「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:スーパーブルー ( 31 ) タグの人気記事


2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(2)   2016.11.30 (記)

2016.11.22 続き
スーパーブルーより青い部分が広いだけで、ウルトラブルーとは大げさすぎるけれど、靑鱗が高温期のオスと見まがうばかりに広範囲に載っているのでウルトラとした。チョーきれいなのでウルトラとしたわけではない。スーパーブルーはまだ靑鱗という感じがするが、ウルトラではそれより色は薄く、空色だ。ただし、ぼおーっとした感じで、まるでインパクトがなく、決して美しくはない。
a0181059_17401893.jpg

日陰でも普通の靑♀のように靑鱗は輝かないし、ブルーの色みは日向とほとんど変わらない。いずれにしろ、ブルーは夏ほど灰色がかっていないが、色と形は高温期型のオス。擦れていたなら、全く区別がつかないだろう。
a0181059_1745491.jpg

近づきすぎては飛ばれ、オスに絡まれは大移動するが、とにかく、虎の子。大事に大事に追いかける。飛び着いた先は、土手の最下部。枯れたススキとセイタカアワダチソウのが密集する藪の中。枯れススキにとまったけれど、目より上。しかも遠かった。上方からの光で、メタリックに輝く。が、輝きすぎだ。
a0181059_17504579.jpg

枯れススキでの開翅は、ブルーがでなかった。全体を暗めにすると、明るい場所の雰囲気が出ないし、なによりチョウが暗すぎた。結局、ハイキー気味のほうがいい感じになった。
a0181059_17511581.jpg

藪の中なので身動きがとれない中、シャッター数だけは切った。腹部は大きいと思う。裏翅は普通。
a0181059_1751671.jpg

なんか変、背景が妙にソフト。このシーンではこれでいいのだが・・・
a0181059_17514043.jpg

何枚も撮っても、位置を変えても少し不鮮明。原因に気がついたのは、この枯れススキから飛ばれた後のこと。上の組写真の4コマ目から、いつもはF6.3なのに、F4.5になっていた。F4.5だと、手首に広角をぶら下げての撮影はキツかった。
a0181059_1751527.jpg

14時50分、スーパーブルーの登場。
a0181059_19414661.jpg

しかし、全開はしなかった。飛んで新たな場所にとまっても半分だけだった。4コマ目は、飛び立つ前の一瞬。
a0181059_1942423.jpg

太陽も低くなり、そろそろ活動の終わりの時間だった。
a0181059_19421811.jpg

セイタカアワダチソウで吸蜜しているわけではなく、ただとまって日を浴びているだけのようだった。
a0181059_19422850.jpg

こちらのアングルのほうがいい。
a0181059_19424959.jpg

お誘いのメールがなかったら、ウルトラブルーに遭遇できませんでした。楽しいヤマトシジミ探しでしたね。Favoniusさん、ありがとうございました。

   

by otto-N | 2016-11-30 20:08 | Comments(0)

2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(1)   2016.11.27 (記) 

2016.11.22
課題だったヤマトシジミの青♀のスーパーブルーの日陰での撮影ができ、もう江戸川河川敷に出向くこともなかろうと思っていたけれど、朝、誘いのメールが入り、また出かける。他の場所にはヤマトシジミが少ないことが判ったので、いつもの場所を行ったり来たりし、靑♀を探す。

オスは飛び古びたものばかりになってしまったが、見つかるメスはどれも新鮮だ。個体差が多いので、見つけるたびに後を追う。
a0181059_18345549.jpg

逆さにとまったこの個体。春のツバメシジミを彷彿とさせる。
a0181059_1835555.jpg

靑い面積は広くはないけれど、みんな綺麗だ。
a0181059_1838382.jpg

おそらく、上の3コマ目と同じ個体。青鱗粉を散りばめた翅がきりりと締まった。
a0181059_18351639.jpg

こんな中で、ずいぶん青いというか、オスのような白い個体が飛んできた。ウルトラブルー。スーパーブルーより、青面積が広く、鱗粉の色も靑ではなく空色。まるで夏のオス。昨年、最初見た時はメスとは信じられないかった。
a0181059_18352727.jpg


(ウルトラブルー(2)に続きます)



   

by otto-N | 2016-11-27 20:08 | Comments(2)

2016.11.18 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.25 (記)

2016.11.18
前日、課題の新鮮なスーパーブルーを撮影できたけれど、あれだけシャッターを切ったのによく見たら、肝心なシーンでは、ピントに納得のいかない画像が多かった。1日で、こんなに青♀が出てきたことはなく、今後はもう2度とないかもしれない。あのポイントでは青♀が今が旬。と、いうわけで連続の出撃。自営業のFavoniusさんも、仕事の都合をつけて来るという。

前日より1時間も早く着いたというのに、ヤマトシジミの数が少ない。晴れているのに気温が低いせいか。土手の叢に入ってみると、夜露で足元が濡れてしまう。都心では夜露がおりることは決してないのに、やはり郊外は夜の気温が低いようだ。Favoniusさんと青♀を探すが、パッとしない。最初の3個体。2コマ目のものは青鱗粉が分散しとても少ないが、よく見るとそれなりにいい感じだった。3コマ目は、少し摺れた黒♀。
a0181059_15355953.jpg

翅脈だけが浮き出て、青鱗がそこそこ載っているが、地味な個体。光の加減かと思うが、背景だけは申し分なかった。
a0181059_15482324.jpg

小さいが青♀。とまってはすぐ翅を拡げたが、毎回、同じようなアングルでしか撮れなかった。
a0181059_19315513.jpg


オスもあまり飛んでおらず、前日が嘘のよう。気温が低いせいか。そんな中でアカツメクサでくるくると回りながら吸蜜しているメスに遭遇。縁毛に小さな欠けがあり、この個体は先ほどと同じようだ。
a0181059_1544820.jpg

光の加減で一瞬、キラッと輝く。
a0181059_15455329.jpg

黒♀。少しだけ青鱗粉を全体に撒き散らしているが、ほとんど真っ黒。ここまで新鮮だと、とてもきれいだ。この時期の黒♀は、夏のように茶色くない。
a0181059_17122290.jpg

ヤマトがあまりにもいないので、離れた場所まで探しにいくが、いいポイントは見つからず、元の場所で探すこととした。新鮮なオスの飛翔を撮ったりしながら、メスを探すが新しい個体は見つからず、帰ろうと思った14時40分。スーパーブルーが現れた。
a0181059_9205161.jpg


もう少し左に寄り、右の翅の縁毛まで撮る。羽化直なのかとても新鮮。普通の青♀よりも、青鱗の粒が小さく、色も薄い。藍ではなく、青。
a0181059_920294.jpg

飛ばれたので慎重に後を追う。飛んでいる時の色はオスに近いが、飛び方はメス。とまったので、開くまで待つ。一度開いたら、次も開くことが多い。逆に、開かない個体は、とまる場所が変わってもなかなか開かない。
a0181059_1601958.jpg

このアングルのほうが可愛らしい。
a0181059_9245489.jpg

また、飛ばれる。しかし、今度はいい位置だった。横顔を撮っておく。もう夕方?光がずいぶん黄色い。
a0181059_15593782.jpg

半開翅。左から右から、何枚撮ったことだろう。数打ちゃピントも合うだろうと思って撮るのだが、そうはいかない。生き残った画像は僅か。このアングル、なぜピントが合わないのだろう?
a0181059_1603096.jpg

翅を開き始めた。寄り過ぎたが下がれなかった。
a0181059_14234121.jpg

右の翅が半透けで、最高の全開翅。
a0181059_9231176.jpg


少し引いて、ちょっとだけ下から撮ったら、4翅縁までピントが合っていたが、逆光の表現が難しい。
a0181059_1758163.jpg

この後は、光が薄く気温が下ってきたせいか、翅を開くことはなかった。それにしても、2日続けてのスーパーブルー、この全開は格別だった。


    

by otto-N | 2016-11-25 15:17 | Comments(0)

2016.11.17 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.23 (記)

2016.11.17
江戸川の千葉県側の河川敷にヤマトシジミを探しに行く。ATPファイナルの錦織・ワウリンカ戦を見ていたので、朝早くに起きることができず、ポイントに到着したのは10時半。先に来ていたFavoniusさんは、セイダカワワダチソウの前に座り込んでカシャカシャやっていた。思ったより気温が高く、ヤマトの出が早かったらしい。とりあえず、こちらは青♀探し。

最初の個体はすぐ見つかった。
a0181059_1648126.jpg

日陰にしても撮ってみた。
a0181059_16463746.jpg

かなり青いと思ったら、早くも2頭目でスーパーブルーの登場。
a0181059_16493544.jpg

数年前、ヤマト青♀のうち、ただ青いだけではなく、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的にスーパーブルーと定義した。(もっと青面積が広く、オスと見まがうばかりの個体もおり、これはウルトラブルーと名づけている)
a0181059_1649532.jpg

スーパーブルーも、日向より日陰のほうがブルーがきれいだ。というより、日向で撮ってもブルーはそれほど目立たない。
a0181059_16492450.jpg

日陰だと、背後の緑が薄暗くはなってしまうけれど、青鱗粉の粒立ちまで捉えると、異常な輝き。JPEGで十分だ。
a0181059_16521431.jpg

3頭目。かなり青かった。青いと前翅中室が輝く。
a0181059_1720513.jpg

黒縁は太くても、鱗粉の青さが違うようだ。あまり静止を撮らないFavoniusさんは、ファインダーで覗きながら、こんなに青♀はきれいだったけ?と言いながら、飛翔はそっちのけで、メスを探し回る。
a0181059_17201948.jpg

オスの飛翔を時々撮りながら、メスを探し続ける。4頭目と5頭目、似ているが、ちょっとだけ違う。
a0181059_17281951.jpg

撮った順に、6頭目。青面積は狭いが、ブルーが明るい。すぐに飛ばれ、かなり追いかけた。
a0181059_17321767.jpg

土手の上。刈られた草の隙間から撮影。
a0181059_20592954.jpg

もう少しいい背景で撮りたかったけれど、7個体目は青面積は普通。狭くても、明るいブルーだと、とてもきれい。
a0181059_1864160.jpg

そして、8個体目は再びスーパーブルー。最初はカタバミで吸蜜していた。
a0181059_19221697.jpg

「前縁にも青鱗粉」という条件に少し足りないけれど、よく見れば載っている。
a0181059_19231666.jpg

この個体は日向(左)でもブルーがきれいだった。これ以上は開かず。
a0181059_2063234.jpg

上からのアングル(日向)。日陰にしても撮りたかったが・・・
a0181059_2064370.jpg

気配を察して、別な場所に飛び移る。
a0181059_19292560.jpg

ヤマトシジミとは信じれないほどのブルー。
a0181059_19293934.jpg

やっと大きく開いてくれた。
a0181059_19295197.jpg

左のエッジを撮りたくて、右に移動。10枚以上撮って、足場が悪くやっと1枚。
a0181059_1930129.jpg

がさっとやってしまい、飛び移ったところで開翅。スーパーブルーのラストショット。
a0181059_19301247.jpg

その後に現れた3個体。2コマ目、このアングルはどうしてもピンぼけになってしまうのはなぜだろう。
a0181059_20344838.jpg

14時30分、ヤマトは草の穂先で眠りの体制につくものがでてきた。オスは横からの日を全開で浴びるが、せっかく見つけたメスは翅を開かず、撮影は終了。
a0181059_9112920.jpg

    

by otto-N | 2016-11-23 18:14 | Comments(4)

2015.11.18 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.11.28 (記)

2015.11.18
連日、ヤマトシジミ。ところが、擦れたオスしかいないし、メスも飛んでこない。キチョウが舞っていたので、100ミリマクロのAFをMFに切り替え、飛翔を狙ってみる。遠かったけれど、ピントが合っていたものが1枚撮れていた。
a0181059_12532520.jpg

飛び方が遅いのでなんとかなるはずと思ってもう少しやってみたが、なかなかそうはいかなかった。狙いは積もった枯葉の上を舞うキチョウだったのだが。
a0181059_1253081.jpg

アベリアには、アカタテハとキタテハが来た。その下にヤマトシジミ。
a0181059_12591141.jpg

メスが1頭現れ、突然、3頭のオスがメスを追かけ始めた。あわててMFに切り替え連写する。4頭ともフレームに収まっていたのが2枚。大きくトリミング。少し遠いとそれなりの被写界深度が得られるようだ。(クリックして拡大してください)
a0181059_131443.jpg

今日はこれまでかと思っていたところ、青いメスが飛んできて、ピンクのカタバミで吸蜜を始めた。なんと、前日のウルトラブルー。かなりあわてたのでピンボケ連発でいいところは撮れず。
a0181059_1310435.jpg

すぐに飛び去り、地面にとまり開翅。また、飛んで開翅すること3回。上からの光の反射の具合か、露出条件の微妙な違いか、撮ったカットによって、ブルーの色調が変化する。
a0181059_13131933.jpg

擦れてなければ最高だった。残念。
a0181059_13134438.jpg

この後、先ほどのピンクのカタバミの隣の低い方の花で吸蜜を始めた。太陽の方向に翅を開き、くるくる回る。
a0181059_1374191.jpg

結局、同じような写真ばかりになってしまったが、ピンクの花が一番大きく写っていたこれが1番のいいかな。なによりも、左前翅のかすれが目立たない。
a0181059_1314914.jpg


by otto-N | 2015-11-28 20:28 | Comments(0)

2015.11.17 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.11.26 (記)

2015.11.17
近くでヤマトシジミを見に行く。カタバミは少ないけれど、そこそこ、日だまりを中心に飛び回っている。オスのほとんどはスレているが、メスは新鮮なものがふらっと飛んで来ては、日光浴をし産卵場所を探す。
a0181059_14415024.jpg
a0181059_1442116.jpg
a0181059_1442124.jpg

普通の青メスだけれど、枯葉の上だと様になる。
a0181059_14425444.jpg

こんな晴れの中でも、いい感じに撮れた。
a0181059_14431642.jpg

これがこの日の問題児。異様に鱗粉が青を通り越し、空色。飛んでいるときはキラキラと輝いていた。撮れたのはこのカットだけ、すぐ飛び去ってしまった。スレているけれど、これほどまでのものは非常に稀。まるで別種のようだった。黒縁が少し太いけれど、色からはウルトラブルーでいいだろう。
a0181059_1442353.jpg

青く大きいメスが飛んできて産卵場所を探す。一度、オスに絡まれ飛び去ったが、戻ってきて、園芸種のピンクのカタバミで吸蜜を始めた。近くには吸蜜源が少ない。
a0181059_14433935.jpg

蜜までが遠いのか、翅を拡げながら潜り込む。この翅の形、いい感じ。
a0181059_1551340.jpg

隣の花に移って吸蜜。翅を大きく入れたら、背景がうるさくなってしまった。
a0181059_211529.jpg

結局、最初に撮ったこのカットが背景がほどよく抜けてくれた。動き回るので思ったようには撮れなかった。
a0181059_1444989.jpg


by otto-N | 2015-11-26 20:48 | Comments(0)

2015.11.15 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.11.21 (記)

2015.11.15
午後3時、真横からの日に照らされて、ツワブキで吸蜜に余念のないオスとメスのヤマトシジミ。
a0181059_17521291.jpg

左のオスが少し翅を拡げる。
a0181059_17523549.jpg

少し移動するが、翅の上半分は陰。なかなか翅を開かない。
a0181059_20302234.jpg

メスがオスのとまっている花に移り、翅をさらに開いたが、オスはそのまま。せっかくのツーショットはここで終わりだった。
a0181059_1753376.jpg

でも、なんか違和感を感じないだろうか。

もし、違和感を感じたら、ここをクリックしてください。 →☆

by otto-N | 2015-11-21 20:22 | Comments(2)

2015.10.30 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ(1)   2015.11.3 (記)   

2015.10.30
自宅近くではカタバミが雑草としほとんど引き抜かれ、ヤマトシジミがいても背景に難ありという状態になってしまった。そこで、葛飾の友人にSOSの緊急メールをしたところ、江戸川の河川敷に群落があるとのことのこと。早速、行ってみた。

江戸川は東京都と千葉県の間に流れているが、東京都側の河川敷は草刈りが行われたばかりで、芳しい状態ではなく、行った先は橋を渡った千葉県の松戸。河川敷の堤防の上の遊歩道を歩きながら、カタバミとヤマトシジミを探す。草丈30cmほどの斜面にところどころカタバミが咲いており、すぐに青いメスが出迎えてくれた。曇り空、絶好の光加減だった。
a0181059_20411299.jpg

すぐ飛ばれてしまい、2頭目がすぐ出てきたけれど後が続かず、飛んでいるオスの飛翔を狙うがまるでダメ。それにしても、翅脈が真っ白なオスはとてもきれいだ。
a0181059_20413292.jpg

メスは見つからないので他を探す。上流側に少し移動したら、友人が黄色い花で吸蜜しているメスを見つけた。前翅前縁に青鱗粉が載っておらず、スーパーブルーではなかったが、レベル4。このころには、曇っていた空が晴れ始め、せっかくのブルーが出ない。
a0181059_21105714.jpg

吸蜜の場所を少し変えたので、それに合わせて回り込んだとき、少し薄日になった。その瞬間、青面積が広いだけが取り柄のブルーが、デリケートな、素晴らしいブルーに変化した。
a0181059_20445643.jpg

この個体が去った後、場所を少しずつ移動しながら、ヤマトシジミを探す。オスはもう探雌飛翔で飛びっ放し。メスは突然飛んで来る。摺れたオスも青く見えるけれど、飛び方が全く違うのですぐ区別できる。草刈りが入った斜面もあり、なかなかスーパーブルーは見つからず、レベル3の個体ばかりだった(4コマ目は3.5かな)。レベル3と言っても、曇り空であれば、冒頭の画像。ファインダーの中のリトル・コスモス。
a0181059_20421886.jpg

午後1時半。晴れて気温が高いせいか飛び回っていたオスもほとんどいない。そんな中、突然、足元にやってきた少し大きめのメス。スーパーブルーだった。
a0181059_2043053.jpg

少し飛んでは翅を拡げていたが、堤防の向こうへ行きそうなことがあった。かろうじて刈りとられた歩道脇の草地でとまり、開翅。このアングルのブルーはとてもよかった。背景に負けていない。
a0181059_2046524.jpg

そして、再び堤防の内側へ戻る。ときどき、カタバミのある茂みに潜り込む。産卵している風だった。この個体は、こんな明るい中だというのに、ブルーが色褪せない。
a0181059_20431563.jpg

影を作ると翅を閉じてしまう。そこで、友人に影を作ってもらい翅を閉じる寸前に撮った。無理やり作った影の中では、なぜか色合いが曇天のときとは違うけれど、やはり、こちらの星屑を散らしたような淡いブルーのほうが美しい。
a0181059_20471161.jpg

逆光シーン。道端の柵の下にとまったので、この位置からしか撮れなかっただけなのだけれど。
a0181059_20433083.jpg

翅の開き方がちょっといい感じだった。やはり、レベル5か。そうすると、レベル6が存在する。
a0181059_2048189.jpg

最後のシーン。ブルーが、これがヤマト?と思うくらい鮮やかに輝く。
a0181059_2048186.jpg

スーパーブルーが去ったのは午後2時。少し気温が下がり始めたせいか、再びオスの探雌飛翔がはじまり、真っ白な翅脈を撮りたくて、斜面を駆けずりまわった。


(ヤマトシジミ(2)に続きます)

by otto-N | 2015-11-03 20:02 | Comments(4)

2014.11.10 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.11.15 (記)

2014.11.10
ペンタックスの300ミリ単焦点レンズを入手したのだが、雨や寒い日ばかりで、試し撮りが出来なかった。やっと晴れたので、とりあえずヤマトシジミを撮りに行く。

久し振りの晴れのせいか、我が1畳のカタバミ群落にヤマトシジミが数頭。300ミリで遠くから2、3回シャッターを切っていたら、それどころではなくなった。スーパーブルーが紛れ込んでいたのだ。300ミリをその辺に置き、マクロで狙うものの、オスに絡まれるたり、寄りすぎたりしているうち、少し撮っただけで飛び去られてしまった。
a0181059_1641298.jpg

超新鮮な個体。残念ながら頭のほうがピン外れ。
a0181059_16414864.jpg

そのうち戻ってくるだろうと思って、カタバミにやってくるヤマトを撮る。2コマ目、妙な色あいだったが、どうやら翅が完全に伸びきっていないだけらしい。3コマ目、ずいぶん大きい。ウラナミシジミが、カタバミにも来るとは知らなかった。
a0181059_16421783.jpg

オスはときどき2~3頭が絡んでいた。その中の1頭、妙に白かった。
a0181059_16422840.jpg

飛び方も他のと違いゆっくり。混じっても、飛び方と色ですぐ見分けがついた。
a0181059_16432789.jpg

少しは縁毛が摺れてはいるものの、鱗粉が飛び古して白っぽくなったわけではなさそう。黒縁もほとんどない。全体的に白く輝き、EV補正をもう一段下げた。これは以前、宮古島で撮影したオスとそっくりだった。「スーパーホワイト」と言うには少しオーバーかな。
a0181059_16434719.jpg

裏翅も撮っておいたが、斑点が薄いだけで、外縁も波型にはなっていない。他に飛んで行ってもまた戻ってくるのでかなりの枚数を撮ってしまった。
a0181059_16424149.jpg


さて、肝心のサンヨンの試し撮り。なかなかイケる。レンズが1.1kgもあるので、手持ちでは難しいと思っていたので諦めていたのだが、740gのK-5と合わせて1.85kg、なんとか使えそう。以下、トリミングしてあるけれど、マクロと遜色ない感じだった。5、6コマ目はスーパーホワイト。
a0181059_16425742.jpg

昼に用事があったので、3時すぎにまた行ってみた。カタバミはとうに日陰。その横はまだ日が当たっており、真珠色に輝く「スーパーホワイト」が日光浴しているのを見つけた。朝、飛んで行ってしまったスーパーブルーが目的であったのだけど、まあ、メスがこの時間にいるわけがない。
a0181059_16441418.jpg


沖縄のヤマトシジミのメスは、夏でも青く、オスは白っぽい。これから類推すると、青メスの出る今ころの東京では白いオスが出てきてもおかしくはない。それはともかく、せっかくのスーパーブルーに逃げられ、がっくりしています。これまで撮った一番のスーパーブルーは、同じ場所で撮った2011年11月21日のもの。ただ、このときもスレ個体。スーパーブルーは秋だけでなく、春にも出現する。青面積が広く、まるでシルビアのオスのようだ。今回は新鮮な個体だけにかえすがえすも残念であった。

もう1つのそれはともかく:「八重山諸島に産する低温期の♀は、♂と変わらないほど翅表の青色部が全体まで発達する」と、ある図鑑には記載されており、どなたか写真を撮って来てくださいな。図鑑の小さな標本写真ではよくわかりません。

by otto-N | 2014-11-15 21:10 | Comments(2)

2014.10.20 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2014.10.27 (記)

2014.10.20
晴れ。近くのヤマトシジミを見に行く。

まだカタバミの花が咲いていない9時半だというのに気温が少し高いせいか、ヤマトシジミはあまりとまらない。花にとまったので開翅を待つが開かず行ってしまう。これは開翅を期待してのアングル。ウラナミシジミが植栽にとまって長々と日光浴。
a0181059_13302364.jpg

ヤマトシジミは夏のものより秋の白いほうが美しい。いい場所にとまってくれた。
a0181059_14165016.jpg

メスはほとんど見つからず、飛んでいるのを撮る。背景がどうしようもないのだが、カヤツリグサのジャングルは少しはいい。
a0181059_13303350.jpg

透けた翅が撮れたけど、真ん中の草が邪魔だった。
a0181059_1331194.jpg

ちょっと変な雰囲気の個体。追いかけたら、花にとまる寸前が写っていた。かなり青いメス。
a0181059_13312087.jpg

うまい具合に日が翳ったきた。青い面積がかなり広い。
a0181059_13313085.jpg

その後見失ったが、再見。日射の中での開翅。背景に難ありなので、大きく掲載。確かに青面積が広い。しかし、鱗粉の密度が低いし、前翅の前縁に青鱗粉が載っていない。準スーパーブルーというところかな。
a0181059_13314310.jpg


そろそろヤマトシジミの青いものが出てきた。この日のものは青面積が広かったけど、青がボケた感じ。ただ、これまで見た青面積が広いスーパーブルーは、面積が広い分、逆に鱗粉の青色が薄い感じがする。色が薄いのは摺れたせいと思ってはいるが、確証がない。ほどほどの青面積のほうが綺麗かもしれない。今年こそ、新鮮なスーパーブルーを薄日の中で撮りたいものだ。

by otto-N | 2014-10-27 20:10 | Comments(0)