たかがヤマト、されどヤマト

タグ:スジグロシロチョウ ( 5 ) タグの人気記事


2016.10.4 神奈川県・ジュズダマの湿地 クロコノマチョウ   2016.10.12 (記)

2016.10.4
久々の晴れ。ただし、秋ではなく真夏の暑さ。条件は悪そうだが、クロコノマチョウを撮りに行く。と言っても、クロコノマチョウは、5月の越冬個体(ボロ)しか撮ったことがなく、とても敏感で足元から舞い上がり、とまるとどこにいるか判らなくなるらしい。棲息地については暗い雑木林が多いようで撮影しにくそうだったし、とにかく、羽化直以外は翅を開かないようなのでムリすることはないと思っていたけれど、それほど遠くない所に、明るく撮りやすい場所があるとのことで行ってみた。

9時半着。晴れていたけれど、両側が大木の林に囲まれたこの湿地は暗く、半分も日が射していなかった。ジュズダマを目当てにクロコノマの場所を探す。こんな所にほんとうにいるのかと思うほどジュズダマが少なかったが、よく見ると、かろうじて残された実でジュズダマと判別できるほど、ジュズダマの葉が食い尽くされていた。発生したのはすでに1週間以上前。すでに分散したかと思っていたら、湿地の踏み跡からクロコノマが飛び出した。フワフワ飛び回り、すぐにとまるけれど、藪の中に潜り込み撮りにくい。枯葉模様なのに落ち葉の上にとまることは少なく、とまるのは緑の葉の上にばかり。大きいのですぐ判る。しかし、自宅で静止の画像を見たら、まるで変。カメラの取説を調べたら「多重露出」になっていた。なんとか多重露出を免れたのはこの3枚だけだった。このごろ、設定が狂っていることがやたらと多い。
a0181059_19334581.jpg

飛翔はうまくいかなかった。明るいのだが、ドロドロの藪なので追うことができない。
a0181059_8592866.jpg

明るいと思っても、飛んでる所は暗い。露出設定は裏目ばかり。
a0181059_19342347.jpg

フワフワとまるでコウモリのようだった。前翅の先端をしのらせ、後翅の短い突起は下向き。バットマンのイメージ。ここまで翅をしのらせるチョウを撮ったことがなく、この1枚、とても気に入った。
a0181059_19343626.jpg

個体数はあまり多くはなく、11時ころまで10頭くらい。行ったり来たりしていると、いつの間にか足元にとまっているという感じ。その間に撮った他のチョウ。
a0181059_19344959.jpg


2016.10.5
翌日、完全な曇りかと思っていたら、薄日が射し始めたのでまた行く。しかし、多摩川を渡る頃、雲が厚くなり、現地に着いたころは真っ暗。少し明るくなったら出て来るだろうと、ポイントを覗いた後、時間つぶしに付近を探索したが、面白みのある場所はないように思えた。ポツポツと雨が来たので帰ろうとすると、また空が少し明るくなってきたので、元の場所に戻ると、1頭が足元から飛び出った。次々とは出て来なかったが、マクロでとまったところを順次撮る。個体ごと斑紋が違うけれど、そう面白いものではない。
a0181059_1935132.jpg

湿地にはピンクのツリフネが咲き乱れていた。しかし、背景には撮り込めず。
a0181059_19351530.jpg

この日も、飛翔は全くダメ。近づけなかった。みんなピンボケ。何より暗かった。
a0181059_19353064.jpg

逆光のコウモリ。
a0181059_19354793.jpg

クロコノマの性質は何も知らないので、とにかく観察ということで曇りの中を粘ってみたところ、少し明るくなっただけでクロコノマが飛び出すとはラッキーだったが、元来、日影好きのチョウ。気温は高めだったので、出て来てもおかしくないようだ。11時、空が再び暗くなり撤収。スジグロ♀は大好き。つい手が出てしまう。
a0181059_1094324.jpg




   

by otto-N | 2016-10-12 20:08 | Comments(2)

2015.4.6 東京・白金の森 ツマキチョウ   2015.4.8 (記)

2015.4.6
桜が満開だった3月31日に、自然教育園にツマキチョウを撮りに行ったけれど、気温が低いせいかツマキはほとんど出て来ず不首尾に終わった。それから6日目、桜は散ったであろうけれど、まだ少しは名残りがあるかもしれないと自然教育園に出かけた。

着いたのは9時20分。桜はまだ半分ほど残っていた。真っ先にツマキが飛んでくる池の畔に行ってみると、早速飛んできた。まだ、気温が低いせいか、飛び方も遅かった。まずは、おはようの御挨拶から。
a0181059_15195714.jpg

たくさん飛んでいるのに、ロープで仕切られているので思ったようには近づくことはできない。背景も良くないので撮る気が失せてしまう。
a0181059_1720241.jpg

と、言うのは言い訳で、なかなか撮れないだけのこと。この日のレンズは15ミリ。置きピンは最初は25cmだったが近づけず、弱気の30cmに変更。
a0181059_15444257.jpg

桜が背景に入る場所には、なかなか飛んで来ない。ときには、ツマキチョウ同志、モンシロチョウとも絡むが手が届く範囲だけの撮影。10時半を過ぎると、気温が高くなったせいか、飛び回るスピードが速くなる。
a0181059_15212388.jpg

ツマキは横から撮る分には何でもないが、表翅をまともに撮ると白とびになってしまう。かなりのアンダーで撮影し、最後に輝度補正すると緑の背景は真っ暗になる。ほんとうは曇り空がいいのだが、そんな時はツマキは飛ばない。
a0181059_1520205.jpg

2頭の絡み。少し遠くてピントが合っていないけれど。
a0181059_160506.jpg

2頭とも表翅になったら、背景は真っ暗。
a0181059_1613989.jpg

一番困るのは、こんな時。表翅に輝度を合わせるしかしょうがない。右上の翅裏は犠牲。
a0181059_15592589.jpg

さて、背景が桜、という場所には飛行ルートがないらしく、この木道の上を少し進み、右か左に曲がるのがほとんど。突き当って少し右が、最高の場所だ。たまにここに来たけれど、うーん、撮れなかった。
a0181059_15203711.jpg

何度も通るので、池ぽしゃにならないように追いかける。
a0181059_1522515.jpg

午後、桜の下にも飛ぶようになったので、桜の木の下で追いかける。道の上は散った花びらでいっぱい。
a0181059_16433351.jpg

縦型でも撮ってみた。
a0181059_164450100.jpg

この日は月曜日。本来なら休園日。だが、桜のシーズンは臨時に開園する。ただ、このことを知っている人は少ない。桜の季節は、平日と言えども人出はこの2~3倍。7日前の月曜日も開園日だったけれど、他の予定を入れていた。天気は快晴、桜は満開、人は少なく、ツマキはたくさん出たとのこと。そうとは知らず失敗した。
a0181059_1645839.jpg

桜の木の下にはヤマブキ。その中をメスを探して飛び回る。6日前にはほとんど咲いていなかった。
a0181059_17421911.jpg

撮りやすいようで撮れない。そのうち、飛んで来なくなってしまった。
a0181059_170515.jpg

数メーター先で、突然2頭が絡み、300ミリをMFに切り替え、咄嗟に撮った。3枚入っていたので、それぞれ半分にトリミングして並べてみた。3コマ目、ツマキの先端だけが折れ曲がり、ボーイング737の主翼の先端のようだ。こんな翅のしなりをもっとアップで撮りたいのだが。
a0181059_1033889.jpg

晴れた日のツマキチョウ、オスは飛んでばかりいるが、たまには吸蜜する。まずはジロボウエンゴサク。
a0181059_107423.jpg

続いて、クサイチゴ、タチツボスミレ、ツボスミレ。左脇に襷がけにした300ミリ望遠、右手に15ミリ広角。広角で飛翔を追い、とまったら15ミリを手首にだらんと巻き付けたまま、300ミリで静止撮り。屈むと地面にぶつかるので気を使うし、なにより重い。少し工夫が必要。300ミリはロープの規制があるので、マクロよりはるかに便利だった。
a0181059_10135393.jpg

ここで会うお馴染みさんが空中でツマキが交尾するのを目撃、そのカップルはずうーっと葉上にとまっているとのこと。どちらがオスでどちらがメスかは判らなかったけれど、1頭はちょこんと顔だけ出していた。
a0181059_1018205.jpg

ツバメシジミが飛んでいた。チョウジソウの葉陰で休んではちょこまか飛び回る。
a0181059_1248052.jpg

ツバメシジミは春が一番綺麗な気がする。
a0181059_10195943.jpg

自然教育園にはカラスが多い。ヤマブキの向こうはカラスの水浴び場、散った桜の花びらにスジグロシロチョウがとまったので、シャッターを切る。すぐ飛び立ったが、写っていた。
a0181059_10222043.jpg

1コマ目を大きくトリミング。
a0181059_11492346.jpg

午後1時半。ツマキチョウも昼休みとみえて、飛んでこなくなった。ツマキの飛びまわる池の桜。正面が東。見えないが向かって右に木道があり、ツマキのたまり場。このたまり場からは、桜並木は逆光。桜の木の下にヤマブキ。こんな場所だ。
a0181059_10275659.jpg


桜を背景にしてツマキチョウの飛翔を撮ろうという目論みは、今年も失敗した。ツマキの活性が弱い午前中は逆光になるし、何よりもいい場所には飛んで来ない。昼近くになると、桜は順光になるけれど、ツマキの飛翔は活発だし、いい位置にはまるで飛んで来なくなる。午後になると、桜の木の下がいいと気がついたけれど、時すでに遅し。また、来年に持越しになってしまった。

それにしても、この日は暑かった。ほとんど半袖1枚。気温は20℃を越えたという。この記事を上げた本日(8日)は、関東北部では雪が降ったようだ。日ごとの寒暖差がありすぎる!

by otto-N | 2015-04-08 19:51 | Comments(2)

2014.10.7-9 長野県・上高地 (2) スジグロシロチョウ   2014.10.15 (記)

2014.10.8
7時朝食。7時40分、涸沢カールに向けて出発。それにしても、宿で女性の団体客は騒がしかった。4時半ころから廊下でおしゃべり。9時に寝たので睡眠時間は大丈夫としてもちょっと騒ぎすぎ。天気はというと、雲一つないピーカン。

徳沢キャンプ場からの穂高。背の高い木に邪魔されてよくは見えないのがちょっと残念。
a0181059_1611583.jpg

吊り橋を渡り、林を抜けるとしばらく梓川沿いを歩く。左手に前穂高。少しずつ山の形が変わる。
a0181059_161294.jpg

平坦な登山道はまだ日陰。道端には夜露に濡れたままの花。
a0181059_16354180.jpg

1時間ほどで、横尾に到着。しばらくすると、屏風岩が見えて来た。そこで、平地は終わり。登山道らしい山道に入る。
a0181059_16122175.jpg

威圧感のある屏風岩を巻いて、登山道を登る。正面から見ると耳を開いたゾウの頭ようだ。
a0181059_16123730.jpg

もう少しで本谷橋というところで、先に歩いていた妻がチョウチョがいるという。まさかと思って行ってみると、スジグロシロチョウが1頭。弱々しく日向で翅を少し開く。ここは、標高1780m。
a0181059_16195037.jpg

体を温めた後は近くのアザミで吸蜜。シャッターを切った瞬間、飛ばれたけれど、なんとか写っていた。いつものように、レンズは18-135ミリだけ。テレ端で撮った。
a0181059_16201034.jpg

本谷橋には1時間で着いた。上流には北穂高岳(?)が見えた。
a0181059_16132015.jpg

本谷橋からは本格的な山道だった。しばらく登ると、右手の谷の向こうに素晴らしい風景。
a0181059_16221722.jpg

さらに登った所にぽっかりとその谷間が見える場所があった。山の名前は判らない。
a0181059_16203931.jpg

道は左に左に巻いていた。対岸の紅葉、と言っても赤はほとんどない。でも素晴らしい。
a0181059_1618087.jpg

そして、少しだけ涸沢カールが見えてきた。
a0181059_1623316.jpg

赤くなったナナカマドがあったので、それにピントを合わせたが絞り足りず。
a0181059_16234575.jpg

後ろを振り返れば、先ほどの谷間。
a0181059_1624812.jpg

少しずつ涸沢に近づく。対岸のダケカンバの黄色と白が美しい。
a0181059_16181187.jpg

さらに近づく。しかし、涸沢が見えてきたあたりから、斜度がきつくなる。ほぼ直登。
a0181059_16182588.jpg

やっと、涸沢ヒュッテと涸沢小屋の分岐点に到着。もう一息だ。
a0181059_1624231.jpg


(上高地 (3)に続きます)

by otto-N | 2014-10-15 20:20 | Comments(2)

2012.4.8 埼玉県・アセビの咲く公園 コツバメ    2012.4.10

2012.4.8 埼玉県・アセビの咲く公園 コツバメ
朝から天気がよくテニス日和だったけれど、この天気ではテニスに集中できるわけがなく、練馬のテニスクラブに妻をおいて、そのまま関越道に入り、トラフシジミを撮るためにこの公園にやってきた。夕方、テニスクラブに立ち寄り、妻を拾って帰るという算段。

遠くからアセビの茂みを見ると、何名かの先客がおられたようだったが、そこに着くとすでに立ち去ったようだった。すぐコツバメを見つけ数枚撮った後、しばらくトラフシジミを待ったが飛んでは来ず。しかたなく、ツマキチョウがいるかもしれないと、下の田んぼのようなところに行ってみた。
ツマキチョウはいなかった。ベニシジミがいたが、敏感。翅は拡げてくれず、逆光での横向きしか撮れなかった。縁毛が少し青っぽく写る。スジグロシロチョウは、ズームとマクロで撮った。ズームのほうがいいかな。なかなか止まらないミヤマセセリもようやく撮影できた。
a0181059_2093415.jpg

一回りして、アセビの茂みに戻ってたら、K市のSさんともう1名がおられた。Sさんとは1年ぶり。毛糸の帽子をかぶっているほかは相変わらずでした。もう一人のかたは、ヘムレンさんだった。Sさんと2人で、コツバメはもう飽きたなぁ、面白くないなぁ、トラフはこないかなぁと嘆きっぱなしであったが、それでも私だけはコツバメをせっせと撮っていた。

コツバメの課題は、逆光縁毛の虹色幻光。逆光でレンズと翅が平行なら青く、斜めなら虹色に光るという仮定をたてたので、その実証。結果は???
a0181059_20225270.jpg

虹色は中途半端かもしれないが、まあまあかなぁ、というところ。(ピンボケにするともっと虹色っぽくなるような気がする)

コツバメを撮っているうち、maximiechanさん、banyanさん、ダンダラさん、yodaさん、chochoensisさん他、エキサイトブログの面々が続々集まってきた。ダンダラさん、banyanさん以外は初対面でした。みんなで、トラフを捜すものの結局現れず、それでも楽しく、撮影されていたのは根っからの虫好き、立派です。

コツバメをせっかく撮ったので、載せます。どうも逆光側からばかり撮っていたのではっきりしませんが、模様にかなり個体差があるようだ。
a0181059_20361218.jpg
a0181059_2037562.jpg

コツバメとともにススキの谷間でテリ張りしていたのは、ルリタテハ。少なくとも2頭がバトルを繰り返していた。1~3コマ目は同一個体。とても美しかった。4コマ目は大きいが翅に難ありの別個体。
a0181059_2045774.jpg
a0181059_20454762.jpg

アセビの花に来たルリシジミ。2コマ目は右翅が透けていい感じだったが、ピンボケ。残念。
a0181059_20482683.jpg



この日このポイントでの2大事件は、maximichanさんが見つけたコツバメの交尾体と、banyanさんが見つけたコツバメの産卵直後の卵。先輩方たちはさすがに目のつけどころがちがいます。
ギフよりトラフということで、2回目のトラフの開翅ねらいだったけれど、1頭も現れず残念。しかし、エキサイトブログのそうそうたる方々にお会いできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。みなさん、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

by otto-N | 2012-04-10 21:23 | Comments(4)

2012.4.5 埼玉県・アセビの咲く公園 ミヤマセセリ    2012.4.8(記)

2012.4.6 埼玉県・アセビの咲く公園 ミヤマセセリ
正午すぎ、期待したトラフシジミが現れず、コツバメもいなくなってしまったので、ツマキチョウがでているかもしれないと、途中、他のアセビの茂みを調べがながら、田んぼ(畑?)のほうへ移動した。ムラサキハナナや、菜の花が咲いている。しかし、ツマキチョウらしきものは飛んでおらず、モンシロチョウとキタテハくらいしか目に着かなかった。
奥まったムラサキハナナの小さな群落に白いチョウが飛んでいた。近づいてみると、モンシロチョウではなく、スジグロシロチョウだった。逆光側に回り込み、低い位置で3回シャッターを切ったところで逃げられた。
a0181059_19414196.jpg

もうちょっと撮りたかったが、立ち上がるとコツバメがいた。モンシロチョウも撮っておく。そして、ダンダラさんが見つけた菜の花のムラサキシジミ。翅を開けば最高だったが、それは贅沢というもの。この田んぼで、追い回したが、これしか撮れなかった初見のベニシジミ。
a0181059_19444038.jpg

例年、ツマキチョウがいるというムラサキハナナの群落。ミツバチの羽音が鳴り響いていた。しかし、ツマキチョウはおらず、キタテハが1頭だけ。なかなかいいところを撮らせてくれなかったので、アセビに来たものと混ぜて掲載。
a0181059_1356142.jpg

キタテハといえども紫との組み合わせは結構刺激的。
a0181059_13572132.jpg

昼過ぎ、ミヤマセセリが来るという場所に3人で張り込む。ミヤマセセリは時おり飛んでくるものの、なかなか止まってくれない。しかし、待っていると、枯葉に止ってくれるものが現れ、カキドオシで吸蜜するものも現れた。
a0181059_2045762.jpg

そのうち、ダンダラ夫人がアセビに来たミヤマセセリを発見。ワンチャンスしかなかったが、なんとか写っていた。
a0181059_2051453.jpg

ミヤマセセリは思ったより飛んでこなかったが、嬉しかったのはふらりとやってきたルリシジミ。どうやら、羽化直らしく、あまり飛べない。少し飛んでは休憩を繰り返す。
a0181059_2011484.jpg

少し雲が出てきて肌寒くなり、ひょっとしたら日が射したら翅を開くかもしれないなと、見守っていた。そして、待ちくたびれたとき、半分開いてくれた。待ったかいがあった。でも、開いたのは短い時間だった。
a0181059_20185615.jpg


で、肝心のトラフシジミ。ルリシジミの全開翅を諦め、そろそろトラフシジミが出る時間だと、最初のアセビの場所に戻ったけれど、待てど暮らせど・・・・。
この時間には、banyanさんもひょっこり現れたので、4人で待つこと〇時間、やっと1頭飛んできた。アセビの花に顔が埋もれていたので、顔を出したら撮るつもりだったが、すぐに飛び去ってしまい、私だけ撮れずに終わった。その後、再び来ることはなく、この日は終了。

(ダンダラさん、ダンダラ奥様、banyanさん、楽しい時間ありがとうございました)

by otto-N | 2012-04-08 20:48 | Comments(10)