たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ツバメシジミ ( 55 ) タグの人気記事


2017.6.28 北海道・クサフジの海岸 カバイロシジミ   2017.7.11 (記)

2017.6.28
朝は曇っていたが少しずつ晴れ上がり、午後からは快晴。時間ができたので砂浜の続く海岸線の荒地にカバイロシジミを探しに行く。数年前、十勝でカバイロシジミを撮影したことがあるが、食草のクサフジはどこにでもあるにもかかわらず、それほど多いチョウではないと思う。現地にやっと着き、食草のクサフジを探すとあちらこちらに咲いている。しかし、まるでチョウが飛んでいる雰囲気ではない。晴れて暑すぎるのかと思いつつ、柏林の外側の藪の中の小道に分け入ることにした。とりあえず、目の前にいたヒメウラナミジャノメ、テリ張り中のコキマダラセセリ、ギンイチモンジセセリ(海岸だがススキが多い)を撮っておく。
a0181059_17403506.jpg


藪の中のトレイルの傍らにはクサフジとそれより花の大きなクサフジ(後で調べるとヒロハノクサフジかヒロハクサフジのいずれか)がポツンポツンと咲いていたが、どこにもカバイロは飛んでいない。未発生なのか、こんな広い場所のどこにいるのかと諦めていた時、目の前のクサフジに突然やってきた。よし、撮れたと喜んだのは束の間。モニターを見ると、あらかじめEVをー0.7補正していたにも関わらず白とびしていた。落胆して、トレイルを進むとクサフジにすぐ見つかった。しかし、位置が悪すぎ撮れずに終わる。よく見ると、クサフジはトレイルに沿って咲いているが、日当たりの関係か、藪の中には咲いていない。なあーんだ、クサフジの前で待っていればいいのか。と言うわけで、果てしなく続いているトレイルの先までは行かず、クサフジの群落を行ったり来たりした。EVはー1.0ではまだ白とびするので、結局、-1.3まで下げた。
a0181059_21130039.jpg


カバイロシジミの真っ白い裏翅の付け根は青みがかっており、これがこのチョウの特徴かもしれない。
a0181059_17593473.jpg


逆光側からだとうまく撮れなかったし(1コマ目)、すぐ花の中に潜るのでそれほど撮りやすくはなかった。なによりも、晴れていたせいか翅は閉じたままがほとんどだったが、それでも、少しは開いた。すぐ半開翅したが陰むらがいやだったので手で陰を作ったら、即、飛ばれてしまった(2コマ目)。近すぎ、残念ながらピンボケ(3コマ目)
a0181059_12574012.jpg


クサフジの間を行ったり来たりしている時、目の前のクサフジから飛び去っても、トレイルに沿って飛び10mほどのクサフジで吸蜜を繰り返す個体がいることが判った。ひょっとしたら巡回コースが決まっているのかもしれなかった。こんな個体の飛翔速度はそれほど速くはなく、トレイルに沿うので追いかけられないほどではない。そこで、21ミリで追いかけてみた。置きピン距離はチョウを驚かせない30cm。しかし、甘かった。ピンがなかなか届かない。1コマ目、小さかったのでツバメシジミが絡んだのかと思ったが、カバイロだった。カバイロシジミの飛翔写真は、鮮明に撮れなければ寒冷期の白いヤマトシジミと変わらない。
a0181059_22001674.jpg


裏翅を撮ってもしよーがないのだが・・・
a0181059_13343866.jpg



これも・・・
a0181059_13333195.jpg



とても悔しかったのがこの3枚。1コマ目は少しピンボケ。2、3コマ目はジャスピンだが翅が一部しか入っていなかった。ただ、背景に海が写る場所ではなく雑然とした景色なので諦めはつく。
a0181059_22022332.jpg



広角の静止画像。不本意ながら、追いかけているとき突然花にとまっただけのこと。
a0181059_13363888.jpg



半開翅撮影に2回も失敗し(実際は3回)、やけくその飛翔撮影に走っていたのではあるけれど、半開翅が撮影できた。少しずつ翅を開いていったが半分までだった。
a0181059_13415368.jpg
a0181059_13445603.jpg
a0181059_13460188.jpg
a0181059_13463110.jpg
a0181059_13470125.jpg


ここにはツバメシジミもおり、夏だというのにまだ靑♀がいた。その中でとびっきりのスーパーブルー。一瞬、アサマシジミかと思ったほどだ。
a0181059_13533070.jpg


擦れていたのがただただ残念で、北海道のツバメシジミの♀は侮れない。
a0181059_13553558.jpg

翌日、千歳から帰る前に、機内持ち込み可能な鮎竿を持ってきていたので、郊外のリンゴシジミを見に行く。発生木の下には整然とした踏み跡はあったけれどチョウの姿はなかった。発生しなくなったのか採集されたのかは不明。それにしても、カバイロとは樺色と書くと思うが、調べてみると白樺の白色ではなく、山桜の樹皮の色(=赤味を帯びた黄色)とのことで、「樺」を白樺と間違ったのだろうか、♀の色から命名されたのだろうか、名前の由来がわからない。おそらく前者だろうなぁ。




by otto-N | 2017-07-11 16:40 | Comments(0)

2017.5.1 千葉県・江戸川河川敷 ベニシジミ   2017.5.10 (記)

2017.5.1
ヤマトシジミの♀を探しに江戸川の河川敷に行く。♂がチラチラ飛び回っているが、気温が高いせいかとまる気配はなかった。秋にはピンクのイヌタデ群落のある場所には、黄色い花が咲いており、シジミチョウが飛び回っていた。とまらないので連写してみたらツバメシジミ。黄色い花はカタバミではなくてヘビイチゴのようだった。
a0181059_14300353.jpg


黄色い花にヤマトシジミの青♀が一瞬とまったが、すぐ飛び去り、後を追うも撮影は出来ずに終わる。靑♀がいることが確認できたので土手の叢を探すと、見つかったのはツバメシジミの靑♀。
a0181059_14342600.jpg


産卵体制には入らずとまっては翅を開く。食草の上がやはりいい。
a0181059_14343661.jpg



上流に向かって移動するが、とまらないヤマトとツバメの♂ばかり。ギンイチも飛んでいるが追いかける気も起きず、ミヤチャはまるで姿はなく、ベニシジミの擦れた♂だけが目についた。その中に、均一に擦れたのか、最初から白かったのか、ちょっと怪しい2つの個体。
a0181059_14415955.jpg


ベニシジミの♀はとても艶やか。産卵のためか、翅を休めては少し飛び、食草を動き回る。
a0181059_14434725.jpg



ちょっと気に入った1枚。
a0181059_14440042.jpg



付近にはハルジオンが咲いており、吸蜜もした。
a0181059_14471243.jpg



ハルジオンの薄いピンクは難しい。チョウを明るくすると白くとんでしまう。ぎりぎりに明るくした。
a0181059_14473635.jpg



来た時は晴れていたが徐々に雲が増え、すっかり空は曇ってしまった。場所を変えてもヤマトの♀は見つからず。きれいなベニシジミの♀が、曇り空の中、懸命に翅を開いていた。
a0181059_14534931.jpg


少し飛んだところを広角で連写するが、ゆっくり飛ぶのにまるでピントが合わなかった。
a0181059_14555639.jpg


飛翔を撮るには空が暗すぎた。
a0181059_14560575.jpg

午後1時、雨がポツポツ降り始めたので、遊歩道のトイレに雨宿りのため駆け込んだ直後、大粒の雨に変る。そして、横殴りの雨と轟きわたる雷鳴。




by otto-N | 2017-05-10 16:19 | Comments(0)

2014.4.24 東京・多摩川河川敷 (2)ミヤマチャバネセセリ   2017.5.6 (記)

2017.4.24  続き
この日は午前中は薄曇り。気温が少し低いためか、晴れていても翅を開く個体が多かった。
a0181059_16525551.jpg



♂のほとんどは飛び古しており新鮮な個体は少なくなっていた。
a0181059_10553901.jpg



時々、カラスノエンドウやカタバミで吸蜜するがピントを合わせる前に飛ばれることが多い。葉被りだが、可愛らしい雰囲気は出たと思う。
a0181059_11012520.jpg



昼下がりは吸蜜タイム。あちこちで一斉に吸蜜が始まった。ひょろひょろしたカタバミが多く、とまるたびに花が揺れる。撮りたくても叢の中、容易には近づけなかった。
a0181059_11032907.jpg


ヒメウラナミジャノメがひょこひょこ飛び回っているがなかなかとまらないし、とまっても雑多な場所ばかり。自分の姿をよく知っているらしい。しばらく後をつけているうち、いい場所にとまった。絞り解放で撮ってみたが、翅の凹凸で細かな模様までピントが合わず、やはりF6.3が無難だった。
a0181059_11065916.jpg



この日もツバメシジミの♀が出てきてくれた。なかなか落ち着かず、最後は川べりの崖。カンカン照りだと白い縁毛がとんでしまう。
a0181059_11124647.jpg


これは別個体。前の個体より少し靑鱗粉が多い。これも落ち着かなかった。
a0181059_11152061.jpg


しばらくそっと後を追っていたら、絶好の場所で翅を開き始めた。最初は普通の横位置で撮っていたが、縦位置でも撮ってみた。
a0181059_11160174.jpg



薄い雲がかかっていたが雲がとれた瞬間、全開した。眩しすぎる縁毛。
a0181059_11161422.jpg



ギンイチモンジセセリ、ツバメシジミと、この河川敷でのお目当てのチョウにはほぼ満足したが、ミヤマチャバネセセリは最初に来た日に♂を1頭見ただけ。毎年、洪水とまでいかなくても、堤防内は増水し、オギ(ススキだと思っていた)の倒される場所が変わってしまう。倒されたオギのある広い空間が♂のテリハリの場所だが、今年は空間が狭かったせいか、いつもの場所にはいなかった。あるいはここにいつもいたキタテハに追い出され続けていたのかもしれない。もうミヤチャは諦めていたが、この場所で♀を見つけた。
a0181059_11293322.jpg


モニターを見ていた時に姿を消してしまったが、30分後、50mほど離れた場所で♀を発見した。今度は翅を開いたので、透けた斑紋を撮るために逆光側に回る。翅を閉じた時の画像を見ると、最初の個体と斑紋の形が近似しており、2個体とも同一のようだった。
a0181059_11294577.jpg




by otto-N | 2017-05-06 20:51 | Comments(0)

2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.5.3 (記)

2017.4.20
晴れが続いた朝、自然教育園にトラフシジミを見に行った後(この朝も開くことはなかった)、多摩川の河川敷に行く。前日よりも気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリは幾分飛び方は穏やかで、翅を休める姿が目についた。
a0181059_17262302.jpg


やはり枯葉のほうがいい感じだ。
a0181059_17261307.jpg

飛翔は枯草の間をぬって飛ぶ感じを出したかったので、あえて草の中にもカメラを入れて見た。幅の広い草では草被りで一部しか姿が見えない場合が多かった。それでも、ボケのきれいな細い枯草の茂みの中を飛ぶ姿に挑戦した。
a0181059_17270188.jpg

逆光気味だと色が出ないけれど、ピンが来るのはこういう時。
a0181059_17271089.jpg

ヤマトシジミも時おり飛んでくるが、まるでとまらなかった。やっと撮れたと喜んだら、いつものように品のない雑多な背景。
a0181059_17391489.jpg


ツバメシジミの青♀。少し飛んでは翅を開いていた。ヤマトシジミの青♀は日向ではいいブルーに撮れないが、ツバメシジミの靑♀はブルーが日を浴びても細かく輝く。なので少し大きめにトリミング。
a0181059_17415682.jpg

前翅の縁に沿っても靑鱗が帯をなすきれいな個体だった。
a0181059_17420483.jpg


ゆっくり飛び回るので驚かせない程度に追ってみた。
a0181059_17474690.jpg

横から撮るとると同じようにしか写らなかった。飛んでいる時は、ジャスピンでも色がボケた感じになるので、青♀は飛翔では色の表現はムリのようだ。
a0181059_17495671.jpg

後ろ姿だが・・・。
a0181059_17480658.jpg


落ち着きなく飛び回っていたツバメシジミ♂をあちらこちらで見かけた。とまると翅を開きかけるが、とても敏感だった。
a0181059_17475611.jpg

ミヤマチャバネセセリは見つからないまま時間が過ぎていくうち日が翳り始めた。これで終了と帰り始めたた時、風で揺れる菜の花にとまったベニシジミが目に入った。
a0181059_17554328.jpg



そして、羽化直のようなツバメシジミ♂。少し飛んでは翅を開く。ブルーもいいが、欠けのない縁毛の白の輝きがきれいだ。
a0181059_17575187.jpg


とろけるような緑の中で横で何枚も撮った後、縦構図でも撮ってみた。しかし、上のベニシジミと同様、縦構図は眼と縁毛にピントが合わずボツの山。かろうじての生き残りの1枚。縦撮りはシャッターを切る瞬間がどうしてもカメラの向きが動いてしまう。
a0181059_18004765.jpg





by otto-N | 2017-05-03 16:36 | Comments(0)

2017.4.16 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.4.27 (記)

2017.4.16
自然教育園から多摩川の河川敷に移動し着いたのは昼近く。この時期としてはとても暑く、ギンイチモンジセセリは昼休みの時間帯らしくあまり飛んでいなかった。
a0181059_20184349.jpg



それでも、たまに飛んでくるギンイチを追う。藪に入り込まれない前が勝負。
a0181059_22561481.jpg



今年は不作なのか、暑さのせいだろうか、ギンイチは少なかった。静止姿は1枚も撮れずに終わった。
a0181059_10071754.jpg



出ているはずのミヤマチャバネセセリは1頭見ただけ。目についたのはツバメシジミの♂。ただ、どれも少々飛び古していた。緑の土手で飛び回っていたのはヤマトシジミだった。
a0181059_10035221.jpg


そんな時、ツバメシジミの♀を発見。ただし、少し飛んではとまり、すぐに飛び立ち落ち着きがない。
a0181059_10125680.jpg



産卵場所を探しているのだろうか、フワフワと飛ぶ。
a0181059_10131715.jpg




そんなに奇麗な個体ではないだろうと思っていたが、やっととまったのを見てびっくり。なかなか奇麗だった。その後、近くのカラスノエンドウで産卵する風だったのでちょっとモニターを見ている間に飛ばれてロスト。残念。
a0181059_10173086.jpg



少し涼しくなってもギンイチは出て来ず。帰ろうと思っていたら、奇麗なツバメ♂を見つけた。
a0181059_10211647.jpg



飛び立ったので後を追っていたら、叢の中にツバメシジミのカップルを見つけた。この♂もカップルを見つけたのか、すぐちょっかいを出した。いったんは諦めたけれど、舞い戻り乱戦模様。その甲斐があってか、カップルは解消した。
a0181059_10232108.jpg



3個体のうち、どれを追いかけると言ったら当然♀。小さい個体ながらとても新鮮、きれいだった。
a0181059_10233774.jpg



翅を閉じ飛んでしまったが、またとまって翅を開き始めた。
a0181059_10234589.jpg



枯れたススキの葉がよく似合うチョウだ。
a0181059_10235282.jpg





by otto-N | 2017-04-27 16:51 | Comments(0)

2017.3.30 早春の雑木林 コツバメ   2017.4.3 (記)

2017.3.30
前日の疲れが残り、疲れと言ってもあれだけ撮影してもボツばかりだったので嫌気がさしたのだが、朝から晴れ。気温もこれまでとは打って変わって上がりそうなので、この日を逃したら次は1年後、行かざるをえない。(来週からは都内で撮らなければならないものがある)

9時に現地着。歩くと暑いのですぐにウィンドブレーカーはザックに押し込み、コツバメのポイントに急ぐ。テリ張りは10時ころには終わるはず。4か所のポイントは距離が離れているので急ぐと結構きつい。しかし、コツバメは見つからなかった。丈の低い笹薮を歩き回った時にミヤマセセリがいたので撮っておく(今まで枯葉の上ばかりだった)。
a0181059_16501945.jpg


コツバメは発生初期にしか来ないのだろうと勝手に理屈をつけて、最初のポイントに戻ったのが10時すぎ。そこに、とてもツバメシジミの♂と♀がいた。ただ、春先の♂は大きいはずなのにとても小さく、♀はさらに二回りほど小さかった。
a0181059_16500222.jpg

ツバメシジミを撮っているとき、別なシジミが目の前を横切った。コツバメだった。もうテリ張り時間を過ぎる頃なので飛び去られては大変と、とりあえず目を中心に1枚撮る。
a0181059_16503207.jpg


しばらくじっとしていたが飛んだ。もう1頭飛んできたのでそれを追いかけたのだった。離れた場所に行ったので探すと、コンクリの杭の上にとまっていた。人工物なのに違和感なく調和していたのは意外だった。
a0181059_16504555.jpg


隣の杭を見るともう1頭いた。こっちのほうがイケメン。
a0181059_16505551.jpg


1頭が飛ぶと2頭が絡み舞い上がる。戻ってくると植え込みで日向ぼっこ。ちょこんと2本の前脚をつきだす姿はとてもかわいい。モコモコのぬいぐるみのようだ。しかし、コツバメは少し高い所で傾斜して日光浴するのでフラットに撮るのが意外と難しい。何回シャッターを切ったことか。
a0181059_16510631.jpg


逆光でも撮った。これもフラットになかなか撮れない。
a0181059_16511488.jpg


静止撮影に飽き、飛び出したところを広角で撮るが、ほとんどフレームアウト。やっと撮れても脚を伸ばした変てこな姿ばかりだった。真後ろから撮れれば翅だけが写るはずなのだが、飛び出す方向がわからない。このへんに研究の余地がありそうだ。
a0181059_17211791.jpg



飛び出しを捉えるのは難しかった。表翅を撮るには上から被せるしかないだろうが、あまり低いところにはとまってくれないし、背景がつまらなさそう。しかし、トライすべきだった。
a0181059_17225508.jpg


飛び出しより、舞い戻ってくるところを狙うのだが、どこに戻るのかわからなく打ち込んでも当たらない。
a0181059_17242839.jpg


1頭が飛べばもう1頭が絡んで舞い上がる。すぐに戻ってくるが、戻ってきたとき、私の体につきまとうようになった。体を引きながらシャッターを切る(コツバメとのダンス。いや、コツバメに攻撃されているのか)。どうもカメラに興味があるようだ。逆光だと飛んでいる時でも縁毛がレインボウに輝く。
a0181059_09392163.jpg


表翅の4枚のブルーはなかなか撮れなかった。ピンとしてはこれがベスト。
a0181059_17222241.jpg


せっかくの4枚ブルー。しかし、もうちょっと距離が届かずピン甘。惜しかった。
a0181059_09212800.jpg


どういうわけかテリ張りは12時近くまで続いた。その後、いつものミヤマセセリにポイントに行ったが、数は少なめ。気温が高かったせいか♂が枯葉の上に休むこともなく飛び続けていた。追いかけても歯が立たず、休んでモニターを見る。コツバメもミヤマセセリもあんなにシャッターを切ったのに、愕然となり、センイソウシツ。午後2時、これから飛翔速度が遅くなるという時刻であったが、気力が続かず撤収。今年はこれでお終い。片道1時間半、4回も通ったことになる。コツバメは晴れても気温が低ければ出て来ないことがはっきりした。来年は、天気を選んで出かけよう。でも、ミヤマセセリは低いほうが飛翔速度が少し遅く、時々翅を休める。(以上、忘備録)
a0181059_17263509.jpg





by otto-N | 2017-04-03 18:50 | Comments(2)

2016.9.26 東京・恵比寿 アカボシゴマダラ   2016.9.29 (記)

2016.9.26
前々日、アカボシゴマダラが最初にとまったヤマボウシ。この木の赤い実は、本当に甘いのか?キイロスズメバチも来ていたようなので、甘いとは思うものの、さんざんムシがとまっていた実なので、口に入れるのに抵抗はあったのだが、意を決して恐る恐る食べてみた。確かに甘い!味はプルーンに似た感じだが、もう1つ食べたいと思う気は起きなかった。秋のアカボシゴマダラの蜜源として、「小畔川日記」のダンダラさんがカジノキの実を紹介しておられる。ひょっとしたら、アカボシゴマダラは偶然ヤマボウシに来たのではなく、その実を目的で来たのではないかと思いついた。

この日は暗い曇り空。アカボシゴマダラが来ているかもしれないと、まず、ヤマボウシを見に行く。最初はいなかったけれど、すぐ飛んで来た。翅を開閉しながら赤い実に近づき、ストローを突きたてた。しばらく見ていたが、動きがなく、同じようなカットしか撮れなかったので、しばらくこのままだろうと思い、10分ほどその場を離れて戻って来た時には、すでに姿はなかった。その後、かなり待っても、再び飛んで来ることははなかったが、ヤマボウシの実が蜜源となることが確認できた。ヤマボウシの実で吸汁するアカボシゴマダラは、他にも例があり、珍しいことではないらしい(→ クリック★)。
a0181059_1946584.jpg

このヤマボウシの木の隣で、ムラサキシジミがチラチラしていた。マクロで飛翔を狙うが、ジャスピン表翅は半分しか入らずカット。全開シーンもあったが撮り損なった。もうこんな季節か。
a0181059_19472461.jpg

ヤマトシジミがメスを追いかけていると思ったら、ツバメシジミだった。なかなか2頭同時に入らず。
a0181059_19473762.jpg

とまるとツバメはすぐ翅を開く。開き加減は光しだい。問題はツバメシジミの尾状突起。数カット撮っても、風で逆になびき、見えず。尾状突起がかろうじて写っていたのはこの1枚だけだった。
a0181059_19474681.jpg

木陰に数株だけの彼岸花。曼珠沙華と言ったほうが適切か。曼珠沙華というと、すぐに山口百恵を連想する。一面の赤い絨毯を見たら気が変わるかもしれないが、実は、個人的にはこの花は陰気なので好きではない。アゲハチョウとクロアゲハがときどきやって来る。
a0181059_1948671.jpg

赤と黒と緑。後ろ向きになるのを待つ。
a0181059_19482121.jpg

できたら前向きも。と思っていたら、すでに撮れていた。
a0181059_19483444.jpg


by otto-N | 2016-09-29 16:32 | Comments(0)

2016.4.11 (1) 東京・中目黒 ツバメシジミ   2016.4.17 (記)

2016.4.11
目黒川の桜が散ると、そろそろツバメシジミが出て来るころ。近くの公園に行く。

天気予報では朝から快晴のはずだったけれど、薄い雲が拡がり始め、気温も低い。外に出た瞬間、パーカーを着てくるんだっと後悔したが、このところ、軽登山靴で撮影に出向いているので、自宅に戻って履き直すが面倒でそのまま来てしまった。案の定、ツバメシジミは飛んでいない。日が射しそうだったので、ベンチで待機。それにしても寒く、日射しが出てきてホッとした。20m四方ほどの狭いポイントに行ってみると、オスが1頭、飛び回っていた。雑然としたところで翅を開いてはくれるが、少しはいい場所にとまるのを待つ。やっと、緑の中にとまってくれた。
a0181059_22153943.jpg

前に回っても撮る。
a0181059_22155644.jpg

しかし、日射しがあったのは束の間、完全に翳ってしまった。ならばと、縮こまってしまった裏翅を撮る。暇だったので、これはF2.8開放。
a0181059_2044568.jpg

また、日射しが復活したがすぐ翳ってしまう。翳ったとき、今度は枯れ茎の上にとまり、そのまま動かない。北風が冷たい。
a0181059_20333182.jpg

日が射すまで何分待っただろうか。寒いのはこちらも同じ。やっと日が射し始めた途端、もぞもぞと動きだし、体の向きを変え、そして開翅した。(諦めると、空がうっすら明るくなり、もう少しと期待すると暗くなる、の繰り返し。結局1時間も待った。何もツバメでと思うかもしれないが、私にとってはよくあること)
a0181059_22212882.jpg

青空が出始めてからは、メスを探して活発に飛び回り、ときどき翅を拡げて休む。他の個体はまだ出ていないようだ。ただ1頭だけのポイント。
a0181059_2212645.jpg
この後、新宿に移動した。


   

by otto-N | 2016-04-17 19:49 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (5) ギンイチモンジセセリ   2016.1.23 (記)

ギンイチモンジセセリ
4月下旬、恒例になった多摩川河川敷。お目当てはギンイチモンジセセリ。広大な枯れススキの中に緑が生え始めたころ、ポカポカ陽気の中を探しまわる。

ギンイチモンジセセリは、晴れると藪から抜け出しメスを求めて飛ぶ回る。枯ススキの背景が美しい。
a0181059_11242717.jpg

多摩川べりは生息域が年々狭まっているようであるが、河川敷のグランド化が一番影響していると思う。ここはまだ安息の地と言っても、いつまで現環境が保たれるか保証はない。土手の向こうは大きなビルだ。
a0181059_1130189.jpg

ギンイチモンジセセリは、日が翳ると飛ぶのが遅くなるので少しは撮りやすい。しかし、色が出ないので困ってしまう。
a0181059_11384865.jpg

突然、2頭が絡むけれど、追いつくのが精一杯だった。。
a0181059_1142349.jpg

背景には、やはり枯れたススキが美しい。
a0181059_1143571.jpg

河川敷の土手でも飛び回る。
a0181059_11505164.jpg

新緑の土手にはヒメウラナミジャノメが飛んでいた。少し追いかける。
a0181059_1155163.jpg

河川敷にはツバメシジミをそこそこいる。オスよりメスを探すが、飛翔はオスのほうが様になる。(メスの飛翔をうまく撮れなかっただけの負け惜しみ)
a0181059_14304097.jpg

ギンイチモンジセセリとセットで現れるミヤマチャバネセセリ。数はとても少ない。テリ張りしている時だけが飛翔を撮るチャンス。飛ばれても、何度かは戻ってきてくれる。しかし速すぎ!ピントが体の一部にしか合わない。
a0181059_1204953.jpg

これも逆光で、後ろ姿。全体的にブレてはいるが、脚と触覚には甘いながらピンはきている。構図的に一番よかった。これでも1/5000秒。
a0181059_1203992.jpg


by otto-N | 2016-01-23 20:08 | Comments(0)

2015.4.24 東京・多摩川河川敷 ミヤマチャバネセセリ   2015.5.1 (記)

2015.4.22
晴れの日が続く。自然教育園にトラフシジミを見てから、多摩川河川敷に出かける。

着いたのは10時30分すぎ。日射しが強いけれど、風があるせいか、ギンイチモンジセセリはあまり飛び回っていない。藪の奥に引っ込んでいるようだった。
a0181059_2034984.jpg

飛んでいるギンイチを追いかける。
a0181059_20401265.jpg

ピントがきていたような絵は似たようなものばかり。
a0181059_20395225.jpg

渋滞中の大きな橋を背景にしてみたけれど、低い位置からは、橋の側面しか写らず、クルマはぼんやりと少ししか写っていなかった。
a0181059_2040132.jpg

昼過ぎは吸蜜タイム。カラスノエンドウに突然とまる。その度にカメラを持ち替える。
a0181059_20344346.jpg

ミヤマチャバネセセリもカラスノエンドウが好きなようである。昨年までは、ちょっと離れた広場にアカツメクサが咲いており、そこで吸蜜をしていたが、今年はタンポポしかなかった。そこでは、ミヤチャは見つからなかった。
a0181059_20352013.jpg

カラスノエンドウと言えば、ツバメシジミ。このメスを見た瞬間、後翅のブルーに溜息が出た。
a0181059_2035411.jpg

後翅が赤斑ではなく青斑。これも溜息。この河川敷が近所ならば、頻繁に通うところだ。あーあ、来るのが遅かった。
a0181059_22141746.jpg

ギンイチモンジセセリは強風のせいか、とても少なく、他の場所を探す。ミヤマチャバネセセリが2頭絡んでいる場所に出くわした。テリ張り場所らしい。しばらくすると、1頭が戻ってきた。近くにポツンポツンと低いカラスノエンドウの花。吸蜜しながら、あるいは少し高い草にとまり、周りに睨みを利かす。
a0181059_20353372.jpg

付近は草地。屈みこんで、発進するときや、1頭を追いかけて戻ってくるときを撮った。
a0181059_2040579.jpg

テリ張り中でもあまり執拗に追うと、ふつう戻ってこなくなるのだが、カラスノエンドウがお目当てらしく、しばらくするとまたやって来る。
a0181059_20412096.jpg

置きピンは20~25cmだったと思うが、近すぎてNGの絵もあった。いつもは撮れないミヤチャだが、種を明かせば、強風だったので撮れただけ。風に逆らってのホバリングが長かった。
a0181059_20421055.jpg

ホバリングしていても、ホバリングを止めると脱兎のごとく。1/5000秒でも胴体しかとまらない。
a0181059_20422477.jpg

やっぱりカメラを見られている。
a0181059_20424480.jpg

後ろ姿を好んでいるわけではない。後ろ姿しか撮れない。向こうに行ったのが、こちらに戻ってくるのを待ち構えていても、直前で方向転換されてばかりいた。
a0181059_20425870.jpg

縦撮りで斜めになったのを水平補正したら、ちょっと大きくなってしまったけれど、見上げた感じが強調された。ちょっと迫力。
a0181059_20432154.jpg


ギンイチモンジセセリは風が強いと藪の奥に引っ込んでしまうようだ。風が強いといっても、日を遮るもののないカンカン照りの河川敷を動き回るのは、ちょっとキツかった。でも、ミヤマチャバネセセリのちょうどいい(撮影に)テリ張り場所が偶然見つかり、長い時間遊んでもらった。ミヤチャ君にはいい迷惑だったと重々承知していますが、こちらもヘトヘトです。

by otto-N | 2015-05-01 21:32 | Comments(0)