たかがヤマト、されどヤマト

2018.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.17 (記)

2018.11.6
曇り空だが気温が高いせいか、少し空が明るくなるとヤマトシジミは開翅する。オスばかりだったが、少し青いメスがいた。上から靑鱗が一番輝くアングルを探す。
a0181059_14251906.jpg



横からも撮ってみる。花は枯れかかっているとはいえ、逆に、いい感じにだ。
a0181059_14244795.jpg





まだウラナミシジミが飛び回っており、小菊の上で3頭が騒いでいた。真ん中のメスをめぐるオスの争い。3つの顔が並んだ時は可愛かった。
a0181059_14290177.jpg


ふと少し先を見るとブルーが輝いていた。近寄ってみるとオスではなくメス。スーパーブルー今季第1号。
a0181059_14303368.jpg


青メスは曇り空の下が最高。少しずつアングルを変えじっくりと撮る。
a0181059_14342181.jpg


一番輝く左前翅にフォーカスする。ファインダー越しのブルーがキマルリのように爛々と輝くと言ったらオーバーか。
a0181059_14344677.jpg


少し下から撮ると後の翅がもっと輝いた。
a0181059_14350062.jpg


翅を開いたまま動く気配がないので、そっと後ろへ回る。そして真上から。
a0181059_14403784.jpg


寄り過ぎたので少し引く。少し後ろからのこのアングルのほうが好み。スーパーブルーは曇り空しか輝かない。
a0181059_14414721.jpg

もう少し撮りたかったが、急に空が暗くなりスーパーブルーは翅を閉じてしまう。そして、すぐ雨が降り始めた。


(因みに、スーパーブルーとは、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く(三角形)、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的に勝手にスーパーブルーと定義して楽しんでいるだけです。)





# by otto-N | 2018-11-17 16:08 | Comments(0)