たかがヤマト、されどヤマト

タグ:スジボソヤマキチョウ ( 3 ) タグの人気記事


2017.7.7 山梨は今日もダメだった アゲハチョウ   2017.7.16 (記)

2017.7.7
山梨の標高1500mのアイノミドリシジミとメスアカミドリシジミ、ダメだと思いながら行ってみる。この場所を見つけてから不満ながらも撮影できたのは最初の2年だけ。その後は、木が高くなったせいか、時期が悪かったせいか姿を少し見ただけに終わっている。

山麓にある何かの跡地のようなコンクリの広場。いつもタテハ類が吸水しているので覗いてみると、コムラサキとシータテハがいた。ここではシーは初めて。アイノミドリに間に合わなくなるので、少しだけ遊ぶ。コムラサキは翅を開くかと思ったが、そうはいかなかった。
a0181059_11002811.jpg

最初に来た時は林道で車の前を卍が横切ったのだが、その後は卍を見ることはなく、この日も峠の駐車場に到着。しかし、山麓は晴れているというのに、ガスの中。麓では30℃くらいあったのにここは20℃を切っていた。とりあえず、アイノミドリのポイントに急いで登る。が、木が高くなっているとは知らず、かなり登った所で行き過ぎてしまったことに気づく。あわてて戻るがガスが晴れる気配はなく、木が高すぎるので出て来ても撮影不可。すぐにメスアカのポイントに行くが、ここも木が高くなっていた。ガスが晴れたら卍が下に降りてくる可能性があるのだが、晴れる気配はない。半袖なので寒い。帰ろうとした時、少し明るくなったと思ったら、ゼフの姿。時間からメスアカのようだ。しかし、頭上。飛び立ってはすぐ戻ってくるが、すでにボロ。卍っぽく絡んだので、広角の準備をしていると、メスアカは追い出されたのか、残って翅を拡げていたのはクロヒカゲだった。卍にしては片方がやけに大きかった。その後、再びガスに覆われたので撤収。
a0181059_11243885.jpg

林道をゆっくり流しても何もおらず、しかたがないので、カンカン照りの麓のコンクリ広場でコムラサキと遊ぶ。シータテハはすぐ開翅するがコムラサキは敏感。近づくだけで飛び去ってしまう。
a0181059_11272486.jpg

飛んだコムラサキをやけくそで追う。最初はまったく届かなかったが、そのうち向こうからこちらに近づいてくるようになった。こんなことが以前にもあった。まあ、速くてフレームに入らないのだが・・・
a0181059_11360937.jpg



何頭かいたコムラサキを目で追うと木にとまったのがいた。せっかく翅を開いたが逆光で幻光は見えなかった。
a0181059_11290874.jpg



そうだオオムラサキを見に行こう。と中央道にのりなおす。以前オオムラサキは飛んでいた場所は、たまに飛んで来るだけですぐ林の中にすぐ消えてしまう。林の中に入っても樹液の出るクヌギを見つけることができなかった。ゴミだめのような空地にいたスジボソヤマキチョウ。
a0181059_11451971.jpg


日影のヒメジョオンで吸蜜に余念のないアゲハチョウ。
a0181059_11473006.jpg


空が怪しくなりはじめ曇ってきた時、ジャノメチョウが現れた。これにて撤収。
a0181059_11495297.jpg



by otto-N | 2017-07-16 18:41 | Comments(0)

2014.7.8 山梨県・ひき逃げ街道 オオムラサキ   2014.7.13 (記)

2014.7.8
先日は曇っていて姿を現さなかった標高1500mのクリソゼフをもう一度見に行く、東京は晴れ、山も晴れていた。

ポイント到着9時20分。アイノミドリシジミは飛んで来た。昨年と同じカエデの木。一度、別のオスを追い払っいすぐ戻ってきた。でも、目よりずいぶんと高い。そして、擦れていた。周りの木も高くなったようで、低い場所には日が当たらず、そこにはもうとまらなくなったようだ。
a0181059_20253991.jpg

10時すぎ、メスアカミドリシジミが卍をやっていたポイントに移動。しかし、卍の影は1回見ただけ。すぐ消えた。近くをさがし、梢に1頭。少し離れたところにも1頭。これがすべてだった。
a0181059_2025502.jpg

予想されたことであるけれど、ゼフのリベンジを果たせずこのまま帰るわけにはいかないので、実は、保険をかけていた。オオムラサキのシーズン。昨年、今年と横浜の公園でお会いしたミステリー作家のSさんにポイントを教えていただいていた。Sさんご夫婦は大の蝶好き。時間がとれると、北海道から沖縄まで蝶の撮影。山梨・長野はかなり詳しく、地図と航空写真からポイントを捜し出すそうだ。この日のオオムラサキの第1ポイント、樹液の出る2本のクヌギの大木。ここかなぁと思って近づくと、オオムラサキが飛んできた。あわててカメラを取りに戻り、樹液の出ている箇所を探す。目の高さに1頭だけいた。しかし、スズメバチもいないので、翅を開かず、撮影のしようもない。こんな写真を撮っているうち、飛ばれてしまった。
a0181059_2026266.jpg

その直後、当のSさんご夫婦がやって来た。(飛ばして申し訳ない。)来られるとは知らなかったのちょっとはびっくり。でも、絶好のオオムラサキ日和。ムリをしてでも来られるかもとは思っていた。しばらくオオムラサキは周りを飛び回っていたが、クヌギには来なかった。昨年までたくさん出ていた樹液がまるで少ないとのこと。オオムラサキが来ないので第2ポイントに移動。そこは、降雨後の水溜りの吸水ポイント。殺風景でどうしようもない場所だ。たしかに、オオムラサキは、何頭も飛び回っていた。でも、全然とまらない。地面にいたのは数頭のスズボソヤマキチョウ。ただし、群れていたのは、先客のクルマの前輪のすぐ隣。ちょっと飛んだところを撮ったのだが、証拠写真に終わった。
a0181059_20263023.jpg

殺風景でも翅の表を撮りたかった。
a0181059_20265319.jpg

昼過ぎ、気温が上昇したのか、日陰に潜り込んでしまった。葉陰に入ると、どこにいるのかわからなくなる。
a0181059_2027273.jpg

あまり遠征することはないので、スズボソヤマキチョウは、今回で3度目の遭遇。豆粒のようなつぶらな目と、その周りのピンクがちょっと可愛いかもしれない。
a0181059_2205577.jpg

肝心のオオムラサキ、少し離れた所に数頭、舞っているのを見つけた。近づいてみると、コンクリの車道で吸水しているではないか。前日の雨水が浸み出しているようだ。暑すぎると、日陰で吸水するのかもしれない。日陰と日向が交錯する車道。日陰でも翅を拡げ吸水するが、暗くて撮影できなかった。日向に出てきたところを狙い撮る。
a0181059_20274177.jpg

無粋なコンクリ背景ではあるけれど、さすが、日本の国蝶、美しいと思う。
a0181059_20275556.jpg

強烈なムラサキだと思う。両翅のムラサキをもっと撮りたかったのだが、この場所はクルマが絶えず行き交う二車線道路。時には観光バスもやってくる。クルマが来たら、即、撮影は中断。せっかく絶好の位置に来ても、クルマが次々やってくる。
a0181059_20281091.jpg

ふと見上げると、コンクリ壁の上の叢にオオムラサキが滑空していた。藪を掻き分け横から登ってみると、ときどき、こちらに向かって飛んでくる。広角飛翔。でも、速すぎ。フレームに入らない。入っても肝心の表翅が写っていない。なぜ、ここに集まるのか不思議だったが、すぐ近く、逆光に位置に獣糞があることが判明。何か臭うと思っていた。ここを引き上げてから、あの獣糞を撮影しやすい場所に移しておくのだったと気がつく。そうすれば、ふわふわと近づいてくるとき順光で撮れたに違いない。
a0181059_20284148.jpg

やっと撮った緑の上のオオムラサキ、とても綺麗だ。しかし、よく見るとなにか変。こんな細かい葉の上にはとまるはずはないし、左前翅がおかしいことに気がつく。実は、クルマにぶつかって飛べなくなった個体。吸水中、轢かれはしなかったものの、窓ガラスにぶつかってしまった。這いずり回っているのを拾い、側溝の草の上に載せた。でも、もう飛ぶことはできず、棘だらけの草の中に落ちてしまった。吸水するほうは命がけ、撮影するほうも命がけ、とまでいかないが、とにかく落ち着かない場所だった。「ひき逃げ街道」とあるが、より正しくは「ひき逃げ農道」、もしくは「ひき逃げ隧道」かな。午後2時、暑すぎたのか、オオムラサキはどこかに引っ込んでしまった。こちらも暑くてくたびれてしまい、撮影終了。この後、第1ポイントに戻ったが、カナブンがいるだけ。Sさん、北海道から帰ったら新しい樹液ポイントを捜すぞ、と張り切っていた。
a0181059_20282573.jpg


ゼフのリベンジは失敗。アイノ、メスアカとも、目より下には来ることはない場所のようで、来年、このポイントはもう諦めたほうが良さそうだ。何よりも、山の天気の予測が難しい。オオムラサキは、高尾山の御神木が台風で倒れて以来、新鮮な個体を撮影することはなかったので、とても嬉しかった。Sさんに感謝です。

by otto-N | 2014-07-14 17:10 | Comments(0)

2013.7.20 長野県・白馬村 ジョウザンミドリシジミ   2013.7.29(記)

2013.7.20
白馬滞在の最終日。朝からよく晴れ、白馬に来てから一番の天気だった。運よく、登った2つの山で、タカネヒカゲを撮影でき、満足といいたいところだったけれど、本命はジョウザンミドリシジミ。北海道の子供時代、チョウ採集にハマったきっかっけがこのチョウだった。北海道では裏の山はミズナラの林。ゼフはどこにでもいた。ところが、リタイア後にチョウ撮影を始めてから、ポイントもわからこともあり、ゼフの撮影のために出かける機会がなかった。白馬に行けば、山登りの合間に撮影できるだろうと計画したのだが、あいにく、今年はゼフの発生がとても早かったらしく、山麓ではスレ個体しかいないようだった。そこで、少し標高のあるスキーゲレンデに行くことにした。スキーゲレンデは、ミズナラなどの広葉樹の林を切り開いて造成されている。熱烈なスキーヤーであるけれど、夏のスキー場はやはり醜悪だ。

上のゲレンデに行く前に、毎日、夕方に行っていた場所に寄った。両脇が広葉樹に挟まれた連絡コース。下草がススキ。おそらく、朝にはジョウザンがテリを張っていると睨んだ場所だ。着いてみると、早速、目の前にジョウザンが飛び出した。とまって翅を開くが、やはり、輝く鱗粉はもはやわずかしか残っていない。10mほど離れて、何頭かそれぞれテリを張っているようだった。少しは綺麗な個体を選ぼうとしたのだが、もうムリな話だった。
a0181059_10535265.jpg

ススキの葉の上では、赤いセセリも日を浴びていた。ヒメキマダラセセリ♀、コキマダラセセリ♂?。
a0181059_10552656.jpg

標高が高ければ、少しはいいかもしれないと林道を登る。お目当ての場所に入ったところ、すぐに見つかった。低いところにとまったので近づいてみると、低いところで全開していた。近づくと影に入ってしまう。真上から撮れる。後翅も輝く位置を探すと、どうやら、真上ではなく、少し頭に寄った位置からが輝くようだ。前々日、別荘地の地べたで撮ったときも、そうだった。この場所は、お気に入りと見えて、スクランブル発進した後も、ここへよく戻ってきていた。
a0181059_1164029.jpg

ピカピカの個体とはいかなかったが、この位置では、よく輝いた。
a0181059_11114471.jpg

目より下の位置では、ススキ以外にもとまったが、みな同じような写真にしかならなかったので(全開だと傷が目立つということもあるが)、ちょっとだけ開いたところを狙った。
a0181059_11152392.jpg

日が高くなるにつれ、全開しなくなったけれど、目の前でマクロで撮れるというのは嬉しい。
a0181059_11204229.jpg

ときどき、スクランブルをかけていた相手。10mほど離れたところにテリを張っていた。かなり傷んでいた。後で調べると、ここは標高1500m。まだ、低かったのかもしれない。
a0181059_11233595.jpg

ジョウザンの他の個体を探していたが見つからず。しかし、新鮮なヒメシジミ。少し標高が高いだけのことはあるようだ。
a0181059_14465214.jpg

近くには、コヒョウモン?がときどき飛んできた。
a0181059_11273973.jpg

クガイソウに集まるヒョウモンを撮っていたとき、スジボソヤマキチョウを見つけた。逆光のほうが格段といいようだ。吸蜜しているときは鈍感だが、花を離れ下草で休んでいるときはまるで、近寄らせてもらえなかった。
a0181059_11343428.jpg

クガイソウには、コヒョウモンの他、ウラギンヒョウモンが来ていたが、新鮮なものは少なかった。
a0181059_11365822.jpg

10時30分、約束の時間になったので、晴れ上がってのっぺりした白馬三山を撮ってから山を下りた。山は雲がなければつまんない。
a0181059_11403276.jpg

山を下り、ペンション街に差しかかかったとき、スジボソヤマキチョウが吸水していた。あまりじっとしていなかったので、テキトーに撮った。なんだ、山の上でなくても、こんなところにいるんだという感じ。実は、このチョウに会うのは、この日で2度目、山の上では結構感激していたのに。
a0181059_11444460.jpg

ホテルに戻り、後は帰るだけ。途中入ったなんの変哲もない蕎麦屋は美味しかった。高速に入る前、安曇野インターのすぐそばにある田淵行男記念館に寄る。そこにいたホシミスジ。
a0181059_1145625.jpg

下の叢に下りてきたのも撮れた。ホシミスジもこれで2度目なのでちょっと嬉しい。
a0181059_11453669.jpg


白馬滞在中に実際に歩いた距離は、標高差で合計約1800m。すべて、ゴンドラとリフトを使った山登りだったので、登った山の標高の割にはとても楽だった。1月に故障した左膝は、ハード・サポーターのおかげでなんともなかったし、4連泊したホテルもちゃんとした温泉があり、食事もそこそこ良かった。(ホテルは、計120歳超のシルバー割引)

北アルプスの山は、当然、素晴らしかったが、白馬山麓の梅雨の時期、もっと長く滞在したいものだ。ゲレンデの周りをふらついたら、毎日が新発見の連続になりそうだ。ジョウザンミドリは擦れていたけれど、どんな所でテリ張るのか判っただけでも満足だった。

by otto-N | 2013-07-29 12:41 | Comments(2)