たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ツマグロヒョウモン ( 26 ) タグの人気記事


2014.8.11 台風一過 東京・恵比寿 ツマグロヒョウモン   2014.8.11 (記)

2014.8.11
台風11号が去り、青空が広がった。自宅近くのサッポロビール本社前に行ってみると、ツマグロヒョウモンがテリを張っていた。他にはオスはおらず、雀がこの花壇に侵入するたびに、猛然と追いかける。逆に食べられてしまうのではと思うのは、思い過ごしか。オオムラサキではなく、ツマグロヒョウモン???

最初、ペンタックスの21ミリとタムロンの17-50ミリをそれぞれつけたK-5で、このツマグロヒョウモンの飛翔を撮り較べていた。どちらもドンピシャで撮れず、やはり大きいチョウはタムロンのほうが楽かなぁと思いつつ、だらだらやっていた。ふと見ると、太陽と逆の空に白い筋雲。EVを+0.6にして、下から上を狙った。レンズはタムロン、置きピン35cmくらい。
a0181059_13435373.jpg

以下の4枚は横位置ばかりになってしまったが、まあまあのものが9枚あったので、順番に並べたらこうなってしまった。3コマ目と4コマ目は連続。ISO1600、1/3200、F8.0。背景は同じくらいの大きさなのに、チョウの大きさはずいぶん違う。F8.0だと、被写界深度に余裕があるようだ。
a0181059_134415.jpg

その次がこの写真。筋状の雲がなくなってきたので、これにて終了。
a0181059_13441758.jpg


2つのレンズの比較をしようと思って外に出たけれど、途中で挫折。ただ、出来るだけ接近しなければチョウが大きく撮れないので、小さいチョウには21ミリ、大きいチョウにはタムロンというのが、今日の感触。ヤマトシジミも少しはいたが、飛ぶのが速くてまるで追いつかなかった。

by otto-N | 2014-08-11 18:41 | Comments(0)

2014.7.11 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2014.7.16 (記)

2014.7.11
広角レンズだけもって、近くを散歩。Sビール本社前くらいにしかチョウはいない。もうお馴染みのツマグロヒョウモン。私になついたのか挨拶にやって来る。
a0181059_10475055.jpg

雨上がりの朝はアゲハの類が多い。何度か絡んでいたが、すぐ舞い上がってしまう。
a0181059_1047593.jpg

珍しくアカタテハが来た。1回目は失敗したが、2回目に来たときに撮れた。アゲハはあまり気合が入らない。
a0181059_12121148.jpg

イチモンジセセリ。ダメかと思っていたが、撮れていた。
a0181059_12114113.jpg

以下、同じ画像をトリミングしてみた。トリミングすると、迫力が出るかわり、背景の粒子の粗さが目立ってしまい、なによりもピントにボロがでる。明るいのでISO1600で大丈夫かと思っていたが、ISO800との比較が必要か。いつもいきあたりばったりだ。
a0181059_10484158.jpg

1コマ目は、トリミングすると迫力が出たと思う。2コマ目は、ノートリだと構図がわるすぎた。
a0181059_10485213.jpg

逆光はつらい。ペンタックスのストロボは光量を落としても連続発光ができない。購入してから知った。大相撲をTVで見るたびに、土俵脇のカメラマンの連写が羨ましい。
a0181059_1049339.jpg

この日の一番、今までの撮ったセセリの中でも一番の出来。
a0181059_10491878.jpg


近所の見慣れた、そして撮り飽きてしまったチョウも、飛翔を撮るとヤッタと思う瞬間がある。でも、いつまで続くやら・・・。

by otto-N | 2014-07-16 11:45 | Comments(2)

2014.6.30 東京・恵比寿 ツマグロヒョウモン   2014.7.7 (記)

2014.6.30
広角レンズだけ持って、近所のヤマトシジミを見に行く。しかし、ちょっとしか見つからなかったし、飛ぶのが早すぎてフレームに入らない。Sビール本社前の花壇はあまり綺麗な花は咲いていなかった。ただ、ツマグロヒョウモンが1頭、テリを張っていたので、遊ぶ。

飛んでも同じ場所に戻ってくるので、飛び立つときと戻ってくるときを撮った。背景が中途半端なので、トリミングした。トリミングしたほうが迫力がでる感じがする。4コマ目のゴマダラカミキリはちょっとピン甘。
a0181059_8505224.jpg

ビール会社の広告ではないけれど・・・
a0181059_855248.jpg

小一時間でたくさん撮れた。ただ、シジミチョウと違い大きいので、翅全体にピントがなかなか合わなかった。
a0181059_9174374.jpg

モンシロチョウも少し撮る。
a0181059_8513617.jpg

もう1頭が来て絡んだので、連続シャッターを切る。
a0181059_8551822.jpg

クロアゲハもときどきやって来る。アガパンサスが好きらしい。この直前、向こうに赤いフェラーリが通ったのだが、ちょっと遅かった。
a0181059_8554089.jpg

ファインダーも見ずに置きピン。ほとんどピントが合っていた。置きピンは合うときには合う。合わないときは全滅。クロアゲハ分についてはノートリ。
a0181059_8555087.jpg


LPL社のLEDライトVL-136というのを1個持っていた。1個だけでは暗いので使うことはなかったのだが、2個連結するとかなり明るくなることを知り、もう1個購入、連結で使うことにした。でも、部屋の中ではとても明るくはなったが、外だとそれほどでもないという印象。光も25cmくらいしか届いていないようだ。この日は、ライトを2個つけて、重さに慣れるための撮影練習。1個100g×2、飛翔撮り用のレンズは21ミリの単焦点なので軽いので、なんとかなりそうだった。

by otto-N | 2014-07-07 20:48 | Comments(2)

2014.5.1 東京・恵比寿 ツマグロヒョウモン   2014.5.2 (記)

2014.5.1
風薫る5月。雨上がりの気持ちのいい青空。こういう日はチョウがたくさん飛び回るはずだ。というわけで、遠くではなく、すぐ近くにカメラだけを持っていく。場所は、目黒区と渋谷区の境界、恵比寿ガーデンプレースのSビール本社前。今年の庭は、例年になく綺麗。撮りたいチョウは、白く輝くヤマトシジミのオス。背景は良くないが、4月28日に近くで撮ったもの。
a0181059_1424791.jpg

Sビール本社の庭。背が低い花を手前に、背の高い花を奥に配し、イングリッシュガーデン風。地面が見えないので、とてもいい。今は、ネモフィラと、名前不明の白っぽい低い花の中に、ピンクのチューリップ。チューリップは終わりかけだが、実に見事な配置。
a0181059_13542436.jpg

ヤマトシジミはオスが2頭飛んでいた。全然とまらないので飛翔を狙うがことごとく外れ。白いチョウが飛んでいたのでモンシロチョウと思いやりすごしたけど、よく見たらツマキチョウのオスだった。広角で追いかける。
a0181059_1355579.jpg

この花壇、通る人みんな立ち止まる。ツマキチョウをみているわけではない。
a0181059_13561434.jpg

花壇の中には当然入るわけにはいかないので、通路に出てくるのを待つ。1コマ目、通りの奥にぼやけて見えるのは六本木ヒルズ。4コマ目、敬意を表してSビールのロゴを入れたかったが、もっと左の方だった。
a0181059_13551852.jpg

濃い色のパンジーで吸蜜していた。
a0181059_13564284.jpg

2、3コマ目。道路1本はさんで、小学校。休み時間はかなりやかましい。
a0181059_13552895.jpg

これが、背景が少し淋しいが、この日のベストショットかな。
a0181059_13572439.jpg

ツマキは最初は飛び回ってばかりいた。いなくなってもまた舞い戻ってくる。そのうち、疲れたのか栄養補給をときどきする。ネモフィラはけっこう好きなようだった。
a0181059_1411436.jpg

すぐ近くに来て吸蜜したのだけど、軽いレンズとはいえ広角をつけた一眼を右手にぶら下げたままで、もう1台のマクロ一眼で撮るのはキツイ。なかなかピントが合わない。
a0181059_1413650.jpg

ツマキを追いかけたり、舞い戻ってくるのを待ったりしているうち、飛んできたツマグロヒョウモンのメス。いきなり、チューリップの花の中に入り込むことを繰り返していた。たぶん、蜜ではなく、花に溜まっていた雨水を吸っていたのだと思う。オレンジとピンク、素晴らしい配色だったけど、頭は埋没し、翅は半分も見えなかったので、なかなかシャッターを切れなかった。
a0181059_1415433.jpg

そのうち、チューリップではなく、ネモフィラでないほうの白い花でがむしゃらに吸蜜。なかなか出て来ない。吸蜜後、チューリップの上で日向ぼっこをし、飛んでいってしまった。
a0181059_14254.jpg

アオスジアゲハは多かったけれど、ほとんど撮らずに終わった。
a0181059_1423043.jpg

ヤマトシジミはやはり難しい。アゲハの向こうは六本木ヒルズ。アオスジアゲハも広角で撮ってみた。みんな花から飛び立ったところ。
a0181059_143914.jpg


街角のツマキチョウ、車の通る道路でたびたび見かけるものの、追いかけることもできず、追いかけても振り切られることばかりで、まるで歯が立たなかった。恵比寿ガーデンプレースは公園に近い環境、だが背景にクルマもビルも写っており、遠くにボケすぎてわからないだろうけど六本木ヒルズ、街角と言えなくもない。このツマキ、遠くへ行ってもしばらくすると舞い戻って来た。帰ろうと思うたびに引きとめられ、たった1頭のツマキチョウのために、結局2時間半をここで過ごしてしまった。目的はヤマトシジミだったのに、もうとまらないシーズンに入ったようだ。

by otto-N | 2014-05-02 17:50 | Comments(10)

2013.10.21 横浜・カバマダラの公園 カバマダラ   2013.10.25(記)

2013.10.21
月曜日。自然教育園は休みで、曇っていて気温も低い。ただ、こんな日は、ちょっと空が明るくなったとき、ヤマトシジミの青メスの青がきれいに撮れる。といっても、見つかったらの話。近くにはおらず、教育園の隣の公園に来てしまった。ここでも、ヤマトの擦り切れたオスしかいない。少し空が明るくなったとき、ウラナミシジミが来たので撮っていたところ、電話。「徘徊」のShinさんからだった。そうだ、横浜に行くとか言っていた。カバマダラが3頭いるという。

電車を乗り継ぎ、JRの乗り換え駅で電車を待っていたとき、Shinさんから電話。「採集者が来て、3頭のうち2頭を採られた。もう1頭を見張っておく」。やっと来た電車に乗り、公園のある駅から少し駆け足。現地に着いたら、Shinさんが、「この付近にいるはず。採集者は帰した」。場所は、セイタカアワダチソウがまだ刈り取られていない南向きの土手。曇っていて寒いせいか、どこかに引っ込んでいるらしい。しばらく探したが見つからず、少し焦り始めたとき、見つけたとの知らせ。最初、草の葉に翅を閉じていたけれど、すぐ開いた。オスらしい。
a0181059_1014127.jpg

そのうち、空が少しあかるくなってきたせいか、舞い上がり、近くのセイタカアワダチソウで吸蜜し始めた。そして、空が暗くなると少し隠れた葉にとまり、尻尾を上げ翅を拡げ、暖をとる。そんなことを繰り返していた。すぐに翅を開くので、閉翅姿は撮れなかった。
a0181059_10163288.jpg

沖縄にセイダカアワダチソウはあるのかしらんと思いながら、ヨコハマのカバマダラ。
a0181059_10164848.jpg

なにしろ1頭しかいないので、大事にしながら飛翔も撮った。曇り空だとやはりキツイ。
a0181059_10283723.jpg

順光だとなんとか色が出た。
a0181059_10443951.jpg

とまったら静止、飛んだら飛翔の撮影。あまり遠くには飛んでいかない。離れそうになっても戻ってくる。ゆっくり飛ぶ。
a0181059_10285619.jpg

だいぶ斜めになったけれど・・・
a0181059_1046297.jpg

カバマダラ以外のチョウたち。フジバカマには、カバマダラモドキが来ていた。もう少し空が明るかったらもう少し似ていたかも。キタテハも曇り空だとなんか暗い。
a0181059_10512728.jpg

ベニシジミとも遊んでもらった。1コマ目と4コマ目はアングル違い。
a0181059_10505792.jpg

何枚も撮ってもピントが今一つだった。ちょっと悔しい1枚。
a0181059_1052461.jpg


まだ、チョウ撮影をしていないころ、毎年のように、沖縄の梅雨が明け台風があまり来ない6月下旬から7月上旬に、本島や離島に海遊びに出かけていた。撮影しないといっても、チョウのことは気になっていた。不思議なことに、この時期、カバマダラがいるときはスジグロカバマダラを見ず、スジグロカバマダラがいるときはカバマダラを見なかった。いずれにしろ、カバマダラはほんとに南国のチョウといった感じがする。こうして、迷蝶といえども、ヨコハマでカバマダラに会えるとは思ってもみなかった。Shinさんに感謝です。

by otto-N | 2013-10-25 12:33 | Comments(12)

2013.10.3 白金の森 アサギマダラ   2013.10.9(記)

2013.10.3
自然教育園の隣の公園で道草を食ってしまい、あわてて本来の目的地に駆け込む。アサギマダラが来ていた。
a0181059_10584874.jpg

群馬県の高原に行ったとき、ヨツバヒヨドリや水が浸みだす崖で、たくさんのアサギマダラを見て、撮影する気力が起きないほどうんざりした。けれど、ここの木陰のタイアザミにやってくるアサギマダラは、隠微は美しさがあると思う。とにかく暗い。背景に明るい緑になる位置を待っていたが、なかなか、そうはさせてくれない。木漏れ日が美しい一瞬。
a0181059_1144643.jpg

この薄い翅、子供のときゴム動力で飛ばす竹ひごで作った飛行機の翼の紙ようだ。アザミの葉の影を落とす。
a0181059_1145838.jpg

この日いた他のチョウたち。新鮮なクロアゲハがカリガネソウにやってきたのには驚いた。暗くてブレブレ。
a0181059_115628.jpg


明るい開放的な場所でのアサギマダラより、木陰のアザミで静かに吸蜜しているアサギマダラのほうが美しいような気がする。人が近くに来ても動こうとはしない。ときどき、蜜がなくなったのか、別の花に舞い移る。この日、来ていたのは4頭。昨年より多い。

by otto-N | 2013-10-09 11:33 | Comments(2)

2013.9.27 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン   2013.9.30

2013.9.27
ミドリヒョウモンのメスが現れたので、こんどはオオウラギンスジヒョウモンを期待して、自然教育園に行く。この日も清々しい秋空だった。

今年はいつになくシロバナサクラタデが多い。先日はアオスジアゲハが来ていたが撮影は不良消化だった。何かいないかと思っていると、奥のほうにキタテハがきていた。でも、撮れたのはこの1枚。すぐ、遠くに行ってしまった。
a0181059_1333929.jpg

教育園の一番奥、武蔵野植物園というポイントにはタイアザミが咲いており、多くのチョウが現れる。奥のほうにヒョウモンが飛んで来てとまった。行ってみると、オオウラギンスジヒョウモンのメス。木陰でかなり暗い中に咲くタイアザミで吸蜜後、どこかへ消えてしまった。ストロボを使えばよかったかもしれないが、この薄暗い雰囲気は悪くはない。
a0181059_1385449.jpg
a0181059_1392063.jpg

日の射す場所にもタイアザミはあり、アゲハがやって来る。いい位置にアオスジアゲハがきたので、かなりの枚数を撮った。やはり、このチョウ、逆光がいい。途中に介入してきたのはイチモンジセセリのようだ。久しぶりの9コマ。
a0181059_13144121.jpg

比較的傷みのないクロアゲハ。
a0181059_1317085.jpg

でも、スローシャッターでブレブレのこんなのも、好みです。
a0181059_13184165.jpg
とても大きな影を見つけた。何かと思ったらモンキアゲハだった。ここで見るのは初めて。ふわふわと力なく飛びまわり、とまったのは頭の上。残念ながらの証拠写真。水生植物園という所にいたモンキチョウ(♀)、ヒカゲチョウとウラギンシジミ。モンキチョウが蜜を吸っていたツリフネソウは異常繁殖、ウラギンはまだ夏仕様だった。
a0181059_1414383.jpg

先日見たミドリヒョウモンのメスは見つからなかった。飛び廻っていたのはオスばかりだった。ときどき花に来るが、どうやら探雌飛翔がメインの様子。後で画像を調べたら、オスは3頭いたようだ。
a0181059_1328292.jpg
a0181059_13281770.jpg

多かったのはツマグロヒョウモン。あまり撮らなくなってしまったけれど、美しいヒョウモンだ。
a0181059_13301314.jpg

水生植物園にはノアザミが咲いており、いつもツマグロヒョウモンがたむろしている。ここのベンチの下では、ちょっとした騒動があった。解説をすると、とめどもなく下に落ちる気がするので、余計なことは言わないけれど、この曲り具合は北斎か歌麿かというところ。なかなか決着がつかないので、シャッターを切るのを止めてしまったが、最後は、メスが完全に横倒しになって死んだふり。オスはやっと諦め、メスの勝ち。
a0181059_13294144.jpg

ヤマトシジミとツバメシジミの黒いメス。ヤマトシジミは、虹色の幻光。羽化して間もなくのものは良く光るようだ。「あぶら光り」というのも、イメージが悪いので、「レインボウ・リフレクション」と呼ぶことにしようかなぁ、と思っています。
a0181059_13451314.jpg

ヤマトシジミはこの園内にはそれほど多くはないのだが、もう黒縁の幅が狭い寒冷型のオスも出てきていた。いよいよ、秋!
a0181059_13482971.jpg


今年もオオウラギンスジヒョウモンが現れた。ミドリヒョウモンは6月には一度も見たことがないが、オオウラギンスジは6月に新鮮な個体を見ている。両種とも、ここで羽化しここで夏眠後、秋に現れるのか、いったん郊外に移動し秋に戻ってくるのか、興味あるところ。でも、こんな都心で、郊外の山の中のヒョウモンチョウが見られるなんて、とても嬉しいことにつきます。

by otto-N | 2013-09-30 14:04 | Comments(2)

2013.9.9 東京・目黒区の公園 ツマグロヒョウモン   2013.9.11(記)

2013.9.9
定期の健康診断に行ったとき、病院の近くには、春先にツバメシジミを見に行く公園があり、立ち寄ってみた。

病院へ行く途中の川沿いの小さな斜面で、ヤマトシジミのメスを見つけた。油光りのアングルを探した。
a0181059_1493192.jpg

検診を終え、公園に行く。ツバメシジミのポイントは、春先には草が刈り取られており、幼稚園の園児たちのかっこうの遊び場だが、夏草がぼうぼうと生えており、萩やこのマメ科植物が多い。キタキチョウが産卵し、ウラナミシジミのメスがやって来たが、落ち着きなく飛び回っているだけだった。
a0181059_135408.jpg

ツバメシジミを探したがすぐには見つからず、やっとメスが1頭。このマメ科植物にツバメシジミが産卵していたのを見たことがあるが、ここでの食草は荻だとは思っているが、どっちだろう。とにかく、来年もよろしくお願いしますね。
a0181059_1425428.jpg

ヤマトシジミはいつもよりもゆっくりと飛び交っていた。飛翔を撮ったら、思ったよりよく写っていた。
a0181059_1463443.jpg
上は適当にトリミングしたが、トリミングしないと、最小距離27cmのこのレンズ、17ミリではヤマトシジミはこの小ささ。24ミリにすると大きくなるが、フレームからすぐ外れてしまう。
a0181059_147634.jpg

花壇に来たヤマトシジミ。青い花を背景に、たまにはいい。
a0181059_14524968.jpg

キバナコスモスには、ツマグロヒョウモンが集まっていたけれど、オスばかりだった。メスも来たけれど、残念ながら、すぐに飛んでいってしまった。
a0181059_14193424.jpg

夕方、買い物の帰り、アベリアの植え込みで、真横から日を浴びヤマトシジミが飛んでいた。そして、アカボシゴマダラがその上の方に2頭。空に消えた後、1頭が戻ってきて6~7m頭上のイチョウの木にとまって翅を開いた。しばらくじっとしていたが、突然飛び出しと思ったら、別のアカボシゴマダラを追いかけ始めた。そして、また、戻り、翅を拡げる。ということを繰り返す。時には、3頭が絡んだ。どうやら、テリ張りしているらしい。戻ってくるのは同一個体かどうかはわからなかった。すぐ、自宅に帰りカメラを2台。1台でアカボシを追いかけるもののの、少し下に下りて来て翅を拡げたところを撮るのが精一杯だった。
a0181059_17131497.jpg

もう1台は、ヤマトの飛翔。飛翔は、夕方の日をまともに受け、ピントが合ったと思ったら翅が白く飛んでしまい、残ったものは少なかった。
a0181059_17132711.jpg


キバナコスモスが咲くと、秋を実感する。日射しが強いと暑いことには変わりはないが、朝夕は過ごしやすくなってきた。ミンミンゼミの啼き声もめっきり減り、日が落ちるとエンマコオロギが喧しくなってきた。そろそろ、チョウの季節が終わる。なんか、淋しい感じがする。

by otto-N | 2013-09-11 14:50 | Comments(0)

2012.10.31 白金の森・ムラサキシジミ    2012.11.2(記)

2012.10.31
朝から晴れ。近所のヤマトシジミを少し見てから自然教育園に行く。

ちょっと斑紋が変わっているヤマトシジミ。2日前と同じオスのようだ。同じ場所にいた。右は、小さな青メス。ちょっと下向き。
a0181059_14432029.jpg

せっかくの青♀は、やはり明るすぎ。青鱗粉ががさがさに光るだけだった。朝が早くても、これだけ明るいと日陰を作ると飛び去ってしまう。
a0181059_14464526.jpg

青♀はあまりよく撮れないそうもないのでここを諦め、ムラサキシジミを捜しに、急いで、教育園に行ったが、昨年のポイントには影も形もなかった。「水生植物園」という場所では、オオニガナが咲いていて、ツマグロヒョウモン(♀)が来ていた。本当は、ヒメアカタテハかキタテハが来てほしいところだったが、ツマグロヒョウモンもなかなか良かった。
a0181059_14542910.jpg

ここは、先日、ムラサキツバメが出た場所。こないかなと待っていたが、代わりに現れたのはムラサキシジミノメス。ときどき、場所を移動しては翅を開いた。3枚目は、太陽が隠れた後なので輝かない。
a0181059_1457930.jpg

この日撮った他のチョウたち。キタキチョウ、ヒメジャノメ、ヤマトシジミ。明日から11月、やはり淋しい。
a0181059_1514335.jpg


あれだけ晴れていたにもかかわらず、この日もムラサキ2兄弟の出が悪かった。暑かった夏を引きずっているせいか、例年のポイントでは木が生い茂りすぎ、道路の日当たりが悪くなったせいか、とにかくムラサキは不作だ。

オオニガナという湿地性の植物、どこにも普通かと思っていたが、そうでもないらしい。これから咲くツワブキの黄色とちがって、すがすがしい黄色だ。自然教育園のオオニガナは、昨年よりずいぶん増えた気がした。

by otto-N | 2012-11-02 15:17 | Comments(8)

2012.8.10 恵比寿 ヤマトシジミ    2012.8.10(記)

2012.8.10
毎日暑い日が続く。近くのヤマトシジミも飛び回るだけ。とまっても翅は開かないけれど、オスを撮っておかなくてはと、10時過ぎ、近くに行く。

この場所だけかもしれないが、どうやらヤマトシジミは10時をすぎないと本格的に出てこないようだ。涼しいうちは翅を拡げると思っていたがそうでもないらしい。今日もそうだった。最初、全然いなかったが、何頭かが出てきたと思ったら飛び回るだけだった。飛び回っているが、中にはすぐとまる個体もいるので、それがねらい目。今日は少し摺れてはいるが、やっと撮ることができた。1-3コマは同一個体。
a0181059_19304260.jpg

帰り際、新鮮なオスが飛んできたが、1ショットしか撮れず。
a0181059_19332286.jpg

近くにいるのは、ヤマトシジミ以外では、イチモンジセセリ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンくらい。他にナミアゲハがいたがスルー。ツマグロヒョウモンのメスは、いいかげんに撮っておいたもの。しつこくオスに迫られ交尾してしまったので、アップした。交尾が成立するとは思わなかった。
a0181059_19404975.jpg

交尾といえば、数日前に撮ったヤマトシジミ。しつこくしつこくオスが迫っていた。オスのポーズが滑稽なので撮っていたが、摺れたメスだったので交尾には至らないと思っていた。しかし、ふと見るといつの間にか成立。メスは交尾を繰り返すのだろうか。
a0181059_19465452.jpg

同じく、数日前に撮ったヤマトシジミ。綺麗な個体ほど翅は閉じたまま(?)。
a0181059_19471280.jpg

暑くてメスさえも翅を開かない。このメスは前翅の斑紋が少しだけ流れていた。
a0181059_19561813.jpg

このオスは、前日(2012.8.9)に撮ったもの。ちょっと小型で、すぐ飛び休む癖があった。なんか変と思ったら、後翅の斑紋異常。この斑紋形状は少ないかもしれない。右が正常な斑紋。
a0181059_2024380.jpg

すぐ休むので追いかけて撮影したが、前開も撮りたかったが、表は普通のようだった。
a0181059_20222089.jpg


思えば、昨年の今頃もヤマトシジミを撮っていた。しかし、昨年は曇り空の開翅狙いだった。今年はずうーっと晴れっぱなし。なかなかとまらないし、開かなかったが、なんとか少しだけ撮影できた。



P.S.
東京タワーのライトアップ。オリンピックで金メダルが出ると虹色になるのかなと思っていたら違った。スケジュールが決まっているらしい。「なでしこ」はちょっと残念だったけれど、勝負は紙一重、よくやった。最後、表彰式に出てくるところがなかなかよかったです。
a0181059_2017235.jpg



さらに追加 (2012.8.11)
福島原発事故により、ヤマトシジミは遺伝子的な影響を受けていた。ヤマトシジミは地べたで生活するチョウ。放射線の影響を受けないわけがない。ヤフーの記事原著です。(まだ、原著を読んでいませんが、福島以外で採集した個体(対照群)の分析にも注意が必要かもしれません)

by otto-N | 2012-08-10 20:27 | Comments(8)