たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヒメジャノメ ( 11 ) タグの人気記事


2017.5.17 東京・恵比寿  アオスジアゲハ   2017.5.26 (記)

2017.5.17
自宅から3分のセンダンの木の花に群がるアオスジアゲハ。かなり遠いので300ミリにテレコン(×1.4)をつけての撮影。
a0181059_10421205.jpg



アオスジアゲハの撮影は楽しい。飛びそうな瞬間にシャッターを切る。さすがにカメラが重い(ニコンはいいなぁ)。
a0181059_10415520.jpg



その中からピントが来ているのを1次スクーリングにかけ、さらに選別すると残ったのはわずか。
a0181059_10420246.jpg


なかなか4枚の翅を撮ることができなかった。
a0181059_10422019.jpg


空中ランデブー。3頭だと少しは空中を漂っているが破局するのは必然。2頭だとしばらく漂っているうち、はばたきが同調し、遠くへ行ってしまう。
a0181059_10423205.jpg


背景が曇り空では締まらない。やはり都会らしくビルの背景を狙う。が、やっと1枚。
a0181059_10424133.jpg



2017.5.18
朝10時すぎ。アカボシゴマダラが植え込みにとまっていたがコンクリートの階段に移動し微動だにしない。空の雲が薄れ木漏れ日が射し始めた。春型♀をこんなにじっくり撮るのは初めてだ。それにしてもピントが合っていても合っていないようなぼおーっとした黒い筋。ちょっと薄気味悪い感じがしないこともない。
a0181059_20063704.jpg


空が晴れてきた。アオスジアゲハは朝は少ないようだ。アゲハチョウが珍しくやって来た。
a0181059_11052002.jpg

11時過ぎにやっと数を増し始め、空に飛び出す。近いとフレームアウトの連続。遠くてもフレームアウトだが・・・
a0181059_11053602.jpg


求愛が成功するかどうかは判別できるようになった。まず、♀を見つけた♂は♀の上でホバリング(この時点でMFでピントを合わせ始める)。♀にその気があれば、ゆっくりと浮上し始め、第3者の介入がなければ、2頭が空中を漂い始める。そして、はばたきをシンクロナイズさせながら、空高く舞い上がる。足場が完全でないので、撮るのが大変だった。
a0181059_11054497.jpg



正午ころ、突然の雨。この日は、修理依頼していたカメラが出来上がる日。午後に新宿のリコーに引き取りに行く。夕方、雨が上がったので公園を覗いてみると、アオスジアゲハは飛んでなく、羽化直と思われるヒメジャノメが1頭、ツツジの花にとまった。
a0181059_11055742.jpg


別の花にとまり直し翅を開いたので、下がれるだけ下がって撮影。300ミリ+テレコンはキツイ。
a0181059_11060654.jpg





by otto-N | 2017-05-26 16:37 | Comments(2)

2014.9.2 東京・白金の森 カラスアゲハ   2014.9.3 (記)

2014.9.2
久しぶりの晴れ。近所のソテツの探索ついでに、自然教育園の囲いの境界にあるクサギに立ち寄った。

その前日、2014.9.1
外出した帰りにサッポロビールの花壇を覗くと、ヒメジャノメがいたので昼食後撮りにいく。ここでは、珍しいと思っていたが、自分のブログを見直すと毎年、この時期に1頭だけ見つけているようだ。1化目を見落としているのか、この時期どこからか飛んで来るのか不明ではあるが、とにかく、花壇の花を踏まぬようそっと忍び寄る。これがとても難しい。撮影後は、ソテツを探しに近所を彷徨。しばらくしてから、本格的な雨。
a0181059_16394295.jpg

開いたり閉じたり。少し眼紋が涙流れ。
a0181059_16395296.jpg


2014.9.2
近くにソテツがないかと、路地から路地を歩き回っていると、思いがけない場所にソテツ。と言っても1ヶ所にせいぜい1、2本。葉や芯を覗きこんでも食痕はないし、成虫の気配もまるでなかった。閑静な住宅街、クロアゲハがいたので広角で連写。
a0181059_16542658.jpg

ピンポイントのソテツを探すのにくたびれ、クマソがこれから増えたら(増えるに違いない)、その辺の花壇に出て来るだろう、と探索は先送りにすることにし、毎年、8月末に咲き出すクサギの木のところへ行く。クロアゲハがやって来るもののボロばかり。力なく、よたよたと飛び回っていた。ただ、2頭が絡むと少しはカッコいい。
a0181059_1763722.jpg

クロアゲハには見切りをつけ、カラスアゲハを待つ。そのうち、元気よく1頭やって来たが、なかなかクサギには来ない。近くに来ては、何が気にいらないのか、また遠ざかり、とても用心深い。クロアゲハがいなくなったとき、やっと吸蜜を始めた。
a0181059_17153380.jpg

目まぐるしく飛び回り、ピントが決まらない。鱗粉の粒立ちとピントだけで、画像を選択すると、動きが感じられないものばかりになる。
a0181059_17144969.jpg

翅の反り返りとか、動きがなんとか撮れると、ピントが甘くなるし、クサギのアゲハは難しい。
a0181059_17154731.jpg

一瞬、何を撮ったのだろうと思うほど、ホバリング中は面白い。
a0181059_1715189.jpg

もう少し翅が見えるるとよかったのだが、頭より高い木。。脚立があったとしても、車の通り道。年々、花の位置が高くなっているようだ。
a0181059_17161143.jpg


毎年、通っている1本のクサギ。昔はたわわに花が咲いていたけれど、昨年、枝が切り払われ、花が半減した。昨年も黒系アゲハが少なかったが、今年もっと少ない。クロアゲハ自体が少なく、ナガサキアゲハは来なかったし、カラスアゲハも撮影した1頭だけだった。まだ1回だけの撮影なので結論は早いかもしれないが・・・。

by otto-N | 2014-09-03 20:20 | Comments(4)

2013.5.21 横浜・ゼフの舞う公園 アカシジミ   2013.5.23(記)

2013.5.21
横浜ではもうアカシジミが発生した。それと、ものすごく青いツバメシジミのメスも出たとのことで、急遽、横浜に行ってみた。

前日は雨。朝から晴れるはずが、現地についたときに雲がやっと薄くなってきた状態だった。早く咲き始めるという1本の栗の木のところに行ってみると、下草はまだ乾いていなく、すぐにズボンはぐちゃぐちゃに濡れてしまった。栗の花は下まで咲いており、ちょっと見てもアカシジミは見つからなかったが、枝の1本を揺するとすぐに飛び出した。よく見ると下草のススキの葉の中にもアカシジミがとまっていた。
a0181059_16205234.jpg

日が出てきたせいか、樹上にも飛んでいた。下草の1頭に飛ばれても、次のアカシジミが簡単に見つかった。以下は、すべて別個体というわけではないが、とにかく、簡単に撮影できた。こんなのは初めてかもしれない。
a0181059_16232653.jpg

この4枚は、少しずつ背景を変えて撮ったもの。
a0181059_17551449.jpg


下草で撮った最後の1枚。
a0181059_16274597.jpg

ツバメシジミを探しに行ったが、2日前のこと、やはりもういなかった。一通りポイントを回って、元の場所に戻るとおなじみのお二方が蛾を探していた。合流して、樹上のアカシジミを撮影した後、ウラゴマダラシジミを探したが、見つからず発生はもう少し先になるようだ。
a0181059_16352495.jpg

この公園で撮ったチョウたち。コチャバネセセリ、ヒメウラナミジャノメ、ダイミョウセセリ、ヒメジャノメ。アカボシゴマダラとモンキアゲハが飛び回っていたが、全く撮影できなかった。
a0181059_16381531.jpg


今年は、1週間くらいチョウの発生が早いようだ。アカシジミも例外ではなく、もう飛び回っていた。この分だと、この公園で見られる他のゼフィルスも発生が早そうだ。それと、この公園に集まるみなさんとの再会も楽しみにしています。

by otto-N | 2013-05-23 16:46 | Comments(12)

2011.11.8 白金の森 ルリタテハ    2011.11.10(記)

2011.11.8
立冬だったこの日、最高気温は17.8℃。曇り空に時々日が差した。

教育園には、7日ぶり。まず、ルリタテハの蛹を見に行く。しかし、5個あった蛹はすでになかった。1個だけ残っていた抜け殻を記念に撮影した。羽化を見たかったのに残念。寒くてチョウは何もいないと、池の周りをうろついていると、成虫がいた。じっと翅を拡げて動かない。少し葉で隠れており、少し遠かったが、さすがピカピカだった。
a0181059_20241796.jpg
少し日が差してきたころ、ヒメジャノメが姿を現した。
a0181059_20243541.jpg

日差しが強くなると、後ろ翅の紋が、透けて見えた。
a0181059_20244887.jpg

逆光でも撮ってみる。
a0181059_2025710.jpg

日差しが出てきたところで、ムラサキのポイントに行く。しかし、ムラサキシジミは1頭しか出てこなかった。
a0181059_20314866.jpg

ムラサキシジミは出たので少し待ってみたところ、ムラサキツバメが現れた。ちょっと遠かったが開翅した。メスだった。
a0181059_2032183.jpg
その後、場所を変えるが、撮れない位置。しかたがなく、影だけ撮る。
a0181059_20372599.jpg

下のムラサキツバメは、10月25日に撮ったもの。これも遠くて、また、日差しが強すぎ色がかなり飛んだ。
a0181059_20321726.jpg


ルリタテハは、ちょっといない間に羽化してしまった。しかし、おそらく見守った蛹から羽化したであろう、と思われる成虫に会えたことは嬉しかった。
さすが、立冬。チョウは姿を消し始めた。ムラサキ兄弟も、だんだん少なくなってきた。どこかへ分散してしまった気がするが、もう1回、ムラサキの開翅ショーを見たいものだ。

by otto-N | 2011-11-10 20:48 | Comments(4)

2011.9.25-28 奈良 ツバメシジミ    2011.9.30(記)

2011.9.25-28
仏像、神社・仏閣ににほとんど興味がないのだけれど、奈良へ旅行。メインは興福寺の阿修羅像。実は、2009年の春に上野で行われた阿修羅展、その秋に行われた興福寺・仮金堂での阿修羅展に行っている。この2回とも、長蛇の列。ゆっくり見ていることはできなかったが、阿修羅はすごい。阿修羅フィバーが収まってから、再会する機会をうかがっていたところ、「こだま」利用だけれど、3泊4日で29、800円の個人ツアーがあったので、即、申し込んでおいた。
この旅行で、興福寺、新薬師寺、元興寺、法隆寺、中宮寺、法起寺、唐招提寺、薬師寺(京都)をゆっくり回った。しかし、チョウはいなかったというに近いほど、いなかった。

奈良という所は、ほんとにチョウが少ない。東大寺がある奈良公園は、鹿に芝狩りをさせているような印象。鹿が雑草を残らず食べている。ヤマトシジミさえいなかった。お寺にの境内には萩の花が満開、萩につきもののチョウだけはいた。新薬師寺境内にいたウラナミシジミ、ルリシジミ、キタキチョウ。新薬師寺から春日大社に行く途中、樹齢数100年のイチイガシの大木の看板。イチイガシ?どこかで聞いた名前。そうだ、ここはルーミスシジミの発見地。裏山は特別保存の原始林らしい。法起寺にいたウラギンシジミ(♀)とヒメジャノメ。
a0181059_1430550.jpg

薬師寺の白い萩で見つけたツバメシジミのカップル。
a0181059_14361922.jpg


2年前には阿修羅像をゆっくり見ることができなかったが、今回は、静かにゆっくり心置きなく対面することができた。阿修羅像だけではなく、周りに安置されている十大弟子像・八部衆像も、表情がすばらしい。今回、他の有名な仏像も見て(拝んで)きたけれど、興福寺のものは仏像の範疇を超えていると思う。
建物で素晴らしいいと思ったのは、法隆寺と唐招提寺。ただ古いというのでななく、スケールと風格に凄みを感じた。

(チョウは不作ではあったけれど、新幹線で天竜川に差しかかったとき、ここがクロコムラサキの産地か!ちょっと遠いが、来年は絶対来ようと決心しました)


PS:
普通種ばかりのチョウでは、少し淋しいので、お寺の画像を2枚。あまりに素晴らしく写真を撮るのを諦めた。
法隆寺の金堂と五重塔。この後、修学旅行生でごった返した。朝一番の静けさは素晴らしかった。
a0181059_23493591.jpg

唐招提寺の金堂。スケール感は写真ではとうていわからない。
a0181059_23505657.jpg


by otto-N | 2011-09-30 14:59 | Comments(2)

2011.9.14 白金の森 ヒカゲチョウ    2011.9.18(記)

2011.9.14
30℃以上の日が続く。期待はできないが、少しは期待しつつ、この日も自然教育園に行く。

この日、ヒカゲチョウの新しいものがずいぶん見られた。少し明るいところに止まると、なかなかのもの。
a0181059_20141659.jpg

ヒメジャノメ。くっきり撮るとそれなりに美しい。
a0181059_20143666.jpg

ツマグロヒョウモンのオスが、アザミの花に来たが、翅裏を透かすと、オレンジがきれいだ。
a0181059_20145697.jpg

この日のチョウ。ツバメシジミ、ヤマトシジミ(♀)、ウラギンシジミ(♀)、ウラナミシジミ(♀)。
(2コマ目のヤマトシジミの表翅の縁の辺りに青い幻光。あまり開かないこの角度だからこそ見えるものと思うが、実はこの幻光を放つメスの開翅を撮ろうとしているのだが)
a0181059_20151875.jpg


ウラナミシジミも現れ、ウラギンシジミも秋型だ。9月のチョウは他に何がいたっけ?と思いながら、2年前に出た黄色いチョウをさがしている。たぶん迷蝶・・・・・。

by otto-N | 2011-09-18 20:33 | Comments(4)

2011.9.7 白金の森 コミスジ    2011.9.14(記)

2011.9.7
この日も、あまり期待できない自然教育園へ。

池のほとりで撮ったコミスジ。最初、トンボに捕まったのかと思った。よく見ると、トンボも無残な状態。さらに、よく見ると、勝者はコミスジ。ゆらゆら揺れながら、クモが食べ残したトンボの残骸を吸っていた。
a0181059_1445242.jpg

吸い終わり満腹のコミスジ。ではなく、全くの別個体。
a0181059_14452595.jpg

ヒメジャノメが数頭発生していた。これは日向に出てきた個体。
a0181059_144772.jpg

よく見ると、前翅の左右の紋が違う。
a0181059_1513151.jpg

ツバメシジミ、逆光の縁毛がきれいだった。
a0181059_1522420.jpg

ヌスビトハギの小さな花で吸蜜中のツバメシジミ。
a0181059_1532161.jpg

イチモンジセセリ。花が主体なのだが、名前を忘れてしまった。
a0181059_154557.jpg

アジアイトトンボというらしい。可愛いので初めてトンボを撮る気になった。しっぽの先が青い、左がオス。右がメス。
a0181059_1542390.jpg


昆虫の死骸を吸うチョウを初めて見た気がする。へたをすると、自分もクモに捕まってしまう気がするが・・・。
萩の花も咲き始め、ヌスビトハギも種に変わろうとしている。この暑さはもう少しの辛抱。すぐ秋だ。しかし、チョウの種類もぐっと少なくなり、淋しくなる。

by otto-N | 2011-09-14 15:37 | Comments(2)

2011.6.15 さいたま市 ベニシジミ    2011.6.18(記)

2011.6.15
天気予報では、晴れそうだったのはこの日だけ。ミドリシジミを探しに、さいたま市の公園にクルマで行った。最近、首都高のC2という環状線ができたので、自宅から1時間もかからなかった。着いて早々、同好の方々が数人おられたので、蝶果を聞いたところ、朝6:00から来ているが全然いないとのこと。確かに、あちこちうろつき回ったが、ミドリシジミの影はなかった。今年は、昨年と違い、長靴でも入れないほど、水が多い。結局、帰るまでにミドリシジミの影を1匹見ただけであった。

ミドリシジミは撮れなかったが、この日遊んでもらったのは、ベニシジミ。ベニシジミといえども、自宅付近にはあまりいないので、それなりに楽しむことができた。
a0181059_13115725.jpg

赤紋が暗くなってきたが、まだまだ明るい。
a0181059_13121470.jpg

後翅に少し青紋が残っている個体もいた。
a0181059_1312313.jpg

暗がりの間をふわふわ飛んでいたアサギマダラ。キマダラセセリ、ヒメジャノメ。ここにもアカボシゴマダラがいた。コムラサキが樹液に来ていたが、すぐ逃げられた。
a0181059_13125044.jpg


ミドリシジミは不発に終わった。発生が遅れているだけだと思うけれど、このまま終わってしまうのか、ちょっと心配だ。水が多かったが、蛹化するために、それまでいた木が水に浸かって、地上に降りることができないとき、どうするのだろうか、木の上で蛹になるのだろうか?水が引くまで待っているのだろうか?幼虫は泳いで渡るのだろうか?そのまま蛹化できずにおわるのだろうか?ふと、疑問に思った。

by otto-N | 2011-06-18 13:38 | Comments(4)

9月、白金の森、ツバメシジミ (2010.9.26)   2011.3.24

2010.9.26
白金の森・自然教育園です。アザミの花も咲き、少しは秋めいてきました。

木陰に咲くアザミにクロアゲハ。
a0181059_1450779.jpg

ツバメシジミのオス。
a0181059_14502558.jpg
a0181059_14504330.jpg

逆光で透けた翅。なかなかよかった。
a0181059_1451296.jpg

ヒメジャノメも開翅。
a0181059_14511941.jpg


「毎年10月1日の前後1週間にアサギマダラが来る」という自然教育園の大先輩Shinさんの御神託を受け、ここに日参していた。
この日には来なかったけれど、ツバメシジミが通路近くにいたので、撮って遊んだ。
ヤマトシジミより、撮りやすい気がする。理由は、あまり低いところに止まらないこと、毛深くないので、光線の角度を選ばないことかなぁと思う。

by otto-N | 2011-03-24 15:20 | Comments(0)

7月、白金の森、ムラサキシジミ (2010.7.7-11)  2011.2.24

2010.7.7-11
白金の森「自然教育園」に行く。園内の木陰、あちらこちらで、ムラサキシジミがひっそりと葉の上に止まっている。近づいてもあまり逃げないけれど、翅は閉じたままだ。しかし、たまには、日の当たる葉上で開翅する個体もいた。
a0181059_10542487.jpg

他に、ヒメジャノメ、イチモンジセセリ、ウラギンシジミ♀、アゲハチョウ♀、コミスジと常連のチョウ。
a0181059_10544485.jpg


沖縄から戻ってきたが、東京も沖縄とかわらないくらい毎日暑い。教育園では、ムラサキシジミが目についたが、動かずじっとしているだけで、なかなか開翅してくれなかった。開翅したところを撮りたくてここに通ったけれど、チャンスは少なかった。

by otto-N | 2011-02-24 11:06 | Comments(2)