たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ハイキング・山登り ( 108 ) タグの人気記事


2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) 小池新道   2017.9.17 (記)

2017.8.29 (続き)
12時20分、鏡池を新穂高温泉に向かっており始める。登山道の脇に咲いていた花。昨年は見なかった5コマ目はジャコウソウと思うが6コマ目は判らなかった。
a0181059_16322792.jpg


もう少しでシシウドが原という急斜面で数頭のベニヒカゲが舞っていた。登山道にはとまるが緑にはとまらない。
a0181059_16411063.jpg


何箇所か水の流れる沢を横切ったけれど、上流にはまだ雪が残っており昨年より圧倒的に水量が多い。かなり下った頃、まだ新鮮なヨツバヒヨドリが現れ始めた。先頭を妻と入れ替わりチョウを探しながら下る。案の定、お馴染みのチョウが吸蜜していた。
a0181059_16461474.jpg


数は少なかったが、ガレ場の脇にまだこんなに新鮮なヒメシジミがいた。
a0181059_16475090.jpg


♂と♀。♂の左後翅に小さな欠けがあったのは残念。
a0181059_16493502.jpg


ヨツバヒヨドリがある所にはミドリヒョウモンが飛んでいるが、♂はムリしてまでも撮る気はしなかった。探していたのは♀。やっと見つけた。怪しい後翅の色はそそられる。ただ、目と同じ高さで、寄らないと撮れない位置だったので苦しかった。日の丸構図で撮るがトリミングに迷いに迷ったあげくこんなに大きくなってしまった。
a0181059_19292736.jpg


それに、なぜか連写モードではなく単発撮りになっていた。翅を開閉するところを狙うものの、翅裏を撮れたのは2枚だけ。その1枚を縦にトリミングしてみた。(やはりデカすぎる)
a0181059_17022754.jpg


近すぎて翅が寝ているところばかりが写る。V字開翅、苦肉のトリミング。
a0181059_19300356.jpg


サカハチチョウ。この時期でもこんなに綺麗とは。
a0181059_17413984.jpg


林道に出る直前、ハハママコにヒメシジミ♀。
a0181059_17041425.jpg


幅広い林道に出るとアサマイチモンジ。ヒメキマダラヒカゲは夕方に訪花することが多い。
a0181059_17092004.jpg


ツリガネニンジン系の7.5個の蕾たち。
a0181059_17322856.jpg


15時30分、わさび平小屋到着。ビールとカレーライスと冷やしトマトで大休憩。残りは平らな道をとぼとぼと1時間歩くだけ。
a0181059_17145545.jpg


登山口に着いたとき、ちょうど17時のサイレンが鳴った。宿に電話し迎えに来てもらう。宿は昨年と同じ奥飛騨温泉郷中尾にある民宿「たきざわ」。料理がとてもいい。



2017.8.30
近くを散歩もせず、バスを乗り継ぎ松本からあずさに乗り早めに帰京した。平湯のバスターミナルでは晴れていたけれど、安房トンネルを抜けた上高地側は曇り。山一つでずいぶん天気が違う。今回の山歩きでは、同室になった方々が楽しく、山小屋にも慣れることができたけれど、困ったのは昼食。山小屋の弁当はほとんどの場合、高いだけで美味しくないので2人で1個だけにし行動食で補填していたが弁当を完食できず苦労した。後から出る包装ゴミのことも考慮していないし。途中の山小屋で食事できるのならムリに弁当を頼む必要はなく行動食を充実させるべきと悟った。朝食もご飯を一杯食べるのがやっと。梅干しとふりかけが必需品。水晶小屋で食べたカップラーメンがいちばんうまかった。ともあれ、1時間で2組ほどしか出会わない山中を3日間てくてく歩き、無事帰ることができほっとした次第です。




by otto-N | 2017-09-17 14:30 | Comments(2)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (5) 三俣蓮華岳巻道   2017.9.15 (記)

2017.8.29
前日の夕食はやはり和鹿のシチューだった。肉そのものはどうということがないのだが、使っている香辛料が苦手でご飯にかけ何とか食べた。全く食べることのできない人もいるようだ。カレーにしてくれると全く問題がないけれど、山小屋食はカレーが多いと聞く。カレーでは他と差別化ができないのでシチューなんだろうね。ここは要所にある人気の山小屋だけにもう少しなんとかしてほしいところ。さて、この日の天気は何と小雨。外に出てみると気温はそれほど低くはない。
a0181059_09003653.jpg


山小屋は霧の中に浮かぶ。
a0181059_09015060.jpg


長い行列のできる朝食とトイレを避け、少し遅めの6時20分に出発。もう無事に下山するのみ。初めての雨支度。幸いガスが濃いだけで風も雨も強くはない。晴れていれば三俣蓮華岳から双六岳を経て新穂高温泉に抜ける予定だったが、三俣蓮華岳の登り口へ来たところ、雨に濡れたイワツメクサがあったので、ザックからカメラを取り出す。
a0181059_09084141.jpg


小雨だったので、カメラはパーカーの中に入れそのまま登山道を下る。風は弱いので助かった。
a0181059_09122476.jpg


雨の中のチングルマ。
a0181059_09134456.jpg



濡れそぼった花。
a0181059_09150092.jpg


しかし、この巻道は最初だけ下りで結構きつい登りもあった。雨装束の中は汗でびっしょり。さすがに、ガスで何も見えず風景は撮る気さえ起きない。これは、そろそろ巻道も終わりかなという地点。
a0181059_09173060.jpg


8時30分、双六岳の登り口との合流点に到着。しかし、ここは雨が降っていなかった。ちょうど上から下りてきた男性の話では、山頂は何も見えず横からの風も強かったとのこと。足元に咲いていたトウヤクリンドウ。ここから少し下ると双六小屋。
a0181059_09234412.jpg


急坂を下ると双六小屋が見え始めた。正面に見える登りが槍ヶ岳へと続いている。8時45分、小屋に到着。鷲羽岳のほうは少しだけガスが上がっていた。
a0181059_11200978.jpg


広場の隅の風の弱い場所におびただしい数のイチモンジセセリが飛び回っていた。やっと花にとまったので撮る。ここは標高2550m。こんな所になぜ集まっているのだろうか。
a0181059_11243715.jpg


早めの昼食をとり、ゆっくり休む。9時40分、小屋を出発。行く先の空は明るい。
a0181059_11352506.jpg


花を撮りながらの下山。と言っても尾根道を下ったり登ったり。尾根道の左側は絶壁。その谷の向こうには槍ヶ岳があるのだが、ガスで全く見えなかった。
a0181059_11360520.jpg


途中、後ろを振り返ると双六岳は青空。
a0181059_11375796.jpg


尾根道の左は相変わらずガスの中。右側だけが少し明るい。昨年は見なかったベニヒカゲが飛んでいた。尾根道近くのハイマツは背が高いためか、クロマメノキは見当たらなかった。
a0181059_11361330.jpg
a0181059_11434896.jpg
a0181059_11440069.jpg


イタドリの小さな花。
a0181059_11452189.jpg


弓折乗越まで来ても谷の向こうは曇ったまま。11時50分、鏡平に到着。鏡池でガスが上がるのを待つものの状況は変わらず。
a0181059_12532224.jpg


(北アルプス・裏銀座(6)に続きます)



by otto-N | 2017-09-15 18:16 | Comments(0)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (4) 鷲羽岳   2017.9.14 (記)

2017.8.28 (続き)
今年から改装された水晶小屋のベンチで昼食をとっている間にますますガスが濃くなってきた。覚悟して鷲羽岳(標高2924m)に向かう。小屋直下にイワオウギの群生地。標高が高すぎるのでA様は棲息できないだろうが、右下(西側)から吹き上げてくる風とガスの中を下る。すぐ平らになり一息ついたが、ガスで周りがよく見えないままワリモ北分岐に着く。ここからは登り。幸い登山路の風は弱く、ときおりガスが切れ緑の谷が見えるのでザックからカメラを取り出す。
a0181059_08481568.jpg

水晶岳に登る途中から見えたように、この尾根沿いのワリモ岳のジグザグ道は結構な急斜面だった。途中、尾根に吹く風の中を飛ぶセセリが目についた。何頭もである。イチモンジセセリとは思うが、時々斜面にとまるので撮ろうとするが、足元はガレ場。やっと1枚だけ撮ることができ(でも、ピンボケや)。風で吹き上げられたにしても、どうしてこんな所に集まっているのだろう。
a0181059_08533419.jpg

ワリモ岳の山頂でのルート取りが不安だったがあっさり通過した。晴れていたら素晴らしいに違いないが、相変わらずのガス。それでも、左側(東側)はガスが切れることが多くなった。いったん下り、鷲羽岳へ登り返す。
a0181059_08483273.jpg

もうすぐ山頂。青空が見えるようになった。左の出っ張りはワリモ岳。
a0181059_09112550.jpg

12時50分、鷲羽岳山頂。目的地の三俣山荘へはここを下るだけだったので、しばらくこの山頂に留まることにした。少しずつガスが上がっていく。眼下に鷲羽池と硫黄尾根。
a0181059_09154161.jpg

2つをまとめるとこんな感じ。この右上に槍ヶ岳が現れるはずなのだが・・・
a0181059_09224651.jpg

先ほどからイワヒバリが1羽。
a0181059_09252740.jpg

北側はすっかり晴れ上がった。野口五郎岳→水晶岳→ワリモ岳と、ここまでやって来た足取りがよく見える。感慨無量というところ。
a0181059_09265802.jpg

しかし、肝心の槍ヶ岳は全く姿を現さない。
a0181059_09261320.jpg

明日、向かう予定の三俣蓮華岳(2841m)も双六岳(2860m)の山頂は雲に覆われたままだった。14時、さて、諦めて下ることにしようか。
a0181059_09333825.jpg

右は黒部源流の谷。昨年はこの谷の底から上を見上げていた。この谷底から三俣山荘への登りは苦しかった。
a0181059_11280062.jpg

鷲羽岳を下りきった所に赤い屋根の三俣山荘があり、そこから上に三俣蓮華岳への登山路が一直線に伸びている。
a0181059_11380514.jpg

上を振り返る。ザレザレの登山路。滑落と落石に注意。登るのも急で大変そうだ。(こちらからは登りたくない)
a0181059_11305050.jpg

祖父岳の雪庇の名残り。
a0181059_11442847.jpg


下りきった所に咲いていた花。
a0181059_11394244.jpg


そこから見上げる鷲羽岳。なかなかいい形だ。
a0181059_11405040.jpg


15時、三俣山荘到着。やはり槍は見えず、左には大天井岳だけが見えた。この稜線が表銀座らしい。受付を済ましすぐビール。(予約し早めに着くと、いい場所を確保できる)
a0181059_11465527.jpg

夕食後、漂う雲の隙間から鉾先だけを覗かせた。
a0181059_11484024.jpg

やはり、空は焼けなかった。三俣蓮華岳の山裾に一瞬だけの赤。
a0181059_11502570.jpg

(北アルプス・裏銀座(5)に続きます)



by otto-N | 2017-09-14 16:05 | Comments(0)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (3) 水晶岳   2017.9.11 (記)

2017.8.28
朝、4時45分。雲の切れ間がちょっぴり赤くなっていたがここまで。前日と打って変って雲が多い。
a0181059_10184102.jpg


遥か遠く、南アルプスらしき山影と富士山が見えた。(上の画面の右のほう)
a0181059_10362576.jpg


5時45分、野口五郎小屋を出発。振り返ると小屋の人が手を振ってくれていた。なんだか北海道のユースホステルのようだ。岩陰にへばりつたように建てられた小屋が印象的だった。水は天水。
a0181059_10221674.jpg


野口五郎岳(標高2924m)の山頂を目指す。
a0181059_10241022.jpg


6時、あっけなく山頂到着。眼前に槍ヶ岳。その前の硫黄尾根が素晴らしい。
a0181059_10255377.jpg


左に槍ヶ岳、右に水晶岳。圧倒的な180度の大パノラマ。
a0181059_10264917.jpg


尾根伝いに水晶岳(2978m)に向かう。先行するのは小屋で同室だった高山から来た元気な女性2人組(次の山小屋でも一緒になる)。
a0181059_10323221.jpg


二度と来ることはないだろう。もう一度、パノラマで撮っておく。左の遠くに富士山、中ほどに笠ケ岳も写っていた。
a0181059_10392555.jpg


五郎池の向こうに水晶岳。グリーンが美しい。
a0181059_10405896.jpg


あいかわらずの左側の景色。
a0181059_10450392.jpg


竹村新道分岐を過ぎ(6時30分)、登りに差しかかる。
a0181059_10484005.jpg


縦構図でも撮ってみたが、横のほうが拡がりが出るようだ。
a0181059_10513555.jpg


孤高の山、槍ヶ岳(標高3180m)。
a0181059_10510787.jpg


この道は真砂岳(標高2862m)の頂上を通らず、その右に巻く。槍ヶ岳は岩陰に姿を消しては現れる。
a0181059_10523443.jpg


チングルマの向こうに槍ヶ岳。左F10、右F22。こんなに絞らないとダメなのか。
a0181059_11002161.jpg


岩陰の花。曇っているのでしっとりと撮れる。
a0181059_11013834.jpg


とどめはイワツメクサ。
a0181059_11024762.jpg


来た道を振り返る。野口五郎岳も真砂岳も意外にも奇麗だった。
a0181059_11400324.jpg


時々岩稜地帯の尾根道が続く。
a0181059_11402146.jpg


少し明るくなってきた。緑が美しい。
a0181059_11423124.jpg


東沢乗越を過ぎてからは登り。谷の向こうに立山と黒部湖。
a0181059_11484658.jpg


登っている途中、後ろを振り返ると、空飛ぶ円盤の数機編隊。不気味なレンズ雲?天気もこれまでか。
a0181059_11510894.jpg


この斜面は結構険しかった。
a0181059_11560840.jpg


赤岳とそれに続く水晶岳。
a0181059_11533643.jpg


水晶岳の右奥は黒部湖。
a0181059_11535855.jpg



9時10分、水晶小屋到着。少し休んでからザックをデポし、水晶岳山頂に向かう。水晶小屋から少し上がった所からの鷲羽岳から水晶岳のパノラマ。水晶岳へはしばらく緩い斜面を登る。
a0181059_13353040.jpg


鷲羽岳(標高2924m)。尾根沿いの登山路は急そうだ。
a0181059_13381280.jpg


どんと構えた黒部五郎岳(標高2840m)。昨年はカールに雪が残っていなかった。
a0181059_13392166.jpg


黒部湖から野口五郎岳。
a0181059_13411494.jpg


左下にはポツンとたたずむ雲ノ平山荘。昨年はここから上を見上げていた。
a0181059_13460390.jpg


振り返ると穂高に雲がかかり始めていた。
a0181059_13471964.jpg


まずい。槍にも雲が・・・
a0181059_13485130.jpg


天気にもう少しガンバってほしいと願いつつ、先を急ぐ。
a0181059_13494252.jpg


平らな所を過ぎると、はしご場があったりそれなりに急な岩場。山頂に着いたのは10時5分。槍ヶ岳は風前の灯で、まだ穂先が見えるうちにと記念撮影を済ませる。
a0181059_13521760.jpg


そして、ジ・エンド。
a0181059_14035843.jpg


それでも、反対方向はまだ青空だったが、
a0181059_14051726.jpg


もう一度、振り返ると、近くの山もガスで覆われ始め、急いで撤退。
a0181059_14065463.jpg


山頂直下にあったイワツメクサの群落。
a0181059_14092322.jpg


水晶小屋の近くまで下りたら、野口五郎岳にも雲がかかり始めていた。
a0181059_14462572.jpg


(北アルプス・裏銀座(4)に続きます)




by otto-N | 2017-09-11 16:36 | Comments(2)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (2) 野口五郎岳   2017.9.8 (記)

2017.8.27
5時30分、七倉山荘から高瀬ダムまで、2巡目の相乗りタクシーで行く。ダムの堤防を渡り、トンネルを抜け、吊り橋を渡る。荒涼とした景色だった。
a0181059_13021962.jpg

6時20分、裏銀座縦走の起点となるブナ立尾根登山口に到着。ブナ立尾根は北アルプス3大急登の1つと言わている。最初は階段があるがすぐになくなる。確かに急登。ブナの森の中を喘ぎながら登る。三角点到着は8時30分。
a0181059_13053740.jpg


やっと見晴しのいい場所に着き、そこからはやや緩やかになる。ダム湖の向こうに大町市街が見え、遠くに山(大天井岳?)が見え、ニセ烏帽子が見えたころ、急登は終わった。
a0181059_19435300.jpg


平らになった所にお花畑があった。もう8月の終わりだというのに、ミヤマモンキチョウがまだいた。
a0181059_13115078.jpg


9時50分、烏帽子岳小屋(標高2551m)に到着。予定よりかなり早い。小屋からは赤牛岳がよく見える。(PCでは、どの画像もクリックすると大きくなります)
a0181059_13143312.jpg


往復2時間ほどかかる烏帽子岳には行かず早めに昼食をすます。近くにあったチングルマ。バリアングルではないので撮影はかなり苦しい。レンズはいつもの18-135ミリだけ。ザックは30Lなので、デジイチ1台を入れるのがやっと。
a0181059_13180160.jpg


あまり休んでもいられないので、野口五郎岳を目指す。この時は気がつかなかったが、右奥の雪渓の山は水晶岳だった。左は野口五郎岳の手前にある三ツ岳。野口五郎はその後ろで見えない。
a0181059_13140159.jpg


テント場の周りはお花畑だった。数は少ないが、ベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウ(♂も)が飛んでいた。とまらないのですぐ諦める。ミヤマモンキチョウは最盛期を1か月以上過ぎているというのに、この先の三ツ岳の山頂近くでも飛んでいた。クロマメノキは至る所にあったが、もう1週間で夏は終わる。卵が孵っても幼虫が育つには厳しい気がする。3コマ目は初めての花。後で調べると、ママコナという植物らしい。イネ科やカヤツリグサ科の植物に半寄生すると書かれてあった。
a0181059_13194422.jpg


お花畑を過ぎ、三ツ岳へのだらだら登りが果てしなく続く。登山者はとても少ない。
a0181059_15463928.jpg


左側の谷を覗きこむと高瀬ダム。
a0181059_19534784.jpg


振り返ると最高の景色。登って来た登山路の向こうに烏帽子岳、その向こうに立山、その左に針ノ木岳、その奥に後立山の山々が続く。
a0181059_15471916.jpg


少し登っては振り返るが景色はそれほど変わらない。
a0181059_15473012.jpg


気温は低いがカンカン照りの中の登りはさすがにきつかった。
a0181059_15530915.jpg


右前方からアサギマダラが横切っていった。急いでMFにし固いピントリングを回す。空しか写らなかった。
a0181059_16060974.jpg


イワツメクサは見当たらずタカネツメクサばかりだった。コマクサがポツンポツンと咲いていた。ただし、すでに終わり。
a0181059_16061901.jpg


後ろを振り返り、また撮る。(何度撮ったことだろうか)
a0181059_15550505.jpg


左前方に槍ヶ岳が見えてきた。(槍ヶ岳はこの後、登るにつれ山の陰になり見えなくなってしまう)
a0181059_16303293.jpg


振り返ると、立山。
a0181059_16310912.jpg


その右には針ノ木岳。針ノ木の左奥に白馬岳、右奥に鹿島槍と五竜と山々が重なる。
a0181059_20183455.jpg


谷間のグリーンがとても美しい。
a0181059_17083790.jpg


左の遥か彼方に富士山が見えた。
a0181059_16535809.jpg


赤牛岳の上に飛行機雲。この山はほんとうに赤い。
a0181059_16580464.jpg


三ツ岳の最初の岩(北峰?)に近づき、そろそろこの風景も終わり。後ろを振り返り最後の3枚。
a0181059_17062310.jpg


やっと大好きなイワツメクサが出てきた。しかし、ちょっとしょぼくれていた。
a0181059_10562435.jpg


緩やかな斜面となり、岩の右に回り込んだら、再び、槍ヶ岳。時刻はちょうど12時。
a0181059_11055569.jpg

槍ヶ岳。後ろの穂高と重なる。
a0181059_11111101.jpg


三ツ岳(標高2845m)には山頂ルートもあるが、ここは巻道のお花畑ルートを選ぶ。選ぶというより、もう登りたくなかっただけだが。
a0181059_11095081.jpg


巻道にはまだ雪が少し残っており、チングルマさえ咲いていた。3コマ目は、今回2つ目の初見の花。ツガザクラの群落の中に混じって咲いていた。
a0181059_08484847.jpg


再び登りになる。左に槍ヶ岳、右に水晶岳。ちょっと豪華な登り。
a0181059_11362256.jpg

水晶岳と赤牛岳。
a0181059_11374880.jpg


昨年は雲ノ平から荒々しい水晶岳を見続けていたが(→クリック)、こちらから見ると全く異なる様相。谷筋の雪とグリーンがとてもきれいだ。
a0181059_11391388.jpg

それにしても、近くにあるはずなのに野口五郎小屋はなかなか見えなかった。小屋まで400mの表示にホッとする。100mの表示を過ぎ、小屋は岩の陰にあった。
a0181059_14112679.jpg

右に見える水晶岳にいい感じの雲がかかり始めた。
a0181059_14183028.jpg


14時、野口五郎小屋到着。手続きを済ませた後、即、ビール。小屋の前の景色は凡庸。右のガレ場の上が山頂。山頂をなぜ撮らなかったか不明。見えなかったのか、あるいは単につまらなかったからなのかよくわからない。15時すぎ、続々と登山者がやって来た。小屋は予約当時は空いていた風だったれど、急に団体が入ったようで1畳2人だという。結局、4畳部屋に6人に収まりホッとする。
a0181059_14172566.jpg

小屋の脇に咲いていたトウヤクリンドウ。なかなか味わいのある花だ。
a0181059_14255276.jpg


疲れて横になったら眠ってしまった。夕食後、夕日を撮ろうと外に出たら雲が沸いていた。
a0181059_14222438.jpg

急いで太陽が見える場所へ登る。しかし、まだまだ早かったので、一度山小屋に戻り出直す。
a0181059_14380174.jpg

再出動。しかし、沈む前に雲が出てしまい、空は焼けなかった。でも、水晶岳のシルエットは美しかった。
a0181059_14295534.jpg


(裏銀座(3)に続きます)




by otto-N | 2017-09-08 16:32 | Comments(0)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (1) 七倉山荘   2017.9.6 (記)

2017.8.26-30
 かねてから妻が計画していた北アルプスの裏銀座の縦走に出かけた。裏銀座は、信濃大町近郊の高瀬ダムを起点とし、烏帽子岳→野口五郎岳→鷲羽岳→双六岳→(西鎌尾根)→槍ヶ岳へ至る北アルプス縦走コースだが、槍ヶ岳までは行かず双六岳から新穂高温泉に抜けることとした。双六岳から新穂高温泉までは、昨年、雲の平に行った時の下山で経験している。槍ヶ岳まで行かずとも、山小屋には少なくても2泊しなければならず、好天が3日間続く日を待っていたのだが、やっと良さそうな天気予報が出たので、急遽、宿を手配した。

2017.8.26
この日は、高瀬ダムのすぐ下にある七倉山荘に前泊した。七倉山荘に予約すると、大町駅からの乗合タクシーを手配してくれる。実はこの七倉山荘の予約を一番心配したが、あっさりと予約できた。大町に着きタクシーに乗り合わせたのは我々を含め4人だけ。やっと天気になったというのに不思議だった。しかし、この先からは一般車両は通行止めとなる七倉山荘前の駐車場は満車。我々が着いた午後は晴れていたが、午前中は大雨だったはず。大勢が雨の中を登ったようだ。

宿に着いたのは15時ころ。まだ明るいので駐車場の周りでチョウ探しをした。サカハチチョウがたくさんいたが遠くて撮れず。ツマジロウラジャノメがヒラヒラ飛んできたがとまる気配がなく2度も見送る。3度目の正直。ボロだが♀の全開翅。駐車場は崖の下ではないと思ったが、宿の窓から上を仰ぎ見ると、急斜面の下は樹木で覆われていたが上のほうは岩が露出していた。この辺は多そうだ。
a0181059_12455178.jpg


アサマイチモンジと思う。イタドリで吸蜜。
a0181059_12554313.jpg


斜面の藪の中だったので動きがとれず、いい位置に回りこめなかった。
a0181059_12563753.jpg


シータテハを追っていたら、車のリアウインドーのワイパーにとまった。窓ガラスに青空と山が写り込んでいるのだが、ガラスが土埃で覆われていてよくわからない。
a0181059_12565715.jpg


七倉山荘は改築されたばかりでピカピカだった。ウォッシュレットは便器の中にライトが自動的に点く高級機(こんなの初めて)、山小屋ではなく完全な温泉旅館。夕食は外でボリュームたっぷりのバーベキュー。翌日に頼んだお弁当は内容のある海苔巻で、山小屋のお弁当として薬師沢小屋と並ぶ出来。もちろん、温泉も。


(北アルプス・裏銀座(2)に続きます)






by otto-N | 2017-09-06 16:26 | Comments(0)

2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (3) レンゲショウマ   2017.8.26 (記)

2017.8.10 (続き)
10時に榛名湖を歩いて半周して来たという妻を蕎麦屋の前で拾い、レンゲショウマを見に行く。湖畔はガスってはいないが、周りの山々にはガスが漂いはじめた。急な場所もあり汗だくで約1時間の登り。薄暗い木立の中にレンゲショウマはひっそりと咲いていた。
a0181059_14352220.jpg


ただ、咲き始めなのか、蕾は多いが咲いている花は少ない。花は1株につき1つだけ咲いていた。
a0181059_14382429.jpg

小さな群落だった。レンゲショウマは幻想的で気品のある花だ。
a0181059_14413413.jpg
a0181059_14410285.jpg


この山にはチョウが少なかった。ガスっていたせいもあるが、数頭のクロヒカゲと1頭のホシミスジを見ただけだった。
a0181059_14451669.jpg


山を下り車道に出る。カンカン照りのガードレールの外側を歩き駐車場に引き返す。途中、ゆうすげの道の入り口の看板があったので、うっとおしい車の道から離れる。ジャノメチョウばかりだったが、ウラギンスジヒョウモンも飛んでいる。
a0181059_14553770.jpg

やっと半開翅をことができたが、もう少しだけ前に回り込みたかった。
a0181059_14561353.jpg

ヒョウモンの半開翅を撮るのは意外と難しい。すぐ開いてしまうし、開閉している時に連写するが、ほどよい角度になかなか撮れない。少し下からだと翅が透けてしまう。
a0181059_14575461.jpg


オオウラギンスジヒョウモンは自宅近くの都心でも見られるのに、ウラギンスジヒョウモンは急激に減少しているという。子供時代の北海道ではこれらのヒョウモン類は珍しくもなんともなかったので、今も夢中で撮ることは少ない。ただ、しばらくぶりに撮ってみて、美しい丸型の豹の紋を見直した。
a0181059_14593596.jpg


木陰のベンチを見つけたのでやっとランチにした。そこへ、珍客。
a0181059_15083242.jpg


我々の汗を吸おうと、ザックやズボンや帽子にまとわりついてきた。せわしなく動き、飛び回るので、ピントがなかなか合わない。耳元ではばたく音がブンブンする。飛び去ってもまたやってくる。飛んだところがピンボケで写っていたが、♂らしい。
a0181059_15101007.jpg


近くの葉の上にとまる気配はあったが、結局、地べたに一瞬とまっただけで飛び去ってしまった。
a0181059_15150997.jpg


この時、付近はガスに覆われ始めていた。少し離れたユリの花にダイミョウセセリを見つけた。
a0181059_15194561.jpg


とても新鮮だった。しかし、うまく撮れなかった。ダイミョウセセリはいつも失敗ばかりしている。
a0181059_15202886.jpg

結局、ガスっていたので、榛名山(掃部岳、1449m)に登ることは中止したが、レンゲショウマは少ないものの咲いていたし、小さなセセリは擦れていたものの一応初撮りできたし、2人ともそれなりに満足できたハイキングだった。




by otto-N | 2017-08-26 18:24 | Comments(2)

2017.8.9-10 群馬県・榛名山 (1) ゆうすげ   2017.8.21 (記)

2017.8.9-10
レンゲショウマを見に群馬の榛名山に行く。レンゲショウマは東京近郊の御岳山に咲いているけれど、どうも人の手によって増やされた大群落のようだ。もっと天然の群落を見たい(妻)、あわよくば未撮影のチョウに遭遇するかもしれない(夫)ということで、束の間の東京脱出。ただし、その花にはまだ早く、そのチョウはすでに遅い気がする微妙な時期だった。

2017.8.9
榛名湖畔に着いたのは、例によって午後。標高1084m、さすがに涼しい。ただ、もっと賑やかなところかと想像していたが、人出はなく建物もうらぶれた感じだった。レンゲショウマは翌日にするとして、湖畔を散歩する。妻は花探し、夫はチョウ探しで別行動。

目についたのは、キアゲハ、それも♀だけ。とても新鮮な個体に何度も遭遇する。
a0181059_14111665.jpg


名前不明のセセリ。ジャノメチョウが一番多かった。キアゲハはユリの花粉で別種と思われるほど。
a0181059_14144373.jpg


セセリは思ったより少ない。これはアカセセリのようだ。
a0181059_14120176.jpg


時々、ヒョウモンチョウが飛んでいるのを見るが近づけず、種類さえわからない。暇つぶしに花を撮る。
a0181059_14191703.jpg

ヒョウモンチョウの正体がわかった。ウラギンスジヒョウモンの♀だった。
a0181059_14242872.jpg


その後、何度か近くに寄れたが、藪の中なので、なかなかいい位置に回り込めない。遭遇した♀はどれも新鮮。持ってきたのが18-135ミリのズームだけ。ちょっと失敗した。
a0181059_14265550.jpg


♂と思ったが、オオウラギンスジヒョウモンだった。
a0181059_14284215.jpg


やっと撮れた♂のウラギンスジヒョウモン。これも証拠写真。チョウと同系色のコウリンカの花が好きなようだった。
a0181059_14310457.jpg


もう一度、キアゲハの♀。長々と翅を拡げていた。
a0181059_14331392.jpg


待ち合わせ時間になったので、いっしょに「ゆうすげの道」を散歩する。実は、この時まで、ゆうすげを知らなかった。咲き始めるのは夕方。完全に開くことはなく、少しだけ。色は黄色だが、どことなく淋しい黄色。
a0181059_14414934.jpg


どアップで撮る。(何度やっても雌蕊にピンがこなかった)
a0181059_14455731.jpg


どこから撮ればきれいなんだろうか。答えは逆光からだった。
a0181059_14422181.jpg
a0181059_14423674.jpg
a0181059_14424994.jpg

いつの間にか、ゆうすげの花が一面に咲いていた。
a0181059_14432861.jpg

後ろは榛名富士。
a0181059_14443478.jpg


遠回りして湖畔の宿に行き、ちょっと赤い温泉に入る。夕食後、窓から見た湖畔。この日の東京の最高気温は37.1℃と報じられていた。夜は窓を開けると寒いので閉めた。
a0181059_14500567.jpg

(榛名山(2)に続きます)



by otto-N | 2017-08-21 18:16 | Comments(0)

2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (2)ミヤマモンキチョウ   2017.8.3 (記)

2017.7.20 続き
蝶ヶ岳の山頂。標識がなければ、ここが山頂とはわからないほどだだっ広かった。(21ミリ、飛翔撮影のF4.5で撮ってしまい失敗)
a0181059_15171220.jpg


写真的には沸き上がる雲が欲しいところだが、それは贅沢というもの。お手軽登山の我々にはすっぴんの穂高のほうが嬉しい。何度もパノラマ合成用の写真を撮る。手持ちなので合成の継ぎ目がうまくいかないことが多い。スマホなら一発か。これは3枚の合成。せっかくだから山の名前を入れてみた。この中で奥穂高岳が一番高く標高3190m、槍ヶ岳は3180m、10mの僅差。河童橋から見える岳沢は明神岳の陰になり、ここからは見えない。
a0181059_20355380.jpg



少し大きく槍ヶ岳。昨年、雲の平から新穂高に抜けた時は、槍ヶ岳をちょうどこの真後ろから見たことになる。
a0181059_15254816.jpg


穂高の山々。涸沢はまだ雪が残っていた。雪渓の上を直登し、ガレ場を左にトラバースした後、ザイテングラートに至る登山ルートがはっきり見えた。穂高岳山荘までの登りはここから見下ろすと絶壁に見える。穂高岳山荘の直下もまだ雪だった。
a0181059_15255750.jpg


山頂にはキアゲハが1頭飛んでいたが、すぐいなくなってしまう。山頂のキアゲハはご無沙汰しているので撮りたかった。それよりもミヤマモンキチョウ。ミヤマモンキはハイマツの樹林の上を飛んでいた。しかし、とまる気配は全くない。300ミリをとり出し、とりあえずMFで飛翔を追うが遠すぎるし、速すぎるしで捉えられない。
a0181059_15310134.jpg

チョウが豆粒にしか写っていない原図(6016×4000)を、2560×1702の大きさにトリミングしてみる。なんとか証拠写真程度にはなった。(ペンタックスのアスペクト比はきっちり3:2でないのはなぜだろう)
a0181059_15324734.jpg


♂は高速で飛び回っているので、近くに来てもピンぼけばかり量産したが、少しは近いクロマメノキの群落に♀が飛んでいるのを見つけた。これならなんとか撮れそうと思い、シャッターを切る。以下、上と同じ大きさ(2560×1702)にトリミングした。
a0181059_17344186.jpg


突然、ハイマツの上で♂と♀が絡む。シャッターを切り続けた。(上と同じ大きさにトリミングした。数字は画像番号)
a0181059_16015643.jpg
a0181059_16020673.jpg
a0181059_16021564.jpg
a0181059_16022898.jpg


ダンスの発端は見ていなかったので、♂が♀を誘ったのか、♀が通りかかった♂に食らいついたのかはよくわからない。が、この間、ずうーっと♀が♂を追いかけていた。3枚だけ、大きさを変えて(3600×2394)にトリミングしてみた。
a0181059_16045015.jpg
a0181059_21564472.jpg
a0181059_16591954.jpg



MFで飛んでいるチョウを追うの難しい。横移動だと何とかなるが、前後に移動しているときは歯がたたない。これは横移動。連続してピントが合ったのだが、遠すぎた。黄色の翅が白とびし斑紋さえ不鮮明。もっとも、遠いから追跡できただけのこと。近ければ、すぐフレームアウトしてしまう。
a0181059_16274912.jpg


山頂の裏にはテント場があり、その周りはお花畑になっていた。
a0181059_16242754.jpg


スジグロシロチョウが訪花していたけれど、それとは違う感じがしたので、近づいてみるとミヤマモンキの♀だった。イワカガミに吸蜜するとは知らなかった。高山らしく隣にアオノツガザクラ、ちょっと嬉しい吸蜜だった。
a0181059_16312395.jpg


別の花に飛んだので順光に回ることができたが、すぐ飛ばれてしまう。
a0181059_22061829.jpg

(蝶ヶ岳(3)に続きます)



by otto-N | 2017-08-03 16:46 | Comments(2)

2017.7.20 長野県・蝶ヶ岳 (1)サンカヨウ   2017.8.1 (記)

2017.7.20
徳沢から長塀山(2564m)経由で、蝶ヶ岳(2677m)に登る。徳沢の標高は1550mなので標高差は約1100m。手元のガイドブックによると4時間10分が所要タイムらしい。徳沢から1時間先の横尾から登る直登ルートもあり、こちらも4時間10分と記載されていたが斜度がきついので徳沢ルートを選択した。途中、お花畑もあるし、なにしろ横尾までの1時間が要らない。

6時20分、登山口を出発。ジグザグではあったが針葉樹林帯のいきなりの急登。後ろを振り返っても、木立ちの向こうに穂高の山並みがちらちらしているだけで全体を見通すことのできる箇所は1か所もなく、これがいちばん良く見えた前穂。
a0181059_20300513.jpg


西斜面の急登が少し緩んだことを前方からの太陽で知る。太陽が上がっていなかったのではなく、急すぎて見えなかったのだ。
a0181059_20345320.jpg


足元に咲く花も薄暗くてうまく撮れない。ISO1600。
a0181059_20374374.jpg


少しずつ足元が明るくなってきたが、相変わらず薄暗い斜面が続く。
a0181059_20375256.jpg


やっと平らになりホッとする。植物相も変わる。ミヤマカタバミが開いているのは珍しい。
a0181059_20392527.jpg


9時10分、長塀山に到着。ここからは楽になる。少し下った日影で、思ってもみなかったサンカヨウが1株だけ咲いていた。この花を見るのはこれで3回目だろうか。
a0181059_20450080.jpg

下ると池があり、周りはお花畑となっていた。
a0181059_20481468.jpg

キヌガサソウの群落。これも意外だった。
a0181059_10511826.jpg

少し緑色にくすんだ白い大きな花。ちょっと陰気かもしれない。
a0181059_20484801.jpg

時々、日射しがなくなったので、先を急ぐ。
a0181059_20492217.jpg

お花畑を抜けると雪がまだ残っており、その先はハイマツに覆われていた。ガスが出始めていた。
a0181059_20494658.jpg


突然、右に槍ヶ岳が現れた。いつガスに覆われるとも限らないので、先を急ぐ。(数年前の立山で、後から写真をと思ったら、みるみるうちにガスってしまったことがある)
a0181059_20495704.jpg

9時55分。ヤッホー、間に合った。常念岳の方からガスが沸いていたが、穂高から槍までが完全に見渡せた。ここでゆっくりとくつろぐ。頂上までは5分ほど。かかった時間は3時間40分、思ったより早く着いた。
a0181059_20500697.jpg

(蝶ヶ岳(2)に続きます)



by otto-N | 2017-08-01 16:51 | Comments(0)