たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヒカゲチョウ ( 13 ) タグの人気記事


2015.6.8 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.15 (記)

015.6.8
雨の日の翌日、横浜の公園にミドリシジミ探しに行く。

いつも、最初に立ち寄るポイントには、昼前からオスがテリ張りをしていた。樹上から下りてくる様子もないので、別の場所に移動すると、運よく、カメラの隊列。一度、開翅したようで、次を待っているようだった。急いで準備すると、すぐ開翅。日頃あまりやらない連写をしたのだけれど、最後の全開時はピンが全然甘かった。ピンが来ていたのはこの全開寸前のショットのみ。
a0181059_10424823.jpg

羽化直開翅のチャンスのある場所だが1頭もおらず、すでに羽化は終わったようだ。それにしても、数が少ない。地元の方の話によると、近くにあった栗の木が切られてしまい、吸蜜のついでに翅を休めていたミドリシジミが来なくなったとのこと。なるほど、栗の木がない。午後は、ずうーっと最初のポイントで過ごす。池の畔にハンノキの小木があり、メスが産卵のためにやって来ていた。
a0181059_1043437.jpg

近くの葉上でときおり翅を開く。でも、ことごとくO型。少し擦れていた。
a0181059_10432113.jpg

背景がよかった1枚。
a0181059_1210493.jpg

ちょっと青筋が細かったけれど、やっと撮れたB型。
a0181059_1216577.jpg

この日もムラサキツバメが1回やって来た。何気なく撮ったらとてもきれいなヒカゲチョウだった。
a0181059_1044298.jpg

そんなこんなで、夕方のオスのテリ張りタイムに突入。ここも、昨年、桑の木が切られさんざんであるが、その左のロウバイの中木で開翅するようになった。しかしながら、とまる位置が高すぎ。翅を開くと、下からは翅がちょっとだけしか見えない。
a0181059_10364712.jpg

これでも低い方。高い所でとまることがほとんどだった。
a0181059_1037035.jpg

高い所ではシャッターを切る気もおこらず、下に来たときを待ったが、全然来てくれなかった。下ほど暗くなり、目だたないので、テリ張りでとまるわけがない(のだと思う)。
a0181059_10371442.jpg

テリ張りポイントは谷間。薄暗くなった4時過ぎに卍飛翔が始まった。目元まで卍ペアが降りてきたなら、広角で撮ろうと準備していたが、全然降りてこない。しかたがなく、300ミリ、マニュアルフォーカスで飛翔を狙う。しかし、暗い。絞りF4解放でシャッタースピード1/3200。ISOは最初1600、だんだん暗くなり、最後は4000まで上げた。たいてい、卍は遠いところから始まる。遠いと撮ってもしかたがないのだが、そこからファインダーで追わなければ、ピントを合わせきれない。ヤマボウシだけが白くボケ、背景は真っ暗。
a0181059_10444174.jpg

ピントを合わすと言っても、キラキラと輝きながら飛んでいるので、一番輝いたときシャッターを切る。でも、ほとんど遅すぎ。
a0181059_10444913.jpg

2頭両方にピンがくるのは至難の技。一部にピンが来たらよしとする他ない。
a0181059_10461616.jpg

背景が暗くて、チョウもシルエットでしか写らない。
a0181059_1045046.jpg

ほとんどトリミング。縦位置で切り出し、3枚並べた。
a0181059_10452810.jpg

逆光では翅が輝かない。しかし、飛びまわるのは、逆光の位置ばかり。なるべく、横に回り込むのだが・・・。
a0181059_10451561.jpg

翅裏は写っても、表はなかなか撮れなかった。見上げて撮っているからだと思う。
a0181059_10454733.jpg


ミドリシジミの卍飛翔の撮影はとても難しい。暗くならなければ、卍が始まらないし、暗くなるほど長続きする。飛び回る位置も問題で、順光に入らなければ、翅が輝かない。撮れた画像は、真っ暗の中にシルエットが浮かびあがるだけだった。しかし、これらの画像は、パソコンのモニターの明るさによっては、ただの暗闇にしか写ってないかもしれません。逆に、明るいモニターだと、画質が粗さが目立つと思います。

by otto-N | 2015-06-15 21:26 | Comments(0)

2014.6.10 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2014.6.15 (記)

2014.6.10
翌日から大雨だというので、何度目かの横浜の公園に行く。とてもいい天気。でも、天気が良すぎた。

ミドリシジミは開翅してくれる。しかし、目より上ばかりだった。メスが目につく。昼すぎ、葉の上にとまっていた個体も、暑すぎるのか葉裏に引っ込んでしまった。ほぼ水平だとオスも前縁が光るのみ。せっかく足元で開いたメスは羽化直ではなく、どうやら産卵に来たようだった。
a0181059_2220096.jpg

午後3時。まだ暑い中、ミドリシジミを待っていたら、目の前にきたのはオオミドリシジミ。閉翅を撮るまもなく、全開翅。位置を変えて撮ろうとしたら、ミドリシジミがやってきて、飛ばれてしまった。この木の隣には桑の木があり、ミドリシジミが実を吸いにきていたのだが、なぜか切られてしまった。あげくに、雨が続き、池のハンノキの根本まで水で埋まってしまった。その下にまだ蛹がいるはず。来年がちょっと心配。
a0181059_22203565.jpg

ミドリシジミを待っていたとき、近くにいたヒメジャノメとヒカゲチョウ。
a0181059_22202111.jpg

4時10分。ミドリシジミの卍巴飛翔が始まった。300ミリズームで撮る。このズーム、MFで撮ることを意識していないのか、距離リングのあそびが多くガタガタ、スムーズに回らない。それでも、MFで、ミドリシジミの煌めきをピントを感じたら連写した。やってみたら、写っていた。
a0181059_2221215.jpg

始めは高いところ卍をやっていたが、だんだん低くなり、最後はヨシの向こうへ。背景が真っ黒だし、遠いのでチョウは小さくしか写らないので、トリミング(2400×1600)した。ISO1600、1/3200秒、F5.6。これでは暗いので、ソフトで増感。
a0181059_22212368.jpg

この画像だけ、十分近かったのでトリミングしなかった。近いとピントが合わないです。
a0181059_22225476.jpg

頭上を飛ぶとほとんどシルエットになるだけ。それでも、少しは色が判るし、翅の壊れも判る。
a0181059_22213352.jpg

暗闇に浮かぶブルー&グリーン。ちょっとだけ横から光が射していた。
a0181059_22233784.jpg

上の一枚の後の続き。ただ、3枚しか撮れていなかった。
a0181059_22231456.jpg

16時30分。緑色の葉が背景にあったのはこの1枚だけ。そして、これが最後の1枚。といっても、帰らなければいけない時間が来てしまっただけなのだが・・・。
a0181059_22221373.jpg


この日は暑すぎたせいか、チョウがあまり出てこなかった。ミドリシジミも日陰にだんまりだった。夕方、ミドリシジミの卍飛翔だけを期待していた。おそらく、撤収した16時30分以降がもっと激しいバトルが繰り返されたいたと思ったけれど、暗すぎで写っていないようで諦めた。しかし、自宅に帰りPCで画像を見たら、闇夜のカラス状態でも何とか写っているではないか。ダメ元で撮っただけなのでとても嬉しかった。

by otto-N | 2014-06-15 21:02 | Comments(4)

2013.9.19 白金の森 ムラサキシジミ   2013.9.26(記)

2013.9.19
この日もさわやかな晴れ。自然教育園ではミドリヒョウモンが現れたので、そろそろ、他の秋のチョウが出てくる頃、といっても、あまり期待してはいけない。

今年はヒメジャノメは少なかったが、1頭出てきた。このところ多いヒカゲチョウとコミスジ、傷んだ個体が多いけれど、これらはまあまあ。
a0181059_12395020.jpg

自然教育園での秋の楽しみの1つ、ムラサキシジミ。いつものポイントにメスが1頭だけ現れた。気温が低めでからっと晴れたので翅を開いたものらしい。
a0181059_12401628.jpg

アザミの花には、ときどきアゲハの類がやってきたけれど、翅の傷み方から、前日の個体と同じようだった。
a0181059_12473592.jpg

キタキチョウは草の間に入ってメスを探すときは、ゆっくり飛ぶ。
a0181059_13244551.jpg

秋の萩の花といえば、ルリシジミ。オスも飛び回っていたけど、速くて撮れなかった。
a0181059_1384839.jpg


2013.9.20
次の日も、からっとした晴天。こんな日は、ムラサキシジミは翅を開く。どういうわけか、毎年、オスは秋が深まってからしか現れない。
a0181059_13365276.jpg

ヒガンバナがところどころに咲いており、アゲハチョウが来ていた。
a0181059_13283879.jpg

少し暗いところには、ヒカゲチョウが飛び交っている。
a0181059_1330553.jpg

来るたびに見かけるカラスアゲハのメス。
a0181059_13312462.jpg

かなり痛々しいが、若かりし頃はさぞかし綺麗だったんだろうなぁと思いながら撮影した。
a0181059_1331506.jpg


自然教育園にはタイアザミが咲き始め、そろそろアサギマダラがやってくるころ。オオウラギンスジヒョウモンも産卵に現れるはずだ。もう、ウラナミシジミが押しかけてくるころだが、まだ1頭しか、ここでは見ていない。一番の期待はムラサキツバメなのだが、昨年はさっぱりだったのでとても心配。でも、ムラサキシジミの出足がいいので、少しは期待することにしよう。

by otto-N | 2013-09-26 14:03 | Comments(2)

2012.10.23-25 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2012.10.26(記)

「とことんヤマト」ということで、近所のヤマトシジミを見にいくことが日課となった。でも、すべて天気しだい。

2012.10.23
快晴なので、写真映りが良くない。ほとんど青くないメスと、ちょっと青いメス。
a0181059_14135371.jpg

風が強く、ヤマトシジミも必死にカタバミの花にしがみついていた。そんな中で、前縁にも少し青鱗粉が載っている、かなり青いメスを発見。
a0181059_14135785.jpg

2012.10.24
この日も晴れ。ふと見ると、「えっ!何?」というの見つけたので追いかけた。とまったので、裏翅を撮ろうとしたが、すぐ全開翅。
a0181059_15314573.jpg

ときどき翅を閉じたが、なかなか横から撮れないうちに、飛ばれ、また追いかけた。実は、前翅の紋流れ。産卵するのか叢に入ってごそごそやっていたが、ここは辛抱。やっと出てきたが、動き回るのでちゃんとは撮影できなかった。最後はオスに絡まれ天空に。
a0181059_14215164.jpg

石段の上にとまった別個体。反射光が少し翅を透かしていた。ヒカゲチョウ、ここで見たのは2回目。胸付近の毛が緑色に輝いていた。
a0181059_14222890.jpg

2012.10.25
どんよりとした曇り。寒い。少し空が明るくなったときに見に行った。少し空が明るくなると飛び出すが、暗くなるとその辺にとまる。翅は閉じたまま。じっと空が明るくなるのを待つ。LEDライトは全く効かない。しつこく当てると逃げられる。気温が低いとだめなようだ。空がほんの少し明るくなった瞬間、おずおずと翅を開く。
a0181059_14402549.jpg

青くない別個体。
a0181059_14403511.jpg

青いメスを発見。枯葉にとまり、翅を開いた。開いたままじっとしているので、縁毛まで綺麗に撮れる位置を捜した。翅の小さな傷から、どうやら、冒頭の個体と同じようだった。
a0181059_14412261.jpg

左右均等の位置はやはり難しい。少し引いて撮った。
a0181059_14425914.jpg

飛んだので追いかけた。こんないい撮影条件はない。笹の植え込みにとまった。右と左から撮影。
a0181059_1443557.jpg

これは別個体。少しの日差しで全開した。全く日が当たらない方がやはりいいようだ。
a0181059_14441512.jpg

エノコログサで休みに入った個体を見つけた。絞りF2.8解放で撮ってみた。
a0181059_14442789.jpg


これまで、ヤマトシジミの斑紋異常としては、前翅の紋が少ない個体、後翅の紋の1つが流れている個体を見ているが、前翅の3つが流れているのは初めてだった。翅の裏を撮りたくてヤマトシジミを追いかけたことも初めてだった。
青♀を撮るのは、やはり曇天がいい。晴れていると、なんの趣きもない。ただ、この時期、曇ると寒いので翅を開かない。ほんの少し空が明るくなるのをひたすら待つだけだった。

by otto-N | 2012-10-26 15:24 | Comments(4)

2012.6.12 横浜 ミドリシジミ    2012.6.15(記)

2012.6.12 横浜
天気予報では晴れるはずだったが、朝から曇り。そのうちよくなるかもしれないということで、4回目の横浜の公園。

この天気にもかかわらず、すでに何人か集合。あまりかんばしくないようだった。実際、かんばしくなかった。やっと飛んできたミドリシジミが開翅するものの、高い。
a0181059_1514415.jpg

池の淵から羽化したメスは、木の柵で翅を拡げ飛んでいった。近くの葉にとまったメスは期待を持たせてくれたが、そのまま飛んで行ってしまった。やっと開いたオスも少し高いところだった。ミズイロオナガシジミも、翅を拡げた。ただ、とても高い所で。
a0181059_15173546.jpg

羽化直後のミドリシジミ。柵から身を逆さまに乗り出し、使ったことのないライブビューでやっと撮った。努力賞ということで掲載。
a0181059_15233729.jpg

この日のチョウたち。ヒカゲチョウ、藪の中で開いていたが、途中で閉じてしまった。アサギマダラ。産卵中のキタテハ。
a0181059_1526692.jpg


さえない日だった。私の六十〇歳の誕生日だというのに、ミドリシジミは高い所でしか翅を開いてくれず、ミズイロオナガシジミにいたっては、待たせたあげくの長々とした開翅だった。池の木柵に上って撮影したが、撮れただけでもまあいいですか。

by otto-N | 2012-06-15 15:47 | Comments(6)

2011.12.12 千葉県・マテバシイの公園 ヒカゲチョウ②    2011.12.18(記)

2011.12.12
(マテバシイの公園 ヒカゲチョウ①の続きです)

植え込みにいたムラサキツバメのオスの翅の幻光は、頭を上にして止まったときは、まるで見えなかった。ミドリシジミやトラフシジミでは、頭が下向きか、こちら向きのとき、よく光った気がする。ムラサキツバメも頭がこちら向きのとき少しは輝いたが、太陽が低すぎ、もう少し上からカメラを向けたいところだが、影になってしまい思ったようにはいかなかった。少しずつ角度を変えて撮ってもこの程度だった。
a0181059_14361081.jpg

a0181059_14384955.jpg

せっかく低い位置で止まってくれても、完全な順光では自分の陰になってしまう。少しはいいと思ったのは、横向きに止まった場合だった。
a0181059_14432689.jpg

a0181059_14434435.jpg

あまりよく撮れなくて落胆して帰ったが、帰宅後、PCで画像を見ていたところ、最初に数枚撮った後に飛ばれてしまった個体は、まあまあの色で写っていた。これも、横向きだった。
a0181059_1034356.jpg

a0181059_10351445.jpg


この植え込みには、数頭のムラサキツバメがいたが、オスは開翅しているより、植え込みに潜っている時間のほうが長かった。なにをしているのかと思ってみていると、ストローを出し、葉や枝の表面を吸っていた。
a0181059_152443.jpg

翅はすぐ開かず、じれったかった。待っている間、逆光でも撮った。
a0181059_1534182.jpg

逆光で撮影中、止った直後翅は垂直に立てているが、少しずつ傾けていくような気がした。そこで、真正面から撮ってみると、なんと太陽に向かって翅を傾けているではないか。北海道では、翅を開かず体を倒して日光浴する種がいるとのことだが、それに近いものがある。
a0181059_1512106.jpg

昼前には、この植え込みにも日が差さなくなったので、シラカシ跡地のポイントへ行くと、ムラサキシジミ(♀)がいた。ムラサキツバメは樹上を飛んでいたが降りてこなかった。
a0181059_15163043.jpg

クロガネモチのところへ行ってみると、朝いた1頭はおらず、カクレミノ集団も数は同じだった。ここで、birdingさんと別れ、さらに公園内で日が当たっている場所をチェックするも何もいなかった。昼過ぎ、シラカシ跡地の植え込みに飛んできたキタテハ。最初、どこに止まったか判らなかった。
a0181059_15305690.jpg

園内を歩いているとき、目の前を茶色のチョウが力なくフラフラと飛んでいた。少し追いかけてみると、木の幹の上のほうに止まった。どう見てもヒカゲチョウ。12月にヒカゲチョウ?。少し遠かったが何枚か撮ったところ、ピカピカに近いヒカゲチョウが写っていた。
a0181059_1531128.jpg

この後、クロガネモチの塒へ行ってみると、ちょうど1頭が帰還した。そしてカクレミノには、朝の10時にはは4頭だったムラサキツバメは、12頭に増えていた。時間は13時30分ころ。
a0181059_1551329.jpg

そして、7日、10日に見たが、今朝はいなかった、少しよれたムラサキシジミ(♂)が戻ってきていた。
a0181059_15572436.jpg


ムラサキツバメは、温かい日には緑の葉上の塒から飛び出して、昼過ぎ帰ってくるようだ。どうして、同じ場所に帰って来ることができるのか不思議だ。毎年、同じ場所に塒を作るという。クロガネモチの木は暗すぎて判らなかったけれど、カクレミノの葉にはシミのようなものがくっきりと付いていた。これが、この葉の目印だろうか。もっとたくさんいるのなら、色々実験したいところだが、そうはいかない。観察して類推するしかないようだ。
ムラサキツバメのオスの翅の幻光色は、またしても撮れなかった。あれだけ、アングルを変えても光らなかった。個体の鮮度にもよるとは思うが、開いた翅の向きと太陽光の反射の角度に依存していると思う。

by otto-N | 2011-12-18 16:27 | Comments(14)

2011.9.14 白金の森 ヒカゲチョウ    2011.9.18(記)

2011.9.14
30℃以上の日が続く。期待はできないが、少しは期待しつつ、この日も自然教育園に行く。

この日、ヒカゲチョウの新しいものがずいぶん見られた。少し明るいところに止まると、なかなかのもの。
a0181059_20141659.jpg

ヒメジャノメ。くっきり撮るとそれなりに美しい。
a0181059_20143666.jpg

ツマグロヒョウモンのオスが、アザミの花に来たが、翅裏を透かすと、オレンジがきれいだ。
a0181059_20145697.jpg

この日のチョウ。ツバメシジミ、ヤマトシジミ(♀)、ウラギンシジミ(♀)、ウラナミシジミ(♀)。
(2コマ目のヤマトシジミの表翅の縁の辺りに青い幻光。あまり開かないこの角度だからこそ見えるものと思うが、実はこの幻光を放つメスの開翅を撮ろうとしているのだが)
a0181059_20151875.jpg


ウラナミシジミも現れ、ウラギンシジミも秋型だ。9月のチョウは他に何がいたっけ?と思いながら、2年前に出た黄色いチョウをさがしている。たぶん迷蝶・・・・・。

by otto-N | 2011-09-18 20:33 | Comments(4)

2011.6.28 白金の森 トウキョウヒメハンミョウ    2011.6.28(記)

2011.6.28
トラフシジミの多数開翅の翌日(6/25)も、天気がよかったが、自然教育園にトラフシジミの影さえ見なかった。撮ることのできたのは、ヒカゲチョウとツバメシジミだけ。26、27日と暗い梅雨空で、今日(6/28)は朝から晴れ。さて、トラフシジミはいるのだろうか。雨で路上は湿ったままなので、いないだろうとは思っていたが、やはり、いなかった。

さて、この2日間に撮ったチョウ。キマダラセセリ、アオスジアゲハ、ヒカゲチョウ、ツマグロヒョウモン(♂)。他に、ベニシジミ、キアゲハ、イチモンジセセリも撮ったが、カメラのモード・ダイヤルが動いていて没。
a0181059_1958129.jpg

ちょっと古めのツバメシジミのオスとメス。メスはクサフジに産卵。
a0181059_19584420.jpg

ここのチョウはそろそろ夏休み。種類も数もめっきり減ってくる。今日は、和名に「トウキョウ」がつくムシを見つけた。トウキョウヒメハンミョウ。クロオオアリより小さいが、いっちょ前のハンミョウだ。実は、幼虫はすでに見けていた。練馬区の石神井公園で成虫を撮影された方がいたので、Shinさんに探してもらった。このへんにいるはず、とあっけなく、道端の葉の上に複数見つかった。
a0181059_20101547.jpg
土の上にも。このほうがハンミョウらしい。
a0181059_20104013.jpg

1月11日以来の疑似3D画像。(バックが静かすぎてあまりよくないです)
a0181059_2011355.jpg
(クリックすると、少し大きくなります)


さて、そろそろ自然教育園のチョウも終わりかなぁ、とため息。これから、アゲハ類と、アカボシゴマダラ、ムラサキシジミ(開翅しない)くらいか。伝説のゴイシシジミを探しながら、ヤマトシジミを撮ることにします。

(自然教育園では、蝶をシュンの花と一緒に撮ることができるということに、今、気が付いた。蝶を中心ではなく、花を中心として見てください。花の解説はありませんが)

by otto-N | 2011-06-28 20:50 | Comments(8)

2011.6.23 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン    2011.6.24(記)

2011.6.23
天気予報だと、朝は曇り、午後から晴れ。ひょっとしたら、午前中にも晴れてくるかもしれないと、自然教育園に、トラフシジミ探しに出かけた。

トラフシジミの開翅は、あまり気温が上がらないときに、午前中に晴れることが条件という想定。しかし、現地に着いても、晴れてこず、逆に小雨が降る始末だった。トラフシジミは全く目撃さえできなかった。ヒカゲチョウはあちらこちらにいたが、なかなか敏感。すぐ藪に潜り込む。やっと撮ることができた。
a0181059_14513043.jpg

クサフジの花がきれいだった。クサフジに集まるチョウたち。モンシロチョウ、クサフジに産卵中のモンキチョウ。ツバメシジミのメス、キタキチョウ。
a0181059_14495240.jpg

池の周りにある柳の木にコムラサキが来たけれど、すぐ行ってしまった。その代わりにルリタテハと遊ぶ。
a0181059_14552212.jpg

クサフジに集まるチョウが1種類足りず(4コマにするため)、池に戻ったとき、イヌヌマトラノオの花にヒョウモンチョウが来ていた。なんと、オオウラギンスジヒョウモンだった。
a0181059_1458135.jpg

羽化したてのオスのようだ。
a0181059_14584274.jpg


犬も歩けば棒に当たる。この日は、オオウラギンスジヒョウモンだった。ここで、今頃生まれ、夏には姿を消すが秋にまた現れるという。確かに、昨秋ボロボロのを撮った。この日のピカピカ個体にはちょっと感激した。それも、今がシュンのイヌヌマトラノオの花の上だ。

by otto-N | 2011-06-24 15:12 | Comments(4)

2011.6.19 横浜 ミドリシジミ    2011.6.20(記)

2011.6.19
梅雨空で、どんよりと雲がたれこめていたが、時々は雲は薄くなる。明日のほうが、予報では天気がいいようであったけれど、あてにはならないので、雨を覚悟で、横浜・舞岡公園行った(4回目)。

さて、現地に着いてみると、先客の方々は浮かぬ顔。クワの木に4頭も止まっているが、翅を拡げてくれない。空はどんよりと曇ったまま。動きが出るまで、その辺をうろつくと、ヨシの葉陰にヒカゲチョウがいた。柵の向こう、かなり遠かった。すぐ、翅を閉じてしまったが、逆光の後翅が透けてきれいだった。残念ながら、頭から下が草の陰。
a0181059_13415034.jpg

戻ってみても、ときおり移動し開翅するものもいるが、遠すぎた。撮っても暗い。諦めて去ろうと思ったき、1頭が、すぐ足元に降りて、再び、クワの木に移動した。飛び立つとき、赤い斑紋が見えた。
足元に来たとき、あわてて撮った1枚。
a0181059_13503819.jpg

クワの葉上で開翅するA型メス。尾っぽが見えないので、右に回り込んだがこれでせいいっぱい。
a0181059_13482039.jpg

このA型はすぐに上のほうに行ってしまい、降りてくる気配がなかったので、別の場所へ移動。
ここでは、次々とはいかなかったが、産卵にやってくる(?)メスの開翅を撮ることができた。
まず、撮れたのはB型。
a0181059_13574833.jpg

もう少し高い位置で撮りたかったが、贅沢というもの。
a0181059_145149.jpg

次は、O型の2個体(上、下段)。下の個体は格別大きかった。
a0181059_1464153.jpg

大型のO型メス。
a0181059_1410449.jpg

翅をよく見ると、わずかな傷があったが、O型といえども美しい。
a0181059_14102953.jpg

池の畔では、曇り空にもかかわらず、15:30ころから卍飛翔が始まっていた。16:00ころ、撤収した。

帰り道、1頭のベニシジミを撮っていたら、オスが絡んできた。メスは、オスなど眼中になく吸蜜を続け、オスも諦め、しかたがなく並んで吸蜜。最後は、もう1頭のオスがやってきて、解散となった。
a0181059_14184796.jpg

この日撮った他のチョウ。ストロボで撮った冒頭のヒカゲチョウ(明るいと、紋の青がきれい)。少し傷んだアカシジミ。スジグロシロチョウ。ベニシジミ。
a0181059_14212771.jpg


天気を待っていたら、ミドリシジミのシーズンが終わってしまう。ということで、また、行ってきた。午前中は全くダメであったが、午後になってから、A型、B型、O型のメスを撮ることができた。どんよりとした天気であったが、なんとかなるものだ。
(ここで、4月のギフチョウのとき、一緒になった2名に偶然再会し、楽しく撮影できました)

by otto-N | 2011-06-20 14:59 | Comments(4)