たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヤマトシジミ ( 256 ) タグの人気記事


2011.5.13 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.5.14(記)

2011.5.13
大雨があがり、晴れるとの天気予報。教育園に行ったものの、蒸し暑く、春の花も咲き終わり、チョウもいなかった。

教育園に行く前立ち寄ったYGP(恵比寿ガーデンプレース)。ヤマトシジミがじっとしていた。
a0181059_1954659.jpg

教育園に入っても、チョウの姿はなし。ここで、ヤマトシジミを今年初めて見たが、みんなスレていた。
ところで、このところ気になるムシ。北海道の晩秋によく現れたユキムシのよう。葉の止まったので、マクロで何枚も撮った。体長1.5mm程度なのでピントがまるでだめ。やっとあったものの1枚。アリマキかカイガラムシの1種かと思う。
a0181059_2092975.jpg

昼近くになって晴れてきた。池の周りでテリ張り中のイチモンジセセリ。これを撮っているとき、ジャコウアゲハが近くを横切っていった。追いかけたが全然だめ。この1年で、ここでのジャコウアゲハは初めてだった。
a0181059_19495134.jpg

自宅に戻り、15:00すぎ、YGPへ行くと、新鮮なヤマトシジミがまだいた。1コマ目は青いメスだったが、翅を全く開かず、日影にじっとしていた。
a0181059_19502067.jpg

300ミリズームと100ミリマクロで撮った(トリミングしたのであまりイミはないか)
a0181059_19503544.jpg

活動を中止して休みに入ったオス。かなり新鮮だった。
a0181059_19513841.jpg


自然教育園はかなり厳しい状態になってきた。今まで楽しませてくれた花もしばらくなさそう。これからイボタが咲くかと思うが、ウラゴマダラシジミはいない。アオスジアゲハとツマグロヒョウモンとイチモンジセセリが集まるくらいだ。
ヤマトシジミは、他の場所ではスレているのにYGPでは新鮮だった。ポイントによって羽化時期がちがう気がする。(1例だけで判断するのはどうかと思うが)

by otto-N | 2011-05-14 20:44 | Comments(4)

2011.5.6 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.11(記)

2011.5.6
教育園に行ったところ、休園だった。しかたなく、隣の公園でヤマトシジミを捜した。

ヤマトシジミは、すぐ見つかった。それもとても青いメス。
a0181059_14521952.jpg

濃いブルーの面積が大きい。オスと間違えるくらいだ。惜しいことに、縁毛が少しくたびれていた。
a0181059_1459250.jpg

新鮮なメスが、また、見つかった。青くはないけれど、なかなかシック。
a0181059_14523710.jpg

まだまだ、青いメスがいた。
(上2コマと下の2コマは別個体)
a0181059_14525455.jpg

オスもいたけれど、やはり、あまり止まらないのでなかなか撮れない。メスにちょっかいを出さないでくれと願うばかり。
a0181059_14563672.jpg

前からのアングルはわるくない。
a0181059_14571731.jpg

メスのツマキチョウがナズナに産卵し、近くのキク科の花で吸蜜。これを繰り返していた。
菜の花に産卵しているのは、別個体。
a0181059_1457414.jpg


教育園が休みのことを知らずに行ったおかげで、捜していたヤマトシジミのメスを撮ることができた。
晩秋に出る青メスより、ブルーが明るく、面積が大きい気がする。
ヤマトシジミは、ゴールデンウィーク前半に急に出てきたようだ。目に付き始めたと思ったら、もう翅が擦れているものが多い。翅がくたびれるほど、オスは頑張って飛び回っていたのだろう。

ツマキチョウもそろそろ終わり。食草としてペンペン草という手があった。これなら、都会でも増えていくことができる。

by otto-N | 2011-05-11 15:32 | Comments(2)

2011.5.2 恵比寿 アオスジアゲハ    2011.5.10(記)

2011.5.2
10:00すぎ、恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社前の庭に行ってみた。

すぐ現れたのは、ヤマトシジミのペア。しばらく待っていると離れた。すぐ近くに止まったメスの翅を開くのを待ちこと数分、少し開いてくれた。
かなり青く、そして新鮮。。全開とはいかなかったが、4コマ目のオスと較べても、遜色はないほど青い部分が広い。
a0181059_1924291.jpg

カタバミで吸蜜後、飛んでいってしまった。残念。
a0181059_1926333.jpg

この庭には、植えた園芸種に混じって、雑草も適度に生えている。ヒメ(ハル?)ジオンは、アオスジアゲハが好きらしく、次々と飛来する。
a0181059_19321765.jpg

アオスジアゲハは逆光側から撮ると、アオスジが透けて美しい。
a0181059_192721100.jpg

ツマグロヒョウモン(♂)、ナミアゲハも飛んできた。
アセビに吸蜜するルリタテハは近くの別な場所で撮った。
a0181059_19273765.jpg


ヤマトシジミの青メスは新鮮できれいだったが、全開翅を撮れず残念。しかし、チラッと見えるところがいいのかもしれない。
アオスジアゲハを撮るのは、動きが早いので失敗も多いがとても楽しい。来るのが途切れるまで、相当な枚数を撮ってしまう。そして、たくさん撮ったときに限ってどれもよく撮れている。

by otto-N | 2011-05-10 19:58 | Comments(2)

2011.4.28 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.10(記)

2011.4.28
今日こそはと、いつもの場所へ。いつものルートで。

隣の公園には、ヤマトシジミが出てきたが、なかなか思ったように撮れない。
a0181059_18242293.jpg

道路わきに飛んでいたオスが、やっと、一瞬カタバミに止まった。
a0181059_1825228.jpg

トラフシジミは降りてくるものの、ぴたりと翅は閉ざしたまま。
a0181059_18255458.jpg

ツマグロヒョウモンも出てきた。(右:翅先端が黒いのがメス)
越冬して、翅が透けているウラギンシジミ秋型。(左:赤いのがオス)
a0181059_18262848.jpg

今年初めてのコミスジ。チョウジソウに吸蜜するキタキチョウとツマキチョウ。帰り際、正門脇のツツジの植え込みにいたクロアゲハ。
a0181059_18264533.jpg


トラフシジミの開翅はもうあきらめです。夏型に期待しよう。
ヤマトシジミは出てきたが、非常に活発。春の出始めは、メス探しに必死で、なかなか止まらないです。
(こちらも、早く青メスを探さなくては)

by otto-N | 2011-05-10 18:48 | Comments(2)

2011.4.26 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.7(記)

2100.4.26
天気がよく、トラフシジミ狙いで自然教育園に行った。

入園する前に、隣の児童公園に寄ってみると、ヤマトシジミがいた。しかし、見つけるのがやっと。数が少ない。
a0181059_15122446.jpg

園内では、相変わらずツマキチョウが飛んでいる。朝のうちは、吸蜜する個体が多い。
チョウジソウとの組み合わせはなかなかよい。クサイチゴの花にも止まるものが増えた気がする。
a0181059_15131011.jpg

ツバメシジミのメスを見かけたが、飛んでいってしまった。オスはその辺をちょこまか飛び回っている。新鮮なものを捜す。
a0181059_15142493.jpg

園内では、トラフシジミを見なかったが、隣の公園にいた。
最初、花壇と地面を行ったり来たりしていたが、藤棚のフジに潜り込んでしまった。産卵ではないらしい。
a0181059_1515422.jpg

花弁からの反射光がスポットライトのようだった(撮るタイミングをちょっとはずした)。花はセントポール、トラフはこの花が好きらしい。
a0181059_1517447.jpg

ここには、何本か夏ミカンの木がある。クロアゲハがやってきて産卵を始めた。卵はまん丸だった。
a0181059_15172679.jpg

アゲハチョウ、アオスジアゲハも吸水にやってきた。いよいよチョウ本番である。
a0181059_15174898.jpg

夕方、日が蔭った枝の先に、眠りについたヤマトシジミがいた。逆光で撮る。
a0181059_15183072.jpg


ヤマトシジミがやっと現れ始めた。まだ、オスしか見ていないが、青いメスが本命だ。
自然教育園には、カタバミはあまりない。雑草として処分されているのかもしれない。隣の公園の一角のカタバミが咲き始めたので、今後はここで粘ることになる。

by otto-N | 2011-05-07 16:02 | Comments(2)

10月 白金の森 ウラナミシジミ (2010.10.19)  2011.4.20

昨年の積み残しです。ちょうど半年前のものです。

2010.10.19
教育園の秋も深まり、チョウの種類も限られてきた。
ウラナミシジミのオス。珍しくツリフネソウに止まった。4コマ目はヤマトシジミ。
a0181059_1524445.jpg

木陰のタイアザミの花にやってきたナガサキアゲハのメス。少し翅は壊れているが、まだまだ大丈夫。
a0181059_15241927.jpg


ウラナミシジミはメスばかりいて、どういうわけかオスは少なかった。
ナガサキアゲハは、翅が痛んだものが多かった。
それにしても、ナガサキアゲハが都内で普通に見られるようになったことは驚きかもしれません。

(10月20日から、アフリカに行ってきました。少しはチョウも撮ってきましたので、積み残し分としてアップする予定です。)

by otto-N | 2011-04-20 15:42 | Comments(0)

10月 白金の森 ヤマトシジミ (2010.10.15)  2011.4.19

昨年度の積み残しです。

2010.10.15
自然教育園の隣の区立の公園の片すみには、ビオトープと称して、ほんの少しだが雑草の生えている場所がある。
ここは、ヤマトシジミの穴場。青いメスも出てきた。
a0181059_140323.jpg
a0181059_141863.jpg

やっぱり、このポーズでしょう。
a0181059_146281.jpg


寒冷型の青いメスを探すのは、なかなか楽しい。羽化したてのに会うと嬉しくなる。
都会のチョウ探しのささやかな楽しみです。

by otto-N | 2011-04-19 14:13 | Comments(0)

2011.4.14 恵比寿 ヤマトシジミ

2011.4.14
天気がよく、ツマキチョウのメスを探しに白金の森へ行った。

自宅のそばの公園を通りかかると、ヤマトシジミがいた。
すぐにカタバミの花で吸蜜を始めたが、2枚撮ったところで、飛ばれてしまった。すぐ近くに止まったので、横から撮ると、何か変。斑点が少ない。
きれいに咲いたカタバミの上だ。ピントが甘かったが、今年の初ヤマト。よしとしよう。
a0181059_13313681.jpg

教育園に着くなり、遭遇したのは、昨日嵐山まで行って撮ってきたトラフシジミ。
開翅は望めなかったけれど、園内のあちこちにいた。どうも、ここでの吸蜜源はアオキの花のようだ。別な場所でも吸っていた。
a0181059_13334683.jpg

ツマキチョウのメスはいたけれど、花には止まってくれなかったが、ツバメシジミのきれいなオスがいた。
a0181059_1334460.jpg

隣接する公園を抜けて帰ったのだが、トラフシジミが飛んでいる。落ち着き先を見ていると、何と花壇。
マーガレットのような花で吸蜜した。しばらく吸っていた。隣を見やると、大輪の白いチューリップにも止まっていた。
a0181059_13353126.jpg


昨年、ここでトラフシジミを見たのは3回だけ。1日でこんなに見たのは初めてだ。そして、アオキの花の蜜を吸っているとは信じられなかった。
アオキは園内にじゃまなくらい蔓延っているので、吸蜜に事欠かない。
さらに、チューリップにはただ止まっていただけと思うが、園外の公園の花壇の花にも吸蜜するとは、まさかでした。

by otto-N | 2011-04-16 14:06 | Comments(6)

10月、白金の森、ヤマトシジミ (2010.10.13)  2011.4.3

2010.10.13
ムラサキツバメが出始め、ムラサキシジミも翅を拡げ始めたので、ムラサキ系を捜しに教育園へ行った。

キタテハが池の周りに生えるているノダケに集まっていた。ノダケの紫の渋さが好きになってしまった。
a0181059_1959432.jpg

5日前に見た落ち姫(?)のオオウラギンスジヒョウモンがまだいた。敬意を表して1枚で載せました。
a0181059_19593264.jpg

ここへきてクロアゲハがきれいになってきた。タイアザミ、陰と陽の2枚です。
a0181059_19595518.jpg

ヤマトシジミのオス vs メス。
a0181059_2001290.jpg
a0181059_20423860.jpg


この日、ムラサキ系に会わなかったけれど、秋らしくチョウを撮ることができた。
そろそろ、ヤマトシジミの青いメスが出てきた。オスを避けるように、イヌタデの花に吸蜜していた。
(イヌタデの咲いている場所とカタバミが咲いている場所が離れているだけのことです。もし、カタバミの場所にいたら、オスに追いかけまわされて、ゆっくり吸蜜どころではないでしょう)

by otto-N | 2011-04-03 20:45 | Comments(0)

10月、白金の森、オオウラギンスジヒョウモン (2010.10.8)  2011.4.2

2010.10.8
この日も、教育園に行っている。目的は何だったか思い出せない。まだ、アサギマダラが目的だったかもしれないが、たぶん、翅を開くことの多くなったムラサキシジミねらいだったと思う。

ムラサキシジミの開翅は撮れたが、この日のサプライズ、オオウラギンスジヒョウモン。オスではなくメスなので落ち武者とはいえないけれど、よくここまでがんばって飛んできた。
そろそろ飽きたけれど、キタテハとヒカゲチョウ。新鮮だったので載せます。
ムラサキツバメも現れたがすぐいなくなった。ムラサキシジミも開翅する。
a0181059_2012146.jpg

ツバメシジミ(♂)は、やはり、ヤマトシジミよりきれいか。
a0181059_20123584.jpg

隣接する公園のカタバミ畑(畑があるわけありませんが)では、相変わらずヤマトシジミが飛び回っていた。
a0181059_20125046.jpg


秋になると、オオウラギンスジヒョウモンが来るとは聞いてはいたけれど、ほんとうに来た。
翅はぼろぼろ。だが、個人的には、こういうボロさは好きです。ここまでくると、風格さえ感ずる(おかしいかな)。
ツバメシジミ vs ヤマトシジミ。ツバメシジミのほうがきれいだとは思う。しかし、ヤマトのほうが、撮りにくいからこそ意地で撮っている気がする。

by otto-N | 2011-04-02 20:40 | Comments(2)