たかがヤマト、されどヤマト

タグ:スーパーブルー ( 31 ) タグの人気記事


2013.11.13 白金の森 ムラサキツバメ   2013.11.13(記)

2013.11.13
完全な冬型の気圧配置。晴天なれど気温は低く、北風も強い。こんな日にムラサキが出てくるかどうかわからないが、今まで北風の日に行ったことはなかった。ひょっとすると、風が強いので地上に降りてくるかもしれない。

気温が低いので少し遅めに行く。薄いフリース(薄い→言わずと知れたユニクロ製)の上にウィンドブレーカー。こんな寒いときにチョウが来るわけないなぁと思いながら、ポイントで待つ。木は揺れ続けているが、散策路のの日溜まりはほとんど風がない。それでも、日陰は寒く日向で待つ。ムラサキシジミが1頭、樹上を飛んでいたが、さすがに気温が低いのか、それっきりだった。先日はムラサキシジミがたくさんいたけれど、そこにはツマグロヒョウモンが来ただけ。少し日向ぼっこをし、飛んでいった。
a0181059_17473474.jpg

しばらくしてShinさんが来たが、全然だった。新しく買ったE-M1の話を伺う。待てど暮らせど来ないので、このポイントを離れて、徘徊する。園内にはもう目ぼしい花は咲いていない。キタキチョウくらいしか飛んでいなかったが、こんな所でという場所でムラサキツバメを目撃。ひょっとしたら、日が当たり始める一角に来るかもしれないと、元のポイントに戻る。そこへ着いたら、飛んできた。11時57分。オス。
真後ろからだと、自分の影に入ってしまうので、少し横から撮るもダメ。光らない。
a0181059_1918742.jpg

頭の方に回り込む。これは少しは良かったが。
a0181059_19182061.jpg

再度、ぎりぎりの後ろに。でも飛ばれた。翅を開いてから飛び去るまで、約40秒。切ったシャッターは7回。またしても、幻光は撮影できず。マクロは近すぎ影を作るのでダメかもしれない。影を作らない望遠のほうがよさそうだ。でも、手持ちのズームは解像度が低く使う気になれない。12時を過ぎると、このポイントは日陰になるので、ここを撤収。その後、園内を一巡しても何もいなかった。
a0181059_19183321.jpg


自宅近くのヤマトシジミのポイントを覗くと、風のない日だまりに少しオスが飛んでいた。が、オスの飛び方とは違うヤマト。落着きがなくなかなか撮れなかったが、撮ってみると、スーパーブルー。ウルトラブルーといってもいいほど青面積が広く、青色も薄い。すぐ飛ばれ、1シーンしか撮れなかったけれど、「ドングリ」が一緒に写っていた。とても嬉しい1枚。
a0181059_19532514.jpg

ウルトラブルーには飛ばれてしまったけれど、青いメスは他にも見つかった。スーパーブルーといいたいところだが、前縁に青鱗粉が載っておらず、準スーパーというところ。ちょっと定義が厳しいかもしれない。時間がたってから飛んできた個体を合わせ、たくさん撮れたのでちょっと嬉しかったが、後でPCで調べてみると、同一個体のようだった。
a0181059_2014627.jpg

地べたではないところでいつも撮りたいものだと思っているが・・・。
a0181059_206266.jpg

ほんとうは曇りの日に撮りたいのだけれど、こんなに寒くては出てこないし、カタバミの花は閉じたままだし、翅を拡げないだろうし・・・。
a0181059_2064010.jpg

ウルトラブルーの鱗粉の付き方は、スーパーブルーと違って細かく、青色も薄い。スーパーだと、青鱗粉がクラスター状(粒状)に固まって載っている感じがするけれど、ウルトラは基部から同心円状に鱗粉が載っている。鱗粉が均一に載っているので、青が薄く見えるのだろうと思う。
左:ウルトラ、中:この日の準スーパー(青鱗粉が前縁に載っていない)、右:10/23撮影の準スーパー(黒縁が平行で太い)。スーパーとかウルトラとかは、遊びで、私が好き勝手につけた名前なので、ご承知おきください。
a0181059_20113846.jpg


秋から冬へ変わった日だった。晴れていても、人間が寒いときはチョウも出て来ないだろうと思っていたが、風を避け日だまりには少しは出てくるようだ。ムラサキツバメは、またしても不満足。敵は自分で作る影かもしれない。影を作らないように、少しでも遠くで撮るために100ミリマクロに1.4のテレコンを噛ませてあるのに、それでも太陽が低すぎる。スーパーブルーのマイポイント、工事でフェンスの中に入ることができないが、なんとか今秋もいるようで安心した。

by otto-N | 2013-11-13 21:13 | Comments(8)

2012.11.13 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.11.20(記)

2012.11.13
そろそろヤマトシジミは飽きてはいるけれど、朝から日差しは弱いので写りはいいはずと、少しだけ見に行く。

芝生の中のカタバミに結構きれいな青いメスがきていた。
a0181059_1642859.jpg

少し斜面になったところにあるカタバミにいたスーパーブルー。これを撮っているとき、別な個体がやってきた。ピンボケながらオスと間違えそうなくらい青面積が広く、色も普通のメスより明るい。
a0181059_16431254.jpg

この青い個体を追いかけてみた。どうやら、昨日のスーパーブルーのような気がした。
a0181059_16424259.jpg

枯葉の上が秋らしくていい。
a0181059_16434996.jpg

綺麗なオスがいたので、全開を撮っておいた。
a0181059_1656724.jpg

もうヤマトシジミはいいだろうと思っても、ひょっとしたらウルトラブルーがいるかもしれないと思い、この場所に出向くのが日課となってしまった。いなければいないで諦めがつくのだが、必ずといっていいほど、そこそこの青いメスが出てくるので困ってしまう。



P.S.
翌11月14日に登った奥多摩・大岳山(1267m)からの富士。ケーブルで御岳山(929m)に行き、そこから1時間半登っただけで、これだけの富士が見える。
a0181059_1722449.jpg

紅葉は少なかったが、ロックガーデンというところにあった真っ暗な滝の上にぽっかり窓があいたような黄色の葉の中の真っ赤なモミジが印象的だった。右はちょっと人工的な神社の境内近くのモミジ。
a0181059_1743058.jpg

この山歩きで、一番驚いたのは、ケーブルカーの終点(標高835m)に、旅館やお土産屋などがぎっしり詰まった街があるということだった。帰りはケーブルに乗らず、曲がりくねった参道を歩いて下ったが、鬱蒼とした杉並木の立派なこと。御嶽は高尾山以上の信仰の山だった。

by otto-N | 2012-11-20 17:22 | Comments(2)

2012.11.12 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.11.17(記)

2012.11.12
夜中に降っていた雨があがり、天気予報では曇りから晴れるという。晴れ始めるときがチャンスとばかり、いつもの場所へ行く。

少し空が明るくなったような気がしたが、どんよりとした曇り空は、晴れそうもなかった。植え込みを見ると、ヤマトシジミが翅を縮こませ、横倒しになって、空に向かって暖をとっていた。植え込みを上から覗くとこんな感じです。
a0181059_11363498.jpg

前日11日の画像。。前日は終日曇り。夕方から雨。昼ころにも、数頭のヤマトシジミが横倒しになってとまっていた。上から覗きこむと次々に見つかった。後から調べると気温は13℃くらい。飛び回っているものはいなかった。この画像の3コマ目は、1枚目の画像の右と同じもの。結局、2日間同じところにいたことになる。
a0181059_1015990.jpg

12日に戻ります。どのくらい待ったろうか、少しだけ空が明るくなってきたとき、翅を開き始めた個体が出てきた。オスのほうが開くのが早かったが、翅の壊れたスーパーブルーもいた。
a0181059_10241061.jpg

そして、葉陰で少し翅を開いていた別個体を見つけた。撮ることのできない位置だったので、枯葉に誘導してとき下に落ちてしまったが、上に登ってきた。
a0181059_10404678.jpg

そして、植え込みに載っていた枯葉の上で開翅。ウルトラ級に少し及ばないが、青面積が広いスーパーブルーだった。
a0181059_10431274.jpg

枯葉の位置を直そうとしたとき、飛ばれたが、気温が低いせいかよたよたとしか飛べず、近くの枝先にとまった。そして翅を開いた。
a0181059_1046470.jpg

開いたままじっとしていたので、かなりの枚数を撮ったがアングルは限られた。曇り空の下ではとても綺麗だ。
a0181059_10474552.jpg

近づきすぎ枝を揺すってしまったとき、植え込みの中に潜ってしまった。太陽が出てきたら登ってくるだろうと待っていたが、いっこうに出て来ず、また来ることにして自宅に戻った。

昼食をとっていたとき、空が明るくなったのであわてて駆けつけてみると、オスが元気に飛び回っているだけで、すでに先ほどの場所にはいなかった。これは、別のメス。まだ日差しが強くなかったので、陰にしてもすぐには翅を閉じない。
a0181059_10571661.jpg

強制的に日陰を作っても、色はナチュラルな感じにはならない。やはり、少し明るい曇り空にはかなわないようだ。
a0181059_1057198.jpg

日が射し始めると、いつの間にかヤマトシジミが集まりはじめ、スーパーブルーも翅を開く。右は前翅の先が欠けているのが残念だった。
a0181059_11102119.jpg

先週まではツワブキは蕾も出ていなかったが、急に蕾が出始め花も咲き始めた。ツワブキの花にヤマトシジミは集まるけれど、綺麗には撮れない。4コマ目は、おそらく、先ほどのスーパーブルー。黄色バックは明るすぎる。色褪せて見えるだけだった。
a0181059_1183975.jpg


曇り空から少し晴れる瞬間を待っていた。晴れるタイミングは逸したけれど、その前に羽化直に近いスーパーブルーを見つけたのはラッキーだった。曇り空がほんの少しだけ明るくなり、気温が低いので十分飛ぶことができないときだったので、この上ない撮影条件だった。

エキサイトブログは、「タグ」というのを付けるようになっており、タグ数の最多はやはりヤマトシジミ。今回の記事は、偶然、ヤマトシジミ100個目のタグ。なんか嬉しい。

by otto-N | 2012-11-17 11:31 | Comments(8)

2012.11.7 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.11.10(記)

2012.11.7
前日は大雨だったけれど、天気予報どおり朝から晴れあがった。晴れてはいるが、カラッとはせず、なんとなく湿っぽい。こんな日には、ムラサキ系は出て来ないはずだが、念のためというより出て来ない確認のため、自然教育園に行く。

教育園に行く前に、ちょっとヤマトシジミのご機嫌伺い。オスがちらほら飛び、日向ぼっこをしていた。ツツジの植え込みで全開中の青♀を発見。チャバネセセリも石垣で暖をとっていた。
a0181059_2223469.jpg

少し捜したがすぐ諦め、教育園に行ったが、まるで気配なし。出てくるはずの時間もすぎたので、ヤマトシジミも溜まり場に戻ってきた。新鮮な青♀がいたので撮ったあと、すぐにスーパーブルーが飛んできた。スパーブルーという名前は勝手につけた名前だけれど、一応、①前翅の前縁に藍鱗粉が載っている、かつ、②前翅の外縁の黒帯が平行ではなく後角にかけてが細くなっていると、定義した。非常に僭越な定義です。左が普通の青♀、右がスーパーブルー。(ウルトラブルーと名付けた、もっと黒帯が細いのもいます)
a0181059_22173267.jpg

このスーパーブルーは、芝生の上に咲いているちびたカタバミの吸蜜に余念がなかった。先日もそうだったが、どうやら、この芝生が好きらしい。素早く飛び回って花を捜す。
a0181059_19112971.jpg

少し丈の長いカタバミだと横からでも撮りやすいが、這いつくばって撮ることには変わりはない。
a0181059_2222365.jpg

このスーパーブルー、少し日が翳ったところでも翅を開いていた。陰を作っても、すぐには閉じなかった。少し気温が高いせいかもしれない。しかしながら、スーパーブルー、オスと同じく、完全な日陰ではそんなに綺麗だはないようだ。
a0181059_22263132.jpg

少し日差しの少ないところのほうが良い気がする。
a0181059_22275085.jpg

植え込みで日光浴。縁毛までピントを合わせるとこんなアングルしか撮れなかった。この直後、オスに見つかり、一目散に飛んで行った。逃げるときのメスはオスより飛ぶのが速い。
a0181059_22303386.jpg


ヤマトシジミの青♀、とりわけ、勝手に名付けたスーパーブルーは、どうやら、完全な日陰ではあまり綺麗に写らないないようだ。チョウ自体はいいのだが、背景があまりにも暗くなる。今回は背景が抜けていないせいがあるかと思うが。晴れてもおらず、曇ってもいない、薄日のときに撮ってみたいと思っているが、そんな日に限って、スーパーブルーは現れてくれない。

by otto-N | 2012-11-10 22:53 | Comments(8)

2012.10.26 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.28(記)

2012.10.26
朝からからっとした快晴。自然教育園のムラサキを見に行く前に、ヤマトシジミの場所に立ち寄る。

いつもより早めで、カタバミもまだ咲いていなかったが、すぐに青メスが飛んできた。かなり青いと思ったら、前翅の前縁にも鱗粉が載っていた。スーパーブルー級だ。ただ、いい場所にとまってくれなかったし、晴れているので綺麗には撮れなかった。しかたがなく、左手で日を遮ったが、ピントが合っていなかった。日陰にした途端、どこかへ飛び去った。
a0181059_14561853.jpg

1頭目には飛ばれてしまったが、次々とスーパーブルーは現れた。1コマ目と2コマ目以降は別個体。
a0181059_1721837.jpg

a0181059_153051.jpg

日陰にするとすぐ飛ばれ、綺麗に撮れなかった。また、風が少しあり、なかなかピントも合わなかった。ここは、都心の高台にあり、30階建ての高層マンションの脇。風があって当たり前。逃げられても、すぐ見つかったものの、どれとどれが同一個体なのか、何頭いたのかさっぱりわからなくなった。
(画像ではわからないが、大きさも結構違っていたし、小さな傷、前翅の黒縁の幅で個体判別ができるが、判別が面倒になった。それと、4コマ画像、背景がうるさくてサイズを縮められず、絵が粗くなりちょっと失敗)
a0181059_17215984.jpg

とにかく、太陽を遮ると飛ばれるので、順光側に慎重に回り込んだ。ブルーの色合いは太陽の反射光の角度によって変わった。
a0181059_1535945.jpg

ふつうの青♀もいたが、とにかく、この日はスーパー・フライデーだった。
a0181059_15214189.jpg

周りの雑草を取り除き、整備した一塊のカタバミにやっと来てくれたのはオスだった。
a0181059_15233461.jpg


やっと、前翅の前縁まで青鱗粉が載ったスーパーブルーが現れた。一度に出て来ては面白みがないし、あまりにも天気が良く、写真写りは良くはなかったけれど、これまでにない鮮度のものばかりだった。曇った日に期待したいが、それまでにどこかへ行ってしまわないことを願うばかりだ。

by otto-N | 2012-10-28 15:36 | Comments(10)

2012.10.22 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.23(記)

2012.10.22
薄く晴れ。自然教育園は月曜休みなので、ヤマトシジミに専念する。少し晴れているくらいが一番いい。

カタバミが咲き始めると、ヤマトシジミが集まってくる。今日のメスの1頭目は、部分的に日の当たったカタバミでの吸蜜だった。早い時間だと、と言っても10時ころは、体を温めるためか翅を開く。4コマ目は左手で影を作って撮影した。日が当たらないほうが、青鱗粉が綺麗だ。
a0181059_162442.jpg

あちらこちらで良く開いてくれた。
a0181059_16274410.jpg

この個体は、準スーパーブルーといってもいいほど、青い部分が広い。4コマ目、せっかく全部開いてくれたのだが、草の影の中。
a0181059_16284362.jpg
a0181059_16343948.jpg

いなくなっても、次々と青♀は見つかった。狭い場所なので、また舞い戻ってきた個体もあるとは思うけれど、とにかく、青♀のラッシュだった。
a0181059_16285795.jpg

日差しが強くなったせいか、半開きしかしなくなったが、アングルによって濃いブルーが輝く。
a0181059_16291486.jpg

おおーっ、すごい青だと思って追いかけたら、とても小さいムラサキシジミだった。日陰で撮影したがヤマトのオスは、やはり日向がいいかな。
a0181059_17425363.jpg

周りを掃除しておいたのに、カタバミの花が固まって咲いている場所にはなかなか来てくれなかったが、やっと撮れた。
a0181059_17335922.jpg

後ろにまわりこんだとき、一瞬、日が雲に隠れた。日差しは邪魔かもしれない。
a0181059_17182019.jpg

しかし、日差しがないと翅を開いてくれない。一瞬、影を作り撮影した。が、多くの場合、このとき逃げられる。
a0181059_17502263.jpg


青さの程度はさまざまだったが、次から次へと撮影した。同時に現れて、どっちにするか迷う場合もあった。スーパーブルーは出て来なかったけれど、このままのペースで撮り続けたら、似たような絵ばかりのヤマトシジミ、チョウはともかく(と思っているが)、背景に難あり、ちょっと恐ろしくなった。

by otto-N | 2012-10-23 17:09 | Comments(4)

2011 ヤマトシジミ ⑥ 11月    2012.1.26(記)

2011 ヤマトシジミ ⑥ 11月
ヤマトシジミの11月は、個体差のほとんどないけれど美しいオスと、青い鱗粉の載りが様々に変化するメスを捜すのが楽しかった。

ヤマトシジミの朝は、日光浴から始まる。午後も2時半で活動を止める日もあった。そして、ツワブキが咲き始め、ヤマトシジミが集まってくるが、撮影しても色が全くでない。
a0181059_1712212.jpg

この年1番のスーパーブルー。ちょっと飛んできて止まったが、日が翳ってしまいそのまま翅を閉じたままだった。粘りに粘って、日が射したときちょっとだけ開いたので撮影できた。
a0181059_17124086.jpg
a0181059_1713191.jpg

11月の半ばを過ぎると、メスの新鮮なものが見られなくなったこともあるが、晴天の日が続いたのであまり綺麗に撮れなかった。
a0181059_20102663.jpg

a0181059_1714630.jpg

午後には日が低くなる。この日、最後の日光浴。
a0181059_17142856.jpg
a0181059_1715752.jpg

この個体は、翅の色と、翅頂部から前縁の黒縁の形、青鱗粉の粒が黒地に載っていることから、メスと判断したが、鱗粉の落ちかかったオスとも見えなくもない、どうだろうか。
a0181059_17153167.jpg

朝は石垣の上で日向ぼっこ。昼ころにはツワブキの花にヤマトシジミが集まる。相変わらず明るすぎ翅の色がでなかった。このツワブキはコナラの小木の根本にあり、午後にはコナラの葉の上で日を浴びる。5コマ目だけがオス。4コマ目と6コマ目は、傷んではいるが、それぞれ別個体のスーパーブルーのメス。
a0181059_20143283.jpg

晩秋の典型的な白っぽいオス。新鮮だと綺麗だ。
a0181059_17163479.jpg


晩秋のヤマトシジミは、寒いので、すぐ翅を開くので撮影しやすい。日が翳ると固く翅を閉じてしまうだけではなく、日が射していないと飛んでこない。途中で日差しがなくなり翅を閉じてしまったら、再び日が射すのを待つだけだった。
ツワブキの花には集まるけれど、黄色が眩しすぎてなかなかきちんと撮れなかった。ストロボを焚いてもだめ。何かいい方法はないだろうか。もっとも、個人的にはツワブキの花自体は好きではないのだが、せっかくの開翅だ、なんとかしたいものだ。

by otto-N | 2012-01-26 18:00 | Comments(6)

2011 ヤマトシジミ ⑤ 10月下旬    2012.1.20(記)

2011 ヤマトシジミ ⑤ 10月下旬
本日、関東地方に雪が降った。郊外は積もったようだったが、都心部は積もらなかった。とにかく35日間、カラカラの日が続いていた。クルマのタイヤをスタッドレスに履き替え、10年ぶりにスキー板を買った。長野の天気がよさそうだったら、いつでも行ける体制になっているけれど、ずうーっと雪の日が続いているようだった。新しいスキー板は、アトミックのBlackeye Ti 167cm、1昨年あたりから出たロッカースキーだ。前の板はサロモンの・・・・、というふうにスキーのことに脱線すると、チョウより詳しいと思う。脱線しないで、ヤマトシジミの続きをします。

10月中旬から下旬にかけては、ヤマトシジミの撮影数は多かった。選ぶのが面倒なくらい多かったので、新しい6枚組にしてみた。こうすると、1記事の縦の長さが少なくなるので、少しはいいかもしれない。(画像はクリックすると大きくなります)

ヤマトシジミのオスは相変わらずで、薄日か曇りの日のメスは青がとても綺麗だ。
a0181059_14533829.jpg

この時期は、少し寒いと出て来ない。出てきても日が翳ると、すぐ葉の上で休む。そして日が射すのをじっとまっている。撮影には実はチャンス。日が射したら確実に翅を開いてくれる。この日は、とても寒く、前翅を後翅の中まで畳み込んでいた。
a0181059_15261.jpg

青いメスは、キツネノマゴとイヌタデが好きなようだ。日が射すと翅を拡げる。
a0181059_20264621.jpg

葉と葉の間から逆光気味で撮った。ただ休んでいるだけだが、まるでテリ張りのようだ。
a0181059_2233860.jpg

黄色いアワダチソウに止まったスーパーブルー。吸蜜はしていなかった。
a0181059_2241182.jpg

スーパーブルーより、青鱗粉の面積は小さいが、こちらのほうが綺麗なようだ。青い部分が小さい分、引き立つ。
a0181059_2243785.jpg
a0181059_2251180.jpg

白い花のイヌタデも少し混じっており、こちらでも吸蜜した。
a0181059_929301.jpg

後ろの2枚はスーパーブルー。青鱗粉の面積は大きいが、色が薄いので一瞬オスに見間違える。
a0181059_226382.jpg

スーパーブルー、新鮮なら申し分ないのだけれど、残念ながら縁毛が少し痛んでいた。
a0181059_2291061.jpg


10月中旬から下旬にかけては、曇りがちの天気が多かった。しかし、このほうが撮影には適している。ヤマトシジミの青メスは、晴れているより曇っているほうが綺麗に撮れる。ただの曇りなら寒くて翅を開かないが、少し薄日が差したときに翅を開く。この瞬間を待って撮影した。

by otto-N | 2012-01-20 22:16 | Comments(4)

2011 ヤマトシジミ ④ 10月上旬    2012.1.16(記)

2011 ヤマトシジミ ④ 10月上旬
10月に入ってのヤマトシジミ、メスは青鱗粉が載り、オスは前翅の黒縁が狭い寒冷型に変わってきた。

キツネノマゴで吸蜜するメス。この花は背が高くはないが、ピンクの可愛い花をつけヤマトシジミとしてはとても絵になる。
a0181059_15121525.jpg

前翅の前縁まで青鱗粉の載ったスパーブルー。本当は日蔭で撮影したかった。涼しくなったせいか、日が当たる中でも開翅する。というか、むしろ日が当たらないと開翅しない。
a0181059_15122675.jpg

オスは黒縁が狭くなり、色も白ぽい寒冷型に変わっていた。メスは程度の差こそあれ、みんな青鱗が載ってきていた。
a0181059_15123959.jpg


10月ともなると、夏とは逆に、オスも日差しがないと翅を拡げない。曇りがちの日、翅を閉じているのを見つけ、日が射すのをじっと待つ。我慢比べの季節になった。きれいなメスを見つけ、やっと翅を開いたとき、オスに絡まれ飛ばれてしまった悔しさは何回味わったことだろう。

by otto-N | 2012-01-16 15:32 | Comments(6)

2011.11.30 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.12.6(記)

2011.11.30
前日は晴れていたにもかかわらず、チョウが飛ばないほど寒かった。しかし、この日は、打って変わって小春日和。東京の最高気温は19.4℃もあった。寒かった分を取り戻すかのように、チョウは驚くほど飛んでいた。

ヤマトシジミの新鮮なメス。明るすぎ、写りがよくないが、スーパーブルーだ。
a0181059_1701962.jpg
a0181059_1571547.jpg

何日か前に草刈りされ、やっと残ったちびたカタバミの花に吸蜜するものの、地べたのチョウといえ、やはり淋しい。
a0181059_16145257.jpg
a0181059_158694.jpg

目いっぱい翅を拡げ枯葉で休むヤマトシジミ。右ほど翅が輝いている順に並べたが、3Dになってしまった。
a0181059_1583358.jpg
a0181059_15105383.jpg

ヤマトシジミの淡麗なオス。撮影時間はずいぶん違う。同一個体かどうかは不明。
a0181059_15173153.jpg
a0181059_15175463.jpg

ロベリアの花で吸蜜するヤマトシジミ(♀)、モンシロチョウ、キタキチョウ、ウラナミシジミ(♂)。
a0181059_15184597.jpg

ウラギンシジミ(♂)も、石垣の蔦の葉の上で開翅。
a0181059_15201969.jpg
a0181059_15211160.jpg

一番よく撮れたのは、ツツジの植え込みにやってきたムラサキシジミ(♀)。
a0181059_1523484.jpg
a0181059_15233243.jpg


気温の低い日が続いたせいか、小春日和になると、さすがにチョウが飛び交う。ちょっと嬉しかったのは、まだまだ新鮮なウラナミシジミだった。もちろん、ピカピカのヤマトシジミがまだ健在だったことは、もっと嬉しいことだった。もう、12月。いつまで、出てきてくれることか、せめて中旬まで楽しませてくれるとよいのだが・・・

by otto-N | 2011-12-06 16:02 | Comments(6)