たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ベニシジミ ( 31 ) タグの人気記事


2017.5.1 千葉県・江戸川河川敷 ベニシジミ   2017.5.10 (記)

2017.5.1
ヤマトシジミの♀を探しに江戸川の河川敷に行く。♂がチラチラ飛び回っているが、気温が高いせいかとまる気配はなかった。秋にはピンクのイヌタデ群落のある場所には、黄色い花が咲いており、シジミチョウが飛び回っていた。とまらないので連写してみたらツバメシジミ。黄色い花はカタバミではなくてヘビイチゴのようだった。
a0181059_14300353.jpg


黄色い花にヤマトシジミの青♀が一瞬とまったが、すぐ飛び去り、後を追うも撮影は出来ずに終わる。靑♀がいることが確認できたので土手の叢を探すと、見つかったのはツバメシジミの靑♀。
a0181059_14342600.jpg


産卵体制には入らずとまっては翅を開く。食草の上がやはりいい。
a0181059_14343661.jpg



上流に向かって移動するが、とまらないヤマトとツバメの♂ばかり。ギンイチも飛んでいるが追いかける気も起きず、ミヤチャはまるで姿はなく、ベニシジミの擦れた♂だけが目についた。その中に、均一に擦れたのか、最初から白かったのか、ちょっと怪しい2つの個体。
a0181059_14415955.jpg


ベニシジミの♀はとても艶やか。産卵のためか、翅を休めては少し飛び、食草を動き回る。
a0181059_14434725.jpg



ちょっと気に入った1枚。
a0181059_14440042.jpg



付近にはハルジオンが咲いており、吸蜜もした。
a0181059_14471243.jpg



ハルジオンの薄いピンクは難しい。チョウを明るくすると白くとんでしまう。ぎりぎりに明るくした。
a0181059_14473635.jpg



来た時は晴れていたが徐々に雲が増え、すっかり空は曇ってしまった。場所を変えてもヤマトの♀は見つからず。きれいなベニシジミの♀が、曇り空の中、懸命に翅を開いていた。
a0181059_14534931.jpg


少し飛んだところを広角で連写するが、ゆっくり飛ぶのにまるでピントが合わなかった。
a0181059_14555639.jpg


飛翔を撮るには空が暗すぎた。
a0181059_14560575.jpg

午後1時、雨がポツポツ降り始めたので、遊歩道のトイレに雨宿りのため駆け込んだ直後、大粒の雨に変る。そして、横殴りの雨と轟きわたる雷鳴。




by otto-N | 2017-05-10 16:19 | Comments(0)

2017.4.20 東京・多摩川河川敷 ツバメシジミ   2017.5.3 (記)

2017.4.20
晴れが続いた朝、自然教育園にトラフシジミを見に行った後(この朝も開くことはなかった)、多摩川の河川敷に行く。前日よりも気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリは幾分飛び方は穏やかで、翅を休める姿が目についた。
a0181059_17262302.jpg


やはり枯葉のほうがいい感じだ。
a0181059_17261307.jpg

飛翔は枯草の間をぬって飛ぶ感じを出したかったので、あえて草の中にもカメラを入れて見た。幅の広い草では草被りで一部しか姿が見えない場合が多かった。それでも、ボケのきれいな細い枯草の茂みの中を飛ぶ姿に挑戦した。
a0181059_17270188.jpg

逆光気味だと色が出ないけれど、ピンが来るのはこういう時。
a0181059_17271089.jpg

ヤマトシジミも時おり飛んでくるが、まるでとまらなかった。やっと撮れたと喜んだら、いつものように品のない雑多な背景。
a0181059_17391489.jpg


ツバメシジミの青♀。少し飛んでは翅を開いていた。ヤマトシジミの青♀は日向ではいいブルーに撮れないが、ツバメシジミの靑♀はブルーが日を浴びても細かく輝く。なので少し大きめにトリミング。
a0181059_17415682.jpg

前翅の縁に沿っても靑鱗が帯をなすきれいな個体だった。
a0181059_17420483.jpg


ゆっくり飛び回るので驚かせない程度に追ってみた。
a0181059_17474690.jpg

横から撮るとると同じようにしか写らなかった。飛んでいる時は、ジャスピンでも色がボケた感じになるので、青♀は飛翔では色の表現はムリのようだ。
a0181059_17495671.jpg

後ろ姿だが・・・。
a0181059_17480658.jpg


落ち着きなく飛び回っていたツバメシジミ♂をあちらこちらで見かけた。とまると翅を開きかけるが、とても敏感だった。
a0181059_17475611.jpg

ミヤマチャバネセセリは見つからないまま時間が過ぎていくうち日が翳り始めた。これで終了と帰り始めたた時、風で揺れる菜の花にとまったベニシジミが目に入った。
a0181059_17554328.jpg



そして、羽化直のようなツバメシジミ♂。少し飛んでは翅を開く。ブルーもいいが、欠けのない縁毛の白の輝きがきれいだ。
a0181059_17575187.jpg


とろけるような緑の中で横で何枚も撮った後、縦構図でも撮ってみた。しかし、上のベニシジミと同様、縦構図は眼と縁毛にピントが合わずボツの山。かろうじての生き残りの1枚。縦撮りはシャッターを切る瞬間がどうしてもカメラの向きが動いてしまう。
a0181059_18004765.jpg





by otto-N | 2017-05-03 16:36 | Comments(0)

2017.4.13 東京・白山の森 (2)ツマキチョウ   2017.4.20 (記)

2017.4.13 続き
予想外のルリシジミに惑わされたけれど、目的はあくまでツマキチョウ。しかし、前日にあれほどいた桜の近くにはほとんど飛んで来ず、桜背景では逆光のこの1枚だけだった。
a0181059_17150788.jpg


斜面に散った桜の花びらの上を舞う姿も風情があるけれど、やはり淋しい。
a0181059_17163565.jpg


ルリシジミを撮っていた時に、よちよちと飛んできたとツマキチョウは♀だった。オオイヌノフグリにとまったので吸蜜かと思ったが、ただの休憩。翅を閉じた姿を見るのは今季初だった。
a0181059_17293860.jpg

飛び始めたので後を追う。ゆっくり飛ぶので追尾が楽であるが、撮影は思ったほど簡単ではない。つい見かけに騙される。
a0181059_17190285.jpg


背景が煩わしいのでちょっと大きくトリミングしたが、オオアマナの白い花がツマキ♀を引き立ててくれた。
a0181059_17191363.jpg


時々は♂は飛んで来るがとても少ない。前日とは大違いだった。
a0181059_19382262.jpg


菜の花とムラサキハナナのある発生源とおぼしき場所に移動した。ただ、菜の花はもう終わりかけで、花が少なく草丈も高い。ここではツマキよりモンシロチョウが元気に飛び回っていた。狙いをムラサキハナナに絞った。
a0181059_19425000.jpg


草丈ばかりが高い菜の花の後ろに2頭のツマキが絡んで飛んで行った。すぐ後を追い並走して連写する。
a0181059_19470696.jpg


手ごたえは十分だったのに、菜の花の向こう隠れたり日陰の入ったりして、数カットしか撮れなかった。てっきり♂が♀を追うものと思っていたが逆だった。モンキチョウのように♂が♀を誘惑しているのだろうか?誘惑にしては飛翔スピードが速い。
a0181059_19460867.jpg


近くにはユキヤナギが咲いており、♂はその周りを探雌飛翔する。保護色なのかユキヤナギにツマキがとまっていることは多い。♂はユキヤナギにまつわりつくように飛ぶので、比較的撮りやすい。この連続するこの2枚、いずれもピントは合っていると思うが、翅の大きさがずいぶん違って見える。被写界深度はこんなに深いのにピンを外してばかりだ。
a0181059_20002906.jpg


ツマキらしいポーズ。べたっと開いているより、少しV字に開いたほうがいい感じ=飛翔感がでる。
a0181059_20013314.jpg



菜の花の前にナズナも咲いており、突然♀が吸蜜を始めた。
a0181059_20043298.jpg


ツマキチョウにはナズナが一番よく似合うと思う。クモツキには・・・。
a0181059_20055426.jpg



時々日が翳るようになり、その度にツマキは姿を消す。こうして一斉に翅を閉じ休んでいるようだ。これは♂。
a0181059_20074213.jpg


日が射し始めたら翅を開くはずとひたすら待つ。そして、空が明るくなった瞬間、少し翅を開いたと思った時には飛び出していた。シャッターを切れたのは3回のみ、2枚はピンボケ。
a0181059_20104122.jpg


ナズナにはベニシジミがいた。とてもかわいい。
a0181059_20112566.jpg


ツマキチョウの向こうにムラサキハナナがぼおーっと霞む。こんな構図を狙っていた。もう少し左だとよかったのだが、何回やってもダメだった。ゆっくり飛んでいても直前でかわされ、まずはピンが来ない。
a0181059_20122272.jpg





by otto-N | 2017-04-20 16:48 | Comments(0)

2016.11.16 千葉県・江戸川河川敷 ベニシジミ   2016.12.3 (記)

2016.11.16
ヤマトシジミで江戸川の土手に3回出かけたけれど、実は、その前にも1度行っている。この日は、天気予報では快晴であったが、曇り空。時おり空が明るくはなるが、風は冷たかった。当然、ヤマトシジミは飛んでいない。見つけたのはベニシジミ。

ベニシジミが、葉の上に横になっているのを見たのは初めてだった。空からの光で少しは暖かいらしい。
a0181059_9185442.jpg

付近には、少し明るくなった時だけ、翅を開くベニシジミがかなりいた。赤い翅はよく目立つ。
a0181059_9211753.jpg

スイバの赤い葉。探すとやはりこんな場所でも翅を開いていた。
a0181059_9231357.jpg

羽化直と思われる新鮮なメス。
a0181059_9243963.jpg

指を出したら乗ってきたので、こちらに移動してもらった。後裏翅の橙色がとても美しい。やはり寒いのか、前翅を閉じてしまった。
a0181059_9273231.jpg

風に揺れる穂先。しっかりと脚を絡ませていた。
a0181059_9303170.jpg

ヤマトシジミも見つけた。
a0181059_931157.jpg



   

by otto-N | 2016-12-03 18:18 | Comments(2)

2016.11.7 東京・中目黒 翅の中にレインボウ   2016.11.14 (記)

2016.11.7
パッとしないルーティンワーク。
a0181059_2023465.jpg

白いオス。
a0181059_2024236.jpg

先日現れたちょっと変なメスに似ているメス。ちょっとピンボケだが、撮れたのはこの1枚きり。シブい。
a0181059_20242160.jpg

たぶん傷んでいるので、こちらが先日の変なメス。前、後ろとも、翅脈に沿って青鱗粉が細かく載っている。
a0181059_20243675.jpg

ついにスーパーブルーが現れたかと思ったけれど、今一つ。この後、オスに追われて戻ってはこなかった。
a0181059_20244830.jpg


午後、中目黒に所用があり、ここの公園へ半年ぶりに寄る。コミスジがポツン、ヤマトはあまりいない。
a0181059_2025845.jpg

何か飛んできたと思ったら、ベニシジミ。まあ撮っておくかとファインダーを覗いたらびっくり。
a0181059_20251924.jpg

秋型というより夏型に近い。赤い翅の付け根が緑~オレンジに輝くことがあるけれど、ここまでのは初めてだった。
a0181059_20253011.jpg

飛び去ったので近くを探すと見つかった。しかし、ヤマトシジミがちょっかいを出し、その後は行方不明。
a0181059_20254395.jpg

少し大きくしてみよう。翅の中にレインボウ。
a0181059_947262.jpg




   

by otto-N | 2016-11-14 20:20 | Comments(4)

2016.4.19 東京・多摩川河川敷(1) ギンイチモンジセセリ   2016.4.29 (記)

2016.4.19
前日、ミヤマチャバネセセリを撮ろうとした時に曇り始め、姿を消してしまった。この日は快晴。ミヤマチャバネセセリの飛翔をなんとか撮ろうと、また、河川敷に繰り出す。

着いた時には、風が少し強かったせいか、気温が低いせいか、ギンイチモンジセセリもミヤマチャバネも姿を現さず、ベニシジミだけが元気だった。前日、少し白かった個体を探すが見つからず、絡んでいたオスを連写したら、結構入っていた。ベニシジミの卍は、顔と顔を突き合わせ、ゼフさながらだ。
a0181059_10471135.jpg

この中での4コマ目がお気に入り。
a0181059_10472510.jpg

気温が上がり始めたのか、ギンイチも飛び始めた。
a0181059_10504370.jpg

結んで開いて・・・。結んだところはカット。
a0181059_10505477.jpg

気温の上昇とともに、メスを探して叢を飛び回るスピードが上がってくる。
a0181059_1059256.jpg

藪に潜り、
a0181059_1131665.jpg

枯ススキの上を飛び回る。
a0181059_1124043.jpg

1頭を追いかけていたら、突然、別のオスが絡む。咄嗟にレンズを向けたら2頭とも入っていた。
a0181059_1219451.jpg

残念、次はちょっとピンボケ。
a0181059_1219286.jpg

青空を入れようとしたが、あまり入らなかった。
a0181059_1132512.jpg

飛び疲れたのか、時々、休む個体が現れる。
a0181059_1125222.jpg

緑の中より、枯れ葉の中のほうがよく似合う。(と思う)
a0181059_11253626.jpg

吸蜜する個体も出てきた。と思ったら、もう昼が過ぎていた。
a0181059_11245128.jpg

昼からは、ほとんど、テリ張りミヤチャと遊んでいた。遊び疲れた3時過ぎ、まだ日が高いのに気温が低いせいか、 藪の中で休み、翅を開く個体が増えてきた。
a0181059_11251477.jpg

全開翅する個体は多くはなかったけれど、そっと近づき、翅を閉じるまで撮り続けた。
a0181059_22514031.jpg




   

by otto-N | 2016-04-29 20:11 | Comments(0)

2016.4.18 東京・多摩川河川敷 ギンイキモンジセセリ(2)   2016.4.24 (記)

2016.4.18
ギンイチモンジセセリの他、定番のミヤマチャバネセセリも健在だった。最初のテリ張りの1頭はすぐにいなくなり、2頭目は藪の中で不意に現れた(メスかもしれない)。午後になって、別な場所で、少し傷んだオスがしつこくテリ張りしていた。対戦相手はベニシジミ。
a0181059_853588.jpg

ベニシジミが多く、ギンイチやミヤチャと一瞬間違う。絡んでいたベニシジミの1頭はずいぶん擦れていると思ったが、とまったのでよく見ると、真っ白ではないけれど白化型のようだった。縁毛もそろい、超新鮮。もう少し、背景のいい所で撮りたかったが、飛び去ってしまう。
a0181059_852027.jpg

ツバメシジミも飛んでいるがオスはとまらず、メスはどういうわけか、黒いのばかり。黒くても新鮮であれば美しいのであるが、擦れ個体ばかりだった。ギンイチが突然、レンゲにとまり昼が過ぎたことを知る。頭の周りの柔毛が逆光に透ける。
a0181059_9392552.jpg

着いた時には晴れており、ギンイチモンジセセリは飛び回ってばかりいたけれど、昼すぎには日が翳り始めた。飛び回るギンイチの数が減り、ススキの藪に休み始めた。
a0181059_862037.jpg

日が翳ると飛んでもすぐとまる。葉被りが多いので結構撮りにくい。
a0181059_861019.jpg

水平の枯れ茎にとまるのは、一時的な休憩かと思う。それにしても、茎にしがみつく脚とフワフワの毛がかわいい。
a0181059_8412885.jpg

ときどき薄日が射すと、次々と翅を開いてくれた。なかなか、全開とはいかなかったけれど、黒褐色の翅表を撮ることができた。メリハリのない黒マント。モニターで確認しても、ピントが合っているのか合っていないのかよくわからず、必要以上に撮ってしまった。
a0181059_863328.jpg

全開する個体は少なく、半分開く個体は多かった。なかなかカッコいい。
a0181059_864622.jpg

翅を開き出したのを見つけ、翅を閉じるなよと念じつつ、後ろから前にそっと回り込む。
a0181059_840267.jpg

やはり前からがいい。しっかりと枯れ茎に掴まっている、かわいい表情が撮れた。
a0181059_8304317.jpg
風が出始め、気温も下がってきたので、1時すぎに撤収。


   

by otto-N | 2016-04-24 22:01 | Comments(0)

2016.4.10 東京・白金の森 ベニシジミ   2016.4.16 (記)

2016.4.10
日曜日、天気が良すぎるので、少しだけトラ探しに出かける。しかし、全く、出て来なかった。教育園では数少ないベニシジミを撮っていたら、突然、2頭が絡み始めた。トラフシジミ撮影のために準備していた300ミリであわてて撮影する。

最初の出会い。(以下、トリミングしてます)
a0181059_1494743.jpg

写るかどうかはわからなかったけれど、MFでピントリングを回し続けた。
a0181059_1410227.jpg

草の中で激しく争う。
a0181059_14124083.jpg

お互いの眼付けは、ミドリシジミさながら。
a0181059_1410116.jpg

戦いの場を移動し、草の間で卍飛翔を続ける。
a0181059_14102748.jpg

一瞬、飛び出す。(ピンボケ)
a0181059_14134028.jpg

また、潜り込む。
a0181059_14103880.jpg

にらみ合いの喧嘩。
a0181059_1413555.jpg

やっと浮上。
a0181059_1414217.jpg

最後の1枚。この後は、空高く昇り遠くへ行ってしまった。
a0181059_14143526.jpg

しばらく、すると2頭とも戻ってきて、少し離れた場所で休憩の体勢。争っていた時間は約10分。こんなに長いとは思ってみなかった。チャンスがあったらまた撮りたい感じだ。
a0181059_14243542.jpg

ツマキチョウが飛んではいるがほとんど撮れず、ツマキと絡んだモンシロチョウだけが入る。ただ、この写真の主題はチョウではなく、その後ろに見える目黒駅前に建築中の高層マンションのクレーン。白金の森も高層ビルに囲まれつつある。
a0181059_14302552.jpg

トラフも池の周りのツマキも諦め、他を探す。ツマキのオス。
a0181059_14315782.jpg

ツマキのメス。
a0181059_14322026.jpg

ルリタテハが1頭。翅が壊れていても、このチョウはいつも奇麗だ。
a0181059_14334465.jpg
10時、テニスのため撤収。


   

by otto-N | 2016-04-16 20:42 | Comments(2)

2016.3.3 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ(2)   2016.3.9 (記)

2016.3.3 続き
広角飛翔撮影で走り回り疲れ果て、あるオオイヌノフグリの群落の近くで休んでいるとき、通りかかったオスのモンキチョウがかなりの確率で吸蜜に立ち寄ることに気がついた。静止狙いで300ミリで撮ってみたけれど、葉に被ることが多いので、思い切って、少し遠目から飛び立つところを置きピンで狙ってみた。
a0181059_14102146.jpg
a0181059_14103056.jpg
a0181059_14104259.jpg
a0181059_14105832.jpg

これはとまっているところ。一面の群落ではないのが残念。
a0181059_14111855.jpg
a0181059_14112973.jpg
a0181059_141143100.jpg
a0181059_1411571.jpg

とまっているチョウがどちらに飛ぶか予想がつかず、あらかじめピントを合わせておく場所は裏切られているばかり。
a0181059_14121131.jpg
a0181059_14122359.jpg

a0181059_14125395.jpg
a0181059_14131242.jpg

結局、背景が花一面というわけにはいかず、望遠で撮っても伸びた草が煩わしいだけ。斜面の下から上へ撮っていたので、後ろが抜けず、ちょっとつまらなかった。モンキチョウを待っているときに、近くに飛んできたベニシジミ。すぐに飛び去る。
a0181059_15172753.jpg


 

by otto-N | 2016-03-09 18:10 | Comments(2)

2015.12.4 東京・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2015.12.17 (記)

2015.12.4
京都旅行から帰って来た翌日、ムラサキシジミを探しに行く。西高東低の冬型の気圧配置。快晴だけれど、気温は低く風も強い。いつもより遅めだったのだが、寒いせいかチョウが出て来ない。11時すぎにやっとヤマトシジミが現れすぐ飛び去ってしまう。その後、常連のチョウが現れ始めた。
a0181059_17142220.jpg

ベニシジミが新鮮だったので、ちょっと見とれてしまうが、とまる場所がよくなかった。翅の付け根が緑色に光る。
a0181059_17151278.jpg

肝心のムラサキツバメは、なかなか現れず遠くのメスを1頭だけ撮っただけだった。
a0181059_17153049.jpg

オスは何度か現れたが、結局、後で傷の具合から判断して、現れたのは2頭だけ。この左後翅の破損個体は、2回目に現れたとき、一瞬目を離すとシャリンバイのどこにいるのか全くわからなくなるので(2コマ目)、40分も翅を開くのをじっと待っていたのである。開き始めてやっと破損に気がついた。
a0181059_19305264.jpg

次の個体は植栽に潜っては、ときどき葉の上に姿を現したが、いい位置にはほとんど来ず、横向きで翅を開いたワンチャンス。もう少し上から撮りたかった。
a0181059_17155682.jpg

その後も植栽中に潜り込み吸汁。ススキのような細い葉にとまり翅を開くも、強風でなかなかピントが合わなかった。
a0181059_17144954.jpg
1時半すぎまで粘るもののマテバシイの植え込みからムラサキツバメは飛び出してくる気配もなく、風も収まりそうもないので撤収した。風よりも気温が低すぎたのかもしれない。

by otto-N | 2015-12-17 17:17 | Comments(0)