たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ツシマウラボシシジミ ( 3 ) タグの人気記事


フライイング・バタフライズ 2016 (7)ツシマウラボシシジミ   2017.1.26 (記)

ツシマウラボシシジミ
連休に入る少し前、チョウ類保全協会から、足立生物園で飼育繁殖しているツシマウラボシシジミを公開するというメーリングリストによる知らせが入った翌日に駆けつけたところ、すでに2名が撮影中。お一方はI さんだった。I さんの撮影を手伝いながら撮った思い出深い画像です。
a0181059_13532614.jpg

温室なので暑く、蚊に刺されながらの撮影だった。
a0181059_13533698.jpg

外は曇り空。とても暗く、ときおり日が射す時だけ、私の機材ではなんとか撮影できた。ISOは1600~3200。
a0181059_13534549.jpg

ピントの合った4枚の表翅は叶わず、裏だけが撮れた。
a0181059_13535630.jpg

オスの輝くブルーは構造色。とまっている時はほとんど翅を閉じている。ブルーに輝くのは飛んでいる時。それでも、このように、角度によってはブルーにならない。
a0181059_9111823.jpg

飛んでいるとき、銀の裏翅とブルーの表翅がキラキラと輝き、とてもきれいだ。
a0181059_1354825.jpg


鹿の食害と棲息する植林地の環境悪化によって、ツシマウラボシシジミはほぼ絶滅状態にあり、鹿の侵入防止ネットを張り、間伐して林床を明るくして食草のヌスビトハギが育つ環境を作り、そこへ人工繁殖させたチョウを放すという苦肉の策でしか保全の方法がなくなってしまったようだ。足立生物園で交尾・産卵を行い、幼虫を育て、蛹を対馬に帰すという膨大な作業だ。累代飼育を確立する上で、一番不安定なのは交尾とのことですが、交尾が順調に行われ、急遽、(お役御免の)オスの公開となったとのことです。

   

by otto-N | 2017-01-26 16:41 | Comments(0)

2016.4.27 東京・足立区生物園 ツシマウラボシシジミ   2016.5.7 (記)

2016.4.27
鹿の食害により絶滅寸前のツシマウラボシシジミは、日本チョウ類保全協会のみなさんによって、人工繁殖で数を増やし棲息地の対馬に戻す試みが行われており、成果が出始めているようです。今年も、越冬した蛹から成虫のペアリングを行い、無事成功したのとのことで、オスが東京の足立区生物園で公開されたので、早速、行ってみました。

ツシマウラボシシジミは、南国のチョウとともにドーム温室に放たれていると聞き、温室に入ってみると、すでに、座り込んで撮影されていた方が2名。仲間に入れてもらった。ツシマウラボシシジミの大きさはヤマトシジミより一回りは小さい。ちょこんと葉の上にとまった姿は、とてもかわいい。植木鉢に植えられたハルジオンが好きらしく、この回りからあまり離れようとしなかった。吸蜜のときは翅は閉ざしたままだったが、葉の上にとまる時は、少しだけ翅を開く。飛んでいる時は、青く輝いたけれど、後ろからでは、灰色。ルリシジミのメスの感じだ。
a0181059_1335364.jpg

ハルジオンの他、紫蘇系ぼこの小さな花にも吸蜜した。
a0181059_13355791.jpg

ドームの中は薄暗かったけれど、時々、日が射すと明るくなる。
a0181059_13361454.jpg

温室ドームの中を飛んでいるとこんな感じ。後ろからではただの灰色が、角度によって青く輝く。裏翅の黒班、なるほどウラボシ。納得がいく。
a0181059_13381227.jpg

とにかく、暗い。ISO1600だが、絞りすぎた。後でかなり輝度修正した。
a0181059_1336487.jpg

暗すぎるので、やむをえず、ISOを3200にし、絞りも開けた。しかし、結果論だがこれが失敗。わが愛機ペンタックスK-3は、暗い中でのISO3200は、ピンがきても輪郭があいまい。暗いところではムリ。4コマ目は、前翅は灰色、後翅はブルー。翅の角度によって、色が変わる。
a0181059_1337996.jpg

裏翅の浮遊感。
a0181059_13382526.jpg

青い表翅と裏の一つ星。花にとまる前のホバリング。
a0181059_21111031.jpg

というわけで、楽しみにしていたツシマウラボシシジミ♂の妖しいブルーを、証拠写真ですが、なんとか撮ることができました。チョウ類保全協会の皆様と関係者の方々に改めて感謝いたします。



    

by otto-N | 2016-05-07 18:26 | Comments(2)

2016.4.27 速報 ツシマウラボシシジミ   2016.4.27 (記)

2017.4.27

昨日、日本チョウ類保全協会からこんなメールが入っておりました。そこで、早速、行ってきました。

___________________________________________________________

会員のみなさま

 ツシマウラボシシジミの保全については、これまでニュースレター等でご報告をしておりますが、生息域外保全活動は、足立区生物園にて継続して実施されています。本協会も人工交配などで協力を行っておりまして、多くの会員のみなさんにボランティアでご協力をいただいており、たいへん感謝しております。

 今年度の第1化の成虫の交配は順調に進み、本日、羽化したメスをすべて交配させることができました。
 そのため、明日より、足立区生物園にて、オス成虫をチョウの温室に放し一般公開を行うことになりました。
 連休前半頃までは観察できることと思います。ツシマウラボシシジミに出会うよい機会ですので、ご興味のある方はどうぞお立ち寄りください。
 足立区生物園ホームページ:http://www.seibutuen.jp/

*********************************************************
  特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
  140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
  TEL 080-5127-1696
  Email:jbcs@japan-inter.net
  http://www.japan-inter.net/jbcs/
  協会ブログ:http://jbcs.exblog.jp/

____________________________________________________________


吸蜜するツシマウラボシシジミ。可憐そのもの。
a0181059_16424945.jpg

飛んでいるとき、表翅が青く輝き、とても美しい。
a0181059_17291841.jpg


ご存知のように、ツシマウラボシシジミは絶滅寸前にありましたが、人工繁殖が実りつつあります。今年は、越冬に成功し羽化したメスが少なかったとのことで、ペアリングがかなり厳しい状況と聞いていましたが、飼育に携わっている方々の必死の努力でペアリングに成功し、今年も数を増やすことができそうです。これからも地味で大変な作業が続くと思いますが、飼育ボランティアの方々、関係者の皆様にエールを送ります。

オスは、他の南国のチョウとともに温室ドームの中を飛び回っていますが、メスは、飼育室におり、産卵シーンが見ることができるかもしれません。ぜひ、飼育室にもお立ち寄りください。本場の対馬に行っても見られず、日本では、ここでしか見られないチョウです。


   

by otto-N | 2016-04-27 22:23 | Comments(6)