たかがヤマト、されどヤマト

2018.4.12 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.4.23 (記)

2018.4.12
前日は快晴だったけれど強風が吹き荒れた。この日も快晴。気温が少し上がる。しかし、ノウルシには全く姿を見せず、吸水ポイントで待つと1頭目がやってきた。
a0181059_08272363.jpg

前日の強風で飛び回れなかったせいか、数としてはいつもより多かった。ただ、半数は破損していた。翅は全く開かずに終わる。
a0181059_08315455.jpg


ツマキチョウの♂も発生終期になると飛び方も遅いようだ。そろそろ終わりのムラサキケマンで吸蜜していた。
a0181059_08372705.jpg


ハムシかと思ったらテントウムシだと言う。毎年、同じ場所で発生する青いハムシと、初めて見るハエトリグモ。横着しての300ミリ、それを大きくトリミング。
a0181059_08402612.jpg


帰り際、足元から飛び出したトラフ。ノイバラの茂みに潜り込む。探すと隙間からやっと全身が見えた。
a0181059_08404972.jpg


2018.4.14
曇っていたので、中目黒の公園にツバメシジミを探しに行く。年々、整備が進み、草ぼうぼうの場所が減り、ツバメシジミの居所もなくなった。20分ほど待つと♂が1頭現れ、カタバミで吸蜜した。
a0181059_08474172.jpg

空が急に晴れてきたので、自然教育園に行くことにする。徒歩30分。しかし、着いたら曇り空。一応、園内を一回りするが、当然、チョウの姿はなかった。これで、春トラフはお終い。今年も開翅する条件の日を見つけられなかった。1か月半後には夏トラフが出る。






by otto-N | 2018-04-23 16:07 | Comments(2)
Commented by fushiginomori at 2018-04-23 21:22
白金のトラフシジミも発生が早かったのでしょうか?
気温が高いだけでなく、風も強い日が多いので、蝶たちも生きていくのが大変そうです。
今年は蝶の発生時期が難しそうですね。
Commented by otto-N at 2018-04-24 08:14 x
fushiginomoriさん、コメントありがとうございます。
教育園のトラフも他のチョウと同じく、1週間ほど早かった感じです。
今のところ早め早めの発生ですが、自然はつじつまを合わせてくれると思います。
<< 2018.4.13 埼玉県・蕨... 2018.4.10 東京・白金... >>