たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ムラサキツバメ ( 74 ) タグの人気記事


2015.11.6 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2015.11.15 (記)

2015.11.6
翌週から天気が崩れそうなので、急遽、千葉のムラサキツバメを見に行く。

10時すぎに到着。毎年、この時期、ムラサキツバメが集まる場所を見て歩く。昨年、突然大きい集団を作ったモクレンは枝が切り払われていた。続くポイントも、気温が高いせいかもう出払った様子だった。塒の観察は諦め、その近くにたむろしているムラサキツバメを探す。
a0181059_1671330.jpg

来たときは、まだ、日影だった塒に日が射しこんできたが、この3頭(プラス横に1頭)は動く気配がなかった。ポイントを行ったり来たりするが、低い所では翅を開いてはくれなかった。
a0181059_1672374.jpg

例年、日が当たると必ずといっていいほど翅を開いてくれるポイントには、後翅にも紫鱗粉を散らしたきれいなメスがいた。(ただ、ここの斑入りのアオキはあまり好きでない。その下のサザンカのほうがずうっといい)
a0181059_168532.jpg

昼過ぎ、毎年、大きな集団を作るカクレミノの木に戻ると何頭か舞い戻って来ていた。
a0181059_1682098.jpg

カクレミノの葉はとても絵になる。翅を拡げてくれるのだが、なにせ目より高い位置。満足に撮れない。4コマ目、舞い戻ってくるのを連写したら、1枚だけかろうじて写っていた。望遠飛翔は難しい。
a0181059_1673317.jpg

下からでは翅が少ししか写らないので、道路の向こうの築山から撮った。かなりのトリミング。
a0181059_168345.jpg
もう少し撮っていたかったが、用事があったので午後1時40分、撤収。

by otto-N | 2015-11-15 20:02 | Comments(0)

2015.10.22 東京・白金の森 ムラサキツバメ   2015.10.28 (記)

2015.10.22
カラッと晴れた朝、絶対に出るという確信のもとに、出かける。

最初に出てきたのはムラサキシジミのオス。少しずつ開翅し始めたので、一番開いたところで背景に明るいボケを入れて撮る。
a0181059_13391553.jpg

次いで、ムラサキツバメのメス。180度以上の全開。300ミリなので近すぎ。
a0181059_13393010.jpg

と言う感じで、次から次へと降りてくる。
a0181059_13394361.jpg

暗い小川の底で日を浴びる。
a0181059_13551911.jpg

翅を拡げ始めたときのこんな角度からあまり撮っていなかったような気がする。
a0181059_1415455.jpg

狙いはムラサキツバメのオスなのだが、次々と降りてくるとはいかず、降りてきても茂み中に潜り込み、葉上で吸汁をし、なかなか表には出て来ない。表に出て来ても、メスのようにすぐには開かず。待っている時間の方が長い。そして、開いても色が出ない。頭が下が色の出る基本。1コマ目は向きが太陽のほうではなかった。
a0181059_13474657.jpg

頭が太陽の方向。しかし、今一つ。くるっと向きを変えると、ビロード状の複雑な色にはなった。
a0181059_13484244.jpg

これが一番よかったが、奇蹟のムラサキにはほど遠い。
a0181059_14294110.jpg

ムラサキシジミにしてもムラサキツバメにしても、太陽の光を最大限に反射するところに回り込んで撮るのだが、それでも、こんな色にしか撮れないこともある。
a0181059_13592829.jpg

テングチョウが地面に吸水にやって来た。その後、日光浴。テングチョウはここではとても珍しいので人気者。
a0181059_145529.jpg

ウラギンシジミもチラチラしていたけれど、ムラツにかまけていて撮らなかった。ムラツが出て来なくなったので暇になり少し追ってみた。
a0181059_147075.jpg

ムラサキシジミの飛び立つところは、まるで撮れない。一瞬で視界から消える。しかし、止まろうとするときは、少しだけチャンスがある。もっとも、この個体のように飛ぶのが遅いときだけだ。残念ながら、チョウは逆光。
a0181059_1410358.jpg


by otto-N | 2015-10-28 20:28 | Comments(4)

2015.10.15 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.24 (記)

2015.10.15
晴れた日が続き、カラッとした日の朝は、ムラサキシジミとムラサキツバメが樹上から下りてくる。ポイントに着くやいなや、すぐやって来た。でも、まだ気温が高いせいか、すぐには開かなかった。
a0181059_11522319.jpg

メスの明るいブルーもよいけれど、
a0181059_11533656.jpg

オスの強烈なブルーは最高。開く前に、順光の一番輝くと予想地点に回り込む。
a0181059_11535814.jpg

ムラサキツバメもやってきた。まずはメス。後翅にもうっすらと青鱗粉が載っていた。
a0181059_11523648.jpg

オスもやってきたが、オスはなかなか開翅しない。下草に潜り込んでは、吸汁を繰り返す。表に出てきても翅は閉じたまま。開くのを辛抱強く待つ。開いても、この角度では色は出ないのはわかっているのだが。
a0181059_11525022.jpg
 
少し遠くで開翅する。やはり頭を下にしないと輝かないようだ。
a0181059_1255474.jpg

このポイントにはマテバシイは見当たらず、集団越冬の場所もわからない。今の時期だけ、吸水や吸汁に現れ、11月にはもう出てこなくなる残り半月のポイントだ。
a0181059_1262879.jpg

ムラサキシジミがアザミに吸蜜した。あまり見たことはないのであわてて撮る。
a0181059_115308.jpg

ムラシやムラツは別なポイントでも現れたが、テリを張っていたこのベニシジミにことごとく追い払われてしまった。ウラギンシジミの前翅は尖がってきたし、相変わらずキタキチョウの翅の色はよく出ない。アオスジアゲハのミゾソバ吸蜜は逆光で撮りたかった。
a0181059_12132037.jpg


港区にある自然教育園のムラサキシジミ、ムラサキツバメの出現は毎年、10月いっぱいまで。それを過ぎるとパタッといなくなる。どこかに冬越しの塒があると思うのだが、どこにあるのか全く見当がつかない。残り半月。晴れたら、ここに通うことになるのだろう。

by otto-N | 2015-10-24 20:24 | Comments(2)

2015.9.30 東京・白金の森 ムラサキシジミ   2015.10.11 (記)

2015.9.30
そろそろムラサキのシーズン。自然教育園に出かける。快晴。レンズは100ミリマクロ(+1.4倍テレコン)と15ミリ広角。

すぐにムラサキシジミのメスが降りてきた。ここでは、路上や下草で吸水(吸汁)し、そのついでに、翅を開く。ウラギンシジミ、ムラサキツバメも同様。2コマ目、翅の傷んでいたムラサキシジミのオスを少し追いかけた。
a0181059_9455791.jpg

上のムラサキツバメと同じメス。結局、ツバメは1頭しか現れなかった。
a0181059_9463445.jpg


2015.10.9
長野で山歩きをした翌日、晴れているが台風の名残りで少し風が強い。気温も少し高いせいか、なかなかムラサキは現れなかった。キタキチョウがアザミにやってきていたので、これを撮りながら待った。せっかくピンが来ても、まともに光を反射すると黄色が全部とんでしまいボツの続出。晴れた日のキタキチョウはむずかしい。
a0181059_9472930.jpg

アザミの花は花束のように咲いていたのだが、ピンが来たのは淋しい花の前ばかりだった。
a0181059_10245173.jpg

ゴマダラチョウが吸水にやってきたがすぐ飛び去ってしまう。ミゾソバ吸蜜のキタキチョウは貴重。ムラサキツバメのオスが降りて来たが、気温が少し高いせいか開かず。別な場所では、テングチョウが花に来ていた。郊外ではあまり撮ることはないけれど、ここでは珍なるチョウ。
a0181059_20332321.jpg

ウラギンシジミは翅の先が尖んがり、秋型になってきたようだ。
a0181059_947564.jpg

ムラサキシジミは10時半すぎ、やっとお出ましになった。しかし、いい位置で撮れたのはこの1枚だけ。
a0181059_9483219.jpg

路上吸水のツバメシジミ。ヒカゲチョウが多かった。何とか1枚。
a0181059_10195146.jpg

出がけに自宅近くで撮ったヤマトシジミはまだ夏仕様。青いメスもいたけれど、すでに翅が傷んでいた。そろそろ、スーパーブルーをまじめに探しますかな。
a0181059_10242496.jpg


by otto-N | 2015-10-11 20:02 | Comments(2)

2015.9.22 東京・恵比寿Sビール本社前 カラスアゲハ   2015.10.2 (記)

2015.9.22
重い300ミリを持って朝の散歩。彼岸花にアゲハが来ていた。ところが、300ミリのAFが全く作動しない。しかたがなくMFでピントを合わせる。
a0181059_13391482.jpg

飛び立つところを狙うのだが、うまくいかなかった。背景が暗いので、ピンボケ、白とび。
a0181059_1340515.jpg

アゲハが複数飛び回っている中、カラスアゲハのメスがよたよたとやってきた。日の当たるところではピントは合わせやすいのだが、それでも外しまくりだった。日向の彼岸花はもう枯れ始めていた。
a0181059_13394566.jpg

木陰には、まだ新鮮な彼岸花。暗くてまるでピントが合わない。ピントマークの点灯だけが頼り。F4開放。シャッタースピードも速くできない。
a0181059_13401966.jpg

そうか、彼岸花は暗いといいのか。嫌いな彼岸花を見直した。赤と黒と緑。しかし、ピンボケは相変わらず。
a0181059_1339313.jpg

アカボシやウラギンシジミも来たが、ムラサキツバメのメスが来た。ここでは、この数年で2回目。どこにマテバシイがあるのか判らない。
a0181059_13411817.jpg

この日は休日だったことに気がつき、渋谷のヤマトシジミを見に行くことを思いつく。自宅に戻り、広角だけ持って渋谷の駅前に向かう。しかし、花壇の花はさえなくカタバミもなく、ヤマトは見つからない。スクランブル交差点では、赤信号になるたびに交差点に飛び出し、結婚式の写真を撮っていた。こんなの初めて。コングラッチュレーション。
a0181059_13413218.jpg

自宅へ戻る途中。恵比寿ガーデンプレースのシャトーレストランの横。花壇にイチモンジセセリが多数。
a0181059_1342781.jpg

逆光だと、斑紋が光に透ける。
a0181059_13421553.jpg

順光ではくっきり撮れるが、背景がイマイチだった。
a0181059_1342395.jpg

一応、ビルとビルの間に来るように狙う。
a0181059_1342577.jpg

ビュンビュン飛び回るイチモンジセセリ。撮ったらきりがない。
a0181059_13422647.jpg

目線ももらったし、これでお終い。
a0181059_13431697.jpg


毎日のように近くで何も珍しくもないチョウを撮る。PCで画像を確認し少し編集してみると、思ってもみなかったことに気がつく。それは、撮影のアングルであったり、チョウの背景であったりするが、ほとんど、どうしてもう少し右から撮らなかったのか、どうしてシャッターを切れなかったのかという反省ばかり。嘆いてばかりいるのだが、撮影は偶然の産物、こうやってまとめてみると結構楽しい。

by otto-N | 2015-10-02 20:22 | Comments(2)

2015.6.15 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.22 (記)

2015.6.15
曇りの日にミドリシジミの卍飛翔を撮りに行ったけれど、足元には降りて来ず、広角では全く撮影のチャンスはなかった。また、逆光ではまったく表翅が緑に輝かない。少しは横から撮る必要があった。この日は、快晴。横から撮るとそれなりに撮れるはず、というわけで、夕方、横浜に出向く。

3時すぎ、池の畔のハンノキに産卵のためにポツポツとメスが現れた。産卵もせず立ち去ってしまうのがほとんどだが、日の当たる葉上で翅を開くものもいる。1コマ目、斑紋が少し赤いような気がする。2コマ目、これも少し赤いようだ。残念ながら右の尾状突起なし。3コマ目、尾状突起ありの別個体。もう少し赤いか。とにかく、B型とAB型の区別は難しい。4コマ目、この位置ではあまり綺麗に撮れなかった。
a0181059_1959056.jpg

上の3コマ目と同じ個体。よく見ると赤い鱗粉が少しだけ載っていた。
a0181059_19595780.jpg

このところ、ムラサキツバメのオスをこのポイントにやって来ていたが、この日はメスが来た。右はラミーカミキリ。
a0181059_1959823.jpg

谷間に日が当たらなくなったころ、オスのテリ張りが始まる。あいかわらず、高いところばかりだった。もう暗いので明るくは撮れないので、居直って、飛翔撮影の設定のままで撮影した。後で、ホワイトバランスを晴天から曇天に直したところ、青っぽい葉の色が少し緑になった。
a0181059_19592086.jpg

4時半過ぎ、卍飛翔があちらこちらで見られるようになった。近くに降りてくるのを期待したけれど、期待に反して、池上の葦の上にしか降りて来ず、300ミリで追うしかなかった。
a0181059_1959302.jpg

しかし、逆光側の池の上にも卍が降りて来なくなり、順光側の樹上の高いところで卍飛翔が繰り広げられていた。晴れているせいかだと思うが、とても遠くて高い。トリミングしないと、こんな豆粒の大きさ。
a0181059_19594292.jpg

5時40分、樹上高くでしか卍で飛ばず、暗くなったので、撮影は諦めた。
a0181059_19341399.jpg


この日も不調。片道1時間半。撮影1時間半。自宅に戻るのは7時すぎ。成果もなく、ちょっと疲れました。もっといいロケ地を探さなくては・・・。と、ぼやいてばかりの日が続く。

by otto-N | 2015-06-22 20:57 | Comments(0)

2015.6.8 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2015.6.15 (記)

015.6.8
雨の日の翌日、横浜の公園にミドリシジミ探しに行く。

いつも、最初に立ち寄るポイントには、昼前からオスがテリ張りをしていた。樹上から下りてくる様子もないので、別の場所に移動すると、運よく、カメラの隊列。一度、開翅したようで、次を待っているようだった。急いで準備すると、すぐ開翅。日頃あまりやらない連写をしたのだけれど、最後の全開時はピンが全然甘かった。ピンが来ていたのはこの全開寸前のショットのみ。
a0181059_10424823.jpg

羽化直開翅のチャンスのある場所だが1頭もおらず、すでに羽化は終わったようだ。それにしても、数が少ない。地元の方の話によると、近くにあった栗の木が切られてしまい、吸蜜のついでに翅を休めていたミドリシジミが来なくなったとのこと。なるほど、栗の木がない。午後は、ずうーっと最初のポイントで過ごす。池の畔にハンノキの小木があり、メスが産卵のためにやって来ていた。
a0181059_1043437.jpg

近くの葉上でときおり翅を開く。でも、ことごとくO型。少し擦れていた。
a0181059_10432113.jpg

背景がよかった1枚。
a0181059_1210493.jpg

ちょっと青筋が細かったけれど、やっと撮れたB型。
a0181059_1216577.jpg

この日もムラサキツバメが1回やって来た。何気なく撮ったらとてもきれいなヒカゲチョウだった。
a0181059_1044298.jpg

そんなこんなで、夕方のオスのテリ張りタイムに突入。ここも、昨年、桑の木が切られさんざんであるが、その左のロウバイの中木で開翅するようになった。しかしながら、とまる位置が高すぎ。翅を開くと、下からは翅がちょっとだけしか見えない。
a0181059_10364712.jpg

これでも低い方。高い所でとまることがほとんどだった。
a0181059_1037035.jpg

高い所ではシャッターを切る気もおこらず、下に来たときを待ったが、全然来てくれなかった。下ほど暗くなり、目だたないので、テリ張りでとまるわけがない(のだと思う)。
a0181059_10371442.jpg

テリ張りポイントは谷間。薄暗くなった4時過ぎに卍飛翔が始まった。目元まで卍ペアが降りてきたなら、広角で撮ろうと準備していたが、全然降りてこない。しかたがなく、300ミリ、マニュアルフォーカスで飛翔を狙う。しかし、暗い。絞りF4解放でシャッタースピード1/3200。ISOは最初1600、だんだん暗くなり、最後は4000まで上げた。たいてい、卍は遠いところから始まる。遠いと撮ってもしかたがないのだが、そこからファインダーで追わなければ、ピントを合わせきれない。ヤマボウシだけが白くボケ、背景は真っ暗。
a0181059_10444174.jpg

ピントを合わすと言っても、キラキラと輝きながら飛んでいるので、一番輝いたときシャッターを切る。でも、ほとんど遅すぎ。
a0181059_10444913.jpg

2頭両方にピンがくるのは至難の技。一部にピンが来たらよしとする他ない。
a0181059_10461616.jpg

背景が暗くて、チョウもシルエットでしか写らない。
a0181059_1045046.jpg

ほとんどトリミング。縦位置で切り出し、3枚並べた。
a0181059_10452810.jpg

逆光では翅が輝かない。しかし、飛びまわるのは、逆光の位置ばかり。なるべく、横に回り込むのだが・・・。
a0181059_10451561.jpg

翅裏は写っても、表はなかなか撮れなかった。見上げて撮っているからだと思う。
a0181059_10454733.jpg


ミドリシジミの卍飛翔の撮影はとても難しい。暗くならなければ、卍が始まらないし、暗くなるほど長続きする。飛び回る位置も問題で、順光に入らなければ、翅が輝かない。撮れた画像は、真っ暗の中にシルエットが浮かびあがるだけだった。しかし、これらの画像は、パソコンのモニターの明るさによっては、ただの暗闇にしか写ってないかもしれません。逆に、明るいモニターだと、画質が粗さが目立つと思います。

by otto-N | 2015-06-15 21:26 | Comments(0)

2014.12.2 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2014.12.7 (記)

2014.12.2
「されどムラサキツバメの日々」・・・、これは字余りか。「ムラツとムラシの日々」・・・、これでは優雅さとはほど遠い。とにかく、晴れ。少し寒く、風が強かったけれど、出陣した。

オス狙いといっても、べタ開翅でもこんなアングルだとメスもなかなかいい。風が強かったのでバランスを保つのがたいへんそうだった。
a0181059_16122880.jpg

オスは頭から撮るのだけれど、ヒカりませんね。
a0181059_15302473.jpg

向こうのも開いてくれればと願ったのだけれど、無視された。蜘蛛の糸が邪魔とは思ったが、風情があります。
a0181059_1612495.jpg

なかなか撮れないオスの色だったが、そんなに悪くはない色には撮れていた。
a0181059_15303861.jpg

ウラギンシジミは、なぜかこの日もメス。
a0181059_16113713.jpg

しゃにむにサザンカを入れ込んだ。
a0181059_16111489.jpg

全開より、ちょっと翅をすぼめ、少し後ろからという構図がいい感じ。
a0181059_16131620.jpg

この日の一番のオス。
a0181059_1723337.jpg

撤収寸前、ヤマトシジミが飛んできた。白く浮き出た翅脈と透けた(ように見える)翅室がとてもいい。頭にピントを合わせ、少しずつアングルを変える。そして縁毛にもピントがきているものを選ぶ。
a0181059_15311626.jpg


日射しが強かったが、風も強く、体感温度はかなり低かった。そのせいか、ムラサキツバメはいつもより少なかった。また、剪定作業が入り、マテバシイの一部と、先日見つけた塒のある広葉樹が丸裸にされた。そのせいか、その近くの植え込みにはムラサキツバメが見られなかった。ここで、輝く紫の個体を撮っただけに、とても残念だった。


2014.12.5
その3日後、本格的な冬型の気圧配置。最高気温は13℃、前回と1℃しか低くない。風も弱いにも関わらず、ムラサキツバメは少なかった。メスが数頭だけ、オスは翅欠けの1頭だけ。植え込みで日を浴びるだけで、吸汁をする個体は1頭もいなかった。朝の最低気温は1℃くらい。最高気温よりも最低気温の差が大きいのかもしれない(2日は6℃)。ムラサキシジミは比較的元気だったが・・・。
a0181059_2012733.jpg

マテバシイの樹上をときどき飛んでいたが、下にはほとんど降りてこない。樹の中に潜ったので、300ミリで見てみると、枯葉の上に数頭とまっていた。ぎりぎりまで近寄って撮った。
a0181059_111677.jpg

もう暖かくなっても最高気温は10℃どまり。そろそろ、「ムラツとムラシの日々」は終わりのようだ。

by otto-N | 2014-12-07 20:11 | Comments(2)

2014.11.28 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2014.12.6 (記)

2014.11.28
朝から晴れるはずであったが、曇り空。それでも予報では12時からは日が射すとのこと。

現地についてから、雲がとれるのを待つ。一瞬、日が射したが、ホントに一瞬だった。再び、厚い雲。ムラサキツバメは眠りについたままだった。
a0181059_1501543.jpg

上の4コマ目は、たった2頭だったけれど、その木の裏側ではウラギンシジミが2頭眠っていた。並んではいなかったが、上と下。残念ながら、いくらやっても両方にはピントが合わなかった。
a0181059_152254.jpg

よく見ると、上は先が尖っていたが、下は丸かった。
a0181059_151467.jpg


結局、日が射す気配もなく、空は暗いまま。こんな日もあるさと、諦めて撤退。

by otto-N | 2014-12-06 21:10 | Comments(0)

2014.11.27 東京都・サザンカの裏通り ムラサキツバメ(2)   2014.12.5 (記)

2014.11.27 続き
信じられない紫に輝いたオスに飛び去られ、落胆したが、次々とムラサキツバメは植え込みにやってくる(ちょっと大げさ、実際はロストしたのが舞い戻ってくるだけ)。サザンカの花に来るのは稀、植え込みのシャリンバイが大好きなようだ。葉に付着しているのか、葉からにじみ出ているのか、よくはわからないが、執拗に吸汁する。そして、時々、日を浴びる。4コマ目は、日陰のマテバシイにやっと見つけた塒。
a0181059_1002724.jpg

翅の壊れたものもいるが、比較的きれいな個体が多い。ただ、いい位置にはなかなかとまってはくれない。たまには、ヤマトシジミもやってくる。
a0181059_1004187.jpg

半開きのメス。なかなか横から撮らせてはくれなかった。
a0181059_102384.jpg

昼すぎからは、ムラサキシジミが出てくるが、数は少ない。
a0181059_1005593.jpg

結局、飛び去られたウルトラ・バイオレットには、再び会うことはできなかったけれど、このほうが、一番自然な色かと思う。
a0181059_1014258.jpg

14時40分、こんな遅い時間に、かなり小さな個体だったが目で追っていると、素晴らしい緑の葉の上で開翅し始めた。
a0181059_101793.jpg

全開はしなかったけれど(全開しなかった故に)、この幻光はとてもきれいだった。
a0181059_1022676.jpg


ムラサキツバメのオスの翅はほんとうに不思議な色だ。ちょっと角度を変えるだけで色が全く変わってしまう。紫と一言で言い表せないし、パープルからバイオレット、はたまた、ただの茶色になってしまう。この日は、信じられないような輝きの翅が撮れた。この輝きは個体差なのかどうか、別のアングルからも撮ると判明したかもしれず、とても残念だった。

by otto-N | 2014-12-05 21:10 | Comments(0)