たかがヤマト、されどヤマト

タグ:モンキアゲハ ( 7 ) タグの人気記事


2017.7.18 東京・恵比寿 モンキアゲハ   2017.7.26 (記)

2017.7.18
晴れた日が続いているのに、まだ関東の梅雨は明けていない。アオスジアゲハとアゲハチョウは撮り飽きたけれど、緑の芝生の上を飛び回るツマグロヒョウモンを撮りたくて、また同じ場所に行く。あいかわらずツマグロヒョウモンは芝生の中ほどを飛び回っているが近くには来ない。しかし、カメラを敵と思うのか、こちらに向かって飛んでくることがあり(雀さえスクランブル発進する)、その時だけが撮影のチャンス。しかし、なかなか当たるものではなく、やっと1枚だけ撮ることができた。
a0181059_08483942.jpg


最初はクロアゲハだと思った。飛び方が妙にゆっくりだったし、ここでは見たことがなかったので気がつくのが遅れた。飛び回ってばかりいてとまる気配がないので、広角で追いかけた。暗い木陰ばかり飛び回るので、黄色い紋がなければどこに写っているかわからないほどだった。
a0181059_08492692.jpg


何度か飛び去り姿を消すが、しばらくすると舞い戻ってくることを繰り返した。そのたびに後を追うが、踏み込めない場所ばかりだった。
a0181059_12374177.jpg


この新しい庭の散策路は木道になっており、お洒落ではあるけれどワイルド感に乏しい。
a0181059_08583330.jpg

頭上に舞い上がった。しかし、当然ながら真っ黒。
a0181059_12393299.jpg

突然、姿を消した。あわてて近くを探したら、セコイアの葉上で翅を拡げていた。最初から休む場所を探して飛び回っていたのかもしれない。黄紋は半分しか見えなかった。
a0181059_12405735.jpg


ツマグロヒョウモンはうまく撮れずに終わり、いつものアゲハチョウとアオスジアゲハを撮る。
a0181059_08515672.jpg

2頭が絡んでいた。どうやら、吸蜜する花の争奪戦らしい。以前、脚で相手に絡みつく空中での争いを見たことがあるが、花を巡る争いも激しい。最後は、後から来たほうが先にいたほうを追い出してしまった。こんな激しい争いは他のチョウでは見たことはなかった。
a0181059_12481690.jpg
a0181059_12482637.jpg
a0181059_12483545.jpg

アオスジアゲハはこの紫色によく映える。
a0181059_20053221.jpg

グリーンを少し入れてみる。
a0181059_12451764.jpg


小刻みに翅を震わせ、花の蜜を吸う。
a0181059_12543014.jpg


もう完全にアオスジ・ムラサキ中毒。
a0181059_20343420.jpg


いつまでも撮っていたいけれど切りがない。このへんで止めることにしよう。
a0181059_12545181.jpg



by otto-N | 2017-07-26 16:59 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2015 (15) モンキアゲハ   2016.2.10 (記)

モンキアゲハ
7月、Sビール本社前。アガパンサスの花はアゲハが大好きなようだ。クロアゲハはよく見るが、モンキアゲハもやってきた。ここではこのアゲハはとても珍しい。
a0181059_20115873.jpg
a0181059_20143220.jpg
a0181059_20144833.jpg

このクロアゲハは飛んではいないけれど、この翅の形がいいので載せました。
a0181059_20164882.jpg

一番多いのは、もちろんアゲハチョウ。高層ホテルと高層マンションの窓が背景。
a0181059_20183546.jpg

9月。ここには、ポツンポツンと彼岸花が咲いており、アゲハがやってくる。彼岸花は好きではないので、アゲハがやってきてもあまり撮る気になれないのだが、日陰の彼岸花に来たクロアゲハはとてもいいと思った。彼岸花の赤が緑の中に浮かび上がる。ただ、飛んでいるところはほとんど撮れずに終わった。
a0181059_20252069.jpg
a0181059_20252912.jpg

10月。突然現れたナガサキアゲハ。広角で追いかけたがピンがきたのはこの1枚。
a0181059_2044898.jpg

自然教育園.湿地に咲くシロバナサクラタデの中を飛び回るアオスジアゲハ。望遠飛翔はむずかしい。
a0181059_20294051.jpg


P.S.
ダイヤモンド富士    
近くのビジネスタワーの3階に富士山が見える場所があり、ひょっとするとダイヤモンド富士が見られるかもと思い300ミリを持って、5時ちょっと過ぎに駆け付けた。最初は太陽がまぶしく、どこに富士があるのかさえ判らなかったが、少し太陽が富士に入ったとき初めて山頂の真ん中より少し左にあることが判明。それからが、太陽が沈むのが早かった。ISOも絞りも調整する時間もないまま、露出補正だけを最大のアンダーにしてやっと撮ったのがこの1枚。山頂で吹き上げられている雪が風の凄まじさを物語る。でも、普通、ダイヤモンド富士というのは、富士山頂から後光のように輝く太陽なので、この画像はちょっと違うかな。
a0181059_17355377.jpg
                                                              2016.2.10 東京・恵比寿

by otto-N | 2016-02-10 18:08 | Comments(0)

2015.7.8 東京・恵比寿 (1) モンキアゲハ   2015.7.10 (記)

2015.7.8
朝から雨が降っていなかったので、15ミリ広角と100ミリマクロを持ってSビール本社前の花壇に行く。

広角はヤマトシジミの置きピン距離を検討するためだったけれど、ヤマトシジミはほとんど飛んでおらず、ルリシジミのメスを撮影できた以外には、クロアゲハとナミアゲハとアオスジアゲハがいただけで、それもほとんどボロで撮影意欲ゼロ。そんなとき、突然、モンキアゲハがやって来た。アガパンサスの花だけで吸蜜する。近寄りたくても、ここは花壇。少し遠くても100ミリマクロで撮り続けた。モンキアゲハが登場したのは10時26分、立ち去ったのは10時30分。とても長い時間、シャッターを切り続けていたと思ったのだが、たった4分間だった。撮った枚数も125枚しかなかった。曇りの日だったので、色が出ず、輝度のヒストグラムを補正した。この作業で疲れてしまい、どれもにたようなもの、トリミングし撮った順番に4枚ずつ組にし羅列した。
a0181059_19345298.jpg
a0181059_19362712.jpg
a0181059_19363663.jpg

a0181059_20262856.jpg

a0181059_1937259.jpg
a0181059_19371246.jpg

モンキアゲハは、最近になって、ここから1kmほど離れた自然教育園でときどき見ることがあるけれど、恵比寿のこの場所で見るのは初めてだった。目まぐるしくホバリングしながら吸蜜するので、撮影はとても楽しかった。モンキアゲハ自体、これほどじっくり撮影できたのは、九州の五島以来だった。

by otto-N | 2015-07-10 20:32 | Comments(2)

2014.9.19 東京・白金の森 (2) アオスジアゲハ   2014.9.29 (記)

2014.9.19 続き
この日は、秋に現れるミドリヒョウモンやオオウラギンスジヒョウモンを撮影していたわけだが、主役は何と言っても、シロバナサクラタデの白い花。一面に咲き、アオスジアゲハが吸蜜に余念がなかった。まずは、少し遠いところから。
a0181059_16383015.jpg

この花はチョウをとても引き立ててくれる。
a0181059_1641089.jpg

少し近いところにも時々やってくる。
a0181059_16384040.jpg

ただ、アオスジアゲハを撮るとき一番好きな逆光の位置には、花がない。こうなったら、順光で、後裏翅に輝く真珠の光沢に注目。
a0181059_16413092.jpg

ここまでは300ミリズームでの撮影。
a0181059_1642995.jpg

これより下は、旅用レンズの18-135ミリ。先日、白馬岳からの帰りにミヤマシジミはこのレンズで撮影した。常用している100ミリマクロより合焦速度が格段と速い。
a0181059_16384889.jpg

アオスジアゲハの速い動きにもよくついていってくれた。近いところには、花が密生しておらずちょっと残念。
a0181059_16392137.jpg

このレンズの距離内には、あまり来てくれなかったが、背景が抜けているときは問題がないようだ。
a0181059_18104264.jpg

ムラサキツバメを見つけた。この花で見るのは初めて。メスだった。全開もしてくれたが、ちょっと遠かった。
a0181059_1645491.jpg

ムラサキシジミを探しに来たのに後回しになってしまった。ポイントに行くのが遅くなったが、やはり出ていた。複数いたうち、きれいな背景のを1枚だけアップ。これから、いやと言うほど撮るだろうから。
a0181059_16442130.jpg

他のチョウたち。きれいな秋型キタテハ、今年はあまり撮らなかったアカボシくん、これも飛んでるとこりしか撮らなかったツマグロくん。
a0181059_16445315.jpg

突然飛んできたモンキアゲハ。咲き始めたツリフネだけで吸蜜して、すぐいなくなった。
a0181059_16452115.jpg


自然教育園には、山の植物が色々と植えられており季節季節に目を楽しませてくれる。シロバナサクラタデもここに最初から自生していたわけではないと思うが、チョウがよく集まる花だ。花だけ撮影していると、野趣に乏しくやはり半植物園だなぁと感じてしまい、なんだか飽きてしまった。ただ、出てくる植物が年ごとによって変遷しているようで、花好きにとってはそれが楽しみらしい。チョウも同じか・・・。

by otto-N | 2014-09-29 21:20 | Comments(4)

2013.10.17 白金の森 モンキアゲハ   2013.10.22(記)

2013.10.17
自然教育園に行く途中、ヤマトシジミを探したが目ぼしいのはいなかった。ルリシジミがいたので撮る。当然のことながら、晴れていると翅は開かない。
a0181059_9471922.jpg

アベリアの花から飛び去ったので、追いかける。
a0181059_9473072.jpg

自然教育園に着いてみると、モンキアゲハがいるとのこと。それより、ムラサキ系のほうが気になり、探すもののまるで見つからず。この日のスター、モンキアゲハは突然現れたけれど、さすがに傷んでいた。アサギマダラもまだ出ていた。今年はずいぶん多く、遅くまで現れる。新鮮なコミスジとアカボシゴマダラ。
a0181059_9481464.jpg

ウラナミシジミは、園内には少ない。逆光と吸蜜。
a0181059_9482636.jpg

ヤマトシジミ。オスは園内で、メスは園外で。このメス、きれいだったが、右後翅が不完全。
a0181059_9483751.jpg

キタキチョウも、カタバミで吸蜜する。蜜の量が少ないと見えてすぐに別の花に移る。撮影日は、10月14日。
a0181059_9485543.jpg

同じ日のヤマトシジミ。日射しが強かった。
a0181059_949447.jpg


ムラサキシジミとムラサキツバメの季節になったが、天気が良くてもなかなか現れない。まだ少し気温が高いのかもしれない。10月に入ってから、ヤマトシジミのメスはずいぶん青くなってきた。自宅近くのポイントは工事のため、フェンス内に入ることができない。たくさん飛び回っているのに、とても残念。さらに、フェンス外の道路のカタバミは雑草と一緒に引き抜かれてしまった。上の画像のカタバミはすでにない。飛んできたヤマトシジミ、土の上にとまっても撮る気になれない。


速報
昨日(10月21日)、横浜の公園に行ってきました。台風26号で冠水したことよりも深刻と思われるのは、土手の草刈り。吸蜜するセイタカアワダチソウと食草のガガイモはすっかりなくなりました。まだ草が残っている土手のセイタカアワダチソウに3頭いるとの知らせを聞いて駆けつけたものの、着いたときには採集者が現れ、2頭が採られてしまってました。残った1頭をやっと見つけての撮影。曇って寒いせいか、少し空が明るくなると蜜を求めて飛び回りますが、暗くなると葉の上にとまって翅を拡げます。やはり南国のチョウ、ヨコハマでは寒いのでしょう。この個体がいた土手のセイタカアワダチソウも、残念ですが、刈り取られるのは時間の問題です。公園内は採集禁止のはずですが、罰則規定がなければイミないのかもしれません。デジカメが発達した時代、もう採集の時代ではないと思うのですが。
a0181059_9492452.jpg


by otto-N | 2013-10-22 10:58 | Comments(2)

2013.9.27 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン   2013.9.30

2013.9.27
ミドリヒョウモンのメスが現れたので、こんどはオオウラギンスジヒョウモンを期待して、自然教育園に行く。この日も清々しい秋空だった。

今年はいつになくシロバナサクラタデが多い。先日はアオスジアゲハが来ていたが撮影は不良消化だった。何かいないかと思っていると、奥のほうにキタテハがきていた。でも、撮れたのはこの1枚。すぐ、遠くに行ってしまった。
a0181059_1333929.jpg

教育園の一番奥、武蔵野植物園というポイントにはタイアザミが咲いており、多くのチョウが現れる。奥のほうにヒョウモンが飛んで来てとまった。行ってみると、オオウラギンスジヒョウモンのメス。木陰でかなり暗い中に咲くタイアザミで吸蜜後、どこかへ消えてしまった。ストロボを使えばよかったかもしれないが、この薄暗い雰囲気は悪くはない。
a0181059_1385449.jpg
a0181059_1392063.jpg

日の射す場所にもタイアザミはあり、アゲハがやって来る。いい位置にアオスジアゲハがきたので、かなりの枚数を撮った。やはり、このチョウ、逆光がいい。途中に介入してきたのはイチモンジセセリのようだ。久しぶりの9コマ。
a0181059_13144121.jpg

比較的傷みのないクロアゲハ。
a0181059_1317085.jpg

でも、スローシャッターでブレブレのこんなのも、好みです。
a0181059_13184165.jpg
とても大きな影を見つけた。何かと思ったらモンキアゲハだった。ここで見るのは初めて。ふわふわと力なく飛びまわり、とまったのは頭の上。残念ながらの証拠写真。水生植物園という所にいたモンキチョウ(♀)、ヒカゲチョウとウラギンシジミ。モンキチョウが蜜を吸っていたツリフネソウは異常繁殖、ウラギンはまだ夏仕様だった。
a0181059_1414383.jpg

先日見たミドリヒョウモンのメスは見つからなかった。飛び廻っていたのはオスばかりだった。ときどき花に来るが、どうやら探雌飛翔がメインの様子。後で画像を調べたら、オスは3頭いたようだ。
a0181059_1328292.jpg
a0181059_13281770.jpg

多かったのはツマグロヒョウモン。あまり撮らなくなってしまったけれど、美しいヒョウモンだ。
a0181059_13301314.jpg

水生植物園にはノアザミが咲いており、いつもツマグロヒョウモンがたむろしている。ここのベンチの下では、ちょっとした騒動があった。解説をすると、とめどもなく下に落ちる気がするので、余計なことは言わないけれど、この曲り具合は北斎か歌麿かというところ。なかなか決着がつかないので、シャッターを切るのを止めてしまったが、最後は、メスが完全に横倒しになって死んだふり。オスはやっと諦め、メスの勝ち。
a0181059_13294144.jpg

ヤマトシジミとツバメシジミの黒いメス。ヤマトシジミは、虹色の幻光。羽化して間もなくのものは良く光るようだ。「あぶら光り」というのも、イメージが悪いので、「レインボウ・リフレクション」と呼ぶことにしようかなぁ、と思っています。
a0181059_13451314.jpg

ヤマトシジミはこの園内にはそれほど多くはないのだが、もう黒縁の幅が狭い寒冷型のオスも出てきていた。いよいよ、秋!
a0181059_13482971.jpg


今年もオオウラギンスジヒョウモンが現れた。ミドリヒョウモンは6月には一度も見たことがないが、オオウラギンスジは6月に新鮮な個体を見ている。両種とも、ここで羽化しここで夏眠後、秋に現れるのか、いったん郊外に移動し秋に戻ってくるのか、興味あるところ。でも、こんな都心で、郊外の山の中のヒョウモンチョウが見られるなんて、とても嬉しいことにつきます。

by otto-N | 2013-09-30 14:04 | Comments(2)

2012.5.23-28 長崎・五島列島② モンキアゲハ    2012.5.31(記)

2012.5.25
朝起きたら、外は雨。天気予報では昼ころ止むという。9:20発の高速船で、中通島の南端の奈良尾に9:50に着く。ここから無料のシャトルバスで1時間、有川という町に着いた。有川に着いても、相変わらず雨。港の待合室でどうするか妻と協議。とりあえず予約してあったレンタカーを借り、教会めぐりをする。そのうち、小降りになってきたようで、傘もほとんど要らなくなった。昼食は、有川名物の五島うどん。

最初に行ったのは、頭ヶ島教会。続いて、冷水教会、大曾教会、青砂ヶ浦天主堂。この島には29の教会があるという。外観も可愛いが、内部も素晴らしい。特に、温かみのある和風ステンドグラスがいい。
a0181059_13575139.jpg

雨は止んだが、相変わらず曇り空、海もどんよりしていた。五島の島々は緑が多い。町のすぐ裏は密林状態。わずかな平地に人が住んでいるという感じだ。右の写真は、矢堅目という絶景ポイント。この岩の色、形は五島に共通のようだ。
a0181059_1432850.jpg

この日、泊ったホテルは小高い所にあった。4時ころには青空も出始め、雲が綺麗な夕日になった。
a0181059_14201110.jpg

ホテルの裏にいたカミキリムシ。調べたらラミーカミキリというらしい。同じところに10頭以上いた。チョウはイチモンジセセリだけ。夕日を浴びてアカタテハがテリを張っていたが撮れず。
a0181059_14271696.jpg


2012.5.26
雲1つない快晴。午後に佐世保行きの船に乗ればいいだけだった。しかし、広いようで狭い島。観光としては行くところがない。ホテルの裏には舗装された道が上まで着いており、少し歩けば、頂上まで行けるという。そこで、朝一番で行くことにした。登るにつれ1車線。周りは密林状態。路傍には数頭のアサギマダラがアザミで吸蜜。頂上へ行く道を見つけたが、草ぼうぼうの登山道だった。登山は断念。アサギマダラでも撮ろうかとゆっくり下りたが1頭もいなかった。

さてどうするかと迷ったあげく、坂本竜馬のゆかりの場所があるという。行ったところ、なあーんだという場所。その帰り道、モンキアゲハが2頭絡んでいるのが見えた。クルマをすぐ停め、撮影した。オスがメスの気を引こうとするが、メスは一向にその気がなく、吸蜜に夢中。そのうち、3頭目が絡み、みんないなくなってしまった。
a0181059_14463566.jpg

オスが少し離れていた画像や、オスの写りが悪い画像から、メスだけを切り取るとなかなか良かった。
a0181059_14533299.jpg

モンキアゲハのメスをマクロで撮ると、こんなに綺麗だったのかと思うほど綺麗だ。この花の色にちょっと難があるけれど。
a0181059_14224479.jpg

a0181059_145583.jpg


昼食は、別な店で五島うどんと思ったけれど、朝のTVでは五島ではウニ漁が解禁になったらしい。妻はウニ丼にしようという。が、どこで食べることができるか?看板は見当たらない。レンタカー屋のおやじに聞いてみたが???。ひょっとしたら鮨屋にあるかもしれないとのこと。で、店に行って尋ねたところ、できるという。ビールも飲みたいので、即、クルマを返却して、予定より早い船で佐世保に行くことにした。
ウニ丼はうまかった。北海道のと違い、生ウニがご飯に絡めてあり、その上にとれとれのウニが載っていた。ウニはムラサキウニだというが、北海道のものより濃い感じ。ところが変われば味も違うようだ。
ところで、有川港売店で営業していたレンタカーの料金。24時間を超えたが5000円。もちろん軽だがずいぶん大まか、安かった。しかし、ガソリンはリッター180円とかなり高い。

13:00の船で有川から佐世保に向かったが、この船、とても小さい船で揺れた。佐世保着14:25。ここから松浦鉄道で約1時間、平戸口へ。バス停まで荷物をころがしながら800m歩き、バスで平戸大橋を渡り、平戸の温泉宿に17:00すぎ、やっと着いた。
早速、街歩き。教会とお寺が見える風景はあまりに有名になった。
a0181059_1549844.jpg



(長崎・五島列島③に続きます)

by otto-N | 2012-05-31 15:43 | Comments(4)