蜜する個体もいた。6コマ目は、この時間帯のものではないけれどカラスアゲハとともにウツギに吸蜜していた。
a0181059_13202529.jpg

かなり黒い新鮮な個体。開翅を撮りたくて別なところに移したが、すぐ翅を閉じてしまった。
a0181059_13231540.jpg

ウスバシロチョウばかり撮っていてもきりがないので、ウツギ街道を目指した。ウツギの花は満開だったが、チョウがほとんどいない。そのうち、空が曇ってきてしまい、お手上げ。採集に来ていた人に聞いても、まるでダメとのこと。ミヤマカラスアゲハもアオバセセリも全然いないらしい。サカハチチョウも1頭見ただけだった。コミスジさえ少なかった。
a0181059_16475725.jpg

林道を歩いているとき、まとわりついていたジャノメが木にとまった。たぶん、コジャノメと思うが、崖を少し降りて撮った。ピントが甘いが1/15なのでご勘弁を・・・
a0181059_13332764.jpg

帰り際、林道の入り口にあるウツギにオナガアゲハが来ていた。暗くて翅表がちゃんと写らないが、オナガアゲハのこのシルエットはいつ見ても綺麗だと思う。そのうち、カラスアゲハもやって来たがこれまた暗すぎた。3時すぎ、ウスバシロチョウの飛んでいた場所に立ち寄ってみたら、曇っているせいか1頭も飛んでいなかった。花にとまっている姿もなかった。
a0181059_13381387.jpg


ウスバシロチョウはいたけれど、黒系アゲハは例年より少なかった。まだ、少し早いのだろうか。サカハチチョウも少なく、ちょっといやな感じだった。夕方、日射しが弱くなったとき、ウスバシロチョウが花にとまることを期待したが、空が雲ってしまった。来週、また来ざるをえないかな。


P.S.
黒いウスバシロチョウ。あわてて撮ったのでピンボケ。摺れた感じがするが新鮮個体。一見、油紙。決して美しいものではない。すぐ、葉陰に潜り込む癖があるような気がする。
a0181059_1744213.jpg


by otto-N | 2013-05-11 14:03 | Comments(12)

2012.1.1 こんねんは    2012.1.1(記)

2012.1.1
およそ2か月後の5月8日、現地に行ってきました。震災のすさまじさは報道のとおりで、ただ立ちすくむだけでしたが、この風景だけは希望に満ちていました。
a0181059_10201795.jpg

(これが今年の賀状でした。花と蝶は、当日、近くの山の中で撮影したものです)

ブログを開いて1年たちました。
都会の片すみのチョウたちばかりですが、今年もよろしくお願いします。

by otto-N | 2012-01-01 10:36 | Comments(22)

8月、東北縦断、キベリタテハ (2010.8.4-7)  2011.3.3

2010.8.4-7
毎年8月、お盆には北海道へ墓参りに行っている。北海道ではクルマがないと動きがとれないため、新潟まで300km走り、そこからから小樽までフェリーで行っていたが、東北の温泉をいくつか回ってから、下北半島の大間から函館に渡ることになった。

8月4日:東京から東北道を一気に盛岡ICまで北上し、国見温泉「石塚旅館」に泊まった。秋田駒ヶ岳の麓にある鄙びた旅館だ。ここの温泉はほんとに素晴らしい。それまで見たことのない緑色の硫黄泉だった。朝の内風呂は印象的だった。
8月5日:田沢湖をかすめ、阿仁町、森吉町と山の中を走り、能代市に出てから、十二湖に行ってハイキング。人気のないブナの原生林は素晴らしかった。その後、「黄金崎不老不死温泉」へ。夕食前に、岩浜にある露天風呂に入り、太陽が沈むのを待つ。日が沈んだ後の赤く染まった空と海は圧巻だった。まさに黄金色だった。
8月6日:この日、白神ラインを通り、弘前に抜けた。事前にどうするか調べた結果、「めったに来ない所、走ってみよう」と、ちょっと無謀だったが走ることにした。1車線の砂利道が40km続いた。幸い、前半のタイトなところでは、対向車は1台だけだったけれど、先の見えないカーブが連続し、アップダウンを繰り返す薄暗い砂利道を4時間走った。途中カラスアゲハ(ミヤマ?)が吸水していたが、撮る余裕はなかった。津軽峠を通り、暗門の滝を見て、弘前に。そして、八甲田山麓の「猿倉温泉」に泊まった。
8月6日:七戸町、野辺地町を抜け、恐山へ。恐山は2回目だったが、やはり不気味。境内に温泉(硫黄泉)があったが、外が暑くて入る気にならず。山を下りて、尻屋崎に行った。そこで、予期せぬ野生の馬「寒立馬」の集団に出会う。この日は、下風呂温泉「まるほん旅館」に泊まる。濃厚ないい湯だった。
8月7日:朝、マグロの1本釣りで有名な大間へ。11:30発の函館行きフェリーに乗る。

さて、下の画像は、
 国見温泉「石塚旅館」の渡り廊下にいたヒメキマダラヒカゲ。
 朝の内風呂。朝日の反射がきれいだった。
 黄金崎不老不死温泉の夕焼け。(この4枚はコンデジ撮影)
 沖縄の海と錯覚するブルー。恐山の山頂の湖。
 偶然出会った寒立馬。たくましい体だった。
a0181059_15114970.jpg

チョウの画像はわずかです。
 国見温泉、駒ヶ岳登山口にいたルリシジミ。朝、旅館前にいたキベリタテハ。
 十二湖のサカハチチョウ。猿倉温泉の駐車場では、アカタテハとウラギンヒョウモン。
a0181059_1512817.jpg

クサギで吸蜜するぼろぼろのクロアゲハ (8/5 15:57 十二湖)
a0181059_15272434.jpg


温泉めぐりをしたわけだけれど、夏に東北の温泉に行くのは少し考えたほうがよいです。この夏はとても暑かった。大旅館はともかく個人的に好きな小さめの旅館は、冷房設備がない(北海道もです)。温泉から出ても汗が引かない。大誤算だった。
下北半島・大間から北海道に渡ったが、ちょっと失敗した。大間はゴマシジミの棲息地であることを北海道から帰ってから知った。大間では時間が結構あったのに、残念。
(ゴマシジミは北海道・十勝で撮ることができましたが、大間でも見たかったです。それから、弘前側から途中までならよいですが、白神ラインの走行はお勧めしません。)

by otto-N | 2011-03-03 16:12 | Comments(0)

5月、奥多摩・鳩ノ巣渓谷 (2010.5.21)   2011.2.1

2010.5.1
鳩ノ巣渓谷に行った。ここを選んだのは、白丸湖というダム湖の水面の色を見たいのが主な理由。
確かにここの湖面は、独特の美しさがあった。(岸に近いところをアンダー気味に撮ると神秘的です)
この散策中、ウスバシロチョウ、コジャノメ、サカハチチョウ、コミスジに遭遇。
アカスアゲハが飛んでいるのをよく見たけれど、野生の藤の花に吸蜜しているクロアゲハを撮ることができず残念だった。
a0181059_17501810.jpg


新緑の中を歩くのは楽しかった。
この日、嬉しかったのは、やはり何十年ぶりのサカハチチョウ。位置を変えながら吸蜜したので、じっくり撮ることができた。
コジャノメは、初めてと思う。



PS:今日(2/1)、行ってきた春らしい景色をアップします。チョウには関係ないけれど。
神奈川県二宮町の吾妻山公園からの富士山です。
メジロがやってきて、菜の花をついばんでいました。
a0181059_1835346.jpg


by otto-N | 2011-02-01 18:56 | Comments(0)