たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ホシミスジ ( 2 ) タグの人気記事


2016.7.10-12 北アルプス・常念岳(1) 安曇野   2016.7.20 (記)

2016.7.10-12
梅雨の合間に3日間の好天予報。かねてから計画していた常念岳に登る。

2016.7.10
この日は、夕方までに、常念岳の麓の温泉に入るだけ。昼過ぎに安曇野に着き、時間つぶしに有名な大王わさび園に入ってみる。いつも素通りしていたが、想像したより規模の大きな施設だった。おいしいとは言えない蕎麦を食べ、わさび畑を観光している時、畑の上をオオムラサキが優雅に複数頭飛び回っていた。どこかで樹液が出ているに違いないと思っていたら、樹液源は柳の大木だった。撮影するにも高くて暗い位置、チョウもボロボロのようだったので、駐車場に300ミリをとりに戻る気にもなれず、18-135ミリで少しだけ撮った。
a0181059_12482283.jpg

園内にはホシミスジが目についた。茂みに潜って産卵場所を探しているメスが表に出てきたのを撮影する。
a0181059_12483911.jpg

コミスジも時々大きな個体を見ることがあるが、これもずいぶん大きかった。
a0181059_12484929.jpg

さて、夕方までどうしようか。5月にはオオルリシジミで有名な公園に行ってみることにした。入場券にはこのチョウの交尾写真が印刷されていた。大きな公園だったが、お金をかけて整備しすぎ。まるで都市の公園のよう。これじゃムシもいないと思いながら、散策する。カブトムシの集まる木があり、300ミリでいい加減に撮影する。実は、カブトムシの喧嘩を見るのは初めて。園内で見たチョウは、モンキチョウ、ツマグロヒョウモン、ヒメシジミだけだった。
a0181059_1249888.jpg

空が急に曇り始め、ここからすぐ近くの宿に行く。チェックインした後、雨が降りそうもなかったので、カメラを持って近くの林道を散策するが、まったくチョウは飛んでいなかった。ミズナラなどの広葉樹よりアカマツが圧倒的に多い。部屋からは常念岳は雲で見えず、遅くになってからやっと雲が切れた。でも、常念岳はどこかよくわからない。中央の右、ダブレットの右側だと思うが・・・
a0181059_1249223.jpg

翌朝、起きると快晴。中央よりの一番奥、重なった左が前常念で、右が常念のようだ。それにしても、一帯は赤松林。(夕食に早くも松茸の天麩羅が出た)
a0181059_12493937.jpg



   

by otto-N | 2016-07-20 20:20 | Comments(0)

2013.7.20 長野県・白馬村 ジョウザンミドリシジミ   2013.7.29(記)

2013.7.20
白馬滞在の最終日。朝からよく晴れ、白馬に来てから一番の天気だった。運よく、登った2つの山で、タカネヒカゲを撮影でき、満足といいたいところだったけれど、本命はジョウザンミドリシジミ。北海道の子供時代、チョウ採集にハマったきっかっけがこのチョウだった。北海道では裏の山はミズナラの林。ゼフはどこにでもいた。ところが、リタイア後にチョウ撮影を始めてから、ポイントもわからこともあり、ゼフの撮影のために出かける機会がなかった。白馬に行けば、山登りの合間に撮影できるだろうと計画したのだが、あいにく、今年はゼフの発生がとても早かったらしく、山麓ではスレ個体しかいないようだった。そこで、少し標高のあるスキーゲレンデに行くことにした。スキーゲレンデは、ミズナラなどの広葉樹の林を切り開いて造成されている。熱烈なスキーヤーであるけれど、夏のスキー場はやはり醜悪だ。

上のゲレンデに行く前に、毎日、夕方に行っていた場所に寄った。両脇が広葉樹に挟まれた連絡コース。下草がススキ。おそらく、朝にはジョウザンがテリを張っていると睨んだ場所だ。着いてみると、早速、目の前にジョウザンが飛び出した。とまって翅を開くが、やはり、輝く鱗粉はもはやわずかしか残っていない。10mほど離れて、何頭かそれぞれテリを張っているようだった。少しは綺麗な個体を選ぼうとしたのだが、もうムリな話だった。
a0181059_10535265.jpg

ススキの葉の上では、赤いセセリも日を浴びていた。ヒメキマダラセセリ♀、コキマダラセセリ♂?。
a0181059_10552656.jpg

標高が高ければ、少しはいいかもしれないと林道を登る。お目当ての場所に入ったところ、すぐに見つかった。低いところにとまったので近づいてみると、低いところで全開していた。近づくと影に入ってしまう。真上から撮れる。後翅も輝く位置を探すと、どうやら、真上ではなく、少し頭に寄った位置からが輝くようだ。前々日、別荘地の地べたで撮ったときも、そうだった。この場所は、お気に入りと見えて、スクランブル発進した後も、ここへよく戻ってきていた。
a0181059_1164029.jpg

ピカピカの個体とはいかなかったが、この位置では、よく輝いた。
a0181059_11114471.jpg

目より下の位置では、ススキ以外にもとまったが、みな同じような写真にしかならなかったので(全開だと傷が目立つということもあるが)、ちょっとだけ開いたところを狙った。
a0181059_11152392.jpg

日が高くなるにつれ、全開しなくなったけれど、目の前でマクロで撮れるというのは嬉しい。
a0181059_11204229.jpg

ときどき、スクランブルをかけていた相手。10mほど離れたところにテリを張っていた。かなり傷んでいた。後で調べると、ここは標高1500m。まだ、低かったのかもしれない。
a0181059_11233595.jpg

ジョウザンの他の個体を探していたが見つからず。しかし、新鮮なヒメシジミ。少し標高が高いだけのことはあるようだ。
a0181059_14465214.jpg

近くには、コヒョウモン?がときどき飛んできた。
a0181059_11273973.jpg

クガイソウに集まるヒョウモンを撮っていたとき、スジボソヤマキチョウを見つけた。逆光のほうが格段といいようだ。吸蜜しているときは鈍感だが、花を離れ下草で休んでいるときはまるで、近寄らせてもらえなかった。
a0181059_11343428.jpg

クガイソウには、コヒョウモンの他、ウラギンヒョウモンが来ていたが、新鮮なものは少なかった。
a0181059_11365822.jpg

10時30分、約束の時間になったので、晴れ上がってのっぺりした白馬三山を撮ってから山を下りた。山は雲がなければつまんない。
a0181059_11403276.jpg

山を下り、ペンション街に差しかかかったとき、スジボソヤマキチョウが吸水していた。あまりじっとしていなかったので、テキトーに撮った。なんだ、山の上でなくても、こんなところにいるんだという感じ。実は、このチョウに会うのは、この日で2度目、山の上では結構感激していたのに。
a0181059_11444460.jpg

ホテルに戻り、後は帰るだけ。途中入ったなんの変哲もない蕎麦屋は美味しかった。高速に入る前、安曇野インターのすぐそばにある田淵行男記念館に寄る。そこにいたホシミスジ。
a0181059_1145625.jpg

下の叢に下りてきたのも撮れた。ホシミスジもこれで2度目なのでちょっと嬉しい。
a0181059_11453669.jpg


白馬滞在中に実際に歩いた距離は、標高差で合計約1800m。すべて、ゴンドラとリフトを使った山登りだったので、登った山の標高の割にはとても楽だった。1月に故障した左膝は、ハード・サポーターのおかげでなんともなかったし、4連泊したホテルもちゃんとした温泉があり、食事もそこそこ良かった。(ホテルは、計120歳超のシルバー割引)

北アルプスの山は、当然、素晴らしかったが、白馬山麓の梅雨の時期、もっと長く滞在したいものだ。ゲレンデの周りをふらついたら、毎日が新発見の連続になりそうだ。ジョウザンミドリは擦れていたけれど、どんな所でテリ張るのか判っただけでも満足だった。

by otto-N | 2013-07-29 12:41 | Comments(2)