たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ダイミョウセセリ ( 9 ) タグの人気記事


2016.5.24 東京・高尾山(1) イチモンジチョウ   2016.5.29 (記)

2016.5.24
18日、20日、この日で3回目の出撃。しかし、発生していたら飛んでくるはず。10時半、見切りをつけ4名で脱藩。今が旬のクモガタヒョウモンを求めて、山頂からその奥へと向かったのであった。

高尾山と言えば、天狗とモミジ。モミジと言えばミスジチョウ。いたるところにヒラヒラと飛んでいるが、探雌飛翔のオスはなかなかとまるものではない。フジミドリの見張り中にやっと撮ることのできたのがこの1枚。
a0181059_2048399.jpg

山頂へ向かう参道を歩いているとスミナガシ。少しボロだが、贅沢を言っている場合ではない。なにせ、シャッターはこの日も数回切っただけだったのだから。
a0181059_20491384.jpg

ミスジチョウと一瞬間違う大型のコミスジ。新鮮なのだがこの背景では・・・。
a0181059_20515570.jpg

黒系アゲハが飛び交う登山道。もっとも多かったのはモンキアゲハ。しかし、とまらない。ハイカーさんたちが「何を撮っているの?」→「蝶々です」と答えると、アサギマダラがいましたよと教えてくれる。よく聞くとアオスジアゲハだったりするけれど、アサギマダラはとにかく有名。確かに、高尾山ではよく見ます。ジャコウアゲハ♀も飛んでいたけど、すぐ茂みの向こうに飛び去られた。
a0181059_20492434.jpg

ダイミョウセセリがとても新鮮。風でゆらりゆらりと動く。
a0181059_20493618.jpg

ダイミョウセセリは難関。撮ってもほとんど翅表は真っ黒にしか写らない。日に当たると焦げ茶色なのだが、これもビロード状の翅表がちゃんと撮れなかった。
a0181059_20494573.jpg

目指すはクモガタヒョウモン。先は長いので、ペースを上げるべく、先頭を切っていたら、後続の3人がなかなか来ない。分岐点で10分待っても来ない。もしや、何かあったのではと引き返すと、イチモンジチョウを撮っていた。なるほど、とても新鮮で美しい。さすがみなさん、目のつけどころが違う。完全に逆光だったので苦しい。
a0181059_2051287.jpg

順光に回り込んだら、少し開いた。ちょっとカッコいい。
a0181059_2050288.jpg

閉じかけたので右に回る。
a0181059_10444868.jpg

先ほどの完全逆光は免れた。
a0181059_2051154.jpg

少し飛んでススキの葉上で開翅。
a0181059_20512823.jpg

向きを変え飛んでいった。この後は、近くにあった獣糞で吸汁。
a0181059_20514283.jpg

登山道にはコジャノメが飛んでおり、いい感じの場所にでとまった。数回シャッターを切り、モニターを見たらなんか変。いつの間にか、「クロスプロセス」になっていた。シャッターも1/60でブレブレ。色はソフトで戻ると思っていたら、RAWからは起こせるが、JPEGからではムリだった。色はきれいでも、薄っぺら。なにもリアリティを感じない。こんな特殊な機能の切り替えはもっと奥のほうに引っ込めておいてほしいものだ。
a0181059_2052550.jpg


(高尾山(2)に続きます)


   

by otto-N | 2016-05-29 20:31 | Comments(0)

2016.5.2 群馬県・ツツジのヒルトップ アオバセセリ   2016.5.9 (記)

2016.5.2
リタイアしてから、ゴールデンウィーク中は東京から出たことはほとんどなかった。この日の道路交通情報センターの渋滞予想をみると関越道は渋滞なし、天気予報も晴れマーク。ということで、黒系アゲハがツツジに集まると言う場所に行ってみた。快晴ではなかったけれど、東京は日が射していた。しかし、埼玉県に入りさらに北上すると、完全に曇り空。SAに停まって様子をみると、半袖だとまるで寒い。このまま引き返そうと思ったが、これから晴れてくるのかもしれず、予定通り行ってみた。

ヒルトップのツツジは満開。しかし、空が暗く、晴れると遠くまで気持ちいい景色が見えると聞いていたが、麓の街並しか見えず。少し空が明るくなり期待を抱かせることもあったが、ずるずると時間が経過する。寒いので薄手のパーカーを着込んだ。アゲハはまるで飛んで来ず、先客のNさん夫妻と諦めようかと話をしていたら、Sさん(年に一度どこかでお会いする)も登場するが、一向に天気が回復する気配はなし。帰ろうと思い、最後の見廻りをすると、アオバセセリがブンブンと飛び回っていた。アオバセセリは、ウツギの花でしか見たことがなく、テリ張りシーンを見たいものだとは思っていた。飛び回っているばかりと聞いていたアオバセセリは、近くの葉の上に突然とまった。時刻は13時40分。
a0181059_13205262.jpg

その後も、飛び回ってはときどき小休止する。晴れたら、いつもスミナガシがとまっていて、アオバセセリを追い払うのだが、この日はスミナガシがいないので、アオバセセリがとまることができるとのこと。「クモリノヒ スミノイヌマニ テリヲハル」というところか。1頭だけではなく、別個体が来てときどき猛烈な勢いで絡んでいた。飛び戻って、とまる都度に撮影したものを撮った順に並べてみると、冒頭の1枚の個体は、その後は写っておらず、この2コマ目からは、右前翅に少し欠けのある個体しか写っていなかった。
a0181059_1321286.jpg

スミナガシを期待したが、撮れたのはアオバセセリだけ。300ミリでちょうどいい距離から豆粒大でしか写らない距離の全部を、一律の大きさにトリミングして並べた。
a0181059_13211197.jpg

写っているのはどれも同じ個体。ということは、この個体が1頭目の個体を追い出し、制空権を握ったこの日の覇者ということか。
a0181059_13214629.jpg

真後ろから見ると、オレンジ部分が面白い。飛び去ると同じ場所に戻る傾向にはあったが(鳥の糞のついた葉の場所)、必ずしも同じでなく、唐突にとまる感じだった。それと、とまっている時は、常に少しだけ翅を開いていることに気がついた。吸蜜の時は、翅の先端は閉じている。
a0181059_13212399.jpg

飛ぶコースは一定しているように思い(ただの錯覚)、300ミリ、置きピンで連写すると、ボケたオレンジが入ったのでなんとか1枚くらいとさらに連写を続けたが、すべて空打ちに終わる。かろうじて、遠い1枚だけが証拠写真。
a0181059_13215728.jpg

近くに来たダイミョウセセリがとまって翅を開いたきり。とまったのは冒頭のアオバセセリと同じ葉っぱ。一番、暖かい位置なのか。超新鮮だが、斑紋以外は真っ黒にしか撮れなかった。
a0181059_1322879.jpg
少し明るくなった時、黒系アゲハがやってきたが、明るくなったのは一瞬だけ。一段と空が暗くなり、15時30分、諦めて撤収。ご一緒したみなさん、残念でしたが、こんな日もありますね。個人的には、テリ張り環境とアオバのテリ張りを見ることができたので、そこそこ満足しました。
   

by otto-N | 2016-05-09 20:08 | Comments(0)

2013.6.4 山梨県・今倉山 クモガタヒョウモン   2013.6.11(記)

2013.6.4
梅雨入りだというのに晴天が続くので、山歩きに出かけた。場所は、山梨県の今倉山(1470m)、松山(1458m)、二十六夜山(1297m)の登りと下り。新緑と花と富士山がいいらしい。

道志道の道坂トンネル前に車を置き、まず今倉山を目指す。登山道には地味だが名も知れない花が咲いている。名も知れないのではなく、名を知らないのであるが。
a0181059_14211948.jpg

せいぜい名前を知っているのはチゴユリくらい。木の花も白いのは多い。
a0181059_14213725.jpg

途中で富士山が見えたが、雲が多かった。
a0181059_14242741.jpg

今倉山の山頂からは何の展望がなく、回りは木。何も見えずつまらない。そこを下り、また登る。4コマ目の木の花が妻の本日のお気に入り。
a0181059_1547411.jpg

西峰という所からの富士山。さらに雲が増えてきた。
a0181059_14314785.jpg

小さな花を撮りながら先を進む。カミキリムシみたいなものはいても、チョウはまったくいない。
a0181059_14261040.jpg

また下り、さらに登り。登ったところが松山。一番の展望らしいが、富士山はちょっとだけしか見えなかった。
a0181059_1433990.jpg

展望のいい山頂にはぼろのキアゲハが1頭いた。他にダイミョウセセリとミヤマセセリ。テングチョウや黒系アゲハもいたけれど、それよりツマジロウラジャノメが飛んでいたので、レンズを付け替えて捜したがもう来なかった。残念、初めての遭遇だった。木で下が見えなかったが、頂上の下はガケ。なるほど、棲息するのはこんな場所か。
a0181059_14465993.jpg

もっとこの山頂にいたかったけれど、先を急いだ。ここからの尾根伝いの道は、ときどきブナの巨木があるミズナラの森。ハルゼミが一段とうるさかった。とても気持ちの良い登山道だった。
a0181059_14511151.jpg

一度、舗装林道に出てからまた登り、あっけなく二十六夜山に着いた。頂上からは富士山が見えるはずだが、雲の中らしかった。ミヤマカラスアゲハが飛んでいた。1頭がツツジに来たが、完全な日陰。あわてて内臓フラッシュを使ったが、背景が真っ白。
a0181059_1504653.jpg

この山頂で初めて他の登山者にあった。これで山歩きは終了。先ほどの林道を下った。林道は舗装されているが、途中で開発中止のようで使われていなかった。ひょっとしてツマジロウラジャノメがいないかと思ったが、崖はすべてコンクリートで固められていた。それでも、1頭いた。追いかけるのの全くとまらず。探雌飛翔のようだった。コンクリート崖にはおびただしいほどのテングチョウ。ヒオドシチョウが路上で吸水していたが翅は開かず。林道の下のほうにくると、クモガタヒョウモンが多かった。探雌飛翔らしく草の間に入り込み、なかなか花には来なかった。が、2回だけシャッターを切ることができた。
a0181059_1519984.jpg


こんな気持ちのいい登山道は久しぶりだった。奥多摩のように杉林はなく、ブナ、ミズナラなどの広葉樹林。すがすがしい緑とハルゼミの大合唱。登山者はほとんどいない。チョウもほとんどいなかったが、いつものこと。それだけに、思いがけないチョウに出会えると、とても嬉しいもんです。

by otto-N | 2013-06-11 15:31 | Comments(6)

2013.5.21 横浜・ゼフの舞う公園 アカシジミ   2013.5.23(記)

2013.5.21
横浜ではもうアカシジミが発生した。それと、ものすごく青いツバメシジミのメスも出たとのことで、急遽、横浜に行ってみた。

前日は雨。朝から晴れるはずが、現地についたときに雲がやっと薄くなってきた状態だった。早く咲き始めるという1本の栗の木のところに行ってみると、下草はまだ乾いていなく、すぐにズボンはぐちゃぐちゃに濡れてしまった。栗の花は下まで咲いており、ちょっと見てもアカシジミは見つからなかったが、枝の1本を揺するとすぐに飛び出した。よく見ると下草のススキの葉の中にもアカシジミがとまっていた。
a0181059_16205234.jpg

日が出てきたせいか、樹上にも飛んでいた。下草の1頭に飛ばれても、次のアカシジミが簡単に見つかった。以下は、すべて別個体というわけではないが、とにかく、簡単に撮影できた。こんなのは初めてかもしれない。
a0181059_16232653.jpg

この4枚は、少しずつ背景を変えて撮ったもの。
a0181059_17551449.jpg


下草で撮った最後の1枚。
a0181059_16274597.jpg

ツバメシジミを探しに行ったが、2日前のこと、やはりもういなかった。一通りポイントを回って、元の場所に戻るとおなじみのお二方が蛾を探していた。合流して、樹上のアカシジミを撮影した後、ウラゴマダラシジミを探したが、見つからず発生はもう少し先になるようだ。
a0181059_16352495.jpg

この公園で撮ったチョウたち。コチャバネセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、ヒメジャノメ。アカボシゴマダラとモンキアゲハが飛び回っていたが、全く撮影できなかった。
a0181059_16381531.jpg


今年は、1週間くらいチョウの発生が早いようだ。アカシジミも例外ではなく、もう飛び回っていた。この分だと、この公園で見られる他のゼフィルスも発生が早そうだ。それと、この公園に集まるみなさんとの再会も楽しみにしています。

by otto-N | 2013-05-23 16:46 | Comments(12)

2012.5.11 多摩丘陵 クロヒカゲ    2012.5.17(記)

2012.5.11 多摩丘陵
この日も晴れ。アオバセセリを撮りに、またここへ。もう少し早く来てみた。8:30に到着したが、ヒメウツギは木立の陰の中。9:20分ころ、日が当たり始めたが、一向に来る気配なし。やって来たのは、三毛猫さん。こちらを見下ろし、ぼりぼりやっていた。
a0181059_19561168.jpg

結局、11:30まで張り込んだが、現れず。前日、同様、付近に来たチョウを撮る。ダイミョウセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ずいぶん小さなオナガアゲハと思ったら胴が赤く、ジャコウアゲハだった。新鮮なコチャバネセセリ。ダイミョウセセリの前翅の紋の1つはダンダラさんが5月4日の記事に書かれていたように完全に白かった。
a0181059_19582720.jpg

暑くなったのでここを諦め、山道をうろついていたところ、コジャノメを発見した。いつも、ハイキング中に見かけるがじっくり撮ることもないので、しばらく遊んでもらう。
a0181059_2084357.jpg
a0181059_2091835.jpg

明るい道に出たとたん、クロヒカゲがテリ張りしていた。
a0181059_20143858.jpg

近くにクロヒカゲはもう1頭いて、お互い追いかけまわしていた。が、途中で絡んだと思ったらすとんと茂みの中に落ち込んだ。もしやと思って近づくと、やはり、そうだった。葉に当たった光が反射し、ちょっといい雰囲気だった。
a0181059_20144275.jpg


アオバセセリは現れず、現れたのは三毛猫さん。「今日も来ないよ」とばかり、くつろいでいた。アオバセセリには振られたが、コジャノメは適度に楽しかった。クロヒカゲの交尾シーンは、交尾好きではないのだけれど、これなら交尾シーンも悪くはないものだと初めて思った。

(次回は、3度目の正直です。三毛猫さんも登場します)

by otto-N | 2012-05-17 20:29 | Comments(8)

2011.5.18 山梨県・高川山 アオバセセリ    2011.5.19(記)

2011.5.18
新緑のハイキング。いつも、登って下りて5時間以内のところを探す。近場で、手ごろなところがなくなってきた。今回は、大月にある高川山(976m)、ガイドブックには3時間30分とある。
今の季節、麓にはウスバシロチョウくらいはいるはずだ。ただし、目的はあくまでハイキングだ。大月の1つ先のJr・初狩駅から登り、富士急・田野倉駅へ抜けた。

初狩駅を降り、町を抜け、登山口付近の休耕畑には、予想したとおり、ウスバシロチョウが舞っていた。だが、気温が高く、止まりそうもない。あきらめ、登山道に入る。と、コミスジがいたので、撮る。その中の1枚。
a0181059_2063275.jpg

木に咲く白い花にサカハチチョウがいたが、飛んでいってしまい、撮れず落ち込んでいたところ、ウツギを発見。アオバセセリがいるではないか。日影だけれど、何とか撮影。それにしても、めまぐるしい動きだった。(実は、これが、生まれて初めての遭遇です)
a0181059_2071076.jpg

日向に出てくれよ、と願ったところ、少しだけ出てくれた。緑の色が出ていない気がするが、目もくっきり。初めてとしては上等だ。
a0181059_2074616.jpg

途中、ヤマツツジ(?)にカラスアゲハが来たが、頭が隠れて撮れなかったが、あっけなく頂上へ到着。待っていたのは、ダイミョウセセリ。頂上でのテリ張りは、昨年、他のところで見ているので、驚かなかったが、やはりうれしい。ダイミョウセセリは、翅が擦り切れたミヤマセセリとバトルを繰り返していた。新旧の入れ替わりというところか。ツツジの花の上にも止まるが、すぐにスクランブル発進、なかなか落ち着かない。
a0181059_2025542.jpg

ダイミョウセセリを撮っているとき、突然、スミナガシがやって来て、好位置で前開。しかし、ピントを合わせに手間取っているうち、カラスアゲハがちょっかいを出し、スミナガシはもっと高い位置に移動。そこから、動かず。
a0181059_20101850.jpg

ときどき、翅を立てるが、これもまたいい。しばらく、この位置にいたが、またもや、カラスアゲハが・・・
a0181059_20103396.jpg

頂上にいたチョウたち。まだテリを張っていた落ち武者のヒオドシ、新鮮なキアゲハ、キマダラヒカゲ(サト、ヤマの区別ワカリマセン)。
a0181059_2011166.jpg

麓に下りると、ウスバシロチョウの舞う休耕畑があった。しかし、なかなか止まってくれない。止まり癖のある個体を見つけやっと撮影した。が、開いてくれるのはなかなかいない。やっと見つけたが、翅が少し壊れていた。ツレアイはさっさと行ってしまったので、やむなく、撤収した。
a0181059_20112696.jpg

登山道でみた花。チゴユリ、キケマン他は名前がわかりません。(1コマ目はツレアイのお気に入り、どなたか教えてください)
a0181059_2011407.jpg

最後に、田野倉駅前の空き地にいたヤマトシジミ。
a0181059_2012052.jpg


5月の新緑ハイキング。頂上で期待した富士山は見えなかったけれど、やっぱり、新緑は気持ちがいい。
チョウ的には、ウスバシロチョウしか期待していなかったけれど、予期しなかったチョウに遭遇した。
この時期、見晴らしのよい山頂にはスミナガシがいる可能性があることを確認できた。ハイキングの楽しみが1つ増えたかな。(チョウのいるのは、山頂・山麓の原則は変わらなかったけれど)
それと、マクロを購入して正解だった。らくらく、花の写真が撮れる。

by otto-N | 2011-05-19 21:20 | Comments(16)

6月、練馬区、ダイミョウセセリ (2010.6.12)    2011.2.16

2010.6.10
練馬区にある石神井公園。大きな池があり、ハンノキが繁っているらしい。ひょっとしたらミドリシジミがいるかもしれないと、この日の午後行ってみた。確かにハンノキは多かった。が、夕刻になってもミドリシジミの気配はなかった。
公園のはずれの高い木に周りがおおわれた空き地で、アカシジミらしいものが横切ったが見失う。高い木の梢には、ここでもアカボシゴマダラが飛んでいたが遠くて撮れず。足元を見ると、ダイミョウセセリがテリを張っていた。見慣れないセセリがいた。後で調べるとキマダラセセリらしい。ヒメジャノメもいた。
a0181059_10352166.jpg


土曜と日曜は天気が良いと、原則的に練馬区にあるテニスクラブでテニス。住んでいる目黒区から車で40~50分もかかる。テニスは30年やっているが、まるでうまくならない。道具に助けられているだけだ。この日、テニスコートを抜け出し、だめもとで、石神井公園にいってみた。池は想像以上に大きく、奥のほうはなかなかワイルド。ミドリシジミは見つからなかったが、ハンノキが多く、棲息している可能性はあると思う。
池に面したある邸宅の庭の木に、コムラサキらしきものが飛び交っていた。今度また行ってみよう。


PS:
所用とスキーで北海道に行っていた(2011.2.6-15)。
ついでに、何十年ぶりに札幌の雪祭りを見てきた。
売店と観光客が増え、大雪像の数が減ったような気がしたが、このふくろうの目はなかなか良かった。目は氷を埋め込んであるとのこと(2/10)。
a0181059_13413929.jpg


これは、帯広の近く、幕別町の夕日。太陽は日高山脈のほうに沈む。私の個人的な夕日スポット(2/13)。
a0181059_13235482.jpg


by otto-N | 2011-02-16 10:59 | Comments(0)

6月、横浜、ミドリシジミ (2010.6.11)   2011.2.4

2010.6.11
ミドリシジミの開翅を見たくて、また、横浜に行った。しかし、ミドリシジミにはなかなか会えず、あきらめかけたとき、やっと撮ることができた。
a0181059_228404.jpg

栗林に行ったけれど、アカシジミはいなかった。しかし、その代わり、ウラゴマダラシジミがいた。
近くの笹薮には、ヒカゲチョウ。
そして、テリの張りすぎで疲れ、葉陰で休むダイミョウセセリ(いい絵でしょう)。
a0181059_2273663.jpg

この公園のはずれのほうで撮った、ベニシジミ、キタテハ、そして、ルリシジミ。
a0181059_2281319.jpg


この日、2回目の横浜。開翅したミドリシジミを見つけることができず、あきらめてとぼとぼ歩いていたとき、ここで知り合ったHachenbackerさんに、ミドリがいるよ、と手招きされ、やっと撮ることができた。初めは翅を閉じていたが、薄日が差すにつれ、おずおずと翅を開いてくれた。やっぱりこの輝きはきれい。北海道のものよりかなり大きかった。
ウラゴマダラシジミは、なぜゼフィルスの一種なのか合点がいかない。昆虫採集で少年期を過ごした北海道・小樽では、住宅街のどこにでもいる普通種。やはり、北海道のものより大きい。
ベニシジミ以下は、ミドリシジミ撮影時に居合わせたAkakokkoさんに、公園の隅から隅まで案内していただき、そのときに撮ったもの。
横浜の、Hackenbackerさん、Akakokkoさんありがとうございました。6月にまた会いましょう。

by otto-N | 2011-02-04 22:52 | Comments(2)

5月、奥武蔵・伊豆ヶ岳 (2010.5.28)   2011.2.2

2010.5.28
新緑の季節。奥武蔵の伊豆ヶ岳(851m)に行ってきた。
麓で出向かえてくれたのは、ウスバシロチョウ。やっと、開翅の絵が撮れた。
頂上では、かなりの数のアゲハ類が飛び舞う中、ダイミョウセセリが、それに負けじと、ぶんぶん飛び回り、テリをはっていた。
尾根筋では、コジャノメに遭遇。孤高の番人といった感じで悪くなかった。
a0181059_14244943.jpg

しかし、このコジャノメ、翅が不完全だった。
麓に下りると、橋の欄干にルリタテハ。
民家の庭には、ヒメウラナミジャノメがいた。
a0181059_14252667.jpg


この山登りでも、麓には何らかのチョウがいたが、登山中にはほとんどチョウは見なかった。どうも、チョウ撮影と登山は両立しないようだ。
ダイミョウセセリは、このときに初めて見た。このテリの張り方は、まるで戦闘機のスクランブル発進のようだった。

by otto-N | 2011-02-02 15:01 | Comments(2)