たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ツバメシジミ ( 50 ) タグの人気記事


2011.4.11 中目黒 ツバメシジミ

2011.4.11
桜が満開になっても、ヤマトシジミをまだ見ていない。このままでは、ブログのタイトルの名がすたる。というわけで、100mmマクロのマニュアル・フォーカスの訓練をかねて、近くを散歩した。
ガーデンプレースのサッポロビール本社の庭(イギリス庭園風)は春の花でいっぱいだった。桜も満開。
しかし、ヤマトシジミは見当たらず、代わりにいたのはツマキチョウ。このツマキ、葉先で休んでいたが、日が照りだすと全く止まらず飛び回るだけ、撮るのをあきらめ、中目黒へ。

ツバメシジミはまだいるかと思って、探すと、交尾中のペアを発見。
交尾写真は好みではないけれど、この後の展開が迫力があったので載せます。
見つけたのは10:40ごろ。ちょっと撮った後、その辺を飛び回っているオス(摺れ摺れ)を撮り、このペアを覗くと、メスが開翅。時刻は11:05。唸るほどきれいな個体。それにしても、この状況で開くとは大胆なメスです。
これで、別れるかと思ったら、翅を閉じそのままじっとしてました。
11:15、次に見たとき、どちらかが別れたかったのでしょう、枯れ茎の上を激しく移動、片や必死に離れまいと、もみ合いになりました。もみ合い始めて1分。やっと接合部がねじり切れ、別れに成功しました。
ペアを見つけてから35分。これまで時間を気にしたことはなかったけれど、この間に小鳥などに襲われる可能性が高いのに、チョウは長いですね。卵の数の問題か?うーん。
a0181059_14455416.jpg

離れた後、嫣然と翅を開くメス。この後、別れたはずのオスが来たが、振り払う。
a0181059_14465719.jpg

ふられたオス。見得を切って開翅。少し翅が古い。先に羽化し、メスが羽化するのをここで待ちかまえていたのだろう。再度ふられた後、いずこともなく飛んでいった。
a0181059_1447204.jpg


草の間の対象物を撮る時、オート・フォーカスでは、ジージーいうだけでピントが一定せず、マニュアル・フォーカスのほうがベターと思うものの、ペアの動きが激しく今回はギブアップでした。
それにしても、ヤマトシジミはいつ出てくるのだろう。都心では絶対数が少ないためだろうか。

by otto-N | 2011-04-11 15:17 | Comments(8)

2011.4.5 白金の森 ツマキチョウ

2011.4.5 AM
今日は暖かく風もなかった。そろそろ、ヤマトシジミが出るかとホームゲレンデの自然教育園に行く。

さて、来てはみたものの、チョウの気配はなく、しかたがなく、花なぞを撮る。
キクザキイチゲ、カタクリ、タチツボスミレ。春の花が満開だ(ニリンソウを撮るのを忘れた)。
a0181059_2010491.jpg

さて、帰ろうかと思ったとき、白いチョウが。飛び方がモンシロチョウではなさそう。
なかなか止まらなかったが、フキの葉に止まった。ツマキチョウ(♂)。一瞬だった。1枚だけ撮れた。
a0181059_20151540.jpg


まだツマキチョウは出ないだろうと、たかをくくっていたけれど、出てしまった(こうなると、毎日通うはめになる)。
このツマキチョウのオス、メスを探してか、ほとんど止まらず、かなり広範囲に飛び回っていた。
白いものがあると、すかさず近づく。止まるかなと思っても止まらない。
ヤマトシジミもそうだが、婚活に余念がない。少しは休め。花に止まれ。オスはメスが出てくるのを待っている(ヒトも同じ?)。
今日の教育園、カワセミが出たせいか、カメラマンが多かった。


2011.4.5 PM
午後、中目黒に行った。お目当ては、ツバメシジミのメス。
目黒川の桜は8~9分咲き。歩いている人が多かった。昔は洪水で大変だったらしいが、今は、すっかりコンクリートの土手。写真を撮ってもなんかピンとこないので撮らない。

さて、昨日と同じポイントにきたものの、うーん、いない。
暖かいため、散ってしまったのか。その辺を一周し、戻ってみると、1頭いた。しかし、昨日とは違う。少し、翅を拡げるものの、今日は敏感だ。すぐ飛び去ってしまう。が、舞い戻ってくるようで、時間が経つにつれ、違う個体も見つかり、かなりの枚数を撮った。

まず、オス。枯葉バックでブルーが引き立つ。
4枚目、親子ほど大きさの違うオスが並んでいる。少し前まで、空中戦をやっていたのだが。
a0181059_20112794.jpg
a0181059_20115442.jpg

そのうち、メスを見つけた。上2枚と下2枚は別個体。上は、後翅周毛がほんのちょっとだけ痛んでいるが、美人だ。
a0181059_20121146.jpg
a0181059_20123221.jpg


着いたときいなかったのは、時刻が関係しているのかもしれない。暖かすぎるとだめなのかもしれない。
13:30ごろにはいなかった。14:00すぎにに現れた。14:30を過ぎると結構、陰が長くなる。うつ伏せ状態で撮影した。
オスが飛んでいっても戻ってくるのに対し、メスは戻ってこなかった。逆だと思うのだが。
このポイント、今は刈られた枯れ草地帯だが、夏には萩が茂っている。この付近で蛹になり冬を越したのだと思う。

by otto-N | 2011-04-05 21:14 | Comments(8)

2011.4.4 中目黒 ツバメシジミ

2011.4.4
今日は晴れたけれど、風があり少し寒かった。昨日、ネットで買った100mmマクロが着いたので、午後、試し撮りに中目黒へ出かけた。少なくても、モンシロチョウくらいはいるだろう。できれば、ベニシジミかツバメシジミを試してみたかった。

少しは期待していたツバメシジミのオスを見つけた。1頭目はボロだったが、探すと、次々4頭見つかった。
風が少しあるせいか、すぐ草むらに潜ってしまう。草むらの中で、時おり翅を開くので、陰を作っている枯れ草をのけて撮影したものもある。
風に飛ばされまいと必死にチョウが枯葉にしがみついているとき、風にかこつけ撮影に邪魔な枯れ草をよけた。寒くて、元気に飛ぶことができない。
a0181059_17581668.jpg
a0181059_17585077.jpg
a0181059_17582978.jpg

a0181059_1759570.jpg


ツバメシジミが増えたようだ。メスは見つからなかったが、数日前にちゃんと撮れているのでよしとしよう。
今日見つけたオス、5頭とも、後翅尾状突起の付け根に橙色の紋はなかった。橙紋は、季節性+個体差という気がする。また。2頭は、一回り小さかった。

購入した100mmマクロは、ペンタックスのD FA MACRO 100mmF2.8 WRというもの。マクロは初めてですが、細かいところが鮮明に写っており、逃げないチョウには積極的に使おう。しかし、寄りすぎるとカメラで陰を作ってしまう。この意味でテレコンをかませるべきか。

by otto-N | 2011-04-04 18:13 | Comments(4)

2011.3.30 中目黒、ツバメシジミ

2011.3.30
一般的にチョウの羽化はオスが早く、メスのほうが遅い。昨日撮ったツバメシジミはメス。オスがいてもおかしくない。というわけで、午後の暖かいうち、昨日の場所に行ってみた。

公園に着き、探し回ったが、モンシロチョウとキタテハがちらほらいるだけだった。
諦めて帰ろうとしたとき、風に飛ばされまいと懸命にもがいているシジミチョウを見つけた。
ヤマトシジミかと思ったが、地面に止まったとき、尾状突起が認められた。ピカ新のツバメシジミのオスだった。
a0181059_2111469.jpg

土の上ではなく、緑の葉の上に止まらないかなと願ったが、そうはいかず、枯葉の上に止まった。
この後、すぐ風に飛ばされ見失ってしまった。
a0181059_2113082.jpg

大きなタンポポの花にキタテハがいた。前翅が少し傷んでいるだけだった。
タンポポから、菜の花に移り、吸蜜に余念がなかった。
a0181059_2114990.jpg


今日も暖かかった。そして、昨日の公園で、ツバメシジミのオスを見つけることができた。
ヤマトシジミのほうが早く出る気がするが、まだ見つからない。食草のカタバミもまだやっと花が咲き始めたばかりだ。あせらず捜すことにする。

by otto-N | 2011-03-30 21:41 | Comments(2)

2011.3.29 中目黒、ツバメシジミ

2011.3.29
今日は暖かく、風もないので、ベニシジミぐらいは出ているかもしれないと、中目黒の区立公園に行ってみた。
目黒川の両岸にかかるソメイヨシノは、まだ咲いてはいなかったけれど、種類は不明の桜が満開。メジロとスズメが花をついばんでいた。

チョウではないけれど、ムスカリの花にビロードツリアブ。これが出たら春だ。
そして、成虫で越冬したキタテハとキチョウ。
ネモフィラの花にモンシロチョウ。
a0181059_15351897.jpg

もう出ているとは思ってもみなかったツバメシジミのメス。
青い鱗粉を散りばめて、とてもきれいだ。
a0181059_15474131.jpg


都心にはいそうでいないベニシジミだが、かわりにツバメシジミのメスが飛んできた。2枚撮っただけで、どこかへいってしまった。ちょっと残念でした。
園芸種の花に集まるチョウは、花を主体に撮ると、都会らしくていいかもしれない。

(春までに昨年の写真を全部出そうと思っていたけれど、間に合わなかった。残り半月分、ツマキチョウが出るまでにはなんとかしよう)

by otto-N | 2011-03-29 16:08 | Comments(6)

9月、白金の森、ヒカゲチョウ (2010.9.29)    2011.3.25

2010.9.29
この日も、アサギマダラを探しに自然教育園に行った。結果的には、この日も来なかったけれど。

いつも暗いところにいるヒカゲチョウ。しかし、この日は、明るい場所に。翅の表を見るのは初めて。
a0181059_105679.jpg

アザミにはクロアゲハがよく来る。
a0181059_1053968.jpg

ツマグロヒョウモンのメスとオス。クロアゲハ。ウラギンシジミが目につくようになった。これはオス。
a0181059_1062577.jpg

ツバメシジミのオスとメス。この年、大発生したコミスジ。2~3日前にやってきたボロボロのミドリヒョウモン(♀)
a0181059_1084784.jpg

キタテハがきれいだった。
a0181059_109669.jpg


ヒカゲチョウの開翅を初めてみた。のっぺらぼうで何もなかったが。秋になると翅を開くのか。
ミドリヒョウモンは秋になると、どこからかやって来るらしい(教育園の言い伝え)。
いよいよキタテハが美しくなってきた。

by otto-N | 2011-03-25 10:30 | Comments(0)

9月、白金の森、ツバメシジミ (2010.9.26)   2011.3.24

2010.9.26
白金の森・自然教育園です。アザミの花も咲き、少しは秋めいてきました。

木陰に咲くアザミにクロアゲハ。
a0181059_1450779.jpg

ツバメシジミのオス。
a0181059_14502558.jpg
a0181059_14504330.jpg

逆光で透けた翅。なかなかよかった。
a0181059_1451296.jpg

ヒメジャノメも開翅。
a0181059_14511941.jpg


「毎年10月1日の前後1週間にアサギマダラが来る」という自然教育園の大先輩Shinさんの御神託を受け、ここに日参していた。
この日には来なかったけれど、ツバメシジミが通路近くにいたので、撮って遊んだ。
ヤマトシジミより、撮りやすい気がする。理由は、あまり低いところに止まらないこと、毛深くないので、光線の角度を選ばないことかなぁと思う。

by otto-N | 2011-03-24 15:20 | Comments(0)

9月、白金の森、ヤマトシジミ (2010.9.9)  2011.3.18

2010.9.9
暑い中、この日もちょっと自然教育園に出かけた。
相変わらず目新しいものはいないけれど、隣接する区立の公園のビオトープで、ヤマトシジミに遊んでもらった。

花の背丈が少しあると、ヤマトシジミは撮りやすい。
a0181059_11245334.jpg

a0181059_1125844.jpg
a0181059_11252312.jpg

園内の萩には、ツバメシジミ。
ミソハギの花にイチモンジセセリ。
アゲハチョウもだらっと開翅。メスかな。
a0181059_11255132.jpg

池の周りで撮ったツマグロヒョウモンのメスとオス、それにキタテハ。
サルトリイバラと思うが、ルリタテハが寄ってきた。
a0181059_1126593.jpg


自然教育園に日参してましたが、時間的には2時間程度です。
それにしても、暑い日が続きました。

by otto-N | 2011-03-18 11:39 | Comments(0)

6月、さいたま、ミドリシジミ 2 (2010.6.18)  2011.2.17

2010.6.18
再度、ミドリシジミにチャレンジ。前回よりも簡単に見つけることができたが、翅を開くミドリはいなかった(画像は別個体)。
a0181059_20304436.jpg

近くの茂みにツバメシジミのメスがいた。すごくきれいだった。ツバメシジミのメスを見直す必要がありそうだ。
a0181059_20311236.jpg

ツバメシジミのオス。
a0181059_20314596.jpg

そして、先日同様、ベニシジミと戯れながら帰った。2枚目はツバメシジミ。
a0181059_20321539.jpg


再挑戦したが、またもや不発。
着いた時間が遅いせいもあるが、天候、気温、湿度など開翅条件がシビアらしい。
それにしても、ツバメシジミのメスがこんなにきれいとは知りませんでした。後翅にちょっとだけ青い鱗粉を散らし、気品が漂う美しさです。

PS:
ツバメシジミ♀を1枚でアップしました。
a0181059_22381151.jpg


by otto-N | 2011-02-17 20:58 | Comments(2)

6月、さいたま、ミドリシジミ 1 (2010.6.15)  2011.2.17

2010.6.15
ミドリシジミを求めて、さいたま市の秋ヶ瀬公園に行った。
河川敷にある運動公園の一番奥まったところにハンノキの林があった。時間が遅いせいもあり、最初、ミドリシジミはなかなか見つからなかった。やっと見つけても、撮影できそうもない場所に止まったり、ちょうど良い場所に止まってもなかなか開翅してくれなかった。
あきらめかけたとき、目の高さくらいの茂みに止まり、しばらく待っていると、翅を開いてくれた。B型に近いAB型のメスだった。1枚撮り、もう少し高い位置でと思ったとき、飛ばれてしまった。
a0181059_19341421.jpg

開翅したオスを撮りたかったが、日も高くなったので、あきらめて帰った。
芝生の張ってある運動場には、クロバーが咲き乱れ、ツバメシジミやベニシジミが飛び回っており、そこそこ楽しく帰ることができた(都心に較べ天国)。1枚目は、ハンノキ林にいたヒメジャノメ。
a0181059_1935859.jpg


子供のころ一番好きだったのはゼフィルス、中でもミドリシジミの類。北海道・小樽では、ジョウザンミドリ、アイノミドリ、メスアカミドリ、オオミドリ、ミドリがたくさんいた。住宅街近くの裏山がポイントだったが、あれから47年、今はもういないのかもしれない。

by otto-N | 2011-02-17 20:24 | Comments(2)