たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヒョウモンチョウ ( 2 ) タグの人気記事


2016.7.7 長野県・霧ヶ峰 ウラジャノメ   2016.7.17 (記)

2016.7.7
梅雨空が続く中、1日だけ晴れたこの日、霧ヶ峰・八島湿原に行く。
a0181059_8363343.jpg

標高1600mのこの湿原に着いたのは12時過ぎ。木陰はさすがに涼しいが、日が当たる場所では思ったより暑かった。すぐ半袖になる。飛び回っているのはヒョウモンチョウ。ここにはコヒョウモンはいないとのこと。そういう意味では、いちいち判別せずに撮影できる。(1コマ目に違和感。後翅外縁がほとんど黒くつながっている)
a0181059_11381998.jpg

ウラギンヒョウモンもいたけれど、ほとんどヒョウモンチョウ。木道からの撮影なのでかなり制限される。
a0181059_11383157.jpg

イブキトラノオにとまり吸蜜するのだが、それも逆さばかり。撮り飽きてしまう。でも、光りの当たり具合で、それなりに難しい。これは少し翅にボリューム感が出た。
a0181059_11384520.jpg

少し擦れてはいたが、アサマイチモンジが来ていた。位置を刻々換えるので60枚くらい撮ったが、擦れはこのアングルが目立たない。
a0181059_114072.jpg

ヒョウモンチョウと並んで多かったのはウラジャノメ。久しぶりの対面だった。日の光が反射して、蛇の目の金輪が輝く。
a0181059_11391174.jpg

日影でも開いた。超新鮮。ウラジャノメは、こんなに綺麗だったけ?と、同行したMさんと夢中で撮影する。
a0181059_19535026.jpg

先日届いた保全協会の会誌22号の表紙のヒメヒカゲ、びっくりするほど細密だった。あのヒメヒカゲを思い出し、縦構図に挑戦してみる。しかし、何度シャッターを切っても、前翅の縁毛が鮮明に撮れなかった。どうやら、三脚を使う使わないの問題ではなさそうだ。フラットに撮るのは難しい。
a0181059_19405045.jpg

鹿防護柵の外には、ヒメシジミが飛び廻っていた。とまるまで少し追いかける。
a0181059_1285116.jpg

半開翅のヒメシジミは苦手。眼と縁毛に同時にピントが合わない。それにしても、このブルーは美しい。
a0181059_1211425.jpg

来た道を引き返しながら、前を横切るヒョウモンチョウにカメラを向ける。日が雲に隠れたり、また出たり。そのたびに絞りを調節するのだが、咄嗟の場合はそうもいかず、後でPCでの補整が大変だった。
a0181059_12474677.jpg

ウラジャノメ。とにかく、汗を求めてまとわりつかれる。手乗りは趣味ではないし(撮影はしたけれど)、身をよじって、体から離れたところを狙う。それより、木陰では暗すぎてダメ。(2コマ目はピンボケです。帳尻合わせのために入れました)
a0181059_1249505.jpg

木道上のウラジャノメ。狙い通り以上の構図。
a0181059_12512836.jpg

ウラジャノメが木のテーブルに数頭、固まってとまっていた。近づいただけでは飛び立たなかったが、シャッターを1回切ると一斉に舞い上がった。しばらくすると再び集まってきたので、Mさんが少し距離を置いて集合写真を撮ろうとしたときも1発目で舞い上がった。どうやら、人影よりも、シャッター音に反応するようだった。
a0181059_12514388.jpg

午後4時、西日が強くチョウも出て来なくなったので引き上げる。駐車場のトイレの壁になぜかウラギンヒョウモンだけが群がっていたが、撮る気は起きず。その近くに咲いていたニッコウキスゲ。安直な300ミリ撮影。捜し物も見つかり、青い空と白い雲、気持ちのいい高原の半日だった。
a0181059_22215794.jpg



P.S.
ヒョウモンチョウの後翅外縁の黒縁にはバリエーションがあるようで、これもつながっていた。2コマ目、ここにはコヒョウモンはいないとされているけれど、前翅の丸味はコヒョウモン的。
a0181059_19514377.jpg





   

by otto-N | 2016-07-17 14:02 | Comments(6)

8月、北海道・十勝、ギンボシヒョウモン (2010.8.14)  2011.3.8

2010.8.14
「十勝千年の森」のヒョウモンチョウの続きです。

ギンボシヒョウモンは、北海道ではごく普通のヒョウモンチョウ。
中学生のとき、「子供の科学」という雑誌には、昆虫標本交換ページというのがあって、このチョウは結構人気があった。
a0181059_2021281.jpg

a0181059_2022692.jpg
a0181059_2031692.jpg

クガイソウに集まるヒョウモンのうち、圧倒的に多かったのはミドリヒョウモンのオス。
あまりの多さに、撮る気も失せていたが、再認識したのは、ミドリヒョウモンのメス。少し黒ずんで、一見、汚いが、どうしてどうして、とても渋くて美しい。気品のある美しさです。
最後の2枚はオス。
a0181059_2011189.jpg

この画像は、お気に入り。
a0181059_2012189.jpg

ボツ同然の画像ですが、少なかったコヒョウモン。ヒョモンチョウかもしれない。(区別がつきません)
→ヒョウモンチョウと訂正します。 2011.3.10
a0181059_20114097.jpg


ウラギンヒョウモンもいるかなと思っていたけれど、画像を見ると全部ギンボシヒョウモン。
前回掲載画像では、ウラギンスジヒョウモンばかりで、オオウラギンスジヒョウモンはいない。うーん、どうして?と唸るばかり。

by otto-N | 2011-03-08 20:41 | Comments(2)