たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ムラサキシジミ ( 94 ) タグの人気記事


2015.10.15 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.24 (記)

2015.10.15
晴れた日が続き、カラッとした日の朝は、ムラサキシジミとムラサキツバメが樹上から下りてくる。ポイントに着くやいなや、すぐやって来た。でも、まだ気温が高いせいか、すぐには開かなかった。
a0181059_11522319.jpg

メスの明るいブルーもよいけれど、
a0181059_11533656.jpg

オスの強烈なブルーは最高。開く前に、順光の一番輝くと予想地点に回り込む。
a0181059_11535814.jpg

ムラサキツバメもやってきた。まずはメス。後翅にもうっすらと青鱗粉が載っていた。
a0181059_11523648.jpg

オスもやってきたが、オスはなかなか開翅しない。下草に潜り込んでは、吸汁を繰り返す。表に出てきても翅は閉じたまま。開くのを辛抱強く待つ。開いても、この角度では色は出ないのはわかっているのだが。
a0181059_11525022.jpg
 
少し遠くで開翅する。やはり頭を下にしないと輝かないようだ。
a0181059_1255474.jpg

このポイントにはマテバシイは見当たらず、集団越冬の場所もわからない。今の時期だけ、吸水や吸汁に現れ、11月にはもう出てこなくなる残り半月のポイントだ。
a0181059_1262879.jpg

ムラサキシジミがアザミに吸蜜した。あまり見たことはないのであわてて撮る。
a0181059_115308.jpg

ムラシやムラツは別なポイントでも現れたが、テリを張っていたこのベニシジミにことごとく追い払われてしまった。ウラギンシジミの前翅は尖がってきたし、相変わらずキタキチョウの翅の色はよく出ない。アオスジアゲハのミゾソバ吸蜜は逆光で撮りたかった。
a0181059_12132037.jpg


港区にある自然教育園のムラサキシジミ、ムラサキツバメの出現は毎年、10月いっぱいまで。それを過ぎるとパタッといなくなる。どこかに冬越しの塒があると思うのだが、どこにあるのか全く見当がつかない。残り半月。晴れたら、ここに通うことになるのだろう。

by otto-N | 2015-10-24 20:24 | Comments(2)

2015.9.30 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.11 (記)

2015.9.30
そろそろムラサキのシーズン。自然教育園に出かける。快晴。レンズは100ミリマクロ(+1.4倍テレコン)と15ミリ広角。

すぐにムラサキシジミのメスが降りてきた。ここでは、路上や下草で吸水(吸汁)し、そのついでに、翅を開く。ウラギンシジミ、ムラサキツバメも同様。2コマ目、翅の傷んでいたムラサキシジミのオスを少し追いかけた。
a0181059_9455791.jpg

上のムラサキツバメと同じメス。結局、ツバメは1頭しか現れなかった。
a0181059_9463445.jpg


2015.10.9
長野で山歩きをした翌日、晴れているが台風の名残りで少し風が強い。気温も少し高いせいか、なかなかムラサキは現れなかった。キタキチョウがアザミにやってきていたので、これを撮りながら待った。せっかくピンが来ても、まともに光を反射すると黄色が全部とんでしまいボツの続出。晴れた日のキタキチョウはむずかしい。
a0181059_9472930.jpg

アザミの花は花束のように咲いていたのだが、ピンが来たのは淋しい花の前ばかりだった。
a0181059_10245173.jpg

ゴマダラチョウが吸水にやってきたがすぐ飛び去ってしまう。ミゾソバ吸蜜のキタキチョウは貴重。ムラサキツバメのオスが降りて来たが、気温が少し高いせいか開かず。別な場所では、テングチョウが花に来ていた。郊外ではあまり撮ることはないけれど、ここでは珍なるチョウ。
a0181059_20332321.jpg

ウラギンシジミは翅の先が尖んがり、秋型になってきたようだ。
a0181059_947564.jpg

ムラサキシジミは10時半すぎ、やっとお出ましになった。しかし、いい位置で撮れたのはこの1枚だけ。
a0181059_9483219.jpg

路上吸水のツバメシジミ。ヒカゲチョウが多かった。何とか1枚。
a0181059_10195146.jpg

出がけに自宅近くで撮ったヤマトシジミはまだ夏仕様。青いメスもいたけれど、すでに翅が傷んでいた。そろそろ、スーパーブルーをまじめに探しますかな。
a0181059_10242496.jpg


by otto-N | 2015-10-11 20:02 | Comments(2)

2015.6.5 東京・白金の森 トラフシジミ   2015.6.12 (記)

2015.6.5
前日、「徘徊」のShinさんから、自然教育園でトラフシジミが路上に降りてきて開翅も見られたという知らせが入った。前日はからっとした晴天だったけれど、その前の日は雨だったので、トラフは出て来ないと踏んでいたのだが、この日も晴天の天気予報。トラフ祭りになる可能性が大だった。

開園前に着いてしまったので、隣の小さな公園に行くと、ムラサキシジミのメスがいた。少し待っていると開翅した。ムラシが開翅するときは、トラフも開翅することが多い。
a0181059_11522054.jpg

9時少し前に入口に行くと、Shinさんもバイクで登場。開門作業を手伝い(いつものこと)、ポイントに急ぐ。問題は天気。カラッと晴れておらず、薄曇りという感じ。日射しが強いことがトラフ降臨の条件なのだが、トラフは出た。その前に、ポイントで待ちながら撮った他のチョウの画像を貼っておきます。ムラサキシジミのオス。このチョウはほんとうに綺麗だ。
a0181059_11524456.jpg

ヒメジャノメとウラナミアカシジミ。(アカシジミもいたけれど、さすがにボロボロだった)
a0181059_11514032.jpg

ポイントで1頭目のトラフシジミを見た直後、目の前に飛んできて突然開翅した2頭目。驚愕のブルー。マクロを準備してなかったので300ミリでの撮影。少し葉被りだったけれど、それより、ピントが甘かった。
a0181059_1153139.jpg

その後は、次から次へとはいかないものの、路上に降りてきては吸水。そして、半数は翅を開いた。
a0181059_11515390.jpg

路上だけでなく、近くの葉の上にもとまり、葉の上でも吸水(吸汁)しているようだった。
a0181059_1152577.jpg

夏トラフは地味ではあるけれど、こうして、葉の上にとまっていると、なかなかの美しさである。
a0181059_12371694.jpg

半開翅。
a0181059_11535648.jpg

そして、全開翅(別個体)。
a0181059_12595041.jpg

怒り型のような前縁が強調され、背後に白い花がボケている(ドクダミ!)、引いて撮ったこちらのほうがいいかもしれない。
a0181059_1315249.jpg

少し暗いところでの開翅(さらに別個体)。暗いせいか少し色が出なかった。
a0181059_12494062.jpg

このブルーの金属光沢はトラフならではの色だと思う。そして、翅脈の太さがビュルビュルと渦巻くように高速で飛ぶトラフを物語る。
a0181059_12495419.jpg


普段は滅多に姿を見せないけれど、ぱらぱらとムクロジの花が散り落ち、路上が花で埋まるころ、カラッと晴れた日が続いた2日目に、自然教育園のトラフシジミが次々舞い降り翅を開くというのが、Shinさんと私が作った定説であったけれど、今年は覆されてしまった。まだ、この日はムクロジの花が咲いていなかった。今年は変。しかし、例年、ムクロジの花が咲くころはトラフの翅がすでに傷んでおり、奇麗なトラフをなかなか撮ることができなかった。5年間、通い詰めてのトラフの開翅、こんなの初めて。やったね!

by otto-N | 2015-06-12 21:06 | Comments(4)

2014.11.27 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ(2)   2014.12.5 (記)

2014.11.27 続き
信じられない紫に輝いたオスに飛び去られ、落胆したが、次々とムラサキツバメは植え込みにやってくる(ちょっと大げさ、実際はロストしたのが舞い戻ってくるだけ)。サザンカの花に来るのは稀、植え込みのシャリンバイが大好きなようだ。葉に付着しているのか、葉からにじみ出ているのか、よくはわからないが、執拗に吸汁する。そして、時々、日を浴びる。4コマ目は、日陰のマテバシイにやっと見つけた塒。
a0181059_1002724.jpg

翅の壊れたものもいるが、比較的きれいな個体が多い。ただ、いい位置にはなかなかとまってはくれない。たまには、ヤマトシジミもやってくる。
a0181059_1004187.jpg

半開きのメス。なかなか横から撮らせてはくれなかった。
a0181059_102384.jpg

昼すぎからは、ムラサキシジミが出てくるが、数は少ない。
a0181059_1005593.jpg

結局、飛び去られたウルトラ・バイオレットには、再び会うことはできなかったけれど、このほうが、一番自然な色かと思う。
a0181059_1014258.jpg

14時40分、こんな遅い時間に、かなり小さな個体だったが目で追っていると、素晴らしい緑の葉の上で開翅し始めた。
a0181059_101793.jpg

全開はしなかったけれど(全開しなかった故に)、この幻光はとてもきれいだった。
a0181059_1022676.jpg


ムラサキツバメのオスの翅はほんとうに不思議な色だ。ちょっと角度を変えるだけで色が全く変わってしまう。紫と一言で言い表せないし、パープルからバイオレット、はたまた、ただの茶色になってしまう。この日は、信じられないような輝きの翅が撮れた。この輝きは個体差なのかどうか、別のアングルからも撮ると判明したかもしれず、とても残念だった。

by otto-N | 2014-12-05 21:10 | Comments(0)

2014.11.21 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.11.30 (記)

2014.11.21 続き
ムラサキツバメのオスが目的だったけれど、メスも撮っておいた。メスはオスよりすぐ開翅する。ただ、多くは斜めになった葉の上で頭を上向きにとまる「奴凧スタイル」。このスタイルにはもう飽きてしまった。真後ろからではなく、少しずらして撮る。
a0181059_1944076.jpg

上より下を向いたほうがいい。
a0181059_17115935.jpg

もっと好きなのは横から撮ったとき。
a0181059_17111232.jpg

サザンカのピンクのボケを狙ってはいたが、なかなかとまってくれなかった。撮れたのは1回だけ。
a0181059_1711337.jpg

ときどき、ムラサキシジミも飛んでくる。オスのブルーは強烈だ。
a0181059_1791788.jpg

ここでは、奴凧スタイルが標準。太陽の位置が低いので、このスタイルが日向ぼっこの効率が一番よさそう。
a0181059_1726775.jpg

ベニシジミがいた。この秋、初めてだった。ヤマトシジミ、この日射しではちっともよく撮れない。
a0181059_179560.jpg

少し遠くでヤマトシジミがバタバタしていた。どうやら、メスを見つけたようだ。どうせ交尾拒否だろうと思っていたら、あっけなく成立した。その後、出遅れたもう1頭のオスがちょっかいを出す。
a0181059_17263549.jpg
a0181059_17264627.jpg

後からきたオスを追い払い、やっと落ち着いたカップル。それにしても、この300ミリ、なかなかやる。かなりのトリミング。
a0181059_172702.jpg


このポイントに着いたのは10時少し前、なんとかオスの輝く紫を撮りたくて14時まで粘ってしまった。帰ろうとすると飛んでくるので仕方がない。少しは納得できる色に撮れたけれど、まだまだこんなものじゃないはずと、ムラサキツバメ通いの日々が続きそうです。

by otto-N | 2014-11-30 21:10 | Comments(0)

2014.11.19 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2104.11.27 (記)

2014.11.19
晴れた朝。ある方から、かねてからお誘いを受けていた所にムラサキツバメを撮りに出かける。

すぐ近くにマテバシイがずらーっと並び、サザンカが咲き乱れ、舗道に低い植え込みがあるそんな場所。到着するなり、あちこちでムラサキツバメが舞っていた。とまってもすぐ開かないものはスルーし、最初に撮ったのはこのオス。最初、翅全体を撮っていたが、頭のほうから撮らなくてはならないことを思い出し、左へ回り込む。後翅の黒縁の輪郭がバッチリ浮き上がった。しかしながら、色はまあまあというところ。もっと右から翅全体を撮ったのはピンボケでボツ。
a0181059_85604.jpg

飛ばれても、すぐ次が見つかる。ただし、なかなか翅を開いてくれないし、開いても半分のものが多かった。
a0181059_8561661.jpg

超接近しても逃げないのでこんなアップ。でも、これは隣で撮っていた方のパクリです。
a0181059_857260.jpg

メスはオスより開くようだったが、オスを探す。2コマ目のように、いつ開いてもいいようにカメラを向けていた。でも、たいていは半開翅の3コマ目。頭を下にしているときは、葉についた汁を吸っているとき。開くときは頭を上にしてとまる。それでも、半分だけ。
a0181059_8562929.jpg

半開翅の青い幻光。幻のままでいて欲しいと願うものの、開けば赤銅色。しかし、とても複雑な色だ。
a0181059_10252782.jpg

幻光の青が最大になるアングルを捜す。なかなかそんなアングルは見つからなかった。
a0181059_858582.jpg

せっかくのサザンカだが、背景に取り込むのは難しかった。1コマ目はムラサキシジミのオス。強烈なブルーとサザンカのピンク。ムラサキシジミのメスは少し高いところで、頭下向きで開翅することが多かった。4コマ目、赤紋に黄色が混ざるちょっと気になったベニシジミ。テリ張りなのか、近寄るムラツやムラシを追いかけていた。
a0181059_912188.jpg

決して翅を開かないサザンカ吸蜜。飛び立つところを撮ろうとカメラを構えていたが、油断した一瞬、飛ばれてしまった。
a0181059_8582099.jpg

翅の先がとんがっていなかったけれど、とても綺麗なウラギンシジミのメス。オスも何頭かいたがことごとくスレ個体。
a0181059_8591824.jpg

左は幻光、右は少し赤いがまあまあの深い紫。
a0181059_9471094.jpg

半開翅の幻光、開くほど薄れる。リアルな紫。
a0181059_9444975.jpg

もう少しで全開というところ。深い紫が出たと思う。
a0181059_9454229.jpg

結局は全開に至らず、また閉じ始めたが、幻光が美しい。
a0181059_9462627.jpg

フライイング・バタフライズ。色が出ないオスしか撮れていなかった。ムラツの広角飛翔は無謀のようだ。最後はヤマトシジミ。
a0181059_85943100.jpg


今まで行ったどの場所より、ムラサキツバメが多かった。次々とはオーバーだが、植え込みの間に潜り込み吸汁し、その合間に日光浴、また吸汁。ごくたまにサザンカ吸蜜。オスの輝くムラサキを撮りたいのだが、なかなか、いい位置にはとまってくれない。太陽が低いせいか、斜めになった葉に頭を上に向けて、最大限の光を浴びる。頭が上だと、翅が輝いてくれない。ただ、この状態での半開き、とても美しい青い幻光を楽しむことが出来る。この場所を案内していただいたSさん、どうもありがとうございました。

by otto-N | 2014-11-27 21:10 | Comments(4)

2014.11.18 千葉県・房総半島 ルーミスシジミ (2)   2014.11.24 (記)

2014.11.18 続き
いつまでも動かない2頭のルーミスシジミ。この2頭との間には、水が流れている幅2m、深さ1.3mの側溝が横たわり、対岸に簡単には渡れそうもなかった。しばらくどうしようか迷っていたが、意を決して、何とか渡れそうな所を見つけ、マクロで撮ったのがこの1枚。この近すぎる位置でしか撮れなかったし、風で揺らいでいたこともありピンボケだったのだが、それよりも何より、白く飛んでいた。マクロのほうのEV補正は、表翅を撮るための-0.6のままだった。その倍の-1.3は最低必要だった。少しはPCで補正できたが大失敗。
a0181059_921740.jpg

選手を交代しながら撮影してうち、飛ばれてしまい、2頭のうちの1頭がすぐ目の前に。後ろに下がりたくても下がれず、シャッターを切る。近すぎるけど、まっ、いいか。
a0181059_961142.jpg

その後は、ルーミスは飛んだりとまったり。気温が上がり、動き回ったせいもあり、さすがにフリースを脱いだ。「あそこに行った」、「もっと上」、「その右」、「開いた」と総勢6人で楽しく撮影する。
a0181059_910078.jpg

2頭両方にピントを合わせることはできなかったが、こんなシーンも。
a0181059_9113852.jpg

すぐ翅を開くので、裏翅をとるのは難しい。
a0181059_9124127.jpg

枯葉の上で開翅するお馴染みのシーン。
a0181059_913372.jpg

枯葉の上のルーミス。緑の葉もいいけれど、これもルーミスらしくていい。
a0181059_9151867.jpg

目の前の倒木にとまったと思ったら、すぐ開き始めた。ちょっと逆光。
a0181059_922561.jpg

開くとこんなだった。
a0181059_9251344.jpg

この倒木が好きらしく、一度飛び去った5分後、また来てくれた。2回目も1回目と全く同じ位置。
a0181059_9271934.jpg

足元の綺麗な緑の葉での開翅は、たった1回。目の前だったのに、2回シャッターを切ったところで電池切れ。電池交換後、戻ってきてもまだ翅を拡げていてくれた。ラッキー。
a0181059_9202946.jpg

12時半。谷間に日が射さなくなり、ルーミスは上に上がってしまったようだ。ここでお開き。谷を出て、明るい場所でやっと昼食。なにせ、食べる時間も、自己紹介する時間もなかったのだから。若い女性は、足立区生物園のチョウ飼育のチーフのFさん、男性はプロのフォトグラファーの佐藤岳彦さんという方。HP、 「Tef Tef Life」をご覧あれ。さすがの写真が並んでいます。この後、少し遅くはなったけれど、昨年、ルーミスを撮った別の場所へ移動。でも、現地に着いたのは気温も下がり始めた午後2時すぎ。ルーミスはいなかった。しかし、奇跡。Nさんが、「ルーミス君、ご挨拶に出てきておくれ」と叫ぶと、ほんとうにチラチラと舞い下りてきた。ただ、撮影できる好位置にはとまってくれなかったが。

この日撮った最後は、ムラサキシジミのメス。ルーミス・ブルーも光りを全面反射すると、ムラシかルーミスか区別が難しい。1コマ目がルーミス。
a0181059_15572597.jpg


昨年は、この谷間でルーミスシジミを見ることができなかったが、今回は、休んでいる暇もなく次々現れた。ただ、低い木が伐採されたので、降りてきても、とまる場所が以前とは大きく変わってしまった。数年経ったら、また灌木が育ち元に戻ると思うが、谷を覆っている大きな木がさらに枝を伸ばすので、日当たり具合は変わるだろう。久し振りのルーミス、たくさん撮ったと思ったら、意外と個体数は少なく、せいぜい3~4頭というところだったけれど、みんなで楽しく撮影でき、まさに「ルーミス祭りぢゃ」の日だった。

by otto-N | 2014-11-24 19:10 | Comments(6)

2014.11.13 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.11.17 (記)

2014.11.13
晴れ。ペンタックスの300ミリ単焦点(F4)のをザックに詰め、4回目のムラサキツバメ出撃。

いつもの時間に現地に着いたら、ムラサキツバメの塒はもぬけの殻。思ったより気温が高く、着ているものを1枚脱ぐ。これでは塒から出払っているわけだ。ムラサキシジミが少し上にとまったので、望遠で撮ったが白とびしていた。下におりてきたので100ミリマクロでも撮る。
a0181059_15392145.jpg

カシの塒にも1頭しかいない。近くを飛び回っていた1頭がとまったので、望遠で狙う。これも少し白とびしていたが、合焦速度はこれまでの300ミリズームより遥かに速く、ピントも迷わない。これならイケそう。白とびについては、遠い場合、ピンポイント測光が有効かもしれない。
a0181059_1550199.jpg

新しいポイントを開拓しようと公園内をうろつくものの、全然見つからない。とりあえず、重い望遠に体を慣らさなければということで、マクロではないほうで撮る。1コマ目以外はトリミングしたが、解像度はなかなかいい。これは楽チン。茂みの向こうにいるのも撮影できる。
a0181059_15394546.jpg

いつものアオキのポイント。ムラサキシジミがいたのでマクロで撮った後、そうだ比較しなくちゃと思い、少し下がって望遠で撮影した。どちらがどちらか判らないくらい、いい。
a0181059_15393692.jpg

知っている4か所の塒を行ったり来たりしていたが、一番いいのはこのアオキのポイント。斑入りのアオキの葉っぱが気にいらないが、贅沢はいっていられない。うまく行けば、隣のサザンカの葉に休むことだってある。さらに、サザンカ吸蜜だって・・・。この日は次々と3頭が吸蜜。1コマ目はマクロ、2コマ目は楽ちん300ミリ。
a0181059_1540745.jpg

最短距離は1.4m。いつもにじり寄って撮影していただけに、とても楽。ただ、上から撮らねばならないときは困ると思う。色が薄く、とても小さかったのでムラシと思ったが、ピッカピカのメスだった。
a0181059_1734596.jpg

このオスは、さきほどサザンカ吸蜜していた個体。しばらく、翅を閉じていたが、待っていると開き始めた。
a0181059_167391.jpg

頭が上だとあまり期待できないのだが、すぐに向きを変えてくれた。そのまま300ミリで撮影続行。
a0181059_1662056.jpg

全開ではなかった。少しは輝くアングルを捜す。前翅は黒縁が明瞭だったが、後翅ははっきりしない。頭が右なら翅全体が輝くはずなのだが。
a0181059_1664361.jpg

翅の傷から同じ個体と思う。真っ黒に近い紫にしか撮れなかったけれど、これはこれでシブくていいかも。
a0181059_1675341.jpg

昼過ぎ、続々とムラツが帰ってきていたが、カシの塒には2頭だけだった。ここは一時的な場所だったのかもしれません。そして、フライイング・ムラツは、またもや撃沈。
a0181059_1539561.jpg


ムラサキツバメのオス、少しはいい色に撮れたのだが、なかなか目標達成とはいきません。また次の機会ということで、チョウのとまる位置まで指定できず、焦らず撮りに出かけましょう。というわけで、300ミリ望遠をもっと早く入手すべきだった、せっかくのオスの開翅も少し寄りすぎた、と反省しています。

by otto-N | 2014-11-17 21:10 | Comments(2)

2014.11.4 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.11.9 (記)

2014.11.4
日射しが強く、ムラサキの出てくる好条件。しかし、自然教育園は前日(文化の日)の開園の代休。ならばと、ムラサキツバメが集まり始めたという千葉県の公園に行く。例年は、11月中旬以降に出かけているので、時期的に少し早い。

10時ころ現地到着。毎年、塒を作る場所にいたことはいたけれど、昨年より高い位置だった。2頭しかいなかった。ここは日当たりがよく、気温が上がり始めたようなので、すでに出払ったと思い近くを探すが見つからない。別の場所に移動すると、暗い葉陰に3頭。1頭のオスが日が当たり始めた葉上で開翅を始めた。さらに、別の昨年はいなかった場所にはムラサキツバメが舞っていた。見上げる位置や少し高い所で開翅するが、オスはなかなか下には降りてこない。
a0181059_21584848.jpg

そろそろ、背の低いアオキに日が当たり始めるころと2つ目の場所に行ってみる。目の下にオスが飛んできて全開。しかし、赤銅色に輝くだけ。それでも、少しは紫に見えるアングルを捜して撮った。3コマ目も、色がよく出なかった。
a0181059_2159433.jpg

幻の紫色。半分開いた時にぼおーっと見える。ビミョーな色。
a0181059_21591765.jpg

飛ばれたので、最初の場所に行ってみると1頭もいなくなっていたので、2つ目と3つ目のポイントを行き来し、ムラサキツバメを捜す。目より下にとまっているのを見つけると、順光の位置、光を最も反射するであろう位置に回り込み開翅するのを待つ。でも、あれだけ期待させておいて、全開したら傷だらけ。あるいは、やっと開いたらすぐ飛んでいったというのがほとんどだった。
a0181059_21592755.jpg

この公園、ムラサキシジミは少ない。サザンカの蕾のピンクがちょっと良かった。あまりにも開かないので接近撮影。メスはよく開いてくれる。
a0181059_21594183.jpg

このメス、傷んで鱗粉がはげた個体かと思ったら、ピカピカ。ただ、色が薄いだけだった。あまり見たことがない。
a0181059_2221943.jpg

標準的なメス。
a0181059_223986.jpg

休み場所をさがしているのか、あちこちでウラギンシジミも飛び回っていた。新鮮だけど赤というより朱色のオス。
a0181059_2202680.jpg

きれいなオスはなかなかいなかったけれど、結果てきには、この日一番のオス。アングルを少し変えただけで紫色が微妙に変わる。
a0181059_22095.jpg

似たような構図の中から、これが一番いいかな。とまった葉が斑入りのアオキというのが気にいらないけど。
a0181059_2224632.jpg

日の当たる地面にもとまるので、追いかけたが撮れたのはこの1枚だけ。オスの紫は写りっこない感じ。
a0181059_2232851.jpg

午後1時、散ったチョウが舞い戻ってくる時間。塒に直接入る個体がほとんどだが、その前に日を浴びる個体もいる。ただ、位置が高い。
a0181059_10491349.jpg


ムラサキツバメのオスを撮るのは難しい。まず、新鮮な個体でなければならない。次に、目より下にとまってくれなくてはならない。3番目、頭は下か、横向きの場合、頭は太陽の向きと逆にとまらなければならない。どうやら、この3条件が整ったうえ、全開したときに紫が輝くようだ。それでも、一番輝く位置に入ろうとすると、太陽の陰。マクロでは近すぎ、望遠では斜めになってしまう。

by otto-N | 2014-11-09 12:10 | Comments(4)

2014.10.30 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2014.11.3 (記)

2014.10.30
連続の晴天3日目。ムラサキ降臨の予感。

ポイントに着いた途端、ムラサキシジミがあちらこちらで翅を拡げる。強烈なオスのブルー。4コマ目は輝く位置に回り込めなかった失敗例。もっと左だとブルーが輝くはずだが、ぼおーっとした紫色のまま。ロープが張ってあるので回り込めなかった。
a0181059_1350101.jpg

強烈な濃いブルーと優しいブルー。
a0181059_1350296.jpg

すぐに翅を開くので、半分開いたところを撮るのは難しかった。
a0181059_13503923.jpg

とまった葉を選んで撮る贅沢。
a0181059_13522076.jpg

ほとんど広い葉の上で翅を開く。こんな狭い葉の上で開翅することは少ない。
a0181059_13514182.jpg

フライイング・ムラシは失敗作。
a0181059_13524043.jpg

ムラサキシジミは飽きるほど撮ったけれど、肝心のムラサキツバメは2頭だけだった。1頭は完全なボロ。もう1頭は、葉の汁を吸った後、足元での開翅を期待したが、頭より高い所で開翅後飛んでいった。この日に現れたという証拠写真。
a0181059_176577.jpg

再び、明るいメスのブルー。
a0181059_13515431.jpg

強烈なオスのブルー。これがこの日の一番かな。
a0181059_1351233.jpg


晴れた日が続くと、教育園のムラサキたちは下に降りてくる。11月に入ると、晴れても気温が低ければ、あまり出て来なくなるけれど、オスのツバメ探しにもう少し通うことになりそうだ。

by otto-N | 2014-11-03 22:10 | Comments(2)