たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヤマトシジミ ( 239 ) タグの人気記事


2016.10.26 東京・白金の森 ヤマトシジミ   2016.11.5 (記)

2016.10.26
久しぶりに、正確には25日ぶりに、自然教育園に行く。その前に、そろそろヤマトシジミのメスが青くなっている頃なので、近くの小公園に寄ってみた。

10月初めに、草刈りが行われたので、カタバミはかなり淋しい状態ではあるけれど、そこそこのヤマトシジミが飛んでいる。オスは飛び古した個体ばかり。それでも、夏と秋の中間くらいの白っぽいピカピカのオスや、青いメスが現れた。
a0181059_1935634.jpg

メスは晴れているので、きれいなブルーには撮れない。
a0181059_19365553.jpg

自然教育園では、ムラサキシジミやムラサキツバメが出て来るはずだったが、ムラサキツバメを1頭見ただけだった。さわやかな黄色のオオニガナが咲いており、キタテハが来るのを期待するが、ツマグロヒョウモンに占領されっぱなし。キタテハが飛んできたものの、蜜にありつけずに飛び去った。
a0181059_19424635.jpg

シロバナナガワレコモウで吸蜜するキタテハ。翅を開いたけれど、たまには、シブく、真横から。
a0181059_1945471.jpg

シロバナサクラタデがまだ咲いており、アオスジアゲハが飛び回っていた。
a0181059_19464976.jpg

しかし、アオスジアゲハはこの花ではなく、一面に咲いたオオミゾソバが目的。ピンクのボケを入れたいがために、少し遠くに来た時にシャッターを切る。したがって、画像は大きくトリミング。
a0181059_1948268.jpg

最初は9コマではなく、12コマを並べた。でも、1コマが小さすぎるし、1画像500KBの制限があるので、1番下の1列(3コマ)をカット。その中に好きな1枚があったので、独立させた。
a0181059_19544091.jpg

今年は教育園でヤマトシジミをよく見かける。以前は珍種。園内のカタバミを徹底的に退治していたためだと推測している。吸蜜している花はアキノウナギツカミ。また、今年は、ウラナミシジミがやたらと多い。まだ新鮮。
a0181059_19595120.jpg

ヤマトシジミ♂。翅脈が白く、とても美しい。もっと輝くような白さになるはず。
a0181059_2013496.jpg



   

by otto-N | 2016-11-05 20:24 | Comments(0)

2016.10.11 東京・恵比寿 ナガサキアゲハ   2016.10.18 (記)

2016.10.11
曇り空。マクロを持って近所にヤマトシジミを探しに行く。いつもの小公園は草が刈られたが、1か月後にはカタバミも出てくるだろう。スレたヤマトシジミのオスがいたけれど、黒いメスが目的。やっと1頭だけ見つけ、撮っている最中にオスが介入。ちょっときれいだったので残念だった。
a0181059_14564467.jpg

Sビール本社前でも探すが、不作。気がつくとナガサキアゲハがやって来ていた。暗い木陰だが、きれいだったので、ISOを上げて撮る。ナガサキアゲハのオスは後翅の青鱗粉の列がいい。
a0181059_14565539.jpg

宙に浮いているのは1枚だけだった。
a0181059_1457696.jpg



   

by otto-N | 2016-10-18 20:40 | Comments(0)

2016.9.27 東京・東京駅八重洲口 ヤマトシジミ   2016.10.2 (記)

2016.9.27
近くでヤマトシジミ撮っていたら雲が厚くなり撮影を中止したが、雨は降りそうにもなく、夏には皆無だった銀座でもヤマトシジミは増えているかもしれないと、出かけてみる。11時、地下鉄の銀座で地上に出てみると、かなりの人出。観光客がほとんどと思う。多くの人は上を見ながら歩いているが、車道と舗道の間の花壇を見て歩く。4丁目付近の花壇にはしっかりとカタバミが残されていた。吸蜜できそうなオレンジ色の花も植えられていた。しかし、またしてもゼロ。そのまま、東京駅のほうに向かう。昨年はヤマトシジミがたくさん飛んでいた銀座のはずれの場所もゼロ。曇りということもあるが、交通量が多く排気ガスのせいなのかもしれない。

昨年来た時、東京駅の八重洲口には何もいなかったが、黄色い花の咲く植え込みにチョウの姿を発見。近づくと、ウラナミシジミ。その傍にヤマトシジミも飛んでいた。カタバミもそこそこあった。
a0181059_201205.jpg

空は、相変わらずの曇り空。LEDライトを点け、F3.2解放で撮る。
a0181059_2012982.jpg

この場所は、タクシー降車口。2~4コマ目の車は同じだが、連続写真ではない。違法に近い車が長い時間停まっているだけ。
a0181059_20121975.jpg

途中で急に晴れてきた。少し絞る。絞り解放だと、さすがに一部しかピントが来ないのでやれやれ。
a0181059_20193295.jpg

黄色い花の植え込みは3か所。背景を考えて撮るのだが、ビルと車が写るだけで面白みに欠ける。
a0181059_20204814.jpg

ウラナミシジミのメスの構造色を撮りたいのだが、なかなかピントが合わなかった。
a0181059_2020383.jpg

連続する2コマ。
a0181059_20194265.jpg

もう1回。連続2コマ。2コマ目は、同一個体か、追いかけている個体かは不明。
a0181059_2020717.jpg

イチモンジセセリも多かったが撮り飽きていたのでスルー。その代わりチャバネセセリ。途中、八重洲地下街で昼食し、再び、地上へ。
a0181059_20195573.jpg

結局、八重洲口らしい風景は撮れないまま終わった。丸の内側ほど特徴がないのは仕方がないが、このポイントは駅ビルに近すぎる。
a0181059_2021248.jpg

最後にヤマトシジミ。実に、この日、ショット数は2000を超えた。過去最大で、どうしーよーもない画像ばかり。暗い時は撮っても仕方がない。K-3のシャッターユニットはいつまで持つか・・・
a0181059_20211410.jpg

この黄色い花は、ユーリオプス デージーと言うらしい。キク科の常緑低木。南アフリカ原産。秋から冬に咲く手入れ不要の安直な花のようだ。100ミリマクロも持っていた。
a0181059_2243560.jpg

新鮮なのはメスだけと思っていたが、オスも奇麗だった。しかし、なかなかいい角度で撮らせてくれない。
a0181059_2244883.jpg

ヤマトシジミ♂。黄色のボケが最大になるアングルを探す。
a0181059_2242265.jpg

羽化直らしいピカピカのヤマトシジミ♀。明るい色の花の上では、この表翅の漆黒を表現するのは難しい。
a0181059_22526.jpg

これからじっくり撮ろうかと思った時、オスに見つかり飛び去ったが、近づくとすでに交尾が成立していた。その気のあるメスは1発で交尾する。
a0181059_2251588.jpg

吸蜜しながら開翅するオス。そろそろ、気温が低い時期であることは確かだ。
a0181059_2252640.jpg



   

by otto-N | 2016-10-02 18:24 | Comments(0)

2016.9.27 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.10.1 (記)

2016.9.27
朝、薄日が射したので、ヤマトシジミの開翅を撮りに出る。

オスはこのくらいの薄日がちょうどいいのだが、奇麗な個体は少ない。
a0181059_13453967.jpg

メスはやはりもう少し暗くてもいい。そのほうがアラが目立たない。オスを避けるかのように草の陰にすぐ入り込む。
a0181059_13455190.jpg

こんな背景で撮っても仕方がないのだが、近々、草刈りが入りそう。そうなったら丸坊主で土が剥き出しだ。
a0181059_13455925.jpg
雑草として刈られてしまうカタバミはすぐに生え、近くに吸蜜できる花もあるのだけれど、問題は刈られたカタバミについている幼虫や卵。集めて焼却されてしまうので、せっかく夏から秋に増えたヤマトシジミは、越冬する前に数を大きく減らしてしまう。



P.S.
2016.10.1
今日はピンクリボンの日。ピンクにライトアップされた東京タワー。18時30分に点灯された。
a0181059_19412031.jpg



   

by otto-N | 2016-10-01 20:12 | Comments(0)

2016.9.24 東京・恵比寿 アカボシゴマダラ   2016.9.28 (記)

2016.9.24
雨が降ってきそうな曇り空。一応、18-135ミリの標準ズームのテレ端でも、100ミリマクロと同じような感じでヤマトシジミを撮影でき、AFの一度迷った合焦の復帰が速いので、マクロでなくてもいいかもしれないと思ったので、2つのレンズの直接比較をしてみた。

その結果、写りやボケは問題がないのだが、やはりマクロがいいことになった。理由1:標準ズームだと寄りすぎて本当はピンボケなのに合焦点マークが点く(騙された)。理由2:同じ距離ではチョウは小さくなってしまう(なぜ?)。理由3:マクロより大きくて重い(ザックへの収容×)。理由4:MF使用を考えていないのでピントリングの動きが重過ぎし、距離目盛を刻んでない(飛翔×)。以下の画像は、左がマクロ、右が標準ズーム。チョウの写る大きさが違うので、どちらもトリミングして大きさをそろえてあります。いずれもF5.6の絞り優先。
a0181059_15121247.jpg
a0181059_15122135.jpg
a0181059_15123425.jpg


すぐ、結論が出たので、以下は100ミリマクロでの画像。
a0181059_15175388.jpg

どういう理由か、奇麗なオスはあまり飛んでいなかった。
a0181059_15382358.jpg

アカボシゴマダラが2頭舞っており、そのうち、赤い実のつけた木にとまった。最初はこの赤い実が目的だと思っていたが、そうではないらしく、オスの求愛だった。オスがメスの後ろにとまったまましばらく動かなかった。2~3枚撮っていたら、突然飛び立ち近くにとまるが、相変わらず、オスはひたすらメスの後に控えるだけ。ときどき、翅を拡げるが、メスは無視。そのうち、我慢できなくなったか、オスは脚でひっかくそぶりを見せると、メスは逃げていった。11:11~11:26の出来事。この赤い実の木はヤマボウシ。調べてみると、甘いらしい。
a0181059_15184770.jpg

木陰にある彼岸花。クロアゲハが来ていた。
a0181059_151814100.jpg


   

by otto-N | 2016-09-28 20:08 | Comments(0)

2016.9.21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.8.27 (記)

2016.8.21
今シーズン、まだ、ヤマトシジミの温暖期のオスを撮っていないことに気づく。気温が低く、曇り。こんな日は、空が少し明るくなるだけで翅を開くので、登山用のレンズ(18-135ミリ)だけを持って散歩に出かける。ほとんどスレているに違いないと思っていたけれど、どうしてどうして、そんなことはなく、新鮮なものが意外と多かった。
a0181059_1334013.jpg

葉陰でゆっくりと翅を閉じたり開いたりしていたので、前に回ったが隙間が狭すぎた。
a0181059_1332521.jpg

晴れていると前縁が光りすぎるが、曇っているとあまり目立たない。晴れているとくすんで灰色がかったブルーに撮れるが、しっとりしたブルーに撮れる。
a0181059_1342970.jpg

もう少し個体差があるかと思ったが、似たような感じばかりだった。
a0181059_1343996.jpg

Sビール本社前。モンシロチョウが2頭、吸蜜に余念がなかった。1頭が奥から手前にでてきたところを撮る。赤いボケは彼岸花。
a0181059_1351758.jpg

時には、南国出身のチョウらしく、どぎつく。
a0181059_15175694.jpg

シャトー前広場。イチモンジセセリに混じって、チャバネセセリ。どうしても、逆光で透けた白斑を撮りたくなってしまう。
a0181059_1352960.jpg

イチモンジセセリ。ボケたオレンジ色はなかなかいい。このレンズのテレ端は使えそう。
a0181059_1354055.jpg





   

by otto-N | 2016-09-27 20:10 | Comments(2)

2016.9.15 東京・恵比寿ガーデンプレース イチモンジセセリ   2016.9.26 (記)

2016.9.15
イチモンジセセリはビュンビュン飛び回っていた。吸蜜を邪魔すると、恨めし気に首を捻りこちらの方を向く。ワルカッタかな。実は、この捻り顔が一番の狙いだった。
a0181059_943525.jpg

今度は逆向き。淡い色のシャトーが美しい。
a0181059_9431964.jpg

おはようさん。花にとまる前のホバリング。
a0181059_9434576.jpg

シャトーと逆サイド。ドームの天井には、震災前、巨大なオブジェが吊り下げられていたが、それがなくなり淋しい。というか、美しさに欠ける。
a0181059_9432943.jpg

午前中は人が少ない。
a0181059_9435980.jpg

再び、シャトー側。
a0181059_9441227.jpg

ヤマトシジミが1頭、飛んできた。
a0181059_9442852.jpg

すぐ花壇の真ん中のほうに引っ込んでしまい、撮るのが難しかった。
a0181059_9444022.jpg



P.S.
近くで、正月休みも返上し突貫工事で不思議な建築物を建てていた。出来上がってみると、「水素ステーション」。営業開始当時、給油訓練と思われるクルマを一度だけ見たことがあるがそれっきりで、スタンドの真新しい床にはタイヤ痕もほとんどなかった。この日、2度目のホンダ車。航続距離は500kmを越えるのに、価格が高すぎるのが難点か。水素は危険かと思ったら、すぐ上に拡散するので、ガソリンより安全らしい。
a0181059_11112740.jpg


   

by otto-N | 2016-09-26 18:37 | Comments(0)

2016.9.9 東京・Jr恵比寿駅東口 ヤマトシジミ   2016.9.23 (記)

2016.9.9
朝から晴れ。またまた恵比寿駅の通勤客の足元のヤマトシジミ。構図はさておき、このくらいチョウがはっきり撮れると気持ちがいい。
a0181059_16453882.jpg

いつもの朝のように、電車が着くたびに駅から人が吐き出される。
a0181059_1646564.jpg

人が入らないとまるでつまらない。人は影だけ。一瞬、遅かった。
a0181059_16461979.jpg

もっと探せばいい場所があるとは思うのだが、なかなか見つからない。
a0181059_16455281.jpg

裏翅だけ。とまっている時との違いは脚を縮めているかどうかだけだが、それなりの浮遊感。
br>
a0181059_16462762.jpg
                                                  (この日の露出: ISO1600、1/4000、F4.5~6.3)



 

by otto-N | 2016-09-23 14:18 | Comments(0)

2016.9.6 東京・Jr恵比寿駅東口 ヤマトシジミ   2016.9.20 (記)

2016.9.6
朝から晴れ。とりあえず、21ミリだけを持ってヤマトシジミを探しに行く。Jr恵比寿駅東口の花壇を見てみると、ヤマトシジミが数頭飛んでいた。駅から次々と通勤客が出て来る。写り込むロープが邪魔だが、足元を飛び回るヤマトシジミを連写した。
a0181059_1340259.jpg

気温も高いので、飛ぶのが速い。
a0181059_13372160.jpg

上の4コマ目の次。1秒÷8.3コマ=0.12秒/1コマで、人とチョウがこんなに動く。(カメラも)
a0181059_13384898.jpg

メスもいたが、あまり日の当たる所には出て来ない。日影では撮れても暗くて色が出なく、全ボツ。
a0181059_13382358.jpg

黄色い花でも吸蜜するが、この紫色の花が大好きなようだ。歩行者の足元を飛んでいる所を撮りたいのだが、なかなかそうはいかない。吸蜜でとまっている時はそれほどむずかしくはないのだが、歩行者もチョウも動く。撮れた時には人がいないか、チョウがいない。
a0181059_13385898.jpg

画像をもう少し暗くするとヤマトの翅の色が締まるのだが、それではせっかくの明るい背景が暗くなる。
a0181059_947750.jpg

駅から出て来る人が少なくなったと思ったら、10時を過ぎていた。そろそろ、通勤時間も終わり。あんなに撮ったのにまるで歩留りが悪かった。これもピンがイマヒトツ。
a0181059_13592068.jpg

   

by otto-N | 2016-09-20 18:16 | Comments(0)

2016.8.25 東京・谷中 ヤマトシジミ   2016.8.29 (記)

2016.8.25
東京の下町の路地裏に飛ぶヤマトシジミを探しに出かけるものの、予想したとおり結果は最悪。下町の路地は整然としすぎて雑草があまり生えていないのはわかっていた。それでも、路地裏の植木鉢の片隅に少しは飛んでいると思ったのだが・・・

最寄駅に行く前に、イチモンジセセリを見に行く。前日は花だけ背景に撮ってみたのだが、チョウに動きが感じられず、何かつまらなかった。そこで、少しは花壇の後ろを入れて撮ることにした。イチモンジセセリは多かったので、次から次へと撮ったけれど、背景が明るい分、セセリの翅は真っ黒になる。セセリ優先ということで、しかたがなく、花を犠牲にし、全体を明るくなるようにソフトで調整した。
a0181059_19323881.jpg

でも、なにか変。リアリティに欠ける。ほとんど、日陰なので、ISO1600、F3.5、1/4000秒でしか撮れない。暗くなる分、ソフトで無理やり増感したしだい。それでも、イチモンジセセリのビュンビュン感は出たかもしれない。
a0181059_1933766.jpg

翅の動きはとても面白いのだが、一番かわいいのは、ストローを丸めて飛ぶ姿。
a0181059_19331978.jpg


この後、JR山手線で行ったの先は恵比寿とちょうど正反対の日暮里。谷中の路地裏をカンカン照りの中を探す。チョウはいないもんです。セミさえ啼いていないし、緑が少ない。いい加減にくたびれ、路地に入った所で小さな手打ち蕎麦屋を見つけ、一休み。(ここの蕎麦の汁はほんとうにしよっぱった。落語に出て来る蕎麦汁はこのことだったのか!汁をたっぷりつけるとまるでダメ)。この蕎麦屋を出た瞬間、ヤマトシジミ♂が目の前を飛んでいた。このオスは全然ピンが来ず、撮れたのはこの路地をさまよっていたメス。放置された植木鉢のカタバミを探して、路地から路地へ飛び回っているようだった。撮ってもしょーがないのかもしれないが・・・
a0181059_19333572.jpg

メスはもう1頭いた。路地を背景に低い位置から撮ったけれど、左にあった枯れた植木鉢はちょっとみじめだったので、縦位置にトリミング。
a0181059_19335159.jpg

自宅に直接帰ろうと思ったが途中下車し、今まで一度も入ったことのない公園に行くと、刈りとられたばかりの広大な芝生の上に狂ったようにヤマトシジミが飛び回っていた。やけくそで少し追いかけたら1枚だけ入っていた。
a0181059_1041697.jpg

   

by otto-N | 2016-08-29 18:20 | Comments(0)