たかがヤマト、されどヤマト

2018.9.19 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.9.29 (記)

2018.9.19
近くのカタバミ群落に今日こそは飛翔を決めると行ってみる。最初にいたのはとても奇麗なオス。
a0181059_22003875.jpg


まだ夏のかほりのするオス。
a0181059_22105406.jpg


芝生に座り込んで順光側からカタバミの花に来るのを待ち伏せし、手元に来たら連写する。でも、入りませんねぇ。
a0181059_22080093.jpg


ちょっと気に入ったのだが、これもピン不完全。
a0181059_22031894.jpg



近くにきたオスの閉翅をきちっと撮ったつもりでも、後から見ると脚回りのピンが今一つ。前ボケの葉もちょっとうるさい。
a0181059_22101349.jpg



背景が抜けている貴重な位置だったのにこれも失敗。縁毛がはっきり撮れてない。また、翅脈の陰が出て翅がしわしわ。静止の閉翅は難しい。もっとも、ヤマトシジミはすぐ他の個体に介入されるので、じっくり撮っている時間がなく、これも4回シャッターを切っただけなので良しとしよう。
a0181059_22153797.jpg


花の多い箇所で吸蜜するメスの開翅を待っていたら、オスが求愛。このオス、オスにしてはあっさりと引き上げてしまった。その後もメスは悠然と吸蜜を続けていた。
a0181059_22232970.jpg


10mほど離れた場所。藪の中にオス。
a0181059_22271902.jpg


しばらくすると翅を開いた。
a0181059_22284781.jpg



飛翔が思ったように撮れないので嫌気がさし、近くをうろつく。イチモンジセセリがいたのでちょっと遊ぶ。後ろはロブションの表玄関。ちょっとばかり都会的、いい感じに撮れた。
a0181059_22324134.jpg

昼食後、カタバミを見に行くと花がほとんど閉じていた。まだ、日に当たっている南向きだというのにこんな時間に早くも花が閉じるとは意外だった。気温が高かったせいかもしれない。




by otto-N | 2018-09-29 20:03 | Comments(2)
Commented by TumaAka8 at 2018-09-29 22:05
イチモンジセセリの飛翔写真、またヤマトシジミの求愛シーンお見事です( ̄▽ ̄)
私自身飛翔写真を撮ることがたまにありますが、アゲハ蝶以外なかなか思い通り撮れません(-_-;)
やはり、実力不足が大きいんでしょうね...
ヤマトシジミって、見落としがちですが羽の色がきれいでいいですよね(*'▽')
私自身は、どちらかというと少しマイナーなチョウに走りがちなところがあるので、ヤマトシジミもこれからは撮っていきたいと思います(>_<)
長文失礼しますm(__)m
Commented by otto-N at 2018-09-30 16:34 x
TumaAka8さん、ありがとうございます。
広角飛翔のでは数打ちゃ当たりますが、100~200枚に1枚くらいしか当たらず、途中でイヤになってしまいます。
ヤマトシジミは簡単に撮れそうで、きちんとは撮りにくいチョウだと思います。
普通種と言えども撮影の条件はすべて備えており、奥が深いです。
<< 2018.9.20 東京・恵比... 2018.9.18 東京・恵比... >>