たかがヤマト、されどヤマト

2018.4.27 神奈川・多摩丘陵 アオスジアゲハ   2018.5.7 (記)

2018.4.27
前日、アオバセセリは擦れた♂しか出て来なかった。この日の朝は薄曇りだったけれど♀が出て来ることを期待して行ってみる。

現地に到着してみると、アオバセセリはまだ出てない様子。クロヒカゲが2頭ほど飛び回っており、1頭が近くにとまった。そして、珍しく翅を開いた。マクロ距離だが300ミリ、引き切れなかった。
a0181059_17143072.jpg


アオバはなかなか姿を現さない。そのかわり、アオスジアゲハがウツギに何度もやって来るので連写する。
a0181059_17172924.jpg


飛んでいるところを撮りたくて、ピンをチョウ以外のところに合わせ飛んだ瞬間シャッターを切る。こんなことを繰り返した。が、思ったようにな撮れませんね。ただ、日射しが弱いのでウツギもチョウもとても美しい。晴れの日、ウツギには薄暗い夕方に集まることが多い気がするが、いつも暗くてうまく撮れなかった。
a0181059_17194205.jpg


シンクロナイズド・フライイング。今年からはアーティスチック・フライイングと言うべきか。でも、ストローの丸め方を見よ。やはりシンクロのほうがいい。
a0181059_17283843.jpg


薄日だとハルジオンでもしっとり撮れる。
a0181059_17301520.jpg


ひょっこりfanseabさんが現れた。一緒にアオスジを撮っているうち、fanseabさんがエサキ型を見つけられた。急にボルテージが上がる。
a0181059_17370259.jpg

少し遠いが、たしかに前翅中室に過剰紋。紛れもないエサキ型だ。先端に過剰紋が出るハンキュウ型は過去に2回撮ったことがある。
a0181059_17364539.jpg


ハルジオンからハルジオンと忙しく飛び回るエサキ型。
a0181059_17383983.jpg


顔が見えないが飛んでるところも撮れた。
a0181059_17412442.jpg


近くにジャコウアゲハが行ったり来たりしていて、時々、ツツジで吸蜜する。すぐ頭を突っ込むので突っ込む前が勝負。ツツジはたくさん咲いているのに、どういう訳か吸蜜するのはいつも同じ花。上段と下段では個体と時間が異なる。横から撮る時、胴体のあの毒々しい赤を入れたいところ。でも結構難しい。
a0181059_08220173.jpg


ジャコウアゲハは自宅近くにはいないので、撮影機会もほとんどなかった。♀は大好きだが、♂は新鮮な個体を見たことがないせいか、くすんだオナガアゲハという印象しかなかったが、飛び立った時のこの画像を見たら表は艶やかな黒だった。ちょっと見直す。
a0181059_19042241.jpg



ジャコウアゲハの他、近くにやって来た黒系アゲハ。
a0181059_08225353.jpg


アオバセセリはやって来ない。ヒメウラナミジャノメの相手をする。
a0181059_19090224.jpg


よく見ると開いているが、いつも開いていないようなピントの合わない眼。周りが毛深いだけだ。
a0181059_19090983.jpg


空はほとんど曇ってしまいアオバセセリは出そうもない。諦めてツツジにアゲハを探しにいくと、複数のジャコウが飛び回っている場所を見つけた。前日は全く見なかったので天気の関係かもしれない。とまらないので21ミリ。絞り解放(F3.2)でも真っ黒くしか撮れない。こんな暗い場所で撮ってもしょうがないと思うのだが・・・
a0181059_19544226.jpg

飛び回っている高さは胸より上。下から裏を撮るしかなかった。時々2頭が絡む。
a0181059_19554963.jpg

アオバセセリは出なかったけれど、今年は色々出て来てくれた。想定外の方も。fanseabさん、ストロボの使い方は勉強になりました。ありがとうございました。





by otto-N | 2018-05-07 16:01 | Comments(0)
<< 2018.5.1 東京・高尾山... 2018.4.26 神奈川県・... >>