「ほっ」と。キャンペーン

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:タカネヒカゲ ( 5 ) タグの人気記事


フライイング・バタフライズ 2016 (17)タカネヒカゲ   2017.2.16 (記)

タカネヒカゲ
常念岳では、ミヤマモンキチョウの他にタカネヒカゲを撮影した。ただ、昨年は発生が早く、オスはほとんどスレ個体だった。

山小屋に着いた午後は、左の方に太陽があるため、槍ヶ岳方向は半逆光になり、槍ヶ岳もチョウも色が出ないのが残念だった。
a0181059_16291250.jpg



翌日も晴れ。どぎついほど空が青く写る。とまっているとどこにいるかもわからないほど、岩に溶け込むタカネヒカゲの飛翔画像は、写っていることさえも、モニターでしっかり見ないと判らなかった。
a0181059_16292663.jpg


表翅の斑紋は赤くてきれいなはずだが、スレ個体ばかり。メスはあまりハイマツの藪から出てこないようだ。オスに見つかり追いかけられても、すぐ藪の中に入り込む。
a0181059_16295150.jpg


飛ぶスピードは速いが、長い距離は飛ばず、すぐにどこかにとまる。しかし、どこか判らない。近づくと足元から飛び出す。そんなことばかり繰り返していた。
a0181059_16300420.jpg


次の瞬間、背景に槍ヶ岳が入ったのだが、翅の向きが・・・
a0181059_17114635.jpg


時々、オス同志が絡む。しかし、一瞬で終わる。
a0181059_16301289.jpg


またもや、悔しい1枚。あと3cm。
a0181059_09250275.jpg




by otto-N | 2017-02-16 21:26 | Comments(0)

2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(7) タカネヒカゲ   2016.7.29 (記)

2016.7.12 続き
ミヤマモンキチョウを撮っているとき、足元からタカネヒカゲも飛び出すので、これも狙ってみた。とにかく素早いので射程になかなか入らず、全滅かと思われたが、PCで画像をチェックしていると、何枚かは写っていた。色が地味でカメラのモニターでは写っているのさえ判らなかった。表翅が撮れたこの1枚は残念ながら、少しピンボケだった。
a0181059_16432753.jpg

槍ヶ岳が入ったものの翅は閉じ気味。何よりも岩と重なってしまった。
a0181059_16573796.jpg

背景が草ぼうぼうの岩礫の中、どこにチョウがいるのかまるで判らないけれど、これが現実的な姿。
a0181059_16594130.jpg

下からカメラを向け空を入れる。でも、逆光。
a0181059_16492454.jpg

前日の午後は2頭の絡みが多かったが、この日の午前中はあまり見なかった。風がやや強かったせいかもしれない。風に逆らってホバリングしていたので、やっと撮れた1枚。向こうの山は横通岳。
a0181059_16494428.jpg

その他、ピンボケのジャンクショット(忘備録)
a0181059_10311850.jpg

1頭がもう1頭を追いかけ、枯れ木の上でパタパタしていた。どうもメスへの求愛らしい。
a0181059_17134832.jpg

レンズを通してメスはどこにいるのか判らなかった。オスはすぐに諦め飛び去ってしまったので、メスは奥の方だと思っていたが、意外と近くにいたらしく、ガサっとやると遠くに飛んでいってしまった。メスは新鮮なはずだけにちょっと軽はずみだった。
a0181059_171439.jpg

岩の上で日向ぼっこだけかと思っていたら、しっかり吸水(吸汁)している個体もあった。
a0181059_17283183.jpg

日が高くになるにつれ、気温が上がったせいか、飛び出す個体が増えてきた。新鮮だったらしっかり撮ろうと思っても、鮮度はモニターを見るまで判らないし、ピントを合わせるだけでも大変だった。
a0181059_17243170.jpg

これは奇麗そうと思っても、すぐに飛ばれてしまう。ハイマツの中に飛ばれお終いの繰り返し。
a0181059_17254314.jpg

だらだらと撮るのがいつもの悪い癖、10時40分、これ以上、常念小屋に連れ合いを待たせておくのもなんなので、撮影を止め、小屋に戻って荷物をまとめる。(この時、前日撮ったミヤマモンキのオスとメスの絡み画像、オスがタダモンキと気がついておれば、もっと粘ったに違いない)

(常念岳(8)に続きます)


   

by otto-N | 2016-07-29 20:08 | Comments(0)

2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(3) タカネヒカゲ   2016.7.22 (記)

2016.7.11 続き
常念小屋に入る前に小屋の前にあるテーブルで、それまでの18-135ミリを300ミリに交換していたら、すぐ近くに、1頭のタカネヒカゲが飛び出した。ハイマツのの中にとまるがなかなかピントが合わない。
a0181059_17192464.jpg

飛んだので慎重に近づいたが、寄りすぎた。しかも逆光。
a0181059_17223290.jpg

とりあえず撮影はできたので小屋で受付を済ませてから、少し上に登る。常念乗越からは、槍ヶ岳はこんな風に見える。
a0181059_1729525.jpg

常念岳。岩の間にハイマツが茂っているだけの完全な森林限界。ハイマツに近寄ると驚いたことに丈は30cm程度。よほど風が強いということか。
a0181059_17325942.jpg

タカネヒカゲは、時々登山道に飛んで来た。しかし、とまったあたりに近寄ってもどこにいるのかさっぱり判らない。近づくと飛ばれ、何だ、そこだったのか、と失敗してばかり。近づいても敏感ですぐ飛び立つ。マクロ代わりの18-135ミリで撮るのは諦め、300ミリで撮ることにした。やっと撮ることはできたけれど、かなりスレていた。
a0181059_17414855.jpg

追いかけては飛ばれるが、みんなスレばかり。深追いせずに新鮮なものを探すが、見つからず、嫌気をさす。4コマ目は比較的新鮮だったが、この後飛ばれてしまう。ひよっとしたら、スレたのはオスで新鮮なのはメスかもしれない。タカネヒカゲの飛ぶスピードは速い。ヒカゲチョウというよりセセリチョウ。飛び方もセセリに似ている。
a0181059_1747185.jpg

ときどき、2頭が絡み、横っ飛びに飛んで行く。オス同志のテリ争いか。飛翔は撮れそうもなかったけれど、標準ズームから替えた15ミリでトライした。かろうじて1頭が写り、その向こうにちょっとだけの槍ヶ岳。
a0181059_1834974.jpg

風景はこんなだ。手持ちで撮ったいい加減な3枚のパノラマ合成なので、デフォルメされているが、左に常念岳(2857m)、中央のはるか彼方に槍ヶ岳(3180m)、右に横通岳(2767m)。その麓の赤い屋根は常念小屋。午後は、槍ヶ岳方面は逆光。撮影するなら午前中がよさそうだった。
a0181059_19345918.jpg

登山道の脇にはミヤマダイコンソウが少し咲き、低いハイマツの茂みにはシャクナゲが咲いていた。ハイマツの上にはミヤマモンキチョウが飛んでおり、こちらにも時おりやって来る。ほとんど飛びっ放しだが。ミヤマダイコンソウで一瞬吸蜜した。しかし、撮影できず。
a0181059_19344657.jpg

ミヤマモンキチョウはとまることなかったので、撮るのを諦め、スレていないタカネヒカゲを探していたのだが、突然、目の前で、ミヤマモンキのオスとメスが絡んだ。急いで、AFからMFに切り替えピントリングを回す。それにしても近すぎた。この後、急に遠くに飛び去ってしまう。残念。
a0181059_17401667.jpg

ミヤマモンキの雌雄の絡みは、予期せぬことだったので、咄嗟に15ミリで撮影することは思いもつかなかった。今度は15ミリで撮影しようと思っていると、次のチャンスはすぐやってきた。足元のハイマツを踏まぬように近くに来るまで待つ。そして、撮れた。
a0181059_19555873.jpg

背景に槍ヶ岳。逆光で露出オーバー、白とびしたがピントはOK。午後2時30分、カンカン照りの中、チョウも暑くて飛ばなくなり、走り回ったせいか喉がカラカラ、撮影をいったん終了し、また3時ころ出撃しようと、小屋に戻る。
a0181059_19561695.jpg
外のテーブルで冷たいビールを飲んだ後、部屋に入った途端、眠ってしまった。目が覚めたのは4時。チョウはあまり飛んでいなかった。不覚。

★東京に戻ってから、ミヤマモンキチョウの画像を見ていたら、何か変。オスは普通のモンキチョウであることに初めて気づく。標高2500m、こんな高い所にも飛んでいるなんて信じられなかった。ただ、メスがオスを追って、翅の動きを同調させ、ゆっくりと飛ぶことは、普通のモンキチョウと変わらなかった。


(常念岳(4)に続きます)


   

by otto-N | 2016-07-22 18:20 | Comments(2)

2013.7.19 長野県・北アルプス 白馬乗鞍岳 タカネヒカゲ   2013.7.28(記)

2013.7.19
すっきりとした青空、すがすがしい朝だった。この日は、栂池まで行き白馬乗鞍岳(2436m)に登る。

晴れていたのは山麓だけのようだった。アルプスの方を見ると、雲で覆われ山頂は見えない。それでも、栂池のゴンドラに乗ったときには、一瞬、白馬岳のほうが見えた。写真を撮ろうとして、ザックをあけたら、カメラを間違えたことに気がついた。山歩きのときは、重いので18-135ミリズームをつけた1台だけ。ところが入っていたのは、100ミリマクロをつけた方だった。1台のときは、55-300ミリズームをレンズだけ持ち歩くことにしている。しかたがない、景色は300ミリズームのワイ短で撮るか。

ゴンドラから見えた山影。すぐ、また雲で覆われてしまった。
a0181059_10242474.jpg

ゴンドラ駅を降りたら、回りは明るいものの薄いガスの中、20分に1本のロープウェイに乗って、栂池自然園に行く。登山口はこの脇(標高1900m)。9時10分、よく整備された登山道を登り始める。景色は薄いガスで見えないので、花撮りのためマクロに付け替える。唐松岳と同じような花が現れる。

オオベニミゾホウズキ、ツマトリソウ、サンカヨウ、〇〇スミレ(→ミヤマツボスミレと判明しました)。ツマトリソウはとても多かった。
a0181059_1031516.jpg

イワイチョウ(ミツガシワとの区別できず)、ギンリョウソウ、アカモノ、イワカガミ。
a0181059_1032035.jpg

ミツバオウレン、ツマトリソウ、タテヤマリンドウ、ショウジョウバカマ。
a0181059_10321699.jpg

タテヤマリンドウのあったのは、天狗原という湿原。そこをすぎたところにショウジョウバカマがあったので、雪渓があるかもと思っていたら、最大の難所。急な雪渓だった。先客さん、軽アイゼンをつけているにもかかわらず手こずっているようだった。我々は、北海道育ち。足の裏が多少滑っても全然平気。といっても、ここで事故ったら装備不足での避難は免れない。雪渓の途中から上は晴れ、下は雲海。2コマ目は天狗原湿原。
a0181059_10521360.jpg

雪渓を抜けだした後は、だらだらとした登り。その登り出しに咲いていたハマナス、ではなくタカネバラ、不明の白い花、花弁のとがった黄色い変な花かと思ったが、キンポウゲの散りかけのようだ。結構マジで撮ったのに。
a0181059_10565516.jpg

少し登ったところで、スレスレのコヒオドシみたいなチョウが飛んでいた。結構素早い。とまってもすぐ飛んでしまう。やっと落ち着いたところで、近づくと、正体はタカネヒカゲだった。このときは300ミリズーム、数回シャッターを切ったとき飛ばれてしまった。
a0181059_114232.jpg

他にもいないかと探しながら進むが、見つからなかった。でも、妻の足元から赤いものが舞い上がり、ハイマツの茂みに潜り込んだ。妻は赤い蛾と思って、踏みつけるところだったと言う。なんともったいないことを・・・

山頂へ着いたのは11時20分。記念写真を撮り、お昼を食べ、白馬大池まで少し降りて、つまんなさそうなので山頂へ引き返した。実は、もう少しタカネヒカゲを探したかった。しかし、見つからず。山頂は気抜けするほど平だった。そこからの景色も間延びしている。
a0181059_111438.jpg

向こうに見える岩山は、白馬岳?よくわからない。
a0181059_11154514.jpg

タカネヒカゲを探しながら下山開始。いたのはゴマダラカミキリ(斑点が細かい気がするが) → 鍵コメさんからコメントをいただき、シラフヒゲナガカミキリと判明しました)、とクジャクチョウ(妻は目ん玉チョウという)。
a0181059_11245159.jpg

雪渓を登っていたとき、どうやって妻を降ろすかを考えていた。ロープがあるので、後ろ向きで降りることを指示し、なんとか無事降り切った。天狗原に出て、雪渓を見上げる。朝はガスの中だった。
a0181059_1131235.jpg

ベンチで休んでいたとき、目の前にあった湿原の2大風物詩、チングルマとワタスゲ。
a0181059_11343075.jpg

チングルマの新鮮な花もまだあった。
a0181059_11382458.jpg

300ミリズームのワイ端55ミリで撮り、パノラマにつなげるのは苦しいものがあった。
a0181059_1133484.jpg

ゴンドラの切符には栂池自然園の入場料も込みだったので、入園した。昨年来たのは6月末だったので、まだ雪で覆われていたが、今回はほとんどなく、歩くのが楽。

ハクサンチドリ、キンポウゲ?、オオバタケシマラン、ミズバショウ。
a0181059_11451967.jpg

カラマツソウ、蕾はピンクでかわいい、ミヤマカタバミ、タテヤマリンドウ。
a0181059_11454151.jpg

ニッコウキスゲの群落。
a0181059_1146137.jpg

大型の花。ニッコウキスゲ、キヌガサソウ、サンカヨウ、シラネアオイ。
a0181059_11461867.jpg

残雪と緑、そして漂う雲がとても綺麗だった。一番右が昇ってきた乗鞍岳。
a0181059_11534252.jpg

帰る途中にいたヒメキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲ。白樺の幹にヒオドシチョウが翅を拡げたが合焦が間に合わず撮れなかった。それと、ナナカマドの花にクジャクチョウが吸蜜していたのも撮れず、悔しいものがあった。
a0181059_11543428.jpg

ホテルに戻るのが遅くなったけれど、日課となったゲレンデに行った。ウラクロは飛んでなかったが、ルリタテハはテリを張っていた。いつもとまる石の近くで待っていると、翅音までも聞こえ、汗ばんだ肌が風圧を感じた。

by otto-N | 2013-07-28 12:04 | Comments(8)

2013.7.17 長野県・北アルプス 唐松岳 タカネヒカゲ (2)   2013.7.24(記)

2013.7.17 続き
ガスが晴れない登山道。山は見えなくても花が次々に現れる。それを撮りながら登るわけだけれど、実は、とても苦しい。シャッターを押す瞬間は息を止めなくてはいけないし、なによりも、丈が低いので屈まざるをえない。立ち上がるたびに深呼吸し、妻に追いつくために駆け上がりに近い。雪渓近くの木の間には、シラネアオイとエンレイソウの群落があった。エンレイソウは地味だが、個体によって緑色が微妙に入り込み、よく見ればとてもいい花だった。その個体差に気づき何枚も撮ってしまった。
a0181059_1775383.jpg

キヌガサソウ、ショウジョウバカマ、イワカガミ、ミツバオウレン。
a0181059_17154930.jpg

丸山ケルン(2080m)に着いたのは10時40分。その上では、灌木地帯の木が低くなり、ハイマツに変わる。
a0181059_1719148.jpg

おなじみのチングルマ、アカモノ、ハクサンイチゲ、クロユリ。
a0181059_17231471.jpg

相変わらずガスは消えてくれないが、ときどき谷の向こうが見える。
a0181059_19275268.jpg

登山道の左側の方がガスが深いようだった。ガスが立ち込める崖の狭い登山道の曲り角で、3人の登山者が携帯をかざしていた。何かを撮影している様子。すぐには分らなかったが、なんと、近くにライチョウがいた。オスだけと思ったら少し先にはメスも。全然逃げない。
a0181059_17293189.jpg

じっとしているわけではなく、ときどき移動する。そしてメスがオスに近づいてきた。
a0181059_17292473.jpg

その後、メスは岩陰に行ってしまったのでオスを撮り続けた。一瞬、体を膨らました。それにしても、逃げない。
a0181059_17295033.jpg

ライチョウばかり撮っていてもしかたがないので先に進むと、すぐ唐松岳頂上山荘だった。山荘手前にはシナノキンバイ、名前不明のとても可愛い花。山小屋を過ぎ、唐松岳山頂に向かう途中には咲いていたコマクサ、クモマスミレ。
a0181059_17433629.jpg

頂上に着いたのはちょうど12時。ガスで何も見えず、風も少し出ていた。ガスの中、記念写真を撮ったあと、岩陰で昼食、と言っても前日に用意したコンビニのおにぎり。そして、そそくさと下山。そして、驚き。

先に歩いていた妻の足元から赤いものが飛びあがった。一瞬、ベニシジミかと思った。えっ、嘘という感じだった。風にあおられ、翅を開きながらよたよたと這い回っていた。風があり、動き回るのでなかなかピントが合わなかった。
a0181059_17511080.jpg

石の間に入り込もうとするので、指に載せ小石の上にとまってもらった。
a0181059_17574082.jpg

そして、なんとか半開翅も。
a0181059_17505725.jpg

ずうーっと屈みこんでいたので、膝は痛くなるし寒くなってきた。なかなかいいポーズをとってくれないので根負けし下山することにした。山荘前で休んでいると、一瞬、ガスが切れた。でも、ほんの一瞬だけ。唐松岳の山頂は見えず。
a0181059_1922386.jpg

下山するにつれ、少しずつガスが晴れてきたようだった。山頂は見えなかったが、かなり谷間が見渡せた。
a0181059_19354185.jpg

下山の途中、シラネアオイの群落があったあたりで、ヒオドシチョウが白樺?の小枝にとまって吸汁していた。しばらく待っていると、隣の枝に移り、翅を開いた。
a0181059_19242542.jpg

かなり下ったところで、五竜岳のほうもガスが切れてきた。しかし、山頂は姿を現すことはなかった。
a0181059_19363237.jpg

最終リフトの山頂駅に着いた15時ころ、雨がポツリポツリと降り始め、ゴンドラ山麓駅に着いたころにはすっかり本格的な雨。

ホテルに帰ってビールを飲んでいると、雨が止んだので、昨日のゲレンデに行った。そこで、またしてもウラクロのオスらしいのを目撃。また、昨日同様、ルリタテハのテリ張りを確認。ヒメシジミはかなりスレた個体しか見なかった。

by otto-N | 2013-07-24 20:18 | Comments(14)