たかがヤマト、されどヤマト

タグ:海外旅行 ( 77 ) タグの人気記事


2010.10月 アフリカ旅行 (7)     2011.4.30

2010.10.23  ジンバブエの蝶③

ボツナワ・チョベ国立公園でのサファリドライブから、ジンバブエ・ビクトリアフォールズのロッジに戻り、ロッジ内の蝶を少し捜しました。(一部、その前に撮ったものも含まれています)

ロッジ内の芝生の上を、ちょこまか飛んでいたウラナミジャノメ。なかなか翅を開いてくれなかった。
日本のヒメウラナミジャノメ、ウラナミジャノメとも紋が違う。後翅の紋がほとんどない。
a0181059_2091765.jpg

地面に止まったシジミを見つけた。もう1頭いた。同じかと思ったら違った。
尾状突起のあるほうは、ボツワナのロッジにもいたやつだ。
a0181059_2093519.jpg

芝生の上をふらふら飛んできた蝶を追いかけてみたら、枯れた草の上に止まった。
3回シャッターを切ったところで、行ってしまった。なぜか、「キティちゃん」を連想させた。帰国後、ネットで調べると、モロッコツマアカシロチョウというらしい。
a0181059_20372371.jpg

花壇にオナシアゲハが飛んできた。一昨日よりも、少しだけ長く撮影できた。とにかく、じっとしていない。
a0181059_2095458.jpg

飛び去る前に、何枚か撮ることができた。花から離れたときもきちんと撮れていた。
a0181059_20101470.jpg

これがベストショットかな。
a0181059_20114199.jpg


宿泊したビクトリアフォールズのロッジの敷地は結構広く、猿やイボイノシシが出没していた。行ったり来たりして蝶を捜すもののあまりいなかった。それでも、止まってくれないので、全く撮れなかったものが数種類いたので、「あまりいなかった」とは不適切な表現かもしれない。また、ロッジの敷地外の潅木地帯も少し入ったけれど、冬枯れのからから状態で、全く蝶の気配はなく、この日は、オナシアゲハが救いでした。

次の日、ジンバブエ側からのビクトリア滝の観光に行ったけれど、ジンバブエ側は水量が豊富で、滝のしぶきが霧のように降り注いでおり、周辺は緑みどりで溢れ、蝶もかなり見られました。全く止まってくれなかったので撮ることはできなかったですが。(かなり派手なのが飛んでいました)
滝の周辺には蝶が多いことから類推すると、乾季ではなく、雨季であれば、蝶はかなり期待できると思われました。

by otto-N | 2011-04-30 21:17 | Comments(2)

2010.10月 アフリカ旅行 (6)    2011.4.29

2010.10.23  ボツワナの蝶

ボツワナ・チョベ国立公園でのサファリの基点となったロッジの敷地は、広くはないけれど、緑があふれていた。
このロッジに着いたとき、ロッジを去るとき、蝶を探しました。蝶はいたにはいたが、とにかく止まってくれない。止まっても、近づくだけで飛ばれてしまう。で、結局、撮れたのは2種類だけだった。

尾状突起のあるシジミチョウ。ウラナミシジミの類と思う。最初、数頭いたので楽勝と思ったら、これしか撮れなかった。
4コマ目は、ミヤマセセリのように翅を拡げるセセリチョウ。最初は蛾だと思った。「コジキセセリ」と命名。しかし、ピンボケ。
a0181059_20361762.jpg

サファリドライブで、ライオンを見た地点から、せいぜい300mくらいしか離れていないところに、車から出てもいい休憩所があった。その近くに集まっていたシロチョウ。ドライブ中、ここでしか蝶は見なかった。
a0181059_20363960.jpg

ほとんど翅が壊れていた中で、これは、かなりきれいな個体。
a0181059_2037342.jpg

シロチョウを撮っていたとき、飛んできたホソチョウ類の仲間(と思う)。
実は、ロッジ内でもいた。カバマダラのような色合いだが、それより2回り小さい。上下動がなくチョウトンボのような飛び方だった。これを追いかけたが、ロッジ内では止まりそうで止まらなかった。
a0181059_20372352.jpg

胴体が長くて、なんか昼行性の蛾のよう。ホソチョウは毒をもっているという。
a0181059_20373845.jpg


ボツワナでも、蝶は少なく、いても飛んでいるばかりでなかなか止まってくれなかった。止まっても敏感で近づけなかった。
サファリ中、飛んでいる蝶くらいはいるだろうと思っていたが、いなかったですね。唯一見たのは、ライオンに遭遇する前の数頭の白い蝶。ライオンと遭遇後、休憩ポイントで車から出ることができたが、ここが、白い蝶がいた場所とはラッキーだった。

by otto-N | 2011-04-29 21:17 | Comments(0)

2010.10月 アフリカ旅行 (5)   2011.4.28

2010.10.23  サファリドライブ (ボツワナ・チョベ国立公園)

朝6:00起床。コーヒーだけを飲み、早朝の野生動物を見にサファリドライブ。まだ、外は薄暗い。
幌しかない4WDで着いた先は、パサパサの潅木地帯。昨日、ゾウの群れを最初に見たあたりだ。
まず、目についたのはメスのインパラの群れ。オスは、メスと離れて行動しているようだ。
a0181059_17315719.jpg

鳥たちもいる。頭の白い鷲は、魚が主食とのこと。きれいな大型の鳥もいる。
4コマ目、目の周りが赤い鳥は、ビクトリアフォールズに帰る途中の道路脇にいた。カラスよりかなり大型。
a0181059_17272091.jpg

ホロホロチョウ。キジかクジャクのようにきれいだ。
a0181059_17322369.jpg

なんと汚い鳥。アフリカハゲコウというコウノトリの仲間。死んだ象を突いていた。別の車もそっと近づく。
a0181059_174218100.jpg

昨日は薄暗くてぼんやりとしか見えなかったカバ。朝はよく見える。目の周りが赤い。
このカバ、川岸に出てきたが、何を思ったか、すぐ川の中に戻ってしまった。
a0181059_17425092.jpg

その帰り際、小首を傾げてユーモラスなポーズ。小鳥くんおはよう。
a0181059_17433754.jpg

カバに気を取られていたとき、なんともいえない腐臭が漂ってきた。目に入ったものは・・・
死んだ象に群がるハゲワシとハゲコウ。すさまじい光景だった。臭いもすごかった。
大きいほうが、ハゲコウ。ハゲワシの食べ残しをあさるというが、ハゲワシより威張っているようだった。
a0181059_1744751.jpg

川岸から内陸に入ったとき、真っ赤な鳥がいいた。ミナミベニハチクイということが後で判った。(原野が山火事になったとき、燻り出される昆虫を追って火の中に飛び込むというTVをやっていた)
a0181059_17443559.jpg

ライオンがここの目玉。ガイドは一所懸命探す。足跡を見つけ、まだ新しい動物(鹿系)の首が転がっていた。
別な車と連絡を取り合う。近くにいるらしい。
a0181059_1745133.jpg

ついに、ライオンを発見。というより、先客(車)がいた。よく見える位置に回り込む。
少し遠いが、メスのライオン3頭が獲物にしゃぶりついていた。
a0181059_17453131.jpg

口元は血で真っ赤だった。
a0181059_1746108.jpg

ライオンを見ることができ、ラッキーだった。見ることのできないことのほうが多いとのこと。ガイドもほっとしたと思う。
ライオンの次は、キリンのポイントへ。キリンはかなり遠かったけれど、2頭いました。こっちを向いてくれた。
a0181059_17473253.jpg

マングースの群れに遭遇。変なやつだった。
a0181059_17475990.jpg

上空には、ハゲワシが舞っていた。どこかに獲物があるのだろうか。
a0181059_1748248.jpg

アフリカゾウの群れ。すぐ近くにいた。明るいところで見ると迫力が違う。
a0181059_1749276.jpg

これがこの群れで一番大きかった。
a0181059_17495432.jpg

セーブルという鹿系の動物。角が立派だった。
a0181059_17504888.jpg

太陽も高くなり、気温も上がった9:00ころ、ロッジに帰還。遅い朝食を済ませ、昼すぎ、ジンバブエのビクトリアフォールズに戻った。

ビクトリアフォールズの街。火焔樹が真っ赤に咲いていた。
行ってもしようがないよと言われたが、ほんとに何もなかった。ロッジのバスは夕方までない。タクシーはあるが、法外な料金。意地でもバスでと、街をうろつくけれど、客引きや物乞いに付きまとわれ、スーパーも休み。蝶もまるで飛んでいない。時間つぶしに困った。ロッジの食事もまずいし、街でピザ屋を見つけ入ったもののビールはなし。食べてから、ちょっと高級なホテルのバーでビールを飲む。うまかった。が、ビールの値段は、宿泊しているロッジのバーと同じ。飲んでいるとき、ホテルの裏が騒がしい。行ってみると、象が2頭が、ばきばき木を倒しながらうろついている。こんな街の中に象が出るのかとびっくり。ワインを売っている店があったので、南アフリカのピノタージュを買う。ロッジで開けたが、なかなか良かった。
帰りのバス。夕日の入りに間に合うかと思ったが、雲の中へ。またもや残念。
a0181059_17521438.jpg

ロッジ前の枯れ木を撮影。
a0181059_1758680.jpg


サファリドライブ(ゲームサファリ)も楽しかった。車で入れる場所は決まっているらしいが、やわな道ではなかった。しっかりつかまっていないと振り落とされる。動物がいたら止まってくれる。止まった瞬間撮影するが、アングルは限られる。動物の写真は図鑑のようになってしまったが、それがやっとだった。それ以上を望むなら、通いつめるしかない。(写真の撮り逃しが気になるので、双眼鏡で見るだけのほうが、よく楽しめると思う)
ボートサファリでは静、ゲームサファリでは動。前者は後者の予告編だった。この順序は大事かもしれない。

by otto-N | 2011-04-28 18:22 | Comments(0)

2010.10月 アフリカ旅行 (4)    2011.4.27

2010.10.22 ボートサファリ (ボツワナ・チョベ国立公園)

ジンバブエのビクトリアフォールズから、途中、国境でクルマを乗り換え、1時間のドライブで、目的地のロッジに到着。国境で、ボツワナ側のガイド氏に引き渡され、ボツナワでのクルマは、幌だけ付いた4WD。風防がない。時速40kmを超えると目を開けていられない。このクルマ、翌日、ゲームサファリで使うものだった。

道路は快適だった。場所によって、緑が濃いところもあったが、ほとんど、冬枯れ状態であった。アフリカの映画、写真でよく見るアフリカらしい木があった。バオバブの木も発見。4コマ目は、ロッジ付近の町の様子(あまり賑やかではない)。
a0181059_13565670.jpg

泊まったChobe Marina Lodge というロッジ。サファリの基点。ちょっと高級。リビング、ダイニング、ベッドルームの3室は独立。1泊だけとは、ちょっともったいなかった。プールのある庭には猿がいた。
a0181059_13571882.jpg

昼食をすませ、15:00すぎ、遊覧ボートに乗り、チョベ川の周りにいる野生動物を見に出かけた。
動物を見つけるたびにガイドが知らせてくれ、そばに近づく。最初に歓声が上がったのは、カバだった。
a0181059_13574893.jpg

自分の乗ったボートの写真を撮らなかったが、少し薄暗い中、こんな感じで、川にボートが行きかう。
a0181059_14223665.jpg

ワニに近づく。陸にアフリカゾウの群れを発見。小象もいる。
a0181059_13581430.jpg

インパラという鹿に似た動物。
a0181059_140876.jpg

アフリカスイギュウの群れ。
a0181059_1403854.jpg

ナイルオオトカゲが寝そべっていた。ワニは保護色でわかりにくい。
a0181059_1443164.jpg

カバはこのころになると、もう驚かない。3コマ目、群れている動物は水牛。
a0181059_1445495.jpg

ゾウの群れ。だんだん薄暗くなってきた。
a0181059_1451487.jpg

近づくと迫力がある。遠くからは煙っていたように見えたが、土を撒き散らしていた。
a0181059_1453917.jpg

日が暮れてきた。ほんとうはアフリカの大平原に沈む太陽を撮りたかったが、うす曇、残念。
ロッジの船着場にくると、アフリカの音楽で歓待してくれた。これは、裏から撮った写真。なかなかいいでしょう。それにしても、歌と独特のリズム感はすごかった。
a0181059_14445716.jpg


ボートサファリとは、ボートに乗って川の周りにいる動物を見るだけのこと、全く期待していなかったけれど、いつまでも乗っていたいと思うほど、おもしろく飽きなかった。

by otto-N | 2011-04-27 15:28 | Comments(0)

2010.10月 アフリカ旅行 (3)   2011.4.26

2010.10.22  ジンバブエの蝶②

この日の朝、ビクトリアフォールズを離れ、ボツワナ共和国のチョベ国立公園に移動した。迎えが来るまでの間、することもないので、ロッジ内で蝶を探した。

庭のはずれにアリ塚を見つけた。その後ろの木に止まったシジミチョウ、尾状突起があり、一見ゼフィルスのようだが、ウラナミシジミ系だと思う。開翅はしなかった。2コマ目は、近くに寄れないうち飛んでいったが、まぎれもないメスアカムラサキ。ただ、ムラサキ部分がない。そして、マダラチョウ系とコノマチョウの類。どのチョウも敏感で近づく前に飛び去ってしまった。
a0181059_1544297.jpg

花壇にやってきたのはオナシアゲハ。最初見たとき、尾っぽのないキアゲハという印象。「オナシキアゲハ」と命名。「キ」がよけいだった。飛び方は、キアゲハというより、アオスジアゲハに近い。尾のないせいか、敏捷。せわしなくやって来て、すぐ飛び去って行った。
a0181059_155455.jpg

オナシアゲハ、最後のカット。ナミアゲハに似ているか、キアゲハに似ているかは微妙なところ。
a0181059_15242484.jpg

さて、ヤマトシジミは、アフリカにもいました。「アフリカヤマトシジミ」にしようか。裏はヤマトシジミとそっくりだ。ただ、大きさがとても小さい。地を這うように飛ぶので、すぐ見失う。そして、ピントが合わない。ヤマトシジミにはカタバミがつきもの。カタバミは芝生の陰にありました。でも、小さい花だった。メスの開翅も撮れました。
a0181059_157209.jpg

3コマ目は産卵シーン。4コマ目は、オスだと思うが、表翅の中心近くが少し青い開翅個体は、残念なことにピンボケ。別個体も、開翅時間が短く、芝生の中に埋もれているので、うまく撮れない。それにしても、アフリカの蝶は敏感すぎた。
a0181059_15344985.jpg


後日、ビクトリアフォールズの町に行く機会があったが、町の中はパサパサで、緑が少なく蝶の姿はなかった。それに較べると、町中の高級ホテルや、このロッジ内は、芝生を育てるため、絶えず灌水しており緑も豊かだ。蝶は、緑のあるところにしかいない。
それにしても、アフリカにヤマトシジミがいるとは思わなかった。かなり小さく、すばしっこい。開翅を撮ろうとしたが徒労に終わった。

by otto-N | 2011-04-26 16:07 | Comments(3)

2010.10月 アフリカ旅行 (2)  2011.4.24

2010.10.21-22   ジンバブエの蝶①

アフリカ1日目、ビクトリアフォールズ郊外のロッジの園内には、野生動物(半飼育に近い?)が出没し、ちょっと驚いたけれど、寸暇を惜しんで蝶を探しました。

ファースト・コンタクトは、「ヒョウモンタテハ」。この蝶がよく目についた。
地肌の出ているところに、テリを張っていた。ただ、翅はあまりにボロなので、まあまあなものを掲載します。
赤土(レッド・クレイ)の上に翅を拡げるチョウを見て、アフリカに来たなという感じがした。
a0181059_20153732.jpg
この「ヒョウモンタテハ」という名前はかってにつけました。本当の和名は不明です。ヒョウモンの元祖か、末裔か、わかりませんが、前翅の前端の模様ががヒョウモンチョウに似ていたからです。、(本当は、筒井康隆の小説のようにもっとエッチぽい名前にしたかったのですが)

次に、見つけたのは、「アカオビルリヒオドシ」というタテハチョウ(これも、かってつけた名前。ヒオドシというのは色の名前、これは変な名前だ)。
庭の築山風の花壇の岩にいた。近づくと逃げるが、岩陰に止まっては翅を開いたり閉じたり、こちらの出方を伺っていた。しばらく撮影させてくれたが、もう少し撮りたかった。横から見ると、ルリタテハ。翅を拡げると、青いきらきらを散りばめた鎧のようだ。撮った翌日にはいなかった。
a0181059_20194820.jpg
a0181059_2020235.jpg

アフリカに来て、一番多いと思ったのは、シロチョウの類。樹上を、まるでウラギンシジミのように光りながら高速で移動する。それが、現地時間で15:00ころ、ユーカリのような樹に止まった。近寄って探すものの、逆光なので、どこにいるか判らない(1コマ目)。やっとわかった(2コマ目)。順光ではすぐ判ったが(3コマ目)、まだ明るいのに、このまま眠りについたようだった。
4コマ目以下は、このロッジの庭で撮ったシロチョウの類。とにかく速く飛ぶ。
a0181059_20201956.jpg


10月下旬のビクトリアフォールズは、まだ乾季。川の周りと、ホテルの敷地には緑があったが、赤い土は乾き、木も枯れた状態。砂漠ではないので、チョウはたくさんいると思っていたが、非常に少なかった。この渇ききった大地の中では、チョウが少ないのも当然かなと思った。
(かってに名前をつけて楽しんでいます。異論があるかと思いますが、命名するのは難しいですね)

by otto-N | 2011-04-24 21:06 | Comments(6)

2010.10月 アフリカ旅行 (1)    2011.4.23

2010年10月下旬(10月20日~28日)、世界3大瀑布の1つであるビクトリア滝と、野生動物を見にアフリカに行った。
チョウも撮ったが、乾季のためか数はとても少なかった。

2010.10.20-21  ビクトリア滝(ザンビア)

キャセイパシフィックで、成田→香港→ヨハネスブルグ(南アフリカ)に行き、国内線に乗り換えリビングストン(ザンビア)に着いた。成田~ヨハネスブルグ間は、香港での待ち時間を含めなくとも、乗っているだけで17時間を越えた。ヨーロッパよりさすがに遠い。
リビングストンに着いたのは13:00ころ。ヨハネスブルグでは肌寒かったのに、さすがに暑い。ただ湿気は少ない。この飛行場の建物は素朴な平屋。現地のガイドさんの出迎えを受け、さっそく、ビクトリア滝に向かう。

着陸前の飛行機の窓から見たザンベジ川。この川の一部が滝となっている。大地は、乾季のため緑が少ない。
a0181059_17551148.jpg

最初に木立の間から見えた滝。落差100mの滝が無数にある。水量の多いシーズンは、すべて、水でつながるという。
a0181059_185748.jpg

谷底を覗くと虹が。縁によりすぎガイドに注意された。
a0181059_1852368.jpg

一番奥に水煙を巻き上げている滝が見える。ジンバブエ側にある。それにしても、圧倒される。
a0181059_1854055.jpg

ザンビアからのビクトリア滝観光を終えた後、国境を越え、ジンバブエのビクトリア・フォールズに宿泊。
ホテルは、町から数km離れたザンベジ川のほとりにあった。A'Zambezi River Lodge。少しくたびれた感じのする長屋形式のロッジ。朝食は問題なかったが、エアコンはボロ。
(ブログを始めるつもりがなかったので、適当な写真がなかった)
a0181059_18135026.jpg

川に面して、芝生の広場があり、そこでまず目についたのは、恐ろしげな動物。確か、イボイノシシ。小競り合いも始めた。
でも、目はかわいい。そばに行かなければ大丈夫だろう、とたかをくくった。
a0181059_18141996.jpg

3匹の子イボイノシイも出てきた。とても可愛いい。草を食べるとき前脚を折って食べていた。
a0181059_18143842.jpg

マングースも庭にいた。それと、雰囲気のよい吹き抜けのバーにいたヤモリ。東南アジアのと違って縞模様があった。
a0181059_18145417.jpg

小猿が跳ね回り、生まれたて赤ん坊を抱いた母猿も庭にいた。そして、くつろぐ父と母と子供。ほほえましい。
a0181059_18151626.jpg

しかし、驚いたのは夜中。部屋は1階だった。夜、ゴリゴリという変な物音に起こされた。部屋の外だ。なんか動物の息遣いも聞こえる。こわごわ窓の外を覗くと、大きな動物がいる。草を食べている。暗くてよく判らないがイボイノシシではなさそう。少し遠くに行った。街頭のそばにいったとき、正体がわかった。カバだった。
a0181059_18234119.jpg


アフリカ初日で、驚いたのは、夜中、ロッジの庭で草を食べるカバでした。ほんとにビックリしました。
翌朝、近くを散歩すると、大きな糞の塊がいくつもありました。ロッジの人の話では、夜中にときどき来るとのこと。どうも、このロッジ、芝刈りは必要ないようです。イボイノシシとカバが芝刈りを丁寧にやってくれています。

by otto-N | 2011-04-23 19:19 | Comments(2)