たかがヤマト、されどヤマト

2018.5.22 上越国境・大源太山 シラネアオイ(2)   2018.6.2 (記)

2018.5.22 (続き)
尾根道の左に見える苗場山。一度、7月に向こう側の秋山郷から登ったことがある。
a0181059_15290678.jpg


登ったり下ったり、尾根道は続く。
a0181059_15350442.jpg


花は少ないがその度、足を止める。
a0181059_15360056.jpg



暗い登山路の片隅にツバメオモト。撮るのに苦労した。
a0181059_15294205.jpg


シャクナゲの横を通り抜ける。
a0181059_15410413.jpg


シャクナゲの下、まだ蕾のイワカガミとイワナシ。
a0181059_15425731.jpg


そして2つ目のシラネアオイの群落。
a0181059_15505586.jpg


少し下に降りて撮る。ここも下から吹き上げてくる風が強い。
a0181059_15493108.jpg



尾根道の右側の笹藪の中にシラネアオイがポツンポツンと咲いているのを見ながら進む。そして路肩に3つ目の群落。
a0181059_15532926.jpg


ここのは色が濃かったような気がする。
a0181059_16512314.jpg



11時30分。やっと三角山(標高1685m)に到着。左に苗場山(標高2145m)。風の当たらない日だまりにはミヤマセセリが飛んでおり、コツバメかと思ったらルリシジミだった。
a0181059_16002691.jpg


左奥の平標山(標高1984m)と仙ノ倉山(2026m)。平標には2度登り、いずれも風が強かった。ここから正面に見える大源田山(標高1764m)はもう一息だ。
a0181059_16034277.jpg


三角山を少し下った小さなガレ場に大群落。(結局、ここが最後の群落だった)
a0181059_16184014.jpg


ここには色の薄い花もあったが、咲いてから古いというわけでもなさそうだった。
a0181059_16525900.jpg

(シラネアオイ(3)に続きます)



by otto-N | 2018-06-02 16:24 | Comments(0)
<< 2018.5.22 上越国境・... 2018.5.22 上越国境・... >>