たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ルリシジミ ( 37 ) タグの人気記事


2015.3.26 東京・早春の雑木林 (2) ミヤマセセリ   2015.3.31 (記)

2015.3.26
コツバメ・ミヤマセセリ第2戦。この日も気圧配置は西高東低、晴れていても北風が強い。気温も低め。目標は飛翔撮影。

10時到着、コツバメを1枚撮る。
a0181059_14411916.jpg

その後は、15ミリ広角(+1.4倍テレコン)で飛翔を追いかける。しかし、惨敗。11時にはこの場所でのテリ張りは(いつものように)終了したので、花の咲く空地に移動。ここでも飛翔を撮ろうとするが、ピンが来ていたのは3、6コマ目だけ、とにかく惨敗。
a0181059_1448141.jpg

飛翔を撮るのが主目的だったけれど、保険として静止も撮っておいた。
a0181059_14493934.jpg

ポツンポツンと菜の花。
a0181059_23183871.jpg

順光ばかりで飽きたので逆光側にも回る。縁毛の青光狙いだったが、思ったようには光らず。背景の黄緑色のボケもなかなかいい。
a0181059_14492831.jpg

どういうわけか突然の露出オーバー。でも、金色に輝く翅。これはこれでいい。 (→スポット測光になっていた。ということは、昨年のルーミス以来!)
a0181059_1523819.jpg

越境してしまった。
a0181059_15103987.jpg

ミヤマセセリは枯葉の上にとまると判らなくなってしまう。
a0181059_15263674.jpg

一度メスを見たが撮ることはできず、ことごとくオス。
a0181059_1450133.jpg

小さな花でも懸命に吸蜜する。1コマ目、スミレの中になぜか園芸種のムスカリも混じっていた。
a0181059_14501515.jpg

やはりヒメオドリコソウが1番いいようだ。
a0181059_15411214.jpg

翅を閉じたと思ったら、吸うのを止めていた。
a0181059_15413713.jpg

少しだけ翅を開いた。真後ろからでは、オオイヌノフグリの青い星は写らない。
a0181059_1542262.jpg

オオイヌノフグリで吸蜜するルリシジミ。実はこのルリシジミ、前日に撮影した積み残し。
a0181059_14505426.jpg

21ミリでの飛翔も撮れていた。
a0181059_14504078.jpg


レンズを、いつもの21ミリではなくて、1.4倍テレコンを挟んだ15ミリにしたのに、フレーム入らないのではしょうがない。速くて近づくことができなかった。第2戦も完敗。

by otto-N | 2015-03-31 20:56 | Comments(0)

2015.3.24 東京・白金の森 ルリシジミ   2015.3.24 (記)

2015.3.24
日曜日は気温が高く半袖でのテニスだった。月曜日は晴れたけれど気温が低く冬に戻ったようだった。この日、秩父までセツブンソウの群落を見に行ったが、群落どころか1株も見つけることができず、ユキワリイチゲだけ見て帰ってきた。そして本日も晴れ。そろそろ、ツマキチョウが出ているに違いないと、自然教育園に行く。

晴れていても、気温は低め。園内のニリンソウもまるで咲いておらず、不吉な予感。いつもここで会う方に尋ねると週末に飛んでいたというので、フキノトウが咲いている池の端っこの日だまりで待つ。すぐ飛んで来たのは、テングチョウ。数年前はレアだったが、どうやら教育園に定着したようだ。その後にキタテハ。
a0181059_1459521.jpg

待てど暮らせど、ツマキチョウはやって来なかった。救いは、ルリシジミ。
a0181059_1459225.jpg

しかしながら、翅は開かないので同じような写真になってしまう。
a0181059_14594876.jpg

向こうにはテングチョウ。絞ろうと思ったときには、いなくなっていた。
a0181059_156919.jpg

花から花を移動するとき、メスだとわかった。
a0181059_1574931.jpg

ちょこまか動きながらの吸蜜。なかなかいい場所には来てくれない。
a0181059_1563268.jpg

吸蜜中にも開くことがあるんだ。ちょっとびっくり。
a0181059_156582.jpg

ロープのすぐそばにやって来たので大慌てで21ミリに持ち替える。置きピンは25cm。花を移動するときは速くは飛ばないので、少しはピントが来ていた。
a0181059_1572819.jpg

もう少し被せて撮るんだった。と、思うのは結果論。そんな余裕はなかった。
a0181059_1581991.jpg

場所を移動しても、ルリシジミが飛んでいた。これもメス。
a0181059_2254166.jpg

オスは昼近くになってやっと飛び回りはじめた。路上吸水の個体は撮れそうなので追いかけるが、速くてまるでダメ。2コマ目は、とまっていたのがゆっくり翅を開き、そのまま飛んでいったしまったときのもの。
a0181059_1583466.jpg


チョウ目的では、今年初めての自然教育園だった。ツマキチョウは出てこなかったが、まあ、時間の問題。桜の蕾もまだ固そうだし、スミレの花がちょぼちょぼというところ。ただ、カタクリだけは盛況だった。
a0181059_1615361.jpg


by otto-N | 2015-03-24 19:24 | Comments(4)

2014.6.9 (PM) 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2014.6.12 (記)

2014.6.9 (PM)
オオミドリシジミを撮影できたので、午後からはミドリシジミの開翅を期待していつもの公園に行く。

最初のポイントでは、遠い日陰で1頭見ただけ。次の場所ではAB型のメスが目より上で開翅したけれど、よく撮れない位置だったので、投げやりに撮影。その後、最初の場所に戻ってみたら、みなさんがオスの開翅撮影の真っ最中だった。もう少し低ければ申し分ないのだが、とにかく、ミドリが輝く位置を探る。4枚の翅がすべて輝いたのは、右側から、それも少し低い位置からだった(4コマ目)。
a0181059_19535335.jpg

輝いても翅の面積が小さくしか写らないので、このへんが妥協ポイント。
a0181059_19542172.jpg

この個体はずいぶん長い間、翅を開いていてくれた。そのうち、場所を変え頭を下向きにとまり、すぐに開翅。これも少し高かったけれど、なかなか色の変化があってよろし。左後翅が緑っぽい。他の翅よりレンズにフレットなせいかもしれない。
a0181059_19593589.jpg

突然、目の前に飛んできて開いたオス。すこし空いた草の間から撮影。
a0181059_2033388.jpg

オスはもう1頭。ただし、頭上。先ほどのAB型のメス。ウラゴマダラシジミのメス。まだまだ夏らしくないベニシジミ。
a0181059_2053745.jpg


今の季節、2化目のルリシジミがとても綺麗。たいてい、地面で吸水しているだけで、なかなか翅を開くことはない。少し薄暗くて色は出なかったけれど、飛翔も撮っていた。
a0181059_2094483.jpg

2頭のルリシジミと1頭のウラギンシジミが飛び立ったとき。
a0181059_2010668.jpg


午後からは日射しも弱くなり、この公園に着いたときはポツポツ来ていたけれど、雨の心配はなく明るくなったり暗くなったりの空模様だった。ミドリシジミの数は少なかったけれど、空模様のせいか、長い時間、開翅してくれた。やはり、翅を開くのは体を温めるためらしい。開翅しっぱなしだったので、その間シャッターをずいぶん切った。最近、シャッター数がとみに増えたが、数を切った時に限ってみんなピンが来ている。皮肉なものだ。

by otto-N | 2014-06-12 20:26 | Comments(0)

2014.4.11 東京・白金の森 トラフシジミ   2014.4.14 (記)

2014.4.11
朝から晴れ。気になっているトラフシジミを探しに自然教育園に行く。

少し気温が低いせいかツマキチョウもはじめはあまり飛んでいなかった。トラフシジミはどこに出るかはわからないけれど、とりあえずのポイントへ行く途中、ルリシジミがいたので連写しモニターを見たら、メス(1コマ目)。そうと知っておれば、もう少し粘るんだったと後悔。でも、トラフのポイントにルリシジミがいた。とまっても翅を拡げないので飛翔を撮る。とまったとき、一瞬翅を開いた。メスだった。その後も飛んではとまり、飛んではとまりを繰り返していたが、最後は道路脇の小川に降りてしまった。(この4コマはすべてトリミング)
a0181059_16404326.jpg

飛翔はこれがベストかな。
a0181059_16411291.jpg

翅を開いたとき、カメラの持ち替えに手間取り、3回しかシャッターを切れなかった。1枚だけOK。
a0181059_16403125.jpg

本命のトラフシジミ。1頭が飛来し、葉の上にとまった。翅を開いたらちょうどいい足元。横から撮りたいのを我慢して、開くのを待つ。でも、開かず地面へ。その後、何度か場所を変え、どこかへ行ってしまった。
a0181059_16412887.jpg

気温が上がりはじめ、ツマキチョウも出てきた。この付近はムラサキケマンが咲いており、吸蜜をきちんと撮りたいところ。トラフを待ちながら、ツマキチョウを撮る。
a0181059_16415395.jpg

ポーズ的には上のほうがいいのだが、これが一番背景が抜けていた。でも、順光すぎて後翅の唐草模様が透けてない。
a0181059_16425357.jpg

スミレにも吸蜜するが、一番人気はクサイチゴ。クサイチゴの花をメスと間違えるのだが、ときどき、とまるオスがいる。スミレもそうだが、蜜が出ている花とそうでないのがあるらしい。吸蜜するのはいつも同じ花だった。とういことは、その花の前で待っていれば、撮影できる。
a0181059_17312461.jpg

結局、追加のトラフシジミは来なかった。ツマキの飛翔を狙う。メスは見なかった。
a0181059_20453923.jpg

桜は散ったので、背景にヤマブキ。でも、ヤマブキの山吹色が出ない。ツマキチョウの白に合わせると、近いところのヤマブキはそこそこ明るく写るのだが、遠いと暗くなり色が出ない。
a0181059_16431776.jpg

かなりの枚数を撮ったがジャスピンと言えるのは滅多にない。広角の置きピンでもピントが合うと大きくトリミングできる。ヤマブキを背景にするつもりだったけれど、ツマキチョウはヤマブキの前を飛ぶよりも、ヤマブキの茂みの中に入り込んでしまうことが多い。この画像もその1つ。
a0181059_16433450.jpg


トラフシジミは1頭だけだった。トラフだけ目的でここへ来ると、淋しい結末しかないようだ。それでも、ツマキチョウだけは飛んでいるので、退屈しないで済む。というより、うまくは撮れないので、時間を忘れてしまう。そして、最後はあきらめの心境。ところで、ツマキチョウはヤマブキの茂みのなかを巧みに飛び回る。昨日、今日と、ツマキチョウがフェンスの金網の通り抜けるを見た。モンシロチョウは金網を抜けることができず、その上を飛び越えるのが常だった。小さなヤマトシジミでさえ、金網を通り抜けず、その上を越すことが多い。ツマキのちょっと変わった飛び方、一瞬ホバリングできるのかもしれない。全く、根拠がないですが。

by otto-N | 2014-04-14 20:06 | Comments(4)

2014.3.31 東京・白金の森 ルリシジミ   2014.4.1 (記)

2013.3.31
昨日の雨風が止み、快晴。午後から所用があったけれど、11時ころまでは大丈夫だったので、自然教育園に行く。池の畔の桜は満開だった。しかし、ひどい風。

9時半ころ着いたが、まだ気温が低いせいか、ツマキチョウは飛んでこない。いつもの遊歩道にいたのはルリシジミ。鳥の糞を探して飛び回っている。ツマキチョウが出てくるまで、遊んでもらう。
a0181059_16523687.jpg

新しい21ミリレンズは軽くいいのだけれど、距離感がつかめない。置きピン30cmで、ノートリだとこんなに小さい。しかし、トリミングすると背景がただの土になってしまう。
a0181059_16524827.jpg

もっと近づくと大きく撮ることができるのだが、動きが速すぎついていけない。フレームアウトの続出。それと、距離が近いと自分の影の中に入ってしまう。
a0181059_1653697.jpg

正面顔も撮れた。ブレてるが、これはこれでいいかも。
a0181059_16532065.jpg

10時すぎ、やっと1頭目のツマキチョウが出たが、その後が続かない。ときどき、飛んでくる程度だった。風であおられよたよたと飛ぶ。
a0181059_16534065.jpg

背景が桜が入るポイントでは、ピントをはずしまくりだった。どうしても近づくことができない。やったと思ったら、桜並木の方向とは大違い。そして、PCで見たらやはりピンが甘い。
a0181059_16535548.jpg

まったく不調のまま帰る時間の11時になってしまう。3コマ目、正門から出たとたん1頭がフラフラ降りてきた。あわててシャッターを切ったら入っていた。
a0181059_16541380.jpg

ルリシジミもツマキチョウもちょっとだけとまった。風が強すぎて少し休憩といった感じだった。光が強すぎ、あまりきれいには撮れなかった。
a0181059_16543850.jpg


ツマキチョウがあまり出てこないうちに、桜が満開になってしまった。ツマキチョウは1度に2頭見ただけなので、この2頭がメスを探して園内をひたすら巡回しているだけなのかもしれない。スミレやジロボウエンゴサクの花もずいぶん増えてきた。ムラサキケマンもそろそろだろう。吸蜜はこれから撮れるにしても(たぶんね)、その前に、満開の桜の背景で飛翔姿をなんとか撮りたいものだ。

by otto-N | 2014-04-01 19:51 | Comments(6)

2014.3.25 東京・白金の森 ルリシジミ   2014.3.27 (記)

2014.3.25
都心にある国立の施設・自然教育園。そろそろ新生蝶が出ているころと思って、本格的に出かける。

今年の教育園の春の花はしょぼい。数が少なく、なんか元気がない。これは、3月19日に撮ったもの。このうち、アマナ以外は多くの場所で枯れ始めていた。他にスミレがポツポツ、ニリンソウが咲き始めたかな。
a0181059_10333150.jpg

ツマキチョウが出てもいい陽気だったけれど、待てど暮らせど現れない。水生植物園という区画にある遊歩道に出てきたのは、ルリシジミのオス。ときどきはとまるけれど、飛び回りっぱなし。
a0181059_10361493.jpg

この遊歩道、輪切りにした木が植えこまれており、ときどきチョウがとまって吸水している要注意ポイント。このルリシジミ、鳥の糞がお目当てらしい。
a0181059_10372935.jpg

こうしてトリミングすると、まるで、円形舞台。
a0181059_10375143.jpg

遊歩道を行ったり来たり。ときどき、ロープの外に出るけれど、すぐ戻ってきた。
a0181059_10381593.jpg

正面顔も撮れた。陰も一緒に写っていると、とても嬉しい。
a0181059_10385495.jpg

目まぐるしく、右へ左へ旋回する。とにかく、順光側に回り込む。
a0181059_10391094.jpg

いつもここを散策している人が多いのだけれど、この時は1人も来なかった。ラッキー!
a0181059_12581887.jpg

ルリシジミが行ってしまった後、ベンチに腰掛け、ツマキチョウを待つ。しかし、飛んでいるのはキタキチョウだけ。少し撮る。でも、ロープの内側だけ。晴れているとキタキチョウの黄色はすぐ飛んでしまう。黄色が出たと思ったら背景は暗く沈む。薄曇りの日がいいのかな。
a0181059_12234225.jpg

キタテハも飛んではいたが、出てきたのはルリシジミだけ。帰り際、日陰のアセビを見たらムラサキシジミ。ここで見ることは滅多になく、少し撮影。
a0181059_10413924.jpg

その後、管理棟の近くの道路際で、葉にとまっているルリシジミを見つけた。飛ばれたとき、あわてて飛翔を撮ったが、ピンは来なかった。メスとばかり思っていたけれど、写った表翅からはオスだった。
a0181059_162748.jpg


まだ、桜の蕾もあまり膨らんでいないので、ツマキチョウはまだ少し先らしい。ルリシジミの飛翔を撮影できたけれど、小さいのでかなりトリミングした。もう少し近づいて撮るとよいのだが、すばしっこいし、近すぎると自分の影の中に入ってしまう。ズームを長くする手もあるけれど、フレームアウトが気になるし、試行錯誤を続けるしかないでしょうね。


P.S.
画像がうるさくなるので掲載をしませんでしたが、せっかく苦労して4コマにしてあったので、追加しました。とにかく、遊歩道、足元での飛翔です。
a0181059_1713044.jpg


by otto-N | 2014-03-27 15:06 | Comments(6)

2013.10.21 東京・目黒区の公園 ウラナミシジミ   2013.10.26(記)

2013.10.21
横浜でカバマダラを撮影した後、1つ手前の駅で降り、春先にツバメシジミが出る公園に寄ってみた。この時期、園芸種だがウラナミシジミが集まる紫色の花がある。しかし、花は咲いていたけど、ボロボロのウラナミシジミが2、3頭いただけだった。

小さなヒマワリ?にヒメアカタテハが来ていた。奥には少しセイダカアワダチソウがあり、ルリシジミ。やはり、翅は開かなかった。
a0181059_1222492.jpg

この公園は、よく手入れされた広い芝生があり、ボランティアの方々が造られた立派な花壇があるけれど、ツバメシジミの発生する場所は、わざと手をいれていない叢。少し前に来たときは、メドハギが目立ったけれど、クズの葉で覆われていた。クズと言えば、ウラナミシジミ。センダングサもあり、きれいなメスがいた。内側の青鱗粉がよく輝く位置を探した。
a0181059_1955308.jpg

センダングサにまつわりつくウラナミシジミは、撮りやすい。内側は青く煌めく。ゼフのB型のようだ。
a0181059_1212446.jpg

この藪に入って、草の種だらけになってしまった。
a0181059_12123895.jpg

キチョウやヤマトシジミも飛んでいた。先ほどのルリシジミも追いかけたが、ニアピン賞ばかりでボツ。
a0181059_12213642.jpg

このウラナミシジミは、朝、自然教育園の隣で撮ったもの。翅に生えている剛毛に感動。3枚も詰め込んだので、クリックして拡大しないと見えないかな。
a0181059_12241756.jpg


春先にこの公園で、ツバメシジミの青いメスを撮るのが恒例になっている。ツバメシジミの背景は枯れた草。青く輝く鱗粉がとても映える枯草だが、もう少し草を残してほしいと思っていた。しかし、この雑多な草がぼうぼうと茂っているのを見て、ある部分だけを残してほしいだなんて、こちらの身勝手。大変な手間だと悟った。これから草刈りが入ることだろうが、この公園のボランティアさんに感謝です。

by otto-N | 2013-10-26 16:00 | Comments(4)

2013.5.29 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2013.6.5(記)

2013.5.29
曇っていたけれど、この日もゼフを探しに横浜の公園に行く。しかし、あちこち歩き回るものの、アカシジミおろかゼフは見つからない。元気だったのは、路上で吸水するテングチョウとルリシジミだけ。

昼少し前、暖蝶寒鳥のごまさんに出会う。朝にも見たポイントだが、そろそろミドリシジミが羽化している時間なので、二人で見に行った。羽化が始まったようだ。3頭確認できた。羽化直は翅裏といってもとても美しい。風にあおられたとき表翅が少し見え、メスのようだった。
a0181059_17123560.jpg

この1頭の他は、すでに葉の上にとまっており、翅を開くかもしれないと待ち構えていたが、一向に開く気配がなかったので、他の羽化ポイントを見に行った。ポイントの1つには2頭いたが、飛ばれてしまったので元に所に戻る。3頭ともまだ同じところにいた。そのうち、茎にとまっていた先ほどのメスが飛び立ち、見えないところへ。青が見えた。残りの2頭も翅を開かないまま、撮影が難しい上のほうの葉陰に飛んでしまった。がっかりしていたとき、足元から新たな1頭が目の高さのところにとまった。距離は少しあるが、最後の1頭。じっと待つ。雲が厚く日差しがないので開くか開かないのは微妙なところ。そして、少し空が明るくなったとき、ようやっと開いた。300ミリズームで撮る。
a0181059_1727293.jpg

目の高さだと完全に開いてもいま一つだ。このオスは日射しがなくなると翅を閉じ、日が射すと開いてくれた。距離的には100ミリマクロでは遠いが、今度はマクロで撮った。
a0181059_1727259.jpg

少し右に回ったが、これもいま一つだった。マニュアルフォーカスなので、ピント合わせに時間がかかる
a0181059_172754100.jpg

ごまさんが左手で枝先を引き寄せてくれた。ゴマさんは右手にカメラ、手慣れたものだった。さすがだ。
a0181059_17284524.jpg

結局、目の高さのミドリシジミは、ちらっと見える輝きが一番いいようだ。ここまでは開きすぎか。これだともう少し正面からのほうがいい。
a0181059_1729218.jpg

ミドリシジミを最初に見つけ、開翅を撮るまでに2時間以上かかってしまった。待っている間に眼下に飛んできてすぐ開翅したルリシジミのメス。ルリシジミはいつも半分しか開かない。ウラゴマダラシジミと一瞬間違う。
a0181059_17474054.jpg

空が暗くなってきたけれど、ウラゴマダラシジミはやはりゼフの一種。午後になると飛び回る。なかなかとまってくれないが、ときどきはとまって翅を開くものもいる。かなり遠かったが、今期初の開翅だったのでうれしい。
a0181059_1752042.jpg

夕方、暗い中に撮ったイチモンジチョウとキマダラセセリ。キマダラセセリは、しっかり翅を閉じていたが、LEDライトを照射すると翅を拡げた。すぐ近くにいたウラゴマダラシジミは開かなかったが。
a0181059_17494460.jpg


ゼフィルス、とりわけミドリシジミの開翅を撮りたくて、連日のように、この公園に通った。地上から羽化後、這い登り、茎とか枝で翅を拡げ、それから近くの葉に移り葉上でじっとしている。比較的低い位置にあるこの時に開いてくれたら撮影するのは都合がいいけれど、なかなかそうはいかない。翅を開かず舞い上がる個体が多い。この2回目に飛んで移ったところで開翅する個体が多いような気がする。低ければいいのだが、たいてい目より上だ。そして、3回目には遥か彼方に飛び去ってしまう(ミドリシジミの三段飛び)。

by otto-N | 2013-06-05 19:38 | Comments(8)

2013.5.28 横浜・ゼフの舞う公園 ミドリシジミ   2013.6.2(記)

2013.5.28
今年は、ゼフィルスの発生も早いらしい。先日アカシジミを撮った横浜の公園に行ってみた。

現地に着き、アカシジミが栗の花で吸蜜していないかと、栗の木に真っ先に寄ったけれど、花にはおらず葉陰に1頭だけ見つけたが、遠くて小さいので画像は割愛。いたのはキタテハとヒメウラナミジャノメ(これも割愛)。次にミドリシジミがのポイントで、6~7m遠くで開翅しているオスを撮影したが、小さすぎるので割愛。イボタの花には、ルリシジミ。一見、ウラゴマダラシジミ。そして、やっと見つけた本命のウラゴマダラシジミ。やっと撮れた1枚だった。イチモンジチョウはいいところにはとまらなかった。
a0181059_19493188.jpg

あちらこちら心当たりのポイントを歩きまわるものの、淋しい限りだった。昼近くになって、ミドリシジミの羽化ポイントの1つに寄ったところ、この公園でよくお会いするTさんご夫妻が、ミドリシジミがいるとのこと。早速撮らせていただいた。
a0181059_19533592.jpg

このミドリシジミは足元。開翅したら、ベストの状態で撮影できるように、じゃまな草を鋏で切った。1本目は大丈夫だったけれど、2本目で飛ばれてしまった。少し離れたところにとまり、じっとして動かない。付近をよく見ると、他に2頭のミドリシジミ。じっと開翅を待っていたが、好位置の個体は翅を拡げる前に飛んでいってしまった。そして、1頭が開翅。
a0181059_206299.jpg

そして、不注意で飛ばれた個体も翅を開いた。中途半端に遠い位置、高さも低くはなく、あまりいい位置ではなかった。風で葉が揺れる中、ミドリが光るアングルを探して撮った。これは100ミリマクロで撮ったもの。ちょっと大きくトリミング。はっきり映るが、背景が写りすぎた。
a0181059_20121586.jpg

少し遠い位置は、ムリしてマクロより、背景がボケるので300ミリズームのほうがいいようだった。翅が輝く位置を探したが、とまった位置が高かったのが残念。後翅が輝かない。よく輝く、頭のほうに回り込もうとしても葉が邪魔だった。
a0181059_22435192.jpg

風で葉があおられ、後翅も少しは輝く位置で撮れた。
a0181059_20202952.jpg

葉と葉の隙間から、やっと撮ることのできたミドリが輝く1枚。
a0181059_20222594.jpg

3頭とも飛んでいってしまった後に出てきた羽化直のオス。この輝く緑は素晴らしかったけれど、ちょっと悲しい羽化不全個体。
a0181059_20272629.jpg


今年はゼフィルスの発生は早いようだ。ミドリシジミのオスも1週間くらい早かった。それにしても、足元にとまっていたオス、私の不注意で飛ばれてしまったのは返す返すも残念だった。Tさんご夫妻、どうもすみませんでした。

by otto-N | 2013-06-02 20:51 | Comments(8)

2013.4.1 白金の森 ルリシジミ   2013.4.3(記)

2013.4.1 (2)
何日か通ってやっとツバメシジミを撮ることができたので、自然教育園に向かう。この場所からは、約2.5km。急いでも30分はかかる。こういうときは、自転車が欲しくなるけれど、ほとんど坂だし、必要なのはこの時期だけ。クルマも多いので購入は止めている。

教育園に着いたもののツマキチョウは少ない。気温が低いにもかかわらず、日差しがあるせいか全然読まらない。一瞬クサモミジに吸蜜したのを撮っただけで、ノウルシにもトラフシジミは見当たらなかった。夏トラフが出る場所に行ってみると、Shinさんがやって来て、その足元にルリシジミが飛んでいた。ロープの中だが、すぐ近くにとまった。二人で開翅するのをじっと待つ。なかなか開かなかったが少しだけ開いた。メスだった。が、頭は向こう。だめもとで葉を揺すってみると、遠くまで行かず近くにとまったが、頭は向こう。2度目の移動でやっと少しこちらを向いてくれた。
a0181059_11465370.jpg

ルリシジミ♀のおなじみの開翅ポーズ。これ以上は開かない。
a0181059_932311.jpg

ツマキチョウは少し数が増えてきたこのの、相変わらず飛び回っているだけだった。Shinさん曰く、「メスが出てきてすることをしたら、落ち着くさ」。気温が低いせいかトラフシジミは現れず、正午に撤収。

翌日からの天気は雨のようなので、2時すぎに、別個体のメスはいないかと再びツバメシジミを探しに行く。しかし、朝いた場所にはいなかったが、近くにベニシジミ。追いかけようと思ったとき、オスが飛んできた。いったん見失ったが、枯草にとまっているのを見つけた。
a0181059_1258158.jpg

午後のオスは、朝より活発なようだ。とまっては翅を拡げるがすぐ飛び立つ。少し日が翳り始めたが、翅を開く。
a0181059_12583429.jpg

ちょっとピンが甘いが、このアングルは捨てがたかった。
a0181059_1259258.jpg

このオスを見つけるきっかけになったベニシジミ。後翅の青斑もちゃんとあったので嬉しい。
a0181059_9594013.jpg

オスが1頭絡んできたが、とまったのを見ると羽化不全の個体だった。すぐどこかへ行ってしまったので、先ほどからのオスを撮り続けた。
a0181059_12592799.jpg

枯草の間から撮るととてもきれいだった
a0181059_1324659.jpg

枯草だけではなく、緑の葉にもとまる。順光側と逆光側から。
a0181059_13101016.jpg

枯草にとまり、翅を開く瞬間。草の間からだったので、この位置からしか撮れなかった。
a0181059_11323630.jpg

上から撮れなかったので下から撮ったが、前に草があったので近寄りすぎた。
a0181059_13111750.jpg

近寄りすぎたもう1枚。翅を開くときを撮ろうとしたが、準備の間もなくすぐ開いてしまった。
a0181059_1248386.jpg

あわてて引いて撮る。今度は引きすぎ?
a0181059_12483412.jpg

このくらいが適当か・・・。
a0181059_1249761.jpg


トラフシジミには会えなかったけど、ルリシジミ♀の開翅は日射しの強い中だったので、しかも、虫食いのない若葉の上だったので、とてもよかった。
午後のツバメシジミは、朝の撮影では寄りすぎると自分の影の中に入ってしまうため、×1.4のテレコンを入れて撮影した。ペンタックスのテレコンは純正なのにオートフォーカスが効かない。でも、草の中ではオートは役にたたないので問題はなかった。
ツバメシジミのメスは見つからなかったけれど、オスを飽きるほど撮影した。ちょっと追廻しすぎたかな。

by otto-N | 2013-04-03 10:49 | Comments(4)