たかがヤマト、されどヤマト

タグ:トラフシジミ ( 42 ) タグの人気記事


7月、白金の森、デジイチ切り替え (2010.7.14-19)  2011.2.24

2010.7.14-19
4月、5月、6月と、これまで、チョウ撮影には、18倍ズームのコンデジ、富士フイルム「FinePix S2500HD」を使ってきた。撮影時のストレスが多すぎ、1眼レフに切り替えようとは思っていた。しかし、①1眼レフは、重く、大きすぎ、旅行・ハイキングときに不便(以前、ニコンF90Xを使っていた)、②一度使い始めたら、コンデジに戻れなくなる、③チョウ撮りはそのうち飽き、いつまで続くかわからない、という理由で、我慢しながら使ってきた。
どうしようかなと思っていたら、軽くて小さいPentax K-xというのが目についた。価格もすごく安い。55-300mmズームを付けても1015g。というわけで、さっそく購入し、白金教育園に行ってみた。

教育園で3回目のトラフシジミ。この年、大発生したコミスジ。
a0181059_11354017.jpg

開翅したムラサキシジミは、どういうわけか、メスばかりだった。4枚目は産卵中か。
a0181059_11373372.jpg

ユリの花で吸蜜するキアゲハ。ツバメシジミとモンシロチョウ。
a0181059_11375896.jpg


さすが、これまでのストレスがなくなった。ピント合わせが早い。液晶でないので対象物がすぐ分かる。望遠らしく背景もぼけてくれる。小さなチョウをトリミングしても色がつぶれない。モンシロチョウも美しく撮れる。入門者用でも、さすがデジイチ。
ただ、もっと早く購入しておけばとは思いませんでした。コンデジで苦労した分、撮影が楽しめるようになったのですから。

(画像は右クリックで大きくなります)

by otto-N | 2011-02-24 12:15 | Comments(2)

5月、アオスジアゲハ (2010.5.5-12)    2011.1.31

2010.5.5-12
港区・白金台にある「自然教育園」の5月は、新緑が美しい。翅は大きく欠けていたが、トラフシジミを見つけた。小鳥に追われたか。
他に、ツマグロヒョウモン、アオスジアゲハ。
a0181059_16104640.jpg

自然教育園の隣の公園では、バイカウツギの花が満開。アオスジアゲハとツマグロヒョウモンが群がっていた。
a0181059_16111030.jpg


満開のバイカウツギにアオスジアゲハは次々にやってきた。
はばたきを止め、じっとぶら下がって吸蜜するものが多く、じっくり近づいて撮ることができた。動きがなく、ワンパターンの絵ばかりになったけれど、光を透かしてみる半透明の「アオスジ」はやっぱり美しいですね。

北海道育ちだったので、アオスジアゲハはあこがれのチョウの一つでした。

by otto-N | 2011-01-31 16:36 | Comments(2)