たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ベニシジミ ( 28 ) タグの人気記事


2011.8.19 青森県・奥入瀬    2011.9.3(記)

2011.8.18
函館近くの濁川温泉に着いたのは、昨日の18:00ころ。田んぼの中の温泉だった。もう少し山の中と思ったのに。掛け流しではあったけれど、旅館自体が・・・・・。昨年は、山1つ隔てた銀婚湯温泉に泊まって、広大な敷地内で、キベリタテハやオオヒカゲを撮ることができたのに、ちょっと悔しい。
この日は、函館14:00発のフェリーにの乗り、青森まで移動し、青森市内に宿泊。青森には暗くなってから着いた。

濁川温泉ではチョウは不作。ベニシジミと、しかたがなくタマジャクシからカエルになったばかりのカエル。
a0181059_1803014.jpg

内浦湾に沿って函館まで移動した。途中の海岸で一休み。この後、函館まで雨。青森も雨。
a0181059_1804974.jpg


2011.8.19
朝方に雨が止んだ。しかし、曇天。晴れるのを期待して、渓流の名所「奥入瀬」でハイキング。渓流の中ほどにある「石ヶ戸」というところにクルマを置き、川が流れ出す十和田湖畔の「子ノ口」まで、約10km、3時間歩いた。歩き始めたとき太陽が出てきた。途中でチョウくらいいるだろうと思ったが、とんでもない間違い。歩き出しでカラスアゲハを何回か見るものの、チョウは全然いない。湖畔に着いてもまるでいない。湖畔で食事後、タクシーでクルマを置いた場所へ戻った。そして、また、湖畔まで車道で登り、湖を半周し、東北道の十和田ICに抜けた。この日の宿は、栗駒山の麓にある岩手県・須川温泉。

雨で川の水は濁っているけれど、渓流と点在する滝が美しかった。そして、何よりも美しいのは緑。クルミとトチの木が多かった。
a0181059_18253511.jpg

遊歩道は、車道とは区別されており、自分のペースで歩くことができる。
a0181059_1826387.jpg

湖畔を半周後、東北道へ抜ける途中にあった展望台からの十和田湖。
a0181059_18282152.jpg


十和田ICに入ったのが15:00ころ、一関ICで東北道を下り、須川温泉までは、1~1.5車線の山道。1時間以上かかり、途中で一瞬、霧で真っ白。そこを抜けると青空が見え、日が暮れる前、17:50、やっと着いた。そして、食事中に太陽が沈み始めた。遠くに鳥海山がシルエットで見えるはずだが。
a0181059_22225439.jpg
a0181059_18290100.jpg
a0181059_18291587.jpg


十和田湖、奥入瀬渓流。チョウが全然いなかった。ひょっとしたら深山幽谷にはチョウはいないのではないか?と、思うほどだった。渓流沿いは、木が多く、しかも木が高いので日が入らず、花も咲いていない。誤算だった。
須川温泉に行く道路は、狭い割に交通量が多くて2度と通りたくないものであったが、温泉はすばらしかった。プール大の浴槽にじゃぶじゃぶと白濁の湯があふれていた。

by otto-N | 2011-09-03 19:10 | Comments(0)

2011.6.19 横浜 ミドリシジミ    2011.6.20(記)

2011.6.19
梅雨空で、どんよりと雲がたれこめていたが、時々は雲は薄くなる。明日のほうが、予報では天気がいいようであったけれど、あてにはならないので、雨を覚悟で、横浜・舞岡公園行った(4回目)。

さて、現地に着いてみると、先客の方々は浮かぬ顔。クワの木に4頭も止まっているが、翅を拡げてくれない。空はどんよりと曇ったまま。動きが出るまで、その辺をうろつくと、ヨシの葉陰にヒカゲチョウがいた。柵の向こう、かなり遠かった。すぐ、翅を閉じてしまったが、逆光の後翅が透けてきれいだった。残念ながら、頭から下が草の陰。
a0181059_13415034.jpg

戻ってみても、ときおり移動し開翅するものもいるが、遠すぎた。撮っても暗い。諦めて去ろうと思ったき、1頭が、すぐ足元に降りて、再び、クワの木に移動した。飛び立つとき、赤い斑紋が見えた。
足元に来たとき、あわてて撮った1枚。
a0181059_13503819.jpg

クワの葉上で開翅するA型メス。尾っぽが見えないので、右に回り込んだがこれでせいいっぱい。
a0181059_13482039.jpg

このA型はすぐに上のほうに行ってしまい、降りてくる気配がなかったので、別の場所へ移動。
ここでは、次々とはいかなかったが、産卵にやってくる(?)メスの開翅を撮ることができた。
まず、撮れたのはB型。
a0181059_13574833.jpg

もう少し高い位置で撮りたかったが、贅沢というもの。
a0181059_145149.jpg

次は、O型の2個体(上、下段)。下の個体は格別大きかった。
a0181059_1464153.jpg

大型のO型メス。
a0181059_1410449.jpg

翅をよく見ると、わずかな傷があったが、O型といえども美しい。
a0181059_14102953.jpg

池の畔では、曇り空にもかかわらず、15:30ころから卍飛翔が始まっていた。16:00ころ、撤収した。

帰り道、1頭のベニシジミを撮っていたら、オスが絡んできた。メスは、オスなど眼中になく吸蜜を続け、オスも諦め、しかたがなく並んで吸蜜。最後は、もう1頭のオスがやってきて、解散となった。
a0181059_14184796.jpg

この日撮った他のチョウ。ストロボで撮った冒頭のヒカゲチョウ(明るいと、紋の青がきれい)。少し傷んだアカシジミ。スジグロシロチョウ。ベニシジミ。
a0181059_14212771.jpg


天気を待っていたら、ミドリシジミのシーズンが終わってしまう。ということで、また、行ってきた。午前中は全くダメであったが、午後になってから、A型、B型、O型のメスを撮ることができた。どんよりとした天気であったが、なんとかなるものだ。
(ここで、4月のギフチョウのとき、一緒になった2名に偶然再会し、楽しく撮影できました)

by otto-N | 2011-06-20 14:59 | Comments(4)

2011.6.15 さいたま市 ベニシジミ    2011.6.18(記)

2011.6.15
天気予報では、晴れそうだったのはこの日だけ。ミドリシジミを探しに、さいたま市の公園にクルマで行った。最近、首都高のC2という環状線ができたので、自宅から1時間もかからなかった。着いて早々、同好の方々が数人おられたので、蝶果を聞いたところ、朝6:00から来ているが全然いないとのこと。確かに、あちこちうろつき回ったが、ミドリシジミの影はなかった。今年は、昨年と違い、長靴でも入れないほど、水が多い。結局、帰るまでにミドリシジミの影を1匹見ただけであった。

ミドリシジミは撮れなかったが、この日遊んでもらったのは、ベニシジミ。ベニシジミといえども、自宅付近にはあまりいないので、それなりに楽しむことができた。
a0181059_13115725.jpg

赤紋が暗くなってきたが、まだまだ明るい。
a0181059_13121470.jpg

後翅に少し青紋が残っている個体もいた。
a0181059_1312313.jpg

暗がりの間をふわふわ飛んでいたアサギマダラ。キマダラセセリ、ヒメジャノメ。ここにもアカボシゴマダラがいた。コムラサキが樹液に来ていたが、すぐ逃げられた。
a0181059_13125044.jpg


ミドリシジミは不発に終わった。発生が遅れているだけだと思うけれど、このまま終わってしまうのか、ちょっと心配だ。水が多かったが、蛹化するために、それまでいた木が水に浸かって、地上に降りることができないとき、どうするのだろうか、木の上で蛹になるのだろうか?水が引くまで待っているのだろうか?幼虫は泳いで渡るのだろうか?そのまま蛹化できずにおわるのだろうか?ふと、疑問に思った。

by otto-N | 2011-06-18 13:38 | Comments(4)

2011.3.31 中目黒 ベニシジミ

2011.3.31
今日も暖かかったので、3日連続で、中目黒の公園へ。

ネモフィラの花壇にいたのは、今年初めてのベニシジミ。1頭だけだったが、しばらくつきあってもらった。
a0181059_15545219.jpg

a0181059_1555468.jpg

ときどきいなくなると思ったら、反対側の草むらにいた。日が翳ると、寒いせいか元気がない。ぎりぎり寄っても逃げない。
a0181059_1556782.jpg

花壇にはモンシロチョウが集まる。公園の隅にキチョウがいじけていた。
a0181059_15562231.jpg


3日連続の中目黒。今日は、ツバメシジミはいなかったが、そのかわり、やっと出てきたベニシジミに遊んでもらった。
このベニシジミ、後翅の青紋がほとんどなかったけれど、春型はやはりきれいです。
モンシロチョウ、紋のほとんどないのもいるとは知らなかった。

(ここで、いつも励ましのコメントをいただいているnaoggioさんにお会いした。偶然だったのだけれども、初対面にもかかわらず、以前からの知り合いのような気がした。今日はツバメシジミがいなくて残念だったけれど、こんどは自然教育園で遭遇しそうです。)

by otto-N | 2011-03-31 16:11 | Comments(2)

10月、白金の森、ウラナミシジミ (2010.10.1)  2011.3.26

2010.10.1
10月最初のこの日も、白金の森に行った。

ヒカゲチョウの開翅。なかなかシブイ。
ベニシジミはさすがに赤い秋型。
ツバメシジミとヤマトシジミのオス。両方ともピカピカではないけれど。
a0181059_20144787.jpg

隣の公園の片すみはウラナミシジミ(♀)が数頭いた。
a0181059_20251242.jpg
a0181059_2027174.jpg

a0181059_16245534.jpg


そろそろアサギマダラが来てもいいころ。しかし、この日もだめだった。
ヒカゲチョウの開翅は、夏の間は見られなかったが、立て続けに見ることができた。涼しくなったせいかもしれない。
ウラナミシジミは、メスばかりでオスは皆無だった。後から気がついた。他の日も、オスはあまり写っていなかった。

by otto-N | 2011-03-26 20:51 | Comments(0)

6月、さいたま、ミドリシジミ 2 (2010.6.18)  2011.2.17

2010.6.18
再度、ミドリシジミにチャレンジ。前回よりも簡単に見つけることができたが、翅を開くミドリはいなかった(画像は別個体)。
a0181059_20304436.jpg

近くの茂みにツバメシジミのメスがいた。すごくきれいだった。ツバメシジミのメスを見直す必要がありそうだ。
a0181059_20311236.jpg

ツバメシジミのオス。
a0181059_20314596.jpg

そして、先日同様、ベニシジミと戯れながら帰った。2枚目はツバメシジミ。
a0181059_20321539.jpg


再挑戦したが、またもや不発。
着いた時間が遅いせいもあるが、天候、気温、湿度など開翅条件がシビアらしい。
それにしても、ツバメシジミのメスがこんなにきれいとは知りませんでした。後翅にちょっとだけ青い鱗粉を散らし、気品が漂う美しさです。

PS:
ツバメシジミ♀を1枚でアップしました。
a0181059_22381151.jpg


by otto-N | 2011-02-17 20:58 | Comments(2)

5月、箱根・明神ヶ岳 (2010.5.6)    2011.1.31

2010.5.6
天気がいいと、ハイキング程度の日帰り登山をする。この日は、富士山をみに、箱根の明神ヶ岳(1169m)。
(チョウ撮影は目的でないのだけれど、チョウがいたらちょっとだけ時間をもらいます)

登山口にいたのは、ウスバシロチョウ。全く予期していなかった。
頂上から富士山がよく見えた。頂上付近にはマメザクラ(フジザクラ)が満開。しかし、風が強く、うまく撮れず。
麓に戻ると、空き地にはベニシジミがたくさんいた。少し遊んでもらった。
a0181059_1863310.jpg


往復5時間程度の山をさがして、ときどき、日帰り登山をする。しかし、登山道は木に覆われているので、ヒカゲチョウの類しかいないことに気がついた。チョウがいるのは、登山口の駐車場や民家の庭先、畑の脇。それと、頂上。中間にはあまりいない。いないほうが、諦めがついていいのかもしれない。

by otto-N | 2011-01-31 18:25 | Comments(0)

9ヶ月遅れですが、アゲハチョウとベニシジミ (2010.4.19)     2011.1.30

2010.4.19
歩いて10分ほどにある、旧海軍の技術研究所の跡地にある公園。園芸種だけれど、春になると、色とりどりの花が咲き乱れる。チョウは、花壇の花にあまり来ないけれど、隅の雑草地帯は時々のぞいてみる価値がある。この日は、アゲハチョウとベニシジミで楽しませてもらった。

アゲハチョウ(♂)
a0181059_20244659.jpg

ベニシジミ
a0181059_2016272.jpg


アゲハチョウはともかく、ベニシジミは都心では希少種とはいわないまでも、数はぐっと少ない。春型はきれいだ。しかし、たいてい翅のどこかが壊れている。
見つけたときは、すかさず撮りにかかるが、すばしっこく、コンデジでは近づく前に逃げられてしまう。

まだ沖縄が日本領土となっていない、保育社「原色日本蝶類図鑑・増補版」:昭和37年4月5日増補2刷(当時は1,200円)の口絵写真に載っており、この口絵写真「タンポポの花にとまるベニシジミ」が頭の中に刷り込まれている。
チャンスがあったら、タンポポの花の上のベニシジミを撮ろうと思う。

by otto-N | 2011-01-30 20:57 | Comments(2)