たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ミスジチョウ ( 6 ) タグの人気記事


2017.5.30 東京・高尾山 ミスジチョウ   2017.6.8 (記)

2017.5.30
高尾山のセッコクの花を見に行くと妻が言う。セッコク?ああケーブル駅に咲いているあの花か。6号路にあるのが自然な形態らしく麓から登るつもりらしい。セッコクの花は見飽きているので登る気はなかったけれど、あのチョウが発生している頃。私はケーブルで登り、妻は6号路から登り、山頂で12:00に待ち合わせることにした。

ケーブル山頂駅にあるセッコクの花。日の当たる部分と日陰になる部分があり結構難しい。もっとも、300ミリ+テレコンのいい加減な撮り方だが。
a0181059_11412058.jpg


すでにフジミドリシジミを撮ろうと6人が集まっていた。知り合いの方も複数。フジミドリは現れる気配もなく、時間切れ。急いで山頂を目指したが、案内に記載されていた時間の半分の25分しかかからなかった。妻はとっくに着いており、1時間しかかからなかったと言う。セッコクは遠いところに咲いていてスマホではよく撮れなかったらしい。山頂から富士山が見えていた。ぼおーっと霞んでいるだけなので、ずぼらに300ミリで一応撮っておいた。デカすぎて左右がなさすぎ、ずん胴の富士だがズームを持ってきていなかったので仕方がない。
a0181059_11493909.jpg


予定としては、ここから城山に登り相模湖駅に下りるつもり。高尾山にはモンキアゲハがとても多い。そこいら中に飛び交っているがまるでとまらない。また、クモガタヒョウモンも飛んでいる。しかし、撮れたのはこれだけ。どちらもいまふたつ。
a0181059_11561843.jpg


城山には1時間で着いた。山頂でビール。昨年、クモガタヒョウモンを撮った場所に寄りたかったが、逆方向。相模湖方面に下る。こちらの登山道には誰もいない。日陰に咲いていたコゴメウツギの花。近くで見るととても可愛い。
a0181059_11594587.jpg


ちょっと変てこな花。後で調べるとウリノキの花と判明。
a0181059_12004606.jpg


これも日陰に咲いていた。名前は判らなかった。
a0181059_12013040.jpg


登山道にはアサギマダラが吸水に下りてきたが、落ち着かず、すぐ暗い林間に消える。
a0181059_12025049.jpg



ちょっと儲けもののミスジチョウ。高尾山には多いけれど、とまることがほとんどない。これも落ち着かなかったが、なんとか撮ることができた。
a0181059_12040172.jpg


一番近づいたところで、飛んでいってしまった。300ミリを肩から吊るしっぱなしも悪くない。ザックに入れていたら撮れなかったと思う。
a0181059_12045520.jpg

国道20号まで下るのは簡単だったが、そこから相模湖駅までが苦痛。カンカン照りの中、40分も国道を歩かなければならなかった。途中、見たことのある景色と思ったら、春にギフを撮りに行く道だった。



2017.6.6
前日、毎日のようにフジミドリを観察を続けられているMさんから、♂が発生したとの連絡が入った。早速、朝から行ってみると、この曇りの少し肌寒い中に先客が1名(ヘムレンさん)。ヘムレンさんとバンヤンさんがピカピカのフジミドリを撮影されたのが、このポイント再開発のきっかけ。当時のお話を伺いながら、電車で偶然一緒になったMさんと3人でフジミドリの見張りにつく。始めは曇り空だったが、薄日が射し始め、昼ころには晴れあがった。しかし、時おり、ミスジチョウとテングチョウが来るだけで、一向にフジが飛んでくる気配はなく、キアシドクガだけが大量に飛び回っていた。あまりにも暇だったので、MFで飛翔撮影の練習(300ミリ+テレコン)。しかし、あんなに遅く飛んでいるのに、ピントを合わせることができず、キアシの足の色は黄色なんだろうかと思いつつも確認することができず、さんざんだった。キアシドクガは幼虫も毒を持っていないらしいが、ふあふあと大量に飛んでいると白い幽霊のようで気色が悪い。翅の色は真っ白にとぶので思い切ってEVを-2.0まで下げた。
a0181059_13082400.jpg
予定があり早めに下山したが、午後2時までにフジミドリが現れたは3回。とまる気配もなく、すぐ目の前を超高速で横切っていった。おそらく、1頭だけが巡回しているのだろうと思うけれど、まだ発生初期なのか、12年周期説が当たっているのか、今後の推移を見るしかない感じだ。





by otto-N | 2017-06-08 11:27 | Comments(2)

2016.5.24 東京・高尾山(1) イチモンジチョウ   2016.5.29 (記)

2016.5.24
18日、20日、この日で3回目の出撃。しかし、発生していたら飛んでくるはず。10時半、見切りをつけ4名で脱藩。今が旬のクモガタヒョウモンを求めて、山頂からその奥へと向かったのであった。

高尾山と言えば、天狗とモミジ。モミジと言えばミスジチョウ。いたるところにヒラヒラと飛んでいるが、探雌飛翔のオスはなかなかとまるものではない。フジミドリの見張り中にやっと撮ることのできたのがこの1枚。
a0181059_2048399.jpg

山頂へ向かう参道を歩いているとスミナガシ。少しボロだが、贅沢を言っている場合ではない。なにせ、シャッターはこの日も数回切っただけだったのだから。
a0181059_20491384.jpg

ミスジチョウと一瞬間違う大型のコミスジ。新鮮なのだがこの背景では・・・。
a0181059_20515570.jpg

黒系アゲハが飛び交う登山道。もっとも多かったのはモンキアゲハ。しかし、とまらない。ハイカーさんたちが「何を撮っているの?」→「蝶々です」と答えると、アサギマダラがいましたよと教えてくれる。よく聞くとアオスジアゲハだったりするけれど、アサギマダラはとにかく有名。確かに、高尾山ではよく見ます。ジャコウアゲハ♀も飛んでいたけど、すぐ茂みの向こうに飛び去られた。
a0181059_20492434.jpg

ダイミョウセセリがとても新鮮。風でゆらりゆらりと動く。
a0181059_20493618.jpg

ダイミョウセセリは難関。撮ってもほとんど翅表は真っ黒にしか写らない。日に当たると焦げ茶色なのだが、これもビロード状の翅表がちゃんと撮れなかった。
a0181059_20494573.jpg

目指すはクモガタヒョウモン。先は長いので、ペースを上げるべく、先頭を切っていたら、後続の3人がなかなか来ない。分岐点で10分待っても来ない。もしや、何かあったのではと引き返すと、イチモンジチョウを撮っていた。なるほど、とても新鮮で美しい。さすがみなさん、目のつけどころが違う。完全に逆光だったので苦しい。
a0181059_2051287.jpg

順光に回り込んだら、少し開いた。ちょっとカッコいい。
a0181059_2050288.jpg

閉じかけたので右に回る。
a0181059_10444868.jpg

先ほどの完全逆光は免れた。
a0181059_2051154.jpg

少し飛んでススキの葉上で開翅。
a0181059_20512823.jpg

向きを変え飛んでいった。この後は、近くにあった獣糞で吸汁。
a0181059_20514283.jpg

登山道にはコジャノメが飛んでおり、いい感じの場所にでとまった。数回シャッターを切り、モニターを見たらなんか変。いつの間にか、「クロスプロセス」になっていた。シャッターも1/60でブレブレ。色はソフトで戻ると思っていたら、RAWからは起こせるが、JPEGからではムリだった。色はきれいでも、薄っぺら。なにもリアリティを感じない。こんな特殊な機能の切り替えはもっと奥のほうに引っ込めておいてほしいものだ。
a0181059_2052550.jpg


(高尾山(2)に続きます)


   

by otto-N | 2016-05-29 20:31 | Comments(0)

2014.6.24 福島県・南会津 ヒメシジミ   2013.7.5 (記)

2013.6.24
梅雨の合間、福島県の南会津に行く。群馬県との境付近にある田代山という聞きなれない山に登るため、湯の花温泉に前泊する。温泉に行く前にどこに行こうか、夫としては、奥会津まで行ってキマダラルリツバメに会いにいきたいところ。でも、ちょっと寄るにはかなり遠かった。即、断念。

福島県の道の駅。駐車しようとしたら、ミスジチョウが吸水に来ていた。葉の上のミスジチョウは撮ったことがない気がする。またもや路上、しかもコンクリの上だった。
a0181059_1633212.jpg

ひょっとしたら、ヒメシジミがいるかもしれないと、国道脇を探す。すぐ見つかった。
a0181059_16333893.jpg

交尾シーンはそれほど好きではないけれど、撮っておく。
a0181059_1644461.jpg

どこから撮るといいのか、いつも迷ってしまう。この位置だと、交尾かどうかは不明ではありますが、ハードコア(死語?)の趣味はないので、まあいいでしょう。
a0181059_1645560.jpg


この日のメインは、駒止湿原というところ。標高は1000mほど。たいしたところではないと思っていたが、どうしてどうして、みわたす限りのワタスゲ。素晴らしい湿原だった。福島県の山奥、地元の人たちばかりだった。週末は駐車場狭いし、湿原への道路も1.5車線。秘境とまではいかないけれど、まだまだ、こんな場所があるとは嬉しくなってしまう。
a0181059_1634035.jpg

湿原の植物たち。ワタスゲ、タテヤマリンドウ、ウラジロヨウラク、ツマトリソウ。
a0181059_1634125.jpg

ワタスゲ、ヒオウギアヤメ、ニッコウキスゲ、レンゲツツジ。
a0181059_16342362.jpg

このときの湿原の主役はワタスゲだったが、ワラビ?の若草色によく映える。これからはニッコウキスゲがすばらしいという。そして、水の中にはミズゴケ。ミズゴケを見るのは初めてだった。
a0181059_17462957.jpg


二つ目は、高清水自然公園。ヒメサユリというピンクのユリが群生しているという。それまで曇っていたのに、峠(トンネル)を越えたら青空だった。
a0181059_17523714.jpg

どうやら、最初からここに群生していたのではなく、移植して増やしたらしい。ここまで育てるのに長い年月がかかったようだが、野生種なのにちょっと興ざめ。広葉樹林を少し切り開いた谷にあったのだが、開けた谷も演出らしい。
a0181059_1752716.jpg

羽化直とおぼしきピカピカのイチモンジチョウ。輝くばかりの美しさだった。
a0181059_16374153.jpg

木道には、ヒオドシチョウが何頭かいた。でも、近寄るとすぐ逃げられる。
a0181059_16372046.jpg


三つ目、湯の花温泉の近くにある前沢曲屋集落。茅葺の曲屋が何件か残され、実際に人が住んでいる。中に入れるのは博物館となっている一軒だけだった。村の裏には、大好きなヒメシジミがいた。オスは少し擦れていたのがちょっと残念。
a0181059_16381851.jpg

道端にいたウラギンヒョウモン。背景が地面の場合、横から撮るとなかなかいいかもしれない。
a0181059_16383379.jpg


以前、会津駒ヶ岳に登ろうとして雨のために登れず、時間つぶしに立ち寄った湯の花温泉が気に入り、ちゃんと泊まろうと思っていた。しかし、希望の宿は2軒とも、この日は旅行に出かけるので営業しないとのこと。3軒目、病院に行くのでだめ。泊まれるところを探したらペンションだった。温泉には違いなかったけれど、源泉掛け流しというわけにはいかなかった。夜、妻は近くにあった混浴の小さな共同浴場に行ったようだった。

by otto-N | 2014-07-05 19:28 | Comments(2)

2013.6.7 ブナとイヌブナの間 フジミドリシジミ (1)   2013.6.14(記)

2013.6.7
この日、フジミドリシジミを撮影することができた。2~3年前、地元の方に場所は教えてもらっていたけれど、早朝とのことだったので断念していた。撮りに行こうと思ったきっかけは、日中に撮影したというヘムレンさんとbanyanさんの記事。実は、6月3日と5日にも行き、姿を見ただけに終わっている。二度あることは三度ある、三度目の正直か、ということで恐る恐る出かけたのだけれど、犬も歩けば棒に当たりました。

2013.6.3
この日は雲一つない晴天。現地に到着したのは、10時ころ。先客がおられた。今年、神奈川のギフでお会いした愛野緑さんだった。すでに吸水中のフジミドリシジミを撮ったとのこと。これなら、出てくるに違いないと2人(正確には愛野緑さんのお父さんをいれて3人)で待つものの一向に飛んでこない。近くを探索したけれど、まったくダメ。ミスジチョウが多かったが、メスを探しているらしく全くとまらず。ただ1回だけとまった。他に、テングチョウ、ヒオドシチョウ、ミドリヒョウモン♀が樹上で少し休んで飛び去った。
a0181059_954117.jpg

多かったのはテングチョウ。ダイミョウセセリも新鮮だった。
a0181059_9542546.jpg

昼を過ぎたころ、3回ほど、ルリシジミのようなブルーに輝く高速飛行体が目の前を通過した。フジミドリはこんなに高速で飛ぶのかと唖然。とまる気配もなく、枝にまとわりつくように飛んでいるので探雌飛翔のようだ。3時半まで粘ったが、あきらめ撤収。

2013.6.5
前日は、妻と今倉山にハイキングに出かけたが、この日も晴れ。2回目の挑戦。現地到着9時半。しかしながら、前々日同様、煌めく飛翔体を何度か見ただけで終わった。メスも見たが下の方に行ってしまった。2時半に撤収。ちょっと嬉しかったのは、ヒオドシチョウ。吸水に来ていた。
a0181059_1115674.jpg
a0181059_1122075.jpg

帰るとき、林道をとぼとぼ下っていたら、アサギマダラが暗い中を飛んでいた。MFで撮影したが暗すぎた。そして、久しぶりに見るオサムシ。
a0181059_10121771.jpg


2013.6.7
天気予報では、雨のち晴れ。朝起きたら、曇り空。ラストチャンスということで、急遽、3度目の挑戦。晴天だからとまらない気がして、曇り空を待っていた。山は真っ暗、霧雨状態の現地に着いたのは10時20分ころ。お二方がすでに待っていた。横浜のIさんとKさん。今まで雨が降っていたという。カメラを準備し、少し空が明るくなってきたと思ったら、フジミドリシジミが飛び出した。そして、葉にとまってすぐに開翅。でも、かなり遠い。300ミリズームでこの程度の大きさ。合焦マークより少し大きいくらい。
a0181059_10304547.jpg

上の画像のトリミング。このレンズにしては上出来だと思う。
a0181059_10333025.jpg

もう少し開いてくれた。右後翅は葉に完全に接触していた。
a0181059_10335058.jpg

最大3頭が同時に飛んだこともあったけれど、まともに撮れたオスは上の写真だけだった。この後、杉並のMさんがやってこられたが、またしても雨。雨が止みほんの少し空が明るくなると、オスが飛んできて翅を開く。しかし、とにかく遠い。そして、目より上の高さ。さらに、葉の間。一度だけ近くに来たが、全くの正面だった(1コマ目)。オスは10時半すぎがピークだったが、その後も、ときどき姿を現わした。とりあえず、遠かったけれど、少しはピンがきている画像をアップしておきます。
a0181059_1039578.jpg

オスは撮影しにくい場所にしかとまらなかった。距離はともかく、目より上の高さだった。目より下の近いところにも枝葉があるのだが、日当たりがよくなく、少しでも明るいところで翅を開くようだった。年々、枝が伸びると思うので、今後は撮影しにくくなるかもしれない。

(フジミドリシジミ (2)に続きます)

by otto-N | 2013-06-14 11:26 | Comments(6)

2012.7.9 山梨県 コムラサキ    2012.7.12(記)

2012.7.9 山梨県
前日のテニスの疲れが残っていたが、アイノミドリシジミを捜しに山梨県まで行った。昨年、山登り中に見つけた場所だ。中央道を降りたときは快晴、人家が途絶え林道に入っても、エゾハルゼミが啼き、晴れていたのに、峠に着く少し前から霧。峠(1500m)から霧ですっぽり覆われていた。とりあえずポイントかもしれない場所へ行ってみたが、霧は上がりそうもなく、やむなく引き返す。山麓は晴れているはずだから、何かいるだろうと来た道を下った。

明るいS字カーブのところへきたとき、何か飛んでいたのでクルマを停めた。飛んでいたのはテングチョウだった。葉にとまって開翅したが、すぐ飛んでいってしまったが、すぐ戻ってきた。しかし、とまったのは、停めたクルマ。どこにでもとまり、何かを吸い続ける。表面はカラカラのはずなのに吸うものがあるとは?おそらく、自分から唾液みたいなものを出して乾燥物を溶かし、それを吸っているに違いない。
a0181059_2014431.jpg

適当に撮影していたら、大きなチョウが飛んで来て、とまったのはタイヤの上。ヒオドシチョウだった。やはり、吸汁していた。
a0181059_2017245.jpg

林道脇には、まだ、ウツギが咲いていた。ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、同定不能のセセリ、スジグロシロチョウ。
a0181059_20212821.jpg

さらに下ったが、せいぜいテングチョウしかいなかった。このままかえるのももったいないし、回りの草に何かいるかもしれないということで、途中で見た広い駐車場のような所まで、引き返すことにした。駐車した途端、コムラサキが飛んでいた。緑の葉の上ならいいのにと思いながら、300ミリズームで近づく。
a0181059_20293962.jpg

最初は敏感でなかなか近づけなかったのに、そのうちマクロで真上から撮っても逃げなくなった。光る位置を捜した。
a0181059_20294914.jpg

左右の翅とも光る位置は真上だった。
a0181059_2030659.jpg

コムラサキが行ってしまった後、現れたのはヒオドシチョウ。緑の上にはとまらず、プレハブの小屋にとまった。どうやら人工物が好きらしい。
a0181059_20394210.jpg

帰ろうと思ったとき、やってきたのはミスジチョウ。林道でも撮ったが、こちらのほうが新鮮、綺麗だった。
a0181059_20414092.jpg

まるで飛び去る気配がないので、旅行用に購入したPentaxの18-135ミリ・ズームでも撮ってみた。テレ端では、100ミリマクロと同じくらいの大きさに写る。近寄りすぎなければこれで十分のようだ。左:100ミリマクロ、右:18-135ズーム。
a0181059_20415947.jpg

ワイ端でも撮ってみたが、なかなか水平に撮ることが難しかった。
a0181059_20422264.jpg

いつの間にか空が曇って来た。帰る途中の草っ原にいたクジャクチョウ。テリを張っていた。本州で見た最初のクジャクチョウ。
a0181059_20423845.jpg


本命のゼフは、天気のせいか、フライングのせいか会えなかったが、そのおかげで、別のチョウと楽しむことができた。これはこれでよしなんだけれど、本命がいなかったときの保険を掛けず、往復200kmというのは、ちょっと冒険かもしれない。

by otto-N | 2012-07-12 21:06 | Comments(10)

7月、苗場山、コムラサキ (2010.7.20-21)   2011.2.24

2010.7.20-21
冬、志賀高原にスキーに行ったとき、奥志賀の焼額山から山頂が平な苗場山(2145m)がよく見える。いつか登ろうと思っていたが、延び延びになっていた。ルートを調べると、みつまた神楽スキー場からではなく、秋山郷からの直登ルートがあることが判り、行ってみた。当然、温泉に前泊。
関越道、石打ICから津南を通り、秋山郷へ行ったわけだが、うーん、ナビにしたがった県道は、片側が崖でもガードフェンスがない箇所や、どこですれ違うの?対向車は来ないでくれ!といった1車線道路の連続。やっとの思いで、目的地の切明温泉に到着。(国道も狭いけれど、整備はされています)
翌日、小赤沢温泉登山口から苗場山に登った。苗場山は山頂に大きな湿原があるので有名です。

切明温泉に着いて、付近を散策中に会ったチョウたち。
クジャクチョウ、イチモンジセセリ、キタテハ。そして、コムラサキ。
a0181059_20192317.jpg

水溜りでコムラサキ(♂)が吸水中。
a0181059_20461182.jpg

近くの葉に止まってくれた。翅の開閉に同調させ、少しずつ位置を変えながらシャッターを押した。
a0181059_20214325.jpg

近くの道路にはミスジチョウが飛来。クジャクチョウと、たぶんヒメシジミ(ここまでボロだと撮りたくなります)。
a0181059_20533817.jpg

登山道にはヒメキマダラヒカゲくらいしかいなかった。でも、このチョウは写真映りがすごくよい。見直した。
頭上には、オオウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモン。圧倒的にミドリヒョウモンが多かった。
a0181059_20413216.jpg

花に群がるミドリヒョウモン。1番最後、色が少し黒いのはメス。
a0181059_2122279.jpg


コムラサキを堪能しました。翅を開くたびにシャッターを押したのですが、コムラサキの幻光はいつ見てもきれいです。
4枚の翅がすべて光るアングルを探しながら撮ったのですが、どちらか片側だけ光るほうが、光りとして強いようです。

苗場山山頂からは、志賀高原も一望できました。天気がよく気持ちがよかった。
山頂付近の湿原。湿原の花は咲いていても、チョウはいませんでした。
a0181059_11565810.jpg


by otto-N | 2011-02-24 21:28 | Comments(2)