たかがヤマト、されどヤマト

2018.7.2 -3 群馬・ゼフィルスの高原 (1)メスアカミドリシジミ   2018.7.7 (記)

2018.7.2
梅雨は明けたが、これからが東京はチョウ的には苦しい季節。どうしようかと思っていたところ、NさんSさんご夫妻から群馬県にゼフィルス撮影のお誘いがあり便乗した。早朝からは行けないので、アイノミドリとジョウザンミドリのテリ張りが一段落する11時少し前、現地近くのコンビニで待ち合わせ拾ってもらう。

まず、11時ころからがメスアカミドリがテリ張りするというポイントに行く。しかし、メスアカは現れず、そのかわり下草にじっとしているゼフを発見。風で翅が少しめくれた時、♀だとわかった。エゾミドリシジミのようだ。
a0181059_12054774.jpg


翅を開くことを期待したが気温が高いためか、じっと動かないままだったので広角でも撮ってみる。そのうち葉裏に潜り込んでしまった。
a0181059_12080329.jpg


ポイントを変える。まだアイノかジョウザンミドリかが卍巴を樹上でやっていたがすぐ消えた。ウラジャノメがいたので強引に300ミリで撮影。暗かったが明るい空間に出たら写るはずと飛んでるルリシジミ♀。
a0181059_12124239.jpg


11時50分、遠くにメスアカミドリが飛び回り始めたがなかなか近くにこない。しばらく待つと5mほどの距離にやって来た。
a0181059_12210647.jpg


近くに別個体がやってくると飛び立つが、また同じところに戻る。
a0181059_12395787.jpg


すぐ開翅するのでなかなか裏翅を撮ることができなかった。後ろからだと前翅しか輝かない。
a0181059_12425013.jpg


個体数が増え卍巴が見られるようになったが、広角で撮るほどの距離には来てくれなかった。300ミリ(+テレコン)で撮ってはみたものの、そう長くは続かず全部スカ。近くでの開翅に専念することにした。
a0181059_12450020.jpg


やっと裏が撮れた。
a0181059_12495986.jpg


同じ個体なのか、とまる場所が決まっている。この虫食い葉にはよく翅を拡げた。風で葉が下向きになった瞬間、少しだけ翅面積が大きく撮ることができる。
a0181059_12590066.jpg




飛んで戻ってきては開翅。この向きでなければ四翅とも輝かないので、似たような写真ばかりになってしまう。
a0181059_13280048.jpg



必ずしも日が当たる場所で開翅するとは限らず、その近くの日陰で開翅することが多かった。日が当たらなくても、よく回りを見渡せる場所が一番なのかもしれない。
a0181059_13075013.jpg



とまる場所は目の高さからその上ばかり。四翅が金緑色に輝くはずの目より下の開翅を願いながら、開翅するたびにひたすら撮り続けた。
a0181059_13064988.jpg


金緑色に輝かなくても、微妙なブルーは美しかった。この記事の画像を編集してしまってから、撮影した個体の傷を調べてみたら、すべて同じ。右前翅3室と左前翅中室に傷。うーん、全く同じ個体であったか。強すぎて卍巴が短かったわけだ。撮影できない遠い場所にもメスアカがいたのだが、それぞれの縄場張りをキープしていたということか。
a0181059_13091191.jpg

13時40分、木漏れ日がなくなり、メスアカミドリがいなくなってしまったのでここを引き上げ、次に向かう。


(メスアカミドリシジミ(2)に続きます)




by otto-N | 2018-07-07 16:48 | Comments(0)
<< 2018.7.2 -3 群馬・... 2018.6.29 東京・恵比... >>