たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ムラサキシジミ ( 89 ) タグの人気記事


2013.9.30 白金の森 ウラナミシジミ   2013.10.3(記)

2013.9.30
タイトルは白金の森なのだが、行った場所はその隣の小さな公園。数メートル先のフェンスの向こうは自然教育園。目的はウラナミシジミ。前々日に行われたチョウ類保全協会の観察会で、ちょっとだけ立ち寄った場所だ。

朝9時40分、現地に着いてみると、早速、ウラナミシジミのオスが飛んできた。翅をすぐ開いてくれる。
a0181059_13323812.jpg

少しずつアングルを変えて撮ったが、複眼にピンが来ていないものが多かった。このアングルはヤマトシジミの場合も、失敗が多いのはなぜだろう。
a0181059_13325382.jpg

この散策路脇の茂みには、以前はイヌタデが多かったがずいぶん減り、その後キツネノマゴが増えた。しかし、それも目立たなくなり、この地味な花の草が増えてしまった。この地味な花がウラナミシジミは好きなようで、なかなか離れようとしない。この花、後で調べるとイノコヅチというらしい。
a0181059_13361898.jpg

風にたなびく尾状突起。今にも切れそうだ。それにしても毛深い翅だ。
a0181059_13434121.jpg

日陰にとまり、やっと全開になってくれた。全開でないと、なかなか縁毛までピントが合わない。
a0181059_13451572.jpg

オスより、メスのほうが多いようだ。翅のデザイン、地味だが味わいがある。
a0181059_1353589.jpg

メスも毛深いが、オスより毛は柔らかそうだ。
a0181059_13532378.jpg

逆光で翅を透かす。透けた波模様がとても美しい。半透過の波模様はメスのほうがいいようだ。
a0181059_14111928.jpg

この波模様、真横から撮ると、各所に金色が散りばめられ、とても豪華。この画像、もっと大きくしたほうが良かったかもしれない。たくさん撮ったけれど、脚から縁毛、尾状突起までピントの合ったものは少なかった。
a0181059_1412172.jpg

例によって飛翔もチャレンジしてみた。こんな叢です。
a0181059_13425830.jpg

イノコヅチにはムラサキシジミもやって来た。ムラシの吸蜜をマクロで撮ったのは初めてだった。後に、近くで開翅したが、かなり傷んでいた。
a0181059_13524183.jpg


自然教育園の中にもウラナミシジミはいるけれど、散策路から離れているとまるで撮影できない。また、公園の花壇などの派手な花にも集まるけれど、好きなのは紫系のどぎつい色の花ばかりなので、いま一つ撮る気になれなかった。この小さな公園の片すみには、自然な感じでチョウを撮影できる雑草の茂みがあり、この日はウラナミシジミがやって来て、こころゆくまで楽しむことができた。

by otto-N | 2013-10-03 14:46 | Comments(4)

2013.9.19 白金の森 ムラサキシジミ   2013.9.26(記)

2013.9.19
この日もさわやかな晴れ。自然教育園ではミドリヒョウモンが現れたので、そろそろ、他の秋のチョウが出てくる頃、といっても、あまり期待してはいけない。

今年はヒメジャノメは少なかったが、1頭出てきた。このところ多いヒカゲチョウとコミスジ、傷んだ個体が多いけれど、これらはまあまあ。
a0181059_12395020.jpg

自然教育園での秋の楽しみの1つ、ムラサキシジミ。いつものポイントにメスが1頭だけ現れた。気温が低めでからっと晴れたので翅を開いたものらしい。
a0181059_12401628.jpg

アザミの花には、ときどきアゲハの類がやってきたけれど、翅の傷み方から、前日の個体と同じようだった。
a0181059_12473592.jpg

キタキチョウは草の間に入ってメスを探すときは、ゆっくり飛ぶ。
a0181059_13244551.jpg

秋の萩の花といえば、ルリシジミ。オスも飛び回っていたけど、速くて撮れなかった。
a0181059_1384839.jpg


2013.9.20
次の日も、からっとした晴天。こんな日は、ムラサキシジミは翅を開く。どういうわけか、毎年、オスは秋が深まってからしか現れない。
a0181059_13365276.jpg

ヒガンバナがところどころに咲いており、アゲハチョウが来ていた。
a0181059_13283879.jpg

少し暗いところには、ヒカゲチョウが飛び交っている。
a0181059_1330553.jpg

来るたびに見かけるカラスアゲハのメス。
a0181059_13312462.jpg

かなり痛々しいが、若かりし頃はさぞかし綺麗だったんだろうなぁと思いながら撮影した。
a0181059_1331506.jpg


自然教育園にはタイアザミが咲き始め、そろそろアサギマダラがやってくるころ。オオウラギンスジヒョウモンも産卵に現れるはずだ。もう、ウラナミシジミが押しかけてくるころだが、まだ1頭しか、ここでは見ていない。一番の期待はムラサキツバメなのだが、昨年はさっぱりだったのでとても心配。でも、ムラサキシジミの出足がいいので、少しは期待することにしよう。

by otto-N | 2013-09-26 14:03 | Comments(2)

2013.6.22 白金の森 ムラサキシジミ   2013.6.25(記)

晴れたら港区にある自然教育園にトラフシジミ探し、雨あがりの朝は近くにヤマトシジミのメス探しが続いた。

2013.6.22
晴れ。自然教育園に行く途中、ヤマトシジミを探す。オスはまだ時間が早いせいか飛んでおらず、メスが1頭だけ。青鱗粉が一つもない、まっ茶色。
a0181059_1611294.jpg

ただ、この個体は新鮮なようで、日に当たると翅が油光りした。
a0181059_162103.jpg

教育園の開門までに少し時間があったので、隣の公園に行くとヤマトシジミのオスがいたので撮影した。9時ころだと、すぐとまり翅を開く。
a0181059_1683587.jpg

教育園では、2時間探しても、全くトラフシジミはいなかった。雨上がりで樹上も濡れているので散策路に降りてくる必要がないのかもしれない。キタテハがべったり開翅していた。時々翅を閉じるので、半開翅を狙う。
a0181059_1681258.jpg

今の季節としては、ムラサキシジミが多いような気がする。他にはモンシロチョウ、ベニシジミ、キマダラセセリくらいだった。昨年多かったコミスジがいない。
a0181059_1662437.jpg


2013.6.23
朝から晴れ。日曜だったが、1時間だけ教育園に行く。入園して早々、1頭だけトラフシジミを見るものの完全にすれすれ。これが、ここでの最後のトラフシジミになるかもしれない。
a0181059_16185593.jpg

池のそばのトラノオにアカタテハが来た。そろそろ、この花にオオウラギンスジヒョウモンが来るころだが、まだ見ていない。
a0181059_16205539.jpg

ムラサキシジミのメスが近くで開翅。いつもより多い気がする。
a0181059_16225094.jpg

トウキョウヒメハンミョウ。1頭だけいた。幼虫は穴の中だが、成虫は草の上で狩りの生活するらしい。
a0181059_1629171.jpg

ここへ来る前に近くで撮ったヤマトシジミのメス。少し擦れていたが、一応、翅は光る。
a0181059_16252885.jpg


2013.6.24
雨あがりの朝。植え込みの笹を探すとヤマトシジミが良く見つかる。といっての2~3頭だが。翅を閉じていても、LEDライトを当てると開くことが多い。朝一番は日の光で体温を上げたいらしい。
a0181059_16334071.jpg

まだ、カタバミの花が開いていない。開花は気温と日射に影響しているようだが、開花するころ、オスは活発に飛び回る。
a0181059_16335461.jpg


2013.6.25
雨あがりの朝。以下、同文・・・・・。
a0181059_16451785.jpg

雨上がりの朝、曇り空だと、オスのブルーはギラギラしない。ここは、まばらにしかカタバミがはえていない。一面がカタバミ(特にオッタチカタバミ)だったら、もっと楽しいのだけれど。
a0181059_1645048.jpg


今年は、自然教育園のトラフシジミはこれで終わりそうだ。23日は晴れていたが湿気があったので、樹上から降りてくるとは期待しなかったけれど、24日はカラッとした晴れ。昨年は、こんな日が全開フィーバーの日だった。路上吸水しながら次々と翅を開いた。ただ、全開する以前に、今年は個体数があまりにも少ない。来年はどうなるか心配だが、夏トラフは春トラフより数はいたので、少しは安心できた。

by otto-N | 2013-06-25 17:14 | Comments(6)

2012.12.6 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ    2012.12.12(記)

2012.12.6
この日も晴天、風が出るが最高気温は15℃の天気予報。前日は小春日和だったので、ムラサキツバメが移動してきて少しは集団が増えた可能性。というわけで、千葉県の公園に行ってきた。

10時前に現地に着いたが、思った以上の風。木々が風に吹かれ、チョウがいたとしても撮影が難しそうだった。まず、11月29日には、3頭いたカクレミノを覗いてみた。2頭しかいなかった。温かいので、ここから出たものがいるのかと思い、その前にある植え込みを見に行ったがいなかった。でも、心配無用。あちこち歩き回っている間に、数は増えていた。どうやら、着いた時点ではすでにこの塒から出たものがいたか、暖かいのでここに集まってきたらしい。しかし、最大で4頭。やはり淋しい。(撮影時間は、順に、9:59、10:43、11:38、13:11)
a0181059_14462652.jpg

前回来たとき2頭いたクロガネモチには1頭も見つからなかったが、その先の植え込みでメスを見つけた。数枚撮ったところで、飛んで行ってしまった。そして、すぐ先にもメスが1頭。すぐ視界から消えたと思ったら、向こうから散歩する人。自宅に帰ってからPCで見ると、どうやら、同一個体のようだった。
a0181059_14552037.jpg

昨年は飛び回っていたポイントには全く影もなかったが、その少し先で飛んでいた。枯葉に止まったので、ここで翅を開いたらいいのにと思って、しばらく待つものの気配はなかった。閉じた翅は太陽と平行となるように、斜めに止まってる。それを撮りたくて、後ろに回り込んだとき飛ばれてしまった。しかし、別のポイントに行って戻ってきたとき、同一個体かどうかは不明だが、1頭いた。角度が悪く、光りすぎ。翅が青くしか写らなかった。
a0181059_14571585.jpg

このオスのムラサキシジミも、光りすぎ。いいアングルがなかった。
a0181059_14584344.jpg

アオキの葉の上でムラサキシジミのメスを見つけた。
a0181059_15113234.jpg

なかなか敏感ですぐ移動するので、もういいかと思ったが、飛んでとまった先を見ると、隣にムラサキツバメのオスが開翅していた。
a0181059_15113077.jpg

ムラサキシジミはどうでもよく、ムラサキツバメの翅の色が変わるアングルを捜しているうち、2頭とも飛んでいってしまった。結局、上の最初の1枚だけが、全開だった。ムラサキシジミとムラサキツバメのツーショット。2種の大きさがよく判る。
a0181059_151279.jpg

先日、2頭のウラギンシジミが葉裏に並んでいたが、もういなかった。道路のすぐ脇なので、いなくなるのも無理はない。1頭目のムラサキツバメは戻ってきていないかと思って、捜したところ、目の上の枯葉の中に見つけた。そして、別の場所、マテバシイの葉蔭でも見つけた。どうやら、1頭でもこうして休んでいるようだ。温かくなると飛び出し、冷えるとその辺で休むことを繰り返しながら、集合していくのかもしれない。
a0181059_1537466.jpg

そして、2頭目のムラサキツバメ(♀)がいた場所に行くと、また飛んでいた。撮ってみると2頭目とは別個体。葉が風にあおられ、なかなかピントが合わない。大きく葉があおられても、しっかりしがみつき、葉から離れることはなかった。
a0181059_1585179.jpg

きたない葉だな、もっと綺麗な葉なら良いのにと思って撮ったが、思ったより、写りは良かった。この時も人が来て飛ばれてしまった。今度はランナーさん。この場所では、オスも飛んできたが撮影できなかった。
a0181059_1595163.jpg

帰り間際、クロガネモチの塒を見てみたとき、朝見逃してしまったのか、帰ってきたのか、2頭いた。ひょっとすると、アオキの葉上で翅を拡げていたのはこの中の1頭?。アオキは遊歩道をはさんだ向こう側にある。2コマ目は、先ほどの2頭目のムラサキツバメ。横になって日を浴びていた。
a0181059_15425912.jpg


今季3回目のムラサキツバメ・パトロール。というより、ムラサキツバメのオスを撮りたくて行きました。なんとか撮ることができたので、ほっとしたけれど、なかなかイメージどおりには撮れず、少しだけ見える幻光は、文字通り幻なのか、もう少し見極めたいところ。温かい日があったらまた行こう。それにしても、この日は風が強すぎた。

by otto-N | 2012-12-12 16:07 | Comments(12)

2012.12.5 東京・恵比寿 ムラサキシジミ    2012.12.5(記)

2012.12.5
12月に入ったけれど、天気が良くない。昨日は曇りでとても寒かった。今日は、12時まで晴れるが、その後は曇り。最高気温は11℃との天気予報。千葉の公園に行こうと思っていたが、先日の二の舞になることを恐れ、10時すぎ、裏山、ではなかった裏の公園にヤマトシジミ探索にマクロだけ持って出かけた。100ミリマクロだが、このところ太陽が低いので順光に回ると影を作ってしまうので、テレコンを入れている。そのため、フーォカスはマニュアル。

日陰の植え込みに1頭だけとまっていたが、下の日だまりには、すでに何頭か飛び回っていた。もう12月、さすがに翅はぼろい。
a0181059_1522945.jpg

時間がたつにつれ、数も増えてきたが10頭もいない。オスがほとんどだったが、メスも少しは混じっていた。温かくなっても、10m四方程度の日だまりから出ようとはしない。
a0181059_15174561.jpg

翅が少しだけ壊れているが、大きくてよく目立つ美形のオスだった。どうしても目がいってしまう。
a0181059_15181858.jpg

キタキチョウもいたけれど、すぐお休みモード。同じ個体かと思ったが、違うようだ。
a0181059_15185970.jpg

ヤマトシジミを撮りながら、ときどき、ムラサキシジミの開翅ポイントに行った。覗いた途端、青い眼を発見。でもなんか変。左翅に惜しい傷があっただけではなく、内縁付近を損傷していた。
a0181059_17203558.jpg

このオス、すぐ違う場所に移ったが、しばらく待っていると開翅した。ほんの少し寄っただけで、絞りとシャッター速度は変わらないのに、太陽の反射角のせいか、色合いがずいぶん違った。
a0181059_15191613.jpg

オスはしばらくこの場所にいた。オスが居なくなった後、このポイントに行くたびにメスが現れたが、翅の傷から同一個体のようだった。今年はこのポイントもムラサキシジミの数は少ない。
a0181059_15192974.jpg

このポイントはツツジの植え込み。そして、2匹のノラ(兄弟)のテリトリー。日向ぼっこの最中。ここで会うのは久しぶりだった。怖そうだがいたっておとなしい。
a0181059_15195399.jpg


今日の天気予報ははずれ。12時を過ぎても雲の1つも出て来なかった。来ていたフリースも脱ぎたくなるような気温。これなら別の場所に行くんだったと悔やみながら、ヤマトシジミを撮っていた。でも、ヤマトシジミを撮るのも半月ぶりのような気がする。それだけ、天気が悪かったということかもしれない。

(明後日から、お腹を壊しそうな国にちょっとだけ観光旅行の予定)

by otto-N | 2012-12-05 17:15 | Comments(10)

2012.11.29 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ    2012.11.29(記)

2012.11.29
天気予報では、9時から12時まで晴れ。最高気温も16℃。というので、今年2回目のムラサキツバメの観察に出かける。

前日は、小雨で寒かった。10時ころ、公園についてみると道路は濡れ、日差しもぱっとせず、ほぼ薄曇り。吐く息も少し白い。20日には2頭だったカクレミノのムラサキツバメは、1頭増えていたものの、翅を横倒しにしていた。じっと動かないわけではなく、日差しが出てくると起き上がるものもいた。やっと12時ころ日が雲間から出てきたが、気温は少ししか上がらず、直接、日を浴びても飛び立つ気配はなかった。
a0181059_20211782.jpg

クロガネモチの塒には、2頭。これは20日と同じ。相変わらず日がほとんど当たらない。
a0181059_20232159.jpg

カクレミノのところで撮影していたとき、地元の方に声をかけられた。今年はとても少ないとのことだった。そして、2頭のウラギンシジミがいるとのこと。案内していただいた。(Yさん、ありがとうございました)
ウラギンシジミがいた場所は、通行人が行きかう道路の脇。高さ1mくらい、頭を南のほうに向けていた。よくまあこんなところで越冬体制と思うほどの場所だった。
a0181059_20295368.jpg

このウラギンシジミがいた場所は、ムラサキシジミやムラサキツバメがよく開翅している場所。T字の突き当り。12時ころ少しは気温が上がったので行ってみると、1頭のムラサキシジミがチラチラしていた。最初は高い所にしかとまらなかったけれど、少し低い所まで下りてきた。
a0181059_20361684.jpg

とても新鮮なメスだった。近づいても逃げないのは寒いせいか。
a0181059_20562259.jpg

見失った後、近くの木を揺すってみたが飛び出してこなかった。しかし、目の前の枯葉が蜘蛛の巣で束になっているところにいた。寒いせいか、撮影に邪魔な枯葉を取り除いたときも動かなかった。
a0181059_20453955.jpg

1頭ではあるけれどムラサキシジミが飛び出したので、ひょっとしたらと思って、カクレミノの塒に行ってみたが、3頭が残ったままだった。その前にあるツツジの植え込みを見てみたが、やはり何もいない。いたのは、猫ちゃん。これを撮るとき、もっと絞っていたらムラサキツバメが3頭、写っていたかもしれない。
a0181059_20524747.jpg


どうやら、今年のこの公園のムラサキツバメは多くはないらしい。このところ小春日和といった天気もなく、この先も、天気予報では曇りマークが続いている。そのうち、天気のいい日もあることだろうし、散歩のつもりでまた来ようと思う。

P.S.
後で調べると、この日は寒かった。気温は10時で8℃、12時で12℃くらいまでしか上がっていない。やはり、15℃以上にならないと飛ぶことができない感じです(2012.11.30)。

by otto-N | 2012-11-29 21:16 | Comments(14)

2012.11.21 千葉・房総半島 ムラサキツバメ    2012.11.24(記)

2012.11.21
気圧配置は弱い冬型、ルーミスシジミ日和という予想。房総半島に出かける。

首都高の目黒ランプから入り、レインボーブリッジを通り、湾岸線、アクアラインを抜け、館山道から有料道路を通り、現地に着いたのはちょうど10時。ルーミスの谷間に日が射しこみ始めたころだった。谷の奥、ルーミスが降りてくるはずの梢を見やるが、全然飛んで来ない。チラチラしていたのはムラサキツバメ。遠くにとまったので撮ってみたらボロボロのオスだった。もっと小さいのも飛んでいた。とまって開翅、やっぱりムラサキシジミ。しばらく付近を歩きまわるもののもうムラサキの影はなく谷間の入り口に戻ったところ、いたのはムラサキシジミ(♀)が1頭だけ。
a0181059_20154672.jpg

谷の入り口から奥へ何度行き来しても、ムラサキの気配もなかった。昨年は小鳥の声も聞こえない妙に静かな場所だと思っていたが、至るところで小鳥のさえずりが聞こえ、ときどき姿を現した。そんな中、飛んできたのは、ムラサキツバメのオスだった。枯葉の上にとまったので、待っているとおずおずと翅を開いた。しかし、翅が光る位置がなかなか見つからない。
a0181059_22353439.jpg

残念ながら、この半開きが一番の色だった。
a0181059_20334077.jpg

もっと右に回ってマクロで撮ろうとしたとき飛ばれたけれど、ススキの葉にとまってくれた。
a0181059_2022345.jpg

この位置で翅を開いても高すぎるので、いい色には出ないだろうと思っていたが、やっぱりダメだった。赤い地色が出てしまう。もっと右へ移ったとき、ススキの根本を揺らしてしまい、飛ばれてしまった。
a0181059_20273527.jpg

12時ころまで探していたが、ルーミスは見つけることはできなかった。近くにいたのは、キタキチョウとキタテハだけ。
a0181059_20342246.jpg

ここを諦め、昨年撮ったところに行ってみたけれど、やはり見つからず、この谷間に戻ってきたとき、ムラサキシジミがいたのでなげやりに撮影。ムラシはテカった葉がよく似合う、マクロで撮り直そうと近づいたとき逃げられてしまった。
a0181059_20374211.jpg


このあと、こことは離れた場所に車で移動した。しかし、まったくルーミスシジミを見つけることができなかった。昨年は2回来て2回とも撮影できた。天気の状態も、昨年とほとんど変わらない。にもかかわらず、1頭も現れなかった。ムラサキツバメは、長男ゆえになかなか気難しいところがあるのは当然としても、ムラサキ3兄弟の末っ子も、なかなかデリケートだ。


P.S.
別のところにとまり翅を開いたムラサキツバメ(♂)。よく幻光がでるアングルだった。背(前)景に難があったので、この1枚しか撮らなかった。今、思うにもっと撮っておけばよかった。後の祭り。
a0181059_16154398.jpg


by otto-N | 2012-11-24 21:01 | Comments(10)

2012.11.20 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ    2012.11.23(記)

2012.11.20
すぐ近くの自然教育園では、今年はムラサキツバメとは1回だけの遭遇だった。もう11月の下旬なのでここでは期待できず、千葉の公園に行った。天気は快晴、風もなく、少し暖かい日だった。

着いたのは10時。昨年、越冬集団を作っていたカクレミノの木を覗くと、ほぼ同じ位置に2頭いた。撮影しているうち、暖かいせいか、位置をときどき変え、今にも飛び出しそうな雰囲気。柔らかい緑の中で少しは綺麗に撮れた(と思う)。
a0181059_10551145.jpg

暗くて寒いクロガネモチの塒にも、2頭じっとしていたが、暗くてうまく撮れず。その近くにある開翅ポインには、ムラサキツバメはおろかムラサキシジミも見つからず、元の場所に戻ったところ、2頭ともいなかったが、1頭のメスがすぐ上にいた。
a0181059_1143310.jpg

マクロでも撮ろうとしたとき、姿が消えていたので、おそらく、この前にある植え込みの中と思って捜すと、すぐ見つかった。でも、植え込みの中に入り込むとなかなか居場所が判らない。
a0181059_1171732.jpg

上に出てきて開翅した。翅の汚損が目立たないアングルを捜す。
a0181059_11103618.jpg

植え込みの中に時々入り込み、葉の上で開翅することを繰り返すが、背景があまりきれいではないのが残念。
a0181059_11131197.jpg

この植え込みにいた1頭だけいたムラサキシジミのオス。目の前で開翅。
a0181059_11143719.jpg

オスはいないかと歩き廻ったとき、思いもかけないところに1頭飛び回っていた。ただし、樹上高く。右は、昼すぎ、カクレミノの塒に戻ってきたオス。ということは、朝いた2頭はメスとオスだった?
a0181059_11163162.jpg

このオス、無事に塒に収まったのを期に撤収。帰りがけ、まだ咲いていた萩の花にヤマトシジミとルリシジミ。ルリシジミは花からすぐ飛ばれたが、とても新鮮だった。
a0181059_1124989.jpg

そして、アベリアでは小さいながら新鮮なオスのウラナミシジミ。これが最後かなと思いつつ、ちょっと寄りすぎ。
a0181059_11261469.jpg


千葉の公園のムラサキシジミの集団越冬の塒には、2か所ともまだ2頭だけだった。これから寒くなるともっと増えることだろうと思うが、毎年、ほぼ同じ場所に塒を形成しているとのこと。ほんとうに不思議だ。

by otto-N | 2012-11-23 11:38 | Comments(4)

2012.11.16 東京・恵比寿 ムラサキシジミ    2012.11.22(記)

2012.11.16
とてもいい天気。もう飽きたけれど・・・

飛んできたのはウラナミシジミ。ヤマトシジミのオス。最後は擦れたスーパーブルー。
a0181059_10595750.jpg

他に、飛んできたのは、ムラサキシジミのオスとメス。少し休んだだけで行ってしまった。
a0181059_112950.jpg


カラッと晴れた朝、ムラサキシジミはときおり出てきて下草の汁(?)を吸うついでに、開翅してくれる。今年、ここではムラサキツバメはまだ見ていない。
そろそろヤマトシジミも少なくなってくるころだ。ツワブキはやっと咲き始めたが、昼近くになっても、花にヤマトシジミの姿はほとんどなかった。

by otto-N | 2012-11-22 11:14 | Comments(8)

2012.11.2 白金の森 コミスジ    2012.11.6(記)

2012.11.2
東京に木枯らし1号が吹くかもしれないこの日、ヤマトシジミの様子をうかがってから自然教育園に行った。さすがに晴れていても寒く、ヤマトシジミは摺れたオスが日だまりにいるだけだった。凄い青が近くにとまったが、なんとヤマトシジミくらい小さなムラサキシジミ。しばらく待ったが開かないので諦め、教育園に急いだ。

教育園に入る前、その隣の公園を覗いてみた。すると、ムラサキシジミが飛んできてすぐ開翅。すぐに飛び去ったが、マクロで撮ることができた。
a0181059_11354847.jpg

教育園のムラサキシジミのポイント。カラッと晴れて気温が低く、ウィンドブレーカーを着ていても日陰だと寒い。ムラサキシジミも体を温めるために、そろそろ出てくるだろうと期待したが、期待するほど出て来なかった。幸先が良かっただけにちょっとがっかり。同じ個体ばかり撮ったのかもしれない。
a0181059_1132488.jpg

1週間前くらい前には、樹上高くテリ張りしていたウラギンシジミは下に降りてきたが、すでにボロ。メスもいた。
a0181059_11444649.jpg

11時半もすぎ、諦めてここを撤収し、別の場所へ移動。アカタテハがいたが、残念なことに翅が少し欠けていた。
a0181059_11473454.jpg

アカタテハを撮っているとき、ミスジチョウかと見まがうほど大きなコミスジがやってきた。なんだコミスジかと思っていたら、新鮮。綺麗。ここまで綺麗なメスはなかなか見たことがない。しかも、11月だ。
a0181059_1151105.jpg

オオニガナの所へ行ってみると、イチモンジセセリではなく、チャバネセセリが来ていたが、近くにはあまり来なかった。
a0181059_11553450.jpg

退園後、朝立ち寄ったヤマトシジミのたまり場。スーパーブルーは摺れたのが1頭だけで、普通の青♀ばかりだった。
a0181059_11575472.jpg

油光りもなかなか趣がある。が、背景がねぇー、といった感じ。
a0181059_1214559.jpg

昼下がりの交尾。1頭どころか、執拗に介入してくる2頭のオスを必死に追い払うオス。やっとのことで追い払った。
a0181059_1251455.jpg


結局、この日は、前日よりも気温が低かったが風が弱く、木枯らし1号はお預け。ムラサキシジミは期待したほど出て来ないし、ムラサキツバメは気配すらない。当分、「近くのヤマト→教育園のムラサキ→近くのヤマト」という日が続きそうだ。それにしても、コミスジは綺麗でした。背景がよければ申し分なかったですね。

by otto-N | 2012-11-06 12:20 | Comments(4)