たかがヤマト、されどヤマト

タグ:モンキチョウ ( 27 ) タグの人気記事


2015.2.27 江戸川河川敷 モンキチョウ   2015.2.28 (記)

2015.2.27
予報では晴れ。江戸川の河川敷に3度目の出撃。前々日に行ったときは曇ってしまい、モンキチョウは1頭も見なかった。この日も、出てくるときは青空だったのに現地に着いてみると、地下鉄で東京を横断している間に曇ったのか、東京の西と東では天気がこうも違うのか、ボヤいてもしかたがないが曇り空。ただ、雲の隙間から青空が見えてもいるので、晴れてくることを期待して、河川敷の長い堤防の遊歩道をとぼとぼ歩く。北風が冷たい。

じっと立ち止まっていると寒いので、遊歩道を行ったり来たりしているうち、12時を過ぎたころ、雲が少しずつ切れ始め日射しが強まると、モンキチョウが飛び出してきた。メス探し風のオスは、飛び回りっぱなし。広角で追いかけても速すぎで全く手も足もでず。足元から飛び立ったメスがホトケノザで吸蜜をしたので撮っておく。やっと一休みしたオス。
a0181059_20451661.jpg

先日の場所より急な土手を飛び回り続けるオスは諦め、メスを撮ることにした。
a0181059_2047957.jpg

土手下部のセンダングサの茂みの中がなぜか好きらしい。
a0181059_20454290.jpg

枯れたセンダングサは少ないけれど、苦手です。
a0181059_20474697.jpg

一休み。ファインダーを覗かずに撮った中の1枚。
a0181059_2052167.jpg

メスは、「青空にヤッホー」とはいかなかった。ピンボケだ。
a0181059_205134100.jpg

1コマ目は惜しくもピンボケ。2コマ目は字余り。3コマ目はもっと左からだと良かったのだが。
a0181059_2050414.jpg

せっかく、ピンは来ててもこの背景では・・・。(1コマ目、自分の陰で暗くなる)
a0181059_20392186.jpg

21ミリでは、標準の置きピンは25cm。だんだん弱気になると30cm、強気では20cm。この狭間で揺れ動く。裏目に出るとこんな感じ。
a0181059_20393751.jpg

端正な横の姿。浮遊感があるけれど、背景にアクセントがなく面白みに欠ける。
a0181059_20515125.jpg


しばらくモンキチョウで飛翔撮影の練習が出来そう。でも、オスは速いし、先回りして待ち構えていても、シャッターを切る寸前に方向を変えるので、とても難しい。と、言うわけで、当分、モンキチョウで飛翔の練習になると思います。それと、越冬キタテハの追っかけかな。


P.S.
モンキチョウの黄色いメスをどうやって見分けるのか、「徘徊・・・うろつきまわること」のShinさんに尋ねたところ、「後翅裏の大きいピンクの紋が、楕円型がオス、真円型がメス」とのこと。図鑑には腹端の交尾器によると記載されているが、果たしてどうであろうか?以下、左と中央は19日の2個体、右は27日の1個体。紋の形はいびつであり、スパッと判断できないけれど、真円型に近いのは中央の個体。であるならば、19日にオスだと思って追跡していたのはメスということになる。(そう言えば飛び方が弱々しかった)。これからは、もう少しきちんと撮っておこう。(これまでにも撮ってあるかとは思うけれど、探すのがメンドー)
a0181059_9464573.jpg


by otto-N | 2015-02-28 22:13 | Comments(4)

2015.2.19 江戸川河川敷 モンキチョウ   2015.2.21 (記)

2015.2.19
関東でもちらほらモンキチョウが発生しているとのこと。近くにはモンキチョウの見られる場所はなく、私には無縁と決めつけていたところ、
「はばたき」のFavoniusさん
から、「モンキチョウを撮りに来ませんか」との招待状(もちろんメールですが)。即、「行きます。行きます」と返信。

10時30分、現地到着。久しぶりの野外。江戸川の河川敷、草が秋に刈り取られた土手。日射しは強く、ダウンを着ている背中はポカポカだが、北風が吹いており手と顔が冷たい。これはちょっとキツイかなと、まあ、半分諦めて、チョウチョ撮影の与太話。ときおり風が弱まるので期待するものの、風はなかなか吹き止まない。お昼を食べてから、気温が上がったようなので、土手を動き回るが、うーん、やっぱりダメかな、諦めて帰ろうかと思ったとき、Favoniusさんが1頭が飛んでいるのを見つける。時刻は14時30分。

飛んでいたのはメス。すぐにとまったので証拠写真。ものすごく敏感。近づいただけですぐ飛んでしまう。別の場所にとまるけれど落ち着かず、飛び出したところを風に吹かれてロスト。しかし、入れ替わるかのようにオスが飛んできた。このオスも落ち着かなかったが、何とか証拠写真を撮る。
a0181059_1947724.jpg

近づくだけで飛び立つので、飛んでるのを追いかける。「これを撮れなかったら、もう飛翔は止めろ!」と、後ろから檄が飛ぶ。ヤバ!全然距離が足んない。これがピンが来た最初の1枚。
a0181059_19475512.jpg

その後は、交代で飛翔を追いかける。
a0181059_19472475.jpg

モンキチョウを追いかけるのは初めてだった。この土手の斜度はあまりなく、草のある程度刈り取られているので、とても走りやすい。
a0181059_19483472.jpg

せっかくの青空。これを入れずにしてなるものかと狙う。
a0181059_19481397.jpg

出て来たオスは2頭。こんな遅い時間に出てくるとは予想していなかった。ダウンはとうに脱いでしまっていたが、それでも汗だくだった。襷掛けで左肩に300ミリ、右手に21ミリを持って追いかけるんだからムリはない。
a0181059_19473559.jpg

青空へヤッホーという感じ。
a0181059_19485765.jpg

追いかけ撮りばかりになってしまったが、とりあえず、ピンが来ていたものがあり、ほっとする。
a0181059_19491551.jpg

そろそろ終わりころ。寒いせいか、追い回したせいかチョウもお疲れモード。枯れた草にとまる直前の1枚。
a0181059_1954133.jpg

その枯れ草にとまって動かなくなってしまった。300ミリで撮影(上の画像の続きです)。15時30分、撮影は終了。広角で撮った数は800枚だった。
a0181059_19551611.jpg

この日、撮った一番のお気に入り。この日の最後ではないけれど、草の隙間から這いつくばって撮ったもの。風で揺れるので19枚も撮ったが、結局、草を被らず頭がちゃんと写っていたのは最初に撮ったこの1枚だけだった。風で揺れる葉に必死でしがみついているのがいじらしい。
a0181059_19553457.jpg


久しぶりにチョウを撮影した。2月に越冬ではないチョウは初めてだった。風があったので出て来ないと思ったけれど、4時間待った我々の粘り勝ち。誘ってくださったFavoniusさんに感謝です。

by otto-N | 2015-02-21 19:35 | Comments(12)

2014.10.24-25 長野県・根子岳 エルタテハ   2014.10.30 (記)

2014.10.24
雨の予報に変わったので宿の予約を1日伸ばしてもらい、長野県の上田の近くにある四阿山(あずまやさん、標高2354m)と根子岳(2207m)に登る予定で、11時ころ上田に到着。蕎麦を食べた後、ツメで有名なお寺に行くものの目的は果たせず、猿飛佐助で有名な角間渓谷に行く。

散策路の出だしは急な階段で、その後は細い登山道風。だが、すぐに終わってしまい、谷底の林道に出てしまった。その途中にあった東屋からは少しだけ周りを見渡せた。確かに紅葉だがそれほどのことはなさそう。先が二つに割れたV字形の岩が面白かった。
a0181059_16252887.jpg

東屋からエルタテハが出てきて近くの松の幹にとまった。
a0181059_1627554.jpg

谷底の林道は薄暗かったけれど、雰囲気はよかった。ただ、紅葉は山の上の方だけで、ときどき木々の隙間から見えるだけだった。行けども行けども劇的には風景が変わりそうもなく、いい加減な所で引き返した。
a0181059_16295328.jpg

菅平でコンビニを探してから、四阿山の麓にある温泉に泊まった。この日一番の紅葉はこの温泉の駐車場にあった3本の紅葉の木。
a0181059_16343086.jpg

この宿から見える風景。左端の浅間山から流して見ると、途中に烏帽子岳。
a0181059_1634487.jpg


2014.10.25
源泉温度は29.7℃と書いてあったので、それを沸かしているのだろう。温泉以外は、大きな宿にしては食事も良かったし設備も申し分なかった。朝の浅間山方面。
a0181059_16473018.jpg

四阿山への登山道はこの宿からも出ているが、四阿山までのピストンになってしまうので、今回は、菅平から登ることにした。菅平牧場→四阿山→根子岳→菅平牧場というルートになる。

昨日の道を引き返し、菅平牧場の駐車場に急ぐ。8時には駐車場はすでに半分以上ふさがっていた。この駐車場の標高は約1600m。後ろを振り返ると槍ヶ岳から白馬まで一望できる。残念ながら一部欠けていたので槍ヶ岳までパノラマ合成できなかった。(クリックすると大きくなります)
a0181059_16584138.jpg

8時20分出発。下界は雲の中だった。牧場の脇が登山口。しばらく白樺の小道を登る。牧場の向こうは北アルプス。
a0181059_1712919.jpg

白樺林の向こうにときどき山がちらつく。槍ヶ岳、鹿島槍、白馬。
a0181059_1783651.jpg

菅平スキー場の向こうに雲、その向こうに山々が続く。
a0181059_17171132.jpg

白樺林が終わるとやっと登山道らしくなった。なぜかまだ咲いていたマツムシソウ。途中で見えた根子岳。4コマ目は、これを登ると四阿山山頂という地点。
a0181059_179321.jpg

振り返ると大パノラマ(6枚の合成)。
a0181059_17252613.jpg

後ろを振り返りながら登った。立山~剣岳~鹿島槍と白馬。
a0181059_19511647.jpg

噴煙たなびく御嶽山、遠い槍ヶ岳、冠雪した富士山、何かと思ったら妙義山。
a0181059_195133100.jpg

11時、四阿山山頂に到着。
a0181059_1726151.jpg

根子岳への分岐点を過ぎたあたりからの眺め。手前の山が根子岳。根子岳のすぐ後ろに戸隠連峰がはっきり見えてきた。
a0181059_17404055.jpg

実はここからが大変だった。最初はどうということはなかったけれど、急斜面で岩と根だらけの狭い登山道。というより崖に近かった。下りだったからいいようなものの、登りはかなりきついはずだ。下っても下っても底に着かない感じ。最後はほとんど藪漕ぎ状態。3コマ目、やっとのことで脱出。根子岳→四阿山は、絶対、止めた方がいい。
a0181059_17471080.jpg

四阿山と根子岳の谷間。笹で覆われたとても気持ちの良い場所だった。ここで大休止。
a0181059_19295640.jpg

ここから標高約200mの登りで根子岳の山頂。天国のように歩きやすい。やはり、遠くで噴煙をあげる御嶽山を意識せずはいられない。
a0181059_19375422.jpg

てっぺんに見えていた岩から、登ってきた道を振り返る。真ん中が四阿山の山頂。岩を右に巻いてさらに道が続き、この道からは横手山から草津白根山まで展望できた。
a0181059_1957155.jpg

13時、根子岳山頂。もうだいぶ見慣れた景色になってしまったが・・・。
a0181059_2044566.jpg

頂上に着いたとき、タテハチョウが飛んでいるのが見えた。少し追いかけたが笹原のほうに飛んでいった。そのときは何かは判らなかったが、また飛んできた。正体はエルタテハだった。晴れていても、ダウンが必要なほど気温が低い。翅を拡げることのできる場所を探しているようだったが、風が強く、なかなかとまる場所がみつからない。やっととまり翅を拡げたのでシャッターを切ったら、風にあおられ飛び去ってしまった。でも、しっかり2枚写っていた。このレンズ、優秀。それにしても、この時期、標高2200mの山頂でエルタテハは何をしていたのだろう。
a0181059_1748552.jpg

寒くなったので、エルを諦め、下山開始。正面に見える御嶽山。立ち上る噴煙が雲になって漂っているように見えた。犠牲者のご冥福をお祈りします。
a0181059_209668.jpg

ざくざくとした登山道を下りながら、ときどき正面の山々を撮る。槍、鹿島槍、白馬。
a0181059_17482349.jpg

麓の牧場付近の秋。
a0181059_17484216.jpg

14時40分、駐車場到着。モンキチョウが飛んでいたので目で追いかけていると、やっととまった。もう少し左に寄ろうとしたとき飛ばれた。目が花弁の間から見えているのでいいだろう。たぶん、今年最後のモンキチョウ。
a0181059_20363433.jpg


by otto-N | 2014-10-30 20:10 | Comments(0)

2013.3.28 東京・目黒区 モンキチョウ   2013.3.29(記) 

2013.3.28
外では半袖でいいくらいの暖かさ。午前中は自然教育園に行き、午後からは中目黒の公園に行く。

自然教育園では、カタクリの花が終わりかけ、ニリンソウが咲き始めていた。ツマキチョウがちょっとだけ飛んでいたが、まるでとまらない。飛翔撮影を試みるが、設定ミスばかりしていた。キタキチョウが黄色いノウルシの花の前で絡んでいたのもボツ。自然教育園ならではの吸蜜を撮っておく。スミレは普通だが、この2つの花への吸蜜はそう多くはないと思う。今季初のベニシジミはやってきたが、すぐキタテハに追い立てられ、どこかに行ってしまった。
a0181059_2073090.jpg

中目黒の公園。本命を探すもののまだいなかった。モンシロチョウがぼちぼち、キタテハがテリ張り争いというところ。ここでも飛翔を試みる。モンシロチョウは何とかなったが、キタテハは露出不足。そもそも、ツマキチョウの白がとばないようにアンダー設定なので、そのままではムリだった。そうしているうち、ユキヤナギにまとわりついているツマキチョウを見つけた。そのうち、いい場所を見つけたのかとまって翅を閉じた。以前にも何度かユキヤナギで休むもを見たことがある。この花が保護色であることを自覚しているらしい。目を離すとわからなくなる。
a0181059_2014783.jpg

ここへ来る前、モンキチョウを何度か見たけれど撮影できず残念だったが、目の前に突然現れた。最初はヒメオドリコソウで吸蜜したが、すぐ園芸種の花に移り長く吸蜜していた。飛び去った後、追いかけると今度はタンポポ。やっぱり園芸種よりタンポポのほうがいいですね。
a0181059_20405917.jpg


やっと、近所でベニシジミとモンキチョウが出てきたが、どちらもそう多くはない。ベニシジミの食草はあまりないにしてもモンキチョウの食草くらいはどこでも生えているので、ちょっと不思議な気がする。桜の満開になり、これで、やっと都内も春です。

by otto-N | 2013-03-29 20:43 | Comments(4)

2012.9.5 東京・多摩川河川敷② ギンイチモンジセセリ    2012.9.14(記)

2012.9.5(続き)
10時半をすぎると、ギンイチモンジセセリは全く出てくる気配もなく、午後少し涼しくなってから、再び現れることを期待し、それまで、アカツメクサに集まる他のセセリに遊んでもらっていたわけだけれど、さすがに暑かった。セセリの他には、当然ヤマトシジミがちょこまか飛んでいるが、全くとまらず相手にしてもらえなかった。そして、モンキチョウ。メスが花にとまっているなぁとボオーッと見ていたら、メスが翅を拡げ、風に揺らいでいる。その前にオス。オスがメスの前で挑発しているのか、よく判らなかったが、とりあえず、モンキチョウの開翅写真が撮れた。その後は、メスが花から離れたので、オスは追いかけていった。
a0181059_1627217.jpg

セセリを撮るのもいささか暑く、同じ場所にいるのも飽きたので、少し上流の方に移動した。川のほうに向かって道があり、周りはススキか葦の藪という所でギンイチモンジセセリが飛び出した。茂みに潜り込んだが、すぐ近くなので撮影できた。
a0181059_16343650.jpg

近づくとすぐ飛ばれたが、なぜか枯れた場所にしかとまらなかった。
a0181059_16345239.jpg

近くを探すものの、他には見つからず、緑色の背景で撮りたかったのに、と落胆しながら、土手の上を歩いていると、ギンイチモンジセセリが飛んできてススキ?の葉にとまった。やはり、枯れたところ?
a0181059_16432773.jpg

気配を察してか逃げるが、すぐ近くにまたとまる。何回かこの繰り返しだった。後で見たら、どれも同じような絵ばかりだったけれど、緑の背景をやっと撮ることができた。
a0181059_17303090.jpg

左右とも同じ箇所に少し摺れた傷があったけれど、藪の中を飛び回っているので、傷付きやすい場所かもしれない。よく見たら、この日に撮った3頭とも、同じ場所に傷があった。
a0181059_1735190.jpg


ギンイチモンジセセリを再び見つけたのは、午後1時過ぎ。まだまだ暑かった。少しは飛び回るけれど、すぐ葉陰で休む時間帯のようだった。土手ではもう1頭見つけたけれど、すぐに見失い、2時をすぎたころ、雲が出始めた。もう少し粘りたかったが、ポカリをとっくに飲み干し、もう限界だった。駅に向かう途中、コンビニで買ったのはビール。クルマだとこうはいかない。

by otto-N | 2012-09-14 17:11 | Comments(10)

2012.8.15① 北海道・十勝 ジャノメチョウ    2012.8.19(記)

2012.8.15
8月12日から8月18日まで、お盆のお寺まいりということで北海道に行って来た。今回はフェリーでは行かず、千歳から入り帯広から戻ってきた。航空券は馬鹿高い。12日から14日まで母のいる札幌、13日に帯広の隣町の幕別(妻の実家)に移動した。札幌では近くの山に行きたかったが、時間がなく天気がも悪く足もなかったので、十勝でチョウと遊んできた。

この日の朝、モンキチョウくらいしか期待できなかったが、お寺参りに行く前に近くの川の土手に行ってみた。さすが北海道、太陽が出ていないと半袖では寒い。したがって、チョウも飛んでいなかった。少したつと空が少し明るくなり、モンキチョウがちらほら飛び始めた。土手にはアカツメクサが咲き誇っており、よく見ると、あちらこちらにモンキチョウが黄色い花のようにとまっていた。
a0181059_15371426.jpg

摺れた個体が多かったけれど、新鮮な個体はほれぼれするくらい綺麗だった。まだ眠っているのか、寒くて動くことがげきないのか、ぎりぎりまで近づくことができた。
a0181059_1537344.jpg

そして、近くから飛び出したもう一種類のチョウ、ジャノメチョウ。例年だとスレ個体ばかりだったが、今年はほとんどは新鮮。東京の自宅近くにはいないので、私にとっては嬉しい。じっくり撮らせてもらった。
a0181059_1720526.jpg

気温が上がらないせいか、翅を拡げてもなかなか閉じない。青い斑紋は陰気な感じがしないでもないがシブい。
a0181059_15462114.jpg

裏側もなかなかのものだ。
a0181059_15463826.jpg

この土手にいたベニシジミとツバメシジミ。エゾリスを撮っていたときに飛んできた全然光らないコムラサキ。
a0181059_15523187.jpg

幕別町は「パークゴルフ」の発祥の地。そのコースのそばでは数匹のエゾリスが何かの木の実をあさっていた。近くに寄っても逃げない。
a0181059_17233548.jpg

尻尾まできちんと撮りたかったが、撮れなかいうちに木の上に上がってしまった。残念。
a0181059_1557548.jpg


アカツメクサがいっぱいの土手のモンキチョウとジャノメチョウは、どちらも新鮮で美しかった。朝方、雨が降ったようで、すぐ足元はぐちゃぐちゃになってしまったが、追わずにはいられなかった。

by otto-N | 2012-08-19 16:17 | Comments(12)

9月、恵比寿、ヤマトシジミ (2010.9.15)   2011.3.22

2010.9.15-17
恵比寿ガーデンプレースの庭。
ヤマトシジミの食草のカタバミはほとんど見当たらないが、花の好みがうるさいヤマトシジミにも、好きな園芸種があるとみえる。

細かな白い花をバックにすると、なかなか映える。
a0181059_13371476.jpg

この花が一番の好みのようだ。
a0181059_13152178.jpg

花以外のところで休憩中のヤマトシジミ。
a0181059_1315401.jpg

ヤマトシジミ以外のチョウ。
モンキチョウ、ツマグロヒョウモン(♀)、ここでは珍しいベニシジミ、そしてクロアゲハ。
a0181059_13432132.jpg


ここの庭は散歩のコース。ヤマトシジミは必ずいる。そして、ときどきヤマト以外のチョウも飛んでくる。
ただし、通路が決められているので、思うようには近づけない。そして、犬の糞もあるので気をつかう。

by otto-N | 2011-03-22 13:58 | Comments(0)