たかがヤマト、されどヤマト

2018.5.22 上越国境・大源太山 シラネアオイ(3)   2018.6.3 (記)

2018.5.22 (続き)
三角山を少し下ってから登り返した後はそのまま直登するのではなく、ダケカンバの巻き道だった。左側に苗場山が見え隠れする。
a0181059_20055311.jpg


平標山との分岐点があり少し直登する。途中の谷間に残雪。その周りにショウジョウバカマ、エンレイソウ、ヤマザクラ、ミツバオウレン。
a0181059_20073622.jpg


平らな場所に出たのですぐ頂上かと思ったが、しばらくダケカンバの中を歩く。
a0181059_20085903.jpg


そして、12時10分、頂上到着。平標山から谷川連峰が見渡せる。しかし、真ん中に桜の木が少し邪魔。
a0181059_20094210.jpg


山頂は広くキアゲハがテリを張っていたので、30分間のシンデレラタイム。
a0181059_20123839.jpg


キアゲハが山頂でテリを張る場合、たいてい真ん中より南側を飛ぶことが多い。平標山は北側。なかなか山バックに撮らせてもらえない。
a0181059_20130454.jpg


南側は逆光になるし景色的にも面白くはない。こういう時は下から上を狙うに限る。
a0181059_20164943.jpg


太陽を撮るとセンサーがおかしくなるのではないかと心配しているが今のところ大丈夫のようだ。1コマ目は抜群の翅の形だが、太陽がはいらなかった。
a0181059_20175260.jpg


ペンタックスのこの山用のレンズ、18-135ミリには距離目盛が打っていない。そのため、AFで自分の指を写してからMFに切り替える。最小距離は35cmだが、アゲハを撮るにはちょうどいい距離だ。実際には40cmくらいか。今回は天気がいいし、キアゲハの飛翔はゆっくりしているので、1/4000、背景を入れるためにF10(ISO可変)とした。明るいと気持ちがいい。こんな明るい所での飛翔は久しぶりだった。
a0181059_20190239.jpg


時々2頭が絡むがそのシーンは全く撮れずに終わる。残った1頭は、飛び疲れたのかその辺で休む。ピカピカだ。
a0181059_20253405.jpg


静止や風景を撮るたびに、AF→MFに切り替える。その都度、置きピン距離が変わりチョウの大きさも変わる。これがこの日のベストか。4枚の表翅を同時に写し込みたいところだが、目の高さ以上でしか飛ばないので所詮ムリ。
a0181059_20274533.jpg


12時40分、下山開始。三角山頂上の分岐点に着いたのは13時。少し休んでから、朝貝への登山道を下る。道幅はそこそこあり道標も完備しているが、落ち葉で滑るし、このルートで登る気はしないほどの急坂だった。
a0181059_20425570.jpg

かなり下ったところで、チゴユリとツバメオモトの群落を発見。マイズルソウは1つだけ。
a0181059_20442979.jpg


さらに下った所でタテハ2種。まずはボロヒオドシ。まだ頑張っていた。
a0181059_20455339.jpg


尾根部にちょっとした空間がありスミナガシがテリを張っていた。飛んでもすぐ戻ってきたが近くまで来ず、大きくトリミング。(このレンズは1本で結構使える。マクロより合焦が早いし、大きなチョウの飛翔も大丈夫)
a0181059_20482358.jpg


登山道はスキー場開発中止みたいな草地の斜面に出て終了。宿に到着したのは15時ちょうど。予定通り三国トンネルからのピストンだったら、登り返しが数か所あり距離もあるのでもう1時間半はかかったことだろう。宿のご主人に感謝です。お礼を言おうしたけれど留守だった。夏のスキー宿は苦しそうだ。




by otto-N | 2018-06-03 18:52 | Comments(0)
<< 2018.5.24 東京・イヌ... 2018.5.22 上越国境・... >>