たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ルリシジミ ( 37 ) タグの人気記事


2011.6.22 トラフシジミ    2011.6.23(記)

2011.6.22
梅雨の間の晴れ間、夏型トラフシジミを探しに、自然教育園に9:00の開園とともに入った。

入園後すぐトラフシジミに遭遇。しかし、翅を開く気配がないので、春型のよく出たポイントに急いだ。着いてみると、吸水ポイントは(道路だが)、日に当たってない。日が当たるまで、他の場所を見回るものの、蝶影はなし。戻ってみると、ルリシジミのメスがいた。しかし、暑いせいか翅は閉じたままだった。
a0181059_17185816.jpg

ベンチに腰をかけ、気長に待つことにした。待っていると、ちらほらやって来る。地べたで吸水。しかし、翅は開かない。かなり擦れた個体もおり、新鮮な個体ばかりとはいえなかった。横顔しか撮れないので、11:00ころ撤収。ポイントから帰る途中にも、日の当たる地面には吸水するトラフシジミがいた。
a0181059_17191511.jpg

ちょっとだけ、緑の中に止まったトラフシジミ。しかし、翅を開いてくれない。
a0181059_17193818.jpg


この日、トラフシジミを7~8頭見たけれど、翅を全く開いてくれなかった。後で知ったが、東京の最高気温は、31.8℃。晴れても、暑いと開翅はムリなようだ。翅の傷んでいる個体が半分。翅を開くのは、気温が低めで、晴れている午前中を想定している。はたして、こんな条件の日がくるのだろうか。

by otto-N | 2011-06-23 17:46 | Comments(4)

2011.6.8 白金の森 ルリシジミ    2011.6.13(記)

2011.6.8
自然教育園の大先輩、「散歩」のShinさんが、自然教育園でミズイロオナガシジミの撮影に成功した。これはすごい、一大事と、雨が降りそうな天気だったが、とにかく行ってみた。

教育園に着いたとたん小雨となったが、少し待つと、雨が上がった。しかし、ミズイロオナガの気配はなかった。池の畔でルリシジミが2頭飛び回っていた。しばらくすると、葉の上に止まった。横から撮っていると、少し空が明るくなり、翅を拡げ始めた。
a0181059_1116218.jpg

すぐ手前に止まった個体も、翅を広げた。
a0181059_11165238.jpg

暗くなると翅を閉じ、明るくなると翅を拡げた。
a0181059_11301186.jpg

正面から撮った。
a0181059_11331793.jpg

ルリシジミの開翅はとてもきれいだ。昨秋、1回撮っただけだ。
a0181059_1135386.jpg

ヒメジャノメが目についた。梅雨空によく似合う。4コマ目は、まだ新鮮なコミスジ。
a0181059_1136775.jpg

キタキチョウのメスとオス。クサフジも咲き始めた。黄色い花に、ナミアゲハが飛んできた。
a0181059_1136529.jpg


超都心でのミズイロオナガシジミは貴重だ。Shinさんならではの快挙だ。
この日は、羽化したミズイロはすでに園内のどこかへ散ってしまったようだったが、ルリシジミの開翅を撮ることができた。Tシャツだけでは肌寒く長袖が必要な気温だった。やはり、ルリシジミも寒いようで、空が明るくなると、少しでも温まろうと翅を拡げ、暗くなると閉じることを繰り返していた。

by otto-N | 2011-06-13 12:07 | Comments(10)

2011.4.9 神奈川県 ギフチョウ

2011.4.7
大急ぎで、麓に下りてみると、小川にはスギタニルリシジミがいるらしく、かわるがわる撮影していた。
スギタニルリシジミは、ハイキング中に飛んでいるのを見たことがあるが、撮影したことがなかった。
ときどき飛ぶけれど、あまり逃げないようだ。確かに、飛翔中青く見える。
アップで撮ってみると、足元が毛むくじゃらで可愛い。
葉の上の画像は、この後、別の場所で撮ったもの。吸水写真はピンボケばかりだった。
a0181059_11205519.jpg

さて、スギタニルリシジミは撮ったものの、ギフチョウを諦めきれず、朝に偵察しておいたスミレの咲いていた場所に行くと、飛んでいた。
スミレに吸蜜するが、止まっている時間が短い。すぐ離れる。しかし、その辺を飛び回ったあと、またスミレに来るようだ。それを待って、何とか撮った。
a0181059_11211079.jpg

撮ったいる最中に葉がじゃまだったので左に回り込もうとしたが、飛び去ってしまった。残念。全身が撮れたのはこの1枚だけ。しかし翅はボケている。
a0181059_11214084.jpg

晴れてきたので、粘った。が、だめでした。
この日最後の1枚。オオイヌノフグリで吸蜜するルリシジミ。時刻は15:10。
a0181059_11215469.jpg


スギタニルリシジミも撮影したのは初めて。翅を拡げたらきれいだろうなと思うばかり。でも、毛むくじゃらの猫みたいで可愛いという印象でした。
ギフチョウは難しい。草むらのスミレだと翅の一部が潜りこんで全部が写らない。昨年は頭が写らなかった。なかなかうまくいきませんでした。
ルリシジミ、花が凹面鏡のようになって顔だけに光が当たっていた。一番よかったかな。

山頂から、「不思議徒然草」のkousukeさんとずうっと一緒させていただいた。また、名前を尋ねそびれましたが、二人組みの若い方、それと地元らしいのベテランの方と話ができて楽しかったです。ありがとうございました。

by otto-N | 2011-04-09 11:54 | Comments(6)

7月、恵比寿、ヤマトシジミ (2010.7.28)  2011.3.2

2010.7.28
渋谷区と目黒区の間にある恵比寿ガーデンプレースは、出来てからもう15年も経つ。ひところは押すな押すなの盛況ぶりであったが、最近は落ち着いてきた。その中にあるサッポロビール本社前には、英国風(?)の庭があり、どちらかというと地味な季節の花で、訪れる人を楽しませてくれる。
散歩がてら、よく訪れる場所です。

雨上がりの朝、ヤマトシジミと久しぶりに遊んだ。ヤマトシジミは、少し大きめにするときれいだ。
a0181059_13163559.jpg

a0181059_13172566.jpg

ちょこんと葉の上にとまったルリシジミ(♂)。(あまりにもかわいくて2枚載せた)
a0181059_1317491.jpg

ツマグロヒョウモンは撮りあきたけれど、派手な花によく似合う。これはオス。
a0181059_13181448.jpg


この庭には、数は多くはないけれど、時には思いがけないチョウもやってくる。撮れなかったものを含め、これまで見たものを列挙すると、
ヤマトシジミ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハ、ルリシジミ、キチョウ、ツマキチョウ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒメアカタテハ、イチモンジセセリ、ウラナミシジミ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、アカボシゴマダラ、キマダラヒカゲ。
と、結構な種類となる。
この中で一番驚いたのは、ムラサキツバメとキマダラヒカゲかな。

by otto-N | 2011-03-02 13:35 | Comments(0)

6月、白金の森、ルリシジミ (2010.6.13-22)   2011.2.16

2010.6.13-22
ゼフィルスは、白金の森にもいるはず。しかし、全然見つからず。
ルリシジミが珍しく開翅。しかし、ちょっと遠くて残念。
モンシロチョウもそれなりにきれいです。
a0181059_14333693.jpg

キタテハ、キチョウ、モンシロチョウ、そして、メスグロヒョウモン(♂)。
a0181059_1434108.jpg

ヤマトシジミは、このコンデジではなかなかうまく撮れない。遠いとのっぺりし、近づくとぼさぼさになってしまう。「たかがヤマト、されどヤマト」です。
花で吸蜜のスジグロチョウ、キマダラヒカゲのアップ。
a0181059_14351635.jpg


この都心の森には、オオミドリシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミがいるとのこと。なんとか見つけようと歩き回っていた。しかし、いませんでしたね。
森を徘徊していると、必ずといっていいほど会うカメラマンが何人かいるのに気がついた。撮影対象は、植物や鳥のようだったが、チョウを主に撮っているらしい方がいた。思い切って声をかけてみると、「いつ、どこそこで何々の花が咲き、あそこであのチョウが撮れる」と、まるで自然教育園の主のような方でした。これが「Shin」さんとの出会いで、その後、顔を会わすたび、つるんでチョウを捜すようになりました。
私はここで、ゼフを見つけることはできなかったけれど、Shinさんは、奇跡に近い状態で、アカシジミの撮影に成功しました。

by otto-N | 2011-02-16 15:37 | Comments(0)

公園の日だまり 6 (2010.11.25)   2011.1.11

2010.11.25
朝9:30、公園に行くと、ムラサキツバメが登場
a0181059_122072.jpg


すぐに開翅すると、♂だった
a0181059_12203111.jpg


別な場所でも開翅。しかし、すぐに飛び去った
a0181059_12205096.jpg


ムラサキシジミも登場
a0181059_12211253.jpg


午後1:00、日だまりでは、ヤマトシジミが残り少ないカタバミで吸蜜
a0181059_12221140.jpg


ふと見上げると、何と、昨日のルリシジミがいるではないか
a0181059_12213289.jpg


別なところに移り、日を浴びる
a0181059_12223763.jpg


ウーン、なかなかきれいだ
a0181059_1223464.jpg


枯葉の上に移り、盛んにストローを伸ばし、栄養補給
a0181059_1223196.jpg



この場所で、2度目のムラサキツバメ♂。開翅したので、アングルを変えながら撮影した。
幻のブルーは左の前翅しか出なかったが、後翅は不思議な青緑色に光っていた。
昨日の「遅れてきた青年」は、まだ、この公園内にいた。この時期、花もなく、♀もいない。ただ寒さをしのぐだけ。きびしい。
(ルリシジミの♂は、夏の間、翅を開いたのを見たことがなく、翅を開かないものと思っていました)

by otto-N | 2011-01-11 13:30 | Comments(0)

11月のルリシジミ~開翅 (2010.11.24)   2011.1.2

2010.11.24
午後、公園の片すみで、ルリシジミを発見。少し飛んでは葉に止まり、葉の表面にストローを伸ばし、何かを吸うことを繰り返していた。

午後の日を浴びて開翅するルリシジミ♂
a0181059_16465296.jpg


ストローを伸ばし、何かを吸っているルリシジミ
a0181059_16483841.jpg


日の当たる葉の上に移動。そして開翅。日は翳ってしまったが、翅は開いたままだった。
a0181059_16493521.jpg


人がそばを通ったので、別の葉に移ったが、すぐに開翅した。
a0181059_1651639.jpg


左から撮影
a0181059_16512689.jpg


また移動したが、開翅
a0181059_16514428.jpg


左前から撮影
a0181059_1652535.jpg



この日、もう帰ろうと思ったとき、ルリシジミを見つけた。
少し飛んでは、盛んに草の表面にストローを伸ばし、また飛ぶことを繰り返していた。開翅は全く期待していなかったが、開いてくれた。
春先に♀のルリシジミの開翅を見たことがあるが、♂の開翅は初めてであった。全く新鮮で、羽化したてたばかりか、「うーん」と唸るほど、美しい。
日が翳っても、翅を閉じず、少し移動しても、またポーズをとってくれた。最後は、近づきすぎ飛ばれてしまったが、夏の間は見たくても見られなかった♂の開翅をじっくり撮ることができ、うれしい1時間であった。

by otto-N | 2011-01-02 17:32 | Comments(0)