たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ミズイロオナガシジミ ( 15 ) タグの人気記事


2017.5.31 東京・白金の森 ミズイロオナガシジミ   2017.6.10 (記)

2017.5.31
自然教育園にゼフが出ているらしい。アカシジミはとっくに終わっているはずで、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミくらいはいるかもしれない。いるかもしれないというのは、教育園では、ゼフはシーズンに2~3頭見つかると上出来というほど稀。いつも期待していない。

自宅を出てすぐ、キマダラセセリを見つけた。
a0181059_16314865.jpg

場所を変えながらかなり長い間吸蜜していた。少し暗いが背景が素晴らしく、かなりの枚数を撮ってしまった。
a0181059_16333412.jpg

教育園の暗い森の道にはルリシジミが飛んでいた。とまることはないと思っていたら、枯葉の上で突然の開翅。
a0181059_16342204.jpg


池のある湿地帯にはハンノキやヤナギが点在するが、残念ながらミドリシジミはいない。しかし、コムラサキを見かけることがある。この時は3頭が♀を探して飛び回っていた。まるでとまらないので連写したが、空打ちばかりだった。コムラサキは枝の先端ではなく、枝と枝の間に潜り込むように飛び回る。枝先に出て来る瞬間を撮れればピントは合うが、そうはいかない。ちょっと惜しかったのがこの3枚だった。
a0181059_16371087.jpg

11時ころコムラサキがいなくなったので、例年ミズイロオナガシジミが出て来る場所に行くと、笹の葉の上にとまっていた。ずぼらに300ミリで撮る。
a0181059_16462579.jpg


もう1頭すぐ傍にいたが、こちらはすぐ飛ばれてしまった。移動してウラナミアカシジミを探したが見つからず、そこにいたのはルリシジミ♀と、先が意外と尖がっていたウラギンシジミ♂。
a0181059_16475333.jpg


2017.6.1
曇り空に日が射し始めた時、コムラサキが飛んだがそれっきり。湿地にはクサフジが咲き始め、チャバネセセリがいた。集まっていたと書きたいところだが、目を点にして探さないとチョウは見つからない。
a0181059_16504183.jpg


日も射さなくなり、ミズイロオナガシジミのポイントに行くと、ヒメジャノメしかいなかった。
a0181059_16503386.jpg


2017.6.2
朝から晴れ、気温も高い。しかし、今日こそコムラサキはと出かけたものの、どうしたことかコムラサキは1頭も姿を現さなかった。クサフジには産卵のためかルリシジミがまとわりついていた。
a0181059_17581458.jpg


ルリシジミの♀の表翅は、構造色なのか角度によって一瞬濃いブルーに輝く。
a0181059_17584733.jpg



いつもこのくらいピンがくると飛翔撮影は楽しいのだが・・・
a0181059_17593015.jpg



上空でコミスジが2頭、お決まりのカップル飛行。なかなか2頭とも入らず1枚がやっと。太陽の光芒を残り、空を明るくするのに一苦労した。
a0181059_17032535.jpg



ゼフは見つからず、この日に撮ったチョウ。ルリシジミ♀、キマダラセセリ♀、アカボシゴマダラ♀。
a0181059_17035327.jpg



2017.6.8
前日から梅雨入り。曇りかと思ったら日が射し始めたので出かける。トラフシジミが出たらしい。しかし、トラフのポイントに着くとすっかり空は雲。そこにいたのは大きなカメ。いつまでもじっとしていた。
a0181059_17094343.jpg


足元からヒカゲチョウが飛び出し近くの叢にとまる。
a0181059_17102082.jpg


一通り散策路を流し、事務棟のそばにいたヨツスジハナカミキリ。動き回る4つの目のすべてにピントが合うわけがない。甲虫はむずかしい。
a0181059_17102888.jpg





by otto-N | 2017-06-10 16:21 | Comments(0)

2016.6.1 横浜・ゼフの公園 ミズイロオナガシジミ   2016.6.4 (記)

2016.6.1
高尾山に通ってばかりいるうちに、平地性のゼフのシーズンが終わろうとしていた。あわてて、横浜の公園に行ってみる。前日は、午後に羽化個体が続々発生したポイントでは、まるで出て来なかった。葦の茂みの中にミドリシジミ♂が翅を開くも、あまりに遠すぎた。ミズイロオナガシジミは新鮮だったけれど、ウラナミアカシジミはすでに終わりかけ、アカシジミに至っては撮るのも忍びなかった。
a0181059_14283395.jpg

道の脇にいた2頭のミズイロオナガシジミ。F2.8解放で撮ってみたが、上翅までフラットに撮れならなかった。
a0181059_14291361.jpg


2016.6.2
早起きしオオミドリシジミの撮影後、ズブズブと足が埋まる湿地でミドリシジミを探した。何とか下草で吸水している3頭のオスが見つかる。1頭が半分だけ開翅したが足場が悪すぎ、後ろに下がることもできず。その後下草で吸水し、またも開くが動き回るためピンボケ。その後、飛ばれた。
a0181059_14284764.jpg

もう1頭のオス。これも半分だけしか開かない。
a0181059_1429405.jpg
その後、ここを諦めいつもの公園に行ったけれど、全くミドリシジミの出る気配もなく、卍飛翔の始まる前に自宅に戻る。この公園、羽化直が多発する別ポイントでは下草がすっかり刈られ、今年はまるで変だ。

   

by otto-N | 2016-06-04 20:08 | Comments(0)

2015.6.1 横浜・ハンノキの湿地 ミドリシジミ   2015.6.9 (記)

2015.6.1 PM
オオミドリシジミがいなくなった後は、ミドリシジミを探しにハンノキのある湿地に行く。11時をすぎると、ゼフの活性は低い。飛んでいるミドリシジミはいないものの、目を凝らすと下草や灌木にじっとしているのが見つかる。
a0181059_9512997.jpg

木漏れ日の中のミドリシジミ。
a0181059_9521489.jpg

歩いていると、ミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミ(♀)が飛び出す。翅は傷んでいるがアカシジミもまだいた。
a0181059_954974.jpg

斑紋異常のミズイロオナガシジミ。
a0181059_9574471.jpg

ミズイロオナガシジミは日陰のゼフ。暗いところが好きなようだ。いつも曖昧にしか撮れない。
a0181059_1005655.jpg

とても綺麗なウラナミアカシジミ。今年はどこへ行っても良く見る。
a0181059_1021316.jpg

昼下がり、下草でミドリシジミが開翅する場合もあるとのこと。とまっているのを見つけたので、じっと待つ。突然開いたのであわててシャッターを切る。金緑色に輝くいいアングルだった。しかし、寄りすぎていたので失敗。
a0181059_10122563.jpg

別個体(?)、上からのアングル。しかし、輝かない。これまで、真上からというのは経験がなかった。輝やくアングルを焦って探していたせいかピンボケだった。
a0181059_10113217.jpg

すぐマクロでも撮ったけれど、やはり、後翅が輝かない。この2枚を比較すると、屈み込んでもう少し下から撮ると全部輝いたかもしれない。
a0181059_1012844.jpg

やはり、300ミリよりマクロのほうがいいようだ。このマクロは合焦がとても遅いので使用をためらっていた。
a0181059_11174826.jpg

葦にとまっているオスを見つけた。ちらっとミドリが輝く。
a0181059_10263013.jpg

ミドリシジミの翅の輝きを撮るのは難しかった。後ろからでは全くだめ。目の高さだと輝くけれど、青っぽくなってしまう。
a0181059_10234992.jpg

結局、金緑色にはとれなかったけれど、この2枚がこの日の最良かもしれない。(ミドリシジミは虫食いの葉ばかりにとまるのがちょっとつらかった)
a0181059_106372.jpg
午後3時、樹上で開翅する個体は見られたけれど、下には全く降りて来ず、諦めて撤収した。朝早くから、ちょっと疲れました。現地で偶然、一緒になった Sさん、Tさん、色々とご教示いただきありがとうございました。

by otto-N | 2015-06-09 12:26 | Comments(2)

2015.5.27 横浜・とある谷戸 ミズイロオナガシジミ   2015.6.1 (記)

2015.5.27
前日、LEDライトを使って飛翔を撮ったのだが、電池のパワーがなく、光がとても弱かった。そこで、新しい電池を用意し撮影に出向いた。それと、21ミリでは背景が今一つ狭い感じがしたので、15ミリで撮ってみた。出かける前、友人に「これからリベンジに行く」とメールしたところ、今、移動中との返事。やれやれ、考えることは同じ。

イボタの木に行く前に寄り道をし、ミズイロオナガシジミを撮影。1頭だけ近くに来てくれた。
a0181059_97346.jpg

さて、LED照明の効果のほどは?
a0181059_971660.jpg

遠い背景には光が届かないけれど、チョウとその近くはLEDで照らされ、くっきりと浮かび上がる。新しい電池ではライトを直視できないほどの明るさ。LEDライトは効果ありです。
a0181059_975977.jpg

15ミリでは背景が広く写る感じ。しかし、チョウが小さく、もっと近づく必要が・・・。
a0181059_972879.jpg

裏翅はLEDで光りすぎるかもしれない。
a0181059_981446.jpg

この15ミリは、距離リングが緩く、ときどき動いてしまう。ときには、かえってピントが合うこともある。2コマ目、小さくしか写っていなかったので少し切り出した。いつも包帯用絆創膏を持ち歩いているのだが、つい忘れてしまった。
a0181059_973778.jpg

ルリシジミと絡んだ上の4コマ目の続き。ピン甘。ほんとにルリシジミは大きい。一瞬、ウラゴかルリか判断不能。「見る前に撮べ(撮れ)」だった。
a0181059_983689.jpg


この日は前日より暑かったせいか、ピークは少し遅く、午後4時15分ころ。イボタの周りにある高い木々の樹上から次々と降りてきた。午後4時30分をすぎても飛び回っていたけれど、完全な日陰になり、暗すぎてもう撮れなかった。悔しかったのは、同時に3頭のメスの出現。メスはゆっくり飛ぶので撮りやすいはずであったが、足場が悪すぎ。追いかけることすらできなかった。Favoniusさんは撮れたと思うが、完璧主義の彼は、翌日も撮影に行ったとのこと。私も午後に予定していたが、午前に予定していたゼフが現れず行くことができなかった。この件はともかく、LEDライトは、電池が新しいうちはとても明るいけれど、すぐに暗くなってしまい照度不足。そこで、有名メーカー品ではなく、百均ショップの4本108円のものを次々と取り換え、ライト使用後には誤点灯を防ぐため、電池を抜くことにした。とりあえず、この方法でやってみます。

by otto-N | 2015-06-01 21:26 | Comments(0)

2014.5.30 横浜・ゼフの舞う公園 ウラゴマダラシジミ   2014.6.3 (記)

2014.5.30
前々日、ウラゴマダラシジミが撮影できたけれど、飛翔写真がまるで撮れず、なんとかリベンジということで、いつものヨコハマへ。この日も快晴。

着いてから帰るまで、ほとんどウラゴマダラシジミのポイントに張り付いていたが、ミズイロオナガシジミがいるということで、撮りに赴く。頭上の葉蔭にこんな感じでとまっていた。100ミリマクロ(×1.4テレコン)で証拠写真。
a0181059_1738093.jpg

1コマ目、これをトリミングしたもの。2コマ目、300ミリズームに付け替えているうち、体の向きが変わったけれど、トリミングなし。いつも証拠写真としては、どちらで撮るか迷うところ。マクロのほうがいいかもしれない。
a0181059_17232863.jpg

あいも変わらず、ウラゴは飛び回っているばかり。ときどきとまるので、閉翅横向きを一応撮るが、もう飽きてしまった。ただ、ときどき、翅を少しだけ開く個体もあり、油断はできない。3コマ目、色がきれいに出る日陰での開翅だったが、あわてていたためかピントが合っていない。
a0181059_17224062.jpg

メスと思われる新鮮な個体。粘ったが、開翅せず。
a0181059_17371918.jpg

午後、ときどきとまって少しだけ開く。逆光と順光。
a0181059_1736356.jpg

横だけ撮るつもりだったが、体の向きを変えて開翅した。日陰での開翅はとてもブルーがきれいだ。
a0181059_2003629.jpg

開翅もここまで。
a0181059_17344862.jpg

目より少し上、少しずつ開いたが、この高さだと、ちょっとだけ開いたほうがいい。
a0181059_1723627.jpg

もう午後2時をすぎてしまい、このポイントも日陰になり始めた。少し明るい目の前ですぐ少し開いたのを撮れたので、これで撤収。
a0181059_17374363.jpg

飛翔撮影はやはりうまくいかなかった。オスはゼフの中ではゆるく飛ぶといってもゼフはゼフ。速いし不規則。それと、明るいところよりも薄暗いところばかり飛ぶ。メスはそんなところにしかいない。ピンがあっても闇夜のカラス。補正してもどうしようもないものばかりだった。
a0181059_17411515.jpg

メスを探すオス。ときどき、鳥の白い糞をメスと間違っているようだ。ほとんど、メスではないとすぐ気がつくよううだが、ときには数秒まとわりつく。この葉に付いた糞は人気があった。
a0181059_17412791.jpg


ウラゴマダラシジミの飛翔を撮りたくてずうーっと同じ場所にいた。ときには4頭が絡んでいたが、斜面の樹の上、なかなか下には来ない。下にも来て、速いのでファインダーに入らないし、ピントがまるで遠い。そんな中、鳥の糞に一瞬まとわりつく個体、これが一番撮りやすかった。とはいえ、なかなかピントが合うものではなかった。

by otto-N | 2014-06-03 20:18 | Comments(0)

2013.6.6 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2013.6.12(記)

2013.6.6
先月末にすでに、メスを見たのでもうミドリシジミも終盤かなと思い、またしても横浜に行った。実は、前日、別のゼフの2回目の撮影に出かけ、1回目同様、少し飛んでいるのを見ただけで終わってしまった。3回目の挑戦も考えたが、この日はさすがに行く元気がなかった。

現地到着9:30。薄暗いハンノキの陰でミドリシジミが2頭、じっととまっていた。いつ翅を開くかわからないがとりあえず撮影。
a0181059_1623362.jpg

開いたのは1時間20分後。2コマ目のメス。綺麗なO型だった。1コマ目の個体は見当たらなかった。
a0181059_1661545.jpg

その間、あちこち移動していたが、すぐ近くのクワの木に飛んできたメスがいた。方向を変え、翅を開くそぶり。そして開いた。A型だった。
a0181059_16102350.jpg

少し高い位置だったが、赤い斑紋が美しい。
a0181059_16105891.jpg

向きを変えてまた翅を開く。この高さでは、こんなに開かなくてもいいのだけれど、明るい緑色のボケが背景にきた。
a0181059_161197.jpg

このメスは、もう少し近いところへもやって来た。そして、開翅。
a0181059_16205724.jpg

撮影しているときには気がつかなかったが、ストローを伸ばし葉の表面を絶えず吸っていた。
a0181059_1621241.jpg

もう1つのポイントへ行く途中。ベニシジミはもう夏の装い。
a0181059_16272314.jpg

ハンノキにいるメスは、羽化直のものではなく産卵のために集まっているようだった。枝でごそごそやっているのは、最初は何かわからなかったが、どうやら産卵行動らしい。尻尾の先の粒は卵のようだ。産みたての卵は緑色?
a0181059_16332687.jpg

一番の羽化ポイント。次々とまでいかないが、産卵のためかメスが舞い降りてくる。そして、開翅もしてくれる。このAB型は長い時間とどまっていた。他へ行って戻ってきても、まだいた。ほんの少し左前翅に欠けがあったのは残念だったけれど、AB型を堪能できた。
a0181059_16382760.jpg

どうも、左右の青紋を均等に撮るより、片方だけ撮ったほうが、青い輝きが出るようだ。
a0181059_16393752.jpg

このポイントでもA型のメスがいた。どこからか飛んでくる。4コマ目、全開すると思ったが、ここまで。ひょっとしたらB型?
a0181059_16454237.jpg

この日のミズイロオナガシジミは2頭だけ。開翅もしたけれど、風と草がじゃまで撮れずに終わった。
a0181059_165419.jpg

少し薄暗いところばかりにとまっているけれど、こんな中だと撮っていて楽しい。
a0181059_16541558.jpg

今年はウラナミアカシジミが多いと聞いていた。しかし、撮れたのは薄暗い中にいたこの1頭だけ。異常に多かったのはルリシジミだった。この日、オスのミドリシジミオスは、羽化不全の1頭だけ。ウラゴマダラシジミももう終わりのようだ。
a0181059_1702068.jpg


少し日をおいている間に、すでにミドリシジミは終盤にさしかかっているようだった。今日は12日。晴れ間があるのなら、もう一度行ってみたいけれど、今日は12日。完全に梅雨に入ったようだ。もうチャンスはないかもしれない。
今年は、春型のトラフシジミは少なかったので、夏型はどうなるか気になるところ。そろそろ、地元のチョウも探さなくては。

by otto-N | 2013-06-12 17:23 | Comments(6)

2013.5.31 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2013.6.8(記)

2013.5.31
この日も横浜の公園に行く。眼下でのミドリシジミのオスの開翅を撮りたかったが、かなわず・・・

今日こそはと、羽化ポイントに駆けつけるもののまるで見つけることはできなかった。アカシジミもウラナミアカシジミもいない。ウラゴマダラシジミを2頭やっと見つけたが、すでに鮮度は落ちていた。
a0181059_2063530.jpg

昼すぎ、最初に回った小さな沼のほとりの羽化ポイントに行ったところ、数人が集まっていた。どんどん羽化しているという。もう10頭目以上だそうだ。そしてほとんどがメスとのこと。翅を開くことを期待して待った。とりあえず、横向きの写真を撮っておく。泥水の沼は、光によって茶色になったり、青くなったり、そんなに悪くはない。そして、ミドリシジミの縁毛も逆光で少しは虹色に輝いた。
a0181059_20122139.jpg

じっと待つのはつらいもの。正面顔も可愛い。顔よりもぽやぽや毛がいい。
a0181059_2026108.jpg

羽化したてのメス。アリにつきまとわれていた。しかし、この後、カナヘビが来て食べられてしまった。見ていた人がいた。
a0181059_20301892.jpg

たとえミドリシジミが開翅したとしても、このポイントでは完全に逆光。ほとんど翅を開かないうちに飛んでいってしまった。2頭だけアングルは悪かったが、撮ることができた。そのうちの1頭。AB型もしくはB型のメス。
a0181059_20175715.jpg

そして、O型。O型は人気がないようだけれど、どうしてどうして、光の当たり方によってはとても素晴らしい。密かに狙っていた。
a0181059_2021583.jpg

今季初めてのミズイロオナガシジミ。この日も会ったごまさんが、夕方、見つけてくれた。
a0181059_20303823.jpg


この日もミドリシジミのオスの開翅を眼下で見られなかった。それどころか、羽化したのはメスばかりだった。まだ、羽化は続くと思うけれど、もうミドリシジミは終盤らしかった。
(梅雨入りしたはずなのに、毎日天気がよく、連日外に出ており、たいした写真はないのだけれど、撮った写真の整理がおぼつかない)

P.S.
撮った画像をあまり見ず記事を上げたが、こんなのがあった。朝一番のルリシジミ♂の半開翅、擦れて種名不明のセセリ(チャバネと思う)、産卵場所を物色中のアカボシゴマダラ。夕方4時、2頭のミドリシジミの卍飛翔をMFで300ミリズームで撮ったら、1頭だけ写っていた。なんとか撮れるかもしれないと思った1コマ。
a0181059_120401.jpg


by otto-N | 2013-06-08 20:42 | Comments(4)

2012.6.14 横浜② ウラナミアカシジミ    2012.6.17(記)

2012.6.14 横浜②
昼近くになって、やっとミドリシジミを撮ることができたが、その後は、まるで姿はなし。夕方の卍飛翔を見て帰ることにした。しかし、3時半をすぎても、ミドリシジミは現れなかった。

朝、ミドリシジミが出る場所にいたヒカゲチョウ。久しぶりのヤマトシジミのメス。珍しくドクダミの花で吸蜜した。一瞬、翅が虹色に輝いたが、すぐ飛んでいってしまった。
a0181059_19592137.jpg

池の奥には高い木々に囲まれた原っぱがあり、入り口の木にとまっていたミズイロオナガシジミ。少し風がありボケボケだったが、やっと撮れた。待っていても帰るまで翅は開かなかった。
a0181059_2022724.jpg

この原っぱの中央付近にあった木に、ウラナミアカシジミが隠れていた。葉の間にレンズを入れ撮った。ゆっくりと動き回るので、ときどき前の葉がじゃまになった。
a0181059_2055713.jpg

a0181059_2061998.jpg

風が出てきたせいか、樹上から下に舞い降りてくる個体がいた。黒斑列と黒斑列の間が少し白っぽい。実は、右の尾状突起が半分欠けている。
a0181059_2093558.jpg

尾状突起の欠けがわからないように、左に回り込むものの、絶えず動き回り、なかなか撮らしてくれなかったが・・・
a0181059_2095981.jpg

この日の午後のハイライトは羽化直のシンジュサン。抜け殻の繭にとまったままじっとしていた。左が裏翅、右が逆光だが、表翅。
(蛾は守備範囲外ですが、これを撮っていた方々の中にブログをされている方がおられなかったようなので、写真としては不十分ですが、この日の報告ということで掲載します)
a0181059_20101193.jpg


午後からはミドリシジミの動きはなく、3時半になっても卍は見られず、諦め帰ることにした。その後に見られたとしたらちょっと悔しいが、この公園でのウラナミアカシジミを撮ることができたし、なにより、ミドリシジミの開翅が嬉しい日であった。

この公園で毎日のように顔を合わせたカメラマンの方々、今年も、とても楽しく撮影できました。たいへんありがとうございました。

by otto-N | 2012-06-17 20:40 | Comments(6)

2012.6.12 横浜 ミドリシジミ    2012.6.15(記)

2012.6.12 横浜
天気予報では晴れるはずだったが、朝から曇り。そのうちよくなるかもしれないということで、4回目の横浜の公園。

この天気にもかかわらず、すでに何人か集合。あまりかんばしくないようだった。実際、かんばしくなかった。やっと飛んできたミドリシジミが開翅するものの、高い。
a0181059_1514415.jpg

池の淵から羽化したメスは、木の柵で翅を拡げ飛んでいった。近くの葉にとまったメスは期待を持たせてくれたが、そのまま飛んで行ってしまった。やっと開いたオスも少し高いところだった。ミズイロオナガシジミも、翅を拡げた。ただ、とても高い所で。
a0181059_15173546.jpg

羽化直後のミドリシジミ。柵から身を逆さまに乗り出し、使ったことのないライブビューでやっと撮った。努力賞ということで掲載。
a0181059_15233729.jpg

この日のチョウたち。ヒカゲチョウ、藪の中で開いていたが、途中で閉じてしまった。アサギマダラ。産卵中のキタテハ。
a0181059_1526692.jpg


さえない日だった。私の六十〇歳の誕生日だというのに、ミドリシジミは高い所でしか翅を開いてくれず、ミズイロオナガシジミにいたっては、待たせたあげくの長々とした開翅だった。池の木柵に上って撮影したが、撮れただけでもまあいいですか。

by otto-N | 2012-06-15 15:47 | Comments(6)

2012.6.8 東京都・栗の花咲く公園② アカシジミ    2012.6.12(記)

2012.6.8 東京都・栗の花咲く公園②
満開の栗の花には、ウラナミアカシジミの他にアカシジミも来ていた。ここでは、アカシジミのほうが少ないようだ。
a0181059_19594779.jpg
a0181059_200289.jpg

アカシジミを撮影しているうち、いつのまにかウラナミアカシジミはいなくなっていた。元の場所に戻ったところ、Mさんが、ミドリシジミがいたが飛ばれたとのこと。探しにいったが、やはり気配はなかった。Mさんが午後から仕事のため帰られた後、地元の方が3、4人やって来られた。ミドリシジミのことを聞くと、今年はまだ1頭しか出てないとのこと。どうやらMさんの見つけたミドリシジミは、今季2頭目のようだった。

ハンノキ林で見つけた2頭のミズイロオナガシジミ。羽化直のようだ。開翅せずに飛んでいってしまった。
a0181059_20101054.jpg

a0181059_20104195.jpg

3頭目かと思ったが、これはルリシジミだった。
a0181059_20114048.jpg

最初に見た栗の木にも日が当たり、ウラナミアカシジミが来ていたが、撮影するにはちょっと遠い場所だった。
a0181059_2015402.jpg


ウラナミアカシジミとアカシジミが集まっていた栗の木は、公園の芝生のはずれの木々に混じって1本あるだけだった。大きな木であったけれど、下のほうに来た個体を撮影することができた。ミドリシジミも棲息している公園だが、発生は遅れているようだった。

by otto-N | 2012-06-12 20:34 | Comments(6)