たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ツマキチョウ ( 59 ) タグの人気記事


2016.4.10 東京・白金の森 ベニシジミ   2016.4.16 (記)

2016.4.10
日曜日、天気が良すぎるので、少しだけトラ探しに出かける。しかし、全く、出て来なかった。教育園では数少ないベニシジミを撮っていたら、突然、2頭が絡み始めた。トラフシジミ撮影のために準備していた300ミリであわてて撮影する。

最初の出会い。(以下、トリミングしてます)
a0181059_1494743.jpg

写るかどうかはわからなかったけれど、MFでピントリングを回し続けた。
a0181059_1410227.jpg

草の中で激しく争う。
a0181059_14124083.jpg

お互いの眼付けは、ミドリシジミさながら。
a0181059_1410116.jpg

戦いの場を移動し、草の間で卍飛翔を続ける。
a0181059_14102748.jpg

一瞬、飛び出す。(ピンボケ)
a0181059_14134028.jpg

また、潜り込む。
a0181059_14103880.jpg

にらみ合いの喧嘩。
a0181059_1413555.jpg

やっと浮上。
a0181059_1414217.jpg

最後の1枚。この後は、空高く昇り遠くへ行ってしまった。
a0181059_14143526.jpg

しばらく、すると2頭とも戻ってきて、少し離れた場所で休憩の体勢。争っていた時間は約10分。こんなに長いとは思ってみなかった。チャンスがあったらまた撮りたい感じだ。
a0181059_14243542.jpg

ツマキチョウが飛んではいるがほとんど撮れず、ツマキと絡んだモンシロチョウだけが入る。ただ、この写真の主題はチョウではなく、その後ろに見える目黒駅前に建築中の高層マンションのクレーン。白金の森も高層ビルに囲まれつつある。
a0181059_14302552.jpg

トラフも池の周りのツマキも諦め、他を探す。ツマキのオス。
a0181059_14315782.jpg

ツマキのメス。
a0181059_14322026.jpg

ルリタテハが1頭。翅が壊れていても、このチョウはいつも奇麗だ。
a0181059_14334465.jpg
10時、テニスのため撤収。


   

by otto-N | 2016-04-16 20:42 | Comments(2)

2016.4.8 (2) 東京・新宿 ツマキチョウ   2016.4.13 (記)

2016.4.8 PM
教育園でトラフシジミと桜バックのツマキチョウを諦め、午後は、またしても新宿へ行く。移動時間は40分ほど。

薄雲が拡がったせいか、ムラサキハナナの場所にはツマキチョウは皆無。菜の花の花壇(?)に行くと、モンシロチョウに混じってツマキチョウが飛んでいた。
a0181059_10333287.jpg

曇っているとツマキはあまり飛ばないのだが、気温が高いせいか、飛びっ放しだった。
a0181059_10375741.jpg

菜の花が明るすぎるので、ツマキは思ったより目立たない。というか、ツマキの翅の輝度を抑えると菜の花が暗くなってしまう。今回は、ツマキを犠牲にして、全体の雰囲気を明るくするほうを選んだ。
a0181059_10392767.jpg

前回は15ミリを用いたが、それでも都庁のてっぺんまで撮るのは難しかった。今回は、21ミリで高層ビルのてっぺんまで撮ることを意識せず撮る。そのほうが気楽。ただ、曇り空なので、逆光条件は緩和されてはいるが、色は出ない。
a0181059_1037417.jpg

菜の花を中心にオスは、シャンパンで花見のカップルの上をかすめ、モンシロチョウをメスと間違え追いかけ、得体のしれない黒い塊り(カメラ)に進路を突然阻まれ、それでも探雌飛翔を続ける。
a0181059_104969.jpg

8コマ連続でピンが来たうちの6コマ。約1秒間の出来事。
a0181059_10485126.jpg

菜の花の後ろはチューリップなどの花壇、藤棚の下にはベンチ、背後には高層ビル。高層ビルはぼおーっと霞んでいるけれど、はっきり写るより個人的には好き。広角レンズのほうが、街中で撮るときは人の顔まで写ることがないので好都合。
a0181059_10501278.jpg

よちよち飛びで、こちらに向かって飛んできたが、すぐに身をかわす。思ったようには撮らさせてくれないのがツマキチョウ。
a0181059_10492564.jpg

もう1頭がこの左に飛んでいるのだが、入らなかった。でも、都会の雰囲気。
a0181059_10494042.jpg

翅の開き方と向きは最高。右にも花があったならという1枚。
a0181059_10495668.jpg

飛び回り続けるオスも、曇っているせいか、菜の花で吸蜜する頻度が高い。ただ、背景が一面の黄色という花には蜜がないせいか小さな花ばかりにとまる。
a0181059_11243686.jpg

両方の翅を撮りたかったのだが、これは寄りすぎ。曇り空だと白とびがなくていい感じに撮れる。
a0181059_11245314.jpg

このくらい引いたほうがいい。このときは、撮るべきか躊躇していた間に、翅を閉じてしまった。とまった瞬間は全開する。
a0181059_12502784.jpg

交尾写真はそれほど好きではないのだが、この背景では、思わず何枚も撮ってしまった。
a0181059_11252235.jpg

雲が厚くなり、菜の花の陰にあるナズナの先端で休む個体が出始めた。そろそろお終いの時間。
a0181059_12505318.jpg

こちらでも。休むときはナズナ、ユキヤナギとよく自分の外見がわかっていらっしゃる。
a0181059_1139446.jpg





    

by otto-N | 2016-04-13 17:12 | Comments(0)

2016.4.8 (1) 東京・白金の森 トラフシジミ   2016.4.11 (記)

2016.4.8
満開の桜を散らすだろうと予報された前日の雨と風は、それほどひどくはなかったようで、窓から遠くに見える桜もまだ大丈夫そうだったので、今日こそはと自然教育園に行く。池の畔の桜は思った以上に残っており、この桜背景のツマキチョウを撮ることが今年の課題。結果を先に言うとまたしても惨敗。

ツマキを撮っている時、目の前をよぎる凄まじいスピードの青い影。目で追うと池の畔のノイバラにとまった感じ。猛ダッシュし、少し離れた場所のデポしてあった300ミリを取りに行く。目を凝らして探すとトラフシジミが見つかった。でも、逆光だし、葉被り。やっとのことで隙間を見つけた。
a0181059_8474265.jpg

何度かシャッターを切っていたとき、翅をスリスリし始めたと思ったら、翅を少し開いた。もっとよく見える前に回り込もうとしたが、飛んで行ってしまった。これは、すりすり後のショット。前翅の先がぴんとたち、きりりとしたいい姿に撮れた。(負け惜しみです。半分開いてますね。向こう側から撮りたかったが、向こうは池)
a0181059_22242059.jpg

その後はツマキチョウどころではなく、トラ探しに奔走するものの全く見つからなかった。で、惨敗のツマキチョウ。逆光の裏。
a0181059_2228466.jpg

逆光の表。空だと色が出なくキツイ。
a0181059_22274710.jpg

順光。しかし、ロープ。
a0181059_22292278.jpg

やったと思ったほどのいい構図。しかし、2枚ともピンボケ。さらに、左はツマキの翅の白がとばないように輝度を抑えると桜は暗くなるし、右は、逆光のツマキを明るくすると桜がとぶ。結局、逆光の桜しか背景に来ないこの位置ではツマキと桜は両立しない。
a0181059_2230464.jpg

ツマキの位置が中途半端だが、このへんで妥協しませう。(この後のコマでは桜の真ん中にツマキが入ったのだが近づきすぎてピンボケ)
a0181059_2229185.jpg

ゆっくり飛んでいるのを横から近づいたが、レンズの射程内に入ったとき、急旋回。ツマキのよちよち飛びには騙されっぱなしだ。
a0181059_22293798.jpg

昼近くになり、ツマキが姿を消したので、2日前と同様、新宿でダブルヘッダー第二試合。


   

by otto-N | 2016-04-11 18:04 | Comments(4)

2016.4.6 (2) 東京・新宿 ツマキチョウ   2016.4.9 (記)

2016.4.6 PM
何年か前、新宿にある都庁の裏にある公園でツマキチョウを撮影したことがあり、その後はご無沙汰していた。桜も咲いているはずだし、午後からは順光のはず。ということで、行ったわけです。

自然教育園を出たころにはまだ空が明るかったのだが、新宿に着いたら、光が弱くなってしまっていた。思い違いでピンクのコヒガンザクラはとっくに散っており、少し気落ちしたが、ツマキチョウが少し飛び回っており、都庁めがけて縦構図で撮ってみたけれど、ピンも来ず、都庁も入っていなかった。結局、生き残った画像は、露出不足をPC補整したこの2枚。実は、21ミリではなく間違って15ミリを持ってきていた。21ミリではてっぺんまで入らなかったはず。ラッキーだった。
a0181059_19562380.jpg
a0181059_19563755.jpg

日が射さなくなると、ツマキチョウはどこかに隠れてしまう。ここを諦め、満開のソメイヨシノの広場に行ってみると、縦一列に菜の花が植えられ、その向こうに満開の桜。さらに、その後ろに都庁がそびえ立つ。菜の花にはモンシロチョウが舞っている。しかたがない、モンシロで我慢するかと思った時、オスが目の前で絡んだ。咄嗟に連写する。手ごたえがあったので、モニターを覗くと、げっ、露出オーバー。先ほどまで曇っていたのに、この時は日が射していたのだった。なんとかPCで補整するも、白とびは修正不可。そうでなくても、モンシロは白が飛んでばかりいるのに・・・。
a0181059_2075791.jpg

a0181059_20884.jpg

モンシロチョウばかりかと思ったら、ツマキチョウも混じっているではないか。ツマキに絞る。当然、都庁のてっぺんまで写し込むため、縦位置撮影。しかしながら、ピンは来ないし、写っているのは空ばかりで、またもや失敗ばかり。間延びした菜の花の上を舞うこの1枚は、トリミングした。
a0181059_2012140.jpg

ここでは(も)、ツマキがメスと間違ってモンシロを追いかけていた。絡んだところを狙うが入るのはモンシロばかり。
a0181059_20493099.jpg

a0181059_22372442.jpg

両方が入っても背景は空。
a0181059_22374771.jpg

a0181059_201759100.jpg

ツマキが入ったと思ったら、飛んでいる形が悪く白とび。よちよち飛びでも、レンズの先で身をひるがえしている。道理で入らないわけだ。
a0181059_2018199.jpg

ツマキは菜の花から、花見客があちこちでシートを拡げている広場に飛び、また菜の花に戻ってするという巡回飛行を繰り返しているようだった。
a0181059_20265277.jpg

都庁のてっぺんは写ってなくても、菜の花と桜が写っていれば、それでよし。
a0181059_2026218.jpg

翌日は雨と風の天気予報。これで桜は終わりかと焦って撮っていたせいもあるが、もう少し姿のいいツマキを撮りたかった。
a0181059_20263882.jpg

探雌飛行のオスは、ずうーっと飛びっぱなしかというと、そうでもない。ときどき、菜の花で吸蜜する。背景のボケの色を変え、2つのアングルで撮った。とてもいい感じに撮れたと思ったのに、上と下の菜の花は萎れていた。チョウを撮る時、花だけの場合もそうですが、花が完璧とういうことはまず少ない。撮影中は全く気がつかないですね。
a0181059_2058233.jpg

a0181059_20581479.jpg


花見客の前であの人は何やっているんだろうと思われたに違いないが、誰にも質問はされなかった。さすがに東京である。しかし、中国の方らしいお独り様の女性3人に、次々とスマホでの撮影を頼まれてしまった。実は、スマホは苦手(普通のコンデジも)。老眼でモニターが良く見えないし、タッチする時、すぐブレてしまう。3人中2人から、ブレているらしく、画面をチャックし、再撮影を依頼されてしまった(さすが中国女性はしっかりしている)。もっと、妻のアンドロイドで練習しておくべきだった。


    

by otto-N | 2016-04-09 19:36 | Comments(14)

2016.4.6 (1) 東京・白金の森 ツマキチョウ   2016.4.7 (記)

2016.4.6
桜が満開になり、ツマキチョウも飛び始め、自然教育園に懸案事項の「桜バックのツマキ」を撮りに行く。

ツマキチョウの前に、トラフシジミを探す。最初のポイントに着くとすぐ飛んできたのはムラサキシジミだった。
a0181059_10503759.jpg

別のポイントにも全く気配はなく、ツマキチョウを撮りながら、ときどき、トラ探しをする。ツマキは、気温が高いせいか飛びっぱなしだったが、ときどきは花に訪れる。
a0181059_10511980.jpg

少し寄りすぎるが下に邪魔なものあったので、しかたがなかった。白とびもしている。
a0181059_1051732.jpg

ツマキチョウは大きく撮るより、小さく撮るほうが好きになった。これは、いささか遠すぎたが、小さいほうが可愛らしい。(300ミリのトリミング)
a0181059_10513219.jpg

さて、懸案の桜バック。結論から言うと今年も失敗。まだ、ツマキが少なく、なかなか、桜の順光ポイントにやって来なく、逆光側にしか飛んでこない。逆光からは撮ってもムダと知っているのだが、撮らざるをえなかった。
a0181059_10515626.jpg

こちらのほうが桜が大きく写っているがピンが甘かった。
a0181059_1052693.jpg

桜と反対方向、こちらは順光であるが桜はない。
a0181059_12394943.jpg

順光側では、白とびながら、なかかないい色に写る。この通路沿いをよく飛ぶのだが、ロープが写ってしまう。
a0181059_12425662.jpg

下から見上げて撮ったとき、こんな翅の形でしか撮れなかった。
a0181059_10531048.jpg

大きく桜は写らなかったけれど、目の前に2頭が絡んだので、咄嗟にシャッターを切ったら、いい具合に入っていた。
a0181059_10523241.jpg

やはり、順光だとよく写る。
a0181059_10524471.jpg

逆光だと、翅が透ける以外に、下草が光りすぎるようだ。
a0181059_10525641.jpg

翌日の天気予報は、雨のち強風。桜は今日が最後とガンバルものの、11時すぎには来園者が増え、狭い通路の行き来さえままならなくなった。そして、日射しが弱くなり、ツマキチョウが現れなくなったので、12時ころ、ここを引き上げ、新宿に向かった。


   

by otto-N | 2016-04-07 18:40 | Comments(0)

2016.4.4 東京・中目黒 ツマキチョウ   2016.4.5 (記)

2016.4.4
1日中曇り空かと思ったが、昼ころから薄日が射してきたので、100ミリマクロ(+1.4テレコン)だけを持って、近くを散歩する。とりあえず、もしやツバメシジミが出ていないかと夢想し、TV放映以降、花見客で混雑する目黒川の桜並木を通り、その隣りにある公園に行くが、オスさえ出ておらず、モンシロチョウが舞っているだけだった。青空は出ていないけれど、ツマキチョウが出てもおかしくない暖かさなので、それとなく、よちよち飛びの白いチョウを探すと、ツマキはほどなく見つかった。少し、後を追うとベンチの陰で吸蜜。メスだった。
a0181059_19215480.jpg

飛び立つところが偶然撮れた。初見だというのに、早くも少し傷んでおり、ツマキも今年は早かったようだ。
a0181059_1922987.jpg

メスがいるのだからオスもいるはずと、さらに探すがモンシロばかり。空が暗くなってきたので諦め、帰路に着く。花見客の行列に入ったとたん、日が射し始めたので公園に戻ると、見つかった。が、例によって、全然とまらない。追いかけ、時々、MFでシャッターを切って、やっと撮れたピン甘1枚、。
a0181059_19222338.jpg

結局、フェンスを越えられ万事休す。花壇の大きなチューリップの間でモンシロチョウが休み場所を探しており、こんな写真が撮れた。
a0181059_9562031.jpg

桜でモンシロチョウが吸蜜しているところは、今まで一度も見たことがなかった。逆光の証拠写真、補正はたいして効かず。
a0181059_9423137.jpg


   

by otto-N | 2016-04-05 22:42 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (4) ツマキチョウ   2016.1.21 (記)

ツマキチョウ
この数年で、都心でも数が増えたツマキチョウ。もう、東京の春告蝶といっていいかもしれない。もっとも都民の多くは小さなモンシロチョウだと思っているようだが・・・。

自宅近くの発生源の1つである自然教育園に、背景に桜を入れたいと通い続けるが、全くいいところがなかった。原因は、桜が背景に写り込む飛来ポイントでは逆光になってしまうことであった。桜は暗くしか撮れず、チョウも中途半端な透かし翅。チャンスは少なくても順光の場所で待つべきだった。悔しいことにあまり背景の良くない場所ばかりでツマキは舞い集う。
a0181059_1003657.jpg

撮れないままに桜は散り、その桜の木の下の山吹で探雌飛翔をするオズ。これも山吹の上ばかりを飛び、なかなか背景に黄色が入らなかった。
a0181059_1005366.jpg

少し遅れて、自然教育園の隣の小さな公園に、ツマキチョウがあふれ出す。
a0181059_101637.jpg

この公園にはトラフシジミも吸水にやってくる。飛び出す瞬間しか手がでない。
a0181059_1011966.jpg

自宅近くのSビール本社前。曇り空の日だったと思う。ツマキチョウが飛んでいたが、100ミリマクロ(+1.4テレコン)しか持っていなかった。MFで飛んでいるのを狙う。
a0181059_10121348.jpg
a0181059_10123194.jpg

少し空が暗くなると翅を休め、明るくなると飛び出すが、気温が低いせいかゆっくりと飛ぶ。
a0181059_1013739.jpg

近くに来た。翅の角度ですぐ白とびしてしまう。
a0181059_10132699.jpg

遠くに飛ぶ。
a0181059_10135030.jpg

背景がつまらないけれど、このポーズは好みです。
a0181059_10141166.jpg

広角だと待っていても直前で方向転換するので、頭からなかなか撮れないけれど、望遠だと撮ることができそう。
a0181059_10143281.jpg

ちょっと遠かったが、正面からも撮れた。
a0181059_10145385.jpg

背景のボケもいいし、ツマキチョウは望遠のほうが可憐に撮れる。
a0181059_1015636.jpg

小さくしか撮れなくても可憐。かえって小さいほど可憐さが増すように思う。(アップにしたときは、眼がこわい)
a0181059_1151029.jpg

遅咲きの枝垂れ桜に下に飛んでいった。
a0181059_10152231.jpg

花壇の向こうの枝垂れ桜なので、ぐるーっと回り道して近づいたけれど、桜背景にこだわりすぎ思うようにピンを合わせられなかった。MFはキツイ。
a0181059_10153425.jpg


by otto-N | 2016-01-21 20:08 | Comments(2)

2015.4.24-30 東京・白金の森 トラフシジミ   2015.5.4 (記)

晴れた日には、港区にある自然教育園にトラフシジミを見に行くのが日課だった。

2015.4.24
9時の開園とともに飛び込み、ポイントに着くとすぐに1頭が飛んできてが、とまったまま動かず。開翅を待ったが立ち去った。その後も3頭やってはきたが、開かなかった。紛らわしいのムラサキシジミ。
a0181059_22105921.jpg


2015.4.25
少し早く着くと、まだ開いていない門の前に2、3人のカメラマン。その中にヒメオオさんがおられた。フェンスのすぐ内側にキアゲハがいるという。大慌てでカメラを取り出し、やっと間に合った。
a0181059_22115941.jpg

ポイントには1頭しか来なかった。長い間待っても、開かず。この日は、多摩川の河川敷に行く予定があったので、10時で切り上げた。2コマ目は、帰り際、隣接する公園を覗いたときにいた個体。すぐに飛び去られた。
a0181059_22112122.jpg


2015.4.26
自然教育園に入る前、隣の公園に立ち寄ったら、ツマキチョウが飛んでいた。
a0181059_1039104.jpg

最近は都心でツマキチョウが増えたと思う。車に乗っているときでも、飛んでいるのをよく見かける。目白通り、山手通り(環状6号線)、目白通り etc...。
a0181059_22164491.jpg

園内では傷んだトラフしか現れず。それも地面吸水ばかり。明らかにボロなので、飛翔の練習。ピンは来てても・・・。
a0181059_1071998.jpg

10時半もすぎ、もう出なくなったので、ここを諦め、隣の公園に立ち寄ったところ、吸水のためか1頭が飛び回っていた。とても新鮮。2コマ目は、静止ではなく、飛び上がった瞬間。
a0181059_2212156.jpg

静止を撮ろうとするが (開くかもしれない)、なかなか寄らせてもらえない。居直りの1発勝負。撮れた!
a0181059_2217226.jpg


2015.4.28
開園まえに着くと、すでに常連さんが3名。聞くと、アサギマダラの蛹が前日黒くなっており羽化寸前という。Tさんは開門と同時に走っていった。とりあえず、トラフの前にアサギマダラを見に行く。アサギマダラはすでに羽化していた。キジョランの葉蔭で、ひっそりと抜け殻にとまっていた。
a0181059_22222573.jpg

何度シャッターを切っても、暗すぎ。内臓ストロボを焚く。
a0181059_22152791.jpg

この後、トラ狩りに行くが、地面吸水のスレ個体ばかり。遠いところにとまったのは、新鮮そうに見える。
a0181059_22154465.jpg

池のそばでキアゲハが産卵にやって来ていた。こちらにやって来たのでカメラを出したら入っていた。
a0181059_2013451.jpg


2015.4.30
これで、最後と行ってみる。やはり、もう終わりなのか、スレ個体が2頭ほど。少し表翅を覗かせるが、青い色は見えなかった。
a0181059_206069.jpg

このポイントにあるムラサキハナナ。1頭のツマキチョウがいつまでも産卵と吸蜜を繰り返していた。
a0181059_20811.jpg



今年も春型トラフシジミの開翅は撮影できなかった。春型としての数はそこそこいるので、夏型に期待しよう。アサギマダラの羽化は嬉しかった。奥にもう1頭(オス)が羽化していたそうである。Shinさんによれば、毎年この時期、教育園でアサギマダラを見ていたという。たまたまここに飛来していただけかと思っていたとのこと。それが、ここで毎年孵っていたかもしれないと思うと、ちょっぴり誇らしい感じがした。

by otto-N | 2015-05-04 22:07 | Comments(2)

2015.4.20 東京・中目黒 ツバメシジミ   2015.4.27 (記)

2015.4.20
午後、少し空が明るくなったので、歩いて20分ほどの公園にツバメシジミを探しに行く。

今年は、残念なことに、今年はツバメシジミの集まるポイントの雑草が刈り取られ、いつものように枯草の背景のツバメシジミを撮ることができないので、つまらないかもしれないと思っていた。ポイントに着くと、1頭のオスが飛び回っていた。しかし、かなりのスレ個体。メスは見つからなかったが、しばらくするとそれらしいものが飛んできた。でも、ヤマトシジミだった。
a0181059_2031040.jpg

空が暗くなりはじめ、ツマキチョウが眠る場所を探しているようだった。ネギ坊主の頭にまとわりつく。
a0181059_2032442.jpg

ムラサキハナナにもじっととまっているツマキチョウを見つけた。そして、雨がポツポツ。
a0181059_2031072.jpg


2015.4.21
朝から晴れ。自然教育園に行く前に近くのヤマトシジミの溜まり場に寄ると、1頭だけオスが飛んでいた。新鮮だと、春のオスはとても綺麗だ。
a0181059_2032337.jpg
a0181059_2032221.jpg

自然教育園ではトラフシジミは粘っても現れなかった。午後、中目黒の公園にツバメシジミを探しに行く。しかし、ツマキチョウが飛んでいるだけ。することもないので、300ミリで飛翔を狙うが、ピントが合ったのは1枚だけ。それも遠かった。
a0181059_20404459.jpg

ときどき、花にも訪れる。菜の花やカラスノエンドウでも吸蜜するが、花壇の花でも吸蜜をする。花壇の園芸種に一番似合うチョウはツマキチョウだと思う。もう都会のチョウだ。
a0181059_2043284.jpg

そうこうしているうち、ポイントには大型のメスが飛んで来た。翅裏の銀色と青みがかった黒い翅裏がチラチラと美しい。とまるのを待つ。青面積は小さいもののとても綺麗なメスだった。ときどき、飛んでは葉上で休む。
a0181059_204456.jpg

風に揺られピントがなかなか合わなかった。
a0181059_204405.jpg


2015.4.23
晴れたので自然教育園に行くが、トラフシジミは現れず。自宅に戻る途中、ヤマトの溜まり場にいたコミスジ。。
a0181059_22174054.jpg

と、ツマキチョウ。
a0181059_22475672.jpg

3時すぎ、中目黒の公園に行く。ツバメシジミのメスが出てきた。これまでで撮ったなかで、一番青いメス。
a0181059_205581.jpg

いつまでも、風に吹かれて翅を拡げていた。枯草がなくなったせいか、スズメノカタビラ?の背景はなかなか美しい。うーん、日射しがもっと薄ければ・・・。
a0181059_2053129.jpg

ヤマトシジミのオスども。全般的に黒斑が薄い。残念ながら翅は開かず。まだ明るいというのにお休みモード。
a0181059_2054557.jpg


この公園の草刈りが年々丁寧になってきたので、春先には残っていた背の高い枯草がなくなり、ツバメシジミの集まるポイントが変わってきた。数も少なくなったような気がする。それでも、待っていると飛んで来るというのは、けなげというか、とても可愛い。アップで撮るともの凄くゴージャス。残念ながら、ヤマトの青メスはツバメの青メスに足元にも及ばない。

by otto-N | 2015-04-27 18:52 | Comments(2)

2015.4.17 東京・白金の森 トラフシジミ   2015.4.24 (記)

2015.4.17
晴れた日が続いたようなので、トラフシジミが出てくることを期待して、朝一番に自然教育園に行く。

自宅近くのヤマトシジミの溜まり場を覗いたら、いました。「青メスヤマトの早朝便」。2ショットだけ撮り、先を急ぐ。
a0181059_19403074.jpg
a0181059_19404288.jpg

9時の開園に少し遅れてしまった。先を行く人を追い抜いた途端、トラフシジミが路上を舞っているのが見えたがすぐロスト。ポイントに着いても、まだ出ていなかった。そのうち出てくるだろうと、ムラサキケマンにやってくるツマキチョウをときどき撮りながら、トラフが舞い降りて来るのを待った。
a0181059_19493382.jpg

ムラサキケマンはそろそろ終わりころ。左には萎れた花が写っていたので、しかたがなく縦にトリミングした。
a0181059_19494760.jpg

今日はダメかなぁと思ったとき、トラフシジミが路上にやって来た。少し待つと半分だけ翅を開いた。けっこう新鮮。
a0181059_19542365.jpg

もっと開くかと思ったら、すぐに翅を閉じそのまま動く気配もなし。これで終わりと判断し、裏翅を撮ることにして、屈み込みシャッターを切っていたら少し開いた。と、その瞬間、飛び去った。ガッカリ。
a0181059_19543663.jpg

その後はまるで出てこなかった。ムラサキハナナにアゲハが来襲。近すぎでボツ写真ばかり、かろうじての1枚。
a0181059_2014614.jpg

ツマキチョウの求愛。最初は広角で撮っていたけれど、離れて300ミリで撮影。
a0181059_2031791.jpg

この日、3つ目のブルー、ルリタテハもやってきたが、待てど暮らせど、再びトラフシジミは来なかった。
a0181059_2041849.jpg


「晴れたらトラ狩り、曇ったらヤマトとツバメの青メス探し」というシーズンになった。晴れなければ、トラフは出て来ないし、曇らなければ青メスは (特にヤマトの青メスは)、綺麗に撮れないので、どちらにするかは天気任せの日が続く。

by otto-N | 2015-04-24 20:27 | Comments(4)